Samurai Goal

橋本拳人


スポンサード リンク





「いったい何点とるつもりだ!?」ロストフ橋本拳人が早くも今シーズン5点目をマーク! 現地サポも驚きの声 

スクリーンショット 2020-10-19 8.57.31




1: 2020/10/19(月) 07:32:05.12 _USER9
2列目で先発出場し、起用に応える

 現地時間10月19日にロシア・プレミアリーグの第11節が行なわれ、橋本拳人が所属するロストフはホームでアフマト・グロズヌイと対戦した。

橋本は4-1-4-1の2列目中央左という前がかりなポジションで先発。その起用に見事に応えてみせた。

 24分、スローインから敵陣でロストフがパス交換をしていた末、ダニル・グレボウがふんわりとしたクロスを中央に送る。これに、ゴール前にフリーで位置どっていた橋本がのけぞりながら頭で合わせたヘディングシュートがネットに吸い込こまれ、ロストフの先制点となった。

 前半を1-0でリードしたロストフだが、グロズヌイの粘り強い攻撃に手を焼き、後半は度々失点の危機に見舞われる。橋本は守備に追われながらも、数少ないカウンターに参加するほか、自らシュートも放つなど、貪欲に追加点を狙う。

 87分にもカウンターからロストフが絶好のチャンスを得、89分には橋本がCKのこぼれ球を捉えてミドルシュートを放つが、これはGKに防がれた。だが90+2分にエレメンコ、90+5分にグレボウが立て続けにゴールを決め、最終的には3-0というスコアでホームチームが勝利を収めた。

 橋本はこれで今シーズン、早くも5点目をマーク。チームの勝利を引き寄せる貴重な先制点ゴールには、現地サポーターも歓喜の声を上げているようだ。クラブの公式SNSには、「ケントは一体、うちで何点取るつもりなんだ!?」「もう何人か日本人を買わないと」「サムライは本当によく頑張っている!」「なんて俊敏なストライカーだ。何でもできる!」「彼は美しい」といった称賛の声が寄せられている。

 ロストフはこの勝利で今シーズン6勝目となり、リーグ5位に浮上。首位ゼニトとの勝点差も4ポイントと、上位進出が十分に狙える位置につけている。

 次節は24日、ヒムキとホームで対戦する。橋本は再び、チームを勝利に導くゴールゲッターとなれるだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bf2a8152246b463311c15710833f4c0c7e501890
10/19(月) 3:30配信

<橋本拳人>リーグ戦3試合ぶりのスタメンで2得点の活躍!ロストフは連勝で6試合負けなし 

1: 2020/09/27(日) 22:15:09.81 _USER9
【アルセナル・トゥーラ 2-3 ロストフ ロシア・プレミアリーグ第9節】

 ロシア・プレミアリーグ第9節、アルセナル・トゥーラ対 ロストフが現地時間27日に行われた。アウェイのロストフが2-3の勝利を収めた。

 リーグ戦2試合連続で欠場となった日本代表MF橋本拳人は、この日3試合ぶりのスタメン入り。橋本は前半に2点を決め、これで今季4得点。ロストフの勝利に大きく貢献した。


 先制したのはアルセナル。89分、アルセナルがカウンターを発動。自陣でボールを奪うと、一気に前線のカングワにスルーパス。GKとの1対1を制し、先制ゴールを決めた。

 だが、すぐにロストフが同点に追いつく。13分、右サイドのイオノフがファーサイドへクロスを供給。ファーサイドに待ち受けていたチェルノフがダイレクトで合わせ、ゴールネットを揺らした。

 すると40分、橋本が逆転ゴールを決める。前線まで上がってきたハジカドゥニッチがこぼれ球を拾い右サイドからクロスを供給。中央で橋本がヘディングで合わせ、ゴールネットを揺らした。体勢を崩しながらの難しいヘディングだったが、見事に決めて見せた。さらに前半AT、左CKからニアでショムロドフがヘディングシュート。このこぼれ球を橋本が押し込んで追加点を決めた。

 2点リードのロストフだが、66分にグレボフがこの日2枚目のイエローカードを受け退場処分。ロストフは一人少ない状態で残り時間を戦うことになった。数的不利となったロストフはしばらく相手にボールを保持され、攻め込まれる。ロストフは後半ATに1点を失うも、リードを守り切った。

 勝利したロストフは2連勝。これで6試合負けなしとなっている。

【得点者】
9分 1-0 カングワ(アルセナル・トゥーラ )
13分 1-1 チェルノフ(ロストフ)
40分 1-2 橋本拳人(ロストフ)
45+1分 1-3 橋本拳人(ロストフ)
90+4分 アブドゥル・カディリ(アルセナル・トゥーラ )

9/27(日) 21:59配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/8c5e20c04d28719e38511f67f1f0e60c8f0a08f7

橋本拳人
no title


ロストフ
http://www.fc-rostov.ru/season/games/3012

#ロストフMF橋本拳人が2試合連続の決勝点!クラブSNSは「半端ないって!」と投稿 

1: 2020/08/27(木) 18:24:54.13 _USER9
 ロシア・プレミアリーグのロストフに今夏加入した日本代表MF橋本拳人が26日、2試合連続ゴールをマークした。

 橋本はホームで行われたウラル戦に後半途中から出場。同14分にCKのこぼれ球を右足で豪快に蹴り込んだ。試合はそのまま1―0で勝利した。23日に行われた前節のウファ戦(1○0)に続き、2試合連続の決勝点。クラブの公式日本語版ツイッターは、「ケント、2試合連続ゴール!半端ないって!」とつづり、ゴール動画を投稿した。

クラブ公式日本語版ツイッター
https://twitter.com/fcrostovjapan/status/1298698949453320194

ロストフ加入時の画像
no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/070d8f0f7dfd6549e3c76a7c205e002092aa95be
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

橋本拳人、ロシア初ゴール! 移籍後初先発で決勝弾 

スクリーンショット 2020-08-24 8.35.49




1: 2020/08/24(月) 00:30:47.15 _USER9
【ウファ 0-1 ロストフ ロシア・プレミアリーグ第4節】

 ロシア・プレミアリーグ第4節のウファ対ロストフが現地時間23日に行われた。試合は1-0でアウェイのロストフが勝利した。ロストフのMF橋本拳人がロシアでの初得点を記録している。

 7月にロストフへの移籍が決まった橋本は、8月にデビューを飾ったが、ここまではベンチスタートで結果を残せていなかった。それでもウファ戦で初の先発出場を果たすと、結果を残す。

 0-0で迎えた79分、左サイドからの低いクロスにファーサイドでダイビングヘッド。豪快に飛び込んで移籍後初得点を挙げた。

 これが決勝点となり、ロストフは開幕戦以来3試合ぶりとなる白星。橋本にとってもチームにとっても、大きな一勝となりそうだ。

【得点者】
79分 0-1 橋本拳人(ロストフ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/c50b2ca4c6982ec66d9bc3b3368f3cee7f549417

<FC東京MF橋本拳人> ロシア1部ロストフ移籍が決定的・J屈指のボランチ 

1: 2020/07/09(木) 06:41:29.92
◇明治安田生命J1第3節 FC東京0―4川崎F(2020年7月8日 味スタ)

 FC東京の日本代表MF橋本拳人(26)がロシア1部ロストフに移籍することが8日、決定的になった。複数の関係者が明かした。

 ロストフは現在リーグ4位で3、4位に与えられる来季の欧州リーグ出場も射程圏内。主戦力として正式オファーされ、この日までに条件面なども基本合意。近日中に正式発表される見込みとなった。

 ボール奪取や球際の強さに定評のあるボランチで、19年3月には日本代表に初選出され、現在は常連組。昨季リーグは全34試合に出場し、自身初のベストイレブンにも選ばれるなど飛躍した。

 FC東京は悲願のリーグ制覇のために必要不可欠な戦力として慰留に努めてきた。しかし、本人の海外志向もあり、最終的には生え抜きの意思を尊重して背中を押した形だ。

 ◆橋本 拳人(はしもと・けんと)1993年(平5)8月16日生まれ、東京都板橋区出身の26歳。FC東京の下部組織で育ち、12年にトップ昇格。13年から2年間、J2熊本へ期限付き移籍した。19年3月には日本代表に初選出。国際Aマッチは7試合0得点。1メートル83、76キロ。利き足は右。

7/9(木) 5:30 スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/66680332e175ac803c4f3c9cd7c14e6f52d50b68

写真
no title

FC東京の代表MF橋本拳人にロシア1部が正式オファー 

20200611-26100668-nksports-000-4-view




1: 2020/06/11(木) 05:18:22.40
東京の日本代表MF橋本拳人(26)が、ロシア1部のロストフから正式な獲得オファーを受けていることが10日、分かった。同リーグは9月に開幕予定で、ロストフは今夏の獲得を目指しており、今後は条件面を含めたクラブ間の交渉となる。

ボランチを主戦場とする橋本は昨年、日本代表デビュー。東京でも昨季リーグ全34試合に出場し、クラブ最高成績となる2位に貢献。自身初となるベストイレブンに選出されるなど開花した。球際の強さを武器にしたボール奪取力は日本代表でも光った。

ロストフは現在リーグ4位で、来季の欧州リーグ(EL)出場を射程圏内に捉えている。新型コロナウイルスの感染拡大で財政面にも影響を受ける状況で、ELを勝ち抜くためにも即戦力として白羽の矢を立てた。移籍が実現すれば、いきなり欧州の主要大会に挑戦できる可能性もある。橋本は海外志向もあるが、下部組織からのたたき上げで東京でJ1初制覇を果たしたい思いも強いという。東京は必要不可欠な戦力として慰留に努める。

◆橋本拳人(はしもと・けんと)1993年(平5)8月16日、東京都生まれ。東京U-15(15歳以下)深川、同U-18を経て12年にトップ昇格。13年にJ2熊本に期限付き移籍し15年に復帰。19年3月に日本代表に追加招集の形で初選出され、同26日のボリビア戦(ノエスタ)で初先発。同年のJ1で通算100試合出場を達成、初のベストイレブンに選出。183センチ、76キロ。血液型はO。

◆ロストフ 1930年創立。ホームスタジアムは収容人数4万5000人のロストフ・アリーナ。92年に初めてロシア1部に昇格し、14年にカップ戦を制して国内主要タイトルを初めて獲得。15年シーズンにリーグ2位となり、初めて欧州チャンピオンズリーグ出場権を獲得。スタジアムとホームタウンのロストフ・ナ・ドヌーは、18年W杯ロシア大会の決勝トーナメント1回戦で日本代表とベルギー代表が対戦した場所としても知られる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ede7ee2d6aaf0433fc492daaf3b2eff4c2b56a69
6/11(木) 5:00配信

<日本代表に痛恨の事態>韓国戦を前にボランチ橋本拳人(FC東京)が怪我で離脱...  

1: Egg ★ 2019/12/15(日) 00:52:17.86 ID:5LLJftIq9
14日に行なわれた香港戦には出場していなかった
no title


JFA(日本サッカー協会)は12月14日に、E-1選手権を戦う日本代表から、、MFの橋本拳人(FC東京)が怪我のためチームを離脱することを発表した。

 今季FC東京で好調をキープした橋本は、3月26日のキリンチャレンジカップのボリビア戦に怪我の守田英正に代わって追加招集されると、この試合で先発出場を果たした。

 その後も今年の代表戦に継続して招集され、ワールドカップ・アジア2次予選や、先日のE-1選手権の中国戦など7試合に出場していた。

 14日に行なわれたE-1選手権第2節の香港戦には出場しておらず、13日の練習時に、左ふくらはぎを負傷したという。なお、橋本離脱による追加招集は発表されていない。

 代表に定着していた橋本の離脱は3大会ぶりの優勝を目指す日本にとっては痛恨の事態となってしまった。

 E-1選手権最終節の韓国戦は18日に行なわれる。

12/14(土) 23:53 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191214-00067773-sdigestw-socc

金田喜稔がミャンマー戦を斬る!「評価したいのが13番。レギュラー争いを一歩リード。物足りなかったのは…」  

20190911-00063999-sdigestw-000-3-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/11(水) 07:20:56.86 ID:sxK1LQXT9
「無理はしたくない」という気持ちがどこかで…

追加点を取れないとダメでしょ、この展開だったら。

相手ががちがちに守って、ゴールをなかなかこじ開けられなかった、という試合ではなかった。

16分に(中島)翔哉のスーパーゴールで先制して、26分には堂安のパスから南野のヘッドで追加点。理想的な展開だった。
すべての面で圧倒的に上回っていたし、この時点でミャンマーが奇跡を起こす(勝点を奪う)可能性はゼロに近かった。

日本が追加点を奪いやすい状況だったし、後半は雨も弱くなって、ピッチコンディションも良くなっていたように見えた。

森保監督が(伊東)純也、(鈴木)武蔵、久保と交代のカードをすべてアタッカーで使ったのは、明らかに追加点を狙いにいったからだ。
後半、テレビカメラに映し出された久保は川島とともにベンチに残っていて、最初はアップ組に加わっていなかった。それなのに、3枚目のカードとして投入されたのは、なかなか3点目が取れなかったからだろう。
 
そこまでしたのに、後半にゴールが奪えなかったのは、反省点だよね。結局、このチームでとくにシュートの意識が高く、決定的な仕事ができる翔哉と南野が得点したわけだけど、彼らがいなかったら、もしかしたら勝ち切れなかったかもしれない。
いくら圧倒しても、最後の局面でモノを言うのは個人のスキルだからね。

ヨーロッパのシーズンが始まったばかりで、クラブで厳しいポジション争いを強いられている選手が少なくない。
2‐0でなった時点で「無理はしたくない」という気持ちがどこかで働いたのかもしれない。ペナルティーエリアに入ってくる人数が少なくなっていた。
心情としては理解できるけどね。

3点目を取れなかったのは不満だけど、緊張感のある敵地でのワールドカップ予選初戦で、2‐0で危なげなく勝利したんだから、まずはよしとしないといけない。

元々、ミャンマーはサッカーが根強いている国でね。僕が初めて日の丸を背負ってタイに遠征した時、当時のビルマ(現在のミャンマー)のパスサッカーを見て、衝撃を受けたからね。
日本サッカーはビルマから学んだことも多くて、いまこうして完全に圧倒しているのを見ると、感慨深いものがあるよ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190911-00063999-sdigestw-socc
9/11(水) 6:25配信

森重の行動に久保建英もあきれ顔…橋本拳人「嫌なら断っていいのよ」 

20190706-43468966-gekisaka-000-3-view[2]

スペインの目利きが選んだ森保J 期待の7人「中島翔哉が攻守の中心」  

20190403-00010000-sportiva-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/03(水) 06:16:20.81 ID:G9zYSpdA9
 日本代表の3月シリーズ。エチャリはコロンビア、ボリビア戦で目立った7人の選手の名前を挙げ、次のように評価している。

中島翔哉(アル・ドゥハイル)

「コロンビア戦、もっともよかったのは中島だろう。

 とにかくプレーへの関与が多かった。攻撃に関しては逆サイドの堂安律(フローニンゲン)と連係し、お互いのパス交換からそれぞれ好機を作っていた。ボールを持ち運べる技術の高さもあるのだろうが、ドリブルの方向の選択やクロスのタイミングなどが群を抜く。ファーサイドに流れた鈴木武蔵(コンサドーレ札幌)へ送ったクロスは、1点に等しかった。また、後半にバーに当てたシュートなど、ゴールに近づいている。

 忘れてはならないのは、守備面だろう。プレッシングの強度が高く、実際にボールを奪い切って、ショートカウンターを発動している。必要なポジションを取れるし、簡単にパスを通させず、周りの選手との連係も円滑。攻守の中心になっていた。

 ボリビア戦も、乾貴士(アラベス)に代わって後半途中から出場すると、攻撃のスピードを上げ、試合を決めるプレーを見せた。カウンターからペナルティエリア内で1対1になって、冷静にシュートを流し込んでいる。

堂安律(フローニンゲン)

「コロンビア戦では、積極的にシュートを打っている。中島とのコンビネーションは出色で、それぞれがよさを出し合っていた。サイドからインサイドに入ることで、右サイドバックの室屋成(FC東京)の攻め上がりも促進。攻撃を牽引したが、いくらか攻め急ぎすぎた面もあっただろうか。

 ボリビア戦は、交代出場で中島、南野とのコンビネーションからチャンスを作った。決勝点のシーン、ボールを持ち運ぶコース取りは完璧で、ポジション的優位を作りながら、数的優位につなげていた。ショートコーナーでのバリエーションアップにも貢献。鎌田に決定的なクロスも供給した」

南野拓実(ザルツブルク)

「コロンビア戦は得点こそなかったが、中島、堂安とコンビネーションを作っている。献身的なプレスバックからの守備も見せた。

 ボリビア戦は途中出場。最終ラインとの駆け引きで、オフサイドぎりぎりを狙って抜け出していた。中島のシュートの跳ね返りをシュートし、そのこぼれ球を再びシュートを試みるなど、”シュートポジションに入る能力”をあらためて証明した」

橋本拳人(FC東京)

「ボリビア戦、ボランチとして代表デビュー。守備面でのクオリティの高さを見せた。ボリビアの攻撃を、中盤でことごとく分断。読みのよさだけでなく、身体的なスピードもあり、ボールを奪い取る鋭さを見せた。決勝点の起点になった守備も、左サイドバックとうまく連係していた。

 ボリビア戦の先発では、ベストプレーヤーだったと言えるだろう。もっとも、攻撃面ではまだ横パスが多い。いくつかの縦パスは効果的だっただけに、周囲との連係を高める必要があるだろう」

小林祐希(ヘーレンフェーン)

「ボリビア戦、ボランチとして先発。橋本との分担か、攻撃的な役割が主になった。左利きで、パスセンスを感じさせた。あるいは、ひとつ前のポジションの選手かもしれない。コロンビア戦は後半途中に出場し、高い位置でプレー。乾からの絶好のパスを受けたが、シュートは精度が足りなかった」

安西幸輝(鹿島アントラーズ)

「ボリビア戦、左サイドバックとして代表デビュー。率直に言って、結果につながるようなプレーは見せられなかったが、プレーのタイミングに潜在能力の高さを匂わせた。オフサイドになったような場面も、攻め上がる感覚は悪くない。インサイドを取って、外側の選手を生かす動きもできていた。ブロックされてCKになったが、奥深く侵入してから左足でクロスも上げている。プレーインテリジェンスは期待できる」

鎌田大地(シント・トロイデン)

「コロンビア戦は、後半からFWとして交代出場。香川真司(ベシクタシュ)、乾ら他の途中出場選手とともに、攻撃に活気を与えていた。

 ボリビア戦は先発。基本的な技術が高く、フリックプレーなどの技量が光った。日本特有のスピードと技術からコンビネーションも見せた。戦術理解度が高く、相手ディフェンスの背後を取るようにダイアゴナルで走って、裏を取れる。シュートに関しては、GKの1対1を外し、堂安のクロスに対するヘディングも枠に飛ばなかったが、チャンスに到達する技量は示した」

4/3(水) 6:04配信 スポルティーバ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190403-00010000-sportiva-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索