Samurai Goal

横浜F・マリノス


スポンサード リンク





J1横浜F・マリノス 仲川が右太もも肉離れ 全治4~6週間 

2020-03-27-teruhito-nakagawa01jpg_1lilg8a5rw5aj1k167hb8tfjwr




1: 2020/08/03(月) 15:22:22.29 _USER9
サッカーJ1の横浜F・マリノスは、先月22日の試合で負傷して途中交代した仲川輝人選手のけがについて、右太ももの肉離れで全治4週間から6週間と診断されたと発表しました。

F・マリノスのフォワードの仲川選手は、先月22日にホームの日産スタジアムで行われた横浜FCとの試合で、後半、右太ももを痛めて途中交代しました。

F・マリノスの発表によりますと、仲川選手は病院で検査を受けた結果、右太ももの肉離れで全治4週間から6週間と診断されたということです。

仲川選手は昨シーズン、リーグ最優秀選手と得点王に輝いて、チームの15年ぶりのリーグ優勝に貢献し、去年行われた東アジア選手権の日本代表にも初めて選ばれました。

今シーズンはここまで6試合に出場していて、まだ得点をあげていません。

2020年8月3日 15時15分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200803/k10012547951000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

<横浜F・マリノス>激震!シティー・フットボール・グループと提携解消 選手補強にも影響 

20200718-27170848-nksports-000-6-view




1: 2020/07/18(土) 06:10:50.29
昨季J1リーグ王者の横浜F・マリノスが14年から資本提携していたシティー・フットボール・グループ(CFG)との関係を解消し、CFGから離れる方向で調整を進めていることが17日、分かった。
親会社の日産自動車がCFGとの間で14年に結んだグローバルパートナーシップ契約を6月末で解除。関係者によるとCFGは保有する20%程度とみられる横浜の株式も手放す見込みだという。

プレミアリーグの強豪マンチェスター・シティーなども傘下に置くCFGはアラブ首長国連邦(UAE)の王族が代表を務める世界有数のサッカー事業グループ。
契約締結以降、横浜の経営や選手補強に大きな影響を与え、昨季15年ぶりリーグ制覇に手腕を発揮したオーストラリア人のポステコグルー監督の就任や、優良外国人選手の獲得などで力を発揮。名門復活の一助となっていた。

もともと日産が欧州でのCFGの事業に協賛した縁でグローバルパートナーシップを締結した。しかし、6月までに日産がそれを解除。同時に横浜とCFGの関係も解消する流れとなった。

現在はCFGが持つ横浜の株式の扱いなどを協議中で、年内をめどに約6年間続いた関係に終止符が打たれることになりそうだ。横浜にとってはリーグ2連覇をはじめ、クラブ初のACL制覇など4冠獲得に向けた戦いのまっただ中。
CFGとの関係解消も力に変え、今季も変わらぬ強さを追求していくしかない。

◆横浜とCFGの提携 14年5月にパートナーシップを締結し、CFGが横浜の少数株主となる。Jリーグ初の資本提携を伴う海外企業とのパートナーシップ締結として注目を浴びた。
同年7月には日産自動車とCFGも5年契約のグローバルパートナーシップを締結。19年7月に契約更新していた。
CFGから、世界に広がるネットワークを生かした情報の提供を受けたほか、昨夏にはマンチェスター・シティーが来日して親善試合も行った。

7/18(土) 4:00配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/3cdb0d0c0dae43e4f51780f09859cf383be70f21

横浜F・マリノス、歴代ガッカリ外国籍選手6人。SNS中毒で追放、4日で解雇…謎多き助っ人たちの系譜 

20200514-00010003-footballc-000-4-view




1: 2020/05/14(木) 14:15:50.86
1993年の開幕から28年目を迎えたJリーグでは、数多くの外国籍選手がプレーしてきた。活躍した選手もいる中で、期待を大きく裏切って帰っていった選手も少なくない。今回フットボールチャンネル編集部では、横浜F・マリノスで活躍できなかった外国籍選手を5人紹介する。※年齢は加入当時のもの

現ディナモ・ザグレブ監督
イゴール・ヨビチェビッチ(クロアチア出身)

生年月日:1973年11月30日(当時25歳)
在籍期間:1999年
J1通算成績:1試合出場/0得点

 世界的名門レアル・マドリードのBチームでもプレー経験を持つFWは、1999年に来日して練習生から横浜F・マリノスと正式契約を結んだ。しかし、将来を嘱望された過去の経歴による期待には応えられず、リーグ戦出場は1試合のみだった。

 その唯一の出場機会は1999年の2ndステージ第14節・清水エスパルス戦の終盤85分からだった。1-2でリードを許していた展開で同点ゴールが期待されながらノーインパクト。そしてホーム最終戦で優勝争いをしていた首位・清水に振り切られ、目の前で2ndステージ優勝を決められてしまった。

 もちろんマリノス は1999年で限りで退団となり、ブラジルのグアラニへ移籍する。そこからクロアチア時代の古巣NKザグレブ、フランスのメス、中国の瀋陽東進や上海連城(のちに上海申花に合併)、ウクライナのカルパティといったクラブを渡り歩き、選手としては不思議なキャリアを送った。

 それでも現役引退後は指導者としてステップアップしていき、今年4月からは数々の実力者を輩出してきたクロアチア屈指の名門ディナモ・ザグレブの監督を任されている。

●1999年J1・2ndステージ第14節:清水エスパルス戦の先発メンバー

▽GK
川口能活

▽DF
波戸康広
上野良治
小村徳男

▽MF
深澤仁博
遠藤彰弘
神田勝夫
永井秀樹
三浦淳宏

▽FW
ユ・サンチョル
城彰二

※ヨビチェビッチは85分から永井秀樹に代わって途中出場

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200514-00010003-footballc-socc
>>2以降に続く

横浜F・マリノスFWエリキ「日本はアジアの最前線で、驚くほどの文化を持っている。ここは別格の場所」 

1: 2020/04/10(金) 23:28:09.21
横浜F・マリノスに所属するブラジル人FWエリキが、Jリーグ2シーズン目を迎えるなかで「日本は驚くほどの文化を持っている」と称賛し、「本当に素晴らしい経験をしている」と語っている。ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」が伝えた。

 現在25歳のエリキは、19年8月にブラジルのパルメイラスから横浜FMに期限付き移籍。同月の第23節セレッソ大阪戦(1-2)でJリーグデビューを飾ると、続く第24節名古屋グランパス戦(5-1)で驚愕のバイシクルシュートを叩き込み、来日初ゴールをマークした。最終的にリーグ戦12試合8ゴールの結果を残し、チームの15年ぶり4回目のJ1リーグ優勝に貢献している。

 エリキは横浜FMのスタイルについて「非常にアグレッシブかつ攻撃的だ。常にボールを保持する。ボール保持率で相手を下回らないんだ」と言及。「ブラジルのサッカーと似ているし、大きな違いを感じないし、とても幸せだ」と漏らしている。またアンジェ・ポステコグルー監督に求心力にも触れ、「監督も素晴らしい人で、”家族”を作り上げてくれる」と絶賛している。

 エリキは初の海外挑戦として日本を選んだなか、自分の決断が正しかったと確信しているようだ。「素晴らしく、珍しい体験だ。ブラジル国外で大きな挑戦をするという目標を持っていた」と明かし、「日本はアジアの最前線で、驚くほどの文化を持っている。ここは別格の場所で、ファンのみんなにも温かく迎えてもらった」と感謝の言葉を口にしている。

「セレッソ大阪戦でデビューし、名古屋グランパス戦でオーバーヘッドから初ゴールを決められた。これまでのところ全てが順調で、本当に素晴らしい経験をしている」

 新型コロナウイルスの影響を受けてJリーグは一時中断しているが、横浜FMにとってリーグ連覇が懸かったシーズンとなる。得点源の1人として大きな期待が懸かるエリキは、リーグ再開後に輝きを放ってくれそうだ。

4/10(金) 18:40配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200410-00256272-soccermzw-socc

写真
no title

<”なぜガンバ大阪は横浜F・マリノスを撃破できたのか?”>選手たちが明かした“スペシャル戦術”の全容・・・ 

1: 2020/02/24(月) 10:28:52.98
キャンプから研磨してきた「狙い通りの2発」
[J1リーグ第1節]横浜 1-2 G大阪/2月23日/日産ス

決して完勝とは言えない。だが、単なる勝点3でもない。

日産スタジアムで行なわれたJ1リーグ開幕戦で、ガンバ大阪は前半のうちに2点を奪って試合を優位に進め、怒涛の攻勢を仕掛ける横浜F・マリノスの追撃を1点に封じ込んだ。
下馬評を覆す内容での2-1勝利。J1リーグ開幕戦での白星は実に9年ぶりである。

宮本恒靖監督が採用したシステムは、3-5-2の予想に反して4-3-3だった。しかしながらあくまでこれはベースの形であり、戦況や局面に応じて臨機応変に変化した。
鍵を握ったのは右サイドの守備だ。1ゴール・1アシストと気を吐いた背番号10、倉田秋はこう振り返る。

「去年のマリノス戦で、(左SBの)ティーラトン選手にカットインからミドルを決められた。マリノスの攻撃は強烈ですけど、あのサイドバックのところをまずケアしていこうと。
だから守備のときは5-4-1で、攻撃になったら4-3-3や3-5-2とか、相手の出方を見定めながら(システムは)目まぐるしく変わってましたね」

右SBのオ・ジェソクは「かなり変則的。マリノス戦限定です」と話す。元韓国代表によると、右サイドハーフの小野瀬康介がスイッチャーだったという。
彼がどのエリアでプレスを仕掛けるかで、オ・ジェソクの位置取りが変わり、右CBか右SBかが決まった。「で、相手がハーフウェイラインを越えてきたら割り切って5バックで対応しようと話してましたね」と振り返る。

かたや小野瀬は、「前から後ろまで動き回って相当な運動量が求められましたけど、個人的には5バックにならないようにと心掛けて、積極的に行きましたよ」と明かす。

前半の2得点は、キャンプ中から取り組んできた狙いが結実した。昨季以上に連動性の高い前線でのフォアチェックを強化。
開始6分、敵GK朴一圭にハイプレッシャーを掛けた矢島慎也がトラップミス誘発からボールを奪取し、倉田の先制点をお膳立て。

さらに34分、「けっこう練習で繰り返してたパターン」(オ・ジェソク)で追加点を奪う。
横浜がラインを押し上げた瞬間にGK東口順昭が裏へ蹴り込み、左サイドから抜け出した倉田が矢島のゴールをアシストした。まさにしてやったりの2発だ。

2/23(日) 20:33配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200223-00010000-sdigestw-socc

写真
no title


【動画】まさにしてやったり! G大阪が横浜戦で挙げた電光石火の2ゴールをチェック!
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail3/id=70133

水沼宏太(セレッソ大阪)10年ぶり横浜Fマリノス復帰!「とても嬉しく感謝」J1通算252試合32得点 

1: Egg ★ 2019/12/27(金) 15:20:08.98 ID:zPUWMaD49
横浜F・マリノスは27日、セレッソ大阪MF水沼宏太(29)の完全移籍での加入を発表した。10年ぶりの復帰となる。

元日本代表で日産、横浜Mで活躍し、横浜F・マリノスの監督も務めた水沼貴史氏を父に持つ水沼は横浜ユース時代の07年にトップデビュー。08年にトップ昇格。10年途中から栃木SCへ移籍し、12年からはサガン鳥栖、16年はFC東京でプレーし、17年からC大阪に所属していた。今季は31試合7得点。J1通算252試合32得点、J2通算50試合7得点、J3通算9試合3得点。

水沼はクラブを通じ「2019年Jリーグチャンピオンのマリノスの仲間に加えて頂(いただ)きとても嬉(うれ)しく、感謝しています。またトリコロールのユニホームを着て戦えることが今からとても楽しみです。自分らしくポジティブに、ひたむきに全力でマリノスのために戦いたいと思います。目標達成に向けて、一緒に戦いましょう!」とコメントした。

12/27(金) 13:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-12270323-nksports-socc

写真
no title

横浜マリノス、セレッソ大阪・水沼&J2金沢・山本の完全移籍での獲得へ  

20191223s00002179401000p_thum




1: ぜかきゆ ★ 2019/12/24(火) 06:08:27.86 ID:zmmqDAUs9
 横浜がC大阪のMF水沼宏太(29)とJ2金沢のDF山本義道(24)を完全移籍で獲得することが23日、分かった。

 近日中にも正式発表される。水沼は07年に横浜でトップチームデビューを飾っており、古巣復帰となる。またこの日、浦和からFWオナイウ阿道(24)、ともに広島から期限付き移籍していたDF和田拓也(29)とGK中林洋次(33)、J2山口のDF前貴之(26)が加わることが発表された。

[ 2019年12月24日 05:30 ]
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/12/24/kiji/20191223s00002179370000c.html

「とても嬉しく思います」今季J1リーグ戦10得点のFWオナイウが横浜FMに完全移籍!  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/23(月) 15:09:37.59 ID:AEpZr1TM9
横浜F・マリノスは23日、浦和レッズ所属(大分トリニータへ期限付き移籍中)のFWオナイウ阿道(24)が完全移籍で加入することを発表した。

ナイジェリア人の父と日本人の母を持つオナイウは、正智深谷高から2014年に千葉へ入団。
2017年に浦和へ完全移籍し、昨季は山口、今季は大分へ期限付き移籍していた。
今季は自身初のJ1リーグ戦で31試合に出場し、10得点を記録。11月にはキリンチャレンジカップに臨む日本代表に初招集された。

横浜FMのクラブ公式サイトを通じ、「このチームの一員になれたことをとても嬉しく思います。
チームの勝利に貢献できるように頑張りますので、応援をよろしくお願いします」とコメントしている。

また、1シーズンを過ごした大分には「短い間でしたがこのチームでプレーできてとても良かったです。
来シーズン、昭和電工ドーム大分で試合するのを楽しみにしています」、浦和には「試合にはなかなか絡むことはできませんでしたが、
浦和での1年間がなければ今の自分はなかったと思っています。
対戦したときに、さらに成長した姿を見せられるようにがんばります」と、それぞれクラブ公式サイト上で感謝の言葉を送った。

以下、クラブ発表プロフィール

●FWオナイウ阿道
(おないう・あど)
■生年月日
1995年11月8日(24歳)
■身長/体重
180cm/75kg
■血液型
B型
■出身地
埼玉県
■経歴
FCコルージャ-正智深谷高-千葉-浦和-山口-浦和-大分-浦和
■出場歴
J1リーグ:32試合10得点
J2リーグ:104試合32得点
J3リーグ:2試合
カップ戦:5試合
天皇杯:13試合2得点
ACL:2試合

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-43475717-gekisaka-socc
12/23(月) 13:52配信

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/282000/281443/news_281443_1.jpg
no title

https://img.qoly.jp/media/2fb11848-b0c5-933c-a788-9096186cf70d

セルジオ越後「マリノスが最も効率のいい外国人枠の使い方をしていた」MVPを挙げるとするなら…  

1: Egg ★ 2019/12/10(火) 10:00:11.51 ID:x/S+A7vD9
各チームの主軸が移籍や怪我で離脱していく中で…
no title


2019年のJリーグは、マリノスの15年ぶりの優勝で幕を閉じたね。最終節に1位と2位の直接対決で優勝が決まるというシチュエーションは一見スリリングだったけど、実際のところマリノスが断然有利な状況だったし、試合も3-0でマリノスが完勝して、最後の最後で両者の勢いの差がはっきりと表われる結果になった。

 上位陣は最後まで接戦だったが、シーズン終盤にかけて何が明暗を分けたのか。やはりキャスティングの差、とりわけ外国人選手の質の差だったと思っているよ。これは先日、レッズがアル・ヒラルに完敗を喫したACL決勝でもそうだった。2年前の決勝でレッズに敗れていたアル・ヒラルは、ワールドクラスの選手を揃えてこの一戦に臨み、その結果はスコアと内容に明確に反映された。

 今季のJリーグは、シーズン途中で各チームの主軸選手が移籍や怪我でどんどん抜けていった。マリノスもFC東京も、そしてアントラーズも同じ。違いが生まれたのは、その後を埋めた外国人選手の質だ。マリノスはエリキやマテウスといった活きのいい20代半ばの選手たちを獲得してうまくチームに取り込んで戦力としたね。一方でFC東京は久保の穴を埋める選手はいなかったし、アントラーズもシーズン前から怪我で離脱していた鈴木の穴をよくカバーしていたけど、終盤戦は攻撃陣がブレーキで、2点以上取った試合がどれだけあったか。

 マリノスは今年から最大5人までに増えた外国人枠のルールを最もうまく使ったチームと言えるんじゃないかな。イニエスタやビジャのようなビッグネームはいないけど、チアゴ・マルチンスにしろ、マルコス・ジュニオールにしろ、どの選手もものすごくハードワークをこなして攻守両面でチームパフォーマンスを上げる貢献を見せていた。全盛期を過ぎてクールダウンの時期に差し掛かっている選手たちに比べたら、マリノスの外国人たちはまだまだ働き盛りで、野心やハングリーさという面でも上だったと思う。

 実績のある高価な選手がいいのか、ネームバリューはなくても攻守にしっかりと機能する選手がいいのか。リーグ戦で結果を出すという意味では、マリノスが最も効率のいい外国人枠の使い方をしていたということだね。

つづく

12/9(月) 6:35 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191209-00067537-sdigestw-socc

<横浜Fマリノス優勝に水を差した主審のお粗末ジャッジ>イエローカードが遅れた上にレッドカードへ変わる  

1: Egg ★ 2019/12/08(日) 21:20:13.74 ID:mdUC589p9
27年目を迎えたJリーグの歴史上で最多となる、6万3854人の大観衆で埋まった日産スタジアムが騒然とした雰囲気に支配される。ファウルが流され、時間をおいて提示されたイエローカードがさらにレッドカードへと変わる。不可解な判定が大きな注目を集めた頂上決戦に水を差した。

 15年ぶりのリーグ優勝に王手をかけている横浜F・マリノスが、2位のFC東京をホームに迎えた7日の明治安田生命J1リーグ最終節。勝利や引き分けはもちろんのこと、負けたとしても3点差以内ならば美酒に酔えるマリノスが、2点をリードして迎えた後半17分に問題の場面が訪れた。

 自陣で味方のクリアボールを拾ったFC東京のFW田川亨介が、すぐさま振り向いて右前方へロングパスを送る。ターゲットに定められたのは、Jリーグでも群を抜く韋駄天ぶりを誇るFW永井謙佑。しかし、マリノスのセンターバック、チアゴ・マルチンスが背走しながら必死に対応する。

 マルチンスはヘディングで守護神・朴一圭へボールを送ろうと試みるも、パスが短くなってしまう。ゴールの匂いを嗅ぎ取った永井はさらにスピードを加速させて最後は宙を舞い、ペナルティーエリア内から飛び出してきた朴の眼前で、ボールに右足をヒットさせて前へと押し出した。

 永井のスピードが予想を大きく超えていたからか。クリアしようとした朴の右足が、交錯する刹那に永井の左足の太ももあたりを蹴ってしまう。衝撃でバランスを崩した永井は、着地した後に転倒。朴のファウルをアピールするも、木村博之主審は笛を吹かずにそのまま流した。

 そして、ファウルじゃないかと、必死の形相を浮かべるFC東京の選手たちに詰め寄られた直後だった。木村主審は突然ホイッスルを鳴り響かせて、マリノスがパスを展開しようとしていた試合を中断させる。2人が接触してから約10秒の時間をおいて、朴にイエローカードが提示された。

 すぐにホイッスルが吹かれなかったことに、試合後の取材エリアで「びっくりしましたよ」と振り返った永井によれば、木村主審は朴によるファウルを「角度的に見えなかった、と言っていた」という。

つづく

写真no title




12/8(日) 5:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-00010000-wordleafs-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索