Samurai Goal

槙野智章


スポンサード リンク





〈ハリル×西野〉二人の大きな違いを槙野が明かす!!『もう押し付けられない』 

adi_makino_01
1 2018/06/04(月) 09:08:53.98 _USER9
 西野朗監督就任後、日本代表の選手たちからは「いいコミュニケーションが取れている」という声が多くあがっている。DF槙野智章(浦和レッズ)が、ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督体制との違いを明かした。

 14日開幕の2018 FIFAワールドカップ ロシアに向けて2日からオーストリアで事前合宿をスタートさせた日本代表。「宿舎も食事も、ベッドもスパもストレッチルームも、ビリヤードも卓球もカフェも、すべて揃っているんじゃないですかね。非常にいいと思います」(槙野)。充実した環境で、まずは8日にスイス代表との国際親善試合を戦う。

 ハリルホジッチ監督を解任して西野監督のもとで再スタートを切ったものの、初陣となった5月30日のガーナ代表戦で0-2の完敗を喫するなど、懐疑的な声は後を絶たない。それでも、選手たちの間にはポジティブな空気が流れている様子で、少なくとも前監督の解任理由の一つでもある“コミュニケーションの問題”は解決されたようだ。

「よく言われているコミュニケーションのところは非常に活性化しています。選手とスタッフの意見交換も頻繁に行われているし、そういう時間を有意義な場所として使えていると思います」

 それは単純に監督が日本人になったから、というだけの話ではない。槙野はミーティングのやり方に変化があったと明かす。

「監督がこうしてほしいと押し付けるのは簡単だけど、クエスチョンで問う時間があるんですね。『逆にこのシーンはどう思う? どうしていきたい?』っていうのをそのシーン、そのシーンの中で選手に問う。選手側の意見も監督側の意見もありますし、そういう意味では新しい発見だったり、チーム全体がこうしなくてはいけないという整理ができている。そういうのは今までなかったので、いい時間だと思います」

 ガーナ戦についても「失点の場面はもちろん、自分たちで崩したシーン、崩せなかったシーン。その都度、その瞬間における選手の意見っていうのはフィードバックがありました」と、1時間以上のミーティングで修正点を洗い出した。

 スイス戦を終えると、12日のパラグアイ代表戦を経て19日にコロンビア代表とのW杯初戦を迎える。残された時間は、多くはない。「人一倍、この大会にかける思いは強い」という槙野は「(W杯は)初めてですけど、引っ張っていく年齢でも立場でもあると思います」と、リーダーシップを発揮していくつもりだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00769257-soccerk-socc

「W杯への関心が薄い!!」槙野が抱く危機感とは? 

1   2018/05/26(土) 00:49:01.20 _USER9
5/24(木) 22:20配信
Football ZONE web
槙野が明かした意外な共通点 「同じ誕生日ですからね」

槙野がJリーグの“イニエスタ効果”期待も、代表人気低迷に危機感 「W杯への関心は…」

 日本代表DF槙野智章は、24日のトレーニングを終えると、この日にヴィッセル神戸への加入が決まり国内サッカーの話題をさらったスペイン代表MFアンドレス・イニエスタについて言及。国内の浦和レッズでプレーする一員として「Jリーグの盛り上がりにつながると思う」と話した。


 この日、千葉県内で日本代表がトレーニングを開始する頃、東京都内ではイニエスタがヴィッセル神戸に加入する記者会見が開かれていた。国内外から200社を超えるメディアが集結した現役スペイン代表キャプテンについて、槙野は「同じ誕生日ですからね」と笑った。槙野は1987年5月11日生まれだが、イニエスタはちょうど3年前の同日が誕生日になる。

 思わぬ共通点を明かした槙野だが、イニエスタの加入について同じJリーガーとして喜ばしい気持ちがあると話している。

「国内でプレーする選手としては、選手もファンも世界レベルの選手を肌で感じるというのはJリーグの盛り上がりにつながると思う。一人でも多くの有名な力がある選手に来てもらって、盛り上がりにつながれば、それが日本人選手の素晴らしさをアピールするチャンスにもなると思う」

 槙野はこう話し、イニエスタに海外サッカーのファン層やメディアなども含む注目が集まることで、同時にJリーガーのプレーも自然に目に触れることになると歓迎している。すでに神戸には元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが在籍し、ドイツメディアなどでも定期的にポドルスキの動向は報じられる。プレーの素晴らしさだけでなく、そうした波及効果もJリーグにはプラスだと語った。

「W杯への関心は薄れている」

 それも、槙野にとっては日本代表への関心の薄さが思わせた感想なのかもしれない。各メディアの報道をチェックするタイプの槙野は、「いろいろなメディアで見ているものの、ワールドカップ(W杯)への関心は薄れていると思っている。ぜひとも、いろいろな方に興味を持ってもらいたい。ゴールを決める選手、ゴールパフォーマンスが面白い選手もいるので、そういう違う入り口からでも興味を持ってもらって、サッカーの楽しさや素晴らしさに気づいてもらえれば」と語る。

 オフシーズンにテレビ出演する際も、Jリーグの認知度を高めたいという思いを語る男だけに、イニエスタへの注目度と現在の日本代表への関心については敏感になっているのかもしれない。まずは、チケットが完売したことが発表された30日の国際親善試合ガーナ戦で、W杯への期待度を高めるような試合を見せたいところだ。

Football ZONE web編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180524-00105977-soccermzw-socc
no title

槙野が本田に忖度!?「中心にいるのはいつも彼」 

40824_ext_04_0
1   2018/05/24(木) 20:33:03.54 _USER9
合流初日の槙野智章が真のムードメーカーの存在を暴露!「自然に中心にいるのは彼だと...」
5/23(水) 21:35配信 SOCCER DIGEST Web
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180523-00040824-sdigestw-socc
 

■槙野は感じたのは食事会場などで会話の中心に本田がいることだ。
国内組の先陣を切って、5月23日に槙野智章と遠藤航(ともに浦和)、東口順昭(G大阪)の3名が井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ)とともに日本代表へ合流した。

21日からトレーニングに励んでいる香川真司(ドルトムント)や本田圭佑(パチューカ)らのグループから離れて別メニューとなったが、練習後に最も長く報道陣からの取材に対応したのは、このチームのムードメーカーとも呼べる槙野だ。

「僕ら国内組にとって15連戦が終わって、2日休みがありました。なので、その2日でまずしっかりリフレッシュすることを心がけてこの合宿地に来ました。西野(朗)監督、スタッフの中でも編成があったので、早くこのチームの色と雰囲気をまずは感じ取り、30日のガーナ戦に向けて、時間がないなかでもしっかりといい形で迎えられればいいかなと思っています」

2日間のオフを挟んでの合流に、心身ともにリフレッシュして合宿を迎えられたことに充実した表情を見せると、現在の代表の雰囲気やムードメーカーに関する話では驚きの言葉を残した。

「僕にとってのこのチームの盛り上げ役は本田選手だと思っていますので、僕はムードメーカーだとは思っていないです」

一体どういうことなのか。槙野はその真意を冗談を交えながらこう語った。

「食事会場での笑い声だったり、話し声というのは間違いなく彼が一番だと思いますし、自然に中心にいるのは彼だと思います。そこにひっついて僕も、わちゃわちゃしていますけど(笑)」

本田を中心に盛り上がっている。だからこそ、槙野はサポートに回るべきだと考えている。

「とにかく年齢的にも上になってきたので、下の世代と上の世代と真ん中の世代をいい形で間に入りたい。スタッフにもよく知っている方たちが入ってきたので、自分が間に入っていい形でいい空気感を作っていければいいかなと思っています」

自らの役割を瞬時に判断し、バランスを取る役回りを担うと宣言した槙野。ロシア・ワールドカップに向けて歩みを進める日本代表にとって、槙野の存在は大きな意味を持つはずだ。

「イニエスタと対戦したい」ヴェテラン槙野がTwitterで呟く 

Dc5pymVWsAIRtuu

 11日に誕生日を迎えた浦和レッズの日本代表DF槙野智章(31)が同日に自身のツイッター(@tonji5)を更新し、同じ誕生日であるバルセロナのMFアンドレス・イニエスタ(34)との対戦希望を明かした。

 槙野は「31歳か…俺もサッカー選手でいったらヴェテランの域だな」と感慨深げに語り、「まだまだ若い選手には負けられんな」と決意。続けて「あ…イニエスタも同じ誕生日か。おめでとう。対戦してみたいな」と、Jリーグを含めて移籍先が注目されるスペイン代表MFとの対決を臨んだ。

 その後、「31歳になった今。頑張るときはいつも、今」と綴った槙野。現在12位につける浦和は13日、J1第14節で17位鳥栖とホームで対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180512-01653699-gekisaka-socc

オリヴェイラ監督「性格良い、代表に値する」槙野をベタ褒め!! 

c7cef_1638_0728da69_c2d8c836

浦和レッズは、13日に明治安田生命J1リーグ第14節でサガン鳥栖とホームで対戦する。鳥栖戦に向けて11日にオズワルド・オリヴェイラ監督が会見を行った。

浦和は直近リーグ5試合で1勝1分3敗と黒星が先行。オリヴェイラ監督就任後は、第12節の川崎フロンターレ戦で挙げた1勝のみと苦しい戦いが続いている。しかし、オリヴェイラ監督は結果が出ない現状にもプレッシャーは感じていないようだ。

【続く】


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00010004-goal-socc

“槙野智章の漢気発言”今後のJFAとの関係に心配する声も 

1   2018/04/29(日) 10:52:35.38 _USER9
「メッセージというか、手紙を送ったわけではないので」と前置きしつつも…

 浦和の槙野智章が、ヴァイッド・ハリルホジッチ前日本代表監督の反論会見について言及した。

 今月7日付けで日本代表監督を解任されたハリルホジッチ氏は27日、日本記者クラブで会見を実施。日本サッカー協会の対応に対する不満を述べるなかで、解任発表後に寄せられた選手やスタッフからのメッセージを紹介した。

 そのなかには、槙野から受けたとされる言葉もあり、「チームの一員として、私たちのコミュニケーションをさらに良くすることは必要かもしれませんが、正直にもう一度言います。私の認識ではそういう問題は存在しなかった」「ハリルホジッチ監督のワールドカップが是非見たかった」などの内容が公にされていた。

 これを受けて槙野は、「メッセージというか、手紙を送ったわけではないので」と前置きしつつも、ハリルホジッチ前監督の支持を改めて強調するようにこう述べた。

「僕たち選手は監督を信じて、日本のために、ワールドカップのために戦ってきましたし、難しいアジア予選も1位で突破しました。

(昨年11月の)ベルギー遠征では非常に力の強いベルギーとブラジルと戦って2敗して、3月のベルギー遠征も、サッカーを分かっている方なら分かると思いますが、マリも強かったし、ウクライナも非常に強い中で1勝もできませんでした。ただ、選手がバラバラになることもなかったですし、良い競争が合宿の中でもありました」
 
 ハリルホジッチ前監督の解任理由のひとつに、選手とのコミュニケーション不足が挙がったが、槙野はその事実についても疑問を呈している。

「コミュニケーションの問題も言われてますけど、毎日2回くらいミーティングがあるくらいで、選手とスタッフの距離も近かったですし、かなりポジティブでもありましたので。そのなかで監督が代わる、コミュニケーション問題っていうのも言われていますけど、正直そこは分からない部分ですね」

 そして最後に、「僕個人の本音としては今まで育ててもらったのもそうですし、ここにいられるのは、もちろん浦和の指導者のおかげでもありますけど、ひとつはハリルホジッチ監督の厳しい言葉だったり、お褒めの言葉があってこそだと思っているので、一緒にワールドカップにっていう思いは強かったです」と、改めて自らの考えを述べた。

取材・文●橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)

4/28(土) 20:16配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180428-00039560-sdigestw-socc

no title

槙野、好感度急上昇!!「嘘は一つもない」ハリル氏を完全擁護 

02e03cf6d85d122594790cf20d809aac_content

[4.28 J1第11節 浦和0-1湘南 埼玉]

 前節柏戦からオズワルド・オリヴェイラ監督が就任した浦和レッズは、湘南戦で好機を生み出しながらも0-1の完封負けを喫した。試合後に取材に応じたDF槙野智章は、前日に会見を行ったバヒド・ハリルホジッチ前日本代表監督への感謝を改めて示した。

 会見中にハリルホジッチ前監督から「メッセージをもらった」と紹介された槙野は、「手紙を送ったわけではなく、僕のインスタグラムを見たというのは伺っていて、それで会見で言ってくれたと思う」と説明。そして、自身がSNS上で発信したメッセージには「嘘は一つもない」と続け、前指揮官への思いを語った。

「僕たち選手は監督を信じてW杯のため、日本のために戦ってきた。僕個人の本音としては、今まで育ててもらったし、プレーも考え方も大きく変わった。ここにいられるのは、一つはハリルホジッチ監督の厳しいお言葉だったり、お褒めの言葉があってこそだと思っているので、僕はすごく感謝しているし、一緒にW杯という思いはすごく強かった」

 また、解任理由の一つとなっている「コミュニケーション不足」についても言及。昨年11月と今年3月の海外遠征ではブラジル、ベルギー、マリ、ウクライナと対戦して1分3敗と結果を残せなかったものの、「選手がバラバラになることもなかった」と答えると、「毎日2回くらいミーティングがあり、選手とスタッフの距離感も非常に近かった。僕としては正直分からない部分はありました」と自身の意見を述べた。

 前指揮官への思いはあるものの、日本代表には西野朗新監督が就任し、新たなスタートを切っている。「W杯のため、日本のためにしっかりとやらなければいけないことは変わりない」と視線を前へと向けた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-01653188-gekisaka-socc

【ネタ】まるでコントな珍プレー!!都倉の股間に槙野の足がクリーンヒットww 

GettyImages-651957796-800x600

日本代表DF槙野智章、女優の高梨臨と熱愛!ともに体育会系交際2カ月 2人とも飾らない性格 

1: 名無しさん 2016/09/06(火) 02:44:43.66 ID:CAP_USER9
浦和DF槙野智章(29)と女優の高梨臨(27)が真剣交際していることが5日、分かった。
2人は共通の知人を介して、6月中旬に知り合った。ほどなくして交際を開始。すでに周囲への報告は済ませている。

高校時代までバドミントン部で活動していた高梨は、根っからの体育会系。その点でも意気投合した。
すでに浦和の試合も観戦するなど、あっという間にサッカーにも精通。

槙野は周囲に「サッカー観戦の感想が、すごく的を射ている。よく観察して、演じる人になりきるのが女優。
観察力や解釈する力は、さすがプロ」ともらしている。

2人とも飾らない性格。特に顔を隠さないまま、都内でもデートを重ねてきた。
槙野は日本代表としてのW杯出場を目指し、高梨は大女優への道を歩む。お互いを高め合うという意味でも、理想のカップル。

槙野は常々「いい相手を見つけて、今年こそ結婚したい」と話してきた。
真剣交際の先には、これまで槙野が決めてきたよりももっと美しい「ゴール」が待っているかもしれない。

日刊スポーツ 9月6日(火)2時24分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160906-00000002-nksports-socc

写真
no title

【画像】日本代表国内組+αが金屏風の前でパシャリ!代表離脱の槙野が一番目立ってるwwwwwww 

677: 名無しさん 2016/08/28(日) 16:15:12.94 ID:OGQMeEO3M
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索