Samurai Goal

武田修宏


スポンサード リンク





武田修宏「OA選手は世界での十分な実績が必要」 

1: 名無しさん 2016/08/12(金) 12:56:06.02 ID:CAP_USER9
【武田修宏の直言!】

手倉森ジャパンは残念な結果(リオ五輪サッカー男子、1次リーグ敗退)だった。
大会前から言っていたように、大事なリオ五輪・サッカー1次リーグ初戦でナイジェリアに負けたことが大きかった。

もともと守備的な戦いをベースにするチームが「個」の力でやられた。
持ち味を出せないまま初戦に敗れ、2戦目以降は心身ともに追い込まれてしまったんじゃないかな。

手倉森ジャパンは大会前、国際ルールもあってオーバーエージ(OA)の選手選考で大モメしていたよね。
結局、FW本田圭佑(30=ACミラン)ら欧州組の選手をはじめとした代表の主力組は招集できなかった。

今回、OA参戦したFW興梠慎三(30=浦和)たちが悪いわけではないけど、
国際経験の少ないこの世代のチームにはやはり世界でも実績十分なOA選手が必要だったかな。

いずれにしてもプロの世界は結果がすべてだからね。

同級生の手倉森誠監督(48)も頑張っていたけど、まずは「お疲れさま」と言いたい。
4年後には自国開催の東京五輪が控えている。

Jリーグでも実績十分なG大阪の長谷川健太監督(50)とか、
広島の森保一監督(47)が向いているんじゃないかな。

(元日本代表FW)

東スポWeb 8月12日(金)10時17分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160812-00000022-tospoweb-socc

日本が勝てないのは修羅場をくぐっていない経験の差」「カズなら決めていたね」c2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1470732323/
no title

武田修宏「日本が勝てないのは修羅場をくぐっていない経験の差!カズなら決めていたね!!」 

1: 名無しさん 2016/08/09(火) 17:45:23.72 ID:CAP_USER9
【武田修宏の直言!】コロンビア戦は勝てる試合だったよね。第1戦と比べると、選手も落ち着いていたし、入り方も慎重だった。先発を変更したメンバーも序盤に失点しないという手倉森監督の強い意志が感じられたし、前半はプラン通りにうまく乗り切ったんじゃないかな。

 後半に入って、ミスから2失点し、その後はよく追いついたと思うんだけど、前半11分にMF矢島慎也(22=岡山)のシュートをはじめ、何度もあったチャンスを生かせなかったのはどうしてなの? もったいないっていうのか、だらしないというのか…。そこが勝てなかった最大の要因なのは間違いないよね。

 特に相手のコロンビアは選手個々の技術は高いけど、DF面の組織力ではいまひとつだったでしょ。中盤でのマークが甘かったし、日本もボールを保持でき、サイドを起点にチャンスもつくれた。

 だからこそ、しっかりやれば勝てた相手。ナイジェリア戦も含め、ふがいないとしか言えない。

 メディアはいつも「惜しい」って言うけど、そこが勝負の分かれ目。例えば、カズこと元日本代表FW三浦知良(49=J2横浜FC)なら決めていたね。1点の重みを知っているからこそ大事な場面で外さない。でも五輪イレブンは、勝負どころで冷静さを欠く傾向がある。修羅場をくぐっていない経験の差だよ。

 最終戦の相手スウェーデンは大柄な選手が多い。まともに当たっても厳しいので、パスワークで揺さぶり、体力を消耗させたところで勝負に出るのが有効。なかでも2試合連続ゴールのFW浅野拓磨(21=アーセナル)の勢いを生かせばいいんじゃないかな。

 決勝トーナメントに進出するチャンスも残っているわけだし、内容よりも結果だけを求めて最後まで走りきってほしいよね。

☆武田修宏:たけだ・のぶひろ=1967年5月10日生まれ。静岡県出身。幼少期から「天才少年」と呼ばれたストライカー。名門・清水東(静岡)から86年に読売クラブ(現東京V)入り。ルーキーながら11得点を挙げ、リーグVに貢献し、MVPにも選出された。Jリーグ発足後はV川崎や磐田、京都、千葉などでプレー。00年には南米パラグアイのルケーニョに移籍。01年に東京Vに復帰し、同シーズンで現役引退した。Jリーグ通算は94得点。JSL時代も含めれば152得点を挙げた。87年に日本代表に選出。93年米国W杯アジア最終予選でドーハの悲劇を経験した。

東スポWeb 8月9日 16時43分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160809-00000056-tospoweb-socc

no title

武田修宏「手倉森監督の限界が見えた!」 

138: 名無しさん 2016/08/06(土) 22:30:08.23 ID:jCaPGLog0
武田がズバリ 手倉森監督の限界が見えた

攻撃陣が4点取ったといっても、相手の守備がバラバラだったから褒められないし、
とにかく5失点は大問題。申し訳ないが、GK櫛引は国際大会を戦うレベルになかった。
鹿島で試合に出られない櫛引よりも、柏で試合をこなしている中村(航輔=21)のほうが状態は上。そこの選択は疑問が残った。

 GKを含めてあれだけミスが出れば、勝てなくて当然。OAのDF塩谷(司=27、広島)もフィジカルで負けて突破を許し、慌てて追いかけてPKを献上。
これでは勝ち試合はつくれない。指揮官の狙いは守備からのカウンター。
開始6分で失点しては、大会初戦の緊張感ということを考慮しても厳しいと言うしかない。

ただ将来を考えると、W杯で結果を残した岡田武史さん(59)や手倉森監督の守ってカウンターでは限界がある。
ならば日本人の特性を生かした広島の森保一監督(47)や浦和のミハイロ・ペトロビッチ監督(58)が展開するパスをつなぐサッカーに転換すべき。
日本協会にはしっかり見極めをしてほしい。  
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160806-00000028-tospoweb-socc

no title

武田修宏が相次ぐJ監督交代に物申す!「いつも言っていることだけど、責任を取らされるのは現場だけ」 

1: 名無しさん 2016/07/28(木) 06:26:02.90 ID:CAP_USER9
【武田修宏の直言!!】
Jリーグは後半戦に入って各クラブの監督交代が相次いでいる。J2岐阜の監督を解任されたラモス瑠偉さん(59)
からは連絡をもらったけど「プロの世界は結果がすべてなので仕方ない」って話していた。

任期途中でのクビは残念だったけど、ラモスさんのおかげで岐阜の注目度は確実に上がったよね。サポーターは増えたし、スポンサーも付いた。
メディアから取材される機会も多くなって、立派なグラウンドまでつくってもらったでしょ。
岐阜にサッカー文化を根付かせたっていう功績は残せたんじゃないかな。

一方で、J2千葉の関塚隆監督(55)も退任したけど、今の千葉は何をしたいのかまったく見えないよ。
開幕前に20人以上も選手を入れ替えるチーム編成をしたかと思えば、
まだJ1昇格プレーオフ進出が狙える順位なのに指揮官を代えるっていうのはどういうことなのかな。千葉OBとして疑問だね。

いつも言っていることだけど、FC東京監督を退任した城福浩さん(55)を含めて責任を取らされるのは現場だけ。

Jリーグではテレビ放映権が2000億円など、
華やかな部分ばかりがクローズアップされて競技の本質の部分は軽視されている感じ。サッカー界の先行きが不安だよ。

☆武田修宏:たけだ・のぶひろ=1967年5月10日生まれ。静岡県出身。
幼少期から「天才少年」と呼ばれたストライカー。名門・清水東(静岡)から86年に読売クラブ(現東京V)入り。
ルーキーながら11得点を挙げ、リーグVに貢献し、MVPにも選出された。
Jリーグ発足後はV川崎や磐田、京都、千葉などでプレー。
00年には南米パラグアイのルケーニョに移籍。01年に東京Vに復帰し、同シーズンで現役引退した。
Jリーグ通算は94得点。JSL時代も含めれば152得点を挙げた。
87年に日本代表に選出。93年米国W杯アジア最終予選でドーハの悲劇を経験した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160728-00000002-tospoweb-socc
東スポWeb 7月28日(木)6時0分配信

no title

武田修宏が日本が誇るスピードスターの今後を分析!浅野拓磨はアーセナルで通用するか? 

1: 名無しさん 2016/07/23(土) 17:02:53.08 ID:CAP_USER9
【武田修宏の直言!】

イングランド・プレミアリーグのアーセナルに移籍するリオ五輪代表FW浅野拓磨(21)は“世界”で通用するのか。過去にMF稲本潤一(36=札幌)、FW宮市亮(23=ザンクトパウリ)が所属した名門だが、2人ともスタメン定着どころか、プレーすることもままならなかった高き壁。元日本代表FW武田修宏氏(49)が、日本が誇るスピードスターの今後を分析した。 

 浅野はリオ五輪を戦う手倉森ジャパンのジョーカーになると思うね。1次リーグB組はナイジェリア、コロンビア、スウェーデンと強豪国が同居した「死の組」って言われている厳しい組み合わせだけど、浅野のスピードはかなり有効。スーパーサブとして試合終盤に投入すれば、敵陣に切り込んでいけるはず。メダル獲得の切り札としての活躍を期待している。 

 一方で、移籍が決まったアーセナルのほうはというと、少し厳しいというのが正直な印象だな。欧州チャンピオンズリーグの常連で世界中の選手が集まるスター軍団。選手層も厚いから、すぐに浅野が試合に出られるような状況にはない。 

 これまでアーセナルにはアジア人は、稲本、宮市を含め、誰もチームに定着できていない。将来性十分の浅野とはいえども、やはり欧州初挑戦。イングランドの激しいサッカーに適応できるかどうかはまだまだ未知数だよ。 

 浅野に参考にしてほしいのは、同じリーグのレスターでプレーする日本代表FW岡崎慎司(30)の動きだね。特にオフザボール(ボールがないところ)の動きは学んでほしい。守備時に敵のパスコースを限定させるような追い込み方ができれば評価も高まるはずだ。 

 優勝したレスターでは岡崎の献身的なプレーが高く評価されていたし、同じ日本人として浅野にも求められるところだろう。もちろん、スピードを生かすのは大事だけど、日本代表MF香川真司(27=ドルトムント)がマンチェスター・ユナイテッドで苦戦したように、イングランドで成功するには「プラスアルファ」が欠かせない。 

 まずは目の前のリオ五輪でしっかりとしたパフォーマンスを見せてほしい。メダル獲得の原動力となるような大活躍を見せれば、状況も変わるんじゃないかな。

東スポWeb 7月23日 16時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160723-00000032-tospoweb-socc
no title

武田修宏「U-23日本代表で気になったのはイージーミスの多さ」 

1: 名無しさん 2016/07/01(金) 06:09:27.70 ID:CAP_USER9
【武田修宏の直言!!】
リオデジャネイロ五輪に出場するサッカー男子のU―23日本代表は国際親善試合(6月29日、長野・松本)でU―23南アフリカ代表に4―1と圧勝した。
五輪1次リーグ初戦(8月4日=日本時間5日)で戦うナイジェリア対策としては良いマッチメークだったし、いい試合になったんじゃないかな。
アフリカ選手のスピードやパワー、高い身体能力に対応するには慣れることが一番。序盤こそ押し込まれたが、選手個々にとってはいいシミュレーションになった。

ただ、南アフリカは個人の能力頼みで組織的ではなかった。
日本は4得点したけど、本番で対戦するナイジェリア守備陣は欧州でプレーする選手も多く、簡単には崩せない。
速い攻撃だけではなく、ダイレクトでつないだり、パスやランニングのスピードに緩急をつけるとか、もうひと工夫が必要かな?

気になったのはイージーミスの多さだね。先制を許したPKの場面は自分たちのミスだし、フリーの場面でもトラップに失敗する選手がいた。
本番では決して許されないよ。五輪で戦う相手は必ずそこに付け込んでくる。もっと確実にプレーしないと勝ち抜けないだろうね。

すばらしかったのはFW浅野拓磨(21=広島)。スピードはもちろん、屈強なフィジカルの相手に競り負けず、存在感があった。
さすがA代表に選ばれた実力者ってところかな。本番も期待できそうだね。

☆武田修宏:たけだ・のぶひろ=1967年5月10日生まれ。静岡県出身。幼少期から「天才少年」と呼ばれたストライカー。
名門・清水東(静岡)から86年に読売クラブ(現東京V)入り。
ルーキーながら11得点を挙げ、リーグVに貢献し、MVPにも選出された。
Jリーグ発足後はV川崎や磐田、京都、千葉などでプレー。00年には南米パラグアイのルケーニョに移籍。
01年に東京Vに復帰し、同シーズンで現役引退した。Jリーグ通算は94得点。
JSL時代も含めれば152得点を挙げた。87年に日本代表に選出。93年米国W杯アジア最終予選でドーハの悲劇を経験した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160701-00000003-tospoweb-socc
東スポWeb 7月1日(金)6時0分配信

no title

武田修宏「U―23代表というのはA代表を強くするための世代」「本番はU-23世代だけで臨むべき」 

1: 名無しさん 2016/05/13(金) 10:45:57.16 ID:CAP_USER9
【武田修宏の直言!!】2014年ブラジルW杯にも出場したガーナだけど、レベルは高くなかったね。前線、中盤でプレッシャーをかけてこないから、自由にプレーができた。正直なところ、五輪に向けて参考にできない試合だったな。今一番の注目のOA選考について誰が適任とか言及するのも難しいよ。ただ、一つだけ声を大にして言いたいのは、日本協会は五輪にどういう姿勢で臨むのかをはっきり示すべきだ、ということだ。

 6月に欧州選手権があるため、スウェーデンやポルトガルといった五輪出場国はA代表最優先の姿勢を貫き、U―23の対象選手でさえ五輪派遣を渋っている。あくまで五輪は世代別大会と考え、将来に向けた強化の一環でしかないわけだ。

 逆に開催国ブラジルは五輪の金メダルが悲願ということもあり、FWネイマール(24=バルセロナ)をOAで招集するほど勝負に徹している。強化は他でもできるので、五輪は勝負最優先という考え方だ。

 だが日本はどちらも得ようとしている。悪く言えば中途半端だ。FW本田ら欧州組の招集がかなわないと見るや、国内組のFW大久保嘉人(33=川崎)らにシフトチェンジ。それでいて、U―23世代の成長も期待するなんて考え方は都合が良すぎるよ。

 サッカーの世界で最も重視されるのはA代表であり、最高の舞台はW杯。U―23代表というのはA代表を強くするための世代だから、今回はU―23の選手だけで五輪に臨むべきだと思う。この選手たちの頑張りがA代表の底上げにつながれば、日本サッカーの発展は間違いないわけだから。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160513-00000008-tospoweb-socc
no title

武田修宏「俺が今、監督になったら闘莉王獲るよ!」 

1: 名無しさん 2016/04/24(日) 18:36:06.52 ID:CAP_USER*.net
あの国民的バラエティ番組のスピリットを引き継ぎ“友達の輪”を!とスタートした『語っていいとも!』。
前回、元Jリーガー・現FC岐阜監督のラモス瑠偉さんからご紹介いただいた第21回ゲストは、
元Jリーガー・日本代表の武田修宏さん。

バラエティ番組などでも活躍、モテ男キャラの独身貴族として知られるが、前回は女性とのつきあいの難しさや
結婚観まで吐露。そして、今また熱く胸に秘めるサッカー界復帰への思いを語っていただいた。
準備が大事というストイックさもあり、すっかり夜遊びでのチャラさも影を潜めたようでーー。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一)

―自他ともに認めるモテ男、それこそプレイボーイなイメージなのが最近は遊びも減って“ひとりメシ”ですか?

武田 なんかね、前は寂しいなと思ってたけど、今はひとりが楽になってきたんですよ。
さっと帰って、お金もかかんないですし。そんな高いワイン飲んだりさ、この年になって結婚もしてなかったら意味ないもんね(笑)。

―いやいや、でもそれはある意味、遊び尽くしちゃったからとか…。

武田 まぁ男性なんでね、綺麗な人がいたら、たまに食事誘うのはあるけど。
それで何も自分のためにならないんだったら、時間の使い方を変えなきゃいけないですよね。
なんか、それより次の自分への投資っていうか、休みがあったらランニングして、サッカーの現場に行くとかなワケですよ、今は。

もちろん婚活もしなきゃと思うんだけど。難しいですよね。熱しやすく冷めやすいから。
1回食事してダメだなと思えば、やっぱ諦めが大事だし。スパッて決めて、次っ!って。

―当然、過去の経験値があった上で、ハードルも高くなってるんでしょうけど。
それ以上にときめくものがないと気持ちも動きませんよね。

武田 まぁそうっすね。独身だし、不倫とかもないから周りに迷惑かけないだけです。子供は欲しいんですけどね。

―なるほど。でも相手に求めるものが大きすぎると、なかなか結婚はね…。

武田 澤(穂希・ほまれ)さんにも言われましたもん、武ちんは繰り返しだって。
キレイな人と食事して別れる、キレイな人と食事して別れる…それだけで進歩がないって言われちゃったからね、
学習能力がないって(笑)。

―なんかズバリ核心を突かれた言われようですが(笑)。

武田 でもなんだろうな、結婚はもちろんしたいですけど、やっぱ本当に金目当ての女性とか多いんでね、周りに。
まぁそういう女性が多いのは俺のキャラもあるし、しょうがないですけど。

(所属事務所の)ホリプロの会長も「幸せな結婚ならしなさい。幸せじゃないならしないほうがいい」って
言ってくれたんですけど、やっぱ難しいですよね。
今、女性のほうが強いから、結婚してお金取られて終わっちゃう人もいっぱいいるし。
そういう意味ではやっぱ慎重にいってますよ。

―だいぶ女性に対して疑心暗鬼になってるというか(苦笑)。そこでも几帳面さが出てるんでしょうけど。

武田 女性に遊ばれないようにはしてますよ。やっぱスポーツ選手と結婚した嫁さんとかね、
別れてからTVでぺらぺら喋ってるの見たりするとちょっとムカつきますもん。
まぁ家庭というかふたりの問題なんですけど…。だから僕はするなら普通のOLとします。

―なんか実感こもってますね(笑)。

武田 たぶん、綺麗な人とは結婚しないです。昨日もパーティ行ったら綺麗な人いっぱいいましたよ、モデルさんとか。
でもこのコたち、絶対お金かかるなぁと思いながら帰ってきた。昔ならいってたけどね(笑)。

―そういうコたちの面倒臭さにもうんざりとか?

武田 まぁ、今はマイナスから始まりますからね、女性を見る時は。
特に港区あたりに住んでる女性には基本的に疑いから始まりますから。
なんでそんな売れてないのに贅沢な生活してるんだ?とか。

続きは↓の記事から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160424-00064428-playboyz-socc
no title

岡崎慎司が明かした!「日本人がプレミアで活躍する条件」 

1: 名無しさん 2016/04/20(水) 08:00:26.56 ID:CAP_USER*.net
イングランド・プレミアリーグで日本代表FW岡崎慎司(30)が所属するレスターの初優勝がいよいよカウントダウンに入った。主力として活躍する日本人ストライカーを元日本代表FW武田修宏氏(48=本紙評論家)が直撃。日本人にとって“鬼門”と言われたイングランドで成功する秘訣を明かした。

【武田修宏の直言!!】今季の岡崎の活躍は素晴らしいよね。同じストライカーとして、日本人が海外で活躍するのは素直にうれしいけど、新天地でどんなことに取り組んでいるのかな。そこが気になっていたから、先日の日本代表合宿で岡崎本人に直接会ってきた。

 まずは昨季まで所属したドイツ1部リーグとイングランドのサッカースタイルの違いについて聞くと「ドイツはある程度、選手の役割が決まっている。その役割にスペシャリストがいるんで、チームとしての形があった」と分析。

その上で現在は「監督がイタリア人(クラウディオ・ラニエリ=64)のせいか守備の部分は細かい。でも攻撃は自由にやらせてもらっている。その分、考えないといけない。どう動いて周りと連係するとか。すべてが自己責任なんで大変」と言っていたね。

 さらにイングランドは日本人にとって鬼門。これまでマンチェスター・ユナイテッドでプレーしたMF香川真司(27=ドルトムント)をはじめ、数々の選手が大きな実績を残せていない。岡崎は過酷な環境でも結果を出しているけど、日本人が成功する条件については、こう解説してくれた。

「例えば永井(謙佑=27、名古屋)のスピードとかは十分に通用する。日本人の高い技術も通用すると思うけど、いかにして自分のストロングポイントを試合中のプレーに落とし込めるか。いい場面で発揮できないとダメだし、それがイングランドで成功する活路になると思っている」

 同じ9番タイプのFWとして、なかなか興味深い話が聞けたかな。もちろん重圧はあるんだろうけど、世界最高峰リーグで首位に立つチームで欠かせない戦力ってすごくない? すでに、元代表エースFW釜本邦茂さん(72)やカズさん(三浦知良=49、J2横浜FC)を超える「日本人最高のストライカー」って言ってもいいよね。

 イングランド・プレミアリーグはテレビ放映権料も高いから、地上波で試合が放送されていないけど、世界トップの舞台でプレーする岡崎の雄姿を広く日本の子供たちに見せてあげたいね。彼のパフォーマンスをまねすれば、近い将来にすごいストライカーが出てくるのは間違いないよ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160420-00000003-tospoweb-socc
no title

武田修宏氏は監督をすべき!!! 

1: 名無しさん 2016/03/31(木) 23:06:06.59 ID:CAP_USER*.net
前々から書いていることではあるが……
 日本のサッカー評論家はアジアのレベルが低いとか、日本のレベルが低いと、口癖のようにいうのだが、
サッカー評論のレベルも低すぎる。「なるほど、その分析は素晴らしい」といえる記事が、数えるほどしかない。
 最近のサッカーの試合は、選手それぞれのスタッツが克明に記録されているので、
印象だけでは不明確な部分を客観的な数字で確認できるようになっている。
3月24日のアフガニスタン戦の基本スタッツは公開されているので、おそらくシリア戦でも同様のデータは取られていると思われる。
データとしてはもっと詳細なものがあるはずで、評論家ならそのデータを入手して分析に役立てるのが仕事ではないか?
スポーツサイエンスという分野があるように、現在のスポーツは精神論や経験論だけでなく、科学的に分析するものになっている。
データを解析することで、なにが良かったか、なにが悪かったか、どうすると改善できるか……といったことが、
客観的に見えてくる場合がある。それを踏まえての論評であれば、説得力は増すというものだ。

 武田氏の論評も、ただの印象論に終始している。

武田修宏氏「日本は個人技で圧倒。ハリル戦術に関しては相変わらず疑問しかない」
 それでも、前半は冷静じゃないシーンもあったね。何度も言っていることだけど、
パスをつなげばいい場面で慌てて縦にボールを入れるなど、攻め急いだ。
ハリルホジッチ監督の指示で、選手は速さを求められているから、焦ってミスをしてしまう。
相手の出方に応じて冷静に攻めればいいのに…。このハリル戦術に関しては、相変わらず疑問しかないよ。

 「焦ってミスをしてしまう」というのは、武田氏の印象だよね。私にはそうは見えなかった。
チャレンジしてのミスだから、チャレンジしないでパスで逃げておけばミスにはならないかもしれない。
しかし、それでは積極性に欠ける攻めになってしまう。
まだまだハリルホジッチ監督の目指すサッカーにはほど遠いと思うのだが、
それはチャレンジし続けないと辿り着けない目標でもある。
ハリルホジッチ監督の目標が「10」だとしたら、現状はやっと「5」くらいではないだろうか。
未完成のチームだから、ミスは起きやすい。だが、ミスを恐れていたら成長もない。

 「ハリル戦術に関しては、相変わらず疑問しかない」というが、監督の心が読めるわけではないのだから、
真の意図なんて誰にもわかるわけがない。
 それでも、やろうとしていることは見えつつある。監督の意図を選手が確実に実行できているわけでもなく、
刻々と変わる状況でできることとできないことがある。そのことは、選手でもあった武田氏も十分わかっているはずだ。
 監督にできることは、練習での指示、試合前のミーティングやフォーメーションの指示、
試合中にベンチから声をかけること、そして選手交代くらいだ。
試合中にできることは限られ、大部分はピッチ上の選手の判断と行動に委ねられる。
動き始めた試合を思い通りにコントロールすることは難しく、監督の采配は試合開始前に8割くらいは完結していると思う。

 武田氏の過去の論評なども読んでいるが、氏のサッカーは時代遅れという気がする。
武田氏が現役だった頃のサッカーを引きずっているのではないだろうか?

 武田氏は監督をすべきだ。

 その資格は持っているわけだし、自身のいうより優れた戦術とやらを監督としてチームを率いて、実践、証明してみせることだ。
 皮肉でいっているのではない。武田氏の現役時代の経験と実績を、次世代に還元することが望ましいと思うのだ。
テレビのバラエティで、ヘラヘラ笑っている場合じゃない。
日本のサッカーを憂うのなら、武田氏はサッカーの現場に戻るべきだ。
 いきなり代表監督は無理だろうが、J2、J3、JFLなどの下位カテゴリで経験を積んで、
「オレが日本のサッカーを変えてやる」という気迫を見せて欲しい。
 武田氏は、それを実行できる立場にいる。ただのサッカー評論家やサッカーファンとは違うのだ。

 野球の世界では、解説者を経て監督になるケースが多い。
鋭い解説をしていた人は、監督になってもいってきたことを実践して結果を出すことが多い。
 有言実行だ。
 Jリーグでも、ワールドカップ出場経験世代が監督になる年齢になってきたが、武田氏もその戦列に加わることを望む。
Jリーグ発足前後を支えてきた選手として、口先だけの評論家に終わって欲しくないと思う。

http://blogos.com/article/169925/
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索