Samurai Goal

柏レイソル


スポンサード リンク





21歳・柏DF中山雄太、オランダへ完全移籍…メディアカルチェック後に正式契約へ  

GettyImages-951138902-800x533




1: 2019/01/14(月) 11:47:44.85
柏レイソルは14日、DF中山雄太がオランダのPECズヴォレへ完全移籍すると発表した。メディカルチェック後に正式契約が行われる見込みとしている。

茨城県出身の中山は、1997年2月16日生まれの21歳。柏の育成組織からトップチームに昇格して、2015年にJリーグデビューを果たす。
昨季は負傷の影響もあり、J1リーグ戦19試合の出場にとどまったが、3得点を記録。また、終盤は守備的MFとしてプレーした。J1リーグ戦通算では、76試合に出場して6得点となっている。

中山のコメントは正式契約後、あらためて掲載するとしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00010019-goal-socc
1/14(月) 11:34配信

<MF安西海斗>ポルトガル1部ブラガへ電撃移籍!リーグ3位の強豪クラブ 

1: 2019/01/05(土) 08:13:32.60 _USER9
柏からJ2山形に期限付き移籍をしているMF安西海斗(20)がポルトガル1部ブラガに電撃移籍することが4日、分かった。
関係者によると、シーズン終了後に正式オファーが届いたという。交渉は細部を残すだけで、近日中にも正式発表される見込みだ。

20年東京五輪世代の“隠れ逸材”だ。1メートル72と小柄ながらボランチを主戦場にし、ゴールに直結する長短パスやロングシュートが持ち味。
柏U―18で参加した国際大会などの活躍が認められマンチェスターCやインテル・ミラノから興味を持たれたこともある。16年に柏トップチームに昇格し、17年夏から山形に期限付き移籍。
今季はリーグ15試合出場にとどまったが、天皇杯では5試合中4試合でスタメン出場を果たし、チームの4大会ぶりの4強進出に貢献した。

同世代では日本代表MF堂安律とDF冨安健洋、MF伊藤達哉が海外の舞台で戦っている。ブラガは同リーグ3位の強豪クラブ。
厳しい環境に身を置き東京五輪、そして22年W杯カタール大会を目指していく。

◆安西 海斗(あんざい・かいと)1998年(平10)2月19日生まれ、埼玉県出身の20歳。10年に柏の下部組織に入団。
16年にトップ昇格を果たし、17年夏からJ2山形に期限付き移籍。U―15日本代表の経験がある。J2通算25試合。1メートル72、64キロ。右利き。

▽ブラガ 1921年創設。本拠地はポルトガル北西部のブラガ。ポルトガル1部での最高は09~10年の2位。昨季はポルト、ベンフィカ、スポルティングのビッグ3に続く4位。
ポルトガル杯優勝は15~16年など2回、リーグ杯優勝1回。欧州リーグは10~11年に準優勝。ホームはエスタディオ・アクサ(3万286人収容)。

1/5(土) 4:50配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00000000-spnannex-socc

写真
no title

【千葉県勢スポーツ年末回顧】柏レイソル迷走、まさかの降格 ジェフ 失点増で最低順位  

20181222-00010003-chibatopi-000-1-view

浦和の大型補強続く…柏から鈴木大輔を完全移籍で獲得!「世界に誇るサポーターの前で早くプレーしたい」 

20181219-00010005-goal-000-2-view

福岡退任の井原氏が柏に電撃復帰 ネル監督と再タッグでJ1復帰へ 栗沢もコーチに就任 

20181213-00000112-spnannex-000-2-view

柏・伊東、独デュッセルドルフから正式オファー アジア杯で決める移籍弾 




 日本サッカー協会は12日、アジア杯UAE大会(来年1月5日開幕)に臨む日本代表メンバー23人を発表した。森保一監督(50)が1次リーグ首位突破を厳命する中、MF伊東純也(25=柏)にドイツ1部デュッセルドルフから正式オファーが届いていることが判明。Eフランクフルトも獲得に動いており、アジア杯の活躍次第でドイツ移籍が実現する可能性が高まっている。


 初の国際大会は品評会でもある。複数の関係者によると、デュッセルドルフが伊東に正式オファーを出していることが判明。さらにEフランクフルトも獲得意思を示しており、今後正式オファーに発展する可能性があるという。

 デュッセルドルフは今夏も移籍金1億円の正式オファーを出したが、柏側が3億円を要求。互いに歩み寄ることができずに消滅した。だがデュッセルドルフは継続的に幹部を日本に派遣。今季リーグ34試合6得点10アシストを記録したスピードスターへ、2度目の獲得オファーを決めた。伊東自身も、さらなる成長を求め海外移籍に前向きだ。

 最大のネックとなるのは移籍金だ。柏側は今冬、2億円に設定。一方、デュッセルドルフは夏と同じ1億円で交渉を進めているという。来年26歳。海外初挑戦となる伊東に対して移籍金2億円は高額で、Eフランクフルトは静観する状況になっている。

 大きな隔たりを埋める鍵は、自身の活躍だ。アジア杯の代表選出に「チームの勝利に貢献できるように全てを注いで頑張ります」とコメント。得点やアシストなどの目に見える結果でチームを勝利に導けば、柏の求める移籍金にドイツ側が近づいてくる可能性は十分ある。

 現状では堂安の控え扱いだが、国際舞台で2億円の価値を証明できるか。伊東にとっては、2大会ぶりのアジア王者の座を取り戻すだけではなく、ドイツ移籍も勝ち取る戦いが始まる。

 ▽フォルトゥナ・デュッセルドルフ 1908年創設。79、80年にドイツ杯連覇を果たした古豪。昨季2部で優勝し、6季ぶりに1部復帰。09~10年に結城耕造、13~14年に大前元気、昨季は原口元気、宇佐美貴史が在籍。宇佐美は今季もプレー。本拠はエスプリ・アレーナ(5万1500人収容)。フリートヘルム・フンケル監督(65)。現在18チーム中最下位。

 ▽アイントラハト・フランクフルト 1899年創設。ドイツ1部1回、ドイツ杯5回の優勝を誇る強豪。06~08年に高原直泰、07~09年に稲本潤一、12~15年に乾貴士、14年から長谷部誠が在籍。本拠はバルト・スタジアム(5万1500人収容)。アディ・ヒュッター監督(48)。現在リーグ5位。

 ◆伊東 純也(いとう・じゅんや)1993年(平5)3月9日生まれ、神奈川県横須賀市出身の25歳。逗葉高―神奈川大を経て15年に甲府入り。16年に柏に完全移籍した。今季はチームの調子が上がらない中で、快足を武器に34試合6得点と奮闘。森保ジャパンには発足当初から選出されている。J1通算131試合23点。国際Aマッチ通算7試合2得点。1メートル76、68キロ。利き足は右。血液型A。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000003-spnannex-socc



1 2018/12/13(木)
デュッセルドルフとしては補強ポイントじゃないような・・
プレースタイルもラマンと被り気味だけど、そのラマンも出番少なめだからどうだろう
昨季の原口の例があるから日本人もう一人取ってああいう役割をやって貰いつつ宇佐美ももっと活かしたいのかな

実現すれば相乗効果もあって面白そうではあるかな


2018/12/13(木)
移籍金の要求額に隔たりがあるようだけど、柏側は妥協すべきじゃない。
それで引き下がるようならそれまでの評価だったということ。
Jクラブも選手も自分を安売りするのはもうやめてほしい。


2018/12/13(木)
挑戦するなら応援はしたいと思います。しかし、客観的にみて代表で現状サブ扱いの原口ぐらいの活躍を見たことがない。何より宇佐美を押しのけてベンチに入れるかどうかも未知数としか言えない。移籍するならすぐに帰国しない気持ちで行ってもらいたい。来年夏に2部やベルギー、オランダあたりのチームに行くことになっても。


2018/12/13(木)
Jリーガーで代表戦士に選ばれる逸材で若いのなら、やっぱり海外移籍で経験積んで更なる成長を遂げて欲しいですね!


2018/12/13(木)
一つ間違いない事があるとすれば、
2億円満額でこの移籍が成立したとしても、J2に落ちた柏がそのお金で伊東の代役を手に入れるには相当な運と目利きが必要ってこと。


2018/12/13(木)
柏側の2億は妥当。またはそれ以上だと思う。
今の伊藤純也の価値はとても大きいものがある。
これを安値で売ってはいけない。


10 2018/12/13(木)
フットボーラーのキャリアとして最も良い時期にJ2の柏に居るより、海外に行くのも選択肢としても良いのでは?


14 2018/12/13(木)
J2に落ちるレイソルにいても仕方ないし、海外に行くなら今が1番だと思うから、またドイツに1人増えて良いと思います。


15 2018/12/13(木)
降格しているから流出は仕方ないと・・J1に行かれるよりかは全然良いし・・サポーターも納得することでしょう。


16 2018/12/13(木)
そこまで若くないのだから、今冬は必ず海外挑戦してほしい。


18 2018/12/13(木)
海外移籍することは良いけど言語や文化などで悩んで消えないで欲しい。


19 2018/12/13(木)
そんな安値でドイツの降格候補チームに行くなら、神戸や浦和、川崎など国内ビッグクラブに移籍した方が良いんじゃないかな。


20 2018/12/13(木)
代表レベルの伊東がいて降格して海外移籍の話が出て
柏は厳しいね


22 2018/12/13(木)
足そんな速いっすか?足の速さより、相手の裏を取る速さとか判断の速さが良くないと潰されちゃうと思うな。


23 2018/12/13(木)
言うほど速くないからなー。
しかし海外出ることで得るものは絶対にあるし。


24 2018/12/13(木)
デュッセルドルフはやめておこう。


26 2018/12/13(木)
これは、出て行くんだろうなぁ。
柏のサポじゃないけど良い選手だもんね。


27 2018/12/13(木)
いいと思う!


28 2018/12/13(木)
宇佐美と一緒にがんばれ。


29 2018/12/13(木)
プレースタイル的にブンデス経由プレミア行きが良いと思う。


31 2018/12/13(木)
J2降格したチームの選手が国内ならまだしも海外に行くっていう違和感。


32 2018/12/13(木)
いつかみてみたい
浅野と伊東の快速2枚刃


34 2018/12/13(木)
2億の価値はないし、日本マネー期待できるほど人気ないし
結局柏もデュッセルドルフも両方共的はずれな評価してるんだよ


35 2018/12/13(木)
伊東は何となく今のポジション以外で大成しそうな気がしてる。


36 2018/12/13(木)
最下位のチームに行ってもどうなんだろ


38 2018/12/13(木)
日本企業がたくさんスポンサーしてる中、デュッセルドルフのスポンサーも日立なのになんでトラブってるんだ笑


39 2018/12/13(木)
純也はレイソルには不要です。
今日にでも出て行ってもらいたい。


41 2018/12/13(木)
降格クラブからよくオファーがあったなw


42 2018/12/13(木)
25の選手にオファーとかマジかよドイツ


43 2018/12/13(木)
向いとると思うが、自慢の足は通用しないそんな甘くない。世界的にそんな早くないし
浅野のほうが速く見えるわ
まあ全く関係ないが海外に行く前に髪を切ろうね似合ってないぞ









<柏レイソル>J2降格で草刈場の可能性!伊東には海外&Jクラブ興味、中山&中村もどうなる 

KashiwaReysol20180813-thumb-600x400-207073




1: 2018/11/25(日) 06:32:53.46 _USER9
◆明治安田生命J1リーグ第33節 C大阪0―3柏(24日・ヤンマー)

 17位・柏の9シーズンぶり3度目のJ2降格が決まった。C大阪とアウェーで対戦し、日本代表MF伊東純也(25)の2アシストなどで3―0で勝利。だが、残留争いをしていた14位・湘南、15位・鳥栖、16位・名古屋がいずれも勝ったため、降格が決定した。

 J2降格を受け、日本代表、代表候補の有力株がそろう柏から多くの選手が他クラブに移籍する可能性が出てきた。J屈指のスピードスター日本代表FW伊東は海外の複数クラブが興味を示し、J1の複数クラブも獲得に名乗りを上げている。

 ほかには、U―21代表の主将を務め、CB、SB、ボランチをこなせるマルチプレーヤーのMF中山雄太(21)や、ロシアW杯代表GK中村航輔(23)らも国内外問わず移籍の可能性がある。

 次期監督には、11年にチームをJ1優勝に導いたネルシーニョ氏(68)の再登板がブラジルの複数メディアで報じられている。柏の瀧川龍一郎社長は「可能性として監督交代も検討している。シーズン後に考えていく」と話すにとどめた。

11/25(日) 6:13配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00000241-sph-socc

柏、3発快勝も9季ぶりのJ2降格が決定…他会場のライバルたちが揃って勝利 

20181124-00867812-soccerk-000-1-view

熾烈なJ1残留争い。崖っぷち柏の生き残る条件は?鳥栖は結果次第で今節確定も… 

20181123-00010003-goal-000-1-view

<J2降格危機の柏レイソル>布部陽功氏がGM就任…昨年からは京都を率いたが今年5月に退任 

1: 2018/11/22(木) 19:29:33.38 _USER9
柏レイソルは22日、布部陽功氏がゼネラルマネージャー(GM)に就任することが決まったと発表した。

布部氏は1973年生まれの45歳。選手時代はヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)やジュビロ磐田、ヴィッセル神戸、セレッソ大阪、アビスパ福岡でプレーした。
引退後は指導者に転身し、2009年に福岡のアンバサダー兼コーチを務めた後、2010年からは柏でトップチームのコーチやヘッドコーチ、U-18チームの監督を歴任。

昨年からは京都サンガF.C.を率いたが、今年5月に退任した。そして6月からは柏に復帰し、U-18チームのコーチを務めていた。

柏は明治安田生命J1リーグ第32節を終えて10勝3分け19敗、勝ち点「33」でJ2降格圏内の17位に低迷。
J1参入プレーオフに回る16位名古屋グランパスとは4ポイント差で、自動降格の危機に陥っている。

今月10日には加藤望監督の解任と岩瀬健コーチ兼アカデミーヘッドオブコーチの指揮官就任を発表。
新体制で逆転残留を目指す。次節は24日、セレッソ大阪とのアウェイゲームに臨む。

11/22(木) 18:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181122-00867104-soccerk-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索