Samurai Goal

森保J


スポンサード リンク





<田中マルクス闘莉王>森保Jの“選考基準”に怒り爆発!「すごくイライラさせられる」「海外の選手ばかり…」 

1: 2021/01/03(日) 18:41:09.85 _USER9
 3月25日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選ミャンマー戦(日産スタジアム)で2021年初戦を迎えることになる森保ジャパン。元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏はこれまでの代表メンバー選出基準に疑問を呈している。

【動画】「すごくイライラさせられる」 闘将が森保ジャパンの“偏った”編成に“激怒”
https://www.football-zone.net/archives/301559/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=301559_6

 2019年で現役を引退し、現在ブラジルで実業家として活躍する闘将は公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」で2020年の日本代表を振り返っている。

 新型コロナウイルス感染拡大で強化方針や日程に大きな影響を受けた森保ジャパンで、昨年は欧州の中立国を舞台に、欧州組限定というメンバー構成でのチーム強化を強いられた。

「それは正しい判断」と評価した闘莉王氏だが、コロナ禍以前から存在した海外組重視のメンバー選考に対して怒り爆発。

「コロナが無かった頃にも、海外の選手ばかり呼んで。大した活躍してないくせして、そんな選手を呼んで、すごくイライラさせられる」と一喝。欧州のクラブでプレーしている選手がチームで出場機会を手にできていなくても、代表に招集されるケースがあったことに強い疑問を示していた。

 欧州組が代表選考で重視されてきたことが、Jリーグに及ぼす弊害についても独自分析している闘莉王氏。

「コロナが終わって、本当に活躍しているJリーグの選手を呼ぶのか、ちょっとチェックしてみたい」

 キャリアの全てをJリーグに捧げてきた名手ならでは、興味深い提言の数々になっている。

1/3(日) 18:30 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/1bd0a50ef1d7af96d64768e76de3b8df1eeded45

写真
no title

日本代表が“キャラ薄”に? 過去の監督に比べ、チームの「色」が見当たらぬ森保J 

1: 2020/12/01(火) 17:42:52.42 _USER9
2020年のサッカー日本代表の活動が終了した。コロナ禍での大幅なスケジュール変更を強いられた中、実施できたのは海外組のみの欧州遠征4試合。その結果、2勝1分け1敗という勝敗よりも、森保一監督の手腕、無策ぶりに改めて批判が高まった。

 守れても攻め手がなかったアフリカ勢との2試合、退屈な時間を過ごしたパナマ戦の前半、そして選手交代がことごとく裏目に出たメキシコ戦の後半……。特に今年の集大成となるはずだったメキシコ戦では、世界との距離が縮まっていない“現実”を見せつけられた。チーム戦術が一向に昇華される気配がなく、試合中に書いたメモが有効活用されていると思えない。そもそものところで、森保監督の「やりたいサッカー」が見えて来ないのが問題で、指揮官の口からこれまで発せられた「選手の自主性」、「様々な状況への対応力」、「4バックと3バックの併用」、「GKを含めたビルドアップ」、「前線からのプレッシング」などの方向性も、いずれも中途半端な印象しか残せていない。

 過去の代表チームを振り返ると、オフト監督時代には「トライアングル」や「アイコンタクト」という言葉が多用され、トルシエ監督時代には「フラットスリー」の独自戦術を徹底、オシム監督時代には「人もボールも動くサッカー」、「日本化」というコンセプトがあった。さらにザッケローニ監督は「ポゼッション&コンビネーションの攻撃サッカー」を追い求め、後任のアギーレ監督は「攻守の切り替え」、ハリルホジッチ監督は「デュエル」、「タテへ速さ」を選手たちに強く要求した。

 その信念に基づき、オフト監督は無名だった森保一をボランチとして抜擢し、トルシエ監督はフラットスリーの中央に森岡隆三、右サイドに本来ボランチの酒井友之や明神智和をコンバート。オシム監督はジェフ時代の教え子である阿部勇樹、羽生直剛、巻誠一郎や鈴木啓太を重用し、ザッケローニ監督は本田圭佑、長谷部誠に全幅の信頼を寄せ、ハリルホジッチ監督の下では原口元気や久保裕也、井手口陽介がハリルの申し子と言われた。

 翻って、森保ジャパンはどうか。戦術上のキーマンを挙げるとすれば、前線で体を張って2列目の攻撃力を引き出す役割を担う1トップの大迫勇也になるのだろうが、「FWのポストプレー」などは、小学生レベルならまだしも、A代表の戦術として声を張り上げるようなものではない。選手選考に関しても、監督の“色”が見えず、ファンの人気投票で選んでもほぼ同じになるのではないか……。

 メディアも含めた周囲の意見に左右されることなく、「俺はこのサッカーがやりたい。だからコイツを選ぶ」という強いこだわりがあっていい。例えば、所属チームで長く出番がなくなっていた中島翔哉を招集する。あるいはパナマ戦での低調な出来に批判が集まった柴崎岳をメキシコ戦でもフル出場させるなど、監督としてのこだわりを見せられる箇所はあったはずだ。自身がJリーグで結果を出した「3-4-2-1」のシステムについても、もっと追求すればいい。

 この先、どのようにしてチームの精度を上げ、世界との差を埋めるか。集まれる機会が少ない代表チームだからこそ、「森保ジャパン=○○」という明確な軸が必要になる。その上で、森保監督のやりたいサッカーを体現する選手を発掘しなければならない。それは遠藤航なのか、それとも東京五輪世代にいるのか。勝負は、勝つ時もあれば、負ける時もある。例え敗れたとしても、見る者に「満足感」を与えられるかどうか。2021年こそ、この停滞感を打ち破ってもらいたい。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cb9c59a0d1ad221dbcf155effd319c1d79a1689b
no title

なぜオーストリア遠征の森保Jに欧州CL出場組の中島翔哉と奥川雅也が選ばれなかったのか? 

スクリーンショット 2020-11-07 6.50.17

今日コートジボワール戦。久保建英の先発抜擢なら森保Jの何がどう変わるのか? 

スクリーンショット 2020-10-13 21.08.18

森保Jに2つしかなかった収穫 

スクリーンショット 2020-10-10 6.31.28

<森保J>10ヵ月ぶり活動再開 久保にも漂う世代交代の予感 

1: 2020/10/06(火) 15:57:11.58 _USER9
no title


日本代表は5日、新型コロナ禍による活動休止期間を経てオランダで約10カ月ぶりに活動を再開した。スペインで進化を続けるMF久保建英(19)には新エース襲名の期待が高まる。感染対策を万全に整え、9日にカメルーン、13日にコートジボワールといずれもユトレヒトで無観客の親善試合を行う。

 ビルドアップからパス交換し、最後はゴールの角を狙い、シュートを放つ。コロナ禍による厳戒態勢の下、動きだした森保ジャパン。久保が軽快な動きを見せた。「去年と何が違うかといえば1年分の実績を積んだこと。確かな自信となって自分の中にある。1段階上のレベルにいられているかと」。練習前のウェブ取材でも自信がみなぎっていた。

 コロナ禍での試合開催。サッカーができる責任もまた痛感する。「もし自分が10歳の子だったらサッカー選手に、という夢が遠のく感覚だったと思う」。夢を壊したくない。19歳127日で迎えるカメルーン戦で得点すれば金田喜稔(19歳119日)に次ぐ歴代2位の年少記録。「点を取るのがチームへの貢献」。求められる役割は十分理解している。

 23人全員が欧州組、東京五輪世代も7人含まれ、基本は4バック布陣となる。久保は欧州CLを制したBミュンヘンを例に「あれだけの選手が走って守って攻撃すれば勝つ。簡単なこと」と言った。スペインで2季目、今季は5戦連続途中出場ながら世界の強豪と互角に渡り合ってきた自負もある。背番号10も期待される今回、攻守に進化した姿を見せる。

 日本代表のオランダ遠征は09年以来。同9月のオランダ戦では、当時まだ実績のなかった本田圭佑が絶対的キッカーの中村俊輔にFKキッカーを直訴し、物議を醸した。この一件を機に本田は存在感を増し、翌年W杯南ア大会でエースに成り上がった。

 「今、人々にとってサッカーは数少ない娯楽の一つ。いろんな方の協力を得て開催できる。恩返しじゃないけど期待を結果、内容で返していくのが今回は義務になる。代表の意味を見せたい」と久保。再びオランダの地で新エースが産声を上げそうな予感が漂う。

 ▼本田と中村のFK争い 09年9月5日の親善試合オランダ戦。後半18分のFKの場面で途中出場の本田が、中村に「蹴らせてほしい」と直訴、助走しそうな姿を見せた。最終的に中村が蹴ったが、当時の絶対的キッカーに対し、実績も少ない23歳が名乗りを上げたことで、両者の間に不穏な空気が流れた。国内でも物議を醸したが、その後成り上がっていく本田の象徴的なシーンとなった。試合は0―3で敗れた。

10/6(火) 5:30 スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/53e88041787b93a97489489d8a02419162d802cf

韓国に笑われ、テレビ局も煙たがる 森保Jの窮状  

1: ばーど ★ 2019/12/24(火) 23:37:32.56 ID:CN+QPJBo9
拍子抜けするほど〝無風〟だ。サッカー日本代表・森保一監督の去就についてである。

 今月18日に韓国・釜山で行われたサッカー・E―1選手権の最終戦で日本代表は韓国代表に0―1で完敗。スコアだけ見れば確かに僅差だが、試合内容ではその差が明らかで韓国の前にほぼ何もできず屈した。正直に言って「惨敗」である。引き分け以上で2013年大会以来2回目の優勝が決まる有利な状況だったものの、結局は相手の韓国に3大会連続5度目の優勝を奪われる屈辱の結末となった。

 海外組を招集せずJリーグのメンバーで臨んだ。しかし韓国も欧州組を除く国内のKリーグ、そして日本のJリーグでプレーするメンバー構成。ベストメンバーではないという条件は同じだ。森保監督は「選手も個々のケアをする中で強度が足りず、相手に上回られたのかなと思う」と敗戦の弁を述べていたが、これも苦しい言い訳である。

 韓国のパウロ・ベント監督が戦前に「むしろ日本のほうが有利」と皮肉を込めながら口にしていたように、第2戦から韓国は日本よりも1日少ない中2日で臨んでいた。そういう有利な状況であったにもかかわらず森保監督の敗因分析を鵜呑みにすれば、今回選出した日本代表のメンバーが要は韓国代表よりもタフさに欠けていたということである。こんな的外れなことを平然と言い切ってしまう指揮官にA代表、そして来年の東京五輪でもU―22代表との兼任監督を本当に任せてしまっていいのだろうか。

そんな不安感を老婆心ながら覚えている。

 もうすでに屈辱の敗戦から5日ほど経過しているので、試合内容に関する詳細は割愛させていただく。ただ、日本代表の韓国戦に関する有識者の批評はほぼ一貫して厳しいものだった。全くもって同感である。相手のベント監督が日本を戦前から丸裸にし〝完封〟した点とは対照的に森保監督の戦術から韓国をリサーチした足跡はまるで見出せなかった。

 この試合で3バックの右センターバックを務めていたDF畠中慎之輔(横浜Fマリノス)がメディアの取材に「前半やっているときはどうすればいいだろうと困った感じもあった」と正直な気持ちを打ち明けていた。とても情けない言葉だが、裏を返せばこんなセリフを代表選手に吐露させてしまう森保監督のベンチワークにも問題があると言わざるを得ない。

 この「惨敗」によって森保監督の解任を世に問う記事が噴出しても、いいような気がした。ところが実際のところ一部のサッカー専門誌がネット上で舌鋒鋭く斬り込んだぐらいで、大半のメディアは不可解なほどに沈黙していた。ネット上の反応を見る限り、ファンからも森保監督の手腕に限界を感じて解任を訴える声が明らかに目立っていたはずなのにとても不思議だ。

 ここまで森保監督は世間をうならせるようなインパクトを残せていない。2018年のロシアW杯で日本代表が決勝トーナメント進出でベスト16入りを果たし、熱狂の渦に巻き込んでから1年半が経過。

そのロシアW杯終了後から新たに船出した森保ジャパンは今年1~2月のアジアカップで準優勝、6月のコパ・アメリカでグループステージ敗退、そして今回のE―1選手権では準優勝という成績で2020年の3つの大会を終えた。2つの大会で準優勝を飾っているとはいえ、あくまでもアジアレベル。一歩も二歩も引いて批評する必要性がある。

 しかも今年9月から始まった2022カタールW杯アジア2次予選では格下相手に4連勝中とはいえ、11月19日の親善試合・ベネゼエラ戦(吹田)では1―4で大敗。ちなみに2日前の11月17日にもU―22日本代表対U―22コロンビア代表の試合が行われ、A代表兼任の森保監督にとっては東京五輪世代チームの初采配となったものの多くの課題を露呈させて0―2で完敗を喫している。

 人気のバロメーターとなるテレビ中継の視聴率も今や森保ジャパンの試合は10%を切ることが当たり前となっており、E―1選手権の放送権を持っていたフジテレビスタッフも1ケタ台連発の数字に頭を抱え込んでいた。

 22日現在で18日放送の日韓戦の視聴率は未確定とはいえ、これまでより仮に数字が伸びていたとしても森保ジャパンにとって何一つプラス要素にはならないだろう。現実としてスポンサーやテレビ各局から「森保監督にはできることならば、お引き取り願いたい」とのブーイングが止まらない。

以下ソース先で

2019年12月23日 09時00分 Wedge
https://news.nifty.com/article/magazine/12210-507014/1
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索