Samurai Goal

松木安太郎


スポンサード リンク





【朗報】EURO2016で「松木解説」が見られる?テレ朝が放映権を獲得していた 

1: 名無しさん 2016/04/23(土) 16:07:13.41 ID:CAP_USER*.net
6月から7月にかけてフランスで開催される「サッカーの祭典」EURO2016。
すでに衛星放送局の『WOWOW』が全51試合を生中継すると発表していたが、もちろん地上波でも放送される。

今大会の中継を担当するのは、テレビ朝日だ。

EUROといえば、これまでの2004年大会から2012年大会にかけてはTBSが地上波における放映権を獲得していた。

しかし、今大会ではテレビ朝日が放映権を獲得したようだ。
同局では「EUROマガジン」という本大会に向けてのプレビュー番組を放送しており、
その中で放映権を獲得した旨が紹介されている。

テレビ朝日のサッカー中継といえば、松木安太郎氏の“名解”説が人気を博しているが、
やはりEUROでも「松木解説」を堪能することができるのだろうか?これはある意味楽しみ!

http://qoly.jp/2016/04/23/euro-2016-on-tv-asahi
no title

松木安太郎の奇声解説をリオ五輪で求める理由 人間力先生の解説は結婚式での課長のスピーチみたいで私はダメだった 

1: 名無しさん 2016/02/12(金) 03:01:32.286188 ID:CAP_USER*.net
松木安太郎の奇声解説をリオ五輪で求める理由【小田嶋隆の「日本サッカー」を、取り戻す】第2の矢

◆一人でテレビ観戦する際に感じるさびしさ

 退院して、久々に自宅のデカい画面のテレビでJリーグの中継にチャンネルをあわせたり、代表戦や五輪予選の試合を見たりすると、自分のサッカー中継の見方が入院前とはずいぶん違ってしまっていることに気づく。
おそらく、入院中に、たった一人で、タブレット&イヤホン視聴環境での試合中継視聴を重ねたせいだと思うのだが、私は、どうやら明らかにさびしがりやになっているのだ。
つまり、視聴者としてのオダジマが中継スタッフに求めるものが、「情報」よりも「情緒」に偏ってきているということだ。

 具体的に言うと、入院前の半可サッカーマニアであった当時の私は、実況アナに、余計な感想を述べないストイックで正確な状況報告を求めていた。
ボールホルダーの名前をきちんと伝え、できれば、パスの送り手と受け手の間に入ろうとして惜しいところでパスカットに失敗した敵方ディフェンダーの選手の名前とプロフィールも伝えてほしいといったような要求だ。
解説者にも、その日のピッチ状態や、直前のゲームでのキープレイヤーのコンディションや、リーグの中のライバルの動向など、とにかく正確で詳細な情報を適切なタイミングで伝える仕事をこなしてほしいと考えていた。
であるから、たとえば、宮本恒靖氏の冷静かつ的確なコメントや、NHKの野地アナウンサーの感情に流されない端正な実況ぶりを高く評価していた。

 ところが、入院中に孤独な観戦経験を重ねた私は、いつしか、その種の情報提供型のマニア向けの中継に疲労を覚えるようになっていた。
あの種のスカパー型のきちんとした中継は、たとえば、かたわらに友人やら息子やらがいて、「おいおい、そこはシュートだろ」「やべえ」などと言いながら見るのには良い。ピタリとハマっている。

 でも、たった一人で見ているオレに、ただただ技術的だったり戦術的だったりする情報をささやかれ続けても、それはちょっと困るわけだ。 具体的に言えば、さびしいのだよ。で、心に沁みるのが、松木解説だ。

◆「心の叫び」を提供する松木解説のありがたみ

 家族の者は、それぞれに忙しい。気がついてみれば、子供たちが学校に通っていた頃みたいに、大勢でサッカーを見ることもなくなっている。 とすれば、
「おいおいおい」「PKじゃないかぁ」「よしよしよし。ははははははは」 「あぶないあぶない」 という、まるで解説になっていない松木さんの叫びが、一番ありがたい。

 なんとなれば、松木安太郎のコメントの半分ぐらいは、解説というよりは、並んで観戦しているオヤジの奇声であり、歓声であり、怒声であるからで、
本来のサッカー観戦というのは、実はリテラルな(文字化された)「情報」を収集する中で進行するものではなくて、
叫びや、怒りや、歓喜の声が渦巻く感情の沼に首までどっぷり浸かる中で為される、著しく感情的な行為であるはずのものだからだ。

 仲間とスタジアムに行った時、私は、批評的な観戦者ではない。戦術的なチェックをしているわけでもないし、個々の選手の技術的な問題点について考察を深めるために座席に座っているのでもない。
私たちは、デカい声を出し、立ち上がった拳を振り上げるみたいな、大人げのないオヤジに変身するためにチケットを買っている。本当は、テレビの前でもそうでありたい。
ただ、一人でサッカーを見ていると、どうしても批評的になってしまう。それはそれで楽しくないわけでもないのだが、こっちがおとなしい分、せめて隣で喚いてくれるオヤジを配置してほしいわけだ。

 結論を述べる。 「ウィー・ウォント・マツキ」

 これが、今年のテーマだ。

 リオ五輪の中継は、ぜひ、テレ朝のチームでやってほしい。松木&ゴンの黄金解説。

 人間力の先生は、時々チャンネルを切り換えて確認してみたが、親戚の娘の結婚式でスピーチをしてる課長のスピーチみたいで、私はダメだった。
 スタジアムは結婚式場じゃない。

 むしろ、居酒屋だ。

 We want Matsuki !
 We want Gon !

 君たちの力で、マラカナンをまるごと居酒屋に変えてくれ。 期待している。

フットボールチャンネル 2016年02月08日(小田嶋隆)
http://www.footballchannel.jp/2016/02/08/post136583/
画像:実況・解説陣の語りはテレビ中継の重要な構成要素となっている
no title

画像: テレ朝の日本代表中継解説でおなじみの松木安太郎氏
no title

松木安太郎の試合の流れを読む力、危機察知能力が凄いと話題に!! 

880: 名無しさん 2016/01/31(日) 09:52:08.80 ID:9tCjvz0s0.net
松木、韓国は後半落ちると言ってたじゃん

あいつの言うことは当たるんだよ、何故かw

no title

松木以外のサッカー解説者いらなくね? 

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/13(水) 13:54:50.064 ID:AjxtWAuid.net
中村けんごや俊さんが解説者になってほしいんだよね

no title

視聴率低迷のサッカー日本代表戦に「松木安太郎不足」の声!視聴率20%台はテレ朝のW杯アジア2次予選シンガポール戦のみ 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/17(土) 16:20:10.79 ID:???*.net
かつては20%越えが当たり前で、「ドル箱」といわれたサッカー日本代表戦の視聴率が苦戦している。

ハリルホジッチ監督が就任した今年3月以降、視聴率20%台は6月16日のW杯アジア2次予選シンガポール戦のみ。9月、10月のW杯アジア2次予選は3試合とも20%に届かなかった。

なぜ、ハリル・ジャパンの代表戦は視聴率が苦戦しているのだろうか。テレビ局関係者が話す。

「W杯予選といっても2次予選ですし、いまや視聴者も日本のW杯出場は当たり前だと思っている。昨年のブラジル大会でアジア勢が惨敗したため、出場枠の削減も噂されたが、結局『4.5』のまま。

よっぽどのことがない限り、出場できると考える視聴者がほとんどでしょう。いくら日本が苦戦しても、2次予選での敗退は考えられない。初出場を決めた1997年予選のような緊張感はありませんから」

 それに加えて、もうひとつ考えられる要因があるという。W杯予選といえば、中継はテレビ朝日の印象が強い。

だが、9月、10月は日本テレビ、TBS、フジテレビ系が放送。ハリルホジッチ監督就任以降、サッカー日本代表は11試合を行なっているが、テレ朝はわずか2試合しか中継していない(10月13日現在)。

「テレ朝が2試合しか放映していないことと、ハリル・ジャパンの低視聴率は関係していると読めなくもないですよね。実際、ハリル・ジャパン唯一の20%越えは、テレ朝中継の日でしたから」(同前)

 テレ朝といえば、いまや名物となった松木安太郎氏の解説が聞ける地上波唯一の局でもある。絶叫型で、あたかも視聴者目線の感想を公共の電波で漏らし続けるかのように解釈されることもある松木氏に対する好みは分かれるところで、以前は否定派も多かった。 

だが、ここ数年、ネットを中心に「松木さんの解説じゃないと物足りない」という意見も増えている。

 実際、テレ朝が中継すると、ツイッター上では選手のプレーよりも、松木氏の解説に関するツイートがトレンドで1位に入るケースもしばしば。  

他局の解説者ではほとんどない傾向であり、松木氏が視聴率に貢献しているとの見方もできる。松木氏に詳しいスポーツライターが話す。

「代表戦は一種のお祭りのようなもの。そのお祭りを盛り上げる神輿担ぎとして松木さんほど最適な人はいない。

相手のペナルティエリアで際どいプレーがあれば、すぐに『ハンド!』と主張し、日本に不利な判定をされれば『何なんすか、これ』『ふざけたロスタイムですねえ』と怒ってくれる。 

松木さんほど、視聴者の心情を代弁してくれる解説者はいないですよ。

 日本中が注目する代表戦になれば、サッカーの技術的なことよりも、応援スタイルの解説のほうが視聴者も鼓舞されますからね。今の代表戦は、明らかに松木さん不足です」

 11月には、W杯2次予選のシンガポール戦、カンボジア戦の2試合が行なわれる。アウエーではあるが、時差があまりなく、ゴールデン帯やプライム帯での放送が予想されるなか、仮にテレ朝の中継で他局以上の視聴率を取れれば、“松木神話”は現実のものとなるかもしれない。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151017-00000014-pseven-spo
no title

【動画】サッカー4人衆、「白猫」CMで青春満喫!!(松木・福田・前園・じゅんいち) 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/30(水) 16:15:49.45 ID:???*.net
元サッカー日本代表の松木安太郎、福田正博、前園真聖と、本田圭佑選手のものまねネタで
人気のお笑い芸人・じゅんいちダビッドソンが、スマホ向けRPG「白猫プロジェクト」の新CMに出演した。
「青春」をテーマにストーリーが展開されるCM「白猫高校シリーズ」の新作で、「学園祭・白猫やきそば」編、
「学園祭・カフェ」編、「ハロウィーン」編の3編。サッカー部員役の4人は、学園祭とハロウィーンパーティーを舞台に、
青春の楽しい一こまをにぎやかに演じた。ヒロイン役として、「岡山の奇跡」と称されている
タレント・桜井日奈子が出演。CMソングには、大原櫻子の新曲「Special day」が使われている。
放送は10月1日から。出席者:松木安太郎、福田正博、前園真聖、じゅんいちダビッドソン、桜井日奈子【動画はこちら】(2015/09/30)

サッカー4人衆、「白猫」CMで青春満喫
http://www.youtube.com/watch?v=1MxMxLOVWKo



記事
http://www.jiji.com/jc/c?g=ent2_ent2&k=g150612

SnapCrab_NoName_2015-9-30_16-25-14_No-00

スポーツ中継を盛り上げる力が上手いのは松岡修造か、松木安太郎か? 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/18(金) 17:11:47.69 ID:???*.net
サッカーとテニス。畑は違えど、ふたりの語録には「???」なものが多い。
ところが、彼らの言葉を聞いていると、なぜかTV観戦が盛り上がる。スポーツ実況のプロの目にはどう映るのか?

 まずは次ページからのふたりの台詞を読んでみてほしい。
「おッ、PKか? よーしっ!」(松木)、「あきらめないッッッ!」(松岡)など、解説者というよりは、
熱烈な“オヤジファン”のような発言が並ぶ。
ところが、「これはなかなかマネできない」と、元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏。

「松木さんは咄嗟の思いつきで適当に話しているようにも聞こえるが、ユーモラスな発言の裏には
『大丈夫、前を向いて応援しよう!』というメッセージ性がある。たとえ日本代表が劣勢でも、
彼の解説だとなぜか楽しく見てられる。一方、松岡さんは元トッププレイヤーだけに、言葉に重みがある。
ユーモア性は松木さんほどないが、間を取るのがうまく、言葉の感性が純粋で豊か。
だから、観る人の心に響いてくるんです」(長谷川氏)

 長谷川氏が「これはなかなかできないよ」とうなったのは、意外にも松岡氏の「無言」解説。

「言葉を発しないことで、逆に現場の臨場感や、喜び、怒りといった感情を伝えることができる。
下手な解説者はすぐに間を埋めようとどうでもいいことばかり話してしまう。
最近のプロ野球の視聴率低迷は下手な解説のせいでしょう(笑)」(長谷川氏)

 名解説も人気の一因なのかもしれない。

■サッカー解説・松木安太郎さん
1957年生まれ。読売クラブの選手、ヴェルディ川崎の監督として活躍後、解説者に転身。
ユーモアセンスに長けた解説にファンは多い。

◎忘れられない松木語録

「……黙って見てましょう!」
2011年、アジアカップ日本対韓国、本田のPK直前、アナウンサーから「どこに蹴るんでしょうね」と振られ

「6分~!?ふざけたロスタイムですね~」
2011年、アジアカップ日本対シリア、日本リードの場面のロスタイムがわかった時

「十分な時間です!!」
2006年、日本対ペルー、日本がリードを許している場面にロスタイムを見て

「いや~もう今日ね、カツ丼食ったからね、俺たち!」
2013年、日本対ベルギー、日本が大きくリードした場面で

「多少システムがあっても、ボールを持った人がガーッと行って、ドーンと決めたら監督は文句言いませんよ!
ハッハッハッ!ザッケローニがシステム、システムって言うんですけど、いいんですよ、11対11でやってくれれば!」
2015年、日本対ペルー

「今、キーパーいなかったら入ってましたね~」
2011年、アジアカップ日本対ヨルダン、岡崎がゴールを外した場面

「おッ、PKか?PK?PK!PK!PKだ!よしっ!よーしっ!」
2011年、アジアカップ日本対韓国、延長後半に岡崎がペナルティエリア近くで倒された場面で

「まァ、中でいいんじゃないですか」
その後、倒されたのがエリアの外だとわかって

サッカー解説者松木安太郎さんの好きな名言は? 

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 19:57:52.13 ID:2x2qDDb20NIKU.net
ふざロス
なんなんすかこれ
外せ!

no title

サッカー中継解説に違和感…松木の相棒ゴン中山が機能せず 

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 08:08:32.47 ID:???*.net
女子がワールドカップで決勝トーナメントに進出し、男子が2次予選スタートとサッカー中継が盛り上がった。
試合結果は明暗がクッキリと分かれたが、では、中継の解説はどちらが勝ちか?

女子は例えばスイス戦で、なでしこはすぐボールを奪われたり、決定的な場面でシュートを外したりしていたのに、
フジテレビの解説は批判せず、どちらかというと褒めてばかり。
加藤與恵と山郷のぞみの元選手2人は、選手にもテレビ局にも気を使いすぎだ。
その上、知名度もしゃべり方も地味。OGを出すならもっと知名度で人選してほしい。

逆に派手で、若干盛り上げすぎなのが男子。強化試合も2次予選初戦も担当したテレビ朝日の松木安太郎&ゴン中山のコンビだ。
松木の解説はおもしろく、かつわかりやすいとネット上で評判だが、試合展開によってはスタイルが変わる。

4対0の楽勝だったキリン杯のイラク戦では「ヨッシャー!」と喜びを連発、終始明るかった。
走り回るよりボールを回したほうがいいという話の時には「ボールはどんなに走っても疲れないからね、はっはっは!」と定番のオヤジギャグも飛ばした(アナウンサーはスルー)。

が、引き分けたシンガポール戦では、「よーし、いいボール上がるぞ~」「あー!」と解説ではなく応援目線になり、
点が入りそうで入らない後半は「サイド! サイド! サイド!」「今度は右から!」「ファウルだよ今の!」と監督目線の独り言と化した。熱い人だなぁ。これぞ松木節。

ところが、もうひとりのゴンが松木の子分みたいで気になる。
途中から「サイド、サイド、サイド、ですね」と同意したかと思うと、松木が「(シュートを)打ってほしかったぁ!」と言うと、ゴンは「そうですね!」とイエスマンと化してしまった。

解説を2人置くのは違う目線で意見を言ってもらうのが本来の目的なのに、ゴン、同じじゃ意味ないだろう

日本はどのスポーツでも“先輩の解説者を立てる”という無難な態度が見られる。
しかし、落合(元中日監督)は解説者時代、同席の先輩にかまわず持論を展開したものだ。
解説は男子の勝ちだが、解説者は男女とも人選に工夫が必要。果たして、松木の“相棒”にはだれがいいのか。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/160976
2015年6月21日

no title

相棒はダレがいい?(C)日刊ゲンダイ

松木安太郎氏 「Jリーガーは年俸額をそのまま受け取ることができるわけではない。試合にすべて出場し、勝利する必要がある」 

1: 影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ 2015/04/28(火) 12:32:23.48 ID:???*.net
26日深夜に放送の「Get Sports」(テレビ朝日系)で、松木安太郎氏が、Jリーガーのお金に関する逸話を暴露した。

番組では「日本サッカーが世界で勝つためにはいったい何が必要なのか」と題した企画を放送。
中西哲生氏をコーナー進行に配し、松木安太郎氏や中田浩二氏らが討論に参加した。

話題がJリーグの金銭事情に迫ると、中西氏がJ1選手の推定年俸トップ10を発表。
ガンバ大阪の遠藤保仁選手が、1億8000万円でトップになった。

しかし、Jリーガーは年俸額をそのまま受け取ることができるわけではないという。
内訳が「基本給」と「出場・勝利給」に分かれており、選手が満額を受け取るには、試合にすべて出場し、勝利する必要があるそうだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/10055875/

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索