Samurai Goal

本田圭佑


スポンサード リンク





本田圭佑ボランチ ボタフォゴ全国選手権初勝利逃す 

1: 2020/08/17(月) 11:12:43.19 _USER9
8/17(月) 9:55配信
日刊スポーツ

ボタフォゴMF本田圭佑(2020年3月15日撮影)

<ブラジル全国選手権:フォルタレーザ0-0ボタフォゴ>◇16日◇エスタジオ・カステロ(フォルタレーザ)

【写真】本田圭佑(2020年3月15日撮影)

MF本田圭佑(34)が所属する古豪ボタフォゴは0-0で引き分けた。同選手権2戦目で、本田はボランチで出場。後半ロスタイムに途中交代し、スコアレスドローで試合終了し、伝統あるブラジル全国選手権での今季初勝利を逃した。同選手権デビューとなった12日のブラガンチーノとのアウェー戦も後半32分まで出場して1-1で引き分けており、2戦連続のドローとなった。

ボタフォゴには15日、ブンデスリーガのヘルタから獲得を発表していたコートジボワール代表FWサロモン・カルー(35)がブラジル入り。入団会見では「体調はいい。ボタフォゴが私を選んでくれたことが光栄。ボタフォゴのユニホームで最初のゴールを決めることが待ち切れない」と意欲満々で活躍を誓った。まだボタフォゴでのデビュー時期は判明していないが、全国選手権では本田-カルーのホットラインでボタフォゴが上位進出を狙うことになる。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/37557f9bb37432ac34a07462c392c25cb6b38a62

本田圭佑、クラスター発生の淞南サッカー部員へ「心配してる人も沢山いること忘れんといて」 

スクリーンショット 2020-08-13 21.15.18

本田、ブラジル全国選手権デビューも足首痛め交代 

1: 2020/08/13(木) 09:53:13.16 _USER9
8/13(木) 9:44
日刊スポーツ

本田、ブラジル全国選手権デビューも足首痛め交代
本田圭佑(20年3月撮影)
<ブラジル全国選手権:ブラガンチーノ1-1ボタフォゴ>◇12日◇サンパウロ

古豪ボタフォゴのMF本田圭佑(34)が伝統あるブラジル全国選手権デビューを飾った。

新型コロナウイルス感染拡大で、日程が大幅に遅れ、ようやく初戦を迎えたボタフォゴは、アウェーでブラガンチーノと対戦した。

本田はキャプテンマークを巻いて中盤で先発したが、1-1の後半32分に交代。足首を痛めたとみられる。

次戦は16日(日本時間17日)のフォルタレーザ戦。

no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200813-28130059-nksports-socc

本田圭佑 立正大淞南高にエール「謝罪する必要なんてない」「今はしっかり食べて休んでな」 

no title




1: 2020/08/12(水) 22:37:34.00 _USER9
8/12(水) 22:16
スポニチアネックス

本田圭佑 立正大淞南高にエール「謝罪する必要なんてない」「今はしっかり食べて休んでな」
本田圭佑
 サッカー元日本代表MF本田圭佑(34=ブラジル1部ボタフォゴ)が12日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルス感染によるクラスターが生じた松江市の私立立正大淞南高サッカー部員と関係者にエールを送った。

 「立正大淞南高校、及びサッカー部の皆さん、コロナ感染に関して謝罪する必要なんてないよ。対策してても感染する確率を0にはできんから」と投稿。

 「それより熱とか体は大丈夫?今はしっかり食べて休んでな。また治ったら夢に向かって頑張れ。非難してる人だけでなく、心配してる人も沢山いることを忘れんといて」と励ました。

 松江市は11日に立正大淞南高で新たに4人の感染を発表。市によると、同校の生徒や教員の感染者は95人となった。

https://amd.c.yimg.jp/im_siggr2LRY6d2qogEzh0TDSkYRg---x490-y640-q90-exp3h-pril/amd/20200812-00000251-spnannex-000-2-view.jpg

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200812-00000251-spnannex-socc

セルジオ越後、移籍注目の久保建英に「本田圭佑を見習え!」<セルジオ越後の言いたい放題> 

スクリーンショット 2020-08-10 20.49.30

本田圭佑は「お手本」 チームメートへの影響力に現地メディア注目「英語の勉強を開始」 

1: 2020/08/09(日) 07:57:48.30 _USER9
8/9(日) 6:40
Football ZONE web

ボタフォゴDFマルセロ、本田の影響を受けて英語学習をスタート
本田圭佑は「お手本」 チームメートへの影響力に現地メディア注目「英語の勉強を開始」
ボタフォゴMF本田圭佑【写真:AP】
 ブラジル1部ボタフォゴ元日本代表MF本田圭佑は今年1月の移籍加入後、ピッチ内外で存在感を発揮してきた。チームメートからも“手本”としてリスペクトを集めているようで、影響を受けて英語を勉強し始めた選手もいるという。ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」が伝えている。

【動画】ボタフォゴでの影響力を示す一幕? 本田圭佑と同僚DFマルセロが英語で会話するシーン

 本田は昨年12月にオランダ1部フィテッセを退団し、今年1月にボタフォゴ加入が決定。3月15日のリオデジャネイロ州選手権バングー・アトレティコ・クルーベ戦(1-1)では先発出場で“ボタフォゴデビュー”を飾り、好プレーを見せるとともにPKで初ゴールも決めた。

 ピッチ上での貢献に加え、そのパーソナリティーもボタフォゴにとっては財産となっているようだ。「グローボ・エスポルチ」は「本田の影響力:マルセロ・ベネベヌートは英語の勉強を開始」と見出しを打ち、クラブオフィシャル番組「ボタフォゴTV」の内容を伝えた。

 記事では「ケイスケ・ホンダはボタフォゴの選手たちのお手本となっている。日本人MFはチームメートに英語の勉強を勧めていると、マルセロ・ベネベヌートは明かした」と綴り、ホンダの影響力に言及。そのうえで、同僚DFマルセロ・ベネベヌートが語った英語学習のストーリーを紹介している。

「彼とのコミュニケーション以外にも(英語は)役立つものだよ。『あんまり考えたことがないな』と言ったら、彼は常に考えている、僕も1日30分は勉強したほうがいいと言われたんだ。それを覚えていて、次の日には英語を学んでメッセージアプリで彼に連絡した。『素晴らしい』と言ってくれて、『君の名前は』と送ってきたから、『私の名前はマルセロです』って返したよ」

 SNS上でも様々な議論を交わして世の中に提言を続け、オピニオンリーダーとしての側面も持つ本田。チームメートへの影響力も強いものとなっているようだ。

no title


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200809-00276407-soccermzw-socc

本田圭佑「苦境はまだ続く」コロナ拡大を大いに語る 

1: 2020/08/08(土) 03:42:50.49 _USER9 BE:129043838-2BP(0)
本田圭佑(2020年3月15日撮影)

ブラジルの古豪ボタフォゴのMF本田圭佑(34)のインタビューが7日、クラブのYouTube公式チャンネルで公開された。

クラブのロゴ入りの黒いマスクをして、すべて英語で語っている。

「ブラジルに到着した日の信じられないようなサポーターの歓迎が忘れられない。残念ながら(コロナ禍で無観客が続き)、まだサポーターの前でプレーできていないが、サポーターの前でプレーするのが、待ち切れない」と笑顔で語り出した。

話題は、世界中で感染拡大が続く新型コロナウイルス感染症にも及んだ。ブラジルは、米国についで世界で2番目に感染者が多い。感染拡大や、それにより社会が突きつけられたものについては、次のように語っている。

「このパンデミックで多くのことを考えさせられている。誰もこのような状況になるなんて、考えてもいなかった。(コロナ禍で)命や生活について、じっくり考える時間があった。多くの国では政府が今まで通り働くことを禁止し、家にいなくてはならない状況だった。一方で、一部の国では、生活のために働いていた。誰も、このクレイジーなウイルスで命を落としたくはないが、そのような状況だとしても、ある一方では、家族のために、お金を稼がなくては生きていけないという現実もある」と問題提起した。

終息はみえず、社会も大きく変わりつつある。その中で、もうしばらくは耐えること、忍耐が大切になるとした。

「多くの人が亡くなり、とても悲しいが、このような苦境はまだまだ続くだろう。長い期間、このコロナウイルスに直面している状況に、我々は、耐えていかなければいけない」とした。

そのほか、ボタフォゴの熱狂的なサポーターについて、王国ブラジルのサッカーからその強さを学ぼうとしていること、チームメートとの関係、キャプテンマークを巻いてのプレー、果たすべき役割や、ライフワークとして取り組み、オンラインで新たな事業もスタートさせた「教育」などについても、大いに語っている。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/07ba65553424e601612f488d5b36f3fcfbf7ee7d

本田圭佑、「自分の為なんだろ!」批判に猛反発 「そこちゃうねん。自己超越やねん」 

20200805-00275843-soccermzw-000-4-view




1: 2020/08/05(水) 13:45:06.81 _USER9
8/5(水) 12:23
Football ZONE web

ツイッターで持論を展開 「自分がそうしたいからであって…」
本田圭佑、「自分の為なんだろ!」批判に猛反発 「そこちゃうねん。自己超越やねん」
ボタフォゴでプレーする本田圭佑が持論を展開【写真:AP】
 ブラジル1部ボタフォゴの元日本代表MF本田圭佑が、5日に公式ツイッターを更新し、「自分の為なんだろ!って言ってくる人」に向けて「当たり前のことを言わないでくれ」と主張している。

【動画】ボタフォゴMF本田圭佑、自宅での“本田流”フィジカルトレーニング

 本田は「良いことやろうとすると結局は自分の為なんだろ!って言ってくる人」と切り出し、自身の思いを率直に綴っている。

「当たり前のことを言わないでくれ。家族を守るのも、友人を大事にするのも、仕事を頑張るのも、他人に親切にするのも、自分がそうしたいからであって、その方が幸せになれるから」

 今年1月にボタフォゴに加入した本田は、3月15日のリオデジャネイロ州選手権バングー・アトレティコ・クルーベ戦(1-1)でデビューを飾り、ゴールを決めていた。その一方、カンボジア代表の実質上の監督として指揮を執り、サッカークラブ「One Tokyo」を立ち上げ、スポーツマッチングサービス「Now Do」を手掛けるなど、活躍の場は多岐にわたっている。

 そんな本田の行動に対して否定的な声もあるのか、反論するように綴っている。最後は「目指してるのはそこちゃうねん。自己超越やねん」と強調していた。

 コメント欄では「まさに情けは人の為ならず、ですね」「素晴らしいメッセージ」「深い!」など賛同の輪が広がっている。

https://amd.c.yimg.jp/im_siggJFNne3iOamaC0gCcJN_mVg---x640-y427-q90-exp3h-pril/amd/20200805-00275843-soccermzw-000-4-view.jpg

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200805-00275843-soccermzw-socc

<本田圭佑>今こそ日本サッカーの救世主に!Jリーグの危機に待望論「資金に余裕があるならスポンサーに」 

1: 2020/08/01(土) 12:59:19.70 _USER9
元日本代表MF本田圭佑(34=ボタフォゴ)がJリーグの救世主になる? 

新型コロナウイルスの影響でJリーグは各クラブとも大幅な減収が確実な状況だ。今後の感染拡大によっては経営危機に直面するクラブも続出しそうで、リーグ全体が深刻な運営を強いられる。そんな大ピンチの中で、ヤリ手の実業家として活動の幅を広げる本田に対し、日本サッカー界で待望論が高まっている。

 新型コロナウイルス禍で世界中のクラブが経営的に大打撃を受けているが、Jリーグも例外ではない。J屈指の人気クラブである浦和でも10億円前後の赤字、FC東京も7億~8億円程度の赤字を見込んでおり、その他の小規模クラブやJ2、J3では経営危機に陥るクラブも出てきそうだ。

 Jリーグの鈴木徳昭クラブ経営本部長は現時点での見通しについて「入場料収入は土日の試合が水曜に回ることによって、すでに30%くらいは落ちる目安」と指摘。クラブ収益の大半を占めるスポンサー収入も「コロナ禍の状況で、スポンサーさんの実情で試合数など(を考慮して)減額を考えざるを得ない」と減収は必至だ。

 まさに未曽有の危機に直面するが、救世主として期待が高まっているのは意外な人物だった。J1クラブ関係者は「本田はIT方面の投資にも積極的で事業も順調なようだし、資金に余裕があるならスポンサーにでもなって助けてほしい」と、元日本代表エースの支援を待望する声が湧き上がっているのだ。

 本田は現役選手でありながらも経営者として多角的な事業を展開。起業したばかりの有望な会社に資金を投じる投資家としても活動する。すでに50社以上に投資し、中には時価総額が数百倍に膨れ上がった企業もあるなど投資家として存在感を増してきた。自身が経営する会社でも画期的なオンラインスクール事業を立ち上げ、コロナ禍でも収益が見込める事業に注力し、ビジネスの世界でも着実に成功への階段を上っている。

 そこで事業が堅調な本田に、危機的状況にあるJリーグやJクラブのスポンサーとなって支援してほしいというわけだ。

 現役選手がJリーグのスポンサーになる例としては、2000年に日本代表MF中田英寿が当時J2降格で資金難に陥った古巣の湘南へのスポンサードを決意し、自身の公式ホームページ「nakata.net」名義で推定5000万円の広告を掲出。本田が投資基準とする社会的意義はもちろん、新型コロナ禍に悩むJリーグの救済に乗り出せば、注目度も高まり大きな広告効果も見込めるだけに、本田側にもメリットがある。

 サッカー界では選手と実業家という“二足のわらじ”に批判的な意見もある中、本田社長が新型コロナ対策に苦悩するJリーグの切り札となるか。

8/1(土) 11:30 東スポ
https://news.yahoo.co.jp/articles/a44f2312f9c149cc1063377976fd41a6f7518dd4

写真
no title


【サッカー】<Jリーグ>経営情報開示で23クラブ赤字発覚も「破産」が出ないワケ「赤字=経営がうまくいっていないというわけではない」 [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1596166284/

【サッカー】<Jリーグ>2019年度クラブ経営情報の開示!営業収益は55クラブ合計で前年比68億円増の1325億円を計上! [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1596121442/

ボタフォゴ10番が「本田圭佑とプレーできて幸せ」 

1: 2020/08/01(土) 09:35:11.09 _USER9
8/1(土) 9:30配信
スポーツ報知

本田圭佑(ロイター)

 ブラジル1部ボタフォゴのMFブルーノ・ナザリオ(25)が30日、ボタフォゴ公式TVのインタビューに対して、「本田圭佑のような世界的な選手と一緒にプレーできてとても幸せ。今でも信じられない気持ちだ」と語った。日本代表として南アフリカ、ブラジル、ロシアとW杯に3大会連続で出場し、イタリア・セリアAの名門ACミランで背番号10を付けたこともある経験豊富な本田とのプレーを心から喜んでいるようだ。

 ナザリオは背番号10を付けて攻撃的MFとしてプレーし、今季、チーム最多の5得点をあげている。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/12c6b2f49dfce00c17dcf71cbff23be8db643517



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索