Samurai Goal

武藤嘉紀


スポンサード リンク





「ムトウはこれから大きく貢献できる」ニューカッスル指揮官が復帰の日本代表FWへ期待 

20190212-00010012-goal-000-2-view

スペインの目利きが日本の全選手を個人評価。堂安、南野の課題は? 

20190210-00010001-sportiva-000-1-view

武藤嘉紀がニューカッスルでプレーできない理由は?現地メディアが“英語能力”を指摘  

20190208-00010002-goal-000-1-view




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/08(金) 07:54:17.26 ID:kVJsbpFN9
ニューカッスル・ユナイテッドの日本代表FW武藤嘉紀が出場機会に恵まれない理由を現地メディア『クロニクル・ライブ』が伝えた。

2018年夏にマインツからニューカッスルに加入した武藤。昨夏の移籍市場でクラブ最高額となる950万ポンド(当時約14億円)で移籍した同選手だが、
ここまでプレミアリーグで先発5試合を含む12試合に出場して、マンチェスター・ユナイテッド戦で挙げた1ゴールのみと期待されるだけの活躍はできていない。

また、先発出場した昨年11月のワトフォード戦でふくらはぎを故障して戦線離脱。
さらに1月上旬からは日本代表としてアジアカップ2019に参戦するなど12月以降はリーグ戦2試合に出場のみと多くのプレー時間を手にできていない。

そんな中、『クロニクル・ライブ』は、昨シーズンにドイツで10ゴールの活躍を見せた武藤が出場機会を得られていない理由について報じた。
これによると、加入当初から指摘されていた英語能力に問題があるようだ。
ラファエル・ベニテス監督も同選手が試合中に流暢にコミュニケーションを取れないことを問題視しているようで、これが定期的にピッチに立てない1つの原因として考えられている。

2018年夏にニューカッスルを退団したシャンセル・ムベンバも言語の問題により、ベニテス監督の信頼を勝ち取れず、同指揮官が就任して以降は大幅に出場機会を減らしていた。
そのため、“言語の壁”を超えない限り、武藤は十分なプレー時間を手にできないようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00010002-goal-socc
2/8(金) 6:42配信

武藤嘉紀がニューカッスルでプレーできない理由は?現地メディアが“英語能力”を指摘 

20190208-00010002-goal-000-1-view

武藤嘉紀、アジア杯敗退後の報道に言及 「なにを言われても、書かれても仕方ない」 

20190203-00010017-goal-000-3-view

<武藤嘉紀>累積警告で次戦出場停止に…準々決勝でベトナムと激突  

img_5195495f64ea9b8134a221bd165d915b216587




1: 2019/01/21(月) 22:01:34.29
アジアカップ2019は21日に決勝トーナメントのラウンド16が行われ、日本代表とサウジアラビア代表が対戦。2試合連続で先発出場した武藤嘉紀がアフターでタックルをしたとして前半に警告を受けた。武藤は警告の累積が2枚となり、次戦は出場停止となった。

武藤は39分に、アルブライヒへのタックルが遅れて入ったとみなされ、警告を受けた。グループステージ第3節のウズベキスタン戦の前半33分に警告を受けていた武藤はこれで次戦は出場停止に。日本は勝ち上がった場合、準々決勝のベトナム戦で武藤を起用することができなくなった。

日本はエースの大迫勇也が右臀部の痛みで3試合連続でスタメンを回避。武藤が出場停止となったことで、エースの早期復帰が望まれる。

日本は勝利すれば準々決勝で、ヨルダンをラウンド16で下したFIFAランク100位のベトナムと対戦する。

1/21(月) 20:50配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00010013-goal-socc

<サウジアラビア戦の予想スタメン>ポイントは負傷明けの大迫の起用法。相手守備陣を考えれば武藤か 

1: 2019/01/21(月) 06:57:21.96
予想スタメン
no title


◆大迫は冒頭15分公開の前日練習で元気な姿を見せる

UAEで開催されているアジアカップで、グループリーグを3連勝で突破した日本は、1月21日に決勝トーナメント1回戦でサウジアラビアと対戦する。
「本当のアジアカップが始まるなという気持ちです。ここからはひとつのミスが命取りになります。

予選では途中でカバーできる可能性はありましたが、次からはそれがないですし、もっと痺れる試合が多くはなるはずです」
と吉田麻也が語ったように、負ければ終わりの一発勝負はシビアな戦いになるだろう。
 
対戦するサウジアラビアは最終戦でカタールに敗れ、グループEを2位で突破したが、スピーディーな攻撃が魅力で、一筋縄ではいかない相手だ。 
 吉田は「組織的にしっかりしているし、前線のスピードのある良い選手がたくさんいて、裏からの飛び出しは彼らの特長です。カタール戦でもポストプレーヤーよりも裏へ抜ける選手を置いて、
スピードで勝負してくるというのが多く見られたので、そこは警戒しなくてはいけないと感じます」と語り、「相手のカウンターを受けないようにしっかり攻め切ること、また悪い形でボールを失わないことが大事になる」とポイントを挙げた。
 
日本はグループリーグ第3戦のウズベキスタン戦では、それまで出場機会に恵まれずにいた選手たちを多く起用したが、サウジアラビア戦ではいわゆる“レギュラー陣”を再び先発に戻すはずだ。
そのなかで大きなポイントとなるのは、右臀部の負傷でオマーン戦とウズベキスタン戦を欠場した大迫勇也のコンディションだ。冒頭15分が公開された前日練習ではランニングやボール回しなど、チームメイト同じメニューをこなし、
「状態は上がっています。今日の練習を見て、どういう状態なのかをメディカルと話して考えたいです」と森保監督は説明した。ただ、無理はさせられないだろう。
 
さらに「前には強いですが、オフサイドトラップをかけてきたり、マークを外す場面がある」と南野拓実が話したサウジアラビア守備陣の特長を考えると、スピードがあり、
ウズベキスタン戦でゴールを決めて調子を上げている武藤嘉紀をスタメンで起用し、大迫は切り札として活用する選択肢のほうが現実的に映る。ちなみに大迫は前日練習後のミックスゾーンでは記者陣の前で足を止めずにバスに乗り込んだ。

ウズベキスタン戦のメンバーから登用するとすれば室屋か

CF以外で先のウズベキスタン戦のメンバーから登用があるとすれば、1アシストをマークし、粘り強い守備も見せた右SBの室屋成か。
ただ前日会見に登場した酒井宏樹は「とりあえず勝たないと先に進めないので、結果を重要視したいです」と気合いを漲らせており、A代表での経験値を比べても、酒井がスタメンを掴む確立のほうが高いだろう。
 
一方、それ以外の最終ラインの顔ぶれは、長友佑都、吉田、冨安健洋と順当なメンバーが並びそうだ。腰痛で東口順昭がいまだ別メニュー調整をするGKは、ここまで2試合にスタメン出場した権田が任されるだろう。
ボランチは右膝に違和感があるという青山敏弘が前日練習を欠席し、トルクメニスタンで先発した冨安と、ウズベキスタン戦でゴールを決めた塩谷司の選択肢もあるが、連係面を踏まえれば柴崎岳と遠藤航のコンビが固そうだ。
 
中盤2列目と2トップの一角は、原口元気、堂安律、南野拓実が務めるはず。スピードのある伊東純也と技巧派の乾貴士はジョーカーとして活用したいところだ。
1月20日にはヨルダンをPK戦の末に下したベトナムが、日本より一足先にベスト8へ進出した。そのベトナムが待つ準々決勝へ日本も駒を進められるか。冷静にゲームを運びたい。

1/21(月) 6:00配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190121-00053088-sdigestw-socc&p=1

【サッカー】<日本vsサウジアラビア試合前日の公式会見要旨>●森保一監督「得点も大切だが、相手に得点を与えない、失点しないこと」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547994019/

大迫勇也 決勝Tで復帰へ!森保監督「大会期間中には」  

img_935aa47b67a195f8b25d60805bcacbf4214077




1: 2019/01/18(金) 08:19:03.12
◇サッカー・アジア杯1次リーグ(2019年1月17日 UAE・アルアイン)

頼れるエースFW大迫が21日から始まる決勝トーナメントで復帰する可能性が高まった。

森保監督は「メディカルスタッフから、大会期間中に復帰できると聞いている。焦る気持ちもあると思うが、まずは治してチームに合流してほしい」と明かした。
9日のトルクメニスタン戦で圧巻の2発も、その代償として右臀部(でんぶ)の違和感を再発。今もリハビリが続くが、調整のピッチは明らかに上がってきた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000072-spnannex-socc
1/18(金) 7:45配信

武藤、同点ヘッド!代表3年3カ月ぶり弾「やっと勝利に貢献できた」/アジア杯 

FOTO1498




1: 2019/01/18(金) 08:26:46.85
サッカー・アジア杯1次リーグF組(17日、日本2-1ウズベキスタン、アルアイン)取られたら取り返す。
1点を奪われてから、わずか3分後の前半43分。高い打点からのヘディングでFW武藤がネットを揺らす。
アルアインの夕焼け空に向かって雄たけびを上げた。

「久しくゴールから遠ざかっていた。やっと勝利に貢献できた」

2015年10月のイラン戦以来、実に約3年3カ月ぶりの得点。右サイドを突破したDF室屋のクロスに飛び込んだ。
FW浅野の負傷で追加招集された26歳が、世界最高峰とされるイングランド・プレミアリーグでもまれてきた意地を見せた。

武藤が幼少期に通ったバディSCで、3歳から小6まで指導した鈴木威(たけし)園長(68)は「サッカー以外にスキーがうまかった」。
周りの園児が何度も転倒しながら下った雪山を、武藤は先生について難なく滑った。

「泥臭くゴールを取って勝利に貢献できれば」。運動神経抜群のストライカーが、決勝トーナメントに向けて目をギラつかせた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000011-sanspo-socc
1/18(金) 7:00配信

武藤嘉紀、途中出場で今大会初出場も得点奪えず。「かなり難しい内容でした」 

img_5195495f64ea9b8134a221bd165d915b216587




1: 2019/01/14(月) 10:28:50.21
【日本 1-0 オマーン AFCアジアカップ2019 グループステージ第2節】
 
AFCアジアカップ2019のF組第2節が13日に行われ、日本代表とオマーン代表が対戦。結果は1-0で日本代表が勝利した。

後半途中から出場した武藤嘉紀は「2点目必ず取らなくてはいけなかったですし、自分自身、最初のチャンスでパスを選択してしまったり、カウンターのワンチャンスでミスパスしてしまったりと、
まあ納得いくプレーではなかったですけど、次、必ずやれると信じてますし、ウズベキスタンどういうメンバーになるか分かんないですけど、まあやっぱ勝ちに行かないといけないですし」と自らのプレーについて振り返った。

チームは1点リードしている状況で「まあとどめを刺してほしいって方ですね」と追加点を狙う役割を期待されての出番となったが
「けど、少し一番難しい時間帯だったですし、チームとしても2点目取りに行くけどカウンターが怖いし、セカンドボールを取りにくくなっていたり、かなり難しい内容でした」と語った。

さらに「今日も麻也君に言われましたけど、プレミアリーグと思って当たっちゃったら全部ファウルになっちゃうから、そこはしっかり考えろって言われたので、それはその通りですし、
普段やってる強度でやると全てファウルになっちゃうんで、しっかりとそこを考えたうえでのプレーをしなくてはいけないのかなと思いました」とプレミアリーグとの違いという難しさもあったようだ。

現在のチームにとって武藤には大迫勇也に代わるオプションという役割も期待されている。
「大迫選手のよさっていうのはしっかり収めてそこからチームの流れを作れるだったり、
同じことは求められても人それぞれいいところ悪いところあるので、やっぱチームにしっかりと合わせて、また自分のよさってのを出して、それがチームの結果に結びつくのが一番いいと思う。
とにかく結果を出さなければ話にならないんで」と次の試合で代表通算3点目を狙う事を誓った。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190114-00304877-footballc-socc
1/14(月) 6:20配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索