Samurai Goal

欧州挑戦


スポンサード リンク





柏FWオルンガ、同胞代表OBが欧州挑戦を推奨と海外報道 「世界的な需要を断言」 

1: 2020/03/26(木) 20:51:40.81
ケニア代表アタッカーは近い将来欧州へ? 「自身の価値を証明した」

世界中で感染拡大している新型コロナウイルスの影響により、現在各国リーグが中断を余儀なくされている。
試合開催の延期措置を取っているJリーグは25日、J1は5月9日を再開の目処とすることを発表。
米メディアは「オルンガはアジアのリーグのレベルを凌駕しており、欧州へ行くべき」と、J1柏レイソルに所属するケニア代表FWオルンガの欧州挑戦を推奨している。

中国を発生源とする新型コロナウイルスは世界で猛威を振るい、日本ではJ1、J2が開幕節を消化したのちにリーグを中断。
Jリーグは25日、J3が4月24日、J2が5月2日、J1が5月9日と段階的に再開していく方針を発表した。

昨季J2で得点王に輝いたオルンガは、今季J1開幕戦の北海道コンサドーレ札幌戦で前半20分、後半20分にゴールを奪って4-2の勝利に貢献した。
幸先の良いスタートを切ったオルンガは今季の得点王候補の1人ともされるが、米メディア「The Union Journal」は
「オルンガはアジアのリーグのレベルを凌駕したため、欧州へ行くべき」と見出しを打って取り上げている。

「戦術家は、手ごろな価格が設定されたリーグで自身の価値を証明したケニア人の世界的な需要を断言」

記事では、同胞である元ケニア代表DFサミー・オロモ氏がオルンガの欧州挑戦を推奨していると紹介。
「日本でのプレーをネットで確認すれば、欧州の強豪クラブを相手に戦える能力を備えていることを確認できる」と主張している。

また、インテルなどで活躍したDFマクドナルド・マリガ(現レアル・オビエド)、トッテナムなどで活躍したMFビクター・ワニアマ(現モントリオール)らのケニア代表選手の名前を挙げ、
オルンガも同様に欧州のトップリーグでプレーするだけのポテンシャルを秘めていると太鼓判を押していた。

新型コロナウイルスの影響でJリーグは大幅な日程変更が強いられているが、オルンガは近い将来欧州に挑戦することになるのだろうか。

Football ZONE web編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200326-00253619-soccermzw-socc
3/26(木) 20:40配信

no title

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/288000/287183/news_287183_1.jpg

<セルジオ越後>Jリーグからの欧州挑戦に「試合に出られなければ単なる"留学"だ」  

1: Egg ★ 2019/08/09(金) 20:59:40.54 ID:vMHsvKxL9
欧州各国のリーグが続々と開幕しているけど、今夏は例年以上にJリーグから欧州挑戦を決めた選手が多いね。

この原稿の締め切り時点で、GKシュミット・ダニエル(仙台→シントトロイデン)、DF安西(鹿島→ポルティモネンセ)、DF菅原(名古屋→AZ)、
MF久保(FC東京→レアル・マドリード)、MF天野(横浜Fマ→ロケレン)、FW安部(鹿島→バルセロナ)、FW鈴木(鹿島→シントトロイデン)、
FW中村(G大阪→トゥウェンテ)、FW前田(松本→マリティモ)、FW北川(清水→ラピッド・ウィーン)の10人。10年前、20年前には考えられない人数だ。

でも、だからといって、「日本のサッカーはレベルアップしてすごい」という単純な話にはならない。
確かに、昔に比べれば日本の選手はうまくなった。でも、それは世界も同じ。世界における日本の立ち位置、序列が大きく変わったとは思わない。

欧州のクラブの"青田買い"の傾向が強まるなか、代理人の力を借りれば、欧州挑戦は以前よりも簡単になった。
ただ、その移籍先は五大リーグ(イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランス)以外の中小クラブばかり。
移籍金が0円やタダ同然のケースも多い。今夏話題を呼んだ久保や安部にしても、トップチームではなくBチームからのスタートだ。

そうした現状をもって、日本サッカーがレベルアップしていると手放しで喜ぶのはどうなんだろう。Jリーグで目立った成績を残していない選手でも移籍できてしまう現状には疑問を感じるよ。
もちろん、今はそういう時代なのだろうし、選手目線に立てば、目の前にチャンスがあったら挑戦するのは当然。それは否定しない。
かつての中田英や長友、香川のように、結果を出してビッグクラブへの移籍を勝ち取る選手が出てくるかもしれないし、そうなることを期待している。

そのために大事なのは移籍先でどれだけ試合に出られるか、どれだけ結果を残せるか。僕はいつも口グセのように言っているけど、プロは試合に出てなんぼ。欧州移籍しても試合に出られないなら、ただの"留学"だ。
今夏、冨安がシントトロイデンからボローニャへ、欧州でのステップアップを果たしたけど、残念ながら近年、彼のような成功例は少数派。それよりも、移籍先で試合に出られず、コンディションを落とす選手が目立つ。
日本代表に呼ばれなくなる選手もいる。そして、欧州に渡ったときよりも悪い状態でJリーグの古巣に戻ってくるのもおなじみだ。

選手寿命は決して長くない。試合に出られない状況が続くのに欧州にこだわりすぎるのは、本人にとってはもちろん、日本サッカーにとってもマイナス。
そういう意味でうまく見切りをつけられるかどうかも重要になる。ダメだったら、またJリーグで頑張ってチャンスを狙えばいいだけの話だ

かつて1994年から97年まで日本代表の監督を務めた加茂(周)さんは当時、「JFL(ジャパンフットボールリーグ。当時のJ2相当)の選手は代表に呼ばない」と言ったけど、
個人的には、今の森保監督にも「欧州組でも試合に出ていない選手は代表に呼ばない」と言ってほしいくらい。

移籍はゴールではなくスタート。メディアもファンも欧州組だというだけで無条件に持ち上げるのではなく、冷静に見守るべきだ。

8/8(木) 11:00配信 週プレNEWS
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190808-01094850-playboyz-socc&pos=4

写真
no title

長谷部誠「日本人のブームはもう過ぎた」日本人選手は今後ドイツに移籍できないのか? 

20190805-00010001-footballc-000-4-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索