Samurai Goal

板倉滉


スポンサード リンク





板倉滉「“同僚”ロッベンはいい人。でもまだ誰もイジれない」「周りがジコチューすぎてムカつくことも…… 

1: 2020/09/13(日) 12:04:35.59 _USER9
■「周りがジコチューすぎてムカつくことも……

――それはヨーロッパで必要な姿勢なのでしょうか。

「こっちに来ている日本人選手は皆、そういう気持ちで戦っていると思います。試合に出られていない時は、とにかく孤独です。そこでどれだけしっかり戦えるか、気持ちを強く持ってやっていけるかが大事かなと思いますね」

 ヨーロッパで生き残っていく、さらに上に行くためには、野心が必要だ。そういう仲間たちと切磋琢磨する日々を送っている。

――フローニンゲンは若い選手が多く、より野心的なのではないでしょうか。
「どうなんですかね。そこまでの気持ちを持っているのかはわかりませんが、良くも悪くも自己中心的な選手が多いですね(笑)。『オレが、オレが』という選手が多いから、皆が何かを目指してやっているんだろうなと感じます。
ヨーロッパは、どこでもそうじゃないですかね。時々、ジコチューすぎてムカつくこともありますけど(笑)、結果を出そうという強い気持ちが出ているんだと思います」

――協調やチームワークといった言葉は、欧州では美徳ではないのでしょうか。
「でも、フローニンゲンは監督がすごく細かくて、試合になったらチーム戦術がすごくしっかり存在しているので、それをしっかりやらないと使ってもらえません。だから、チームとしてしっかりやれていると思いますよ」

■まさかの「同僚がロッベン」
 その若いチームにこの夏、一味違う緊張感がもたらされた。長年オランダサッカーの顔として活躍し、昨夏に一度は引退したアリエン・ロッベンが、プロキャリアをスタートさせた古巣であるフローニンゲンで現役復帰を果たしたのだ。

――1年ほどプレーから離れていたロッベンですが、やはりものが違いますか・
「すごくプロフェッショナルというか、一緒にやっていても意識の高い選手だと感じます。これからさらに仕上がっていくだろうし、実戦練習をしていくことで、どんどんコンディションも上がってくると思いますが、
今でも単純なパスやボール回しの練習から“やはり違うな、意識が高いな”と感じますね。

――若手の様子はどうですか。
「たぶんビビッてますよ。まだ誰もイジっていないし、たぶんロッベンが守備をしなくても、誰も何も言えないでしょうね(笑)。皆、ビビッていると思います。

――人柄はどうですか。
「めちゃくちゃ良い人です。あれだけのトップレベルの選手なのに、すごく普通というか、すごく良い人で。若手が多い僕らのチームには、間違いなくすごく良い経験になると思うし、いろいろなことが学べると思います。
単純なポゼッションゲームでもガチガチきますし、そういうピリつきも出してくれるので、すごいなと思います」

 オランダで日々刺激を受け、板倉はさらに大きく成長している。

9/12(土) 19:16配信 サッカー批評
https://news.yahoo.co.jp/articles/5e84913fe7919a8447ba180cdba50fcf643b6f65?page=1
写真
no title

<オランダ1部・フローニンゲン>日本代表DF板倉滉をレンタルで獲得!背番号「5」に〝昇格 

ItakuraKo20191218-thumb-600xauto-227303




1: 2020/07/24(金) 19:03:23.31 _USER9
オランダ1部フローニンゲンは24日、新シーズンに向けて日本代表で東京五輪世代のDF板倉滉(23)をレンタルで獲得したと発表した。


 板倉は2019年1月にJ1川崎からイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーに加入。その直後には、フローニンゲンへレンタル移籍(2020年夏まで)し、昨季は公式戦23試合に出場し、ほぼスタメンに定着した。来季も引き続きオランダでプレーすることになった板倉は、これまでの背番号「17」から「5」へと〝昇格〟した。

 フローニンゲンには現役復帰した元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(36)の加入も決まっており、世界的スターとの競演も注目だ。

7/24(金) 17:59 東京スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/47d2904be263eb1d63df045b7f0f7153d5cb3560

フローニンヘンTDが板倉滉の買い取り意向示す…今季限りでマンCにレンタルバック見込み 

20200418-00373400-usoccer-000-1-view




1: 2020/04/18(土) 10:55:06.92
フローニンヘンが日本代表DF板倉滉(23)の買い取り意向を示している。オランダ『Voetbal International』が報じた。

板倉は2019年冬、川崎フロンターレからマンチェスター・シティに完全移籍したが、ビザの問題もあり、そのままフローニンヘンに1年半レンタル。初年度こそ出番こそ少なかったものの、今季はここまで公式戦29試合のプレーチャンスを掴み取っている。

オランダ挑戦2年目で着実に出場機会を確保する板倉。契約上、レンタル期間の満了となる今季終了後にシティ復帰となるが、フローニンヘンのテクニカルディレクター(TD)を務めるマルク=ジャン・フレッデルス氏はキープしたい考えがあるようだ。

世界的に感染拡大が続く新型コロナウイルスの影響を受けるとされるフットボール界の移籍市場について、フレッデルス氏はこう語り、板倉の買い取り意向も明らかにしている。

「最近、誰かが言っているのを耳にした。『高額な移籍よりも(デヨファイシオ・)ゼファークのような才能ある選手を目指すクラブが増えてくるかもしれない』とね」

「だが、取引ごとに異なり、移籍の手引きも存在しない。様々な事柄が絡んでくるものだ。例として、我々は板倉滉をマンチェスター・シティから買い取りたい」

「しかし、そういったことが明確になるまで少し時間がかかるだろう」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200418-00373400-usoccer-socc

フローニンゲン板倉滉、保有権を持つマン・Cに今夏復帰と蘭報道…来季は再レンタルか 

20200305-00010018-goal-000-1-view




1: 2020/03/05(木) 15:18:52.57
現在、エールディヴィジのフローニンゲンでプレーするDF板倉滉は、今季限りでレンタル元に戻る見通しのようだ。

今季、板倉は2019年1月、保有権を持つマンチェスター・シティからフローニンゲンへ1年半のレンタル移籍を果たした。オランダ地方メディア『Groninger Gezinsbode』はフローニンゲンの今季終了後の動きに早くも注目し、その動向を予想している。

「フローニンゲンは今夏、慌ただしいオフを迎えることになるだろう。主将マイク・テ・ウィーリクとジャンゴ・ヴァーメルダムはそれぞれダービー・カウンティ、ユトレヒトへ戻ることになる」

「デヨファイシオ・ゼーファイクは2021年まで契約を残しているが移籍の可能性があり、板倉滉のリース契約は終了となる。おそらく最終ラインで来季も残る見通しなのはバルト・ファン・ヒントゥムぐらいだろう」

1997年生まれ、現在23歳の板倉は2019年1月に保有権を持つ川崎フロンターレからマンチェスター・Cに完全移籍。だがイギリスでの就労ビザが下りない事情もあり、すぐさまエールディヴィジのフローニンゲンに貸し出された。

初年度こそフローニンゲンで出場機会に恵まれない板倉だったが、オランダ2年目の今季はここまでリーグ戦21試合に出場するなど、チームの主力に定着していた。だが現時点でフローニンゲンの地元メディアは板倉について、保有権を持つマンチェスター・Cに戻る見通しだと伝えている。

また、板倉はマンチェスター・Cに戻った場合、イギリスの就労ビザが下りるかどうか不透明。来季は再レンタルとなる可能性が高いが、その際どのチームに新天地を求めることになるのか、去就が引き続き注目されるところだ。

3/5(木) 14:22配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200305-00010018-goal-socc

板倉&食野、マンチェスターCトップ入りの可能性はほぼゼロ?地元紙がレンタル選手たちの今後を予想!  

1: Egg ★ 2019/10/12(土) 08:46:57.98 ID:FgnhiIwg9
日本代表DF板倉滉やU-22日本代表FW食野亮太郎はこの先、所属元のマンチェスター・シティでプレーする可能性はほぼないに等しいかもしれない。イギリス紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が現在レンタルに送り出されている選手たちの状況を分析し、その将来を10段階で評価した。

『マンチェスター・イブニング・ニュース』によれば、シティと契約を結んでいながら他クラブで武者修行に挑んでいる選手は現在32人。2019年夏に同クラブに渡り、即座にフローニンゲンにレンタル加入した板倉や今夏に移籍直後に期限付きでハーツに渡った食野もそういった形での欧州挑戦を選択している。

しかし、これら各国のタレントたちにシティのトップチームに割り込む可能性はあるのだろうか。同紙が掲載したレンタルプレーヤー30人の状況の分析だが、イングランド2部相当チャンピオンシップのノッティンガム・フォレストに送り出されているコソボ代表GKアリジャネ・ムリッチ(20歳)が10ポイント中「7」と最高点が与えられ、将来的にはエティハドでプレーする可能性が濃厚と見られるのは彼のみとなっている。

元U-21オランダ代表でアンデルレヒトにレンタル移籍したDFフィリップ・サンドレル(22歳)、トゥエンテに送り出されるもそのトップチームでは出場機会を得られていないU-20イングランド代表DFジョエル・ラティオーディエール(19歳)はそれぞれ「5」と続き、シティのトップでプレーする可能性は50%だという。しかしながら、そのほか27人に関しては「4」は1人、「3」は3 人、「2」は7人、「1」は6人、「0」は10人となっている。

そして、板倉は2022年までの契約を結んでいるシティの一員になる可能性は「0」と考えられているようだ。今シーズンについて、「22歳のDFはエールディビジで充実したシーズンを過ごしているが、『マンチェスター・イブニング・ニュース』の見解ではイタクラの獲得はシティ・フットボール・クラブによるものであるため、彼がこのクラブのためにプレーする可能性は極めて低いということだ」と当初からシティの補強と考えられていないと記されている。

また同じく2022年までの契約を持つ現在21歳の食野は「1」となっており、「日本人FWのメシノは移籍市場最終日に到着すると、すぐさまスコットランドへとローンに出され、そこでは全試合に出場してきた」と紹介されるも、同選手も今後シチズンス(マンチェスター・Cの愛称)の一員となる可能性は低いという。

シティと複数年契約を交わし、欧州へと羽ばたいた2人の日本人選手。ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるトップチームのメンバーとして、プレミアリーグやチャンピオンズリーグに挑戦するシナリオは現状想像し難いかもしれないが、それぞれ欧州リーグ1部所属のクラブでレギュラーを掴んでいるだけに所属元の期待を超えるパフォーマンスを見せ続け、現地メディアの懐疑的な見方を覆したいところだ。

10/12(土) 8:11配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00010004-goal-socc

写真no title

オランダ紙「オノ&ホンダ時代の再来だ!」中村敬斗、菅原由勢、板倉滉ら鮮烈デビュー若武者に驚嘆!  

1: Egg ★ 2019/08/07(水) 09:06:44.70 ID:MTmcf/Pg9
「中村敬斗の獲得は”小さな奇跡”だ」

写真
no title

中村(左)と菅原(右)はともに19歳。日をまたいでリーグデビュー戦で初ゴールという快挙を成し遂げた。

 現地時間8月2日に開幕したエールディビジ。今季、6人の若き日本人選手が参加しているオランダ1部リーグの開幕節で、実に5選手が先発出場を飾った。

 なかでも鮮烈なデビューを飾ったのが、この夏にガンバ大阪からトゥベンテに移籍した19歳、中村敬斗だ。

 4-3-3の3トップ左で先発した中村は、オランダにおけるビッグ3の一角、PSVアイントホーフェンを相手に、試合開始8分で豪快なミドルシュートを叩き込んだ。試合はその後追いつかれて1-1のドローに終わったが、デビュー戦で強豪相手に1得点を挙げた中村の快挙に、現地メディアは「これ以上ないスタートだ」「新星現わる!」と賛辞を惜しまなかった。

 そして翌3日に行なわれたAZアルクマール対フォルトゥナ・シッタルト戦でも、若きサムライが異彩を放った。名古屋グランパスからAZに加入した19歳の菅原由勢である。

 こちらは4-3-3の左SBで先発。常にウイングバックのように思い切ってポジションを上げ、果敢に攻撃参加する姿が目立っていたが、83分、その積極性が実を結ぶ。右サイドからのグラウンダークロスに素早く呼応し、ダイレクトで蹴り込んでネットを揺らしたのだ。なんとオランダで初だけでなく、プロキャリアにおいても初のゴールを挙げ、4-0の大勝に華を添えた。

 同紙は第1節のベスト11に菅原を選出。プレシーズン中からそのお茶目なキャラクターでサポーターの心を掴んでいたDFは、早くもクラブの人気者となっている。


 こうしたふたりの若き日本人選手の活躍に、オランダ紙『Algemeen Dagblad』は「シンジ・オノ(小野伸二)とケイスケ・ホンダ(本田圭佑)を彷彿とさせる素晴らしい時代の復活」と評した。

「PSVに対して素晴らしいゴールを決めたケイト・ナカムラ。そして約24時間後にはAZのユキナリ“ユキ”スガワラがF・シッタルトに対して同じような鮮やかなゴールを叩き込んでみせた」

 さらに中村の活躍に対しては、こう論じている。

「ナカムラがPSVに対して達成した“偉業”を、驚くひとはいなかった。トゥベンテが彼の獲得の際に出したプレスリリースや声明に目を通すといい。テッド・ファン・リーウェンTDはこのように”予言”している。

 『ケイトは日本でもっとも優れた才能を持つ選手のひとり。卓越したテクニックと、この年齢では信じられないほどのインテリジェンスを有している。我々のわずかな財源でこのクオリティーの選手を獲得できたことは、のちに“小さな奇跡”と呼ばれるかもしれない』と」

8/7(水) 6:10 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190807-00010002-sdigestw-socc

開幕デビューのフローニンゲン板倉が決勝弾の起点に! 堂安と共にフル出場  

1: 豆次郎 ★ 2019/08/04(日) 09:24:25.15 ID:EVMTZvPN9
8/4(日) 9:21配信
開幕デビューのフローニンゲン板倉が決勝弾の起点に! 堂安と共にフル出場

 オランダ・エールディヴィジ開幕戦が3日に行われ、MF堂安律とDF板倉滉が所属するフローニンゲンとエメンが対戦した。

 昨季のリーグ戦を8位で終えたフローニンゲンは、堂安と板倉を先発起用。板倉はこの試合でデビューを飾り、2選手ともフル出場を果たした。

 試合は前半を両チームスコアレスで折り返すと87分に試合が動く。板倉がボールを奪取するとそのまま左サイドを突破。板倉は中央のラモン・パスカル・ルンドクヴィストにパスを出すと、ルンドクヴィストは前線に浮き球のスルーパスを送る。ボールを受け取ったアルディン・フルスティッチが冷静に決めて、フローニンゲンは先制に成功した。

 このまま試合は終了して、板倉の起点で決勝ゴールが生まれ、フローニンゲンは開幕戦を勝利で飾った。フローニンゲンは次節、FW中村敬斗が所属するトゥウェンテと対戦する。

【スコア】
フローニンゲン 1-0 エメン

【得点者】
87分 1-0 アルディン・フルスティッチ(フローニンゲン)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190804-00964153-soccerk-socc
no title

世界のスカウトが狙うUー20日本人選手たち 

20190226-00000041-tospoweb-000-1-view

<板倉滉>フローニンヘン入団会見で意気込み「日本とはゲームスピードや球際の激しさが違うなと感じました」  

20190117-00449992-nksports-000-13-view




1: 2019/01/19(土) 20:26:27.19
Jリーグ・川崎フロンターレからプレミアリーグ、マンチェスター・シティへ完全移籍したうえで、オランダ・エールディビジのフローニンヘンに期限付きで加入した板倉滉。イングランドでサインを済ませた翌日にはオランダ入りし、現地16日に入団会見が行なわれた。

 板倉は現在21歳で、来年に迫った東京五輪で主軸として期待されている存在だ。会見には、板倉と同様に新加入選手の2名、ハンス・ニーラントGM、ロン・ヤンスTDが出席。板倉は自身の紹介VTRが流れると、照れ臭そうに表情を緩めた。

 ヤンスTDは板倉獲得について、「実は我々は当初、マンチェスター・C(U23チーム所属)のウリエル・アンテューナに興味を持って問い合わせをした。そして話し合いをしているなかで、板倉の名前が上がった。(堂安)律に『板倉について知っているなら教えてくれ』と訊ねると、彼の答えは非常にポジティブで、板倉が優秀なフットボーラーであることが分かった」と経緯を明かした。

 また、「板倉は過去6か月間、DFとしてプレーしていたが、フローニンヘンとしてはMFと考えている。非常に背が高く、右足の技術も良く、テクニカルな選手だ」と、起用法にも言及している。

 一方、板倉はオランダ語での簡単な挨拶の後、「小さい頃からの夢でもあったヨーロッパでのプレーを、このフローニンヘンでスタートさせることができて、とてもうれしく思います。もちろん、マンチェスター・Cにも感謝しています。自分の力を精一杯出して、フローニンヘンのためにベストを尽くします。よろしくお願い致します」と、日本語で述べた。

 チームメイトとなる堂安には、事前に色々なことを訊いたという。

「良い街だと聞いているので、楽しみなことがたくさんです。言葉とか難しいことはあると思いますが、律の助けも借りて、なるべく皆とコミュニケーションをとって、早く適応したいです。

 オランダのリーグは、これまでテレビで観てきましたが、日本とはゲームスピードや球際の激しさが全然違うなと感じました。このリーグで、少しでも自分を高めていけたらと思います」

 マンチェスター・Cからのレンタル期間は1年半。背番号は「17」になることも、併せて発表されている。海外初挑戦となる板倉の奮闘に期待しよう。

1/17(木) 6:30配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190117-00052906-sdigestw-socc

板倉滉がマンCからのレンタルでフローニンゲンに加入!!堂安と東京五輪コンビ結成へ  

1: 2019/01/15(火) 05:11:50.11
1/15(火) 5:03配信
板倉滉がマンCからのレンタルでフローニンゲンに加入!!堂安と東京五輪コンビ結成へ

 オランダ・エールディビジのフローニンゲンは14日、マンチェスター・シティからDF板倉滉(21)がレンタル移籍で加入することを発表した。

 昨季、川崎フロンターレからベガルタ仙台に期限付き移籍していた板倉。川崎Fからマンチェスター・Cに完全移籍したうえで、2020年夏までの期限付き移籍でフローニンゲンに加入することになった。

 フローニンゲンは公式サイトに板倉が英語で話す動画も掲載。「偉大なクラブであるフローニンゲンに加わることができてとてもうれしいです」と笑顔で話す板倉は15日にオランダに到着する予定だという。

 東京五輪世代の板倉はセンターバックだけでなく、ボランチもこなすユーティリティープレイヤー。186cmの長身を生かした対人の強さには定評がある。フローニンゲンには日本代表MF堂安律も所属しており、オランダで東京五輪世代コンビが誕生することになった。

 川崎Fの下部組織出身の板倉は15年にトップチームに昇格。16年にJ1で2試合、17年にJ1で5試合に出場し、昨季は期限付き移籍先の仙台で24試合出場3得点を記録した。各年代別代表にも名を連ね、17年のU-20W杯、昨年のAFC U-23選手権、アジア競技大会にも出場した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-18439400-gekisaka-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索