Samurai Goal

札幌


スポンサード リンク





札幌MFチャナティップ、欧州挑戦!? イングランドとスペインの2クラブが獲得興味か 

20200531-00264775-soccermzw-000-8-view




1: 2020/05/31(日) 21:12:18.80
レスターとマラガが浮上、イングランドよりスペイン移籍の実現度の高さを指摘

 J1北海道コンサドーレ札幌に所属するタイ代表MFチャナティップは今季でJリーグ4シーズン目を迎えているなか、イングランドとスペインの2クラブが獲得に興味を示しているようだ。ベトナム紙「Bao The Thao Vietnam」が伝えた。

 現在26歳のチャナティップは2017年に母国のムアントン・ユナイテッドから札幌へ移籍。「タイのメッシ」の異名を持つアタッカーは、158センチとJリーガーのなかでは小柄ながら、卓越したテクニックとスピードを駆使して存在感を見せつけている。2018年にはJ1リーグ戦で30試合8ゴールの結果を残し、Jリーグベストイレブンに選出された。

 記事では「近年タイメディアは、チャナティップがレスター・シティと接触していることを繰り返し報じている」と言及。かつてFW岡崎慎司(現ウエスカ)が所属したイングランドのレスター・シティはタイの資本が保有しており、母国のスター選手をプレーさせたい意向があるようだ。

 しかし、プレミアリーグでチャナティップら非EU国籍選手がプレーするには、労働許可証を得る必要があり、その規定は厳しい。条件の一つとして「FIFAランキングで50位以内の国の選手であること」が設けられており、タイ代表が113位であることから「チャナティップは要件を満たすことができていない」と指摘している。

 その一方で「スペインに行くオプション」について言及。「マラガも関心を持っている」と伝え、「イングランドとは異なり、スペインはプレーヤーに厳しい要件を課していない」と実現度の高さに触れている。

 今季も札幌でフル稼働が期待されるチャナティップだが、「タイのメッシ」は欧州挑戦を決断するのだろうか。

5/31(日) 18:30 Yahoo!ニュース 62
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200531-00264775-soccermzw-socc

“サッカー大好き少女”日向坂46影山優佳さん、ブログで札幌を紹介「ペトロヴィッチ監督の采配と…」 

1: 2020/05/31(日) 19:59:52.58
アイドルグループ日向坂46の影山優佳さんのブログがサッカーファンの間で話題になっている。

日向坂46の1期生メンバーである影山さんは2018年6月から学業のために活動を休止していたが、今月26日に活動を再開した。キャッチコピーに「サッカー大好き少女」を掲げ、サッカーの4級審判の資格も保持。
16年のブログではMF久保建英(マジョルカ)やMF平川怜(FC東京)をおすすめしていたサッカー通としても知られる。好きなクラブにはサンフレッチェ広島とドルトムントを挙げている。

26日に活動再開の報が流れると、27日のブログではさっそくサッカーネタを披露。26日に行われたブンデスリーガ第28節バイエルン対ドルトムント戦というダービーマッチを夜更かししながらリアルタイムで観戦したことを報告した。

その内容は「ドルトムントは前半からサイド、特に左のデイビスの裏を狙うように仕掛けていきましたが、デイビスそして前のゴレツカがそれを阻止したことでサイドからの展開が難しくなりましたね、堅かった。
相手の戦術を察知しすぐに対応できるバイエルンはとても器用なチームだなと改めて感じました!」と本格的な分析となっている。

さらに、決勝ループ弾を挙げたMFジョシュア・キミッヒについて「あの場面で振り切らずバックスピン気味を選択する冷静さに感動です。15-16シーズン、レヴィアダービーのときの香川選手のループがフラッシュバックしました!!」と振り返った。

また、30日には「影山優佳のWE_LOVE_Jリーグ_#1」という題名で更新。Jリーグ全クラブの魅力を紹介していくと宣言し、
「私が大好きなJリーグ、サッカーをもっとたくさんの人に知ってもらいたい!そして、新型コロナウイルスの影響で開催が延期となってしまったJリーグを、
無力な私ですが私なりに盛り上げられる支えられる方法はないのだろうか!という想いのもとで考えた連載企画でございます」と新たな企画をスタートさせたことを報告した。

栄えある最初の紹介チームは札幌。チーム名の由来といったライトな情報から、「攻撃的なサッカーが持ち味のペトロヴィッチ監督の采配との見事な融合により、攻めるときは攻める、
自分たちで点を決めて勝利できるチームになってきています」といった鋭い分析も。注目選手にはDF進藤亮佑とFWチャナティップをチョイスしている。

31日にはメッセージアプリの紹介動画に影山さんが登場し、アプリ上で取り組むラインナップを7つ紹介。最初にサッカーについて語っており、今後の夢として「Jリーグ公式女子マネージャーになること」を挙げた。
そのために、国内外のサッカーの魅力を発信していくことを目標に掲げている。

以下、影山優佳さんのブログ
https://www.hinatazaka46.com/s/official/diary/detail/34063?ima=0000&cd=member

https://news.yahoo.co.jp/articles/3d193c368845ad1d88823496ee1507e6fe41266d
5/31(日) 18:54配信

no title

no title

YouTuberを始めた札幌・チャナティップ、登録者数は16万人を突破、本田圭佑(19万人)に迫る 

202005300000315-w1300_0




1: 2020/05/30(土) 18:23:04.80
北海道コンサドーレ札幌MFチャナティップ(26)が7月4日のリーグ再開を見据えて再びギアを上げる。
グループ練習は25日から再開。オンライン取材に応じ「ボールに触れられず、つらい期間はあったけど、今は良い練習ができている」と、ピッチを駆ける喜びを感じている。

約1カ月半のチーム活動停止期間中もコーチ陣から与えられたフィジカルメニューをこなすだけではなく、12階に自室があるマンションの階段をジョギングするなど体力づくりに努めており「コンディションはそんなに問題ない。フレッシュな感じ」。
外出自粛が続いていたが個人で出来る範囲の備えを続け、6月1日からの全体練習でパフォーマンスを高めていく。

4月から始めたYouTubeチャンネルの登録者数は16万人に到達。昨年7月開設のサッカー元日本代表の本田圭佑(33=ブラジル・ボタフォゴ)の19万人に迫っている。
クラブ初のユーチューバーとしても人気だが「自分のメインの仕事じゃないから暇なときにやってみて反応を見ている。結構うまく出来てるね」と、自然体でファンを楽しませる発信も続けていく。

“本業”のリーグ戦再開まで約1カ月。黒星発進となった2月22日開幕戦(対柏)以来の公式戦を待つ。
チャナティップは「やっぱりサッカーしたいね、試合で」とはやる気持ちを抑えきれない。
「目標はアジア・チャンピオンズリーグに行くこと。優勝できればいいかな」。変わらずに高みを目指していく。

https://www.nikkansports.com/soccer/news/202005300000315.html
日刊スポーツ


チャナ チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC_MaXQcGUTTXBPHpBQggwcA

【札幌】韓国人GK具聖潤、母国の大邱FCへ完全移籍 

20200529-05290066-sph-000-3-view

札幌・GK具聖潤が退団 兵役のためKリーグへ 具「兵役後も札幌で」 

20200528-05270258-sph-000-1-view




1: 2020/05/28(木) 09:49:24.99
 J1札幌GK具聖潤(25)が退団することが27日、分かった。
今月上旬に母国の韓国に帰国しており、Kリーグクラブとの移籍交渉を進めている。

 当初の予定で具は、兵役のため今季限りで札幌との契約を終えることになっていたが、3月にバセドウ病の発症を公表。
復帰を目指すも、新型コロナの感染拡大の影響でJリーグは中断。
再開時期が未定な状況に加え、兵役前には母国のチームに所属することが義務付けられていることから、予定を早め帰国を決めた。

 具は常々、「兵役後も札幌で」と話しており、将来的な復帰を希望している。
札幌もその意志は理解しており、将来的な再来日の可能性は高い。
https://news.yahoo.co.jp/articles/61ef8920e1d23390651532ead792dcbe48a9a940

札幌・野々村社長 最悪の可能性に言及「10月にキャッシュが尽きる可能性がある」 

1: 2020/04/25(土) 21:41:33.07
札幌・野々村社長 最悪の可能性に言及「10月にキャッシュが尽きる可能性がある」

 札幌は24日に定時株主総会を開き、20年1月期の単独決算の最終赤字が1億4900万円で、2期連続の赤字となったことを発表した。今季の最終赤字は3億7800万円と見込んでおり、野々村芳和社長(47)は資金調達について「JリーグやJFAなどから借りたいと思うが、まだ制度が不明確。地元の金融機関へのお願いを始めている」と明かした。
 経営状況については「純資産は5億円ほどで、10月にキャッシュが尽きる可能性がある」と言及し、「5億円から10億円をキャッシュで手元に置いておきたい」と説明。5日には、選手が日本スポーツ界で初の年俸総額約1億円の“自主返納”をクラブに申し入れた。現時点で申し出を保留している野々村社長は「今は必死になってつぶれない、耐える」と力強く話した。


Photo by スポニチ
no title


https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2020/04/25/kiji/20200425s00002179094000c.html
[ 2020年4月25日 05:30 ] スポニチ

<日本では札幌が報酬を自主返納も…>韓国が選手の年俸削減に懐疑的な理由 

1: 2020/04/07(火) 15:08:46.36
 北海道コンサドーレ札幌の所属選手一同が、報酬の一部を返納する申し出を行ったことが6日、明らかとなった。韓国メディアは自国のKリーグクラブで自発的な返納は「ない」としたうえで、同様の対応を取ることが極めて困難な状況を説明している。

 感染が拡大する新型コロナウイルスの影響で、世界各国のリーグは中断を余儀なくされており、財政健全を維持したい欧州の複数クラブが、選手の年俸削減を決断する事態となっている。

 Jリーグでは札幌に所属する全選手が、自主的に報酬の一部を返納することを発表。選手一同は「このような状況だからこそ、いつも以上に支え合わなければならないと感じています。その先にある北海道への支援につながると考えたからです」と自主返納の理由を明かしていた。

 一方で、韓国のKリーグでは自発的な年俸削減や返納を申し入れるクラブや選手は現時点で皆無だという。韓国紙『スポーツソウル』は、「一部のクラブで選手個人による寄付やマスクなどの物品支給が行われた事例はあるが、年俸削減に関する話題は出ていない」と説明する。

 Kリーグは他国のリーグとは異なり、自主的に収益を得ることが少ないため、親会社(企業球団)や地方自治体(市民球団)に予算を支給してもらい、運営を行っているクラブが大半だ。このため「給与カットに関する賛同を受けられない状況」に陥っているという。

 Kリーグのある関係者も「選手の年俸削減は非常に敏感な状況だ。欧州やJリーグのように新型コロナウイルスの感染者が発覚し、練習やクラブ業務がすべて中断されている状況ならともかく、(韓国では)選手が通常通り練習を行っている。与えられた環境で仕事をこなしている」と、年俸削減に関しては懐疑的な見方を示した。

 市民クラブでは、年俸削減に向けた話が挙がっているものの、企業クラブとの軋轢が生じる可能性もあり、別の関係者は「市民クラブだけが、政治的な影響を受けやすいからといって、当然のように(年俸削減)賛同するというような認識を持ってはならない」と話す。

 一方で「企業クラブ、市民クラブのいずれも、新人選手や若い職員の給料は決して良くない。どのクラブも上層部から率先する姿勢を見せてこそ、組織全体で共感が生まれる」と、現時点では選手の年俸削減を優先すべきではないとの見方を示している。

4/7(火) 14:29配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200407-00010016-goal-socc

写真
no title

<日本では札幌が報酬を自主返納も…>韓国が選手の年俸削減に懐疑的な理由 

1: 2020/04/07(火) 15:08:46.36
 北海道コンサドーレ札幌の所属選手一同が、報酬の一部を返納する申し出を行ったことが6日、明らかとなった。韓国メディアは自国のKリーグクラブで自発的な返納は「ない」としたうえで、同様の対応を取ることが極めて困難な状況を説明している。

 感染が拡大する新型コロナウイルスの影響で、世界各国のリーグは中断を余儀なくされており、財政健全を維持したい欧州の複数クラブが、選手の年俸削減を決断する事態となっている。

 Jリーグでは札幌に所属する全選手が、自主的に報酬の一部を返納することを発表。選手一同は「このような状況だからこそ、いつも以上に支え合わなければならないと感じています。その先にある北海道への支援につながると考えたからです」と自主返納の理由を明かしていた。

 一方で、韓国のKリーグでは自発的な年俸削減や返納を申し入れるクラブや選手は現時点で皆無だという。韓国紙『スポーツソウル』は、「一部のクラブで選手個人による寄付やマスクなどの物品支給が行われた事例はあるが、年俸削減に関する話題は出ていない」と説明する。

 Kリーグは他国のリーグとは異なり、自主的に収益を得ることが少ないため、親会社(企業球団)や地方自治体(市民球団)に予算を支給してもらい、運営を行っているクラブが大半だ。このため「給与カットに関する賛同を受けられない状況」に陥っているという。

 Kリーグのある関係者も「選手の年俸削減は非常に敏感な状況だ。欧州やJリーグのように新型コロナウイルスの感染者が発覚し、練習やクラブ業務がすべて中断されている状況ならともかく、(韓国では)選手が通常通り練習を行っている。与えられた環境で仕事をこなしている」と、年俸削減に関しては懐疑的な見方を示した。

 市民クラブでは、年俸削減に向けた話が挙がっているものの、企業クラブとの軋轢が生じる可能性もあり、別の関係者は「市民クラブだけが、政治的な影響を受けやすいからといって、当然のように(年俸削減)賛同するというような認識を持ってはならない」と話す。

 一方で「企業クラブ、市民クラブのいずれも、新人選手や若い職員の給料は決して良くない。どのクラブも上層部から率先する姿勢を見せてこそ、組織全体で共感が生まれる」と、現時点では選手の年俸削減を優先すべきではないとの見方を示している。

4/7(火) 14:29配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200407-00010016-goal-socc

写真
no title

<鹿島どうした…>後半33分から3失点で札幌に逆転負け!ザーゴ監督「理想とするチームとは程遠い」 

1: 2020/03/21(土) 19:47:37.28
◇21日・トレーニングマッチ 札幌4-2鹿島(カシマスタジアム)

 サッカーのJ1鹿島は21日、本拠地・カシマスタジアムで札幌と練習試合(45分×2)を行い、4―2で敗れた。1―1の後半20分に右CKを東京五輪代表世代のDF町田浩樹(22)が頭で押し込んで勝ち越しに成功しながら逃げ切れず、終盤に連続3失点で手痛い逆転負けを喫した。鹿島は1月下旬のアジア・チャンピオンズ(ACL)プレーオフでメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)に敗れるなど、公式戦3連敗中。リーグ戦中断を生かしてチームの立て直しを図りたかったが、“春まだ通し”といった様子だった。

 終盤の連続失点で試合巧者らしからぬ、まさかの逆転負けを喫した。新シーズンに入ってから、ACLプレーオフ、ルヴァン杯1次リーグ初戦、J1開幕戦を全て落とし、公式戦3連敗中の鹿島。リーグ再開に向け、練習試合といえども勝っておきたかったが、守備のもろさを露呈させた。

 失点はいずれも右からのクロスをヘッドで決められた3点とFKによる1点。2ー1とリードしながら逃げ切れず、後半33分、同43分、同47分と立て続けにゴールを割られた。

 センターバック町田は「あの(連続失点の)時間帯は雰囲気がふわっとしていた。クロスの対応やクロスを上げさせない守備をもっともっと厳しくやっていかなければいけない」と猛省した。1ー1から勝ち越し点を頭でねじ込んだ守備の要は自分が退いたその後の踏ん張りどころでの大量失点を悔しがった。

 天皇杯決勝(元日)まで戦った関係で、一部主力を除けば、オフはわずかに6日間しかなかった。疲労が抜け切れていない中で、ザーゴ監督による新体制がスタート。新戦力も多く加わったことから、チームとしての仕上がりは遅い。

 指揮官は「攻撃では非常にいい部分が出たが、守備のところでミスが多かった」と振り返り「自身が理想とするチームとは程遠い状況にあることは間違いない」と完成度の低さを強調。国内外主要タイトル20冠を誇る“常勝”軍団の立て直しには時間がまだまだ必要かもしれない。

3/21(土) 18:51配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200321-00010036-chuspo-socc

写真no title

札幌、元英代表FWジェイの2発で鹿島に4-2勝利 DAZN中継の練習試合は白熱の打ち合いに 

20200321-00252747-soccermzw-000-5-view




1: 2020/03/21(土) 13:45:11.23
鹿島がリードを奪う展開も、最後はジェイのゴールで札幌が勝ち切る
 Jリーグは新型コロナウイルスの影響で中断となっているなか、21日にJ1の鹿島アントラーズと北海道コンサドーレ札幌が練習試合を実施。その様子はJリーグを全試合中継するDAZNでも中継され、白熱した試合は札幌が4-2の勝利を収めている。

 札幌はDF田中駿汰(←大阪体育大)とMF高嶺朋樹(←筑波大)、鹿島はMF荒木遼太郎(←東福岡高)とルーキーも多くスタメンに名を連ねた。特に鹿島は荒木に加え、DF広瀬陸斗(←横浜F・マリノス)、DF永戸勝也(←ベガルタ仙台)、MF和泉竜司(←名古屋グランパス)、FWファン・アラーノ(←コリチーバ)、FWエヴェラウド(←シャペコエンセ)と6人の新戦力が先発している。

 試合は互いに後ろからボールをつなぐスタイルを貫き、相手のハイプレスと真っ向からぶつかり合う形となる。鹿島は前半10分、アラーノが高い位置でボールを奪ってカウンター。ペナルティーエリア内の荒木にスルーパスを通したが、シュートはDFにブロックされた。一方の札幌も同23分には右サイドのFKから日本代表FW鈴木武蔵がヘディングシュートを放ったものの、枠を捉えられなかった。

 その後も同31分には鹿島のエヴェラウド、同36分には札幌の鈴木がそれぞれ決定的なシュートを放っているが、いずれも枠の外。同45分に札幌MF荒野拓馬が負傷退場するアクシデントも発生するなか、前半を0-0のまま終えた。

 後半は早い時間帯に鹿島が先制点を奪う。同4分、日本代表MF三竿健斗がインターセプトから縦パスを送ると、これを受けたアラーノがペナルティーエリア内で仕掛けてシュート。これがゴール右隅に決まった。

 ここから試合は動きが活発になり、札幌も同18分、MF白井康介のクロスに鈴木がファーサイドで合わせて同点弾を記録。1-1となったのも束の間、2分後には右CKからDF町田浩樹のヘディングシュートが決まり、鹿島が2-1と再びリードを奪っている。

 試合終盤はゴール前でのシーンが多くなり、互いにヒートアップする展開に。そのなかで後半34分、札幌はゴール前で直接FKを獲得。キッカーを務めた鈴木のキックは鹿島MF遠藤康の頭に当たってそのままゴールインし、札幌が2-2の同点に追い付いた(記録はオウンゴール)。さらに同43分、札幌は途中出場の元イングランド代表FWジェイがヘディングシュートを叩き込み、最後に逆転に成功。試合終了間際にもジェイが決めて4-2とした。

 練習試合とは練習試合とは思えないほど白熱したシーソーゲームは、札幌が4-2で勝利を収めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200321-00252747-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索