Samurai Goal

武田修宏


スポンサード リンク





武田修宏「俺が今、監督になったら闘莉王獲るよ!」 

1: 名無しさん 2016/04/24(日) 18:36:06.52 ID:CAP_USER*.net
あの国民的バラエティ番組のスピリットを引き継ぎ“友達の輪”を!とスタートした『語っていいとも!』。
前回、元Jリーガー・現FC岐阜監督のラモス瑠偉さんからご紹介いただいた第21回ゲストは、
元Jリーガー・日本代表の武田修宏さん。

バラエティ番組などでも活躍、モテ男キャラの独身貴族として知られるが、前回は女性とのつきあいの難しさや
結婚観まで吐露。そして、今また熱く胸に秘めるサッカー界復帰への思いを語っていただいた。
準備が大事というストイックさもあり、すっかり夜遊びでのチャラさも影を潜めたようでーー。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一)

―自他ともに認めるモテ男、それこそプレイボーイなイメージなのが最近は遊びも減って“ひとりメシ”ですか?

武田 なんかね、前は寂しいなと思ってたけど、今はひとりが楽になってきたんですよ。
さっと帰って、お金もかかんないですし。そんな高いワイン飲んだりさ、この年になって結婚もしてなかったら意味ないもんね(笑)。

―いやいや、でもそれはある意味、遊び尽くしちゃったからとか…。

武田 まぁ男性なんでね、綺麗な人がいたら、たまに食事誘うのはあるけど。
それで何も自分のためにならないんだったら、時間の使い方を変えなきゃいけないですよね。
なんか、それより次の自分への投資っていうか、休みがあったらランニングして、サッカーの現場に行くとかなワケですよ、今は。

もちろん婚活もしなきゃと思うんだけど。難しいですよね。熱しやすく冷めやすいから。
1回食事してダメだなと思えば、やっぱ諦めが大事だし。スパッて決めて、次っ!って。

―当然、過去の経験値があった上で、ハードルも高くなってるんでしょうけど。
それ以上にときめくものがないと気持ちも動きませんよね。

武田 まぁそうっすね。独身だし、不倫とかもないから周りに迷惑かけないだけです。子供は欲しいんですけどね。

―なるほど。でも相手に求めるものが大きすぎると、なかなか結婚はね…。

武田 澤(穂希・ほまれ)さんにも言われましたもん、武ちんは繰り返しだって。
キレイな人と食事して別れる、キレイな人と食事して別れる…それだけで進歩がないって言われちゃったからね、
学習能力がないって(笑)。

―なんかズバリ核心を突かれた言われようですが(笑)。

武田 でもなんだろうな、結婚はもちろんしたいですけど、やっぱ本当に金目当ての女性とか多いんでね、周りに。
まぁそういう女性が多いのは俺のキャラもあるし、しょうがないですけど。

(所属事務所の)ホリプロの会長も「幸せな結婚ならしなさい。幸せじゃないならしないほうがいい」って
言ってくれたんですけど、やっぱ難しいですよね。
今、女性のほうが強いから、結婚してお金取られて終わっちゃう人もいっぱいいるし。
そういう意味ではやっぱ慎重にいってますよ。

―だいぶ女性に対して疑心暗鬼になってるというか(苦笑)。そこでも几帳面さが出てるんでしょうけど。

武田 女性に遊ばれないようにはしてますよ。やっぱスポーツ選手と結婚した嫁さんとかね、
別れてからTVでぺらぺら喋ってるの見たりするとちょっとムカつきますもん。
まぁ家庭というかふたりの問題なんですけど…。だから僕はするなら普通のOLとします。

―なんか実感こもってますね(笑)。

武田 たぶん、綺麗な人とは結婚しないです。昨日もパーティ行ったら綺麗な人いっぱいいましたよ、モデルさんとか。
でもこのコたち、絶対お金かかるなぁと思いながら帰ってきた。昔ならいってたけどね(笑)。

―そういうコたちの面倒臭さにもうんざりとか?

武田 まぁ、今はマイナスから始まりますからね、女性を見る時は。
特に港区あたりに住んでる女性には基本的に疑いから始まりますから。
なんでそんな売れてないのに贅沢な生活してるんだ?とか。

続きは↓の記事から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160424-00064428-playboyz-socc
no title

岡崎慎司が明かした!「日本人がプレミアで活躍する条件」 

1: 名無しさん 2016/04/20(水) 08:00:26.56 ID:CAP_USER*.net
イングランド・プレミアリーグで日本代表FW岡崎慎司(30)が所属するレスターの初優勝がいよいよカウントダウンに入った。主力として活躍する日本人ストライカーを元日本代表FW武田修宏氏(48=本紙評論家)が直撃。日本人にとって“鬼門”と言われたイングランドで成功する秘訣を明かした。

【武田修宏の直言!!】今季の岡崎の活躍は素晴らしいよね。同じストライカーとして、日本人が海外で活躍するのは素直にうれしいけど、新天地でどんなことに取り組んでいるのかな。そこが気になっていたから、先日の日本代表合宿で岡崎本人に直接会ってきた。

 まずは昨季まで所属したドイツ1部リーグとイングランドのサッカースタイルの違いについて聞くと「ドイツはある程度、選手の役割が決まっている。その役割にスペシャリストがいるんで、チームとしての形があった」と分析。

その上で現在は「監督がイタリア人(クラウディオ・ラニエリ=64)のせいか守備の部分は細かい。でも攻撃は自由にやらせてもらっている。その分、考えないといけない。どう動いて周りと連係するとか。すべてが自己責任なんで大変」と言っていたね。

 さらにイングランドは日本人にとって鬼門。これまでマンチェスター・ユナイテッドでプレーしたMF香川真司(27=ドルトムント)をはじめ、数々の選手が大きな実績を残せていない。岡崎は過酷な環境でも結果を出しているけど、日本人が成功する条件については、こう解説してくれた。

「例えば永井(謙佑=27、名古屋)のスピードとかは十分に通用する。日本人の高い技術も通用すると思うけど、いかにして自分のストロングポイントを試合中のプレーに落とし込めるか。いい場面で発揮できないとダメだし、それがイングランドで成功する活路になると思っている」

 同じ9番タイプのFWとして、なかなか興味深い話が聞けたかな。もちろん重圧はあるんだろうけど、世界最高峰リーグで首位に立つチームで欠かせない戦力ってすごくない? すでに、元代表エースFW釜本邦茂さん(72)やカズさん(三浦知良=49、J2横浜FC)を超える「日本人最高のストライカー」って言ってもいいよね。

 イングランド・プレミアリーグはテレビ放映権料も高いから、地上波で試合が放送されていないけど、世界トップの舞台でプレーする岡崎の雄姿を広く日本の子供たちに見せてあげたいね。彼のパフォーマンスをまねすれば、近い将来にすごいストライカーが出てくるのは間違いないよ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160420-00000003-tospoweb-socc
no title

武田修宏氏は監督をすべき!!! 

1: 名無しさん 2016/03/31(木) 23:06:06.59 ID:CAP_USER*.net
前々から書いていることではあるが……
 日本のサッカー評論家はアジアのレベルが低いとか、日本のレベルが低いと、口癖のようにいうのだが、
サッカー評論のレベルも低すぎる。「なるほど、その分析は素晴らしい」といえる記事が、数えるほどしかない。
 最近のサッカーの試合は、選手それぞれのスタッツが克明に記録されているので、
印象だけでは不明確な部分を客観的な数字で確認できるようになっている。
3月24日のアフガニスタン戦の基本スタッツは公開されているので、おそらくシリア戦でも同様のデータは取られていると思われる。
データとしてはもっと詳細なものがあるはずで、評論家ならそのデータを入手して分析に役立てるのが仕事ではないか?
スポーツサイエンスという分野があるように、現在のスポーツは精神論や経験論だけでなく、科学的に分析するものになっている。
データを解析することで、なにが良かったか、なにが悪かったか、どうすると改善できるか……といったことが、
客観的に見えてくる場合がある。それを踏まえての論評であれば、説得力は増すというものだ。

 武田氏の論評も、ただの印象論に終始している。

武田修宏氏「日本は個人技で圧倒。ハリル戦術に関しては相変わらず疑問しかない」
 それでも、前半は冷静じゃないシーンもあったね。何度も言っていることだけど、
パスをつなげばいい場面で慌てて縦にボールを入れるなど、攻め急いだ。
ハリルホジッチ監督の指示で、選手は速さを求められているから、焦ってミスをしてしまう。
相手の出方に応じて冷静に攻めればいいのに…。このハリル戦術に関しては、相変わらず疑問しかないよ。

 「焦ってミスをしてしまう」というのは、武田氏の印象だよね。私にはそうは見えなかった。
チャレンジしてのミスだから、チャレンジしないでパスで逃げておけばミスにはならないかもしれない。
しかし、それでは積極性に欠ける攻めになってしまう。
まだまだハリルホジッチ監督の目指すサッカーにはほど遠いと思うのだが、
それはチャレンジし続けないと辿り着けない目標でもある。
ハリルホジッチ監督の目標が「10」だとしたら、現状はやっと「5」くらいではないだろうか。
未完成のチームだから、ミスは起きやすい。だが、ミスを恐れていたら成長もない。

 「ハリル戦術に関しては、相変わらず疑問しかない」というが、監督の心が読めるわけではないのだから、
真の意図なんて誰にもわかるわけがない。
 それでも、やろうとしていることは見えつつある。監督の意図を選手が確実に実行できているわけでもなく、
刻々と変わる状況でできることとできないことがある。そのことは、選手でもあった武田氏も十分わかっているはずだ。
 監督にできることは、練習での指示、試合前のミーティングやフォーメーションの指示、
試合中にベンチから声をかけること、そして選手交代くらいだ。
試合中にできることは限られ、大部分はピッチ上の選手の判断と行動に委ねられる。
動き始めた試合を思い通りにコントロールすることは難しく、監督の采配は試合開始前に8割くらいは完結していると思う。

 武田氏の過去の論評なども読んでいるが、氏のサッカーは時代遅れという気がする。
武田氏が現役だった頃のサッカーを引きずっているのではないだろうか?

 武田氏は監督をすべきだ。

 その資格は持っているわけだし、自身のいうより優れた戦術とやらを監督としてチームを率いて、実践、証明してみせることだ。
 皮肉でいっているのではない。武田氏の現役時代の経験と実績を、次世代に還元することが望ましいと思うのだ。
テレビのバラエティで、ヘラヘラ笑っている場合じゃない。
日本のサッカーを憂うのなら、武田氏はサッカーの現場に戻るべきだ。
 いきなり代表監督は無理だろうが、J2、J3、JFLなどの下位カテゴリで経験を積んで、
「オレが日本のサッカーを変えてやる」という気迫を見せて欲しい。
 武田氏は、それを実行できる立場にいる。ただのサッカー評論家やサッカーファンとは違うのだ。

 野球の世界では、解説者を経て監督になるケースが多い。
鋭い解説をしていた人は、監督になってもいってきたことを実践して結果を出すことが多い。
 有言実行だ。
 Jリーグでも、ワールドカップ出場経験世代が監督になる年齢になってきたが、武田氏もその戦列に加わることを望む。
Jリーグ発足前後を支えてきた選手として、口先だけの評論家に終わって欲しくないと思う。

http://blogos.com/article/169925/
no title

武田修宏「日本は個人技で圧倒。ハリル戦術に関しては相変わらず疑問しかない」 

1: 名無しさん 2016/03/31(木) 06:09:19.11 ID:CAP_USER*.net
【武田修宏の直言!!】
ロシアW杯アジア2次予選(日本5―0シリア、29日=埼玉スタジアム)

日本は高い個人技でシリアを圧倒できたね。FW本田やMF香川を中心にすれば、主導権を握って自由にプレーできる。
すでに2次予選突破を決め、重圧もなし。ホームでの試合なんだから、やれて当然ってところかな。

それでも、前半は冷静じゃないシーンもあったね。何度も言っていることだけど、パスをつなげばいい場面で慌てて縦にボールを入れるなど、攻め急いだ。
ハリルホジッチ監督の指示で、選手は速さを求められているから、焦ってミスをしてしまう。
相手の出方に応じて冷静に攻めればいいのに…。このハリル戦術に関しては、相変わらず疑問しかないよ。

9月からはW杯アジア最終予選に入る。
対戦国のレベルが上がってくれば、一つのミスが敗戦に直結するような致命傷になりかねない。
実際にショートカウンターの縦パスは他国にバレバレだし、この日は逆襲を食らう場面もあった。もっと臨機応変にやっていかないと、かなり苦戦するかもしれないね。

それと、W杯予選を中継した民放各局の対応はどう? 試合を盛り上げたいんだろうけど、お祭り騒ぎするだけのところもあった。
対戦相手に対するリスペクトがなかったのはいかがなものか。

☆たけだ のぶひろ=1967年5月10日生まれ。静岡県出身。幼少期から「天才少年」と呼ばれたストライカー。
名門・清水東(静岡)から86年に読売クラブ(現東京V)入り。
ルーキーながら11得点を挙げ、リーグVに貢献し、MVPにも選出された。Jリーグ発足後はV川崎や磐田、京都、千葉などでプレー。
00年には南米パラグアイのルケーニョに移籍。01年に東京Vに復帰し、同シーズンで現役引退した。
Jリーグ通算は94得点。JSL時代も含めれば152得点を挙げた。87年に日本代表に選出。
93年米国W杯アジア最終予選でドーハの悲劇を経験した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160331-00000002-tospoweb-socc
東スポWeb 3月31日(木)6時0分配信
no title

武田修宏「先を見据えて優秀な日本人監督に任せたほうがいい」 

1: 名無しさん 2016/03/29(火) 11:38:39.98 ID:CAP_USER*.net
ハリルホジッチ監督はFW本田圭佑(29=ACミラン)とMF香川真司(27=ドルトムント)を先発から外し、初の4―4―2システムで臨んだけど、公式戦で試すのは危険だった。勝ったからいいものの、リスクマネジメントがないよね。

 試合では、ゴール前を固める相手に対し、連動性がなく、中央へボールを集めるばかり。ボールを回しながら、幅と厚みを持たせればいいのに、いつも縦に急ぎ過ぎる。後半は相手が疲れて大量得点できたものの、毎回指摘しているようにハリル戦術は日本人の特性を生かしていないね。

 特に前半は、選手の力を引き出せていなかった。右MFで起用したMF原口元気(24=ヘルタ)はゴール前を固められてスペースがなく、自慢のスピードを発揮できない。MF柏木陽介(28=浦和)は優秀なパサーなんだけど、FW陣が厳しくマークされたため得意なパスを狙えない。これは監督の戦略ミスだよ。

 アジア各国が日本戦で守備的な戦いで来るのは誰もが知っていること。それでも対応できないし、昨年と変わっていない。このまま日本人に合うサッカーができないなら、先を見据えて早く優秀な日本人監督に任せたほうがいい。

☆武田修宏:たけだ のぶひろ=1967年5月10日生まれ。静岡県出身。幼少期から「天才少年」と呼ばれたストライカー。名門・清水東(静岡)か ら86年に読売クラブ(現東京V)入り。ルーキーながら11得点を上げ、リーグVに貢献し、MVPにも選出された。Jリーグ発足後はV川崎や磐田、京都、 千葉などでプレー。00年には南米パラグアイのルケーニョに移籍。01年に東京Ⅴに復帰し、同シーズンで現役引退した。Jリーグ通算は94得点。JSL時 代も含めれば152得点を挙げた。87年に日本代表に選出。93年アメリカW杯アジア最終予選でドーハの悲劇を経験した。

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/522520/
no title


【サッカー】<本田圭佑>「日本人は自分たちに厳しい目を向けて自問自答できる人種。外国人にそれはできない。それは我々の特長」★2c2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1459041856/

武田修宏「同級生の監督と対面して思い知らされたこと」 

1: 名無しさん 2016/03/16(水) 10:12:29.26 ID:CAP_USER*.net
【武田修宏の直言!!】
同級生の活躍は大きな刺激になるね。5日にJ1福岡―横浜M戦、6日にJ2長崎―清水戦を見に行った。
そこで福岡の井原正巳監督(48)と長崎の高木琢也監督(48)、視察に来ていたU―23日本代表の手倉森誠監督(48)と対面し、
改めて現場の苦労や厳しさを思い知らされたかな。

同級生の3人に話を聞くと、それぞれのチームには、それぞれの問題や事情があって、何事にも苦労しているみたい。
ちょっと具体的な内容は話せないんだけど、選手への指導はもちろん、チーム編成なども含めて…。
クラブや上層部の方針もあって監督の意向だけでは決められないいろいろなことがあるんだろうね。
そんな苦労をしながら同級生が必死に頑張っている姿を見て、やっぱりサッカーは現場が大切と感じたよ。
チームを勝たせるために、様々な努力をし、知恵を絞って戦っている。おのおののチームの目標は違うけど、
まずはグラウンドでいいサッカーを見せなきゃいけない。それをすごく痛感させられた。

これまでも何度か言っているけど、今の日本サッカー界はテレビ放映権料とかスポンサーなどを意識しすぎだよね。
Jリーグもファンの反対を押し切って、チャンピオンシップ導入など大会方式を変更した。
これも大事なことだけど、人気回復の根本は、まずサッカーの質を高めることにあるんじゃないかな。

☆たけだ のぶひろ=1967年5月10日生まれ。静岡県出身。幼少期から「天才少年」と呼ばれたストライカー。
名門・清水東(静岡)から86年に読売クラブ(現東京V)入り。ルーキーながら11得点を挙げ、リーグVに貢献し、MVPにも選出された。
Jリーグ発足後はV川崎や磐田、京都、千葉などでプレー。00年には南米パラグアイのルケーニョに移籍。
01年に東京Vに復帰し、同シーズンで現役引退した。Jリーグ通算は94得点。
JSL時代も含めれば152得点を挙げた。87年に日本代表に選出。93年米国W杯アジア最終予選でドーハの悲劇を経験した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160316-00000007-tospoweb-socc
東スポWeb 3月16日(水)10時1分配信

no title

武田氏(右)は手倉森監督の悩みを聞いた?

日本のエースがついに覚醒?武田修宏「本田にゴール量産の予感」 

1: 名無しさん 2016/02/17(水) 12:15:51.79 ID:CAP_USER*.net
日本のエースが、ついに覚醒? イタリア1部リーグ、ACミランの日本代表FW本田圭佑(29)が、
14日にホームのジェノア戦で待望の今季初ゴールを挙げた。

長いスランプを抜け出して昨年12月にスタメン復帰すると、好パフォーマンスを発揮。
逆境を乗り越えた10番について、元日本代表FW武田修宏氏(48=本紙評論家)は絶賛し、今後のゴール量産を予言した。

【武田修宏の直言!!】本田のシュートは本当に見事だったよ。かなり距離はあったけど、しっかりとボールを捉えていた。
コースを狙っていたし、敵GKの前であえてボールをバウンドさせるのは、高い技術がなければできない。スーパーゴールといっても過言じゃないね。

昨年は、あまり試合に出られなかったり、チーム批判で干されたりと、苦悩する時期が長くあったよね。
移籍話も出ていたけど、それでも諦めずに練習に取り組み、パフォーマンスを向上させてスタメン復帰。
最近は攻撃面の軸になってチームに貢献していたから、そろそろ…と思っていた通りになったよ。

待望の今季初得点は本田にとって大きな転機になるんじゃないかな。個人の力で局面を打開するタイプの選手ではないから、ここまで苦戦してきたけど、
ミランが7試合無敗という結果を出しているように、チーム状態は明らかに良化している。本田が本来の力を十分に発揮できる環境が、ようやく整ってきたね。

実際に試合でパスが回るようになってからはチーム全体が機能し、いい方向に行っている。
本田もテンポを生かして、自らがスペースに走り、ボールを呼び込むなど、得点を奪うための動きを見せるようになった。
それに周囲と駆け引きしながら、ときには大胆に仕掛けたり、プレーの幅も広がっている。

しかも、今季初ゴールで重圧から解放された本田の勢いは加速するはず。今後も得点を取り続けるんじゃないかな。
相手があることだけど、シーズン終了までに背番号と同じ10ゴールを目指してほしいね。
もともと欧州で評価されるには「結果を出すしかない」と言い続けてきた男だから、必ずやってくれるよ。

同じストライカーとして、ゴールが取れないときの苦悩や重圧は理解できる。
「勝者のメンタリティー」を持つ本田は欧州でたくましくなっているし、すべての面で成長しているから。
グラウンドで自分の価値をさらに高めて、ここからビッグクラブの10番にふさわしい活躍を見せてほしいね。

☆たけだ のぶひろ=1967年5月10日生まれ。静岡県出身。幼少期から「天才少年」と呼ばれたストライカー。
名門・清水東(静岡)から86年に読売クラブ(現東京V)入り。ルーキーながら11得点を挙げ、リーグVに貢献し、MVPにも選出された。
Jリーグ発足後はV川崎や磐田、京都、千葉などでプレー。00年には南米パラグアイのルケーニョに移籍。
01年に東京Vに復帰し、同シーズンで現役引退した。Jリーグ通算は94得点。JSL時代も含めれば152得点を挙げた。
87年に日本代表に選出。93年米国W杯アジア最終予選でドーハの悲劇を経験した。

東スポWeb 2月17日(水)10時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160217-00000005-tospoweb-socc

【サッカー】本田圭佑がファン投票による初のセリエA公式ベスト11に選出!MFトップの得票率
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1455659496/
no title


【サッカー】ミランOB「私なら本田の代役を探す」低評価も覆した!黄金期を知る元キャプテンが本田を「最高に信頼できる」と絶賛
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1455632503/

武田修宏「JリーグはFW陣決定力不足だから優秀な高校生ストライカーを大学やJクラブに任せるのではなく協会が囲い込め!」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 10:34:45.57 ID:CAP_USER*.net
東スポWeb 1月8日(金)10時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160108-00000008-tospoweb-socc

【武田修宏の直言!】年末年始に行われた天皇杯と現在4強が出揃った高校サッカー。
カテゴリーが違う2つの大会だけど、見ていると一つの「線」を感じずにはいられない。

天皇杯決勝はG大阪が浦和を破って連覇を果たしたが、お互いに持ち味を貫き通した好ゲームだったね。
あれほどの試合を続けていけば、Jリーグも日本のサッカーもレベルは上がる。
とにかく、今年もこの2チームにJ王者の広島を加えた「3強」を中心に回っていくと見ているよ。

ただ、気になったのはやはりFW陣の決定力不足。G大阪はFWパトリックが2得点を決めたけど、
FW宇佐美ら日本人アタッカーは不発だったし、浦和にしても日本人選手たちが決めきれていればタイトルは手にできた。

ゴール前までボールを運ぶ技術は優れていても、ネットを揺らさない限りは勝てないんだよ。

そんな戦いの後に高校サッカーに目を移すと、各校のストライカーのレベルの高さに驚かされた。

技術もあり、決定力も高い。このまま順調に成長してほしいと思うが、
こうした逸材たちが伸び悩んでしまうのが日本サッカー界の問題点でもある。

ストライカーの育成はどの国でも永遠の課題とされるが、特に日本はその弱点をなかなか解消できない。

日本代表のハリルホジッチ監督も優秀なFW探しを続けているようだけど、
優秀な選手は大学やJクラブに任せるのではなく、日本協会が囲い込むくらいのことをする必要があるのではないか。

no title

武田修宏「満員にならないクラブW杯 広島戦…Jクラブの試合のチケットが入手できないって話は聞いたことがない」 

445: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2015/12/16(水) 16:21:27.25 ID:Sh3+Ac340.net
【武田修宏の直言!】クラブW杯準決勝でリバープレートと対戦する広島は、Jリーグチャンピオンシップからの連戦でコンディションの不安はあると思う。
でも、世界トップクラブと真剣勝負できる機会は貴重だから、多くのことを吸収してほしいよ。
その一方で、気になるというか残念なのは、広島がアフリカ王者マゼンベ(コンゴ)を倒した13日の準々決勝の観客動員が2万3609人で、会場が満員にならなかったことだ。
中継した日本テレビ系の視聴率も2桁に届かなかったし、もちろん同時間帯に放送されたフィギュアスケートにも完敗。自国開催の世界大会でJリーグ王者の試合が注目されていないってのはどうなの?

 世界最強のバルセロナとリバープレートが対戦するであろう決勝戦(20日、日産)のチケットは、カテゴリー1で1枚4万円という高額なのに即日完売したそうだ。
チケットを買えなかった知人からも「何とかならないか」と言われたよ。

 今大会を除けば、国内でチケットが完売するのは日本代表戦しかないし、Jクラブの試合のチケットが入手できないって話は聞いたことがない。
南米や欧州ではクラブの人気が高く、代表を圧倒しているけど、日本は真逆。
まだJリーグが文化になっていない証しで、少し寂しい気分だね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151216-00000027-tospoweb-socc
no title

森保監督が武田氏に明かした葛藤と野望「ACLは若手を起用して経験を積ませる場に」「東京五輪の監督をやりたい」 

503: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2015/12/08(火) 12:17:58.80 ID:+EtlTKMU0.net
広島で3度目の日本一!森保監督が武田氏に明かした葛藤と野望
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/480682/

 【武田修宏の直言!】11年ぶりに復活したCSは、勝つべきチームが勝ったね。もちろん敗れた
G大阪も長谷川健太監督のもと、素晴らしい戦略と戦術を駆使して戦ったが、やはり年間勝ち点
では広島から11点も離れた3位のチーム。そういう意味も含め、広島が決勝を制したのは日本の
サッカーのためにも良かったんじゃないかな。

 森保監督は2012年から広島を指揮し、4年間で3回の優勝。ペトロビッチ監督(現浦和監督)の
サッカーを継承しつつ、守備を再構築したことでバランスのいいチームが出来上がった。それに加え、
選手の能力や適性を見抜く力は抜群。その眼力が今季の優勝につながったといっても過言じゃないよ。

 でも、そんな森保監督も就任当初はかなり悩んでいた。クラブに潤沢な資金があるわけではなく、
高額な移籍金がかかる大物選手の獲得ができないことは承知の上。いずれ優勝争いができるポテ
ンシャルがあるとわかっていても、目の前の勝負を無視すれば降格の恐れだってある。若手を育て
ながら勝つという難しい仕事を引き受けた。

 12年に就任即優勝という快挙を達成し、迎えた13年。広島はJ王者としてアジアチャンピオンズ
リーグ(ACL)にも出場したが、森保監督はここである決断をした。戦いの軸足はJリーグにおき、
ACLは若手を起用して経験を積ませる場にする。主力選手の疲労蓄積による戦力ダウンを避ける
ためには、こうするしかなかった。

 だが、ACLがそんなに甘いはずもなく、1次リーグは苦戦の連続。そのなかで広島は、大会の
放映権を持つ日テレから“もう少し勝てるメンバーでやってほしい”というニュアンスのクレームを
受けたという。

 森保監督は私に「タケちゃん、お金がないうちとしてはこうするしかないんだ。わかってほしい」と
漏らしたこともあった。J王者として7季ぶりの1次リーグ敗退という不名誉な記録が残ったが、監督
はあえて将来を見据え、苦しい道を選んだ。

 そんな苦労を重ね、チームは花開いた。活躍の場を与えられた若手選手は力を発揮し、移籍加入
した選手も融合しやすい雰囲気をつくり上げた。もちろん選手の頑張りや監督の指導力もあるが、
これを支えたフロントや強化スタッフの力も忘れてはいけない。どんな選手が広島に合っているのか
を常にリサーチし、スカウティングをする。だから主力選手が抜けても的確な補強ができる。

 森保監督に今後の話を振ったら、すぐに答えが返ってきた。

「東京五輪の監督をやりたいね。日の丸をつけ、日本のために戦う。やらせてもらえないかな」

 4年間で偉業を達成した名将。東京五輪まで残された時間はほぼ同じ。今の日本で一番結果を出せる
監督だと思う。日本協会は「森保招聘」に本腰を入れたほうがいいんじゃないかな。
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索