Samurai Goal

桐光学園高校


スポンサード リンク





<U19日本代表の西川潤>2020年のC大阪加入内定!桐光学園高2年MF  

a169c72afe6b470f15873e019d000f81




1: Egg ★ 2019/03/05(火) 15:36:06.59 ID:aKgMvYmj9
セレッソ大阪は5日、桐光学園高校2年のU-19日本代表MF西川潤が2020シーズンに加入することが内定したと発表した。

 西川は2002年生まれの16歳で、身長180センチメートルのMF。青葉FC、横浜F・マリノスジュニアユースを経て桐光学園高に進学した。年代別代表にも名を連ね、U-15、16、19代表でプレーしている。

 加入内定にあたり、西川はC大阪の公式HPにて以下のようにコメントしている。

「17年間生まれ育った故郷を離れ、大阪という新たな地でプレーすること、そして自分自身のプロサッカー選手としてのスタートを切れることに胸が高鳴っています。自分の特徴であるスピードを活かした左足のドリブル、周りを活かすプレーをセレッソ大阪でも十分に発揮し、チームに貢献できるよう、日々努力して参ります。応援よろしくお願いいたします」

3/5(火) 15:23配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00914629-soccerk-socc

FW西川潤(桐光学園)ドイツ1部・レバークーゼンが正式オファーを前提とした練習参加を打診! 

1: 2018/12/30(日) 20:28:16.23 _USER9
ドイツ1部リーグ、レバークーゼンが桐光学園高2年でU-19(19歳以下)日本代表のFW西川潤(16)の獲得に乗り出していることが30日、
関係者の話で分かった。

正式オファーを前提とした練習参加を同校に打診しているという。

今秋のU-16アジア選手権でMVPに輝いた世代屈指の逸材には、
すでに正式オファーを出したC大阪を始め複数のJクラブが獲得に興味を示しており、国内外での争奪戦がさらに激化しそうだ。

川崎市出身の西川は鋭い得点感覚と突破力が武器の左利きのアタッカーで、横浜Mの育成組織時代から年代別代表で活躍。
今月中旬にブラジル遠征を行ったU-19日本代表には飛び級で初招集されていた。

レバークーゼンは1904年創設の古豪で、J1名古屋の風間八宏監督(57)が現役時代に所属。
87-88年シーズンにUEFA(欧州連盟)カップで優勝した実績を持つ。

12/30(日) 20:24配信 神奈川新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00032320-kana-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索