Samurai Goal

東口順昭


スポンサード リンク





誰かいないのか!? 日本代表、川口、楢崎、川島に続く正GKは誰か?  

1: Egg ★ 2019/07/25(木) 09:20:17.31 ID:EFyqfkXR9
写真
no title


サッカーの日本代表は、森保監督体制となってまもなく1年を迎える。不動のエース大迫勇也やボランチの柴崎岳らフィールドプレーヤーのレギュラーは固まりつつある中で、GKの起用はいまだに流動的だ。9月には2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会のアジア2次予選が始まる。本大会に向けて正GKの座をつかみ取るのは誰か。

これまでの日本代表にはJリーグ発足後、松永成立、川口能活、楢崎正剛、川島永嗣ら絶対的な守護神が存在した。W杯には6大会連続で出場しているが、そのピッチに立ったGKは、わずかに3人だけ。初出場となった1998年フランス大会が川口、日韓共催の02年が楢崎、06年ドイツ大会では再び川口がポジションを奪い返した。10年南アフリカ大会では、川島が岡田武史監督に抜てきされ、昨夏のロシア大会まで3大会連続で日本のゴールマウスを任されてきた。

森保新体制となって実施された試合数は19で、出場したGKは権田修一、シュミット・ダニエル、東口順昭、大迫敬介、川島の5人だ。出場試合数を見ると、アジア・カップを主に守った権田が最多の8、シュミットが5、東口が3で続き、先の南米選手権で招集された川島が2、大迫敬が1となっている。

30歳の権田は、FC東京でプロのキャリアをスタートさせ10年に代表デビュー。以降、西野朗監督を除いてザッケローニ、ハリルホジッチら歴代監督の下、ほぼ毎年のように招集されてきたが、川島らの影に隠れ、キャップ数は今年のアジア・カップまで3試合と少なく、長く控えGKとして過ごしてきた。途中には、オーバートレーニング症候群も克服。準優勝したアジア・カップでは7試合のうち6試合を守ったが、足元の技術で不安を露呈した。GKからボールをつなぐことを求める森保監督のサッカーで、失点につながりかねないミスを多発。この大会後に、2度目の欧州挑戦となるポルトガルのポルティモネンセに移籍したが、代表での出番はまだ訪れていない。

米国人の父と日本人の母を持つシュミットは、身長197センチとこれまでの日本のGKと比べて、スケールが違う。16年に行われた日本代表候補のGK合宿では、当時J2の松本所属ながら、ハリルホジッチ監督に長身と将来性を買われて呼ばれた経歴を持ち、昨年11月に代表デビューを果たした27歳だ。当然、空中戦を得意とするほか、フィールドプレーヤーの経験もあって、足元の技術は高い。自らも課題に挙げるのがシュート対応だ。正しいポジションを取り続け、判断力がさらに備われば、長身はより生きる。3月からの親善試合では3試合続けて先発を任され、いずれも無失点。この7月にはベガルタ仙台からシントトロイデン(ベルギー)への移籍が決まった。「(ファンが)いずれ一番見たい選手になれるように、頑張りたい」と、野心も出てきた。

ガンバ大阪の東口も11年から代表の常連となっているが、キャップ数は8で権田と同様に出番には恵まれてこなかった。ガンバ大阪のジュニアユースでは、本田圭佑、家長昭博らと同期の33歳。ユース昇格はかなわず、進学した福井工業大ではサッカー部が解散してしまい、新潟経営大に転入してプロ入りを果たした苦労人だ。ガンバ大阪が14年に、J1、ナビスコ・カップ、天皇杯の国内3冠を遂げた際の立役者でもある。シュート対応に定評があり、至近距離のシュートに対しても素早い反応を見せるのが強みだ。

19歳の大迫敬は、将来が楽しみな新鋭。6月の南米選手権では、初戦のチリ戦で、川口、楢崎、川島も成し得なかった10代での代表デビューを果たす。高校3年でサンフレッチェ広島とプロ契約を結んだが、昨季までの出場はゼロ。ところが、今年2月に正GKだった林の負傷により、アジア・チャンピオンズリーグのプレーオフでプロデビューすると、J1でも開幕戦を任されて定位置を確保。わずか半年足らずで一気に日本代表まで登り詰めた。優しい語り口とは対照的に、ピッチに入れば物おじしない堂々としたプレーを見せる。積極的にクロスボールに出るなど守備範囲が広く、攻撃の起点となる抜群のキックの精度も持つ。「上の選手を蹴落とすじゃないですけど、そういう人達に危機感を与えられるようにしたい」との若者らしい心意気もいい。

7/25(木) 7:02配信 victory
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-00010000-victory-socc

森保監督はポスト川島なる“第1GK”を決めるべきではないか  

82b5a2d3453a5bfeccb513870a9fef4820190411103441878[1]




1: 豆次郎 ★ 2019/04/12(金) 06:19:04.37 ID:qj61BXq99
公開:19/04/12 06:00 更新:19/04/12 06:00
 森保ジャパンの代表3月2連戦でGKをチェックさせてもらった。

 まずは3月22日のコロンビア戦に出場したG大阪所属の東口順昭(32)だ。南米の強豪相手に最少失点(0―1)に抑えたことは評価するが、試合を通して「最後尾からチームを統率していく」という雰囲気が伝わってこず、「今日は存在感の薄いGKだったな」とついボヤいてしまった。

 4日後の同26日のボリビア戦(神戸)には、仙台に所属するGKシュミット・ダニエル(27)が先発した。ポジショニングだったり、クロスに対応する際の足の運びだったり、やや未完成な部分が目についた。

 身長197センチの恵まれたフィジカルをフルに発揮できていない印象を持った。体調が良くなかったのだろうか? 

 東口については、同30日のJリーグ・神戸戦についても言及したい。

 神戸のMFイニエスタやFWビジャ、FWポドルスキといった大物助っ人選手のプレーがハイレベルだった――と言えばそれまでだが、東口のパフォーマンスは精彩を欠いていたと言うしかない。

 試合は先制点、追加点を奪ったG大阪が優位に進めた。この日は「最悪でも引き分けて勝ち点1ゲット」がGKには求められる。いずれにしても、リードを守れずに敗戦に至った責任を肝に銘じてプレーしないといけない。それが日本代表GKというものである。

 森保ジャパンは6月14日に開幕する「南米選手権」に参加する。南米10カ国に招待国の日本とカタールが南米王者を争うというのも、何だか奇異な感じもするが、南米各国がプライドを懸けて戦う真剣勝負の場で試合が出来るということは、森保ジャパンにとって大きな財産となるだろう。

 森保監督に聞いてみたい。南米選手権には「レギュラーGKを決めて臨むのか?」。2010年南アW杯から日本のゴールマウスは、ストラスブール所属の川島永嗣(36)が不動の守護神として君臨してきた。そろそろポスト川島を決める時期である。個人的には、第1GKを決めて南米選手権に乗り込むのがベターだと思っている――。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/251632

「自分が正GKとは思わない」森保ジャパンGK権田、ポジションを争うライバルに感謝 

20190131-00010009-goal-000-1-view

【アジア杯】森保一監督が負傷の大迫&東口の状態を説明。先発メンバーは「直前まで考えたい」 

20190112-00052632-sdigestw-000-9-view

日本代表、負傷の大迫&東口がオマーン戦欠場へ…森保監督「おそらく難しい」  

20190111_75




1: 2019/01/12(土) 19:57:47.40
AFCアジアカップUAE2019のグループリーグ第2戦に臨む日本代表は12日、試合会場となるザイード・スポーツシティ・スタジアムで前日練習を行った。

 冒頭15分の公開となった練習では、右臀部の違和感で前日別メニュー調整となったFW大迫勇也が、痛みの再発で姿を現さなかった他、GK東口順昭も、11日の練習で腰に痛みが出たために欠席。2選手はホテルでの別メニュー調整となり、21名がピッチでの練習を行っている。

 練習後、森保一監督は「練習は回避して、治療に充てて早期のチーム合流に向けてやっていくとメディカルから報告を受けています。明日の試合にはおそらく難しい」と会見でコメント。両選手の欠場を示唆している。

 大迫は右臀部の違和感でUAE入り後も別メニュー調整となったが、6日から全体合流し、初戦のトルクメニスタン戦にフル出場して、2得点を挙げていた。東口は初戦、GK権田修一に先発を譲り、ベンチで戦況を見つめた。

 日本代表は13日にオマーン代表とのグループリーグ第2戦を迎える。キックオフは日本時間22時30分。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190112-00891239-soccerk-socc

東口順昭“W杯の雰囲気を警戒”「デ・ヘアでもミスする…」 

m_goal-1wzfbb55i2dp31tgz2xn0s3wx6
1 2018/06/17(日) 14:50:40.13 _USER9
日本代表GKの東口順昭は16日の練習後に取材に応じ「チームの雰囲気は良くなっているし、この前の試合に勝ったから雰囲気は良いです。これを継続していこうっていう感じで、良い雰囲気で練習ができています」とチーム状態が上向いていると語った。

32歳にして今回初めてのワールドカップを迎える東口。川島永嗣、中村航輔とのポジション争い真っただ中の同選手は「試合に出たいという気持ちは強い」と明かすも、試合に出る出ないにかかわらずGKというポジション特有の役割があると話した。

「ポジションは1つしかないので、1つを奪うために練習からしっかりやりますけど、出えへんかったら出えへんかったで、違う役割があると思う。GKならではの役割はあると思うし、そういうところでGK陣としても、チームとしても、1つにまとまるか、まとまらへんかって出てくると思うので、出れへんかったら終わりやとか、そんなところを出していたら、個人としても、チームとしても成長していけへんと思う。そこはワールドカップで日本代表として戦っているので、自分自身は気をつけたいというか、やって当たり前だと思うし、出た人を全力でサポートすることは、特に代表では必要なんじゃないかなって思います」

また、15日のスペイン対ポルトガルの一戦で、スペインの守護神ダビド・デ・ヘアがミスから失点してことについて、「ああいう選手でもああいうミスをしてしまうっていうのはワールドカップ独特の雰囲気もあると思う。コンディションという面でぴったり合わせていくのは難しいんやなと、あらためて思っています」と言及。

「結果論ですけど、足ではじき出すのが無難じゃないかと。シュートの振りが振りが速い分、手が間に合わなかったから、足でやった方が良かったんやないかっていう見解になるけど、そこでの判断は一瞬。プレミアで毎日速いやつのシュートを受けているGKでも、そういう判断ミスをするので、入ったら、そうやって言われますよね」

そして、16日には複数の試合でPKがあったことを問われた東口は「余分なファウルはしいひんっていうのが鉄則だと思う。ペナルティエリア付近でもそうだし、簡単にFKとか、セットプレーを与えたら、緊張感のある大会で試合を決めかねないので、そこはビデオ判定があろうが、なかろうが、気をつけないといけない」と返答。初戦のコロンビア戦に向けての対策も立てているとコメントした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000009-goal-socc

GK東口に“出番到来!?”パラグアイ戦に起用濃厚か 

GettyImages-967231338-800x533
1 2018/06/12(火) 00:47:10.20 _USER9
日本代表は11日、国際親善試合パラグアイ戦に向けた最終調整を行った。

 西野朗監督就任から3試合目となる明日の一戦は「起用の少なかった選手をテストしたい」と先発メンバーの入れ替えを明言済み。ここまで2試合は川島永嗣(メス)がゴールを守ったが、東口順昭(ガンバ大阪)がピッチに立つ可能性も十分ありそうだ。

 東口は「しっかりと結果を残すことがチームの底上げにもなると思う。流れが変わるきっかけになると思うので、すごく大事な試合」と位置づける。ゴールマウスに立った際には「自分がどれだけ通用するのかチャレンジしたい」とコメントした。

 日本代表にはコンスタントに招集されているものの、国際Aマッチの出場はわずか「4」。昨年は10月のハイチ戦、12月の中国戦の2試合に出場したが、いずれも失点を喫しアピールにはつながっていない。「今までは思ったようなプレーができなかったので、それを糧に強気にやっていきたい。同じような入りは絶対にしないように。もっと考えてやっていきたい」と正守護神獲りへ意気込みを語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00774119-soccerk-socc

【動画】宇佐美貴史が東口順昭の肉体美をアップ!これが関西の笑いかwww 

602: 名無しさん 2016/06/22(水) 23:42:12.68 ID:WmN3flR70

ガンバ東口順昭、海外組から「Jリーグのスピード遅すぎる」と指摘される Jクラブが相手のミスを待つ傾向なのが原因? 

1: 名無しさん 2016/06/08(水) 19:55:11.02 ID:CAP_USER9
 G大阪の日本代表GK東口順昭(30)が、2試合とも出場のなかったキリン杯での代表期間中に、
海外組の選手たちから「Jリーグのスピードは遅すぎる」と指摘を受けたことを明かした。
8日、FW宇佐美とともに大阪府吹田市内でのチームの練習に合流。
7日のボスニア・ヘルツェゴビナ戦に先発出場した宇佐美は軽めのランニングのみで切り上げたが、
東口はフルメニューをこなし11日の湘南戦(吹田S)に備えた。

 海外組から指摘されたJリーグのプレースピードが遅い理由を「(ハリルホジッチ)監督も言っているけど、
Jは相手のミスを待っているチームが多すぎる。そういうところが、スピードが上がらない原因だと思う。
打ち合いを嫌がる傾向もある」と分析。
守備時にも積極的にボールを奪いに行かず、相手のプレーを遅らせてミスを待つ傾向が、
海外組に“遅い”と感じさせる部分だと語った。

 「自分も海外でプレーできれば、それ(海外のスピード)に日常的に慣れることができるけど、
今の(Jリーグの)状況では難しい。歯がゆいですね」と東口。
Jでプレーする日本代表の選手たちが、意識を変えてアグレッシブなプレーを増やし、
スピードを速めていくことでJリーグ全体の底上げをしていく必要性を説いていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160608-00000160-sph-socc
no title

【動画】日本代表散歩隊!!高徳面白すぎwwwそれに引き換え関西人なのに東口… 

★: 名無しさん


tyle="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;padding-left:20px;margin-bottom:40px;">



Cj1HgzQUgAA9ho3


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索