Samurai Goal

柴崎岳


スポンサード リンク





ヘタフェ柴崎岳、強豪セビージャ戦で4カ月ぶりの出場! 2ゴールに関与する活躍で存在感  

1: Egg ★ 2019/04/21(日) 23:04:01.82 ID:G2HYu7vR9
昨年12月以来のリーグ戦出場を果たした柴崎、スルーパスでゴールの起点となる場面も
 
ヘタフェで10番を背負う日本代表MF柴崎岳が、21日に本拠地で行われたリーグ第33節セビージャ戦で約4カ月ぶりにスタメン出場を果たし、2点に関与する活躍を披露。後半16分にピッチを退いたなか、3-0の勝利に貢献した。

試合は前半35分、相手にハンドで獲得したPKをFWハイメ・マタが沈めてヘタフェが先制。さらに前半終了間際、柴崎のFKから味方がヘディングシュートを放ち、相手に当たって阻止されたかに思われた。

だが、この場面ではVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)による確認が入り、最終的にハンドでPK判定。これをFWホルヘ・モリーナが沈めてヘタフェが2-0とリードを広げる。その一方、ハンド判定のセビージャDFセルヒオ・エスクデロが2枚目のイエローカードを受けて退場処分となり、ヘタフェが数的優位となった。

さらに後半8分、柴崎が輝きを放つ。右サイドから柴崎がスルーパスを通すと、抜け出したマタがクロスを供給。最後はモリーナが合わせてこの日2ゴール目を奪う。昨年12月15日の第16節レアル・ソシエダ戦(1-0)以来の出場となった柴崎がゴールの起点となる働きを見せた。

その後、柴崎は後半16分に交代。同29分に1人退場者を出して10人対10人の状況となったが、ヘタフェが3-0で勝利を手にしている。

クラブでは4カ月近く公式戦出場から遠ざかっていた柴崎だが、今年初の公式戦出場で2点に関与するパフォーマンスを披露。久しぶりの出場で存在感を放った日本人プレーメーカーは、25日の次節レアル・マドリード戦に向けて評価を高めたと言えそうだ。

4/21(日) 22:59配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190421-00184411-soccermzw-socc

写真
no title

ヘタフェ10番MF柴崎、4カ月ぶりのリーグ戦先発へ 今年初の出場でアピールなるか 

20190421-00184374-soccermzw-000-6-view[1]

柴崎岳に複数チームが興味?「スペインが彼のキャリアを続ける場所」と古巣地元紙 

20190413-00182735-soccermzw-000-5-view[2]

<識者が考えるコパ・アメリカ予想布陣>前線は鎌田、中島、香川のトライアングルか?  

20190327-00179123-soccermzw-000-9-view[1]




1: Egg ★ 2019/03/27(水) 23:50:22.53 ID:0K/Xw8lT9
南米2か国との3月シリーズを終えて、コパ・アメリカに臨む陣容を識者はどう考えるのか? 代表チームとクラブ間の様々な状況も考慮しながら、同大会へ臨む森保ジャパンの布陣をリアルに予想してもらった。


https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/56307_ext_04_0_1553681851.webp?v=1553682073

――◆――◆――
 
 基本的にアジアカップに出場した欧州組と、Jリーガーが招集不可だと想定すると、両サイドバックの候補が不在で4バック系の布陣選択は難しい。巷間伝わるように、アジアカップ不参加の欧州組と東京五輪世代で臨むとすれば、幸い昌子源がアジアカップ未招集だったこともあり3バックが濃厚。
 
 前線は鎌田大地を中央に配し、中島翔哉と香川真司がシャドー。おそらく今回ドイツで思うように活躍できていない宇佐美貴史を招集したのも、コパ・アメリカでの人材難を想定してのことだろう。浅野拓磨も1トップの候補だが、俊足を活かすために右サイドでの起用も考えられる。一方左サイドは、湘南にとっては痛手になるが、招集可能なら杉岡大暉。難しいようなら親日のトルコのクラブ(ガラタサライ)なら、長友佑都の参加について交渉の余地があるかもしれない。
 
 ボランチは柴崎岳の状況が変わらなければ、逆に快く送り出してくれそう。日本代表で活躍してくれた方が、所属クラブにとっては売却チャンスが広がる。ただし柴崎と小林祐希を同タイプなので、劣勢の試合が予想される大会だけに、本来センターバックの選手を1列前で起用することも考えられる。J2で柏が独走なら中村航輔の参加要請も要検討だ。
 
文●加部 究(スポーツライター)

3/27(水) 19:17 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190327-00056307-sdigestw-socc

【サッカー】<日本代表の森保監督> 南米選手権(6月開幕・ブラジル)で若手を積極的に起用する方針!17歳久保建も候補か...
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1553683261/

柴崎、A代表初主将で目覚めたリーダーの自覚「先輩の姿を見てきた自分からすると…」 

20190324-00178585-soccermzw-000-7-view[1]

柴崎岳、不満爆発!?森保ジャパンで意識する役割「リーダー的な存在がいない!!」  

201903240001010-w500_0[1]




1: Egg ★ 2019/03/24(日) 22:40:55.15 ID:EBQQKRbD9
日本代表MF柴崎岳は、新戦力に積極的に経験を伝える役割を担っていきたいと語った。

22日のコロンビア戦では0-1で敗れた森保ジャパン。3月ラウンド最後の一戦は、26日にノエビアスタジアム神戸でボリビア代表と対戦する。

柴崎はコロンビア戦と大きく変わるテーマはないとコメント。メンバーの底上げや戦術の浸透を意識しながらも結果を求めたいと語った。

「テーマ的に大きく変わる部分はないと思います。しっかり継続して、もちろん新戦力もいますし、色々なメンバーの底上げだったり。テストマッチですので色々試すこともあるでしょうし、それでもチームとして戦うところも結果を求めながらやることをやれればと思います」

「ミーティングでも反省点も踏まえてしっかりやれましたし、戦術的なところだったり、チームのコンセプト的な部分はもっとこうしようという話し合いはできています。劇的に大きく変わることはないと思いますけど、徐々にしっかりと修正もそうですし、チームとしての戦術の浸透をやっていこうかなと」

コロンビア戦では、A代表で初めてキャプテンマークを巻いた柴崎。今回の招集メンバーでは香川真司や乾貴士らとともに、ロシア・ワールドカップを経験した数少ないメンバーの1人である。これまで多くの経験を積んできた26歳MFは、「リーダー的な存在がなかなかいない」としつつ、多くの先輩を見てきた自分が新しいメンバーに伝える役割も担っていきたいと語っている。

「リーダー的な引っ張ってきている存在というのは、今回は中々いない。色々なことを経験したりとか、そういう先輩たちの姿を見てきている自分からすると、そういった部分も多少はチームに求めていかなきゃいけないかなとは思います。ちょっとチーム内でもピリッとした雰囲気も今回はあるので、あまり何か足りないところだったりとか、もしくは新戦力というか新しく選ばれたメンバーに対してわからなそうなところがあれば、しっかり伝えたりはしていきたいです」

3/24(日) 21:16配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190324-00010018-goal-socc

「非常に危ない」柴崎岳が抱える日本代表への“危機感”とは?  

56071_ext_04_0




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/23(土) 19:09:41.66 ID:stOXFR5+9
[キリンチャレンジカップ]日本 0-1 コロンビア/3月22日/日産スタジアム

結果ベースで見れば惜敗で、何度か惜しいチャンスを作り、失点もPKによる1失点のみ。
それでもコロンビアと日本の間には、個人能力、組織、そしてゲームコントロール面の全てで小さくない差があったと言わざるをえないだろう。
とりわけ後半は4トップ気味にしてきたコロンビアに押し込まれ、日本は完全に守勢に回る。
大量失点しても不思議はないような雰囲気すらあった。

試合後にその現実を誰よりも冷静に受け止め、的確に表現していたのが、ゲームキャプテンを務めた柴崎岳だ。

「客観的に見て、評価すべきところはシュートチャンスが多かったこと。精度を欠いた部分はありましたが、運び方は悪くなかったし、可能性を感じさせるプレーがありました。
ただ実際には負けている。得点がないし、失点もしています。それをしっかり究明しないといけない。
もしかしたらアジアカップの前や最中からあった課題かもしれないし、新たな課題かもしれません。勝っていたとしても課題はある。
メディアのみなさんが記事でどう表現するかによりますけど、非常に危険な状態なのではないかとは思います。
得点チャンスにフォーカスにできるほど良い試合ではなかったとは思います」

柴崎が最も危惧しているのは、楽観的な論調であり、それが選手たちに波及することだという。

「僕が一番危惧しているのは、選手の結果や試合に対する受け取り方の部分。メディアがこれを良しとするのか、成長していると説くのか。
それで日本代表に対する雰囲気というところが、場合によっては少し危険な方向に働くので。
今日の試合だけがという意味ではないんです。
非常に悪い内容で、結果もそういった形であれば評するのは簡単ですけど、今日のようにそうじゃない時にチーム全体や選手による意識と評価の不一致が起きて、
選手個々の意識のズレが生まれる部分がある。僕的にはそれはちょっとどうなのかなと」

日本代表はもう結果ベースの「善戦」や「好勝負」という言葉に踊らされ、満足している段階ではない――。
柴崎はそんな思いを抱えていた。

「最近になってコロンビアみたいなFIFAランキングの上位で強豪国と言われる国に対しても良い試合を演じたり、勝つことが増えてきているので、
日本が成長しているととれなくもないけど、好勝負を演じているときは昔もありました。
自分たちはその良い勝負を演じているってことに満足するレベルではないと自覚してやっていかないと、また同じことを繰り返すし、成長はできないということ。そう感じています。
選手がどう判断するかは分からないですけど、もしこういった相手に対して『これだけやれた』とか思っている部分が少しでもあるのであれば、それは正したい。
それだとこれ以上の成長はないと思うので、しっかり締めたい。勝因と敗因をしっかり追求して、なあなあにせずにやりたいなと思います。
これからのチームの雰囲気だったりを見ながら、必要があれば話すべきだと思いますし、そこはシビアに日本代表が、やっぱり強くなるために求めていかなきゃいけないと思います」

今や日本代表に欠かせない司令塔となった柴崎には、チーム全体、ひいては日本サッカー全体を考えるリーダーの自覚も芽生えつつある。その言葉はズッシリと重い。

取材・文●白鳥大知(ワールドサッカーダイジェスト編集部)

http://news.livedoor.com/article/detail/16205111/
2019年3月23日 16時40分 サッカーダイジェストWeb

真野恵里菜、柴崎岳選手との新婚生活明かす 手料理の感想は「正直に言う」 

20190317-00000330-oric-000-7-view[1]

MF柴崎岳(ヘタフェ)夏の移籍市場でトレード要員になるだろう…スペインメディア報じる!  

1: Egg ★ 2019/02/27(水) 20:36:25.48 ID:e6z1t9ms9
ヘタフェの日本代表MF柴崎岳(26)が、要員になるだろうと、27日付のスペイン・アラゴン州のメディア「ペリオディコ・デ・アラゴン」が報じた。
ヘタフェが来季の補強としてスペイン2部サラゴサからスペイン人MFポンボ(27)と、ナイジェリアMFイグべケメ(23)の補強を検討しているという。

リーグ戦27試合3得点のポンボは移籍金600万ユーロ(約7億5000万円)、23試合1得点のイグベケメは同1000万ユーロ(約12億5000万円)に設定されている。
ヘタフェは全額を支払うつもりはなく、人的補償として柴崎ら複数の選手を期限付き移籍で差し出すことで移籍金を下げることを考えていると報じた。

2/27(水) 20:28配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-02270837-nksports-socc

写真
no title


【サッカー】<MF柴崎岳>スペイン2部デポルティボ・ラ・コルーニャ移籍にサインも…ヘタフェが最後に翻意!破談
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1549452071/

<MF柴崎岳(ヘタフェ)>夏の移籍市場でトレード要員になるだろう…スペインメディア報じる!  

1: Egg ★ 2019/02/27(水) 20:36:25.48 ID:e6z1t9ms9
ヘタフェの日本代表MF柴崎岳(26)が、要員になるだろうと、27日付のスペイン・アラゴン州のメディア「ペリオディコ・デ・アラゴン」が報じた。
ヘタフェが来季の補強としてスペイン2部サラゴサからスペイン人MFポンボ(27)と、ナイジェリアMFイグべケメ(23)の補強を検討しているという。

リーグ戦27試合3得点のポンボは移籍金600万ユーロ(約7億5000万円)、23試合1得点のイグベケメは同1000万ユーロ(約12億5000万円)に設定されている。
ヘタフェは全額を支払うつもりはなく、人的補償として柴崎ら複数の選手を期限付き移籍で差し出すことで移籍金を下げることを考えていると報じた。

2/27(水) 20:28配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-02270837-nksports-socc

写真
no title


【サッカー】<MF柴崎岳>スペイン2部デポルティボ・ラ・コルーニャ移籍にサインも…ヘタフェが最後に翻意!破談
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1549452071/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索