Samurai Goal

植田直通


スポンサード リンク





植田直通、先発出場を果たすも“前半交代”!!試合も0-3で完封負けに... 

8853da4b-8fe6-b4f9-40be-1b84b5d595ac
1 2018/09/03(月) 11:08:30.59 _USER9
サッカーのベルギー1部、セルクル・ブリュージュのDF植田直通(23)は2日、ホームのゲント戦で先発出場し、1点リードされた前半のみで途中交代。
チームは0―3で敗れた。

森保一監督が率いる日本代表に招集された植田は初陣となる7日のチリ戦(札幌ドーム)、
11日のコスタリカ戦(吹田スタジアム)を控え、今後、代表合宿を行う札幌に入る予定。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180903-00000129-sph-socc
9/3(月) 10:50配信

植田直通がスタメンデビュー!!堅守に貢献し無失点に抑えた! 

1 2018/08/12(日) 06:16:37.65 _USER9
ベルギー1部リーグ、ジュピラーリーグ第3節が11日に各地で行われた。

3人の日本人選手が所属するシント=トロイデンはホームでロケレンと対戦。冨安健洋は3試合連続の先発、遠藤航は初スタメンとなった。試合は後半に先制を許すが、すぐに同点へと追いつき1-1のドロー。冨安、遠藤ともにフル出場を飾り、シント=トロイデンは開幕から3戦続けて引き分けとなった。

また、セルクル・ブルージュでは強豪スタンダール・リエージュを相手に日本代表DF植田直通がスタメンデビュー。押し込まれながら、堅い守備を見せ、スコアレスドローに貢献している。セルクル・ブルージュは昇格組ながら、開幕3試合で勝ち点5を奪い、ここまで暫定4位と好位置につけている

8/12(日) 5:26配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00000037-goal-socc


no title

日本代表植田直通、鹿島アントラーズからベルギー1部に移籍決定!? 

00008651-G
1 2018/07/12(木) 04:01:27.81 _USER9
サッカー日本代表DF植田直通(23)=鹿島=がベルギー1部のセルクル・ブルージュから獲得オファーを受け、完全移籍へ向けた交渉が最終局面を迎えていることが11日、分かった。クラブ間ではすでに大筋合意に至っており、契約の細部やメディカルチェックなどを経て、近日中に両クラブから発表される。植田は16強入りしたロシアW杯でメンバー入りしたものの、出場なし。悔しさと危機感を胸に、戦いの場を欧州に移す。

 2022年カタールW杯の主力として期待されるセンターバックが海を渡る。セルクル・ブルージュから植田の完全移籍での獲得オファーを受け、交渉を開始。関係者によると、鹿島との契約解除に必要な移籍金(違約金)の満額を支払う提示を受け、クラブ間ではすでに合意に至っているという。セルクル・ブルージュは強豪クラブへの変貌を目指して数年前から長期的な強化計画をスタート。1部昇格を機にさらなる戦力補強を目指す中で植田の能力を高く評価し、複数年契約を提示したとみられる。

 植田はロシアW杯ではメンバー入りしたが、DF吉田麻也(29)=サウサンプトン=、昌子源(25)=鹿島=の牙城を崩せず、一度もピッチに立てなかった。かねてからの海外移籍希望に、今大会で味わった「悔しさ」と「危機感」が加わり、海外挑戦の決断を後押ししたようだ。W杯を終えて帰国し、7日に鹿島に合流した後は「もっともっとレベルを上げたい。このままじゃダメだという危機感を感じた」と明かしている。

 センターバックは周囲との綿密なコミュニケーションが求められ、屈強なFWと対峙(たいじ)する強さも必要なポジション。語学力や体格の面から日本人には不向きとされ、これまで欧州1部リーグでプレーしたのは元日本代表DF宮本恒靖氏、同DF中田浩二氏に加え、吉田、DF冨安健洋(19)=シントトロイデン=の4人だけ。だからこそ、4年後のカタール大会を見据える挑戦には大きな意味がある。

 W杯16強に進出した02年日韓大会、10年南ア大会直後は国内組登録メンバーの欧州挑戦が9例あり、今大会後も日本の奮闘ぶりが欧州スカウトの注目を集めている。ロシアW杯後、海外移籍“第1号”は、ピッチに立つことができなかった植田。南ア大会不出場に終わったDF内田篤人(30)=鹿島=、MF香川真司(29)=ドルトムント=もそれぞれ欧州移籍後に飛躍した。「僕はここが一番好き。落ち着く場所」と話す愛着ある鹿島を離れ、ベルギーから4年後のW杯のピッチを目指す。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00000015-sph-socc

“伊紙が認める”逸材、それが植田直通!!日本代表を背負い、欧州でも通用する!? 

img_dbf2d
1 2018/07/10(火) 06:22:03.34 _USER9
イタリアで最も権威のあるスポーツ紙『ガゼッタ・デル・スポルト』。2012年より、
その『ガゼッタ・デル・スポルト』紙の記者としてセリエAを取材し続けているアンドレア・ファニ氏に、今回のサムライブルーについて訊ねた。
========================================================================

日本vs.ベルギー戦は、非常にドラマティックでした。同時にエキサイティングなゲームでもありました
日本には勝つチャンスがありましたが、ロスタイムに試合を決めたベルギーは強かった。日本代表は「これがサッカーだ」ということを学んだのではないでしょうか。

個人的に、日本人選手の中で印象に残ったのは乾貴士と原口元気です。とはいえ、彼らがゴールしたからではありません。ひた向きにボールを追う姿とクオリティの高さ、勇敢さに目を奪われました。
彼ら2人の強みは、Jリーグではなく、ヨーロッパのクラブに所属していることにあります。日々、激しい競争のなかに身を置いているからこそ、大舞台でいい仕事ができたことは間違いありません。

日本代表チームが、控室を塵一つない状態にまで掃除してから引き上げていくことは、イタリアでも話題になりました。素晴らしいとしか言い様がありませんね。世界中の人が、日本人という民族に尊敬の目を向けています。
日本はベスト16にまで残ったのですから、ロシアワールドカップは満足できる結果だったのではありませんか? 我がイタリアは優勝経験があるものの、ヨーロッパ予選で敗れてしまいました…。出場したからこそ、学ぶものがあります。
そうした経験というのは、後に計り知れない財産になるのです。
 
さて、私が最も期待する日本代表選手について述べましょう。今回のロシアでプレーする機会は無かったのですが、植田直通には私も含めた多くのイタリア人ジャーナリストが熱い視線を送っています。
植田は、イタリア、スペイン、ドイツ、イングランドといったTOPレベルのリーグで活躍できる逸材ですよ。

彼のパワーとスピードは、ヨーロッパでも非常に魅力的に映ります。ワールドカップ開幕前の6月12日に行われた日本vs.パラグアイ戦の模様だけでなく、植田の情報はイタリアにも伝わって来ています。
「若くて可能性のあるDF」として植田はヨーロッパで戦い、もっともっと成長してほしいですね。

7月10日
https://news.yahoo.co.jp/byline/soichihayashisr/20180710-00088348/

植田直通「負けられない」A代表初出場へ吉田と森重の定位置奪う!! 

1: 名無しさん 2016/10/02(日) 21:10:08.26 ID:CAP_USER9
W杯ロシア大会アジア最終予選(6日イラク戦=埼玉、11日オーストラリア戦=メルボルン)に臨むDF植田直通(21=鹿島)が、国際Aマッチ初出場に意欲を見せた。9月の2試合は追加招集で、今回は通常選出。最終ラインのレギュラーが警告を多く受けている状況だが「イエローとか関係なく、普通の状態からでも(定位置奪取を)狙っていかないといけない」と闘志を燃やした。

 A代表は、昨年1月のアジア杯オーストラリア大会でメンバー入りしたが、出場はなし。先月も出番がなかった。全3試合にフル出場したリオデジャネイロ五輪を終え、世界へのリベンジはA代表でしか果たせない。初出場を目指し「イラクは僕ら五輪代表にとって因縁の相手(手倉森ジャパンで1勝2敗)。オーストラリアも蹴ってくる印象はないけど、部分部分で強さを出してくる。試合に出たいし、負けられない」と持ち味のフィジカルの強さを生かし、センターバックの吉田と森重の牙城に挑む。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161002-00000165-nksports-socc
no title

DF植田直通がオリンピックを振り返る「A代表でこの大会の借りを返したい!!」 

1: 名無しさん 2016/08/13(土) 17:07:11.14 ID:CAP_USER9
まずは鹿島でレギュラー奪還を目指す

U-23日本代表DF植田直通がリオデジャネイロでのオリンピックを振り返り、今後の意気込みを語った。

1月に開催されたオリンピック最終予選も主力選手として活躍した植田は、リオデジャネイロでのオリンピックにも全3試合に出場。しかし、初戦のナイジェリア戦は5失点、続くコロンビア戦も2失点を喫し、最終節では完封勝利に貢献したが日本を決勝トーナメントへと導くことはできなかった。

敗退が決まったスウェーデン戦後、植田は「最後は何が何でも無失点でという気持ちもありました」とコメント。しかし大会を振り返り、「悔しさはありますし、第1戦の失点の多さに悔いが残ります」と語った。日本サッカー協会公式サイトが伝えている。

それでも植田は「A代表でこの大会の借りを返したいという思いも芽生えていますし、そこにいくためにももっと成長したいと思います」と今後の戦いに闘志。所属する鹿島アントラーズでは2ndステージに入ってからレギュラーポジションを失っていた植田だが、現在リーグ戦3連敗と苦しい戦いが続くチームの救世主となれるだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160813-00010014-theworld-socc
no title

U-23日本代表DF植田直通に欧州から熱視線!ハリルも海外挑戦を猛プッシュ 

561: 名無しさん 2016/06/27(月) 17:39:25.51 ID:x1NCC1RD0
U―23日本代表DF・植田に欧州移籍の機運高まる
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/558405/

J1第1ステージ最終節(25日)は鹿島が福岡に2―0で勝利し、7年ぶりのタイトルを手にした。その立役者となったU―23日本代表DF植田直通(21)の“人気”が急上昇だ。

第1ステージ17試合中、トゥーロン国際大会(フランス)出場のためクラブを離れた2試合を除く15試合でフル出場。
リーグ最少10失点という堅守でチームをけん引し、村井満チェアマン(56)が「植田選手はあの若さであの堂々たる戦いぶり。危ないところもなかった」と称賛するなどMVP級の働きを見せた。

若き大黒柱には欧州から食指を動かしてきている。
「日本人のセンターバックは基本的に評価が低いが、植田に関してはすでに興味を示しているクラブがいくつもある。
かなりバラエティーに富んだ選択肢のようだ」と公認資格を持つ選手代理人は欧州市場での評価の高さを説明する。

5月のトゥーロン国際大会では、欧州中から集まったスカウトや指導者が植田のプレーを生チェック。そこで複数のクラブ関係者の目に留まったという。
また「素晴らしいポテンシャルを持っている」と実力にゾッコンの日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(64)も早期の海外挑戦を猛プッシュ。欧州移籍への機運が高まっている。

鹿島側は中心選手に成長した植田を当面移籍させるつもりはないが、リオ五輪という世界の舞台で活躍すればさらに“外圧”が高まることは確実。しばらく植田の動向から目が離せなくなりそうだ。
no title


燻ってきたなw 

ハリルホジッチ 長身パワー選手熱望!W杯最終予選にU23植田を招集も!! 

1: 名無しさん 2016/06/10(金) 06:13:12.28 ID:CAP_USER9
日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(63)が9日、欧州選手権(10日開幕)を視察するために成田空港からフランスに向かった。
1―2で逆転負けした7日のキリン杯決勝ボスニア・ヘルツェゴビナ戦を受け、身体能力の高い長身選手の必要性を強調。
9月に始まるW杯アジア最終予選にU―23日本代表DF植田直通(21=鹿島)を招集する可能性を示唆した。

母国ボスニア・ヘルツェゴビナ戦で学んだ教訓を生かす。
成田空港で取材に応じたハリルホジッチ監督は「植田はかなりポテンシャルがあり、パワーもある。
A代表にはパワーが足りないので彼が必要。ボスニア戦でパワーとは何か分かったと思う」
と9月に始まるW杯アジア最終予選に植田を招集する可能性を示唆した。

ボスニア戦の日本代表の平均身長は1メートル78・8。平均1メートル85・1の相手に球際の戦いでことごとく敗れ、1メートル98のジュリッチには2ゴールを許した。
先発に1メートル85超は1メートル89の吉田しかおらず、パワー不足を露呈。
ハリルホジッチ監督は「A代表にどのような選手が必要か完全に把握している。
世界の強豪の平均身長は1メートル80~85だが、私たちのチームに1メートル85の選手は少ない」と指摘した。

身長1メートル86の植田は中学時代にテコンドーで日本一となり世界大会を経験。
「デュエル」にめっぽう強くスピードもある。国際Aマッチ出場はないが、15年アジア杯メンバーで、ハリルホジッチ監督の就任後も代表候補合宿に呼ばれている。
指揮官はW杯アジア最終予選のライバルとなるオーストラリア戦はもちろん、W杯本大会を見据えて植田を育てる方針だ。

ハリルホジッチ監督はフランスで開催される欧州選手権で20試合以上を視察する予定。
最先端の戦術に加え、世界の強豪が導入するマイナス180度の全身低温治療法クライオセラピーの情報収集なども行う方針だ。
「世界の強豪国の監督が集まる。ハイレベルな試合を肌で感じたい。楽しみ」。
世界で勝てるチームをつくり上げるため、選手、設備ともにスペックにこだわる

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/06/10/kiji/K20160610012753540.html
2016年6月10日 05:30

no title

U-23日本代表DF植田直通が今年に入って早くも29試合出場!休ませてやれよ… 

139: 名無しさん 2016/05/28(土) 02:02:40.02 ID:/OY4r07b0
植田 今年29試合目
なんで中一日で試合させてんだよ
バカだろ手倉森

no title

【画像】試合後インタビューを受ける植田直通が怖すぎるwwwwwwww 

631: 名無しさん 2016/05/11(水) 21:25:47.04 ID:oubxq4yn0
こわい
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索