Samurai Goal

松岡大起


スポンサード リンク





浦和のシュートを防いだ松岡大起はハンド?真っ向対立!原副理事長「あれをハンドにしないとハンドは無い」 

1: 2020/09/17(木) 14:38:19.38 _USER9
気になったジャッジを徹底解説する「Jリーグジャッジ リプレイ#17」がDAZN(ダゾーン)で配信中だ。今回は、明治安田生命J1リーグ第15節の2-2の引き分けで終わった浦和レッズvsサガン鳥栖から、前半ATに関根貴大のシュートが松岡大起の腕に当たった場面を取り上げる。

【動画】ノーハンドとなった物議のシーン
https://www.goal.com/jp/%E3%8B%E3%A5%E3%BC%E3%B9/jleague-judgereplay-20200915/1uh9uayyz4mc1183iw9igvm6cv

番組には、お馴染みとなっているJリーグの原博実副理事長、Jリーグウォッチャーの平畠啓史さん、JFA審判インストラクターの小幡真一郎氏が登場。桑原学さんMCのもと、SNSで反応が多かったシーンをピックアップして議論を行った。

松岡の手に当たっていることは明らか
今回物議を醸しているのは、浦和vs鳥栖の前半ATのシーン。浦和の左CKから柏木陽介のクロスがクリアされると、こぼれ球に反応した関根がボックス手前中央からシュートを放つ。すると、ボールはボックス内の松岡の腕に当たったが、ハンドの笛は吹かれていない。

スロー映像でボールが腕に当たっていることを確認した平畠さんは、「攻撃側から言うともうハンドと言いたくなるし、ハンドと言われてもおかしくないという気がします」と率直な印象を口にする。そのうえで言い切ることができない要因として、SNS上でさまざまな意見が寄せられたことを紹介した。

「『関根のシュートの腕ストップはPKじゃないですか?身体から腕が出てて、シュートとの距離もあります』という意見もありますし、『これはボールが腕に向かってきている。故意ではないパターンだと思います』と『腕は身体から離れていますが、肩より上の位置ではありません。このような場合でもハンドの反則になるのでしょうか』とか。たぶん、色々なハンドの考え方があって、人によってそれの照らし合わせ方が違う」

ハンドの条件として、まず“意図的”にボールに手や腕で触れた場合は反則となり、その基準として「体のシルエットが不自然になっていないか」、「手がボールに寄っていっていないか」が考慮される。ユーザーの間では、その捉え方に差異が生じていたようだ。

とはいえ、原副理事長は「ハンド。あれをハンドととらなかったら(サッカーに)ハンドは無い」と強く主張。その根拠として、シュートが放たれた位置と松岡までの距離が十分なものであったとの旨を伝える。

9/15(火) 17:29 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/ba52a2591de648f7462362c719164d8789b2c5e1

写真
no title

17歳サガン鳥栖MF松岡大起 ライバルは久保!目標はカンテ 小3から野球と両立も「サッカーが楽しかった」  

20190408-04080383-nksports-000-10-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/08(月) 21:02:20.53 ID:DHoaHFyB9
FC東京MF久保建英(17)に負けるな! 

こちらサガン鳥栖の17歳のMF松岡大起も将来が楽しみな有望株だ。第2節ヴィッセル神戸戦でリーグ戦デビューをトップ下で果たし、4月6日ベガルタ仙台戦まで6試合中、5試合(先発3試合)に出場。主力に定着している。

2年連続でトップチームに2種登録されている鳥栖ユース所属の松岡は、自慢のスピードに加え「技術的な部分は通用するし、ユースでやってきた頭で考えるプレーが通用している。それを生かして活躍できれば」と、J1でも手応えを感じとっている。

久保とは生年月日が3日しか違わず、同学年のライバルだ。「前からライバル視している」というU-22日本代表に対し「前から有名で手の届かない所にいたが、やっとここまで来られた。追い越せるように成長し、日本代表入りしたい」と刺激を受けている。

U-17やU-18の代表歴はあるが面識はない。だが小5の夏、初めて練習試合で対戦し「見ていてうまかった」と、当時の衝撃を覚えている。今なお「トップスピードに乗ったドリブルでも、ボールが足から離れない。エリア内に飛び込んで相手を抜き去る技術を持っている」と、インパクトは強烈だ。

そう言う松岡も、身体能力の高さは、高校野球の名門、熊本工のエースとして夏の甲子園に出場した経験を持つ父順一さん(47)譲り。松岡自身、小3からサッカーと野球を両立した時期もあったが「サッカーが一番楽しかった」。ユースを選ぶ際、京都サンガFCやサンフレッチェ広島の練習会に参加するなどしたが、環境が整う鳥栖入りを選んだ。

目指すは英プレミアリーグ・チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテ(28)だ。169センチと小柄だが「ボールを奪い、グッと運ぶ力強さがある」とあこがれる。将来の日本代表入りを目指しており、鳥栖でもまれ、さらなる飛躍を遂げてもらいたい。【菊川光一】

◆菊川光一(きくかわ・こういち)1968年(昭43)4月14日、福岡市生まれ。福岡大大濠高-西南大卒。93年入社。写真部などを経て現在報道部で主にJリーグなど一般スポーツを担当、プロ野球などのカメラマンも兼務する「二刀流記者」。スポーツ歴は野球、陸上・中長距離

4/8(月) 15:40配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190408-04080383-nksports-socc

森保Jで見たい「未招集プレーヤー」いま試すべき旬なアタッカーは? 高評価を得る二人の17歳も候補に  

img_96ac2d09f2b78ce1f98974af6c56ac9b59663




1: Egg ★ 2019/03/13(水) 09:12:40.47 ID:iCYflrGx9
ポスト大迫の最有力だった鈴木優磨が負傷離脱。ゼロトップであれば…
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/55444_ext_04_0_1552428998.webp?v=1552429322

 ハビエル・アギーレ、ヴァイッド・ハリルホジッチと続いた前任の外国人監督に比べ、さすがに森保一監督は日本人選手たちの状況を掌握し、サプライズの少ない妥当な人選で世代交代を進めて来た。堂安律、南野拓実、中島翔哉の2列目を筆頭に、最終ラインには冨安健洋、ボランチにも遠藤航を組み込んだので、GKも加えれば、ロシア・ワールドカップから過半数のスタメンが入れ替わったことになる。さらにこれから挙げる選手たちの名前も、指揮官の構想には当然入っているはずで、おそらくコパ・アメリカの開催時期を考えれば、半数前後はフレッシュなメンバーを使う必要が出てくるに違いない。
 
 ポジション別に見ても、現状で誰もが真っ先に危惧するのが「ポスト大迫探し」だ。大迫同様にポストワークを優先すれば、最も肉薄していたのが鈴木優麿だったが、故障で離脱してしまった。いつまでもないものねだりをしていても仕方がないし、今後も大迫勇也が万全であり続ける保証はない。そこで別の選択肢を探れば、武藤嘉紀を活かした2トップ、もしくはゼロトップ型が浮上する。そういう意味では、トップ下の資質が高く、ベルギーリーグでゴールを量産してきた鎌田大地は、試しておくべき最も旬なアタッカーだ。自分でゴールを狙うエゴイスティックな面を備えながら、状況把握も的確でアシスト役も務められる。日本代表に戦術的な幅をもたらしてくれる可能性を秘めた選手だ。

【動画】久保建英が絶妙パスで今季初アシスト!

 
 一方でむしろ日本代表の得点源が2列目だと考えれば、現状の3人に刺激を与える人材はしっかりと後から続いている。既に海外組に近づいているのが安部裕葵。繊細で精度の高いボールタッチとアグレッシブなメンタリティを持ち、もはやACLやJリーグが物足りないレベルに来ている。また川崎からのレンタルで、昨年は札幌、今年は横浜と、環境を変えながらもチームの中でコンスタントに違いを見せられるようになっている三好康児も、勢いだけではなく本物の充実期に突入しつつある。

資質的に稀少価値を持つセンターバックは誰だ?

島の町田は稀少的価値を持つDFとして試してほしい存在と加部氏。17歳の鳥栖・松岡は指揮官から高い評価を得る。写真:滝川敏之、徳原隆元
 ただし2列目は日本のセールスポイントなので、さらに下からも突き上げが来ている。今シーズンは、FC東京で久保建英、鳥栖では松岡大起と2人の17歳がスタメンを確保。アマチュア時代から見る過去の記録破りの若年代デビューには、話題作りの意味合いもあったが、この2人は紛れもなく指揮官にとって替えに効かない存在になっている。もともと技術、判断水準では大人を凌駕していた久保は、対戦相手など条件を考慮して招集しても良い時期が近づいているが、鳥栖のカレーラス監督も「松岡を早く代表監督に見に来てほしい」とアピールした。また欧州移籍をした伊東純也が出場機会確保に苦しむようなら、同じくスピードが武器の仲川輝人に面白い味付けを期待できるかもしれない。技術的には粗さが残るがアジリティは際立っているので、状況打開が求められる展開でのワンポイント起用なら有効な手札になりそうだ。
 
 そしてDFに目を転じれば、190センチでレフティと資質的に希少価値を持つ町田浩樹が推奨株。歴史的にもセンターバックの熟成には定評のある鹿島が、本腰を入れて育てる様子なのも重要なポイントだ。ただしこのポジションは、過去に例を見ないほどの豊作状況にあり、冨安に続き板倉滉、中山雄太も欧州進出を果たしており、ボランチも含めて層の厚い激戦区に変貌している。逆に手薄なのが両サイドバックで、酒井宏樹を室屋成が追う右はともかく、深刻なのが左の人材不足。攻守にバランスの取れたレフティが望ましいが、センターとサイド双方の事情を考慮すれば、どこかで3バックとの併用に踏み切る時期が訪れるのかもしれない。

3/13(水) 7:16配信サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190313-00055444-sdigestw-socc&p=1



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索