Samurai Goal


スポンサード リンク





元柏のエジウソン、驚きの主張 !「私はメッシ、ネイマールより上」「C・ロナウドより私の方がうまい」 

1: 2020/05/16(土) 16:57:07.96
元ブラジル代表FWエジウソン氏が大胆な主張をしている。

現役時代にパルメイラスやコリンチャンス、ヴィトーリアなど母国ブラジルの複数クラブでプレーしたエジウソン氏は、1996年から1997年、そして2002年に柏レイソルに在籍。1996年にはJ1リーグ29試合で21得点、1997年には同25試合で23得点をマークするなど、日本でもその得点力を見せつけた。

2002年の日韓ワールドカップ(W杯)では、ロナウドやリバウド、ロナウジーニョらを擁したブラジル代表のメンバーに名を連ね、大会4試合に出場。ブラジル代表では26試合で6得点の記録を残した。

そのエジウソン氏が、母国メディア『Bandeirantes』で大胆な発言をした。そのキャリアでW杯のトロフィーを獲得したことを根拠に、近年のフットボール界を牽引してきたバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールよりも自身の方が優れた選手だと主張。ユヴェントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについても、「私の方がうまかった」と強調した。

「全盛期の私はネイマールよりうまかった。彼が私を超えたいのならば、ワールドカップのトロフィーを獲得する必要があるね。私には個性がある。メッシよりも私は上だろう。彼はワールドカップで優勝しないとね」

「クリスティアーノ・ロナウドは強いだけだ。確かにどちらの足でも強いキックができるね。だが、私の方がよりスキルが高い」

なお、メッシは歴代最多6度のバロンドールを獲得、C・ロナウドは同5度の受賞を誇る一方、エジウソン氏にはバロンドール受賞歴がない。

5/16(土) 14:30 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/a2c6345e10c7f3ec3709d9fd86e03d0a9473d3c0

写真no title

J1柏ネルシーニョ監督、人生懸けた“覚悟”激白「ここ日本でキャリアを終えるつもりだ」 

20200509-00261061-soccermzw-000-3-view




1: 2020/05/10(日) 12:12:15.59
J1柏のネルシーニョ監督が吐露 「もうブラジルに帰って仕事をする気はない」
 J1柏レイソルを率いるブラジル人のネルシーニョ監督は、日本で初めて指揮を執ってから通算16年目を迎えているなか、「ここ日本でキャリアを終えるつもりだ」と宣言している。「ヤフースポーツ」ブラジル版が報じた。

 ネルシーニョ監督は1994年に初来日し、ヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)のコーチを務め、翌シーズンから2シーズンにわたって監督としてチームを率いた。2003年から05年まで名古屋グランパスエイトで指揮し、09年から14年まで柏で第一次政権を築いてJリーグ、ナビスコカップ(現ルヴァンカップ)、天皇杯など数々のタイトルを手にしている。

 15年から17年のヴィッセル神戸監督時代を経て、19年から柏で第二次政権をスタートさせたネルシーニョ監督は、すぐさまJ2優勝でJ1昇格へと導く手腕を発揮。2月22日のJ1リーグ開幕節・コンサドーレ札幌戦で4-2と勝利し、白星発進を切っていた。

 ネルシーニョ監督は「いくつかの成果を上げた後、2019年の初めに日本に戻ってきた。日本に来てから16年が経ち、再び勝ち始めた」と、長年にわたる日本生活を振り返る。柏で通算8シーズン目を迎えたなか、「柏から25年まで契約を提示されて、それを受け入れることにした」と告白。「ありがたいことだ。私は健康だし、幸せに働いているよ」と充実感を口にしている。

 現在69歳のネルシーニョ監督は、愛着ある柏を“ラストクラブ”と考えているようだ。「もうブラジルに帰って仕事をする気はない。ここ日本でキャリアを終えるつもりだ」と自身のキャリアプランを語っており、日本で監督生活を終える覚悟だという。

「日本語は少し理解しているが、とても複雑で難しい。ポルトガル語は難しいと冗談を言っている日本人を想像してみて」とジョークも飛ばしたネルシーニョ監督。「今、私はJ1リーグで唯一のブラジル人監督だ」とプライドも垣間見せるなか、さらなる栄光に向けて柏とともに人生を歩む考えのようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200509-00261061-soccermzw-socc

柏が年間チケット払い戻し検討へ「延期の長期化や事態の深刻化を受けて…」 

1: 2020/04/30(木) 19:04:35.51
柏レイソルは30日、新型コロナウイルスの世界的流行で公式戦が実施できていないことを受け、ホームゲーム年間チケットの払い戻しを検討していることを発表した。
Jリーグは現在、6月7日までに予定されていた全公式戦の延期を決定しており、以降の見通しは立っていない。

柏は同日、公式サイトで「年間シートをお持ちの皆様へは、再開後の代替試合でご利用いただける旨のご案内をさせていただいておりますが、
試合延期の長期化や事態の深刻化を受けて、公式戦再開後も大会方式の変更や無観客試合での実施、また感染防止の観点からご購入いただいた年間シートのお席にてご観戦いただけない可能性がございます」とし、
「年間シートの払い戻し対応を含め、今後の対応を検討しております」と伝えた。

Jリーグ内では浦和レッズが今月11日、同様の方策を検討すると発表。公式戦が通常どおりに実施できない場合、販売済みシーズンチケットを払い戻し、別途優先販売を行うという案が出されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200430-43479957-gekisaka-socc
4/30(木) 18:41配信

https://www.youtube.com/watch?v=dE_BAu0rfwI


柏レイソル レッドリバー

no title

柏、オルンガ「見つけてくれた!」【8ゴール】 

20200422-00258302-soccermzw-000-1-view




1: 2020/04/22(水) 08:33:35.69
「見つけてくれた!」 日本で大爆発の助っ人FW、ファンに感謝「もっと貢献したい」

「柏のキング」をFIFAが特集、ケニア代表FWオルンガが自身のチャントについて熱弁

J1柏レイソルに所属するケニア代表FWオルンガは今季でJリーグ3年目を迎えるなか、国際サッカー連盟(FIFA)の取材に応じ、ファンが作ったチャントに感謝の念を示し、「チームにもっと貢献したいって思う」と胸中を明かしている。

【動画】ケニア代表FWオルンガ、1試合8ゴールのJリーグ新記録樹立! J2第42節「柏×京都」(13-1)ハイライト

現在26歳のオルンガは2018年夏にスペインのジローナから柏レイソルに加入し、ケニア人初のJリーガーとして注目を集めた。1年目はリーグ戦10試合3ゴールの結果を残し、2年目はリーグ戦30試合に出場すると、得点ランキング2位の27ゴールと大爆発。チームをJ2優勝&J1昇格へ導いたなか、今季J1開幕節の北海道コンサドーレ札幌戦でも2ゴールをマークして4-2の勝利に貢献している。

そんなオルンガを特集したのがFIFAだ。「柏のキング、オルンガはケニアとの歴史を見据えている」と特集を組んだなか、オルンガはケニア代表としての思い、新型コロナウイルスに直面している現状に触れた一方、柏サポーターにも言及。なかでも自身のチャントについて熱弁を振るっている。

「レイソルでの僕のチャントは、ボニー・Mの有名なスワヒリの歌『Jambo-Hakuna Matata』がベースになっている。通常、外国人がケニアに到着した時に歓迎の歌として歌われるものだ。ケニアは平和な国だということを外国人に伝えるために歌う。Hakuna Matata(ハクナ・マタタ)は問題ない(心配ない)という意味だ」

「ある試合でファンが歌っているのを聞いて、すぐに気に入ったよ」

 自身のチャントのベースとなっている歌について紹介したオルンガは、柏サポーターへの感謝を口にすると、いかに自分が気に入っているかを力説する。

「ファンが僕のためにチャントを作ってくれた時、多分スワヒリ語で有名な歌をググって、この歌を見つけてくれた! ある試合でファンが歌っているのを聞いて、すぐに気に入ったよ。だって僕の文化を表現しているからね。スワヒリ語で歌われているから文化を感じるし、チームにもっと貢献したいって思う。だから、僕はこのチャントが大好きなんだ」

 チャントを聞くたびに力が湧くと語るオルンガ。新型コロナウイルの影響でJリーグは一時中断を余儀なくされているが、再開後はサポーターの応援に後押しされ、爆発する姿を見せてくれそうだ。

Football ZONE web編集部
4/22(水) 7:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200422-00258302-soccermzw-socc

柏を優勝に導いた王様。レアンドロ・ドミンゲスの圧倒的攻撃力 

1: 2020/04/14(火) 06:20:02.12
1993年~2019年Jリーグ『私のMVP』~あの年の彼が一番輝いていた第8回:2011年のレアンドロ・ドミンゲス(柏レイソル/MF)

2011年は、今年で28年目を迎えるJリーグの歴史の中でも、異例のシーズンだった。

サッカーファンが胸を躍らせる開幕戦を終え、また長いシーズンが始まったと思っていた矢先、第2節を迎える直前の3月11日に東日本大震災が発生。Jリーグを含めた各種スポーツイベントが、やむなく中断することを強いられたからだ。

結局、約1カ月半を経て、なんとかリーグを再開するまでに漕ぎつけたわけだが、そのシーズンの最後に笑ったのがJ1昇格組の柏レイソルだったことも、長いJリーグの歴史の中では異例の出来事だった。

昇格1年目のチームがJ1優勝を果たした例は、それまではなかった(のちの14年ガンバ大阪と2例のみ)。しかも柏にとっては、それがクラブ史上初となるJ1優勝だったのだから、これ以上の異例はないだろう。

そんなシーズンに年間MVPを受賞したのが、柏の司令塔として別格の存在感を放っていた当時27歳のレアンドロ・ドミンゲスである。

そのプレーぶりは、まさにフィールドの王様だった。多彩かつ精度の高いキックを駆使しながら、神出鬼没な動きでライン間に顔を出したかと思えば、すかさず魔法のようなボールタッチから正確無比のパス供給でチャンスを構築。幾度となくネットを揺らした直接フリーキックも大きな武器ではあったが、それ以上に光っていたのが、空からフィールド全体を把握しているかのような視野の広さだった。

それでいて、スピードとデュエルの強さに加え、ドリブルやシュートのクオリティも高く、一般的な司令塔のイメージよりもアタッカー的なタイプだったことが、相手にとってはやっかいだった。一瞬でも目を離せば、あっという間にディフェンスラインを壊滅状態に追いやられるからだ。

また、レアンドロ・ドミンゲスの功績として見落とせないのが、伸び盛りの若手選手たちをピッチ上で一人前に育て上げたことだろう。とりわけ、そのシーズンのベストヤングプレーヤー賞を受賞した右サイドバックの酒井宏樹(マルセイユ)の急成長は、レアンドロ・ドミンゲスの存在なくして語れない。

のちに酒井が得意とした「前線にボールを預けてからの攻撃参加」は、そのタイミングといいアングルといい、レアンドロ・ドミンゲスのレッスンによって手に入れた大きな武器と言っても過言ではないだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200414-00891500-sportiva-socc
4/14(火) 6:10配信

https://www.youtube.com/watch?v=VjBsxVql-FQ


レアンドロ・ドミンゲスのチャント(柏レイソル)

https://www.youtube.com/watch?v=P-JVAVa1_N0


【柏レイソル】選手応援歌 レアンドロドミンゲス

https://www.youtube.com/watch?v=YXV2RMvbCIY


柏レイソル レアンドロ・ドミンゲスの決勝ゴール 2011.7.23

no title

no title

柏FWオルンガ、同胞代表OBが欧州挑戦を推奨と海外報道 「世界的な需要を断言」 

1: 2020/03/26(木) 20:51:40.81
ケニア代表アタッカーは近い将来欧州へ? 「自身の価値を証明した」

世界中で感染拡大している新型コロナウイルスの影響により、現在各国リーグが中断を余儀なくされている。
試合開催の延期措置を取っているJリーグは25日、J1は5月9日を再開の目処とすることを発表。
米メディアは「オルンガはアジアのリーグのレベルを凌駕しており、欧州へ行くべき」と、J1柏レイソルに所属するケニア代表FWオルンガの欧州挑戦を推奨している。

中国を発生源とする新型コロナウイルスは世界で猛威を振るい、日本ではJ1、J2が開幕節を消化したのちにリーグを中断。
Jリーグは25日、J3が4月24日、J2が5月2日、J1が5月9日と段階的に再開していく方針を発表した。

昨季J2で得点王に輝いたオルンガは、今季J1開幕戦の北海道コンサドーレ札幌戦で前半20分、後半20分にゴールを奪って4-2の勝利に貢献した。
幸先の良いスタートを切ったオルンガは今季の得点王候補の1人ともされるが、米メディア「The Union Journal」は
「オルンガはアジアのリーグのレベルを凌駕したため、欧州へ行くべき」と見出しを打って取り上げている。

「戦術家は、手ごろな価格が設定されたリーグで自身の価値を証明したケニア人の世界的な需要を断言」

記事では、同胞である元ケニア代表DFサミー・オロモ氏がオルンガの欧州挑戦を推奨していると紹介。
「日本でのプレーをネットで確認すれば、欧州の強豪クラブを相手に戦える能力を備えていることを確認できる」と主張している。

また、インテルなどで活躍したDFマクドナルド・マリガ(現レアル・オビエド)、トッテナムなどで活躍したMFビクター・ワニアマ(現モントリオール)らのケニア代表選手の名前を挙げ、
オルンガも同様に欧州のトップリーグでプレーするだけのポテンシャルを秘めていると太鼓判を押していた。

新型コロナウイルスの影響でJリーグは大幅な日程変更が強いられているが、オルンガは近い将来欧州に挑戦することになるのだろうか。

Football ZONE web編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200326-00253619-soccermzw-socc
3/26(木) 20:40配信

no title

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/288000/287183/news_287183_1.jpg

覚醒した柏の10番。江坂任は マルチな能力で助っ人モンスターを操る 

1: 2020/03/21(土) 15:07:02.55
no title

no title


2020年シーズン開幕で見つけた今季要注目のJリーガー(7)江坂任(柏レイソル/MF)

思わず記者席で立ち上がってしまうほど、鮮やかな先制ゴールだった。

13分、右サイドのオルンガからのグラウンダーパスをエリア手前で受け取ると、寄せてきたDFを巧みなステップで抜き去り、左足を一閃。
対角線上に放たれた鋭い一撃は相手GKの指先をかすめ、瞬く間にネットへと吸い込まれた。

2年ぶりにJ1の舞台に戻ってきた柏レイソルは、この一撃で勢いに乗ると、怒涛のゴールラッシュを展開。北海道コンサドーレ札幌相手に4ゴールを奪い、4-2とJ1復帰戦をド派手に飾っている。

「いい位置で受けられましたし、受けてからも落ちついてDFを見られたのがよかった」

江坂任は、自身の先制ゴールを冷静に振り返った。

この先制点だけではない。20分には絶妙なフィードを背後のスペースに落とし、オルンガのゴールをアシスト。
さらに58分には、カウンターの流れからチームの3点目も奪っている。2得点1アシストと文句なしの活躍で、勝利の立役者となったのだ。

J1に復帰した柏において、最も注目を集めているのがオルンガだろう。

ケニア出身の長身ストライカーは、昨季のJ2でまさに規格外のパフォーマンスを披露。高さ、スピード、パワーといずれもケタ外れで、J2においては"反則級"の存在だった。
シーズン通算27ゴールを奪い、1試合で8ゴールという漫画のような記録も残している。

この札幌戦でも、オルンガは圧巻のパフォーマンスを披露した。追いつかなそうなボールにも余裕をもってたどり着き、カウンターからふたつのゴールを決めている。
ひとつひとつのプレーで観衆の度肝を抜き、完全にこの日の主役となっていた。

しかし、インパクトではオルンガに及ばないものの、気の利いたプレーで攻撃の流れを生み出していたのは、トップ下でプレーした背番号10だった。
貢献度で上回った江坂こそが、この日のマン・オブ・ザ・マッチにふさわしい。

宇佐美貴史、柴崎岳らと同じ「プラチナ世代」と呼ばれる1992年生まれ。だが、そのキャリアを振り返れば、決してスポットライトを浴びてきたわけではない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200316-00888440-sportiva-socc
3/16(月) 6:00配信

https://www.youtube.com/watch?v=QiXo9Wl6SKY


【柏レイソル】選手応援歌 江坂任

https://www.youtube.com/watch?v=KdpjBWj6zwo


【公式】ハイライト:柏レイソルvs北海道コンサドーレ札幌 明治安田生命J1リーグ 第1節 2020/2/22

「すごい!」「ネイマール超えた」柏の”怪物”FWオルンガがトイレットペーパーチャレンジ動画を投稿! 

1: 2020/03/21(土) 03:29:19.77
最後は奇声を発して豪快な…

新型コロナウイルスの影響で、各国のリーグが中断。不要不急の外出を自粛するなか、選手たちの間で自宅でもできるトレーニング動画をSNSにアップするムーブメントが起こっている。

中でもトイレットペーパーをリフティングする、「トイレットペーパーチャレンジ」が人気で、久保建英や堂安律など日本を代表する選手たちも取り組み、ついにはバルセロナのリオネル・メッシまで参戦した。

そんなチャレンジ動画を投稿したのは、柏レイソルに所属する、ケニア代表FWのオルンガだ。3月20日、自身のインスタグラムを更新し、独特の音楽をバックにチャレンジ動画を投稿した。
 
この投稿には、さまざまな言語のファンが驚愕し、以下のようなコメントが寄せられた。

「すごい!」
「ネイマール超えた」
「私たちのヒーロー」
「大好きだ」
「さすがや!」
「このBGMいいね」
「King kaka(ケニアのラッパー)」

はじめは軽快にリフティングをするオルンガだったが、最後は、気合を入れた声とともになぜかボレーシュートを決めてしまうなど独特な展開に。

昨季はJ2最終節の京都戦で、一人で8得点を決めるなど、”怪物級”の破壊力を持つオルンガらしく、得点力を裏付ける繊細なテクニックと意外性を併せ持った「トイレットペーパーチャレンジ」だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200320-00070984-sdigestw-socc
3/20(金) 19:01配信

no title

no title

no title


https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=70984
動画

https://www.youtube.com/watch?v=XqKrP2QapXY


【オルンガ(柏レイソル)】驚異の8得点!全ゴールまとめ|2019.11.24 明治安田生命J2リーグ第42節 京都戦

https://www.youtube.com/watch?v=KdpjBWj6zwo


【公式】ハイライト:柏レイソルvs北海道コンサドーレ札幌 明治安田生命J1リーグ 第1節 2020/2/22

柏ネルシーニョ監督、新型コロナで日本人の規律称賛 五輪中止論に私見「最優先は…」 

20200315-00251684-soccermzw-000-1-view




1: 2020/03/15(日) 11:28:24.83
母国メディアの取材に応じたネルシーニョ監督、新型コロナウイルスの影響に言及

世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るうなか、J1柏レイソルを率いるブラジル人のネルシーニョ監督は母国メディア「グローボ・エスポルチ」の取材に応じ、
日本人の対応に関して「規律正しい」と称賛しつつ、延期の可能性が指摘される東京五輪について「最優先は…」と私見を述べている。

新型コロナウイルスの影響でJリーグは一時中断され、当初は3月18日の再開が予定されていた。
しかし拡大する状況を受けて12日、Jリーグは「3月18日~29日に開催予定のJリーグのすべての試合について、開催延期を決定しました」と発表している。

これによりJリーグの各クラブにも影響が及んでいるなか、柏を率いるネルシーニョ監督はブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」に対して、日本の状況について言及。
「ここ日本は、とても規律正しい人たちばかりだ。彼らは、大規模イベントを3月中旬までに中止するよう求める政府の要請に応じている」と口にしている。

ネルシーニョ監督は「まだ感染はあるようだが、それでも事態はコントロールされている」と見解を述べつつ、「我々は日々トレーニングを行っている」と一般非公開ながら3月中もトレーニングを続けている様子を語った。

また、「五輪に不安はありますか?」というブラジルメディアの問いに対して、ネルシーニョ監督は「まだ何も決まっていない。最近、よく耳にする質問だ。今のところ延期しないだろう。
あちこちで耳にするが、どれも正式なものではない」と明言。延期の可能性が報じられている東京五輪について「懸念は非常に大きい」としながらも、次のように持論を展開した。

「しかし、私たちはまず人々のことを考えなければならない。ウイルスは日本だけでなく、世界で広がっていることが問題だ。
私たちは他国から来る人々やアスリートについて考えなければならない。最優先はウイルスを制御することだ」
新型コロナウイルス拡大による影響が広がるなか、ネルシーニョ監督も東京五輪開催を巡る問題に関心を寄せていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200315-00251684-soccermzw-socc
3/15(日) 10:40配信

柏の8発男オルンガ、J中断に理解「スポーツは小さな世界。もっと大きな目で…」 

1: 2020/03/03(火) 18:15:04.60
 柏のストライカー、オルンガ(25)がコロナウイルスの早期収拾を願った。
昨年のJ2最終節京都戦で1人で1試合8得点を挙げてJリーグ記録を更新、
一躍クローズアップされたが、今季は開幕・札幌戦で2得点を挙げてさらに成長しているところを見せた。
しかし、第1節が終了したところでJリーグは中断。

「選手は試合をしたい気持ちもあるが、それより世の中のこと考えないといけない。
スポーツは小さな世界。もっと大きな目で見る必要がある。
我々がサッカーをしても、サポーターが脅威に脅かされてはいけない。正しい選択だ」と、Jリーグの判断を評価した。

コンディション維持は簡単ではないが、この日から再開された練習でも切れのいい動きを見せて存在感を発揮。

「サッカーというより、自然現象として避けられない。スポーツ観戦を楽しみにしていた人も、健康が最優先」と理解を示す。

 ネルシーニョ監督も「少しでも早く収束するように望んでいる。世界中が悩まされている社会現象。選手には心身共に今までやってきたことを落とさず積み上げていってほしい」と、話した。

3/3(火) 17:26 Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200303-00000152-spnannex-socc

no title

no title

no title

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索