Samurai Goal

柏レイソル


スポンサード リンク





【柏レイソル】2021年の予想布陣&最新情勢「オルンガ退団」で“穴埋め”か“方向転換”か 

スクリーンショット 2021-02-06 18.22.42

柏レイソル、FW山崎亮平の退団を発表。「悔しい思いでいっぱい」 

1: 2021/01/15(金) 11:48:46.99 _USER9
J1の柏レイソルは15日、FW山崎亮平が契約満了により退団することを発表した。クラブ公式サイトで伝えられている。

 山崎はクラブ公式サイトを通じて「3年間ありがとうございました。けがもあり、降格もあり、チームに貢献できず悔しい思いでいっぱいですが、来季のレイソルはもっともっと強いチームになると思うので、コロナで大変な状況ですが応援よろしくお願いします。こんな自分を3年間応援してもらってありがとうございました」とコメントしている。


 現在31歳の山崎は2007年に八千代高校からジュビロ磐田に入団。2015年にアルビレックス新潟へ完全移籍。2018年に柏へ完全移籍となった。昨季は公式戦2試合の出場にとどまった

no title


1/15(金) 11:25
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20210115-00406070-footballc-socc

<サンフレッチェ広島>柏レイソルFWジュニオール・サントスを獲得! 昨季13得点 

20200811-00010003-soccerm-000-1-view




1: 2021/01/06(水) 19:42:42.84 _USER9
 J1広島は6日、J1柏のブラジル人FWジュニオール・サントス(26)を完全移籍で獲得したと発表した。

 ジュニオール・サントスは2019年に当時J2だった柏入りしたものの、出番に恵まれず昨季途中から横浜Mに期限付き移籍。22試合に出場し、得点ランキング5位の13得点を挙げた。

 広島を通じて「この新たな挑戦にとても高いモチベーションを感じ、ワクワクした気持ちを持っています。サンフレッチェ広島のユニフォームを着て、いち早くチームの勝利に貢献できるように全力を尽くしたいと思います。このクラブでたくさんの勝利を、そしてタイトルをチーム一丸となって勝ち獲れるよう頑張ります。ファン・サポーターの皆さま、ともに戦いましょう」とコメントした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d7dc18c3ed2a15489ef008a61c5f6b8710224786

柏レイソルがフルミネンセMFドジ獲得に近づく、今月末で契約満了 

1: 2020/12/30(水) 17:09:52.04 _USER9
フルミネンセに所属するブラジル人MFドジ(24)は、やはり柏レイソルへの移籍が決定的のようだ。『ESPN』が報じた。

柏がフルミネンセMFドジの獲得で合意と現地報道、年俸約1億円

報道によると、ドジは12月31日までフルミネンセとの契約が残っているが、チームに留まることはないとのこと。移籍先は柏になるという。

ドジは、フルミネンセからのオファーを受け入れなかったとのこと。その結果、11月からチームから外され、個別トレーニングを積んでいる状況だ。

なお、柏では現在受け取っているよりもはるかに高い給料を受け取ることになるようだ。

ドジは、今シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAではボランチとして19試合に出場し1ゴール1アシストを記録。フルミネンセでは55試合で1ゴール1アシストを記録していた。

また、セリエAでは45試合1ゴール1アシスト、セリエBでは77試合で5ゴール2アシストを記録していた

https://news.yahoo.co.jp/articles/20f298d33aee92e2bfe5b97dcc28f05f81b3e7d6
12/30(水) 16:10配信

no title

no title

https://i.imgur.com/n1FtVnH.jp
no title

柏レイソル GK中村航輔にポルティモネンセからオファー…実現なら待望の海外初挑戦 

1: 2020/12/26(土) 06:51:45.41 _USER9
柏の日本代表GK中村航輔(25)が、ポルトガル1部・ポルティモネンセからオファーを受けたことが25日、分かった。複数の関係者によると、鋭い反応からビッグセーブを繰り出す中村の実力を同クラブが評価。今季は負傷や韓国代表GK金承奎(30)との正位置争いもあり、リーグ戦10試合の出場にとどまったが、実現すれば待望の海外初挑戦となる。

 ポルティモネンセは今冬、ボタフォゴの元日本代表MF本田圭佑(34)にもオファーを出すなど日本人獲得に積極的なクラブ。所属していた日本代表GK権田修一(31)が清水へ期限付き移籍し、新たな日本人GKの獲得に動いたもようだ。

 現在、ポルティモネンセは18クラブ中最下位で、2部降格の危機にさらされている。18年ロシアW杯ではメンバー入りした中村だが、今年は代表招集なし。新天地で結果を残せば、再び日本代表の正GK争いに加わってくるはずだ。

no title


12/26(土) 3:00
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201226-12250332-sph-socc

https://youtu.be/IZYR-7DRd0Q

中村航輔 チャント

ベガルタ仙台対柏レイソルの中止が決定。柏1名に新型コロナ陽性の診断 

スクリーンショット 2020-11-03 7.42.41




1: 2020/11/03(火) 02:09:59.36 _USER9
3日に開催を予定していたJ1リーグ第26節のベガルタ仙台対柏レイソルの一戦が中止となることが決まった。Jリーグが2日に発表している。


 Jリーグによると、2日、「柏レイソルで新型コロナウイルス感染症の検査で1名に対して陽性の診断が出た」とのこと。また、「検査結果が得られていない2名について濃厚接触疑い者を特定するプロセスが試合開催までにとれないことが確認された」ため、3日の試合を中止することを決めた。


 柏レイソルは7日にルヴァンカップ決勝を予定している。Jリーグは「専門家チーム指導のもと、柏レイソルの選手・スタッフに対して複数回のPCR検査を実施し、試合開催に向けて準備を進めてまいります」としている。

11/2(月) 23:27
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20201102-00395863-footballc-socc

JR柏駅の発車メロディが柏レイソル応援歌に! [砂漠のマスカレード★] 

1: 2020/04/29(水) 21:47:19.02
no title

no title


JR柏駅発車メロディが変更になります
柏市のホームタウンチーム「柏レイソル」は、昨年J2優勝とJ1昇格を達成しました。これを機に、市民から根強い人気を博し市のシンボル的存在の「柏レイソル」を、
地域と共に盛り上げ、柏駅周辺の発展、活性化に寄与し、スポーツによるまちづくりの推進を図るため、JR柏駅常磐快速線ホーム(3・4番線)の発車メロディを柏レイソル応援歌に変更します。 

変更日
令和2年4月12日(日曜日)始発電車から

変更曲
3番線(常磐快速線上り)
「突き進め柏」

バックドロップシンデレラの「さらば青春のパンク」が原曲として2016年に柏レイソルサポーターが応援歌として導入されました。
その後、柏レイソル仕様に歌詞を変えた「突き進め柏」がCDにも収録され、そのミュージックビデオにサポーターが出演するなど柏レイソルサポーターとのコラボ作品に。
今では柏レイソルを代表する応援歌として選手、サポーターから広く愛される曲となりました

http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/280200/p054256.html
最終更新日 2020年3月30日

https://youtu.be/VZJ9IStMrpE


3番線(常磐快速線上り)
「突き進め柏」

バックドロップシンデレラの「さらば青春のパンク」が原曲として2016年に柏レイソルサポーターが応援歌として導入されました。
その後、柏レイソル仕様に歌詞を変えた「突き進め柏」がCDにも収録され、そのミュージックビデオにサポーターが出演するなど柏レイソルサポーターとのコラボ作品に。
今では柏レイソルを代表する応援歌として選手、サポーターから広く愛される曲となりました。

4番線(常磐快速線下り)
チュニジア

15年以上前に柏レイソルサポーターが作詞作曲したレイソルサポーターオリジナル応援歌。
長年に渡って歌われ続け、サポーターの間では知らない人はおらず、他チームサポーターの間でも有名な曲である。

https://youtu.be/5-Qx6G8ujbw



http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/280200/p054256.html
最終更新日 2020年3月30日

https://www.youtube.com/watch?v=1Hl6kfxHvE4


【柏レイソルの応援歌に変更】 JR常磐線柏駅3・4番線新発車メロディー「突き進め柏」・「チュニジア」 2020.4.12

柏レイソル、歴代最強外国籍選手7人。マラドーナの元相棒から王国の魔術師、強烈アフリカンFWまで 

1: 2020/04/21(火) 07:27:50.29
1993年に開幕したJリーグは、今年で28年目を迎えた。
その間、世界的なスター選手や素晴らしい素質を持った外国籍選手たちが活躍している。
今回、フットボールチャンネルでは、柏レイソルで活躍した外国籍選手を5人紹介する。

J昇格に貢献したマラドーナの元相棒
カレカ(元ブラジル代表)

生年月日:1960年10月5日(59歳)
在籍期間:1993年~1996年
旧JFL通算成績:25試合出場/19得点
J通算成績:35試合出場/12得点

ナポリ時代にディエゴ・マラドーナの相方を務めてセリエAを制した元ブラジル代表ストライカーは、1993年秋に来日。
翌1994年は旧JFLで19得点を挙げる活躍でチームをけん引し、柏レイソルを初のJリーグ昇格に導いた。

クラブにとって初のJリーグとなった1995年も衰えぬ得点力を披露し、10得点で存在感を発揮した。
1996年は怪我により大半の試合を欠場し、シーズン最後のホームゲームとなったベルマーレ平塚戦でのゴールを置き土産に柏を退団した。
1999年に母国ブラジルで現役引退。ワールドクラスの実力と影響力で、現在につながる柏の基盤を築き上げた功績は大きい。

no title

no title

no title


●1995シーズンの基本先発メンバー

▽GK
加藤竜二

▽DF
沢田謙太郎
渡辺毅
ネルシーニョ
片野坂知宏

▽MF
加藤望
下平隆宏
バウディール
棚田伸

▽FW
ベンチーニョ
カレカ

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200421-00010001-footballc-socc
4/21(火) 7:20配信

https://www.youtube.com/watch?v=su_sJGXyVIo


柏レイソル1993ナビスコカップ3試合 カレッカ新加入

https://www.youtube.com/watch?v=uREqPlglC9s


JFL最終節 NTT関東 vs 柏レイソル Carecaインタビュー

柏レイソル、オルンガは「まだ30%くらい」。規格外の男、その存在こそがJリーグのレベル向上に 

1: 2020/02/26(水) 13:29:40.91
明治安田生命J1リーグ第1節、柏レイソル対北海道コンサドーレ札幌が22日に行われ、ホームの柏が4-2で快勝した。勝利の立役者となったのは昨季J記録となる1試合8得点を挙げたFWオルンガ。
圧倒的なパフォーマンスで開幕戦では2ゴールを含め全4得点に絡む大活躍を見せたが、その能力、底知れなさは別格の感がある。
スペイン1部でプレー経験もあるケニア代表FWの凄みに迫る。

●全得点に絡む活躍で勝利に貢献

ピッチを縦横無尽に走り回る193cm、85kgのFWオルンガ。そのスピードは、明らかに尋常ならざるものがあった。
約20年にわたり、柏レイソルを取材してきた知人の地元紙記者に言わせると「完全に異質ですよね。特にあの初速、“にゅっ”と出てくるスピードは、多くのJリーグの選手は経験したことはないはず。
多分、どのチームも1回対戦するまでは、なかなか対応ができないと思いますよ」と胸を張った。良質な外国人が数多く在席してきたクラブを見続けてきた目から見ても別格ということらしい。

さらに驚いたのは、柏を長年支えてきたベテランMF大谷秀和の試合後のコメント。
ケニア代表FWの驚異的なプレーについて聞くと「まだ30%くらいじゃないですか? コンディションが整ってきたらもっとやれるはず」とこともなげに答えた。
酸いも甘いも経験してきた人格者だけに、多少のリップサービスをしてくれた可能性もあるが、それでもこの日が特別の出来という訳ではなく、シーズンが進めば、もっともっとできるということは強く伝わってきた。

柏攻撃陣のクオリティーの高さがにじみ出た試合だった。13分にオルンガが右サイドで起点を作りパスを出すと、中央でフリーのFW江坂任がドリブルからシュートを決めて先制。
その7分後には後ろからのボールに対し、凄まじいスピードで走りこんだ背番号14が、飛び出した北海道コンサドーレ札幌GKク・ソンユンより先にボールに触れて抜き去り、右足で追加点を挙げた。

2-0で後半に入ると、58分にまたもケニア代表FWが起点となり江坂が決めて3点目。とどめは爆速FWが65分、またもスルーパスを相手GKより先に収めて4点目を挙げた。
終盤に札幌が地力を見せて2点を奪われたが、J1復帰初戦は4-2の快勝だった。

●オルンガには「勤勉さがある」

オルンガの持つ、圧倒的な能力の被害者となってしまったとも言えるク・ソンユン。
韓国代表にも選ばれ、J屈指のGKである名手が、背番号14の凄みを語ってくれた。

「スピード以外も持っている能力はすごかった」と切り出すと、「スピード、シュート力、決定力、連係、すべて持っている能力が高かったですね。いい選手ですね。間違いないです」と、
実際に戦ったからこそ分かる総合力の高さに言及した。

「身体能力、あのサイズでスピードがあって、体の強さを活かして点を取れるというのはものすごく能力が高いです。
実際リーガでもやっていた選手だから力があるのは分かっていたけど」と、改めて太鼓判を押したのは大谷だ。

「本人の努力もあって日本とレイソルのサッカーにフィットしたのが去年だったと思う。
文化の違いとか、食事の違いとか、だいぶ苦労したとは思いますけど、そこを馴染んできたことで、自分の能力をチームの戦術の中で発揮できるようになった。
もっともっと彼は良くなると思いますね」とピッチ内外で努力を怠らない人間性にも強みがあることを明かした。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200226-00010002-footballc-socc
2/26(水) 10:12配信

no title

no title

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/298000/297514/news_297514_1.jpg
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200223-00000099-spnannex-000-2-view.jpg
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200222-00070062-sdigestw-000-8-view.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/r_hatsu/imgs/7/a/7a8b5239.jpg
https://pbs.twimg.com/media/EQ-rRkAUEAMeblv.jpg

柏レイソル、Jリーグ最高レベルの守護神争いの行方は? J1復帰で実力者を大量獲得【2020年J1補強診断】 

20200205-00010002-footballc-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/05(水) 16:29:31.43 ID:EpieMZO09
2020年のJリーグが開幕する。新シーズンに向けJ1各クラブはどのような補強を行ったのだろうか。
今回は、昨季圧倒的な攻撃力でJ2を制しJ1昇格を果たした柏レイソルを取り上げる。

●守護神争いはJリーグ史上屈指のハイレベル

昨季のJ2最終節、柏レイソルは13-1というJリーグ記録の大勝で京都サンガF.C.を粉砕してシーズンを締めくくった。
ネルシーニョ監督に率いられたチームは圧倒的な攻撃力を武器にJ2を制し、2年ぶりのJ1に挑む。

その試合で驚異の8得点を挙げた、昨季J2得点ランキング2位のオルンガが残留。このニュースに恐れおののいた他クラブのファンは多かったのではないだろうか。

もう1つ、今季の柏の大きな見どころは正守護神争いになるだろう。日本代表GK中村航輔が残留し、さらに昨季途中までヴィッセル神戸でプレーしていた韓国代表GKキム・スンギュが蔚山現代FCから加入したのである。

日韓の代表でもレギュラーを狙える2人によるポジション争いは、Jリーグはおろかアジアでも最高レベルだ。どちらがシーズン通してゴールマウスに立つことになるのか、注目せざるを得ない。


また他のポジションにも続々と実力者たちを補強している。J2屈指のウィングバックとして鳴らしたDF北爪健吾が横浜FCから、昨季J2で22得点を挙げた生粋のストライカー呉屋大翔も加わった。
ファジアーノ岡山の攻撃をけん引してJ2で15得点を記録したMF仲間隼斗は、アカデミー時代を過ごした柏に帰還している。

サガン鳥栖からはDF三丸拡とDF高橋祐治というレギュラークラス2人を引き抜き、圧倒的な運動量でアルビレックス新潟を支えたMF戸嶋祥郎も獲得。
ジュビロ磐田から加入したDF大南拓磨や愛媛FCへの期限付き移籍でたくましさを増したMF神谷優太もレギュラー争いに割って入れるポテンシャルを持った、東京五輪世代のタレントだ。

Jリーグを熟知し、J1優勝経験もあるネルシーニョ監督は多士済々のチームをどう料理するか。
長く柏のエースに君臨してきたクリスティアーノ、圧巻のフィジカルと得点力を誇示するオルンガ、期限付き移籍から完全移籍に切り替わったMFマテウス・サヴィオ、
中盤のフィルター役として絶大な存在感を放つMF日シャルジソンといった外国籍選手たちを中心に据えながら、日本人選手をどう組み合わせていくか興味は尽きない。

●補強・総合力診断

IN
GK:キム・スンギュ[蔚山現代FC(韓国)]
GK:松本健太[東洋大学]
DF:高橋祐治[サガン鳥栖]
DF:三丸拡[サガン鳥栖]
DF:北爪健吾[横浜FC]
DF:井手敬大[柏レイソルU-18/昇格]
MF:戸嶋祥郎[アルビレックス新潟]
MF:仲間隼斗[ファジアーノ岡山]
FW:呉屋大翔[ガンバ大阪←V・ファーレン長崎/期限付き移籍期間満了]
FW:神谷優太[湘南ベルマーレ←愛媛FC/期限付き移籍期間満了]
FW:鵜木郁哉[柏レイソルU-18/昇格]
FW:細谷真大[柏レイソルU-18/昇格]

OUT
DF:田上大地[アルビレックス新潟/期限付き移籍]
DF:上島拓巳[アビスパ福岡/期限付き移籍]
DF:宮本駿晃[モンテディオ山形/期限付き移籍]
DF:杉井颯[ツエーゲン金沢/期限付き移籍]
MF:菊池大介[アビスパ福岡/期限付き移籍]
MF:ガブリエル[フラメンゴ(ブラジル)/期限付き移籍期間満了→コリチバ(ブラジル)]
MF:手塚康平[横浜FC/期限付き移籍]
MF:田中陸[レノファ山口/期限付き移籍]

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200205-00010002-footballc-socc
2/5(水) 10:32配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索