Samurai Goal

武藤嘉紀


スポンサード リンク





「笑顔で『イエス』しか言わず理解していない」武藤の課題をニューカッスル監督が指摘  

44807_ext_04_0




1: 2018/10/08(月) 21:18:08.24 _USER9
● ベニテス監督、武藤の英語力について「我々の予想を下回るものだった」と言及

ニューカッスルのFW武藤嘉紀は、現地時間6日に行われたプレミアリーグ第8節マンチェスター・ユナイテッド戦(2-3)で移籍後初ゴールをマークしたなか、指揮官は武藤にプレー面以外で改善を求めているという。英紙「ザ・サン」が報じている。

 待望の瞬間が訪れたのは、ニューカッスルが1-0とリードして迎えた前半10分だった。右サイドからのクロスを中央で受けた武藤は反転しながら左足を一閃。世界屈指の守護神であるスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの牙城を崩す強烈なシュートを突き刺し、追加点を奪った。

 試合はその後3連続失点を喫し、逆転負けを喫したが、武藤は現地メディアから高評価を受けている。その一方で、この試合前にニューカッスルのラファエル・ベニテス監督は日本人アタッカーについて、ある問題点を指摘した。

「彼の英語力は我々の予想を下回るものだった。彼が常に笑顔でいるのは良いことだと思うが、以前いくつか彼に質問した時に、笑顔で『イエス、イエス、イエス』しか言わず、内容を理解していなかった。彼にはゆっくり説明し、ジェスチャーを入れなければならない。動画や分析データを見せれば、理解は早まることだろう。
それぞれの選手や人間性は異なる。彼は英語を上達させ、チームメイトとの理解を深めていくことになる」

 2015年から3年間マインツでプレーした武藤だが、今季からプレミア初参戦であることもあり、自身を取り巻く環境は大きく変わった。武藤は“言葉の壁”に直面しながらも結果を残しており、これからさらに飛躍しそうな予感を漂わせている。

Football ZONE web編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181008-00139941-soccermzw-socc

武藤、マンU相手にプレミア初先発初ゴール、試合後のコメントは? 

20181007s00002021135000p_view

武藤嘉紀がプレミア初ゴール!オールド・トラフォードで マンUデ・ヘアの牙城を崩す! 

1: 2018/10/07(日) 01:49:58.59 _USER9
10/7(日) 1:44配信
武藤嘉紀がプレミア初ゴール! マンチェスター・Uを相手にオールド・トラフォードでGKデ・ヘアの牙城を崩す!

武藤嘉紀がプレミアリーグ初ゴールを決めた。

ニューカッスルは、6日にプレミアリーグ第8節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦。武藤はこの試合でプレミアリーグ初先発を飾った。

試合は、早々のチャンスをニューカッスルが活かしてマンチェスター・Uの出鼻をくじく。7分、右サイドでのスローインからパスを受けたアヨセ・ペレスが前線のケネディにスルーパス。抜け出したケネディがネットを揺らし、チームに先制点をもたらした。

さらに直後の10分には武藤が魅せる。ゴール前でパスを受けた武藤はDFを背負いながらも反転してシュート。強烈な一撃でGKデ・ヘアの牙城を崩した。

早々に2点をリードしたニューカッスル。この後の武藤のさらなる活躍にも期待がかかる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00010004-goal-socc
no title

直接対決が叶わなかった岡崎慎司と武藤嘉紀。見えたプレミアリーグという“世界最高の壁” 

pre18100116030005-p1




1: 2018/10/01(月) 12:24:25.06 _USER9
9月29日に行われたプレミアリーグ第7節のニューカッスル対レスター戦。観客がスタジアムを後にした試合後のピッチに、黙々と汗を流す2人の姿があった。1人は、69分から途中交代で出場したニューカッスルの武藤嘉紀。
もう1人は、ベンチスタートで出番のなかったレスターの岡崎慎司だ。

プレミアリーグでは、出番のなかった選手や出場時間の短かった選手がコンディション維持のため試合後にトレーニングを行うことが多い。この日も、ニューカッスルとレスターの控え選手たちがチームごとにスプリントを繰り返していた。

“日本人ダービー”として注目を集めたこの一戦だが、残念ながら試合の中で2人が相まみえることはなかった。むしろ浮き彫りになったのは、プレミアリーグの難しさと競争の激しさである。

レスターの岡崎は、プレミアリーグ7節終了時点で先発出場は1試合もなく、出番は途中交代での3試合のみ。出場時間はわずか26分だ。ニューカッスルの武藤も出番はすべて途中出場で、先発のチャンスは与えられていない。サウサンプトンの吉田麻也にいたっては、監督交代の煽りを受けて7節まで出番が一度もない。

おそらく3選手とも、プレミアリーグでなければ常にスタメンに名を連ねていてもおかしくはない。ドイツのマインツでレギュラーとして活躍した岡崎と武藤、オランダのVVVフェンロで最終ラインを支え続けた吉田――いずれも欧州のクラブで確固たる地位を築いてからイングランドに渡ってきた。だが、屈指の資金力を背景に世界中で人気のあるプレミアリーグは、そんな精鋭たちが一同に介しているのだ。

■世代交代という波に飲まれる岡崎

3年前に“奇跡のリーグ優勝”に大きく貢献した岡崎だが、レスターが推し進める世代交代の波に飲み込まれている。エネルギッシュなプレーでチームを活性化する岡崎も、来年4月で33歳。
レスターでは、クラブ史上2位の2500万ポンド(約37億円)で加入した21歳のケレチ・イヘアナチョと、同3位の2250万ポンド(約35億円)で加わった21歳のジェームズ・マディソンといった若い力が台頭してきた。

なかでも、岡崎にとって強力なライバルが、イングランドU-21代表MFのマディソンだ。主戦場は岡崎とポジションの重なるトップ下。リーグ戦では7節まで全試合に先発している。フル代表入りも近いと言われ、ニューカッスル戦には同代表のギャレス・サウスゲート監督も視察に訪れた。

マディソンの長所は、確かなパスセンスと高い決定力にある。そんなマディソンとのポジション争いについて、岡崎はどう考えているのだろうか──。ポイントはプレースタイルの違いにあると、岡崎は言う。

「マディソンは、王様的なスタイルでプレーする。彼のところにボールが全部集まるので、マディソン中心のチームになる。僕の場合はボールを受けた後、簡単にはたいて周りを生かす。そういう印象はマディソンにはないので。自分が欲しいところでパスを受ける感じです。だけど、周りを生かせるプレーがあった方が周りもイキイキしてくる」

岡崎は、リーグ優勝を果たしたレスターの象徴的存在だった。チーム全員がハードワークをこなし、前線から激しくプレッシングを仕掛けることで連勝街道を突っ走った。チームの全員が汗かき役。そんなチームだった。

もちろん、今のレスターには、その名残りも見える。だが、昨シーズン途中から指揮を執るクロード・ピュエル監督の下、チームはハードワークを基盤とするプレッシングサッカーから、ポゼッションサッカーにカラーを変えてきた。レスターは今、その変革期の真っ只中にある。

実際、“奇跡のリーグ優勝”のメンバーで、現在も主力としてプレーしてるのはFWジェイミー・バーディーとGKカスパー・シュマイケル、DFのウェズ・モーガンの3人しかいない。MFマーク・オルブライトンやDFクリスティアン・フックスは控えにまわり、DFダニー・シンプソンにいたってはクラブから戦力外通告がなされた。

レスターで押し寄せる世代交代の波──。そう考えると、岡崎の苦戦は今後も続くのではないだろうか。

-続く-

「ムトウのほうがA・ペレスより3000%マシ」勝利求むニューカッスルファンが入れ替えを要求 

img_9398377c5de5bed5c279f8005cdf4f59418311

武藤嘉紀、途中出場もニューカッスル未勝利継続…。岡崎慎司不出場のレスターが2連勝 

img_9398377c5de5bed5c279f8005cdf4f59418311




1: 2018/09/30(日) 01:12:20.17 _USER9
【ニューカッスル 0-2 レスター・シティ プレミアリーグ第7節】

 現地時間29日に行われたプレミアリーグ第7節のニューカッスル対レスター・シティは、アウェイのレスターが2-0で勝利した。ニューカッスルの武藤嘉紀は69分から途中出場。レスターの岡崎慎司はベンチ入りしたが、出番はなかった。

 岡崎と武藤がどちらもベンチスタートとなったこの一戦。今季未勝利のニューカッスルはこの試合も厳しい展開となる。

 レスターは30分、相手のハンドでPKのチャンスを得ると、ヴァーディーが決めて先手を取る。

 1点を追うニューカッスルは69分、ペレスを下げて武藤を投入。前線に変化を加える。

 だが、レスターはその直後に追加点を奪った。73分、右からのCKでマディソンが質の高いボールをゴール前に入れると、マグワイアが競り勝ってヘディングでゴール。リードを2点に広げた。

 早くゴールが欲しいニューカッスルは前に出るも、なかなか決定機をつくることはできない。

 結局、試合は2-0のままレスターが勝利を収め、ニューカッスルは今節も初白星をつかむことができなかった。

【得点者】
30分 0-1 ヴァーディー(レスター・シティ)
73分 0-2 マグワイア(レスター・シティ)

9/30(日) 0:51配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00291183-footballc-socc

写真
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00291183-footballc-socc

指揮官ベニテスはなぜ武藤嘉紀を先発で使わないのか?「簡単に倒れるようじゃ」とは? 

20180817-00093404-roupeiro-000-5-view




1: 2018/09/29(土) 07:48:30.96 _USER9
土曜日のレスター戦で岡崎と“初対決”か
イングランド北部の名門がもがき苦しんでいる。今夏に日本代表FW武藤嘉紀が加入したニューカッスル・ユナイテッドだ。
 
 6節を消化したプレミアリーグで2分け4敗と白星がなく、降格圏の18位に低迷。守備が6試合で8失点とまずまずの数値を示す一方で、目に余るのが度重なる拙攻だ。ここまでわずか4得点では浮上は望めない。対戦相手がチェルシーやトッテナム、マンチェスター・シティなど強豪揃いだった点を差し引いても、内容は褒められたものではない。
 
 そんななか、武藤はいまだリーグ戦での先発起用がゼロ。出場した5試合はすべてスーパーサブ的な起用で、プレータイムは合計でわずか65分間だ。ファンや地元メディアも今夏最高額の移籍金、950万ポンド(約14億2500万円)で獲得した日本人ストライカーの真価を計りきれないでいる。
 
 しかしながら、スペイン人のラファエル・ベニテス監督はあくまで慎重だ。相変わらず特大の期待を口にしつつも、武藤はプレミアリーグに適応できていない注文を付ける。
 
「今日(木曜日)も彼に言ったんだ。いくつかのシーンを振り返りながら、『簡単に倒れすぎだ。ここ(プレミアリーグ)じゃその程度で倒れてもファウルにはならないんだぞ』とね。プレミアリーグはよりフィジカルが要求される舞台で、彼はディフェンダーとの激しいぶつかり合いに適応しなければならない。とてもクレバーでポジティブな選手だし、練習でも良い動きをしているから、私自身はまるで心配はしていないがね」

 
 日本の報道陣から「いつ先発するのか」と問われると、「またこの質問か」とでも言いたげな表情を浮かべながらこう答えている。
 
「それは明日かもしれないが、誰にも分からない。時間の問題だとは思う。ある選手は数年かかり、ある選手は数か月、数週間で出れる者もいるだろう。彼はゲームとチームメイトを理解しつつあるし、その適応のスピードはどんどん速くなっているよ」
 
 この数週間で、もはや聞き慣れたフレーズではある。
 
 武藤とニューカッスルの次戦は、土曜日に本拠地で行なわれるレスター・シティ戦。岡崎慎司との日本人FW対決に期待が高まるが、両選手ともベンチスタートが現実的だろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180929-00047919-sdigestw-socc

武藤嘉紀の“不発”をベニテス監督が擁護!!「理想とするポジションでプレーできていない」 

MutoYoshinori20180809-thumb-600x473-206887
1 2018/09/06(木) 12:21:51.85 _USER9
ニューカッスル・ユナイテッドのラファエル・ベニテス監督は、ここまでインパクトを残せていない武藤嘉紀を擁護した。イギリス『ザ・ノーザン・エコー』が伝えた。

今夏に950万ポンド(約14億円)でマインツからニューカッスルに加入した武藤。ここまでプレミアリーグの3試合に途中出場し、1-3で敗れたカラバオカップのノッティンガム・フォレスト戦では先発出場を果たした。

ベニテス監督のもとで出場機会はある程度手にしているものの、依然としてゴールやアシストという形でチームに貢献できていない武藤。チームも公式戦1分4敗と未だ未勝利であり、苦しんでいる。

指揮官は日本代表FWが本来のポジションで十分にプレーできていないことが背景にあると認めた。

「彼はストライカーだと私は考えている。我々には2つのポジションに選手がいなかったが、彼は両方でプレーできる選手だ。ただ、彼は少し不運だった。なぜなら、カーディフとの一戦で、我々はシステムを変えなくてはならず、彼は中盤でのプレーを余儀なくされた」

「チェルシー戦でも彼が入った時にシステムを4-1-4-1に変えたから彼は下がり目でプレーする必要があった。今のところ出場した試合で、彼が理想とするポジションでプレーできていない」

ベニテス監督が求めるハードワークに関して、武藤は期待に応えられているようだが、ストライカーとしてのインパクトを残すにはもう少し時間がかかりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180906-00000006-goal-socc

武藤嘉紀を現地サポが酷評!!「ムトウはこのレベルにない、酷かった」 

jcom_0830_14
1 2018/08/31(金) 13:20:04.98 _USER9
ニューカッスル・ユナイテッドのサポーターがFW武藤嘉紀を酷評した。イギリス『HITC』が伝えた。

今夏にマインツから950万ポンド(約14億円)でニューカッスルにやって来た武藤。
プレミアリーグ開幕から途中出場を続ける同選手だったが、29日に行われたリーグカップ(カラバオカップ)2回戦のノッティンガム・フォレスト戦で初の先発出場を果たす。

しかし、武藤は得点に絡むチャンスがなく、77分に途中交代。ニューカッスルも精彩を欠くパフォーマンスに終始し、チャンピオンシップ(英2部)のクラブ相手に1-3と不覚をとり、早々とカップ戦から姿を消すことが決まった。

この敗戦に怒りを隠し切れないサポーターはSNS上で選手を酷評。中でも武藤に対しては厳しいコメントが寄せられている。

「ムトウはひどかった。(シーン)ロングスタッフは良かった」
「ムトウはこのレベルにないね」
「ロングスタッフは最高のデビューを飾った。ケネディ、(クリスティアン)アツ、ムトウには不満しかない」
「チーム全体もひどい出来だったけれど、ムトウも本当にひどかった」
「今夜の試合はムトウにとって悪夢だった」


プレミアリーグでも開幕から3試合を終えて、依然として未勝利のニューカッスルは、今シーズン初勝利を目指して9月1日に敵地で王者マンチェスター・シティと対戦する。カップ戦で精彩を欠いた武藤は、次戦でチャンスを与えられるのだろうか。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15237654/

武藤嘉紀、移籍後初先発するも見せ場なし...終了間際で逆転負け!! 

1 2018/08/30(木) 05:55:09.83 _USER9
8/30(木) 5:52配信
武藤嘉紀が移籍後初先発も…ニューカッスル、終了間際の2失点で2部相手に敗戦

 カラバオ・カップ2回戦が29日に行われ、日本代表FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルは、ノッティンガム・フォレスト(2部)に1-3で敗れた。

 武藤は移籍後初のスタメン出場を果たしたが、見せ場を作れず、77分に途中交代した。ニューカッスルは開始2分に先制点を許したが、後半アディショナルタイム2分にサロモン・ロンドンが土壇場で同点とする。しかしその後、2失点を喫して敗れ、2回戦敗退となった。

 ニューカッスルは次戦、9月1日のプレミアリーグ第4節でマンチェスター・Cとのアウェイゲームに臨む。

【スコア】
ノッティンガム・フォレスト 3-1 ニューカッスル

【得点者】
ノッティンガム:D・マーフィー(2分)、キャッシュ(90+4分)、ディアス(90+7分)
ニューカッスル:ロンドン(90+2分)

【スターティングメンバー】
ニューカッスル(4-4-2)
ダーロウ;ステリー、シェア、フェルナンデス(69分 ペレス)、クラーク;アツ、キ・ソンヨン、ロングスタッフ、ケネディ;武藤(77分 J・マーフィー)、ホセル(82分 ロンドン)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180830-00822002-soccerk-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索