Samurai Goal

東京ヴェルディ


スポンサード リンク





本田圭佑、東京ヴェルディ“買収”狙っていた!!一体、何を目指しているのか...? 

4-5_article_type_3
1 2018/08/08(水) 11:40:04.40 _USER9
サッカー日本代表MF本田圭佑(32)が水面下でJクラブ買収へ動いていたことが6日、本紙の取材で明らかになった。オーストリア3部ホルンや米下部オレンジカウンティーSCなどのクラブ経営に参画するなど、実業家としての手腕を発揮しているが、満を持して母国のクラブ経営にも乗り出す。すでにJ2東京Vと接触していたという。また、オーストラリア1部(Aリーグ)メルボルン・ビクトリーはこの日、年俸290万豪ドル(約2億4000万円)の1年契約で本田の加入を正式発表した。

 日本の元エースがオーストラリアで再始動することを決めた。1ゴール1アシストをマークしたロシアW杯後には引退も示唆していた本田だが、オランダ、ロシア、イタリア、メキシコに続き海外5か国目のリーグで現役を続行する。

 メルボルンVがこの日、公開した動画インタビューで「僕の仕事はこのチームを勝たせること。自信はあります。常にベストを尽くすのが僕のスタイルです。勝ちましょう!」などとコメント。今後はメルボルンVの躍進とともに、自国開催となる東京五輪サッカー男子で24歳以上の選手を3人まで登録できるオーバーエージ(OA)枠での参戦を目指していく。

 一方でピッチ外でも新たなビッグプロジェクトをスタートさせた。複数の関係者によると、本田は日本のクラブを傘下に収めるため買収に動き出していたというのだ。その理由について関係者は「世界に日本選手を送り出すというコンセプトで海外クラブを買収したけど、圭佑は自分の足元となる日本に窓口となるようなクラブがないので、Jクラブを買収しようとしている」と説明した。

 本田は自身のマネジメントなどを担当する「ホンダ・エスティーロ」を通じ、世界中でサッカースクールの経営に乗り出すとともに、2015年にオーストリア3部SVホルンの経営権を取得。その後も米下部ユナイテッドリーグのオレンジカウンティーSCと業務提携し、カンボジア2部ソルティーロ・アンコールFCとウガンダ1部相当ブライトスターズFCを買収し、クラブ経営を行っている。

 満を持して自身の母国である日本にも拠点となる5つ目のクラブを持とうとしたわけだが、当初ターゲットとしたのがJ2東京Vだった。かつてカズことFW三浦知良(51=横浜FC)やMFラモス瑠偉を擁し、Jリーグナンバーワンと呼ばれた名門クラブ。

 しかし何度かの身売りを繰り返し、現在も経営難がささやかれていることもあり、本田サイドが買収を持ちかけたというのだ。

 Jリーグ関係者は「クラブを持ち、そこから世界に通じる人材を送り出したいという本田サイドの意向を受けてヴェルディも検討したようだ。でも圭佑には現在の経営陣らと一緒に共同経営する考えはなく、あくまで(株式の)51%(経営権)を持ちたいという提案をしていたそうだ。自分たちが全てを握りたいということでしょう」と明かした。

 この件について東京Vの羽生英之社長(54)は本紙の取材に「もう終わったことだから…」とコメント。詳細については語らなかったが、本田サイドとクラブ買収に関する交渉をしていたことは否定しなかった。

 前出の関係者は「圭佑はビジネスのことしか頭にないし、とにかく日本に拠点となるクラブを欲しがっているのは間違いない」と断言。一度は決裂した東京Vを含め、引き続きJクラブ買収を進めていくつもりだ。本田がJクラブの“オーナー”になる日は遠くない。

【メルボルン・ビクトリー】2004年創設で、オーストラリアAリーグで3度の優勝を誇る強豪クラブ。同じ都市に本拠を置くメルボルン・シティーとはライバル関係にある。今季のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)では1次リーグF組でJ1川崎に勝利。ホームには5万人以上収容のエティハド競技場などを使用する。中心選手はオーストラリア代表FWジェームズ・トロイージ(30)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000010-tospoweb-socc

本田圭佑に“東京ヴェルディ”が年俸3億円で獲得オファー!?大サプライズくるか? 

DdjTH5TVMAAexvy
1 2018/08/02(木) 17:08:01.49 _USER9
本田にJ2東京Vが獲得オファーでまさかの日本復帰も
8/2(木) 16:30配信
東スポWeb

本田の新天地はどこになるのか

大逆転はあるのか。今後の去就が注目されているロシアW杯の日本代表MF本田圭佑(32)は、7月31日に現役続行と近日中に加入する新チームを決めることを表明した。
すでにオーストラリア1部(Aリーグ)メルボルン・ビクトリー入りが確実視される一方、J2東京Vが獲得の正式オファーを出したことが判明。まさかのJリーグ復帰の可能性もありそうだ。

関係者らによると、2008年以来のJ1昇格を目指す東京Vはリーグ終盤戦の切り札としてメキシコ1部パチューカを退団し、現在フリーの本田獲得に動いているという。
ロシアW杯後に正式オファーを出し、今シーズン末までの4か月間契約で、年俸ベースにすると3億円という条件を提示済みだ。

現在J2で5位と昇格プレーオフ圏内の東京Vは、7月に16年シーズンのJ1得点王ブラジル人FWレアンドロ(33)をJ1神戸から獲得し、後半戦に向けて戦力強化を図ってきた。
さらにロシアW杯で1得点1アシストと活躍した本田を補強することでJ1自動昇格となる2位以内を確保し、悲願を達成する構えだ。

本田は4月にメキシコでのシーズンを終えて帰国し、5月上旬からロシアW杯に臨む日本代表招集に備えて東京Vの練習に参加した。
親しく接したイレブンはもちろん、スペイン人のミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(61)もイタリア1部ACミランで10番を背負った本田の実力を再認識し、加入を熱望しているという。

一方、本田はロシアW杯後に「現役を続けていくかとか、サッカーにどう携わっていくのかは整理したい」と引退の可能性を示唆。
しかし31日に自身の公式ツイッターを更新し「なぜサッカーを続けるのかという新しい目標を決めた。
近日中に次のクラブに関して決断したい」とし、現役続行と新天地について言及した。

すでに年俸290万豪ドル(約2億4000万円)を提示したメルボルンV移籍が有力視される中、米メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーや
スペイン1部バレンシア入りもささやかれている。本田は移籍先について「日本はない」と明言していたが、
世界を股に掛けた争奪戦に水面下でJ2東京Vもしっかりと参戦していたわけだ。

この件について、東京Vの羽生英之社長(54)は1日、事実関係を認めた上で
「オーストラリア行きが有力と報道されているが、まだ(本田サイドから断りの)返事をもらっていないから」と話し詳細は明かさなかったものの獲得を諦めていない様子だった。
果たして、まさかの大どんでん返しはあるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00000024-tospoweb-socc

乾無きエイバル、東京ヴェルディと協定締結!日本との繋がりを重視か 

30034_ext_04_0
1 2018/07/10(火) 21:38:36.49 _USER9
スペイン1部のエイバルは10日、J2の東京ヴェルディと今後2年間の戦略的協定を結ぶことが合意に達したとして発表を行った。

 両クラブはこの戦略的協定を通して、スポーツ面およびマーケティング面でお互いの強化に向けた協力を行うとのこと。協力する分野には女子サッカーやeスポーツも含まれると発表されている。

 昨年6月には、Jリーグとスペインのラ・リーガが戦略的連携協定を締結したことが発表された。エイバルと東京Vの協定は両リーグの個々のクラブの間で締結されたものとしては初であり、リーグ間の連携を強化するとともに、文化的交流の助けとなることも期待されるとエイバルは述べている。

 エイバルでは2014年から昨季まで日本代表MF乾貴士がプレーし、主力選手として活躍していた。その乾はベティスへ移籍したが、エイバルは乾の存在を通して培った日本との繋がりを今後も維持していきたいと考えているようだ。

7/10(火) 20:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180710-00280931-footballc-socc

本田にサプライズ!!東京Vから特注“HONDA”ユニフォーム! 

DdjTH5bVAAQkgFm

 W杯壮行試合ガーナ戦(30日、日産)に向けた日本代表27人に選出されたMF本田圭佑(31=パチューカ)が19日、メンバー発表後初めて姿を現した。東京都稲城市にあるJ2東京Vの練習に参加。7対7のミニゲームやシュート練習など約1時間のメニューを消化し、練習後にはサインなどファンサービスに応じた。

【続く】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-00000121-spnannex-socc

“東京ヴェルディに本田!!”緑の練習着で控え選手と汗を流す 

no title
1   2018/05/13(日) 11:56:22.33 _USER9
[2018年5月13日11時7分]

 サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表入りを目指すパチューカFW本田圭佑(31)が13日、東京・稲城市でJ2東京ヴェルディの練習に参加した。緑の練習着に身を包み、東京Vの控え組メンバーとともに6対6などのメニューで汗を流した。

https://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/news/201805130000393_m.html



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索