Samurai Goal

横浜FC


スポンサード リンク





【速報】#横浜FC 53歳の三浦知良選手 J1最年長出場記録 更新へ 

1: 2020/09/23(水) 17:17:34.04 _USER9
横浜FC 53歳の三浦知良選手 J1最年長出場記録 更新へ | サッカー | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200923/k10012631101000.html

横浜FC 53歳の三浦知良選手 J1最年長出場記録 更新へ
2020年9月23日 17時08分

サッカーJ1、横浜FCに所属する現役最年長53歳のカズ、三浦知良選手が23日夜行われる川崎フロンターレ戦の先発メンバーに入りました。
このまま試合に出場すれば元日本代表の中山雅史選手が持つ45歳2か月1日のJ1最年長出場記録を更新します。

※公式ツイッター
https://twitter.com/yokohama_fc/status/1308677596469760001

no title


【川崎フロンターレ戦スタメン】サッカーボール
GK:六反勇治
DF:瀬古樹 田代真一 小林友希 志知孝明
MF:中村俊輔 佐藤謙介 松井大輔 松尾佑介
FW:瀬沼優司 三浦知良

※関連スレ
【サッカー】カズが23日川崎戦で今季2度目ベンチ入り 出場なら4680日ぶり J1最年長更新も [首都圏の虎★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1600755207/
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

<横浜FC・下平監督>カズの大分戦ベンチ入りは「そこはノーコメント」「そこはちょっと…すみません」 

1: 2020/09/19(土) 07:51:05.85 _USER9
J1横浜FCの下平隆宏監督(47)が18日、アウェーの大分戦(20日)に向けてオンラインで取材に対応した。

13日の名古屋戦は3―2で勝って連敗を3で止め、チームは再び上昇ムード。下平監督は「大分は順位的に近い位置にいるチーム。
(サッカーの)スタイルは違うが、クラブ規模など似たような境遇だし、勝手にライバルチームとして意識しているので絶対に勝ちたい」と意気込んだ。

大分の片野坂知宏監督(48)とは現役時代の柏でチームメードだったなど親交も深い。「カタとはレイソルで一緒だったのもあるし、
高校サッカーで(片野坂監督の)鹿児島実と五戸高校で1回戦で対戦していて、そこからの仲。関係は深いので、そういう関係からも楽しみだし、絶対に勝ちたい」と語った。

また、名古屋戦で今季リーグ戦初のベンチ入りした元日本代表FW三浦知良(53)をメンバーに入れるかについては「そこはノーコメント。
入ると選手の士気も上がり、確実に効果があったのは間違いないが、そこはちょっと…すみません」と語るにとどめた。

2020年9月18日 16時40分 東スポWeb
https://news.livedoor.com/article/detail/18919514/

写真
no title

C大阪の選手に中指を立てて挑発、横浜FCのサポーター5人が3試合入場禁止処分 

IMG_0215-e1599814320327




1: 2020/09/13(日) 21:30:57.36 _USER9
 J1リーグ横浜FCは9月11日、8月30日にニッパツ三ツ沢球技場で開催されたJ1リーグ13節のセレッソ大阪戦(●1-2)で、C大阪の選手に対して中指を突き立てて挑発をした横浜FCのサポーター5人について、Jリーグ試合管理規定と横浜FC試合観戦ルール・マナーに照らし合わせ、ホームゲーム3試合の入場禁止処分(その期間の横浜FCが出場する全試合が対象)を下すと発表した。

 横浜FCによると、入場禁止の対象者は5人。彼らは試合中、セレッソ大阪の選手に向けて中指を立てる侮辱的行為をした。

 処分内容は9月13日の名古屋グランパス戦から、ホームゲーム3試合の入場禁止。それには入場禁止期間中の横浜FCが出場する全公式戦を含まれる。

 さらに、その他にも相手を侮辱する行為をした、類似的な行為をしたサポーターについては厳重注意をしたということだ。

 クラブは「横浜FCではホームゲームにご来場いただく皆様が安心安全なスタジアムで観戦いただけるよう、禁止・違反行為の再発防止に向け、引き続きスタジアムでのセキュリティ体制の強化とともに、ご来場いただく皆さまにおかれましては、今一度、Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインを含めた、観戦ルール&マナーについてご確認いただき、観戦ルールの順守をお願い致します」と呼び掛けている。

 この試合のほうは、C大阪が清武弘嗣とブルーノ・メンデスのゴールで58分までに2点を先取。86分に横浜FCの松尾佑介が1点を返したものの及ばず、アウェーチームが2-1で勝利を収めていた。

https://sakanowa.jp/topics/34772

<カズ>今季リーグ戦初のベンチ入り!13日ホーム名古屋戦、横浜FC指揮官「力が必要」 出場すれば4670日ぶり 

1: 2020/09/12(土) 16:18:38.38 _USER9
J1横浜FCの元日本代表FW三浦知良(53)が13日の名古屋戦(午後6時・ニッパツ)で今季初のベンチ入りをすることが決まった。
現在チームは3連敗中で、下平監督は「こういうチームが苦しい状況だからこそ、カズさんの力が必要」とプロ35年目の大ベテランに期待した。

出場すれば前回J1を戦った2007年12月1日の浦和戦以来、4670日ぶり。中山雅史(札幌)の持つ最年長出場記録(45歳2カ月1日)と
ジーコ(鹿島)が記録した最年長得点(41歳3カ月12日)の大幅な更新にも注目が集まる。

三浦は今季、YBCルヴァン・カップの1次リーグ2試合に先発出場。
「(チーム内の)競争に入っていけるようにやることが大事」とリーグ戦のメンバー入りにも強い意欲を見せていた。

9/12(土) 15:12配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/9466d5739ec934938b397e9b16d18a3346bd126e

写真
no title

<J横浜FC対鹿島>“疑惑ゴール”にJFA審判委員会が結論!「ハンドとすべき」新ルールが国内外で大きな混乱... 

スクリーンショット 2020-09-05 13.36.26




1: 2020/09/04(金) 22:26:05.96 _USER9
 日本サッカー協会(JFA)は3日、報道陣向けのレフェリーブリーフィングを開催し、J1第11節の横浜FC対鹿島アントラーズ戦で物議を醸したゴール判定について説明した。元主審で現JFA審判委員会トップレフェリーグループマネジャーの扇谷健司氏が「ハンドとすべきだと考えている」と述べ、ゴールは認められるべきではなかったという見解を示した。

 物議を醸したのは前半25分に生まれた横浜FCの先制ゴール。左サイドからの折り返しをFW一美和成が収めようとするも、鹿島DF町田浩樹がブロックしたボールが一美の手に直撃。その後、こぼれたボールをMF松尾佑介がつなぎ、最後はFW皆川佑介が押し込んだ。直後、鹿島の選手たちは一美のハンドを主張し、上田益也主審に詰め寄っていたが、ゴールは認められた。

 ここで「ハンドがあったか、なかったか」を判断する争点は主に2つ。一美の行為が「手や腕を用いて意図的にボールに触れる」ものであったか(①)、あるいはこの事象が「偶発的であっても、ボールが自分や味方競技者の手や腕に触れた直後に相手競技者のゴールに得点するか、得点の機会を作り出す」ものであったかどうか(②)だ。いずれかの要件を満たす場合、ハンドが認められてノーゴールとなる。

 JFAが今回作成した資料によると、①の要件については「ボールは後方から来ており、横浜FCの9番(一美)も予期できないものなので、偶発的に当たったと考えることができる」と“意図”を否定。一方で②の要件については「ハンドが起こってからゴールまでにボールが動く距離も短く、ハンドのあと2人の選手が関わってはいるものの、ゴールまでの時間も短いため『直後』と考えることができる」とし、ハンドにあたると判断した。

 つまり、本来であれば横浜FCの得点は認められるべきでなかったということになる。

◆混乱の背景は…
 もっともJリーグファンの間では、すでに「ハンドなし」が正しい判定だったという見解が広く共有されていることだろう。Jリーグ公式チャンネルで公開されている「Jリーグジャッジリプレイ2020」の第14回放送で、東京都審判委員長が「直後というところの解釈が難しいところ。得点の場面では『直後』ではない」「2プレー後なので得点でも良いと考えている」と見解を述べていたためだ。

https://youtu.be/J74xamEM0ys



 この食い違いはなぜ起きているのか。混乱の背景には、近年立て続けに行われてきたルール改正の影響がある。

 世界中のサッカー大会は国際サッカー評議会(IFAB)が制定する統一ルールである「競技規則」(英語では“Law of the Game”)をもとに運営されているが、IFABは2019年春、19-20シーズンに向けてハンドに関する大幅なルール改正を行った。「手や腕から相手チームのゴールに直接得点する」という事象に関し、無条件でハンドの反則を取ることで、「手や腕を用いて得点することは受け入れられない」というサッカーの競技理念を強調した形だ。

 またこれに加えて、手や腕にボールが触れた後に得点や、得点の機会が生まれた場合に関してもハンドの反則が取られる形となった。この「触れた後」にまつわる変更点が今回の混乱につながった主な要因だ。競技規則の文言は以下のとおりとなっている。


ボールが手や腕に触れた後にボールを保持して、またはコントロールして、次のことを行う。
・相手競技者のゴールに得点する。
・得点の機会を作り出す。

9/3(木) 17:45 ゲキサカ
https://news.yahoo.co.jp/articles/04357bb7e3888621a6661210f8890cb0c137e08b

 

もう話題は”キングカズ”だけではない?!3連勝でチーム年間最多勝利に並んだ横浜FCなぜ強い? 

スクリーンショット 2020-08-23 13.27.50

横浜FCがJ1リーグでクラブ史上初の3連勝!! 清水は後半ATに劇的追撃弾も及ばず 

スクリーンショット 2020-08-22 21.17.57

カズ最年長ゴール記録更新なるか 横浜FC・下平監督が札幌戦メンバー入り明言 

スクリーンショット 2020-08-10 17.09.55

横浜FC カズが5日のルヴァン杯鳥栖戦でメンバー入り 下平監督がPKキッカーに指名 

スクリーンショット 2020-08-03 16.16.21

【J1プレビュー】横浜FCと広島の命運が懸かるウィングバック 

スクリーンショット 2020-08-01 3.30.08


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索