Samurai Goal

武田修宏


スポンサード リンク





鹿島FW上田綺世は大迫に匹敵する選手「10年に一人じゃないか」  

1: Egg ★ 2019/09/19(木) 07:27:19.28 ID:Lf9g3kjW9
【武田修宏の直言!!】14日に福岡でサッカー教室、15、16日には北海道・根室でサッカー教室とトークショーをやったよ。全国各地を訪れて、いろいろな方と触れ合うのはやっぱり刺激になる。そんな中、14日に会った福岡大サッカー部の乾真寛監督とは“ストライカー談議”で大いに盛り上がったね。

 主には森保ジャパンの現状について。FWでは大迫勇也(29=ブレーメン)が絶対的な存在で彼に代わる選手が現れていないのは問題だねってことから、期待するFWの話をしたよ。乾監督のお勧め選手は今季途中まで大学ナンバーワンFWとして実績を残し、現在はJ1鹿島に所属する上田綺世(21)だったね。

 上田は東京五輪世代のストライカーで6月にはA代表に初選出されて南米選手権(ブラジル)に出場。法政大でプレーしていたころから間近で見てきたという乾監督は「非常にシュートがうまい選手」と、ゴール前に飛び出すタイミングやクロスに対してのポジショニングや合わせ方などを絶賛していたよ。

 上田に関しては、ほぼ同じような印象を持っていたし、これまで多くのJリーガーを育ててきた乾監督が「10年に一人じゃないか」という言葉を聞いて期待も高まったね。大迫に匹敵するストライカーになるには、まずはJリーグの舞台でゴールを量産すること。そうなれば自然と自信も生まれるし、プレーに迷いがなくなるはずだよ。

 このままの成長曲線を描いて、来年の東京五輪、2022年カタールW杯まで突き進んでほしいね。

9/18(水) 16:37配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-00000040-tospoweb-socc

写真
no title

武田修宏さん追突され軽傷 乗用車4台絡む事故に  

20190905-00000032-mai-000-2-view[1]




1: シャチ ★ 2019/09/05(木) 13:38:45.75 ID:t4Uhj27q9
 
9/5(木) 13:35配信 毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190905-00000032-mai-soci
 東京都渋谷区内で4日、元サッカー日本代表の武田修宏さん(52)が運転する乗用車に別の乗用車が追突し、武田さんが頸椎(けいつい)ねんざの軽傷を負った。5日、警視庁渋谷署への取材で判明した。

 同署によると、4日午後5時過ぎ、渋谷区南平台町の国道246号で、信号待ちをしていた武田さんの車に千葉県の70代男性が運転する車が追突。武田さんの車も前方の車に追突し、計4台が絡む事故が発生した。武田さん以外にけが人はいなかった。【山本有紀】

武田修宏氏「Jリーグは真夏の日程を見直すべき」「ジメジメする日本の真夏にプレーするのはしんどい」  

sirabee20190320takedanobuhiro04-600x400




1: Egg ★ 2019/08/20(火) 18:20:50.10 ID:TQs/HXrC9
【武田修宏の直言!!】

真夏のJリーグ生観戦は予想以上に大変だったよ。17日にJ1FC東京―広島戦、18日にJ2大宮―千葉戦をスタジムで見たんだけど、ナイター開催でも気温が30度を超えていたし、ホントに暑かった。
ハーフタイムに水分補給しようにも売り切れているところが多くあって、サポーターの方たちもぐったりしていたよ。

それに試合のほうもクオリティーはいまひとつだったね。選手たちは頑張っているんけど、やはりジメジメする日本の真夏にプレーするのはかなりしんどそう。
なるべく消耗しないようにと、省エネサッカーに感じる部分もあったし、チームのトップパフォーマンスを発揮したという試合ではなかったんじゃないかな。

来年に迫った東京五輪でも真夏の開催でマラソンなど一部の競技で開始時間などが見直されているでしょ。
そんな中で、Jリーグでは試合を見るのも大変だし、しかもゲームの質も良くなくて低調となれば、わざわざ高いお金を払ってスタジアムにまで足を運んで観戦にいく人は減っていくんじゃない? 

Jリーグも夏場の日程を見直すべきだよ。夏休みは集客が見込めると言われるけど、改善できなければ人気低下は避けられないと思うけどね。

8/20(火) 16:40配信 東スポWEB
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00000028-tospoweb-socc

ウルグアイ戦ドローの最大要因は岡崎&川島のスタメン起用にあり  

20190609_OkazakiKawashima




1: 豆次郎 ★ 2019/06/22(土) 16:51:02.99 ID:sfz0ziTl9
6/22(土) 16:41配信
東スポWeb

【武田修宏の直言!!】日本はウルグアイに引き分けたね。南米大陸での開催で日本には“完全アウェー”ということを考えれば、勝ち点1は大健闘じゃないかな。

 その要因はFW岡崎慎司(33=レスター)とGK川島永嗣(36=ストラスブール)のスタメン起用にあると思うよ。ベテランらしく、チームをけん引していたでしょ。岡崎は動きの質も高かったし、誰よりもハードワークしていたんじゃない? 川島も好セーブを見せたように、2人の安定感が際立っていたね。

 やはり大舞台を戦うには若手の勢いだけではなく、経験も大事だよ。今回は五輪世代メンバーが中心だったから、2人の落ち着き具合がより目立ったのかな。来年の東京五輪でも24歳以上のオーバーエージ選手がうまくチームを引っ張ってくれる。そんなイメージも湧いたね。何事もバランスが必要でしょう。

 それと、ウルグアイのFWエディンソン・カバーニ(32=パリ・サンジェルマン)とFWルイス・スアレス(32=バルセロナ)はやっぱりすごい! ゴールへの執念は「ザ・ストライカー」って感じがするよ。日本にも2人のような本格派のFWが出てきてほしい…。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-00000018-tospoweb-socc

<生き証人3人が語る 平成5年「ドーハの悲劇」の真実>「カズの足がもう数センチ長ければ…」  

gendainet_539076_0-small[1]




1: Egg ★ 2019/04/30(火) 17:22:00.48 ID:CXzcP9mp9
 不動の左SB都並が1993年10月のアメリカW杯最終予選でプレーすることは不可能――。そのことを知っているのはオフト監督、清雲コーチらスタッフに主将のDF柱谷哲二、そして都並本人だけだった。最初に代役候補として招集されたのが、ジェフ市原所属のDF江尻篤彦だった。同年9月のスペイン合宿に帯同した江尻は、宿舎で都並と相部屋となった。もちろん「オフト日本の左SBについてあれこれ伝授してほしいというオフト監督の意図だった」(都並)。しかし、江尻は合宿最初の練習試合に先発したが、後半からセンターバック(CB)が本職のDF勝矢寿延(横浜M=当時)が入った。左SBでプレーするのは初めてだった。

■「バックアッパーは江尻が共通認識だった」

六川則夫「江尻さんは守備力を買われての代表入りだったと思いますが、合宿中の練習を撮っていても<ラモスからパスが出ない>ので江尻さん自身、どのタイミングでオーバーラップすればいいのか、中に絞り込めばいいのか、分からなくなってピッチ上で孤立無援となり、日に日に表情から生気が失われていくのが、カメラのファインダーを通して分かりました」 

都並敏史「相部屋だった江尻のメンタルが、日ごとにダウンしていくのが手に取るように分かった。言っておきますが、ラモスさんがパスを出さないのは、それ相応の理由があったからです。ラモスさんというのは<ここで攻め上がり!><今は守備に専念!>と誰もが予測できるようなプレーに対して、彼独特の感性が合わないとパスを出してくれません。経験値と言ってしまえばそれまでですが、僕にはラモスさんがパスを出してくれるタイミング、同じ左サイドのカズと連係しながら攻め上がる呼吸など分かっていた。でも江尻にそれを求めるのは酷でしたね」

森雅史「(熱狂的サポーター集団の)ウルトラスが中心になってW杯最終予選の前、代表選手それぞれの応援チャントのCDをソニー・ミュージックで制作して販売。ヒットチャートの20位くらいに入ったのですが、左SBとして都並さん、江尻さんのチャントは収められていましたが、最終予選前に招集されてドーハで戦ったDF三浦泰さんのチャントはありません。都並さんのバックアッパーは江尻だ! それがサポーター仲間の共通認識でした」

 オフト監督には「サイドバックの理想像」があった。まずは守り、そして他選手との連係、そして攻め上がってクロスを放り込む――。Jリーグ開幕前の1993年4月にアメリカW杯アジア1次予選が行われ、UAEとのアウェー戦でオフト監督は、不動の左SB都並に「互いにナイフで刺し合うような(緊迫した)試合では、前後半に1本ずつクロスを上げればいい」と指示を送った。大前提として守備重視があり、攻守のバランス感覚も重要視していた。

都並「あの当時の勝矢はフィジカルもメンタルも高いレベルで整い、ストッパーとしては最高の選手だった。でも左サイドバックとしての技術が足りなかった。サイドバックには<安定した守備><中盤でのつなぎ><攻撃の仕掛け>が求められます。手前みそになってしまいますが、それぞれの役割を最もバランス良くこなせる選手は自分しかいなかったと思います」

日刊ゲンダイDIGITAL 2019年4月30日 17時0分
https://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_539076

人間不信に陥った! 武田修宏 南米移籍した理由は身内との1・3億円金銭トラブル 

20190428-00000145-spnannex-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/28(日) 14:25:27.09 ID:j6+EdFAb9
元サッカー日本代表FWで、タレントの武田修宏(51)が28日、日本テレビ系「誰だって波瀾爆笑」(日曜前9・55)に出演。人生最大の金銭トラブルをテレビ初告白した。

現役時代、ヴェルディ川崎の一員として大活躍した武田。当時の最高年俸は1億円以上で人気、実力ともに日本を代表する選手となった。
しかし、32歳の時に戦力外通告を受け、その後は南米パラグアイの1部リーグ「ルケーニョ」に移籍した。

武田は「みなさんは戦力外になったから移籍したと思っている」としたが、
移籍した理由はもう1つあるとし、身内の間で起きた金銭トラブルを告白した。

武田によると、全財産だった1億3000万円を叔父に預けていたところ「(叔父が)株に全部あててしまったみたいで…。
戦力外になったから貯金どうなってんのって聞いたらゼロだったんです」と打ち明けた。

不幸が重なったことで「自分の中では人間不信になった」と武田。
「テレビで言うのは初めてなんですよ。こんなことがなかったら南米に行ってないですからね」とし
「みんなチャラチャラしてるとかお金あるだろとか言っているけど、ホントはなかったんですよ」と振り返っていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190428-00000145-spnannex-socc
4/28(日) 13:24配信

武田修宏 大腸ポリープ切除 健康診断で見つかり即処置  

1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/02/13(水) 21:25:23.94 ID:8lrAV9cf9
2/13(水) 20:58配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000122-dal-socc
no title


 元サッカー日本代表FWでタレント・武田修宏が13日、ブログを更新。大腸にポリープが見つかり、切除したことを明かした。

 この日、1年に1度の健康診断を受けた武田。血液検査、頭のCTスキャン、心電図、心臓エコー、動脈硬化、胃カメラ、大腸カメラチェックを行ったという。

 血液検査後に、2リットルの下剤を飲んで大腸を空にして大腸のチェックをしたところ、「大腸検査中に大腸に5ミリぐらいのポリープが見つかり..その場で切断」と告白。あっという間の処置だったそうで、「何もなかったように無事に終了」と報告した。

 詳細な検査結果は後日になるというが、「定期的に検査は大事ですね」としみじみ。「自分の体はしっかり自分で守らないと。自己管理、自己チェック、病気になってからではなく、予防医学は大切ですね」と検査の大切さを訴え、「健康第一」とつづった。

元サッカー日本代表・武田修宏が結婚できない理由 

20181231-00010005-nshaberu-001-1-view

元サッカー日本代表・武田修宏が結婚できない理由 

20181231-00010005-nshaberu-000-1-view

<武田修宏>Jリーグに危機感!「話題先行で結果は二の次」「選手も監督もクラブも批判されない」 

2c9f644c_640




1: 2018/12/26(水) 17:32:51.28 _USER9
【武田修宏の直言!】

アジア王者のJ1鹿島が出場していたクラブW杯もRマドリードの優勝で幕を閉じ、今季のJリーグ勢の活動も終わったね。川崎のJ1連覇、湘南のルヴァンカップ初優勝など印象的なシーンも多かったけど、今後に向けて気になることが見えた一年でもあったな。

 Jリーグの意義を考えたとき、一番大事なのは「日本サッカーを強くすること」。プロである以上は結果を出すことが重要であり、勝てなければ責任を取る。だが、今季を見ていると勝負の本筋から外れて「盛り上げたからOK」といった風潮が見られた。それはクラブもそうだし、芸能人など一部のサポーターにもあったような気がする。

 世界的ビッグネームを連れてくれば話題にはなる。だけど、チームが勝てなければ意味がない。「助っ人」である外国人選手は日本人選手以上に責任が伴う。欧州の大舞台で活躍していた選手なら当たり前のことで、その選手自身もそれはわかっている。

 だが、Jリーグでは結果が出なくても「パスがすごい」「シュートがすごい」という部分ばかりがクローズアップされ、試合の結果は二の次になっていた。だから選手も監督も、そしてクラブも批判されない。それではリーグの発展にはつながらないよ。

 今年は日本代表がロシアW杯で熱戦を繰り広げ、サッカーが再び注目された年だった。その基礎となっているのがJリーグだということを肝に銘じ、来年はサッカーの本質に目を向け、日本サッカーの本当の強さを感じさせてくれるシーズンにしてほしいね。

12/26(水) 16:33配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000040-tospoweb-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索