Samurai Goal

槙野智章


スポンサード リンク





槙野智章(浦和レッズ)東京五輪にOA枠での出場意向を表明!「出たいです」  

makino_wcup2018




1: 2018/12/16(日) 07:02:50.16 _USER9
浦和の日本代表DF槙野智章(31)が15日、東京五輪にオーバーエージ(OA)枠で出場を目指していることを明かした。7月の西日本豪雨災害の支援を目的としたチャリティーサッカー教室に広島市内で参加し、地元のちびっ子に勇気と夢を与えた。

 33歳で迎える夏の目標ができた。「選ばれるだけじゃなく(試合に)出たいです。東京でやる五輪ですし」。24歳以上のOA枠で18人のメンバー入りを目指し、メダル獲得に貢献する意向を初めて表明した。07年のU―20W杯に加え18年ロシアW杯に出場したことで、世界大会への出場意欲が出てきたという。

 ベルギー1部シントトロイデンDF冨安健洋(20)ら同じポジションにライバルが多いのは知っており「いい選手たくさんいるからね」と闘志を燃やす。ただユース時代からの恩師の森保一監督(50)をよく理解していることは、一体感を求めるチームにとっても強みになる。

 この日は名古屋FW佐藤寿人らの呼びかけに、広島にゆかりのある選手として浦和GK西川らと駆けつけた。午前と午後に2時間ずつ、主に被災地域に住む4歳から12歳の約160人と触れ合った。「この中から1人でも多くのプロ選手が出てくれたらうれしいです」とあいさつした。

 槙野は小学校3年生の時、サッカーイベントで広島の選手だった森保監督から「プロの世界で待っているよ」と言われ、サッカー選手を目指した。今回は立場が逆になったが、刺激を受けて自身も大きな夢を持った。(羽田 智之)

 ◆槙野と世界大会 07年U―20W杯カナダ大会に出場し吉田靖監督、森保一コーチの下、3試合1得点。吉田麻也、内田篤人らと共に16強入りに貢献した。ゴールパフォーマンスが人気で「調子乗り世代」と言われたメンバーの代表格だった。W杯は18年ロシア大会で初選出。6月28日の1次リーグ第3戦ポーランド戦にフル出場した。

 ◆五輪のOA枠 1996年アトランタ大会から適用され、24歳以上で最大3人まで。ガラタサライのDF長友佑都(32)が「東京五輪に出たい」と立候補。メルボルンVのMF本田圭佑(32)は「求められることは一つ。優勝しかない」と発言し、ドルトムントMF香川真司(29)も示唆した。森保監督がA代表を兼任しており、今後も立候補者が増える可能性はある。

12/16(日) 6:04配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00000024-sph-socc

槙野智章、W杯ポーランド戦のパス回しを語る!監督に『これでいいんですよね?』と聞いたら『あー!」 

20181206-00412487-nksports-000-3-view




1: 2018/12/06(木) 23:06:26.43 _USER9
J1浦和レッズのDF槙野智章(31)が6日、都内でトークイベント「サッカー代表応援!『アジアへ熱くなれ』」に出席し、ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグ第3戦ポーランド戦での西野朗監督との逸話を明かした。

同試合では後半13分に失点して0-1で敗れていたが、同時刻開催の同組のもう1試合でコロンビアがセネガルに1-0でリードしていたため、このまま2試合が終了すると、日本がセネガルを警告数の差で上回って2位通過が決まるという状況だった。日本は主将のMF長谷部を途中交代で投入して選手に状況を伝え、試合終盤の約10分間はスコアを動かさず、かつ警告を受けぬよう、最終ラインでのパス回しに終始した。

槙野は当時について、ピッチにいた11人全員にベンチの意思は伝わっていなかったと振り返り「自分も監督に『これでいいんですよね?』と聞きに言ったら、監督が『あー!』って言ったんですよ」と明かした。会場がざわめくと「本当なんですよ。監督も他会場の結果も気にしながら、自分が指示を与えないといけないという状況で『あー!』っていう。僕はテンパってるんだろうなと思ったんですよ」と話し、会場の笑いを誘っていた。

12/6(木) 22:38 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00412487-nksports-socc

中国1部武漢 今度は槙野智章爆買い?李鉄監督が高く評価!近日中に正式オファーの見通し  

1: 2018/11/29(木) 06:28:56.30 _USER9
来季、中国スーパーリーグ(1部)に昇格する武漢が新戦力の目玉として浦和の日本代表DF槙野智章(31)の獲得に動いていることが18日、分かった。
複数の関係者が明かしたもので近日中にも正式オファーに発展する見通し。

中国リーグでは来季から外国人枠4に加え、アジア人枠1が復活の見込み。
昨季アジア王者の守備の要で日本代表でも活躍する槙野に白羽の矢が立った。

世界の移籍マーケットを席巻する中国サッカーが槙野の獲得に動きだした。
関係者によれば、来季スーパーリーグに昇格する武漢が水面下での動きを活発化、正式オファーの準備を進めている。

GM、強化責任者を兼任する元中国代表MFの李鉄監督が、
昨季ACL制覇に導き、日本代表でも活躍が続く槙野のプレーをしているという。

正式オファーとなれば条件面も破格となりそうだ。1月には浦和からFWラファエル・シルバを電撃獲得。
数億円規模の移籍金の支払いにも即、応じるなど中国では「ただの金持ち」の愛称を持つほどの資金力を誇る。

槙野は16年にも広州恒大から年俸が“言い値”という破格のオファーを受けており“爆買い”補強が続く中国サッカー界では以前から注目の的だった。

もちろん、浦和にとっても槙野は欠かせない存在だ。今季も31戦4得点。外国人FWにも負けない対人の強さは国内随一。
闘争心あふれるプレースタイルはチームの顔だ。来季も契約を残すが、浦和は既に契約延長をオファー済み。

クラブ側もDFの中心として最優先に考えており、慰留に全力を注ぐ方針。
天皇杯次第では来季ACL出場の可能性も残す。リーグ王座奪回を目指す上でも不可欠だ。

20日の日本代表のキルギス戦では脳振とうのため途中交代する不運も完封に貢献。来年1月のアジア杯出場も確実で、移籍が実現すれば現役代表クラスでは前例のない中国移籍となる。
現在は「(天皇杯含め)残り3戦、全て決勝戦のつもりで戦う」と目の前の試合に集中している槙野。関係者によれば他の中国クラブからも獲得オファーが届く可能性があるという。
ぽかぽか陽気の続く今年の冬。日本を代表するDFの周辺が熱くなってきた。

▽武漢 08年に中国1部の武漢光谷がリーグを脱退し消滅したことを受け、09年創設。当初3部で、10年に2部昇格。13年に初めてスーパーリーグ(1部)昇格を果たしたが、
1年で降格した。監督は中国人初のプレミアリーガーでエバートンなどでプレーした李鉄氏(41)。本拠地は武漢スポーツセンター(5万4000人収容)。

▽中国スーパーリーグ(1部) 94年に発足したプロリーグの改編に伴い04年創設。当初12チームで現在16。ホーム&アウェーの2回戦総当たりで、19年は上位3チームがACL出場権を獲得、
下位2チームが自動降格。12~13年に元日本代表監督の岡田武史氏が杭州緑城を指揮。11年に深センでFW巻誠一郎(現J2熊本)、13年に杭州緑城でFW大黒将志(現J2栃木)がプレーした。
豊富な資金力で大物外国人選手を獲得しており、ブラジル代表のMFパウリーニョ(広州恒大)、元同代表のFWフッキ、MFオスカル(上海上港)、元アルゼンチン代表のMFマスケラーノ、FWラベッシ(河北華夏)らがプレー。

◆槙野 智章(まきの・ともあき)1987年(昭62)5月11日生まれ、広島市出身の31歳。広島の下部組織から06年にトップチームに昇格、11年にドイツ1部ケルン移籍を経て12年から浦和へ。
J1通算309戦41得点。今年2月に女優の高梨臨と結婚。W杯ロシア大会に出場するなど国際Aマッチ通算36戦4得点。1メートル82、79キロ。

11/29(木) 5:30配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00000004-spnannex-socc

写真
no title

日本代表DF槙野、“サッカー熱”の下火懸念 「フィギュアスケートに負けないように」  

9624f422-1f5d-0a16-3983-a68684fa3d69




1: 2018/11/21(水) 16:34:53.59 _USER9
日本代表は20日、森保一体制5試合目となる国際親善試合・キルギス戦(豊田スタジアム/19時20分)に挑む。来年1月にUAEで開催されるアジアカップに向けて年内最後の一戦となるなか、DF槙野智章(浦和レッズ)は“サッカー熱”の下火を懸念。「フィギュアスケートに負けないようにね」とサッカーのアピールに燃えている。

 16日のベネズエラ戦は1-1のドローに終わり、森保体制の連勝は3でストップ。キルギス戦はアジアカップに向けた最後の親善試合となるなか、槙野は「最後の試合のホイッスルが鳴った時に、観に来ている方たちやピッチでプレーしている選手たちが、本当に気持ち良くこのゲームを終えたい」と必勝を誓った。

 ベネズエラ戦の先発はGKにシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)が起用され、最終ラインに酒井宏樹(マルセイユ)、吉田麻也(サウサンプトン)、冨安健洋(シント=トロイデン)、佐々木翔(サンフレッチェ広島)。2ボランチに遠藤航(シント=トロイデン)と柴崎岳(ヘタフェ)が入り、2列目に中島翔哉(ポルティモネンセ)、南野拓実(ザルツブルク)、堂安律(フローニンゲン)が並び、最前線に大迫勇也(ブレーメン)が入った。

 森保監督はベネズエラ戦からメンバーの大幅な変更を示唆しているなか、槙野は「国内最後、アジアカップ前ラストの試合なので、国民の皆さんに対してサッカーの熱、ワールドカップの熱が冷めないように、そのままアジアカップに持っていきたい」と危機感を募らせている。

 サッカー熱の下火を気にしている槙野は「フィギュアスケートに負けないようにね」と言及。さらに、フィギュアスケート・グランプリシリーズ第5戦ロシア杯で足首の負傷を乗り越えて優勝を飾った羽生結弦に重ね合わせるように、真横に立っていたMF原口元気(ハノーファー)に向けてエールを送った。

「原口くんも右足首を怪我していますし、それを負って明日はしっかりプレーしてくれる。飛んでくれるだろうし、頑張ってくれると思う」

 槙野も出場が濃厚と見られているが、年内最後のキルギス戦を良い形で終えられるだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181119-00148904-soccermzw-socc

<槙野智章>キルギス戦負傷退場!「脳震とう」と日本協会が発表  

20181120-00149095-soccermzw-000-8-view




1: 2018/11/20(火) 23:28:59.84 _USER9
後半16分、接触プレーで負傷 担架で運ばれるアクシデントに見舞われる

森保一監督率いる日本代表は20日、国際親善試合キルギス戦で4-0と勝利を飾った。先発出場したDF槙野智章(浦和レッズ)は後半16分に自陣ゴール前の接触プレーで後頭部を打ち、担架で運ばれるアクシデントに見舞われたが、日本サッカー協会(JFA)の広報によると脳震とうの診断を受けたという。

 日本は前半2分にDF山中亮輔(横浜F・マリノス)がA代表デビュー戦で初ゴールを決めると、MF原口元気(ハノーファー)、FW大迫勇也(ブレーメン)、MF中島翔哉(ポルティモネンセ)にもゴールが生まれ、森保体制初のアジア勢との激突したキルギス戦を4-0で勝利した。

 最終ラインではセンターバックに槙野とDF三浦弦太(ガンバ大阪)が起用されたが、槙野は後半12分に自陣ゴール前に飛んだハイボールに対処しようとした際、GK権田修一、相手DFタミルラン・コズバエフと接触してバランスを崩し、ピッチに落下。後頭部を打ち、担架で運ばれて、同16分にDF吉田麻也(サウサンプトン)と途中交代していた。

11/20(火) 21:44 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181120-00149095-soccermzw-socc

<槙野の呼びかけ>ファン反応様々!「上から目線だと、呼び捨てするファンすらいなくなるかも」 

1: 2018/10/23(火) 18:56:34.45 _USER9
 浦和レッズの日本代表DF槙野智章がツイッター(@tonji5)を更新し、スポーツ選手に声をかける際の呼びかけを行った。

 槙野は「スポーツ選手に対して街中や、練習場で声を掛ける時は選手の事を、呼び捨てじゃなくて『○○選手』と付けた方がいいね。そうすると選手自身も気持ちよく手を振ったりファン対応出来るから。みんな、気を付けてな!」と投稿した。

 この投稿に対し、槙野のツイッターには様々な意見が寄せられている。「常識ですよね!」「当たり前のことだろうに、そんなことを呟かないといけないくらい嫌な思いをされたんですね」といった肯定する意見は多いが、

「『みんな、気を付けてな』という上から目線だと、呼び捨てしてくれるファンすらいなくなるかもしれませんね」「器が小さいと思います」といった意見もみられる。

10/23(火) 18:44配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-03413716-gekisaka-socc

写真no title

「みんな、気を付けてな!」日本代表DF槙野がファンに要望「“選手”と付けた方がいい」 

makino




1: 2018/10/23(火) 00:15:19.06 _USER9
「街中や、練習場で声を掛ける時は…」 浦和DF槙野が持論ツイートで反響

日本代表DF槙野智章(浦和レッズ)が22日に自身の公式ツイッターを更新し、街中やトレーニング場で選手に声を掛ける際のポイントを記してファンに呼び掛けている。

 今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)に出場した槙野は、森保一監督率いる日本代表に招集されると、新体制初陣となった9月11日のコスタリカ戦(3-0)、今月12日のパナマ戦(3-0)と2試合連続フル出場を果たした。

 ロシアW杯後も代表戦士として存在感を放つ男が自身の公式ツイッターを更新し、「スポーツ選手に対して街中や、練習場で声を掛ける時は選手の事を、呼び捨てじゃなくて『○○選手』と付けた方がいいね」と提案。“選手”という一言を添えた方がいいと綴った。

 その理由について、「そうすると選手自身も気持ちよく手を振ったりファン対応出来るから」と槙野は記しており、選手側の気持ちを代弁する形で思いを伝えている。代表とクラブのムードメーカーらしく、最後はフランクに「みんな、気を付けてな!」と呼び掛けた。

 返信欄には様々なコメントが並び、多くの人がリツイートするなど、日本代表DFのツイートが大きな反響を呼んでいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181022-00143111-soccermzw-socc

「W杯って緊張する?」日本代表“焼肉会”で若手がベテランに質問、槙野も笑顔「素直」 

daihyo-800x533

槙野、森保監督にゴチならず年長者で焼き肉代支払う 

20181015-00362140-nksports-000-8-view

槙野智章(浦和レッズ)競争激化歓迎!「若手に席を譲る気はない」 

1: 2018/10/09(火) 11:50:40.20 _USER9
槙野智章(31)=浦和=は若手の突き上げを歓迎した。

 前回9月のコスタリカ戦では、24歳MF中島や20歳MF堂安らが活躍。後方からチームを支えた31歳は「若い選手たちが今回も自分たちが引っ張っていきたいというコメントを(報道で)見てうれしかった」と話した。

だが続けて「僕ら(ベテラン)も若手に席を譲る気はない。競争してチームにいい刺激になれば」と意気込んだ。

10/9(火) 6:11配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00000070-sph-socc

写真no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索