imag




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/13(金) 07:17:06.77 ID:2diI0UmA9
J1北海道コンサドーレ札幌が、1996年の設立以来24年目で初めて全選手に来季契約を提示することが12日、確定した。
13日で今季所属する24人との契約更改交渉が終了し、全員に契約延長を申し入れる。

契約満了者なしという初の状況にクラブ幹部は「鹿島や川崎などにはまだ達していないかもしれないが、それだけ全体のレベル差が縮まってきた証し。
チームとしてうれしい事」と喜んだ。

昨季から指揮を執るミハイロ・ペトロヴィッチ監督(62)が「最高のメンバー」と称した今季。
3年目の飛躍には全員の力が必要と判断し、契約継続を決めた。
同幹部は「これまではここが足りないと何人かを変える必要があったが、それがなくなったのはチームが着実に成長して来ているという事」と話した。

来季は日本代表に選出された大体大DF田中駿汰(22)ら3人の大卒選手が加入することもあり、クラブは12日時点で補強を考えていない。
まずは現有戦力の確保に力を注ぎ、動きが生じた場合のみ、新戦力獲得の検討に入る。
ACL出場を目指す来季は、1年間同じ方向を向いて戦ってきたメンバーの結束力を更に固め、躍進につなげる年とする。(砂田 秀人)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-12120214-sph-socc
12/13(金) 7:00配信