Samurai Goal

横浜FC


スポンサード リンク





ジャマイカ戦得点のFW一美、G大阪から期限付き移籍で獲得 横浜FC 36試合17得点(J2) 

20191230-00000001-kana-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/30(月) 01:04:54.76 ID:GZ3+a10m9
来季J1の横浜FCは29日、G大阪からFW一美和成(22)=181センチ、77キロ=を期限付き移籍で獲得すると発表した。移籍期間は来年1月末まで。

熊本県出身の一美は2016年にプロ入りし、今季はJ2京都で36試合出場17得点。来夏の東京五輪候補にも名を連ね、28日の国際親善試合・ジャマイカ戦では1得点を挙げていた。

クラブを通じて発表したコメントは次の通り。

「このたび、横浜FCに期限付き移籍で加入することになりました一美和成です。13年ぶりのJ1挑戦の力になれるように全力で頑張ります。よろしくお願いします」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00000001-kana-socc
12/30(月) 0:10配信

FW一美 和成
フリガナイチミ カズナリ
背番号23
身長/体重181cm/77kg
生年月日1997年11月10日
出身地熊本
血液型AB
所属チーム名エスペランサ熊本ジュニア-エスペランサ熊本Jrユース-大津高-ガンバ大阪-京都サンガ

JFLクラブが興味も…移籍話を頓挫させるキングカズの給料保証 横浜FCの年俸4000万円を保証してほしい 

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/29(日) 09:33:41.23 ID:kBv9wAgW9
【2019年スポーツ界「忖度」で埋もれたアノ話】

J2の横浜FCが2020年シーズンのJ1昇格を決めた。07年以来、実に13シーズンぶりの快挙である。

ところが、所属クラブのJ1昇格に浮かない顔の選手がひとり……。御年52歳の三浦カズである。 

J1の自動昇格が決まった11月24日の愛媛戦でカズは後半42分に交代出場。自身の持つ<J2最年長出場記録を52歳8カ月29日>に更新した。
もっともカズの今シーズンの出場は3試合のみ。
100%戦力外にもかかわらず、自他ともに認める<サッカー界のキング>の出処進退は「カズ以外に決められない」(J関係者)。

カズ本人は<生涯プロ>を公言しているが、さすがにフィジカルの衰えを実感。
今シーズン途中に「プロ契約ならJリーグにはこだわらない。(J4に相当する全国アマチュアリーグ)JFLでもかまわない」と周囲に漏らしたという。 ところが――。

「客寄せパンダにはなるし、カズを欲しいと思っているJFLもいくつかある。でもカズが<横浜FCの年俸4000万円を保証してほしい>と口にしたことでオファーは来なくなった」(前出のJ関係者)

かくしてカズは20年、J1で晩節を汚すことになりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191229-00000018-nkgendai-socc
12/29(日) 9:26配信

no title

https://f.image.geki.jp/data/image/news/2560/123000/122078/news_122078_1.jpg

柏、横浜FCのDF北爪獲得へ ネルシーニョ監督の熱烈ラブコール受けて新たな挑戦 40試合1得点  

20191226-00000049-spnannex-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/26(木) 07:06:39.96 ID:BlkUxWfE9
来季J1復帰を決めた柏が、同じくJ1昇格を果たした横浜FCのDF北爪健吾(27)を獲得することが分かった。
豊富な運動量が武器の右サイドバックで、横浜FCには18年に加入。今季も不動の右SBとしてチームの13年ぶりJ1昇格に貢献した。

関係者によれば柏のネルシーニョ監督から熱烈なラブコールを受け、悩んだ末に新たな挑戦を決めたという。
横浜FCは後釜として川崎Fのブラジル人DFマギーニョ(27)の獲得に動いているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191226-00000049-spnannex-socc
12/26(木) 5:30配信

DF北爪 健吾
フリガナキタヅメ ケンゴ
背番号14
身長/体重177cm/73kg
生年月日1992年4月30日
出身地群馬
血液型O
所属チーム名粕川コリエンテジュニア-前橋エコーJrユース-前橋育英高-専修大-ジェフユナイテッド千葉

<横浜FC>本拠地、ニッパツ三ツ沢球技場の屋根の改修などについて、林横浜市長は前向きな姿勢  

images111




1: Egg ★ 2019/12/11(水) 22:30:50.00 ID:cGEzxxPl9
13年ぶりのサッカーJ1復帰を決めた横浜FCの本拠地、ニッパツ三ツ沢球技場の屋根の改修などについて、横浜市の林市長は「実現に向けて検討していく」と前向きな姿勢を示しました。

先月に13年ぶりとなるJ1復帰を果たした横浜FCのホームスタジアム=ニッパツ三ツ沢球技場には屋根が全くなく、観客席の3分の1以上に屋根をかけるというJ1の基準を満たしていません。これによりスタジアム名の公表など制裁が科されますが、今月3日、林文子市長のもとを訪れたキングカズこと三浦知良選手はー。 「スタジアムも改修が必要だと聞いています。屋根がなくて雨の日はサポーターがビショビショになってしまうので、その辺も協力してもらえたら」こうしたことを受け、きょうの市議会で屋根を改修する方針について問われた林市長はー。 「三浦さんもおいでになって屋根をかけることについて発言があった。 高さ制限や工法の精査など実現に向けて課題を整理して、関係者の皆さんと相談して検討していく」改修に前向きな姿勢を示した横浜市ですが、費用や建設方法などに課題があることから、具体的な改修時期は決まっていないということです。

12/11(水) 20:11配信 テレビ神奈川
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00010004-tvkv-l14

52歳カズ「J1定着のため準備したい」俊輔らと横浜市長を表敬訪問、三ツ沢改修を陳情  

201912030000330-w500_0[1]




1: バグダッドの夜食 ★ 2019/12/03(火) 18:45:37.86 ID:z5XQfAfm9
 
 サッカーJ1への13年ぶりの昇格を決めたJ2横浜FCのカズこと三浦知良(52)、中村俊輔(41)らが横浜市の林文子市長を表敬訪問し、来季への意気込みを語った。

写真など詳細はリンク先をご覧ください。

52歳カズ「J1定着のため準備したい」俊輔らと横浜市長を表敬訪問
https://mainichi.jp/articles/20191203/k00/00m/050/126000c
毎日新聞 2019年12月3日 14時48分(最終更新 12月3日 14時48分)


★野球とサッカーの対立を煽る、業者スレ立て人を芸スポ+から追放しよう★

【CB】悪質スレッド報告とスレ立て人資格★CAP停止(実質自治スレ)★243
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1575295613/
・悪意のあるスレッド
・誤解を招くスレッド
・ほぼ同じ話題の重複スレッド
・政治や災害それ自体のスレッド
など、お気軽にご報告ください。
スレッド検索にこちらもご活用ください。
http://www.kusanone-net.com/news_search.php?str=%E3%AC%E3%A9%E3%AC%E3%A9+%E9%AB%E9%BD%A2%E8%85%E5%91%E3%91+%E4%B8%8D%E4%BA%BA%E6%B0%97&ita=8

「誇りに思います」横浜FC18歳斉藤光毅、52歳カズと共演で最高の瞬間  

20191126-43474410-gekisaka-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/26(火) 07:01:47.67 ID:MJWAkTDx9
[11.24 J2第42節 横浜FC2-0愛媛 ニッパツ]

最後は現役高校生の18歳と52歳の最年長Jリーガーが共演し、歴史的な瞬間を迎えた。13年ぶりのJ1復帰を決めた横浜FC。「本当に誇りに思いますし、カズさんと一緒に同じピッチでプレーできるのは凄いこと。噛み締められたかなと思います」。FW斉藤光毅はFW三浦知良とともにピッチで迎えた歓喜の瞬間をそう振り返った。

「カズさんのピッチ内外の言動は全て自分のためになるもの。見聞きして、自分のものに吸収していくように意識していました」。後半29分、カズとハイタッチをかわし、気合十分にピッチに入った。「光毅は『俺がやってやる』という感じで出ていきました」と、カズも気迫溢れる18歳への頼もしさを語っていた。後半42分にカズが投入され、そのまま2-0勝利。最高な形でシーズンを締めくくった。

アグレッシブにドリブルで仕掛け、ゴールに絡み、クラブをJ1昇格に導いた。昨年7月、クラブ史上最年少となる16歳11か月11日でトップチームデビュー。昨年9月にプロ契約を締結した。2001年生まれの18歳に、横浜FCがJ1の舞台を戦った07シーズンの記憶はないというが、下部組織で育った生え抜き選手としての矜持がある。

「中学から横浜FCに携わってきて、その昇格の一員にいられた。こういう大事な試合に出られたというのは、もちろんまだまだですけど、ジュニアユース、ユースで関わってきたコーチ陣、お世話になってきた人たちに、少しは恩返しできたのかなと思います」

今シーズンは5月にU-20ワールドカップへの参加でチームを離れると、負傷帰国という憂き目にあった。戦線から離脱したが、約2か月ぶりの復帰戦から完全復活を告げる2試合連続ゴール。シーズン6得点。目標の2ケタ得点には届かず、「来年量産できるように強い気持ちを持って挑みたい」とJ1のステージを見据えた

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-43474410-gekisaka-socc
11/26(火) 6:30配信

横浜FCカズが官邸訪問、地元選出の菅官房長官にJ1昇格を報告 

20191127-00000066-mai-000-1-view[1]

52歳の三浦知良が、J1昇格の横浜FCで来季もプレーに賛否両論の声〈週刊朝日〉3試合0得点  

20191125-00000067-sasahi-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/26(火) 13:05:43.21 ID:ElBfF0fD9
サッカーJ2最終節の11月24日、横浜FCが愛媛戦(ニッパツ)で2-0と快勝し、自動昇格の2位で2007年以来13年ぶりのJ1昇格を決めた。
翌25日のスポーツ紙を大きく飾ったのはこの試合に後半42分から出場した「キングカズ」ことFW三浦知良(52)だった。
4月7日の福岡戦(ニッパツ)以来231日ぶりの出場で、自らが持つJ2最年長出場を52歳8カ月29日に更新した。

ただ、今季の出場は3試合の出場のみ。来季も横浜FCで13年ぶりのJ1でのプレーを心待ちにするファンがいる一方で、

「戦力になっていない。決断する時」

という声も聞かれる。

経験ではカバーできない体力の衰えは当然ある。カズのプレーを目にした専門紙の記者は、こう分析する。

「走り方、スピードを見ても正直ちょっと厳しいなとは思う。あと試合に出ていないという部分も大きい。緊張感のある公式戦でプレーすることで、体のキレとか研ぎ澄まされる部分がある。
個人的にはカテゴリーにこだわらず、カズが試合に出続けたらどのようなプレーをするのか興味がある」

ネット上でも、

「おめでたいことではあるが…。本当にJ1で勝ちにいこうと思うなら残念だけど、カズの出番はないだろうね。
カズ自身も試合に出たいと思っているだろうから移籍すべきでは? J3なら欲しがるチームはあるはず」

「カズは生涯現役を公言している。J1でプレーして引退の花道を飾るという考えではないと思う。それならば今はチームの戦力構想から実質外れている。プレーできる環境にこだわってほしい」

という意見が見られた。

「客寄せパンダ」と揶揄(やゆ)する見方もあるが、プロは人気商売だ。カズがいたからこそスポンサーが集まり、チームを強化できた側面がある、
また、誰よりも練習熱心でベンチから外れると本気で悔しがり、24時間サッカーに捧げるストイックな姿勢が若手にもたらした影響力は計り知れない。

横浜FCのサポートからは、来年もカズとの共闘を熱望する声が多い。

「カズがベンチに入ると若手の1枠がつぶれるという意見はあるけど、それは違う。圧倒的な力を見せればベンチにも入れるし、スタメンで起用される。
今の横浜FCは全員の選手にチャンスが平等にある。カズは今年悔しい思いをしただろうけど、来年はJ1のピッチで意地を見せてほしい」

「カズさんがいたから、J1にいけた。グラウンドにいてもいなくてもその絶大な存在は変わらない。来年もJ1で一緒に戦ってほしい」

今までも幾度の逆境を乗り越えてきた。キングカズの前人未到の挑戦は続く。(牧忠則)

※週刊朝日オンライン限定記事

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191125-00000067-sasahi-spo
11/26(火) 10:12配信

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/291/296
試合スコア

13年ぶりキング帰還!カズ(横浜FC)J1昇格に歓喜「イニエスタの股抜きたい」  

1: Egg ★ 2019/11/25(月) 09:02:58.50 ID:mBWvkZBA9
◇明治安田生命J2最終節 横浜FC2-0愛媛(2019年11月24日 ニッパツ)

 カズが、俊輔がJ1に戻ってくる!J2は24日に最終節の11試合が行われ、横浜FCは愛媛に2―0で快勝し、自動昇格の2位で07年以来13年ぶり2度目のJ1昇格を決めた。後半42分から出場したキングことFW三浦知良(52)にとっても13年ぶりのJ1舞台となる。先発したMF中村俊輔(41)は前半32分に右CKからPKを誘発し、先制点をお膳立て。ともに現役続行の意向で、J1は来季大いに盛り上がりそうだ。

 試合終了を告げる笛が鳴り響くと、カズは2回手を叩き、左拳を小さく握りしめた。派手なアクションも、涙もない。ただ、13年ぶりのJ1挑戦がかなう喜びをかみしめた。

 「最高の形で昇格ができ、その輪に加われたことは誇りで光栄。感動しました」

 後半42分。背番号11がピッチサイドに姿を現すと、この日一番の歓声が起こった。「ベンチに座っていても緊張した。こんなの初めて」と言うが、ピッチに立つと「落ち着いた」。相手の突破を阻止しようと気迫のスライディングを試みるなどアディショナルタイムも含めた約6分間を全力で駆けた。

 昇格を喜ぶ半面、今季出場は3試合で「僕自身はベンチ外も多く、悔しい思いもたくさんある」とこぼした。だが、モチベーションが下がることはない。昨年末、親交ある元イタリア代表FWのバッジオ氏と再会。同い年の盟友は別れ際まで何度も繰り返した。「現役を続けろ!俺は膝が悪くてできなかった。苦しい時は俺を思い出せ。俺が背中を押す」。

 勢いのある若手や屈強な外国人とポジション争いは続くが「(開幕までの)3カ月が大事になる」と12月にはグアムでの個人キャンプを予定している。

 来年2月26日、53歳になる。「基礎体力と技術があれば組み合わせ次第で新しい自分が見せられる」と前を向く。腹筋、腕立てなどのトレーニングでも必ず周囲より1回多くこなす。ラーメンを食す際も具材の成分を 栄養士に確認してから食べる。24時間全てをサッカーに費やしている。

 引退の2文字は考えたこともない。「できれば選手のまま、カズのまま死にたい」と真顔で話す。4月にイスラエルでGKハイクが73歳で試合に出場したが、所属は4部リーグ。ウルグアイのMFカルモナが53歳でプレーし、ギネス記録にも認定されたが、こちらも2部リーグだった。53歳でのトップリーグ挑戦となれば世界的にも前人未到の領域だ。

 「楽しみですね。イニエスタの股を抜きたい」

 J1の舞台に戻ってくるキングカズ。2020年、新たな伝説が刻まれようとしている。

 ≪最長ブランク≫横浜FCが07年以来、13年ぶりのJ1復帰を果たした。J2降格から再昇格までの年数では、10年湘南の11年を上回る最長ブランク。

 ≪来季53歳シーズン≫FW三浦知良は来季も横浜FCでプレーすれば、13年ぶりのJ1、53歳でのシーズン。出場すれば、12年中山雅史(札幌)の45歳2カ月1日、得点すれば、94年ジーコ(鹿島)の41歳3カ月12日を大きく更新する。

11/25(月) 5:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-00000018-spnannex-socc

写真
no title

<中村俊輔>横浜FC昇格の傍ら…抱いた危機感!「J3か引退しかないって恐怖は味わった」  

1: Egg ★ 2019/11/25(月) 09:07:19.47 ID:mBWvkZBA9
[11.24 J2第42節 横浜FC2-0愛媛 ニッパツ]

 横浜FCが悲願のJ1復帰を果たした好調のシーズンの傍らで、危機感に苛まれていた。MF中村俊輔は今夏、ジュビロ磐田から横浜FCに加入。足首の負傷を越え、23年目のキャリアで初めてJ2の舞台に臨んだが、苦難も待っていた。

「初めてJ2っていうところにきたから。自分で自分を、レベルを落としたってことを認めたことだから、そこの葛藤がまずあった。その後は試合になかなか出られなかった。ベンチ外。だからもうJ3か引退しかないって、そこまでの危機感というか恐怖は味わったから」

 下平隆宏監督はトップ下ではなく、ボランチの位置で中村を起用した。ただ、求められたのは破壊力抜群の両翼・松尾佑介&中山克広のスピードを生かす戦術のために、パスをつなぐ役割。ゲームを動かすパス、キック精度を生かしたサイドチェンジは重用されず、ボランチ像の違いにも直面した。

 ベンチを温め、ベンチ外も味わった。5試合連続でゲームから離れた。ただ、10月19日の京都戦でチームが後半戦唯一となる黒星を喫したところ、次の東京V戦、長崎戦と下平隆宏監督はテコ入れを図った。主軸だったFWイバやMFレアンドロ・ドミンゲス、MF松井大輔らを先発から外し、ボランチはMF佐藤謙介と中村のコンビに変更。そこから5試合は連続で先発起用され、5連勝フィニッシュの中心にいた。

「ベンチ外になって吹っ切れて。下さんが求めていることと、もともと自分のトップ下の感覚を織り交ぜたら、ベンチ外の練習でだんだん自分の中でフィットしてきて。京都戦はベンチ外だったけど『できるわ』っていう感覚があったから、ヴェルディ戦でハマった。こういう経験ができたのも大きい。他の選手に言えたり、指導者とかになったときに」

 定位置をつかんだあとは、ポジションを奪われる危機感を抱きながらピッチに立った。ベンチには松井、MF田代真一、MF渡邊一仁らボランチ陣が控えている。自身のプレーに対して「これ一回でもミスったら…」という意識さえあったという、定位置争いへの意識。

「そっちのプレッシャーの方が大きくて、J1に上がるというプレッシャーを上回るプレッシャーだった」。大一番を終え、そうした心境を率直に語った41歳のレフティーは「ボランチばっか見てるよ、YouTubeで。大島くんが一番いいね」と声を弾ませた。飽くなき探究心を持って、来シーズンも走り抜ける。

11/25(月) 1:29配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-43474366-gekisaka-socc

写真no title


【サッカー】<中村俊輔>マンU戦の“伝説FK弾”を英回顧!「間違いなく史上最高のフリーキッカー」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1574468287/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索