Samurai Goal

森保一監督


スポンサード リンク





<日本代表の森保一監督>W杯アジア2次予選「海外組のみ、国内組のみ、通常の混合」“三刀流”で乗り切る! 

1: 2021/01/13(水) 19:19:14.66 _USER9
日本代表の森保一監督(52)が、コロナ禍が続く21年を“三刀流”で乗り切る。

3月にW杯アジア2次予選が再開する予定だが、コロナ変異種の感染が広がっていることからチーム編成に制約が生まれる可能性がある。

13日にオンラインで取材対応し「海外組のみ、国内組のみ、通常の混合と、3つを考えたい」と万全の準備を敷く構えだ。

昨年10、11月の海外遠征では欧州組のみで選手を招集した。当時から国内組のみでのチーム編成も、必要に迫られる可能性を想定していたという。

政府は現在、1月末まで全世界からの外国人の新規入国を原則停止している。今後の状況によっては、ホームの試合でも海外組を思い通りに招集できるか不透明になることも考えられる。

国内組の力でW杯への道を切りひらく必要が出てくる場面も十分に考えられる。

3月に敵地でモンゴルとの試合も予定しており、コロナ禍では初の欧州以外での海外遠征となる。渡航制限や帰国後の行動制限が刻一刻と変化する中で「考えられる範囲で対応したい。

今後、3パターンは常に考えないといけない」と指揮官。難しい舵取りを迫られながら、22年W杯カタール大会を目指す。【岡崎悠利】

1/13(水) 17:28配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/bf824771c835f79af2da5b84cb482a16fe2b160f

写真
no title

日本代表の森保一監督 東京五輪OAについて「本田圭佑は毎試合チェックしている」 

1: 2021/01/03(日) 07:56:18.96 _USER9
1/3(日) 5:00配信
東スポWeb

東京五輪に臨むサッカー日本代表・森保一監督(左)となでしこジャパン・高倉麻子監督が抱負を語った

 サッカー日本代表の森保一監督(52)が、2021年シーズンに向けて報道各社の合同インタビューに応じ、選手選考について語った。連載第3回では7月開幕の東京五輪サッカー男子のオーバーエージ(OA)問題や新戦力にも言及した。
 
 ――代表選手に求める資質の基準で新しく加わったものは

【写真】美しすぎる長谷部誠のモデル妻

 森保監督 世界で戦うためには特長、スペシャルなものがないといけない。それ以外は、どんな環境の中でもタフに戦えるかというのが、メンタル的にもフィジカル的にも必要。新型コロナウイルス禍で制限がある中、ハイパフォーマンスを発揮するには、メンタルもタフでなければならない。メンタル的にもフィジカル的にも強い選手が世界と戦えるなと感じた。

 ――Jリーグは過密日程でタフに戦える選手という基準でも見ることになった

 森保 連戦でどれだけタフに戦えるか期待してみていた。代表の試合、大きな大会でも中3、4日で6、7試合戦わなければいけないと考えた上で、選手がJリーグの厳しい日程の中でどれだけ戦えるか見ていた。

 ――元日本代表MF本田圭佑はブラジル1部ボタフォゴで安定したパフォーマンスを見せている。東京五輪のOA候補として、どう見ているか

 森保 彼のブラジルでの活躍や出場状況は毎試合チェックしてスタッフでも共有している。やはり試合に出続けていることは評価したいし、本人が東京五輪に向けてということを考えてくれているので、継続してチェックしていきたい。

 ――この1年で評価できる選手は

 森保 いっぱいいる。Jリーグでシーズン当初は経験値が浅くて力を発揮できていない選手が見受けられたが、全体的に1年間、試合に出続けた選手はこんなに成長したんだと。若い選手たちは全体的に伸びた。Jリーグで言うと、優勝した川崎にいる五輪年代の選手たちは、先輩の背中を見ながら実力を発揮した。三笘(薫)、田中碧、旗手(怜央)の3人は五輪で招集しているが、さらにトップのチームの中でも力を発揮したと思う。強いチームにいて出続けられることは評価すべき。(終わり)

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/3c513c0f3a13da16df66043dff1ada32dc288b19

森保一監督は、いつ「無能の仮面」を外すのか。巷に渦巻く“監督解任論“の是非を問う 

1: 2020/12/06(日) 13:26:38.23 _USER9
 何の手も打たず、座して死を待ったのか。それとも立ち上がって動いたのに、結果としてうまくいかなかったのか。両者は共に失敗だが、内容は違う。0-2で敗れた11月の国際親善試合、メキシコ戦はどちらだったのか?

 今までの森保監督は、ほぼ前者だった。座して待つ。2019年のアジアカップ決勝、カタール戦は0-2とリードを許すまで、システム起因のずれを修正しなかった。ワールドカップ2次予選、キルギス戦も同様だ。明らかにサイドチェンジを狙われているのに、対応を整理せず、長友佑都の左サイドは苦境に陥り続けた。相手がキルギスでなければ、失点した可能性は高い。

 これらの無采配について、森保監督は“主体性の育成”を理由に挙げてきた。サッカーのピッチでは常に想定外の事態が起こるので、ベンチの顔色を伺うのではなく、選手が自分で判断し、リアルタイムで対応できるように成長しなければいけない。そうした長期的視野から、座して待ち、無能の仮面をかぶり続けた。
 
 その主体性をベースとして、複数のシステムや戦術を使い分けていく。

 問題意識は正しい。過去、日本代表はワールドカップでベスト16に3度たどり着いたが、3度共に敗れた。壁を破れなかった要因は同じだ。一つのチーム、一つの戦い方しか作っていない。というか、それを作るだけで精一杯だった。

 グループリーグはある意味、初戦さえ勝ってしまえば、あとは勢いや流れで乗り切れる。2010年の岡田ジャパン、2018年の西野ジャパンについては、直前の騒動により、チームがどんな戦術にたどり着くのか予測ができず、対戦相手にとっても分析困難なステルス・チームだったことも大きい。

 ところが、3戦を終えれば、相手も分析のサンプルが溜まる。一つの戦い方しかできない日本代表など、あっという間に丸裸にされてしまう。また、ベスト16で相まみえる強豪は総合力も高い。ポゼッション、被ポゼッションなど様々なフェーズで問題を突きつけてきたとき、一つの戦い方しかできないチームでは到底対応し切れない。そうやってロシア・ワールドカップのベルギー戦、2-0から2-3へとひっくり返された、『ロストフの悲劇』は起きた。

(略)

の意味では、メキシコ戦はホッとした。やっと、山が動いたからだ。

 日本優勢の前半が終わった後、メキシコはシステムを4-3-3から4-2-3-1に変更し、戦術を修正した。それに対し、森保監督が交代カードを切ったのは、後半に入った57分。鈴木武蔵と柴崎岳に代え、南野拓実と橋本拳人を投入した。

 珍しく、動きが早い。風向きの変化を感じた。日本は後半序盤もそれほど悪い内容ではなく、押し込む場面も作っていた。0-0でスコアも動いておらず、交代前はさほどのピンチにも陥っていない。にもかかわらず、森保監督は10分も経たないうちに交代を話し合い、動きを見せた。珍しい。

その必然性があるとすれば、やはりメキシコが戦術を変えてきたことだ。柴崎が腿の裏に張りを訴えたという話もあるが、それだけが理由なら柴崎1人を交代させればいいし、ハーフタイムに代えても良い。あのタイミングでの交代は、やはり試合状況によるものだ。

 ハーフタイムのメキシコ側の修正の巧さは、日本で大きな話題になった。ボランチを2枚に増やしたことで、トップ下の鎌田大地が躍動したスペースを消され、日本は起点を失った。相手の修正が的確だったのは間違いない。

 しかし、システムや戦術は、常にメリットとデメリットが表裏一体。メキシコはボランチを2枚に増やしたが、後方の厚みを高めたことで、逆に前線のプレスに行く枚数が5枚から4枚に減った。プレッシャーが減ったために、日本はボールを運びやすくなり、後半の序盤は、柴崎や酒井宏樹がドリブルで持ち運ぶ場面もあった。

 そうやって重心を下げたメキシコに、一気呵成の圧力をかけて襲いかかる。57分の南野と橋本の投入は、積極的な采配だった。山は動いたのだ。しかし、その後は逆にメキシコにペースを持って行かれたので、この采配は失敗。
 
 ただし、冒頭の問いに戻るなら、メキシコ戦の森保監督は何もしなかったわけではない。メキシコの変化を読み取り、いち早く動いたが、うまくいかなかった。今までとの試合とは傾向が違う。「森保監督は何もしていない」は嘘だ。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/33f9fb2435e08adb7841bcb909332dc504038b4f?page=1
no title

日本代表11月遠征「森保一監督の“真意”」(2)今回も招集されなかった有力選手 

スクリーンショット 2020-11-11 9.12.59

日本代表11月遠征「森保一監督の“真意”」(1)「早すぎるチーム完成」の危険性 

スクリーンショット 2020-11-11 9.12.59

「森保一監督に日本代表を託せるか」(3)チームのモラルと「最も重要な資質」 

スクリーンショット 2020-11-01 11.21.45

「森保一監督に日本代表を託せるか」(2) “06年の失敗”と繰り返されたパターン 

スクリーンショット 2020-11-01 11.21.45

「森保一監督に日本代表を託せるか」(1) バッシングの理由と「W杯の初心者」 

スクリーンショット 2020-10-31 22.21.36

<日本代表「選外」のFW鈴木優磨>意味深の「いいね」 森保一監督との「いざこざ」ツイートなどに... 

1: 2020/10/01(木) 21:56:45.78 _USER9
オランダ遠征2試合に臨むサッカー日本代表メンバーに選外となったシント=トロイデン(ベルギー)のFW鈴木優磨(24)が、森保一監督との関係をめぐり、ツイッターで意味深な動きをとっている。

今回のメンバーは全員海外組とすると事前に明かされており、ベルギーでレギュラーの座をつかんでいる鈴木は代表入りが期待されていたが、選ばれず。ファンの間でも賛否が分かれる中の行動。また、鈴木は約1週間前にも森保監督についてのものと見られる不穏な言葉を発している。

日本サッカー協会は2020年10月1日、カメルーン戦(9日)とコートジボワール戦(13日)に臨む日本代表メンバー25人を発表した。新型コロナウイルスの影響で帰国後に14日間の隔離が必要なことなどから、Jリーグでプレーする国内組は除外。オランダへの入国制限があるロシア、セルビアのクラブ所属選手も外した。

リバプール(イングランド)のMF南野拓実(25)、ビジャレアル(スペイン)のMF久保建英(19)らが順当に選出。海外組のほぼベストメンバーといえる顔ぶれとなったが、期待されていた鈴木優磨の名前はなかった。

メンバー発表をめぐってツイッターでファンが盛り上がる中、鈴木が意味深な動きを見せた。「鈴木優磨は選ばれてないかー 多分監督といざこざあったんやろなー 大迫の代わりできるのは鈴木しかいないと思うんやけど、そっちの鈴木(編注:鈴木武蔵)が選ばれたか」という一般ユーザーの投稿を「いいね」したのだ。もちろん投稿への同意を示したものとは言い切れないが、「監督といざこざ」という表現は穏やかではない。

実はこの約1週間前、9月23日にも類似の意味深な動きがあった。鈴木は「イライラする部分が好きじゃない? てめーなに様だよ」「だったら呼ぶんじゃねーよ」と連続投稿。

いずれも削除しており、何に対して言ったかは明らかにしていないが、寄せられたリプライ「もしかして、森保監督???」に「いいね」したため、森保監督への不満を吐露したものと受け取られていた(リプライは削除済み)。

「てめーなに様だよ」

鈴木は昨季加入したシント=トロイデンで主力となり、今季もリーグ戦第7節まで全試合スタメン出場、チームトップの2得点をあげている。中央で体を張るポストプレー、182センチの高さ、最前線からの守備など攻守でチームに貢献。代表で絶対的な存在となっていたブレーメン(ドイツ)のFW大迫勇也(30)に続く代表のセンターFW期待が集まっている。

今回は選外となったが、ツイッター上では「鈴木優磨選ばれなくてもやることちゃんとやってれば、どこかで声かかるんじゃないか」「まじで代表の次のセンターフォワードは鈴木優磨」「優磨代表入ってないのは残念」と期待値は高い。一方で一部には「森保は嫌いだし、鈴木優磨のプレーは好きだがあのTwitterの一連見ると自分が監督だったら選ばねぇな」との声もある。

オランダ遠征に臨む日本代表メンバー25人は次のとおり。

GK
川島 永嗣(ストラスブール/フランス)
権田 修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)
シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)

DF
長友 佑都(オリンピック・マルセイユ/フランス)
吉田 麻也(サンプドリア/イタリア)
酒井 宏樹(オリンピック・マルセイユ/フランス)
室屋 成(ハノーファー/ドイツ)
植田 直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)
安西 幸輝(ポルティモネンセ/ポルトガル)
板倉 滉(フローニンゲン/オランダ)
冨安 健洋(ボローニャ/イタリア)
菅原 由勢(アルクマール/オランダ)*初選出

MF
原口 元気(ハノーファー/ドイツ)
柴崎 岳(レガネス/スペイン)
遠藤 航(シュツットガルト/ドイツ)
伊東 純也(ヘンク/ベルギー)
南野 拓実(リバプール/イングランド)
鎌田 大地(アイントラハト・フランクフルト/ドイツ)
中山 雄太(ズヴォレ/オランダ)
三好 康児(ロイヤル・アントワープ/ベルギー)
堂安 律(アルミニア・ビーレフェルト/ドイツ)
久保 建英(ビジャレアル/スペイン)

FW
岡崎 慎司(ウエスカ/スペイン)
大迫 勇也(ブレーメン/ドイツ)
鈴木 武蔵(ベールスホット/ベルギー)

2020年10月1日 20時42分 Jキャストニュース
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18988126/

写真
no title

森保一監督、10月代表戦は「30人弱招集」 若手も積極招集の意向「海外組だけでのパターンも」 

スクリーンショット 2020-09-15 22.52.29


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索