20191028-00065915-sdigestw-000-9-view[1]




1: Egg ★ 2019/10/28(月) 17:06:33.42 ID:H3K8o7aD9
まさかの敗戦に、指揮官も動揺を隠せず

ブラジルで開催されているU-17ワールドカップで、若き日本代表は10月28日に初戦に臨み、欧州王者のオランダを3-0で撃破し、幸先のいいスタートを切っている。

【ハイライト動画】若月&西川の3ゴールで完勝! 日本対オランダ戦はこちら
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=65915

 若き日本代表の活躍に、主催のFIFAは「日本は“チャンピオン泣かせ”のようだ」と伝え、「アジア、そしてヨーロッパ王者同士の対戦は、より良いゴールを生み出した日本が勝利に値した」と称えている。

 一方、優勝候補にも挙げられるなど、大きな期待を背負っていたオランダ側は、敗北に沈痛な面持ちだ。オランダ全国紙『Algemeen Dagblad』は「タイトルを獲得する候補である17歳以下の“オレンジ軍団”は大きな印象を残すことなく初戦を終えた」と報じた。

「若き選手たちはハーフタイムの直前に得点を許すと、その後は見せ場もなく敗れている。この予想外の敗北に対し、指揮官のピーター・ファンデルベンは、動揺を隠せなかった。

 試合後の会見では『我々はパスで非常に多くのミスを犯した。だが、それ以上に選手たちはまるでピッチ上で麻痺しているかのようだった。自陣に戻ってくる動きさえ見せていなかった』と嘆き、選手たちへの懸念を露わにするほどだった」

 また、オランダのテレビ局『NU.nl』は「“オレンジ軍団”は日本に痛々しいほどにノックアウトされてしまった。ヤマト・ワカツキは日本の“ビッグスター”だ。17歳のアタッカーはチームに先制点と追加点をもたらした。日本の攻撃をジュン・ニシカワとワカツキのふたりが牽引し、オランダを苦しめた」と伝えている。

 日本は、現地時間10月30日に行なわれるグループリーグ第2戦でアメリカと対戦する。セネガルに初戦で4-1と完勝した強敵を相手に、再びサプライズを提供できるか。

10/28(月) 16:34配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191028-00065915-sdigestw-socc