Samurai Goal

武田修宏


スポンサード リンク





武田修宏が森保JAPANに自己推薦!?『ラモスと球拾い行くよ?』 

キャプチャ
【武田修宏の直言!!】

A代表と五輪代表を指揮する森保一監督(49)の「兼任」が不安視されているね。たしかに1人で2つの代表チームを指導するのは大変なことだし、重複する日程もあるとのことで各方面から「難しい」という意見が出ている。

 でも森保監督なら困難な作業もこなせるんじゃないか。ロシアW杯に臨んだ西野ジャパンのコーチを務めたことで、A代表候補の選手状態はわかっていると思うし、選手選考の不安はないよ。それに現状の把握ならコーチ陣もサポートできる。今までの代表監督だってスタッフに任せていた部分は多いからね。

〈続く〉
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00000026-tospoweb-socc

「日本代表は全戦引き分け」武田のビックリ予想が注目を集める!! 

f9f0ee9cefacab104311016caaf76a68
1   2018/06/03(日) 18:04:18.89 _USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180603-00000107-sph-ent

サッカー解説者の武田修宏氏(51)が、
3日放送のカンテレのトークバラエティー「お笑いワイドショー マルコポロリ!」
(日曜・後1時59分、関西ローカル)にゲスト出演。
14日に開幕するサッカーW杯1次リーグで日本と対戦するコロンビア、セネガル、ポーランドについて、
「僕は3試合とも引き分けなのかなと思っています」と分析した。

FIFAランクでは、日本の60位に対し、コロンビアは16位、セネガルは28位、ポーランドは10位と、
3チームとも格上。戦前の予想では苦戦が予想されており、
MCの東野幸治(50)は少し驚いた表情で「ということは、3試合引き分けで勝ち点3、得失点差で、
もしかしたら(決勝トーナメントに)行けるということですか?」と聞かれ、
「点を取らないと行けないので、(スコアは)1―1とかですかね。引き分けで十分。
60位のチームが10位と戦う訳ですから」などと話した。

 武田氏は先週、日本代表の練習を視察したそうで、
「僕も練習を見に行くまでは絶対に勝てないと思っていたんですけど、
選手の話を聞いたり日本代表の練習の風景で期待できるんですよ。(前監督の)ハリルさんの時とまったく違うんで。
僕は期待していいと思う。チームとして、今は選手の良さがうまく11人に入っている感じ」
と取材した印象を明かしていた。

武田修宏「国内レベルは年々地盤沈下」イニエスタが打開すると提言 

f9f0ee9cefacab104311016caaf76a68
1   2018/05/14(月) 12:37:51.50 _USER9
【武田修宏の直言!!】あるJクラブ関係者から「連戦で選手は疲労し、観戦者も減少。審判のジャッジも問題が多発しているし、ACL(アジアチャンピオンズリーグ)も勝ち上がったのは鹿島だけ。サッカー界はやばいんじゃないですか」という内容の話を聞かされたけど、年々、地盤沈下が進んでいるし、先行きに不安を感じるよ。

 そんな中で、スペイン1部バルセロナの同国代表MFアンドレス・イニエスタが今夏にもJ1神戸入りするかもっていうビッグニュースが報じられたね。Jリーグは多くの有望な選手が海外に進出し“空洞化”。少し人材難を感じているんだけど、イニエスタの参戦が実現すればJリーグのレベルアップは確実じゃないかな。 

 それに誰もが驚いたと思うんだけど、報道では推定年俸が何と約32億5000万円(2500万ユーロ)! バルセロナの主力選手になれば大金を手にできるわけだけど、日本でどんなプレーを見せてくれるか。神戸には元ドイツ代表10番のFWルーカス・ポドルスキ(32)も所属しているし、今からコンビプレーが楽しみだよ。

 ただ世界的スターがクラブに2人もいたら、選手たちも気を使うんじゃない? 特に監督はかなり苦労しそうだけどね。(元日本代表FW)

東スポ 5/9(水) 16:46配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000032-tospoweb-socc

武田修宏「興奮しました」元宝塚スターとのデートを明かすww 

1   2018/05/11(金) 23:20:08.07 _USER9
元サッカー日本代表でタレントの武田修宏(51)が11日、カンテレ「快傑 えみちゃんねる」に出演し、
元宝塚トップスターの紫吹淳(48)と初デートをしたことを明かした。

「思った以上に優しくていい人でした」と興奮して話す武田にMCの上沼恵美子は
「武田さんはデートだけの男性」と結婚には向いていないと指摘した。

武田は、紫吹から「食事に行きませんか」とLINEが来たことを明かし、デートを約束。「1人で来たんです!」と興奮気味に話した。
普段、紫吹は「ばあや」と呼ばれるマネジャーを伴っており、1人で来ただけで驚きだったという。
紫吹は「お肉が食べたい」とリクエストし、武田は東京ミッドタウンのステーキレストランを予約していた。

武田は「本当に優しくてスタイルもいいですし、もう興奮しました」と振り返った。
食事だけを2時間楽しみ、最初のデートということもあってバーなどにも誘わなかったという。

武田は紫吹を車で送るために酒も飲まなかった。「予想以上に素敵な方、優しくて」と武田は繰り返し、興奮して話した。

上沼はしかし、「武田さん、それはいいの。だれと付き合ってもいい」と分析を開始。
「でも結婚はだめ。女の方からすると遊ばれてる感じがする。デートだけの男性なんです。いい肉を食べさしてくれたり、いい寿司を食べさしてくれる人なんです」
と結婚には不向きと指摘。「武田さんが所帯を持つのはいや」と自身の願望も付け加えた。

ディリースポーツ 5/11(金) 20:21配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00000149-dal-ent

写真
no title

“ドーハの悲劇”原因巡り「ラモスvs武田」バトル勃発ww 

21147857_1432195466897315_6161815109409701888_n
1   2018/05/08(火) 07:32:47.68 _USER9
元サッカー日本代表でビーチサッカー日本代表監督のラモス瑠偉(61)とタレントの武田修宏(50)が、7日放送のテレビ朝日系「中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!」(後8時20分)に出演。25年越しの大反省会と題し、93年W杯最終予選“ドーハの悲劇”の敗戦の理由を探った。

 世間から敗戦の一因とされている“武田バッシング”。後半残り9分で投入されたフレッシュな武田が、ボールキープをせずに誰もいない場所にセンタリングを上げたシーンが映し出されると、本人は「本当に俺が悪いの?」と疑問を投げかけた。

 これにラモスは「自分は(この時)暑くて疲れているんです。動けない状態です。コーナーキックのところでボールをキープして欲しかった。時間を稼いで欲しかった。いきなり勝負して、俺とかカズが遅れてるのにいきなりセンタリングするんだもん。これありえないでしょ」と、当時の気持ちを告白。

しかし武田が「僕は、あの中で1点をとりにいこうって思っていた」と反論すると、ラモスは「アホかお前!」とバトルが勃発。武田は「当時はプロになったばっかりだし、ボールキープや時間稼ぎの文化がなかった」と持論を展開した。

 一方で当時、日本サッカー協会のチェアマンだった川淵三郎氏(81)は「クロスに行くまでの武田のプレーは凄く良かった。何でこんな所に上げるんだよって当時は思った。でもあれが敗戦の原因じゃない」とフォローした。

 番組ではその後のプレーに注目。ロスタイムまで残り30秒のシーンでラモスが痛恨のパスミス。このミスシーンが取り上げられるとラモスが激怒。「2―1になった時に監督にアドバイスした。武田を出したときに、中盤の私と吉田と森保、足が動かないんです。

だったらあそこで北澤か、ボールキープできる沢登がいいと思ってた…パスミス(が原因)じゃない」と、交代を巡って監督とのやりとりが明かしたが、結論は出ず。

 川淵氏は「今なら時間稼ぎは楽勝。(当時は)チームとしてそういう考えがなかった。勝ったジョホールバルの歓喜より(負けたドーハの悲劇のほうが)みんなの記憶に残ってる。このチームは偉い。(ラモス、武田)2人は功労者ですよ」とまとめた。

5/7(月) 22:19配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-00000207-sph-ent

「日本代表の日給は9,000円だった」当時の事情を武田が語る 

1   2018/05/05(土) 23:55:07.50 _USER9
サッカー日本代表も、今では、W杯本選に出場するのは当たり前で、その先の成績を厳しく問われる時代になっているのは、先般のハリルホジッチ氏から西野朗氏への電撃監督交代劇を見ても明らか。
しかしこれが、今から四半世紀前のJリーグ開幕当時となると状況はずいぶん違っていたようだ。

全盛期のヴェルディ川崎で活躍し、日本代表としても多くのゴールを挙げた武田修宏が、「ジャンクSPORTS」(フジテレビ系)に出演したのは4月1日。
そこで、かつて日本中の注目を集めた“ドーハの悲劇”に関する驚きのクイズを出題した。

「“ドーハの悲劇”とは、1993年にカタールのドーハにて開催されたアメリカW杯アジア最終予選のイラク戦を指し、
日本代表は終了間際、ロスタイムでの失点により2-2のドローという結末に。日本史上初のW杯出場をあと一歩のところで逃したということで、
代表チームの“ここ一番での弱さ”という部分は、長年尾を引いて批判の対象になりました」(スポーツライター)

この悲劇の一戦で9番を任されていた武田は番組内で「ドーハの悲劇の頃にもらっていた1日あたりの選手の報酬はいくらか?」という興味深い難問を出題。
同じくアスリートのゲストとして出演していたシンクロの元日本代表青木愛は「300万円」などと日給の額を推察する中、武田はその金額を「9000円」と明かし、あまりに低すぎる額にスタジオが驚きの声で包まれた。

「武田いわく、当時はプロリーグの制度が整っておらず、勝利ボーナスや手当を受けられない状態で“名誉のために”日の丸を背負い戦っていたとのこと。
後に、ラモス瑠偉や三浦知良らが協会と交渉したおかげでようやく日給が支給されるようになったと武田は振り返りました」(前出・スポーツライター)

サッカー先進国に追いつくべく、一刻も早い大舞台での活躍、成果を求められていた当時の日本代表だが、9000円という日当が知られていたら、批判ももう少し柔らかくなったのかも知れない?

(木村慎吾)

アサ芸プラス / 2018年5月5日 9時58分
https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_103244/

写真
no title

【非難殺到】「日本代表の要は山口蛍」と熱弁する武田に対し反論の声が響くww 

34c739e080807986f699436d1a05d8e5
1   2018/04/24(火) 19:12:27.16 _USER9
【武田修宏の直言!!】

日本代表の西野朗新監督(63)には期待と不安がある。監督としてブラジルを破り「マイアミの奇跡」と呼ばれた1996年アトランタ五輪や2008年にアジアチャンピオンズリーグ(ACL)を制覇したJ1G大阪時代の実績は輝かしい。

ただ、J1神戸や名古屋では結果を出せなかったし、指揮官として約2年のブランクは少し気になるところかな。

 そんな中で、西野新監督がJ1を初視察したのは14日のC大阪―FC東京戦だけど、チェックしたかったのは日本代表の常連、C大阪の守備的MF山口蛍(27)じゃないかと思うんだ。

各メディアは西野ジャパンについて攻撃面ばかりを取り上げているけど、国際舞台を勝ち抜くにはやはり守備面の再構築が欠かせないからね。

 特に、日本がロシアW杯1次リーグを戦うコロンビアにはFWラダメル・ファルカオ(32=モナコ)、セネガルにはFWサディオ・マネ(26=リバプール)、ポーランドにはFWロベルト・レバンドフスキ(29=バイエルン・ミュンヘン)と世界的ストライカーがいる。

どうやって彼らを止めるのかを考えると、DF陣だけではなく守備的MFの存在は重要になるでしょ。西野監督は主力となる山口の状態を確認することで、本番で戦うための組織をどう築くかを考えるんじゃないかな。

 それと以前から主張していることだけど、元日本代表MF中村憲剛(37=川崎)を代表に選んでほしいね。FKキッカーやラストパスを出せるプレー面のことはもちろんのこと、中心となるFW本田圭佑(31=パチューカ)も一目置いていて、ピッチ内外で“バランサー”になれる。そういう存在が必要と思うよ。

4/24(火) 16:45配信 東スポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000042-tospoweb-socc

写真
no title

武田修宏「高額で移籍させられる若手を優先起用するので、30歳を超え、転売が難しいレスター岡崎慎司の出場が減るのは自然の流れ」 

1: 名無しさん 2016/09/28(水) 10:37:36.65 ID:CAP_USER9
【武田修宏の直言!!】海外クラブでプレーする日本選手は苦戦しているね。MF香川真司(27=ドルトムント)やFW本田圭佑(30=ACミラン)も先発を外れているけど、なかでもFW岡崎慎司(30=レスター)はほぼ構想外と言ってもおかしくない状況だ。 

 昨季イングランド・プレミアリーグで優勝したレスターは莫大な賞金を手にし、大型補強を実施。特にFW陣はエースのイングランド代表FWジェイミー・バーディー(29)に加え、アルジェリア代表FWイスラム・スリマニ(28)とナイジェリア代表FWアフメド・ムサ(23)を高額の移籍金(2人で約60億円)で獲得。当然だけど、岡崎のチーム内序列は下がってしまった。 

 しかもクラブ側は高額で移籍させられる若手を優先起用するので、30歳を超え、転売が難しい岡崎の出場が減るのは自然の流れ。昨季リーグVに貢献した選手に対し、非情な感じがするけど、プロとして契約社会の欧州では仕方ないかな。ターンオーバー要員で出場した試合では頑張っているし、どんな状況でもチャレンジする姿勢はすばらしいよね。 

 ただ自分の経験談を言うと、カズことFW三浦知良さん(49=J2横浜FC)とコンビを組んでいたヴェルディ川崎(現J2東京V)時代にブラジル人FWの加入で出番が減って、1996年シーズンに磐田へ移籍した。やっぱり選手は試合に出てナンボだし、求められるチームでプレーする方がやりがいもある。

 岡崎も戦力が固まりつつあるチームでは練習で猛アピールしても覆すのは難しい。それにコンスタントに出場機会を得られないと、日本代表にも呼ばれなくなる。岡崎のプレーを望んでいるクラブはたくさんあるから、来年1月の移籍市場に向け検討してもいいんじゃないかな。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00000005-tospoweb-socc
no title

武田修宏「来季J1再び1シーズン制逆戻りにあきれた」 

1: 名無しさん 2016/09/14(水) 17:17:06.68 ID:CAP_USER9
【武田修宏の直言!!】Jリーグは本当にこれでいいのかと思いたくなってくるよ。来季からまたJ1は1シーズン制に戻るという話を聞いて、驚くよりもあきれたね。しかも、その理由がお金。放映権料など収入増を見込んで2ステージ制&チャンピオンシップ開催という方式にしたのに、巨額の放映権料が入ってくることが決まったから逆戻り。

「サッカー」は完全に置き忘れられているようで悲しいよ。 

 最近のJリーグは歴史を大事にしていない。日本代表を強化するために生まれたJリーグも最初は10チームでハイレベルな試合をしていたのに、今はサッカーの現場を知らないような人たちが運営しているから、現在と近未来のことしか見ていない。

欧州の強豪国は歴史を大事にしているからこそ、これからの強化や発展への道がはっきり見えている。 

 こうした大会方式の変更の一番の犠牲者は選手だよ。2ステージ制への変更で選手の待遇は良くなった? 

巨額の放映権料はきちんと現場に還元されるの? 現場は年間で最も多くの勝ち点を取って優勝することに全力を注いでいるのに、組織がその気持ちに応えていない。 

 2ステージ制に移行する時はサポーターの大反対を押し切って批判を浴びたのに、今回はどう説明するのか。サッカーをビジネスとしてしか考えない人たちには「プレーヤーズ・ファースト」の意味をもう一度考えてもらいたい。 

☆武田修宏:たけだ・のぶひろ=1967年5月10日生まれ。静岡県出身。幼少期から「天才少年」と呼ばれたストライカー。名門・清水東(静岡)から86年に読売クラブ(現東京V)入り。ルーキーながら11得点を挙げ、リーグVに貢献し、MVPにも選出された。Jリーグ発足後はV川崎や磐田、京都、千葉などでプレー。00年には南米パラグアイのルケーニョに移籍。01年に東京Vに復帰し、同シーズンで現役引退した。Jリーグ通算は94得点。JSL時代も含めれば152得点を挙げた。87年に日本代表に選出。93年米国W杯アジア最終予選でドーハの悲劇を経験した。

東スポWeb 9月14日 16時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160914-00000035-tospoweb-socc
no title


【サッカー】<Jリーグ>1ステージ制に夏休み導入を検討!強豪クラブを招いての親善試合が可能 c2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1473718443/

【サッカー】<Jリーグ>来季の優勝賞金10億円!J1の18クラブで分ける…傾斜配分金の総額は30億9000万円!★3c2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1473732176/

青森山田中キャプテン武田英寿!「サッカー選手になるようにと中田ヒデから貰ってつけた名前」。。。武田修宏「…」 

694: 名無しさん 2016/08/26(金) 08:49:08.95 ID:FTWSIeuH0
[全中]「サッカー選手になるようにという名前」青森山田3連覇の主将はMF武田英寿
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?197171-197171-fl
 武田英寿。サッカー好きなら元日本代表の中田英寿氏の名前が連想されるはずだ。「親がサッカーが好きなので、中田さんの名前を貰って付けたと聞きました。サッカー選手になるようにという名前だと感じています。だから頑張んないといけない」。周囲の期待も感じている。夢は海外でプレーすること。夢に一歩でも近づけるように、武田は青森の地で鍛錬を続ける。

no title


そういう世代なんだなぁとしみじみ



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索