Samurai Goal

槙野智章


スポンサード リンク





槙野智章、励ましのツイートで被災者に勇気を与える「一緒に頑張ろう!」 

キャプチャ
 日本サッカー協会は6日、日本代表が7日に札幌ドームで開催予定だった国際親善試合チリ代表を、北海道で6日午前3時8分頃に発生した強い地震の影響で中止とすることを発表した。これを受けて、日本代表合宿のため札幌滞在中のDF槙野智章(浦和)がツイッターを更新。

 「今回行われるはずだった、日本代表vsチリ代表の試合は地震の為中止になりました。今自分達に出来る事を考え行動する事。そして何よりも北海道の皆さんが一日も早く元の生活に戻れるように僕たちも全力でサポートします。一緒に頑張ろう!」とつづった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180906-00000179-sph-socc

槙野智章「僕は近寄りがたい先輩ではない」ムードメーカーの役割も果たす!? 

card_974423448-612x612
 日本代表は4日、7日のチリ代表戦に向けて札幌市内で調整を実施。堂安律(フローニンゲン)、中島翔哉(ポルティモネンセ)、南野拓実(ザルツブルク)、植田直通(サークル・ブルージュ)の海外組4名が合流し、招集メンバー23名が集合した。

 今回の招集メンバーはリオ五輪世代が中心となっており、30代の選手は青山敏弘(サンフレッチェ広島)、東口順昭(ガンバ大阪)、槙野智章(浦和レッズ)の3人のみ。ロシアW杯のピッチに立ったのは、槙野ただ一人だ。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00825341-soccerk-socc

槙野智章の“抗議”が物議を醸す!レフェリーに対し立て続けに疑問を投げかけた 

20180813-01667825-gekisaka-000-2-view
1 2018/08/14(火) 00:04:25.76 _USER9
 浦和レッズDF槙野智章が自身の公式ツイッター(@tonji5)で、レフェリーへの疑問を投げかけ続けている。

12日、自身がアップロードした動画に「What do you think?」とコメントすると、この投稿は後に削除したが、13日には他チームの動画を添えた他アカウントを引用する形で同様の質問を提示した。

 最初に問題となったのは、11日に行われたJ1第21節のサガン鳥栖戦でのプレー。後半終了間際、1点を追う浦和がMF柏木陽介のCKからDFマウリシオが頭で狙い、こぼれ球をFW李忠成が押し込んだが、ファウルがあったとしてゴールが取り消されたという場面だった。

 試合中から審判チームに抗議を行っていた槙野は試合後、この場面の動画を自らアップロード。「What do you think?」という言葉に首をかしげる絵文字を付け加え、ファンに向けて意見を募った。だが、この動画は同日中に削除された。

 それでも13日、再び槙野から「What do you think?」の言葉が飛び出す。今度は涙を流しながら笑う絵文字付きで、ファンのツイートを引用リツイートするという形。アップロードされた動画は11日に行われたJ1第21節神戸対磐田戦のもので、MF藤田直之の蹴ったFKが今村義朗主審の頭部に直撃する場面が映し出されていた。

 なお、今村主審はJ1第20節の浦和対長崎戦でも主審を担当。この試合の後、槙野は「今日の試合を見直す。両チーム合わせてほとんどのコーナーキックが全部ファール。Jリーグでは相手に触ればファールか。ふむ。ふむ。」と投稿し、ジャッジへの不満を露わにしていた。

【追記:13日午後4時】
 同選手は午後4時までに、2度目のツイートも削除した。

8/13(月) 14:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-01667825-gekisaka-socc

“一触即発”「相手が日本代表でも関係無し」鈴木武蔵が槙野を睨んだ! 

キャプチャ
<明治安田生命J1:浦和0-0長崎>◇第20節◇5日◇埼玉ス

 V・ファーレン長崎FW鈴木が後半18分にGK西川と1対1の状況でシュートを放つも、ボールは右ポストをたたいた。「決めなきゃいけないところだけに、勝てた試合だっただけに悔しい」。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00291152-nksports-socc

本田圭佑こそチーム1番の“ムードメーカー”だった!? 

889b7c1f
1 2018/08/04(土) 17:26:26.68 _USER9
 大会中はストレスもたまる中、日本代表はチームワークを大事にすることを掲げ、2大会ぶりに16強入り。「団結力を見せられた」。そう振り返った槙野が「一番のムードメーカー」として挙げたのが本田だった。

 「僕自身も試合に出られなかったり、つらいものがあったのですが、それを支えてくれたのが本田選手だった。『俺たちで一緒に盛り上げようぜ』ってベンチメンバーを盛り上げて。(本田は)メディアなどでは、ツンツンしたイメージもありますが、一番のムードメーカー」と振り返った。

 また、決勝トーナメント1回戦のベルギーとの試合後に日本代表のロッカールームがきれいに清掃された様子がネット上で拡散され、世界的な話題になったことにも言及。槙野は「日本のサポーターが、スタンドをきれいにクリーンにして帰ったというのがありましたが、実はロッカールームでも、選手が使用した後にきれいにして帰ろうという流れがあった」と明かし、「本田選手が最初に『ロッカーをきれいにしよう』と発言して、みんなやるようにした」と語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-00000119-spnannex-socc

「西野さんはテンパってた」槙野智章“あのボール回し”裏側を暴露!! 

1 2018/08/04(土) 14:41:51.79 _USER9
 日本はポーランド戦に引き分け以上なら自力突破できたが、先制点を許して0―1のまま試合が進行。リードされている状況ながら、他会場でコロンビアがセネガルに勝つという“他力勝負”に出てラスト10分間ボール回しに終始し、2位突破を果たした。

 後半途中から投入された主将・長谷部からの指示は「“イエローカードをもらうな”だった」。フェアプレーポイントを意識しての戦術だったが「ピッチ上の僕らは、イエローをもらわなかったら上(決勝トーナメント)に行けるの?っていうのが本音だった」と振り返った。

 自身はベンチから一番近い位置でプレーをしていたことから「監督、このままでいいんですね?パス回しだけでいいんですね?」と2度確認。その際の西野氏は「テンパってまして、“うわぁぁぁ~”って言葉だけだったのでびっくりしたんですよ」と明かしてスタジオを沸かせた。

 槙野によると、西野氏はこのやりとりを覚えていないとのことだったが、和田は「その時は、人生を懸けた男たちの責任を背負っていたわけだからね」と話した。

 他力本願のボール回しは世界中で物議を醸し、実際、試合終了後の会場はブーイングの嵐だったという。それでも選手同士で「でも、どれだけの人が人生を懸けて戦ったことがあるのか。国を背負って戦ったことがあるのか」との声が上がっていたことも伝え「上に進むための1つの作戦だった」と力強く話した。

8/4(土) 13:19配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-00000104-spnannex-socc

写真
no title

槙野智章、FRIDAYの突撃取材に遇うも“余裕の対応”を見せる 

キャプチャ
1 2018/07/30(月) 08:54:58.77 _USER9
 7月半ばのムシ暑いある夜。ハリコミに向かうべく、FRIDAY記者が都内の幹線道路を走っていると、信号待ちのタイミングで漆黒のSUVが隣に停まった。ムキムキな腕でハンドルを握るのはサッカー日本代表のDF、槙野智章(31)。ナビシートにはキャスケット帽を被った美女が……今年2月に入籍したばかりの高梨臨(29)夫人ではないか!

 その後、槙野夫妻は車を路肩に寄せると、近くのレストランに入って行った。

 彼らがメディアに2ショットを撮られるのは、実はこれが初めて。水沢アリーをはじめ、幾度となく槙野のデート場面を報じてきたFRIDAYだが、どうやら彼とはトコトン縁があるらしい。

 深夜11時半過ぎ、ディナーを終えて清々しい表情で店から出てきた槙野夫妻に無粋を承知で声をかけた。

――W杯、お疲れさまでした。ロシアのピッチに立った感想は?

「ありがとうございます。夢だったので……(遠くを見つめる)」

 慣れたもので、FRIDAY直撃にまったく動じない槙野。「そこ、危ないですよ。轢(ひ)かれますよ」と記者を気遣う余裕を見せた。

――ポーランド戦では、あわやオウンゴールかというクリアミスがありました。

「常に身体を張ってやってるんでね……。でも(GK川島永嗣がセーブしてくれて)良かったです(笑)」

――ポーランド戦では、ラスト10分間のパス回しが批判されました。西野朗さんの采配はいかがでしたか?

「素晴らしかったと思います。なかなかあの大舞台でできる采配ではない。賛否両論あると思いますが、ボクたちは次のステージに進むため、監督を信じて(作戦を)遂行しただけ。『監督のために』という想いで、自信を持ってピッチの上で表現しただけですから」

――しかし、新婚気分を味わうヒマもなく、ロシアへ行かれましたね。

「ハイ(笑)。まぁ、お互いの仕事を理解して、力になってくれていると思います。ホントに奥さんには感謝しています。ロシアにも来てくれましたしね」

――柴崎岳さんも結婚されましたね。

「いい方向で話が進んでいるとは聞いていました。代表選手は最近、いっぱい結婚していますよね。奥さんの力があったからこそ、(W杯の)ピッチで力を発揮できたんだと思います」

――一方で長谷部誠さんらベテランが代表を去ることになりました。

「長らく引っ張ってきてくれた方なので寂しいです。個人的にも付き合いが長くて、よく怒られました。怒ってくれる先輩方がいなくなるのは寂しい……」

――槙野さんは今後はどうされますか?

「反省点を見つめ直して、もう一回努力し直してやるしかないです」

 もう一度、W杯に出たい――ヤル気を漲(みなぎ)らせる槙野。悲願のベスト8進出にはこの男のアツさが必要……かもしれない!?

7/30(月) 7:32配信 FRIDAY
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180730-00010002-friday-spo

槙野智章が“あの日”の出来事に触れる!!「結果を残しホッとしている」 

img_944ebfabca1d70ded4c9ecd4e09f5034152379

1 2018/07/15(日) 17:54:38.98 _USER9
テレビ朝日「2018 FIFAワールドカップロシア 日本代表選手の日記独占入手SP」(13日放送分)では、日本代表選手らのコメントにより日本の今大会を総括。槙野智章が大会中に綴っていた自身の手記も紹介された。

念願のW杯出場を果たした槙野だったが、第1戦、第2戦と出場機会はなかった。悔しい思いを抱きながらも本田圭佑の一言によってチームのサポートに徹した槙野だったが、グループリーグ第3戦のポーランド戦ではスターティングメンバーに起用された。

だが、ポーランド戦の試合終盤、日本代表はグループリーグ突破のため、これ以上の失点を防ぐべく敗戦を受け入れてパス回しに終始した。この戦い方には世界中で賛否を呼んだが、槙野は

「あの独特のスタジアムブーイングの中、よく続けられた事の方が何よりもの収穫だろう。残り10分の戦い方に対して色々思う事があるだろう。しかし、必要な作戦だったに違いない。最低限の仕事、結果を残しホッとしている」と綴った。

さらに槙野は番組のカメラに「『日本の恥だ』とか『これまで応援してきたものが崩れた』とか、色んな意見をもらった中で、逆に自分達の結束力をかなり深めた。だったら、1回掴んだファン、離れていったファンを次のベルギー戦でもう一度引き寄せようぜっていうのはチームの中ではありました」とも明かした。

また、番組では元チームメイトだった槙野と原口元気の絆を紹介。ベルギー戦でゴールを決めた原口は「無意識にそっち(ベンチ)に向かっていた。本当に彼(槙野)には感謝しています」と語り、槙野も手記に「原口元気が決めた。個人的には人一倍うれしかった。浦和に入団した2012年。チームから原口の教育係を任された。それからというもの、俺は1つ1つ厳しく接した。最初は本当に何もできなかった・・・。浦和からドイツに移籍する時には4万人の前でしっかりとスピーチもできるまでに成長した」などと後進の成長に目を細めた。

2018年7月15日 9時0分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15015655/

槙野智章の“アンチ勢”に対しW杯がイメージアップに繋がった...のか? 

large
1 2018/07/13(金) 23:01:56.90 _USER9
 11日、サッカー日本代表の槙野智章が自身のインスタグラムとツイッターを更新。W杯ロシア大会を終えて5日に帰国したばかりだが、同日の天皇杯3回戦(浦和レッズ対松本山雅戦)に出場したことを報告した。

 槙野と言えば、2000年にサンフレッチェ広島ジュニアユースに入団後、トップチームでも06年からプレーし、2010年まで同クラブに在籍した。2年間ドイツ・ブンデスリーガの強豪クラブ・1.FCケルンでプレーした経験もある。2010年、2014年とW杯日本代表メンバーからは惜しくも落選していたが、今回初のメンバー入りを果たした。プライベートでは、以前タレントの水沢アリーとの熱愛が報じられ世間を騒がせたが、今年2月に女優の高梨臨と入籍している。

 今大会ではチームの主力とみられていた槙野。しかし第1戦のコロンビア戦で、大会直前に活躍した昌子源選手にスタメンの座を奪われることに…。その悔しさは計り知れない。しかし、そんな状況でも腐ることなく、積極的に声を出し、控え選手をまとめるなどして、陰でチームを支えていたという。

 そんな槙野の姿に長友佑都選手は、『素直にリスペクトの気持ちが出てきたし、今後、彼に大きなチャンスが絶対来るなと。僕は彼の行動を見ていて思いました』とコメントしたことを、7日掲載の「Football
ZONE web」が報じている。さらに長友は、槙野に対して『後輩だけど、人として尊敬できる』と語ったという。

 こうした長友のコメントを受け、ネット上では『試合に出られなくて悔しかったはずなのに…チームのサポート役に徹してたんだ。誰にでもできることじゃないと思う』『槙野選手を見る目が変わった』『積極的に声を張ってた槙野は、日本代表メンバーのメンタルに大きく貢献したと思う』『今回のW杯で槙野選手のファンになった』という声が続々と上がっている。長友のツイッターでも、メンバーと笑顔で写る槙野の姿が公開されており、チームの盛り上げ役であることがうかがえる。

 槙野は、以前試合中に接触した相手選手に顔面キックを食らわせ“あれは故意では?”などと批判を受けたこともある。その影響が残っているのか、これまで槙野のイメージはあまり良いものではなかった。しかし、今大会での槙野のムードメーカー的な言動、行動は、世間の見方を少し変えたようだ。スタメンの座は奪われたものの、槙野にとって収穫の多い大会であったことは間違いない。


https://npn.co.jp/article/detail/50196778/

吉田麻也がJリーグに懇願!!『Jリーグさん、もっと選手に休みをあげて』 

キャプチャ
1 2018/07/11(水) 06:28:20.84 _USER9
槙野が帰国からわずか中2日で練習再開 吉田がツイッターでオフについて持論を展開

ロシア・ワールドカップ(W杯)を戦い終えた日本代表は帰国後、来たる新シーズンに向けてそれぞれの時間を過ごしている。守備の要として奮闘したDF吉田麻也は、自身のSNSでバカンスの最中であることを報告していたなか、同日にツイッターを更新。浦和レッズがDF槙野智章の練習合流を伝える投稿を引用する形で、「オフ少なすぎだよー」とJリーグに“異例の懇願”を綴っている。

 西野ジャパンはロシアW杯グループリーグ初戦で南米の強豪コロンビアを2-1で破ると、続くセネガル戦も粘りを見せて2-2のドロー。最終戦のポーランド戦こそ0-1で敗れたが、フェアプレーポイントの差で3度目の決勝トーナメント進出を果たした。そして16強ではFIFAランキング3位のベルギーを追い詰めながら、一歩及ばず2-3で惜敗。日本史上初のベスト8入りはならなかったものの、勇敢な戦いぶりは世界から称賛された。

 吉田は守備の要として全4試合にフル出場。一方、大会前までCBの相棒を務めていた槙野は後輩のDF昌子源にレギュラーを奪われる形になり、出場はポーランド戦の1試合(90分)のみ。それでも決して腐らず、ピッチ外ではムードメーカーとしてチームを盛り上げた。

 西野ジャパンは5日に帰国。吉田はサッカー教室に参加後、バカンスに繰り出したことを自身のSNSで明かしていたが、10日にツイッターを更新。浦和が公式ツイッターで「7/8、ワールドカップ後初めてチーム練習に参加した槙野智章が取材に応じました」と取材対応する槙野の動画をアップした投稿を引用する形で、メッセージを綴った。

「そんな簡単に切り替えられないって」

「Jリーグ組オフ少なすぎだよー。もっと選手の事労ってよー。笑 出てても出てなくてもみんな全てを出し切ってW杯で燃え尽きてるんだから…そんな簡単に切り替えられないって。誰のためにもならないよー。Jリーグさん頼みます」(原文ママ)

 槙野はW杯の激闘から帰国してわずか中2日で練習を再開したが、仮に出場時間が短かくても、国の威信を背負って世界と戦うことは消耗度が激しいと吉田は主張。気持ちを切り替えるためにも、ひいては再開後のリーグ戦で良いパフォーマンスを引き出すためにも、心身を休ませる必要があるとJリーグに訴えていた。

フットボールZONE 7/11(水) 6:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180711-00120877-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索