Samurai Goal

東京オリンピック


スポンサード リンク





【東京オリンピック】五輪チケット、2次抽選受け付け開始…サッカーなど「狙い目」か  

7e1bb677-s




1: 豆次郎 ★ 2019/11/13(水) 10:48:36.67 ID:1fxglUqq9
11/13(水) 10:36配信
 2020年東京五輪の国内在住者向けチケットの2次抽選販売の受け付けが13日未明、公式販売サイトで始まった。大会組織委員会は、チケットを申し込む際の参考にしてもらうため、5月に行った1次抽選の応募状況を公表している。

 1次抽選では開閉会式のほか、競泳や体操、バドミントン、卓球など日本人のメダルが期待される競技や種目に申し込みが集中。新しく五輪に加わった3人制バスケットボールや自転車BMXフリースタイル、スポーツクライミングなども多く、曜日別では金曜日の夜や土曜日のチケットの人気が高かった。

 一方、7人制ラグビーやサッカーなど席数の多い会場で行われる競技や、ホッケー、ビーチバレーボールの予選などは比較的倍率が低く、2次抽選の「狙い目」になりそうだ。

 今回は、開閉会式を含む32競技約100万枚が売り出される。申し込みは公式販売サイト(https://ticket.tokyo2020.org/)から行う。受け付けは26日午前11時59分までで、12月18日に当落がメールなどで通知される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00050146-yom-spo

本田圭佑【その壁を超えてゆけ】(1)所属先ない選手として「ビッグクラブ、そうじゃない」「東京オリンピックのため」  

1: Egg ★ 2019/10/14(月) 20:26:19.79 ID:P0pzTyki9
本田圭佑の「つぶやき」はいつも突然だ。それも想像のはるかかなた、斜め上からやってくる。

今シーズンはまだ選手としての所属先がない。33歳、欧州を離れて2年以上たつ日本人MFの、移籍市場における価値が下がっていることは明らかだ。

そんな中、9月末に突然、ツイッターでマンチェスター・ユナイテッドや古巣のACミランに呼び掛けた。事実上の逆オファー、逆プロポーズで驚かせた。

ツイートは英語。文字数には制限もある。真意を尋ねると「またビッククラブに行きたがっていると捉えられているかもしれないけど、今はもう、そうじゃない。過去に散々、ビッグクラブ、ビッグクラブと言ってきたから、そう思われているかもしれないけど」とヒントを口にした。

名門、赤いユニホームのこの2チームは、大きな期待を背負いながら、開幕からけが人続出もあり誤算続き。大きくつまずき、10月の中断期を前にマンUはプレミアで12位、ミランはセリエA13位と低迷し、早々と監督も替わった。

25歳だった12年6月には、香川真司のマンU移籍に「自分もビッグクラブにふさわしい選手だと思う」と言った。その1年半後、CSKAモスクワからミラン移籍を果たし、10番を背負った。確かに「ビッグクラブ、ビッグクラブ」と言っていた。

「東京オリンピックのため」

今は状況が違う。見据えるのは自国開催の東京オリンピック(五輪)。本田は想定外で困っているチームに、経験ある自らの存在価値があると考えているようだ。

この役回りは、前回のワールドカップ(W杯)後に、現役続行の理由とした東京五輪に出て金メダルという、壮大な目標から逆算している。

選手として、とにかく今は東京五輪。欧州で苦しむチームの救世主となるイメージだろう。夏以降、複数のオファーはあったが、決めていない。「もちろん、東京オリンピックのため。行きたいと思っているチームに行きたいから」。秋を迎えても慌てていない。

競争力の高いチームで、プレーで示すことしか五輪代表、それも最大でたった3つの年齢制限外のオーバーエージ枠をつかみ取る方法はない。自国開催で、想像もしないプレッシャーにさらされるであろう若い五輪代表の、大事なチーム総仕上げから、大会中も大きく貢献できるはずだ。

10/14(月) 11:03配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-00010000-nksportsg-socc

写真
no title

東京五輪予選で“死の組”…韓国紙「日本が4位以内に入らなければ…」 

20190926-43472068-gekisaka-000-5-view[1]

久保建英、レアル・マドリードが了承し東京オリンピック出場OKに! 悲願の金メダル獲得への追い風  

1: 豆次郎 ★ 2019/09/12(木) 05:56:34.51 ID:m0DuzuHM9
9/12(木) 5:00配信
サッカー日本代表MF久保建英(18=マジョルカ)の20年東京オリンピック(五輪)出場に向けた障害がクリアされていることが11日、分かった。


今夏に東京からスペイン1部の強豪レアル・マドリードに完全移籍する際、五輪本番での代表招集を了承されている模様。東京五輪は招集の拘束力がないため、久保の招集が可能となれば悲願の金メダル獲得への追い風となりそうだ。久保らミャンマー戦を終えた日本代表はこの日、ヤンゴンで解散した。

   ◇   ◇   ◇

地元日本で開催される五輪のピッチに、久保が立てる可能性が高まった。五輪は日本サッカー協会(JFA)による代表招集への拘束力がなく、前回の16年リオデジャネイロ五輪では得点源と目されたFW久保裕也(当時ヤングボーイズ)を呼ぶことができなかった。だが来年の東京五輪で主役となる久保については、関係者によると、今夏のRマドリード移籍の際にクラブ側から招集に前向きな回答を得ており、期限付き移籍先のマジョルカもその意向を踏襲している模様だ。

久保が五輪世代に加われるとなれば、金メダル獲得という目標達成に向け、これ以上ない“強化”となる。すでにA代表で5試合に出場し、10日のミャンマー戦では後半36分から途中出場。18歳98日でワールドカップ(W杯)予選のピッチに立ち、風間八宏(当時筑波大)が80年に記録した19歳67日のW杯予選での日本代表史上最年少出場記録を更新した。シュートこそなかったが、大雨後のピッチでもヒールパスなど高い技術を披露。金田喜稔の19歳119日という日本代表の国際Aマッチ最年少ゴール記録の更新も期待されるなど、A代表での存在感は高まってきている。

順調にいけば、攻撃陣の中心に太い柱が入ることになる。A代表でも主力のMF堂安、6月の南米選手権でウルグアイから2得点したMF三好らと、豪華な中盤を形成。五輪代表の攻撃力アップは計り知れない。

今後は所属先のマジョルカでの定位置確保が最優先になる。この日午前にミャンマーをたち、主戦場となるスペインへ。コンディション次第だが、13日の次戦ビルバオ戦(アウェー)に出場する可能性もある。試合後には「しっかり休んで、クラブでの活動が始まるので、この活動を言い訳にせず、しっかりと挑んでいければ」と頭をすでに次なる戦いへと切り替えていた。スペインでレギュラーをつかみ、東京五輪、そしてその先の22年W杯カタール大会へ。久保が挑戦を続けていく。

◆久保の五輪ロード 堂安や冨安と同様、今後もA代表を軸に選出され、五輪代表には来夏の大会前に合流するとみられる。今回、五輪世代のU-22日本代表はA代表の活動の裏で北中米へ遠征。一方で同世代の久保ら4人は飛び級でW杯予選に呼ばれ、より高いレベルに置かれた。10、11月と来年3月も活動は重なるが、原則はA代表。12月28日に行われるU-22代表の親善試合(長崎)と、来年1月にU-23代表が出場する同アジア選手権(タイ)にも久保は招集されない見通し。クラブとA代表で成長して東京五輪に向かう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-09110520-nksports-socc
no title

【調査】サッカーは何位? 東京オリンピック人気競技投票  


219485



1: Egg ★ 2019/05/10(金) 17:50:02.86 ID:XUwmpZGV9
●2020年東京オリンピック・パラリンピックに興味がある?
オリンピックは7割、パラリンピックは5割

●2020年東京オリンピック・パラリンピックで応募したいものは?
1位「特にない」 2位「オリンピックの競技観戦」 3位「オリンピックの閉会式」

●2020年東京オリンピックの人気競技ベスト5は?
1位「陸上競技」 2位「サッカー」 3位「水泳」 4位「野球」 5位「体操」

2019年5月9日 木曜 午後4:20
https://sp.fnn.jp/posts/000000325_000000983/201905091620_PRT_PRT

槙野智章(浦和レッズ)東京五輪にOA枠での出場意向を表明!「出たいです」  

makino_wcup2018




1: 2018/12/16(日) 07:02:50.16 _USER9
浦和の日本代表DF槙野智章(31)が15日、東京五輪にオーバーエージ(OA)枠で出場を目指していることを明かした。7月の西日本豪雨災害の支援を目的としたチャリティーサッカー教室に広島市内で参加し、地元のちびっ子に勇気と夢を与えた。

 33歳で迎える夏の目標ができた。「選ばれるだけじゃなく(試合に)出たいです。東京でやる五輪ですし」。24歳以上のOA枠で18人のメンバー入りを目指し、メダル獲得に貢献する意向を初めて表明した。07年のU―20W杯に加え18年ロシアW杯に出場したことで、世界大会への出場意欲が出てきたという。

 ベルギー1部シントトロイデンDF冨安健洋(20)ら同じポジションにライバルが多いのは知っており「いい選手たくさんいるからね」と闘志を燃やす。ただユース時代からの恩師の森保一監督(50)をよく理解していることは、一体感を求めるチームにとっても強みになる。

 この日は名古屋FW佐藤寿人らの呼びかけに、広島にゆかりのある選手として浦和GK西川らと駆けつけた。午前と午後に2時間ずつ、主に被災地域に住む4歳から12歳の約160人と触れ合った。「この中から1人でも多くのプロ選手が出てくれたらうれしいです」とあいさつした。

 槙野は小学校3年生の時、サッカーイベントで広島の選手だった森保監督から「プロの世界で待っているよ」と言われ、サッカー選手を目指した。今回は立場が逆になったが、刺激を受けて自身も大きな夢を持った。(羽田 智之)

 ◆槙野と世界大会 07年U―20W杯カナダ大会に出場し吉田靖監督、森保一コーチの下、3試合1得点。吉田麻也、内田篤人らと共に16強入りに貢献した。ゴールパフォーマンスが人気で「調子乗り世代」と言われたメンバーの代表格だった。W杯は18年ロシア大会で初選出。6月28日の1次リーグ第3戦ポーランド戦にフル出場した。

 ◆五輪のOA枠 1996年アトランタ大会から適用され、24歳以上で最大3人まで。ガラタサライのDF長友佑都(32)が「東京五輪に出たい」と立候補。メルボルンVのMF本田圭佑(32)は「求められることは一つ。優勝しかない」と発言し、ドルトムントMF香川真司(29)も示唆した。森保監督がA代表を兼任しており、今後も立候補者が増える可能性はある。

12/16(日) 6:04配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00000024-sph-socc

本田圭佑は現代サッカーに“不適合”東京五輪OA枠にはマイナスだと報道!! 

20170314-00068570-roupeiro-000-11-view
1 2018/08/24(金) 07:50:08.42 _USER9
本田圭佑(32)が東京五輪挑戦の意思を明らかにした。久々に登場したビッグマウスにサポーターは大喜びだが、今回ばかりは“有言不実行”になりそうである。

 ***

 美しいカリブ海を背景に新たな夢を語る本田――そんな映像が流れたのは、インターネットテレビ局「AbemaTV」の生中継である。

「新しい目標になるんですけど、2年後の東京五輪を目指して現役を続けようと思っています」

 不敵な笑みを浮かべながら本田はこう宣言した。

 五輪の男子チームは23歳以下の選手で構成されるが、年齢制限のないオーバーエイジ(OA)枠がある。リオの場合は3枠だった。本田はそこを目指すというのだ。

 日本サッカー協会技術委員長としてリオ大会に関わった霜田正浩氏によると、

「OAを使う、使わないは、監督と技術委員長が話し合い、最終的には協会が判断します。ただ、大会によってレギュレーションが変わります。なので、東京五輪ではOAがなくなるという可能性だってあります」

 のっけから本田の夢を打ち砕くようだが、最悪のケースは脇に置いて、日本代表OA枠のこれまでの経緯とリオでのレギュレーションを叩き台に、その実現可能性を検討してみよう。

 まず、過去に日本がOA不在だったのはアトランタと北京の2大会のみ。森保一代表新監督もOA起用には前向きな発言をしている。

人気だけでは無理

 もっとも、

「一般的にOAは、23歳以下で埋められなかった穴を埋めるために使うもの」

 とスポーツ紙デスク。

「ですから、年齢制限がないといっても、若い選手たちが萎縮しないよう、OAはせいぜい1、2歳上のことが多い。日本のこれまでの最年長は30歳ですが、2年後の本田は34歳です」

 つまり、年齢的に前例がない。加えて、

「本田が得意とするトップ下というポジションは、23歳以下に堂安律、久保建英らがひしめいている上、OAでも香川真司らライバルはいくらでもいる。A代表でレギュラー陥落した本田が渡り合えるとは到底思えないのですが……」(同)

 ポジション以前に、プレースタイルにも難がある。

「ここ数年の本田は、キープ力が衰え、パスミスも増えました」

 と苦言を呈するのはドイツサッカー協会公認S級コーチの鈴木良平氏である。

「そもそも本田はスピードのある選手ではなく、切り替えの早い現代サッカーには適応していない。東京五輪は猛烈な暑さの中で行われるでしょうから、彼のような動けない選手を加えるのはむしろマイナスです」

 では、本田のセールスポイントである“人気”はどうか。ハリルホジッチ監督解任の際、“本田らスター選手を起用しない監督に対してスポンサーが待ったをかけた”という噂があったが、

「東京五輪は放っておいても盛り上がるので、スポンサーは何も言わないでしょう」(先のデスク)

 真夏の夜の夢。

「週刊新潮」2018年8月16・23日号 掲載

8/24(金) 5:57配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180824-00547193-shincho-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索