Samurai Goal

松本山雅


スポンサード リンク





松本山雅、布啓一郎新監督決定的 今季J3群馬で指揮  

20191212-00010024-goal-000-1-view




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/11(水) 05:52:02.71 ID:n+m8Qaky9
来季J2に降格する松本山雅の新監督に今季J3群馬を率いた布啓一郎監督(58)の就任が決定的となったことが10日、分かった。
関係者によると既に交渉はまとまっており、近日中にも発表される見込み。

市船橋監督時代に全国高校選手権、全国高校総体で各4度優勝、U―16、U―19日本代表を指揮するなど若手育成に定評がある布監督。
山雅の新卒選手で定位置を確保するまでに成長したのは過去8年で今夏にポルトガル1部マリティモに移籍したFW前田のみ。
生え抜き選手育成は急務なだけに、ぴったり合う人材だ。

また、反町監督が北京五輪日本代表を率いている時に日本協会の技術副委員長を務めていたのが布監督。
神田社長は「積み重ねたものを無駄にしたくない。スクラップ&ビルドではダメ」とこれまでの8年間で構築した良い部分は生かしたい考え。
今季J3最多の59得点で群馬をJ2昇格に導いた手腕は、J1でも通用した山雅の守備力をベースにワーストの21得点に終わった攻撃面の改革も期待できる。J1復帰に挑む来季へ、期待感は増す一方だ。

◆布 啓一郎(ぬの・けいいちろう)1960年(昭35)12月21日生まれ、千葉県出身の58歳。千葉東高―日体大を経て84年から市船橋高の監督に就任。
U―16日本代表監督、日本協会技術委員、U―19日本代表監督を歴任して18年からJ3群馬の監督に就任。今季は2位の成績を収め、J2昇格を決めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00000071-spnannex-socc
12/11(水) 5:30配信

松本、反町康治監督の辞任を発表…指揮8年でクラブ初の昇格、2度のJ1挑戦も定着できず  

20191208-00010019-goal-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/08(日) 14:49:07.18 ID:CkwtPpQC9
松本山雅FCは8日、反町康治監督(55)が2019シーズンをもって辞任することを発表。後任については決定後に知らせることも伝えている。

現役時代に日本代表としてもプレーした反町監督は、2001年にアルビレックス新潟で指揮官としてのキャリアをスタート。
2006年から北京五輪世代の代表を指揮した後、湘南ベルマーレで采配を振るい、2012年から松本の監督に就任していた。

松本では、就任3年目にしてクラブ史上初のJ1昇格を達成。しかし、2015年にはわずか1年間で降格の憂き目にあい、
それから3年間で再び昇格にこぎつけたものの、再挑戦となった今シーズンを6勝13分け15敗の17位で終えて降格を喫している。

松本を離れる決断を下した反町監督は、「8年間にわたり、たくさんのご指導ご鞭撻、サポートありがとうございました。
この経験は何事にも変えがたいものです。クラブの益々の発展を願ってやみません。ありがとうございました」とクラブにエールを送り、別れの挨拶としている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-00010019-goal-socc
12/8(日) 13:25配信

松本・反町監督、退任示唆 来季J2降格「現場が責任を取るのは当然」  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/05(木) 06:23:59.96 ID:1Q8SgBQo9
来季J2降格が決まった松本山雅の反町康治監督(55)が4日、今季限りの退任を示唆した。

結論は先送りしたものの、自身の責任などに言及。
同一クラブでは自身最長の8年目を迎え、7日に湘南との今季最終戦を控える指揮官が、大きな決断を迫られている。

湘南戦に向けた練習後、反町監督が注目される去就について口を開いた。
2、3日をオフとして自身も自宅がある東京で休養したという指揮官は「閉じこもって、犬の散歩でしか外に出ていない」と話し、進退についてじっくり考えたようだ。

報道陣を前に「一日たりとも無駄にしてこなかったつもりではいるけど、自分の力足らずだった。誰のせいでもない。現場が責任を取るのは当然。長くいる弊害もある」と心境を告白。
シーズン中から8年目となる長期政権の問題点に関して話したことはあったが、2度目のJ2降格が決まったこのタイミングで現場を預かる指揮官としての責任とともに改めて指摘した。
降格決定直後で去就問題に関して「少し頭が真っ白」などと話すにとどめたG大阪戦(11月30日)終了時よりも踏み込み、退任を覚悟したかのようだった。

それでも結論について「最終的に会社と話さないといけない」と説明。「最後の試合もあるし(順位次第で)来季のルヴァン杯に出られるかどうかもある。
我々のチームの影響だけじゃないし、(神田)社長と話す前にあなた方(報道陣)に言うはずはない」とあくまでも明言は避けた。

これまでも去就が注目されたシーズンはあったが、いずれもクラブがシーズン中に続投要請を出し、反町監督が応じる形だった。
今回は神田社長がG大阪戦終了後に「8年間、反さんに育ててもらった。
敬意を表して直接話したい」と語った一方で「変化、進化が必要なタイミング」と監督交代に踏み切る可能性を否定しなかった。

今季最終戦が“反町山雅”の最後となる可能性を残す中で、指揮官は「サポーターは辛抱強く、明るくサポートしてくれている。
“応援してきて良かった”と思う試合をしたい」と強調。4月20日の鳥栖戦以来となるホームでの勝利を誓った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00000064-spnannex-socc
12/5(木) 5:30配信

no title

no title

no title

松本山雅 反町監督、退任も 3連敗で最下位転落「決定力の差」  

201802060007-spnavi_2018020700022_view




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/01(日) 10:44:30.50 ID:munB8WAS9
◆明治安田生命J1リーグ第33節 G大阪4―1松本(30日・パナスタタ)

松本は3連敗で最下位に転落し、2度目のJ1挑戦も1年での降格が決まった。
前半9分、カウンターからFW永井がチャンスを迎えたが決めきれず。直後に失点し、その後も失点を重ねた。
今季の得点数はリーグ最少の20。夏にはU―22日本代表FW前田がポルトガル1部・マリティモに移籍と戦力の流出もあった。
反町康治監督(55)は「決定力の差と言ってしまえばそれまでなんですけど、今日の試合に象徴されるようにシーズン通して難しかった」と語った。

J1初挑戦の15年と同じく、1年でのJ2降格。
今季で契約の切れる反町監督は、自身の去就について「ここでコメントすることはできない」と明言せず。
神田文之社長(42)は「(反町監督と)一緒につくってきた部分もある。片方だけで決めてはいけないことかなと思ってはいますが、何か変化、進化が必要。
話し合って決めていきたい」と説明。J2に昇格した12年から8年間率いてきた指揮官が、今季限りで退任する可能性が浮上した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-11300316-sph-socc
12/1(日) 6:00配信

<Jリーグ>ジュビロ磐田と松本山雅の降格が決定!  

1: Egg ★ 2019/11/30(土) 16:00:42.01 ID:8/Kxtpbo9
明治安田生命J1リーグ第33節が30日に行われ、松本山雅FCとジュビロ磐田が最終節を残してJ2降格が決定した。

 松本はアウェイでG大阪と対戦。前半序盤に小野瀬康介に先制弾を許すと、30分と45分にも井手口陽介に2ゴールを献上。3点のビハインドを背負うと、後半にもアデミウソンにダメ押し点を献上。終了間際に1点を返したものの及ばず、1-4で敗れた。

 残留へ勝たなければならない状況であった磐田は、松本昌也のゴールで先制したものの、前半のうちに長谷川アーリアジャスールに同点弾を許してしまう。しかし後半に大久保嘉人が勝ち越し点を奪い、2-1で勝利した。

 一方でホームに広島を迎えた湘南は、9分に決まったオウンゴールの1点を守りきり、1-0で勝利。この結果、松本と磐田の17位以下が確定。2チームの降格が決定した。

 今季、4年ぶりにJ1昇格を果たした松本は、8年目となる反町康治監督のもと、残留を目標に戦ってきたものの、シーズンを通して深刻な得点力不足に悩み、苦境を抜け出せず。J1挑戦はわずか1年で終えることとなった。

 また、同じく降格が決まった磐田は今季、開幕5戦未勝利でスタートすると、不振が続いたことも影響し、6月30日の第17節・川崎フロンターレ戦をもって名波浩監督が辞任。

 後任は鈴木秀人ヘッドコーチが昇格したものの、苦境を脱することができず。わずか1カ月半で契約解除となり、小林稔ヘッドコーチが暫定的に指揮を執る状況に。その後、スペイン人のフェルナンド・フベロ監督が就任し、ここ5試合で2勝1分2敗と盛り返していたものの、16位に届かず。名門が2度目の降格の憂き目に遭ってしまった。

11/30(土) 15:57配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-00010016-goal-socc

写真no title

“正念場”続く松本山雅 歴代最多入場のホームで横浜に敗れる 次節の結果次第では…長野 6勝14敗12分 17位  

IP191123TAN000062000[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/23(土) 22:31:51.90 ID:OFx+MAd49
23日、松本山雅はホームの「サンプロ アルウィン」で横浜F・マリノスと対戦、1対0で敗れました。

アルウィンに詰め掛けた入場者は1万9744人で、歴代最多を更新。サポーターから熱い声援を送られた山雅でしたが、前半2分、横浜の仲川にシュートを決められ、先制を許します。
後半、チャンスはあったものの、ゴール前で横浜が鉄壁の守備を見せ、結局、1対0で敗れました。順位は降格圏内の17位のままです。
次は今月30日、ガンバ大阪との対戦。次節、16位の湘南が勝って、山雅が負けた場合は降格が決まるため、大事な一戦となります。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191123-00000009-nbstv-l20
11/23(土) 19:30配信

https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/score/2019/2019112304.html
試合スコア

https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/data/standings/
順位表

MF町田也真人(松本山雅)告白!「実は右耳が聞こえません」  

1: Egg ★ 2019/10/03(木) 22:55:47.78 ID:ZS4q4UlE9
松本山雅FCのMF町田也真人(29)が3日に自身のツイッター(@yamato_m10)を更新し、自身の体に関する告白を行った。

 埼玉栄高出身の町田は、専修大を経て2012年にJ2の千葉へ入団。2017年からは背番号10を託され、2018年までの7シーズンでJ2リーグ戦153試合に出場して22得点を記録した。今季から活躍の場をJ1の松本に移し、ここまでJ1リーグ戦9試合に出場している。

 町田が打ち明けたのは、自身の耳に関することだった。

「実はというか、2、3歳の頃、自分で耳かき棒をさしてしまいそれから右耳が聞こえません」

 当時「手術すれば半々の確率だと小学校1年時に検査で言われました」というが、「これで育ってきたので不便さは感じていません」と、自身にとって問題はないことを強調している。

 続けて「話しかけて僕が気付かなかったらそれはしかとではありません。なので気付くまで話しかけて下さいね笑」とファンに説明した。

 デリケートな話題を明るく綴った町田。「1番大変だった」こととして「学校で後ろからトントンされてヒソヒソ話をされた時。めんどいときは、全く聴こえてないけど、『そうなんだー』で乗り切ってました笑 乗り切れてない時いっぱいあったけど」と、泣き笑いの絵文字付きで振り返っている。

 そして「さて」と話を切り替えた町田は「次の試合こそ勝ち点3を!!!!!」と決意表明した。所属する松本は現在、自動降格圏内の17位。5日にアウェーで行われる第28節の仙台戦に向け、「最高の応援を今回も宜しくお願いします」とファンに呼びかけた。

10/3(木) 21:02配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-43472347-gekisaka-socc

写真
no title

J1松本が賞味期限切れ菓子販売!「健康被害の可能性低い」  

images




1: Egg ★ 2019/09/30(月) 21:00:24.86 ID:cT5AJU1T9
J1松本は30日、ホームのサンプロアルウィン(長野県松本市)で29日に開催したF東京戦で、賞味期限切れの商品を販売していたと発表した。会場外の売店で販売した「松本山雅FCポテトチップ」に、9月3日に賞味期限を迎えた「わさび&和牛味」と、同19日だった「山賊焼き味」が含まれ、計31個が売られた。購入者からの指摘で判明した。

 松本は商品の交換や返金に応じるとし、「健康被害の可能性は低いと製造元に確認している。お客さまに多大なるご迷惑をお掛けしたことを深くおわび申し上げます」とコメントした。 

9/30(月) 20:52配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190930-00000160-jij-spo

ついにヴィッセルに覚醒の時が。新戦力ふたりがもたらした“秩序” 

20190915-00064182-sdigestw-000-7-view[1]

昇格組大分がアジア王者鹿島を敵地で撃破。横浜FMはG大阪に逆転勝利 

20190223-00310615-footballc-000-1-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索