Samurai Goal

柱谷哲二


スポンサード リンク





【秘話初披露】柱谷哲二が語るドーハの悲劇。 イラク戦で投入してほしかった選手の名は 

20200201-00885040-sportiva-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/01(土) 08:02:15.44 ID:6nqEW9yl9
私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第12回オフトジャパンの快進撃とドーハの悲劇~ 柱谷哲二(3)

1993年10月、アメリカW杯最終予選に向けての日本代表メンバー22名が発表になり、初のW杯出場を目指す日本代表を応援しようと国内の熱が高まっていた。
Jリーグが開幕し、日本中がサッカー一色になり、その勢いが日本代表にも伝播したのだ。

W杯最終予選前に、国内でアジア・アフリカ選手権が開催された。

この大会前、日本代表のキャプテン・柱谷哲二は、肝機能を低下させるウイルス性の風邪のために8月上旬から1カ月ほど入院生活を送った。
コートジボワールとの試合の時は復帰して2週間しか経過しておらず、ぶっつけ本番だったのだ。

ハンス・オフト監督からは「前半だけ出ろ」と言われたので、そのつもりでプレーした。試合は直前のスペイン合宿で露呈した守備の脆さがなくなり、相手を封じ込めた。
前半0-0で終わり、「交代だな」と思い、ロッカーでオフトを探した。

「チェンジと言われると思ってオフトの顔を見ていると、ぜんぜんこっちを見ないんですよ。目を合わせないまま結局後半もゴーになり、出ることになった。
延長までやってカズ(三浦知良)がゴールを決めて勝だったんだけど、ゼロに抑えたことで自分はできる、これならやれるなっていう自信がついた」

ただ、柱谷の病気は完治したわけではなく、37度2分の微熱がつづき、体の節々に痛みを感じた。
アメリカW杯最終予選のカタール・ドーハに入ると、暑さの影響で熱が下がらず、それまで肝臓に負担がかかると飲用しなかった薬を飲み、試合に臨んだ。

アメリカW杯最終予選のサウジアラビア戦は0-0のドローに終わった。続くイラン戦、日本は1-2で敗れて早くも土壇場に追いやられた。

「サウジはいちばん力があるチームなので、ドローはまあしょうがないという感じだった。でも、次のイランに負けたのは誤算だった。
ロッカーでラモス(瑠偉)が『向こうがユニフォームを泥だらけにして必死に戦っているのに、俺たちは誰のユニフォームが汚れている? 
これで勝てるわけねぇーだろ』って怒っていた。そのとおりだなって思ったね」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200201-00885040-sportiva-socc
2/1(土) 6:00配信

闘将・柱谷がラモス瑠偉に最後通告。 オフトジャパン初優勝の夜の叫び 

20200131-00884980-sportiva-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/31(金) 06:38:40.96 ID:TiAHTqtt9
私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第12回オフトジャパンの快進撃とドーハの悲劇~ 柱谷哲二(2)

1992年8月のダイナスティカップ(現在のE-1サッカー選手権の前身)を直前に控え、日本代表は徐々にまとまりつつあった。

ハンス・オフト監督の気さくな性格が見えてきて、監督と選手が打ち解け始め、また柱谷哲二キャプテンの「まずは監督の言うとおりにやってみよう」との声掛けに、一部の選手たちが賛同していたのだ。

だが、ラモス瑠偉は自分のサッカーを曲げられず、オフトと内戦状態になっていた。ダイナスティカップは、日本にとって非常に重要な大会になる。
柱谷は再度、ラモスのところを訪れ、キャプテンとして話をしにいった。

「この頃、オフトはラモスとぶつかって、鬱陶しいなって感じていたと思う。でも、ダイナスティで結果が出れば、チームはまとまる。ここが勝負どころだと思ったんで、
ラモスに『ここで結果が出なかったら文句を言いましょう。それまでは監督が要求することをやってください』って言いました」

柱谷の言葉をフォローしてくれたのがカズ(三浦知良)だった。

カズは、中学卒業後、単身でブラジルに行き、プロになり、日本に戻ってきた。
ラモスと共に日本代表にプロフェッショナルという新しい血を入れ、アマチュアだった選手のメンタルをプロに昇華させてくれる存在で、ラモスも一目置いていた。
そのカズが「そのとおり、プロは監督に言われたことをやらないといけない。プロってそういうもんだから」と言ったのだ。

92年8月22日から29日まで、中国の北京でダイナスティカップが開催された。

日本はグループリーグ初戦の韓国に引き分けた。だが、続く中国と北朝鮮に勝利してグループ1位。2位韓国と戦った決勝は、2-2からPK戦で勝利し、優勝した。
日本が海外の国際大会で優勝するのは初めてで、柱谷は大きな自信と可能性をチームに感じた。

「前回大会は、韓国、中国、北朝鮮に全敗だった。負けて何もできない状態だったのが2年後に韓国に勝って優勝した。
オフトの言うことを守りつつ、自分たちがプラスアルファでやっていけば十分にやれるんだって自信がついた。
結果が出たことで、みんなオフトについて行くみたいな感じになって、一段と結束力が増した感じだった」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200131-00884980-sportiva-socc&p=1
1/31(金) 6:00配信

柱谷哲二の最重要ミッションは 「監督と選手の仲を取り持つこと」だった ラモスは、王様なんでね。 

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/30(木) 07:07:07.57 ID:XpcRF/jR9
1992年から始まったオフトジャパンについて語る、当時のキャプテン柱谷哲二

私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第12回オフトジャパンの快進撃とドーハの悲劇~ 柱谷哲二(1)

「キャプテンをやってほしい」

1992年3月、ハンス・オフト日本代表監督からそう言われた時、柱谷哲二は、うれしさと不安が同時に込み上げてきたという。

92年3月17日、日本のサッカー史上、初となるプロの外国人監督としてオフトが日本代表を指揮することになった。その直後、最初の日本代表合宿が静岡県・浜名湖で行なわれ、柱谷はキャプテンの指名を受けたのである。

「小・中・高・大とずっとキャプテンをやってきて、大学時代はうまくいかなかったので、そのリベンジをしたかったし、日本代表のキャプテンって特別じゃないですか。だから指名された時はすごくうれしかった。
でも、すぐにラモス(瑠偉)の顔が浮かんでね。これからチームをまとめるのは、かなり大変になるなって思った」

チームのメンバーを見渡すと福田正博、井原正巳、中山雅史らは大学時代からよく知る仲間で、B代表でもプレーしていたのでさほど問題はなかった。
だが、読売クラブの選手は一癖も二癖もあり、しかもラモス瑠偉がいた。さらに新しい選手や先輩の選手がおり、チーム内はカオスのような状態だった。

「どうやってチームをひとつにしようか。かなり悩みましたね」

あの頃を思い出し、柱谷は少し複雑な表情を見せた。

柱谷は、キャプテンとして2つのことをチームの指針にした。

まず、なんでも言い合えるグループにすること。そして、戦う集団にすることだ。

「90年のW杯予選の時、1次予選で敗れたんですけど、その時はチーム内で何でも言い合うことができなかった。先輩・後輩という体育会系の縦社会があって、まだアマチュアだった。
でも、ラモスやカズ(三浦知良)が来てくれて雰囲気がガラっと変わったし、これから自分たちはプロになる。プロに先輩も後輩もない。
オフトからも『日本人はコミュニケーションの取り方が下手だから、コミュニケーションが取れるチームにしてくれ』と言われた。
まずはラモスや吉田(光範)さんにも遠慮なく話ができるように、なんでも言い合えるチームにしようとそこからスタートしました」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200130-00884880-sportiva-socc&p=1
1/30(木) 6:00配信

no title

no title

no title

no title

J3最下位の北九州 ”闘将”柱谷哲二監督らコーチ、強化育成本部長が総退陣へ 

20181102-00000110-spnannex-000-4-view

柱谷哲二激怒!「必死さ感じられない」「先輩たちが積み重ねてきた代表の重みを感じないといけない」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/06(木) 06:47:23.62 ID:???*.net
<東アジア杯:日本1-1韓国>◇5日◇中国・武漢

 ハリルジャパンは、また勝てなかった。日本(FIFAランク50位)は宿敵韓国(同52位)との東アジア杯第2戦を1-1で引き分けた。

敗れた北朝鮮との2試合で1分け1敗の勝ち点1にとどまり最下位に転落、9日の中国との最終戦を前に、大会2連覇の可能性が消滅した。

 元日本代表主将の柱谷哲二氏(51)が怒った。

闘将と呼ばれ、90年代前半の日本代表を引っ張った同氏は5日、横浜市内の自宅で日韓戦をテレビ観戦。

「若い選手がせっかくチャンスをもらったのに、必死さが感じられなかった。もっと死ぬ気で走らないと。

日本代表というものは、先輩たちが積み重ねたもので、今の代表はその重みを感じないといけない」と厳しかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150806-00000003-nksports-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索