Samurai Goal

欧州組


スポンサード リンク





森保ジャパンに不安要素… またもや欧州組の代表活動が長期間停滞か 

1: 2021/01/14(木) 09:07:31.25 _USER9
1/14(木) 6:15
東スポWeb

森保ジャパンに不安要素… またもや欧州組の代表活動が長期間停滞か
頭が痛い森保監督
 3月の2022年カタールW杯アジア2次予選に国内組だけで臨む可能性が出てきた森保ジャパンに、不安要素が浮上している。

 日本代表は、W杯2次予選のミャンマー戦(3月25日、日産)とモンゴル戦(同30日、アウェー)が今年最初の活動。森保一監督(52)は、オンライン取材で新型コロナウイルス禍が各国で深刻化する中、3月の2試合が日本とモンゴル開催となるため「国内組だけで戦うということも考えてコーチたちと議論していきたい」。欧州組だけで臨んだ昨秋の欧州遠征とは逆に国内組による編成が選択肢にあることを明言した。

 昨季J1優勝の川崎で大ブレークを果たしたMF三笘薫(23)らJリーグ勢からの抜てきに期待が高まる一方で、懸念されるのがチームの中心を形成する欧州組の代表活動が再び長期間滞る点だ。

 昨年は新型コロナ禍の影響で1年近くA代表の活動が中断したが、3月に欧州組の招集を断念すれば次の活動は6月になり、再び半年以上のブランクが空く。

 欧州組では現在、不調のFW大迫勇也(30=ブレーメン)に批判が集中して去就問題も浮上するほか、FW南野拓実(25=リバプール)の出場機会は相変わらず少なく、MF久保建英(19=ヘタフェ)は異例の再レンタル移籍を決断した。それだけに、できるだけ早く代表活動で直接コンディションをチェックしたいところ。しかし、それが長期間かなわなければ強化の上で弊害が出てくるのだ。

 指揮官は欧州組のケアに関して「今(ドイツの)デュッセルドルフに拠点があって国際委員が駐在している。状況を見てオンラインでも考えている」と語ったが、今年も思い通りの活動は難しそうだ。 

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/521b498e4c90c5a23f44f2a551b3ef971856f143

欧州組もズラリ…森保Jと戦うメキシコ代表メンバーが発表! FWヒメネス、MFエレーラら26人 

スクリーンショット 2020-11-06 13.44.02

次回は招集? 乾貴士、中島翔哉... 代表に呼ばれなかった欧州組の現在 

スクリーンショット 2020-10-20 16.33.47

全員欧州組の森保ジャパンは「結果を出さなきゃパスが来ない」 忖度も優しさもない実力主義の世界 

スクリーンショット 2020-10-15 22.32.59

森安監督、Jリーグ勢招集見送り ロシア・セルビアを除いた欧州組で代表を 10月の欧州遠征に臨む日本代表 

images000




1: 2020/09/29(火) 20:22:47.18 _USER9
サッカー日本代表の森保一監督が29日、オンラインで取材に応じ、10月の欧州遠征に臨む日本代表は、ロシア、セルビアでプレーする選手を除く欧州組で編成する方針を明らかにした。新型コロナウイルスの影響で帰国後に隔離が必要なJリーグ勢の招集も見送る。

 10月1日にメンバーを発表し、オランダのユトレヒトで9日にカメルーン、13日にコートジボワールと対戦する。

 ロシアで橋本拳人(ロストフ)、セルビアでは浅野拓磨(パルチザン)が活躍しているが、森保監督は「われわれが調べた限りはロシア、セルビアからは(オランダに)入れない」と話した。

https://this.kiji.is/683598415128265825?c=39550187727945729

「日本代表23人全員が欧州組になる日も?」代表クラスが今夏続々と欧州移籍、中国メディア注目 

1: 2020/09/13(日) 11:41:34.12 _USER9
中国のスポーツ系セルフメディアの黎玄徳は19日、「サッカー日本代表クラスの選手が今夏、続々と欧州のクラブへ移籍している」とした上で、「日本代表メンバーリストに載る23人が全員欧州組となるまでそれほど時間はかからないだろう」と伝えている。

記事はまず、今夏、FC東京のDF室屋成(26)がドイツ2部ハノーファーへ、横浜F・マリノスのMF遠藤渓太(22)がドイツ1部ウニオン・ベルリンへ、北海道コンサドーレ札幌のFW鈴木武蔵(26)がベルギー1部ベールスホットへ、FC東京のMF橋本拳人(27)がロシア1部ロストフへそれぞれ移籍したことを取り上げた。

その上で、「昨年9月のW杯カタール大会アジア2次予選の日本代表メンバー23人中、Jリーグから選出されたのは畠中槙之輔、橋本拳人、永井謙佑、鈴木武蔵の4人だけだった」と紹介し、「橋本拳人と鈴木武蔵が今夏、欧州組に加わったことで、『23人全員欧州組』へとますます近づいている」とした。

また、「昨年9月のメンバー以外にも、欧州で長くプレーする乾貴士や香川真司、武藤嘉紀、最近活躍が目覚ましい中堅の浅野拓磨や鎌田大地などがいる」とし、「日本代表メンバーリストに載る23人全員が欧州組となるまでそれほど時間はかからないだろう」とも伝えている。(翻訳・編集/柳川)

https://www.recordchina.co.jp/b829272-s0-c50-d0054.html
no title

【主な日本人欧州組のシーズン通信簿|FW編】スペインで二桁得点の岡崎ら3人を最高評価! 「天国と地獄」を味わったのは? 

スクリーンショット 2020-08-07 4.38.05

【主な日本人欧州組のシーズン通信簿|MF編】躍動した久保建英を上回る最高評価は? 中盤15選手を一挙採点 

スクリーンショット 2020-08-06 23.58.25




 

森保監督が五輪メンバー招集難航を危惧 欧州組増加でクラブが派遣拒否の流れ加速か 

5d05a807-efd0-434e-8937-0fb2d3093d95

<U-23日本代表>五輪は大丈夫か?欧州組が崩壊..最も深刻なのはスペイン1部バルセロナのBの安部裕葵 

1: Egg ★ 2020/02/13(木) 19:11:53.68 ID:0dVUFX2Q9
U―23日本代表で東京五輪出場を目指す欧州組に異変が生じている。

 最も深刻なのはスペイン1部バルセロナのBチームに所属するMF安部裕葵(21)。2日の2部B(3部相当)のリーグ戦で右太もも裏を負傷し、11日に手術を受けた。クラブの発表によると、復帰まで5か月を要するという。今季中の復帰がなくなり、7月に開幕する東京五輪への出場も絶望的となった。

 昨夏にJ1鹿島からバルセロナへ移籍し、今季はBチームが参戦している2部Bリーグ20試合で4ゴールをマーク。スペインで得意のドリブル突破にさらに磨きがかかっており、本番で活躍が期待される一人だったが、残酷な現実に直面した。

 また、スコットランドリーグのハーツでプレーするFW食野亮太郎(21)は今年に入って出場機会が激減した。1月のU―23アジア選手権(タイ)後、公式戦出場は6試合中1回のみ。0―5と大敗した12日のセルティック戦はベンチ外だった。地元紙「エジンバラ・イブニングニュース」に、ダニエル・シュテンデル監督(45)の厳しい見解が掲載されており、挽回は容易ではない。

 同監督は「リョウ(食野)は1月前半は代表でプレーしていてチームにいなかったが、その間に(チームは)様々なことにトライしてきた。戻ってきてからの短期間で、全て適応するのは簡単ではない」。食野は昨年12月に就任した指揮官の新戦術に対応しきれず“戦力外”になりつつあるわけだ。

 すでにエース候補のMF久保建英(18=マジョルカ)やMF堂安律(21=PSV)もベンチ要員に格下げとなっており、本番へ向けて不安要素は増すばかりだ。

2/13(木) 16:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200213-01738761-tospoweb-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索