Samurai Goal

武藤嘉紀


スポンサード リンク





武藤嘉紀の「10ゴール目標」に『少ない!!!』と英紙が横槍を入れる!? 

1 2018/08/01(水) 15:00:25.67 _USER9
日本代表FW武藤嘉紀はプレミアリーグの古豪ニューカッスルとクラブ、個人間ともに移籍で合意し、労働許可証が発行され次第、正式発表される予定だ。英メディア「HITC」は、武藤の目標ゴール数を紹介したうえで、クラブのエースとしては物足りない設定だと指摘している。

 かねてからプレミア参戦を熱望していた武藤は、ラファエル・ベニテス監督に請われる形でオファーを受け、移籍金950万ポンド(約14億円)でニューカッスル加入が合意に達している。

「競争的な環境に身を置けば、選手として成長できると信じています。僕の目標は10ゴールです。この数字は海外でまだ達成したことがないので」

 記事では、夢の舞台で新たなスタートを切る武藤のコメントを紹介。プレミアリーグ挑戦初年度に10ゴールを“ノルマ”を設定しているが、同メディアはこの数字に対して物足りなさを感じているようだ。

「日本のスターがプレミアで戦うことが決まれば、名高い黒と白のストライプのユニフォームで多大な期待が受けることになる。そのため、10ゴールという目標は、むしろ物足りないものだろう。ベニテスの救世主として求められるものを考慮すれば、だ」

 ベニテス監督の期待値も考えれば、1年目からエース級の働きが求められることになる。チームの命運を託す存在ゆえ、10ゴールは物足りない数字に映ったかもしれないが、いずれにしても武藤に大きな期待が寄せられていることには変わりなさそうだ。

8/1(水) 14:10 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180801-00125693-soccermzw-socc

写真
no title

次期日本代表の“キーマン”は武藤嘉紀になる!?森保監督、高評価の理由とは? 

img_fa32c173434a7cb2f2aad96e95c655c876321
1 2018/07/30(月) 18:31:25.69 _USER9
森保ジャパンのキーマンに“イケメンストライカー”が浮上した。ドイツ1部マインツからイングランド・プレミアリーグの古豪ニューカッスルに移籍するロシアW杯の日本代表FW武藤嘉紀(26)を、A代表と2020年東京五輪代表を兼任する森保一監督(49)が高く評価。22年カタールW杯に臨むチームづくりの肝となる1トップとして重用する方針という。

 ニューカッスル入りで合意に達した武藤は、メディカルチェックを経て、英国の労働許可証が認められた段階で移籍が正式に決定する運びだ。

 マインツに支払われる移籍金950万ポンド(約14億円)は、日本選手としては元日本代表MF中田英寿氏(41)がローマからパルマに移った際の33億円、ペルージャからローマ(いずれもイタリア)の約18億円、MF香川真司(29)のドルトムント(ドイツ)からマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)の約20億円に次ぐ歴代4位の高額移籍となった。

 武藤の欧州市場での評価が表れた形だが、それはクラブに限った話ではない。A代表の森保新監督も武藤の実力を買っているのだ。

 欧州事情に詳しいマネジメント事務所関係者は「森保監督は武藤のストライカーとしての能力に以前から一目置いている。スピードやフィジカル、ゴールに向かっていく姿勢などを高く評価していて『欧州で決定力を見せられるのは素晴らしい』と話している。目指す戦術にもフィットすると考えているのではないか」と指摘する。

 武藤はドイツでプレーした3年間で毎年安定した成績を残し、昨季公式戦では2桁の10ゴールを記録。日本人FWとしてはポルトガル1部ポルティモネンセの中島翔哉(23)やベルギー1部ヘントの久保裕也(24)も昨季2桁得点をマークしているが、イングランド、スペイン、イタリアとともに“欧州4大リーグ”のドイツで示した高い決定力は世界の舞台で通用すると森保監督は見込んでいるようだ。

 特に自身がJ1広島の指揮官時代にベースとしていた3―6―1の戦術では1トップの人選がポイントになるが、最前線で欧州の猛者たちを相手にゴールを量産した武藤はうってつけの人材。ロシアW杯で活躍したFW大迫勇也(28=ブレーメン)を軽視するわけではないものの、スピードやドリブル能力の高さから2シャドーの位置でも適性があり、森保ジャパンで欠かせない選手となることは間違いない。

 武藤は東京五輪にもオーバーエージ枠での出場に意欲を見せており“イケメンストライカー”が森保兼任監督にとって最も重要なキーマンになりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000030-tospoweb-socc

武藤嘉紀の移籍はほぼ確定!?正式決定かはまだ分からない? 

GettyImages-480578084
1 2018/07/29(日) 09:42:41.68 _USER9
 ニューカッスルは、マインツから日本代表FW武藤嘉紀(26)を獲得することで合意したと発表した。すでにメディカルチェックを終えており、あとは英国での労働許可証の取得のみ。クラブは来週の後半に正式決定の発表ができる見通しであるという。英メディアによると移籍金は950万ポンド(約14億3000万円)だと報じた。

 武藤は15年からマインツに加入し、3シーズンのリーグ戦通算66試合20得点。ワールドカップ・ロシア大会では1試合の出場にとどまった。リバプールで欧州チャンピオンズリーグ(CL)制覇に導いた名将ベニテス監督の下、8月11日の開幕戦では昨季2位トットナムと対戦。第3節ではチェルシー、第4節マンチェスターC、第5節アーセナルと強豪クラブとの連戦が続く。

 ◆ニューカッスル・ユナイテッドFC 1892年創設。ニューカッスル・アポン・タインの本拠地「セント・ジェームズ・パーク」は、収容約5万2000人。1部リーグ時代(現プレミアリーグ)に優勝4度の古豪。1992-93年シーズンにプレミアリーグが新設して以降、優勝はないもののイングランドの名選手シアラーを擁して95-96年シーズンから2季連続2位など躍進。16-17年シーズンに2部降格も1年でプレミアリーグ復帰。昨季は10位で終えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00283598-nksports-socc

武藤嘉紀、ニューカッスル移籍は“就労ビザ”が左右させる!? 

1 2018/07/28(土) 06:19:00.48 _USER9
就労ビザの許可が下りれば正式発表へ

現地時間7月27日、プレミアリーグのニューカッスルは、マインツの日本代表FW武藤嘉紀の正式加入発表に先立ち、個人合意に達したことを発表した。

 公式サイトの発表によれば、すでに武藤はニューカッスルの本拠地であるタインウェアに滞在しており、メディカルチェックを無事にパスしたとのこと。ただ、最終的な加入決定は、「来週末に行なわれる審査会にて労働許可ビザが認可され次第」発表されるという。

 昨シーズン終盤の4月にプレミアリーグへの挑戦願望を口にしていた武藤については昨日、ニューカッスルが950万ポンド(約14億円)でマインツと合意に達したというニュースを英公共放送「BBC」が報じていた。

 就労ビザが下りるかどうかを待つ必要があるものの、武藤にとって念願だったプレミアリーグ挑戦が、実現に向けていよいよ秒読み段階に入った

7/28(土) 4:34配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180728-00044648-sdigestw-socc

写真
no title

武藤嘉紀、ニューカッスル入り秒読み段階!?メディカルチェック手前まできたぞ! 

2018-04-30-muto_a50bsn4krohh10dq72mben6xc
1 2018/07/27(金) 08:33:17.53 _USER9
日本代表FW武藤嘉紀(26)が夢だったプレミア入りを実現させた。マインツからニューカッスルに移籍することで合意。26日に予定される現地でのメディカルチェックを経て正式に発表される。この日、羽田空港から離日した武藤は「自分の最終目標はプレミアでプレーすること。そこに身を置けるのなら、そんな刺激的な毎日はない。ポジション争いは厳しくなるが、より厳しいところに身を置くことが成長につながる」と目を輝かせた。

 移籍金は推定950万ポンド(約13億8000万円)で、年俸4億円の複数年契約と破格の条件。W杯ロシア大会での出場は1次リーグ第3戦ポーランド戦のみに終わった。4年後のW杯カタール大会へ向け、移籍に関してサウサンプトンのDF吉田からの助言も受けた。かつてチェルシーから正式オファーを受けた俊足FWは「日本代表の中心選手になりたい。僕たちの世代が底上げしないと日本代表が強くなることはない」と世界最強リーグでさらなるレベルアップを誓った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00000069-spnannex-socc

【議論】武藤嘉紀はプレミアリーグに挑戦すべきか? 

GettyImages-875766650-1-800x600
1 2018/07/25(水) 22:43:04.42 _USER9
マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀は、プレミアリーグのクラブへ移籍する可能性があると報じられ続けている。25日付の英メディアも続報を伝えた。

 英紙『デイリー・メール』は、武藤のニューカッスルへの移籍に向けて「交渉が進展している」と伝えている。ニューカッスルは移籍金の基本額900万ポンド(約13億2000万円)でマインツと合意できることを望んでいるという。

 ニューカッスルが武藤を獲得するかどうかは、セルビア代表FWアレクサンダル・ミトロビッチのフラムへの移籍が成立するかどうか次第との見方もある。『デイリー・メール』によれば、フラムの提示額とニューカッスルの要求額の間にはまだ200万ポンド(約2億9000万円)の開きがあるとのことだ。

 ニューカッスルの他、ウェスト・ハムも武藤の獲得に関心を示しているクラブのひとつだと言われている。これまで3シーズンをブンデスリーガで過ごしてきた武藤だが、新天地へ向かうことになるのだろうか。

7/25(水) 22:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180725-00282959-footballc-socc

武藤嘉紀“市場価値20億円”獲得にウェスト・ハムも挙手!武藤の判断はいかに!? 

img_5195495f64ea9b8134a221bd165d915b216587
1 2018/07/24(火) 18:44:51.54 _USER9
日本代表FW武藤嘉紀の獲得レースをリードしているのはウェスト・ハムのようだ。ドイツ紙『ビルト』が伝えている。

2015年夏に4年契約でFC東京からマインツに渡った武藤だが、昨シーズン終盤には今夏の退団を示唆し、憧れのプレミアリーグに向かう可能性が報じられてきた。だが、ドイツメディアではヴォルフスブルクやボルシア・メンヒェングラットバッハからの興味が伝えられるも、今のところいずれも具体的な動きを見せていない。

そんな中、長く名前が挙がってきたニューカッスルはFWアレクサンダル・ミトロビッチが昨季プレーしたフルアムにそのまま新天地を求める場合、武藤の獲得に乗り出すと伝えられる。そこで、ライバルを出し抜こうとしているのがマヌエル・ペジェグリーニ監督率いるウェスト・ハム。1400万ポンド(約20億円)ほどの市場価値と伝えられる武藤に関して獲得を狙う意思があるようだ。

すでに今夏は5000万ポンド(約72億9000万円)を費やし、ウィンガーにはアンドリー・ヤルモレンコ、フェリペ・アンデルソンというタレントも揃えるウェスト・ハム。それでも、現状でウェスト・ハムがニューカッスルを獲得レースでリードしていると言えそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00000022-goal-socc

武藤嘉紀“移籍確実!?”4億円ニューカッスルのオファーを容認! 

20180723-00000351-sph-000-3-view
1 2018/07/24(火) 08:00:27.09 _USER9
日本代表FW武藤嘉紀(26)=マインツ=が23日、オファーが届いているイングランド・プレミアリーグの名門ニューカッスル移籍に前向きな姿勢を示した。都内で「トーマスサッカースクール」に特別参加しミニゲームで子供たちと交流した。

 関係者によると、ニューカッスルは年俸300万ユーロ(約4億円)の複数年契約を用意している。オファーが届いてるかを問われると「そう受け取ってもらっていいです。僕一人が『うん』と言っても、チーム間のことがあるので。(交渉が)まとまれば、ちゃんとお話しします」と説明した。クラブ間で合意すれば一気に移籍が成立する可能性がある。

 昨季はドイツ1部で日本人最高の8得点も、W杯は1試合の出場で無得点に終わった。「より高いレベルに身を置きたい。4年後、あの場でたくさん点を取りたい」。最高峰リーグから22年カタールW杯での雪辱を目指す。

7/24(火) 6:15配信スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00000351-sph-socc

武藤嘉紀、移籍はどうなる!?“ニューカッスル、今夏156億円大補強” 

GettyImages-986235068-800x533
1 2018/07/23(月) 14:29:30.46 _USER9
マインツの日本代表FW武藤嘉紀(26)に正式オファーを出したと報じられているプレミアリーグの古豪ニューカッスルが、ラファエル・ベニテス監督(58)との契約を更新するために、今夏の補強へ1億2000万ユーロ(約156億円)の資金を投入すると22日付のスペイン紙ムンド・デポルティーボは報じた。

 同紙によれば、かつてリバプールで欧州CLを制し、チェルシー、Rマドリードなどを率いた経験も持つスペイン人のベニテス監督は今も、イングランド国内で引く手あまたの状況。このこともあり、ベニテス監督は自らがリクエストする選手の獲得が約束されない場合は辞任する構えを見せていたという。その状況下でニューカッスルのオーナー、マイク・アシュリー氏は、ベニテス監督を引き留めるために、今夏の大型補強へ1億2000万ユーロの資金投入することを約束。プレミア再昇格初年度の新シーズンへ今後、指揮官が希望する選手の獲得へ一気に動く可能性が高まった。

 ベニテス監督は武藤のことも高く評価していると言われており、武藤のプレミア入りに不可欠とされるマインツとのクラブ間の交渉が、これで一気に進展する可能性も出てきた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00000123-spnannex-socc

武藤嘉紀に年俸“4億円”でニューカッスルがオファー!!PLでの活躍が期待される! 

36268_ext_04_0
1 2018/07/20(金) 05:32:30.12 _USER9
プレミアリーグの古豪ニューカッスルが、マインツの日本代表FW武藤嘉紀(26)に正式オファーを出したことが19日までに分かった。複数の関係者によれば、契約は複数年で、年俸は4億円の破格の条件という。W杯ロシア大会にも出場した武藤には、同じプレミアリーグのウェストハムのほか、ドイツの複数クラブも獲得に興味を示している。

 かねて武藤を高く評価していたニューカッスルが今夏の獲得に本腰を入れた。複数の関係者によれば、マインツ側に文書で条件を含む正式オファーを送付。複数年契約で年俸270万ポンド(約4億円)という破格の条件を提示しているという。15年7月にマインツに移籍した際の年俸は110万ユーロで当時のレートでは約1億4500万円。2年で自身の価値を3倍近くにまで上げ、欧州でプレーする日本人選手のトップクラスに匹敵する条件提示を受けた。

 白と黒の縦じまでおなじみのニューカッスルはリーグ優勝4回を誇るプレミアの古豪。かつて元イングランド代表のFWシアラーや、“ワンダーボーイ”ことFWオーウェンもプレーし、熱狂的なファンがいることでも有名だ。今夏は、既に韓国代表MF奇誠庸を獲得するなどアジア人獲得にも積極的。新たなFW獲得を画策する中で、1月にも正式オファーを出した武藤の獲得へ、再アタックした形となった。

 武藤はFC東京に所属した15年にプレミアリーグのチェルシーからオファーを受けた経験も持つ。ただそのときは、世界各国のスターがそろうクラブで定位置を奪うのは容易ではないと判断。18年W杯ロシア大会を見据え、試合に出られることを最優先にしてマインツ移籍を決断した。マインツではケガなどの苦難も乗り越え、昨季は欧州主要リーグで日本人トップの8ゴールをマーク。目標のW杯にも出場を果たした。

 ただW杯は1次リーグ第3戦のポーランド戦に出場したのみ。「このW杯で何一つチームに貢献できたことがなかった。自分の力のなさは凄く腹が立った」と悔しさを味わった。マインツとの契約は来季まで残すが、武藤獲得には、ドイツの他クラブも獲得に乗り出すなど争奪戦が繰り広げられている。昨季終盤には「行くならこのタイミング」とW杯後の移籍も視野に入れていたが、その中で届いた世界最強リーグからの正式オファー。移籍には、移籍金などの条件面でクラブ間での合意も必要となるが、リベンジを誓う22年カタール大会への第一歩をイングランドでしるす可能性が出てきた。

 ▽ニューカッスル 1881年創設。本拠地はイングランド北部ニューカッスル・アポン・タイン。1955年以来国内タイトルとは無縁もリーグ優勝4回、FA杯優勝6度を誇る名門。チームカラーは白と黒。指揮官はスペイン人のラファエル・ベニテス監督。ホームスタジアムはセント・ジェームズ・パークで5万2405人収容。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000006-spnannex-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索