Samurai Goal

本田圭佑


スポンサード リンク





本田圭佑が代表チームで総スカンの理由 

1: 名無しさん 2016/09/21(水) 22:52:12.38 ID:CAP_USER9
 2018年にロシアで行われるサッカーW杯のアジア最終予選。ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、UAEとの初戦で1-2と、まさかの黒星スタート。

続くタイ戦では、2-0と勝利を収めたものの、格下相手に大苦戦。一方的に攻め続けるも、おなじみの“決定力不足”が露呈し、課題の残る内容となった。さらに、最終予選の初戦を落としたチームは、W杯に行けないという過去データもあり、ファンの不安は募る一方だ。


「確かにUAE戦では、ゴールをノーゴールにされる“誤審”もありましたが、敗因をその“中東の笛”のせいにしたハリルホジッチ監督に非難が集中しました」(スポーツ紙デスク) この“中東の笛”とは、スポーツの試合において審判がアラブ諸国に有利な判定を下すこと。


「でも、あの試合は、それがあっても勝たなければいけなかったはず。それなのにハリル監督は、采配の反省そっちのけで審判の批判。そりゃ、“解任論”も出ますよ」(前同)


 だが、どうやら日本代表が抱える問題は、それだけではないようだ。「不振の本質は別にある」と語るのは、あるサッカー関係者。「問題は本田圭佑。実は彼、チーム内で“総スカン状態”と言われているんです」 エースであるはずの本田が総スカンとは、どういうことなのか?


「本田がオーストリア3部の『SVホルン』というクラブの経営権取得に乗り出したのが発端です。彼は以前から、サッカー界では、選手育成システムの改革が急務と主張していました。今回の買収もその一環らしいんですが、どうやら今、本業より、そっちの“第二の人生”に没頭しているようなんです。こんな大事なときに、そりゃ、頭にきますよね」(前同)


 確かにタイ戦で本田が連携に絡むシーンはほとんどなかった。加えて、ゴール前の決定的な場面では、まさかのシュート空振り。暑さのせいもあったのか、後半はバテバテで途中交代という散々な有り様だった。「明らかにパフォーマンスは落ちてます。まあ、ACミランでも試合に出てないし、30歳という年齢もあるから、試合勘や体力が低下するのも無理はない。あるカメラマンは“本田は遅いから撮るのが楽”なんて言ってましたよ」(同)


 パフォーマンスが低下しているのは、本田だけではない。最終予選で2戦不発の香川真司や、不調によりタイ戦でメンバーから外れた岡崎慎司にも、厳しい声が上がっている。「タイ戦では、原口元気や浅野拓磨など新戦力が得点を挙げた。そろそろ“ブラジルW杯組”からの世代交代の時期ではないでしょうか」(前出のデスク)


“三浦知良→中田英寿”でW杯初出場を果たし、“中村俊輔→本田”でW杯決勝トーナメント進出を果たすなど、世代交代を繰り返すことで進化してきた日本代表。W杯連続出場に黄信号が灯った今、覚醒のための“荒治療”が必要かも?

日刊大衆 

2016年09月20日 13時00分 
http://taishu.jp/detail/24546/page1/

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1474465932/

【サッカー】<ACミランの番記者>本田圭佑は一刻も早く身の振り方を考えるべきだ。選手からは好かれているが、モンテッラには……
no title


【サッカー】<“ストッパー”本田圭佑>今季2試合目出場!積極プレー見せる…ACミランは2連勝
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1474410347/

【ハイライト動画】セリエA第5節 本田、82分に途中出場も印象残せず。ミランがエース弾でラツィオに勝利!! 

1: 名無しさん 2016/09/21(水) 05:52:55.53 ID:CAP_USER9
【ミラン 2-0 ラツィオ セリエA 第5節】

イタリア・セリエA第5節が現地時間の20日に行なわれ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはホームでラツィオと対戦。
ミランがバッカのゴールで勝利を収め、本田は82分より途中出場を果たした。

この日もヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は3トップにスソ、カルロス・バッカ、エムバイェ・ニアンを起用。本田はベンチスタートとなる。

序盤ボールを支配したのはラツィオ。ミランは後方に守備ブロックを形成するに留まる。
12分にはミリンコビッチがヘディングを放つも、GKドンナルンマが何とか防ぎMFモントリーボがクリアした。
しかし14分にはミランが反撃する。ニアンがセカンドボールから抜け出しシュートを放つも、ここは決めきることができない。

すると37分、ミランのエースが再び仕事をする。ラツィオのパスミスからMFクツカがスルーパスを放つと、バッカが完全に抜け出しGKとの一対一に。
ここを冷静に沈めてミランが1-0と先制する。

後半にはニアンがPKを沈めてミランが追加点を奪い、試合は2-0で終了。
本田は82分にボナベントゥーラに変わって途中出場を果たしたが、大きなインパクトを残すことはできなかった。


【得点者】
37分 1-0 バッカ(ミラン)
74分 2-0 ニアン(ミラン)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160921-00010002-footballc-socc
フットボールチャンネル 9月21日(水)5時41分配信

http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ita/ita-10931206.html
試合スコア

no title

「もう選手としては終わってる」サッカー日本代表・本田圭佑を巡って急速に広がるファンとの温度差「結果至上主義」が生んだ日本サッカーメディアの功罪 

665: 名無しさん 2016/09/19(月) 12:29:31.18 ID:KfhXDS2b
「もう選手としては終わってる」サッカー日本代表・本田圭佑を巡って急速に広がるファンとの温度差「結果至上主義」が生んだ日本サッカーメディアの功罪
http://biz-journal.jp/i/gj/2016/09/post_1177_entry.html
[一部抜粋]

「イタリアの伝統クラブACミランの背番号10」といえば聞こえは良いが、それが世界のトップを示していたのは一時代前の話だ。
近年低迷が続くACミランは、昨年のセリエAでも7位。
もはやヨーロッパでも中堅クラブという位置づけであり、必然的に背番号10の価値も大きく下落している。

 ちなみに昨年の英プレミアリーグの7位はウェストハム・ユナイテッドだが、
背番号10がアルゼンチンのマヌエル・ランシーニであることを、世界中のどれだけのサッカーファンが知っているだろうか。

 現在の世界における本田圭佑の位置づけは、ランシーニと決して大きく離れていない。

 しかし、日本、特に日本のサッカーメディアの中で本田は今も世界有数のプレイヤーであり、日本歴代最高の選手のような扱いが続けられている。
no title



本田=ランシーニ
その程度なんだな

【GIF】ベンチでも激しいミラン本田圭佑!!wwwwwwwww 

432: 名無しさん 2016/09/19(月) 01:09:24.96 ID:2jgeUolz
悔しそうに固く唇を噛みしめる本田さん

ウイイレ本田81←わかる清武80←まあわかる香川85←は? 

1: 名無しさん 2016/08/22(月) 20:36:57.567 ID:PXbnYTD+0
高すぎるだろ

no title

【ハイライト動画】セリエA第4節 本田圭佑、ミラン勝利も蚊帳の外。エース弾でチーム辛勝も守備固めで出番回らず ! 

1: 名無しさん 2016/09/17(土) 07:27:54.27 ID:CAP_USER9
サンプドリア 0-1 ミラン セリエA 第4節

イタリア・セリエA第4節が現地時間の16日に行なわれ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはアウェイでサンプドリアと対戦。
バッカの終盤のゴールで辛勝している。

ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督からの信頼を獲得できない本田はサンプドリア戦でもベンチスタート。
指揮官は前線にスソ、ラパドゥーラ、ニアンを起用する。

前半ペースを掴んだのはサンプドリア、FWルイス・ムリエルを中心にミランのゴールマウスに迫っていくが
GKジャンルイジ・ドンナルンマが瀬戸際で防ぐ。そのまま前半はスコアレスで終了する。

なかなか得点を奪えないミランはソサに替えて18歳MFマヌエル・ロカテッリを投入する。
直後の59分には右サイドからスソが強烈なミドルシュートを放つも、ここはGKヴィヴィアーノがキャッチする。

64分にはラパドゥーラに替えてモンテッラ監督と口論をしたと報じられたFWカルロス・バッカが投入される。
直後の66分にはボナベントゥーラのドリブルからバッカにチャンスが巡るも、ここは枠を捉えられない。
続く70分にはサンプドリアのMFバレートがクロスに合わせてゴールを揺らすも、ここはオフサイドの判定。

しかし85分、今度こそエースFWバッカが決める。
サンプドリアのバックパスミスを奪ったミランはスソがスルーパスを放つ。これに抜けだしたバッカが冷静にゴール右に流し込んだ。

終盤の一点を守り切ったミランが1-0で3試合ぶりに勝利。
モンテッラ監督はゴール直後にスソに替えてDFグスタボ・ゴメスを投入。守備固めで3枚目の交代枠を使い、本田に出番は回ってこなかった。

【得点者】
85分 0-1 バッカ(ミラン)

フットボールチャンネル
no title



http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160917-00010002-footballc-socc
フットボールチャンネル 9月17日(土)5時41分配信

http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ita/ita-10931196.html
試合スコア

本田圭佑へ伊メディア提案 「ボランチ」は日本代表でこそ生きる!ハリルホジッチ監督、いかがでしょう? 

1: 名無しさん 2016/09/15(木) 07:10:16.44 ID:CAP_USER9
 今季セリエAで出番のなかったミランFW本田圭佑(30)が、先週末の第3節ウディネーゼ戦の後半34分、ようやくモンテッラ監督からお呼びが掛かり、右FWとしてプレーした。もっとも43分にウディネーゼにゴールを奪われ、0―1で試合終了。本田は目立った動きを見せられなかった。

 モンテッラ監督は本田の主戦場、右FWのレギュラーを22歳のスソと決めているので今後、本田の出番は限られる。

 そこでイタリアの一部メディアが「ホンダをボランチ(センターMF)にコンバートした方がチームにもホンダにもプラスに作用する」と報じるようになった。

「本田自身の衰えも関係している。この前のW杯予選のUAE戦とタイ戦もそうだったが、右サイドで本田がボールを持って相手選手を抜こうとしても、スピードもキレもなくなり、そもそもテクニックのない本田は四苦八苦するばかり。

もちろんセリエAではアジア相手の最終予選よりもムリな注文です。今の本田がチームに貢献できるポジションは、フィジカルの強さを生かして当たり負けせず、身長182センチで空中戦の強さを存分に発揮できるボランチで起用するのがベスト! という観点からコンバート関連の記事が掲載された」(サッカー関係者)

これは、そっくりそのまま日本代表に当てはまらないか? 今の日本代表は1トップにFW岡崎慎司(30)が入り、MF香川真司(27)がトップ下を務め、左サイドに清武弘嗣(26)、右サイドに本田――というのが基本システムだ。

 しかし、本田が右サイドでモタモタすることでチーム全体の攻撃も手詰まりとなり、それが日本代表の苦戦の要因となっている。スポーツライターの平野史氏が言う。

「日本代表にはW杯最終予選メンバーに選ばれたFW原口元気(25)、FW武藤嘉紀(24)、FW宇佐美貴史(24)、FW小林悠(28)などチャンスメークし、シュートに絡める選手が多い。

だからといって本田をベンチに下げるのは得策ではない。本田のメンタルの強さ、勝負強さ、試合の流れを読む力などはまだまだ必要です。ボランチでテストしてみる価値は十分にあると思います」

 ハリルホジッチ監督、いかがでしょう?

ゲンダイ
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/189833/1
no title


【サッカー】<イタリア人番記者>本田圭佑について、不振の続くモントリーボの代わりにボランチにシフトすることを提案!c2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1473753977/

【サッカー】<伊・ガゼッタ紙>採点を発表!本田圭佑(ACミラン)に高評価!チーム最高となる「6」「素晴らしいクロス」c2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1473657205/

【サッカー】<本田が言う個の能力とは何だ?> 本田のような“スピードのない10番“はもう2列目で生き残れないc2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1473601370/

【サッカー】<ミラン番記者>少しだけ光明を見出した本田に最適のポジションは?c2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1473852514/

ミラン本田圭佑に今季初先発のチャンス!サンプドリア戦で右FWか!? 

1: 名無しさん 2016/09/14(水) 18:14:05.88 ID:CAP_USER9
サッカーイタリア1部リーグ、ACミランの日本代表FW本田圭佑が16日のサンプドリア戦で今季初のスタメン出場する可能性が出てきた。14日のイタリア紙コリエレ・デロ・スポルトが報じた。

 同紙によると、11日のウディネーゼ戦で出場停止だったFWニアンがサンプドリア戦ではトップの左サイドで復帰。モンテラ監督はウディネーゼ戦で最前列だったスソとボナベントゥーラを中盤に下げ、モントリーボをセンターハーフにする。そして3トップの右サイドに本田を先発させるのではないか、とみている。本田はウディネーゼ戦で後半34分から出場し、チャンスに絡んだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160914-00000071-dal-socc

no title

本田圭佑、今季限りACミラン退団→米国移籍に乗り気!…気になる意中のクラブとはズバリ、LA・ギャラクシーとNY・シティー 

1: 名無しさん 2016/09/13(火) 12:09:44.29 ID:CAP_USER9
 今季限りで退団へ――。

日本代表FW本田圭佑(30=ACミラン)が米国行きに向けてついに動きだした。ハリルジャパンのエースはクラブで冷遇され、契約が残り1年を切った状況で去就が注目されている。

今夏も複数クラブからオファーが届いたが、その中に米メジャーリーグサッカー(MLS)のクラブもあった。MLS移籍に乗り気な本田には意中のクラブがあるという。

 本田はビンチェンツォ・モンテッラ新監督(42)のもとで迎えた今季、レギュラーどころか出場機会すらなかなか与えられない。現地メディアからは今後も出場機会が限られる見通しを報じられるなど、厳しい状況が続きそうな流れだ。

 本田とACミランとの契約は2017年6月まで。少しでも収入を得たいクラブ側は契約満了前の放出も選択肢に入れている。実際、今夏の移籍市場ではセルタ(スペイン)やサンダーランド(イングランド)などが獲得に動いたが、本田が拒否したことで話は進展しなかった。

 だがミランの10番を狙っているのは欧州勢だけではなかった。「MLSのクラブからも話があったが、まとまらなかったようだ」と欧州事情に詳しいJリーグ関係者は話した。

 もともと本田は米国志向が強い。昨年末にはロサンゼルスでサッカー教室を開催し、6月には米国の公共慈善団体「国連財団」の教育事業への参画を表明した。将来的に米国でビジネスを展開する考えを持っており、現役時代にMLSでプレーして名前を売っておくことはプラスになる。実際、本田がオーナーを務めるSVホルン(オーストリア)の関係者も「彼はMLSに行きたがっている」と語っている。

 MLSのクラブにとっても日本で抜群の人気を誇る本田の獲得は商業的価値が高いため、複数のクラブが動いた。“相思相愛”ならば移籍がすんなり決まりそうなものだが、事はそう簡単ではなかった。同関係者は「本田の希望はあくまで(MLSの)ビッグクラブと聞いている」と明かした。

 MLSは欧州主要リーグと比べると“都落ち”のイメージがつきまとう。

 自らのブランディングを気にする本田にとっては、いくら実力的に欧州の強豪への移籍がかなわないとしても、できるだけサッカー界でのステータスや注目度が高いクラブに行きたいというのが本音。今夏に打診があったのはMLSでも中堅クラブとみられ、取り合わなかったわけだ。

 気になる意中のクラブとはズバリ、ロサンゼルス・ギャラクシーとニューヨーク・シティーだ。前者はMLS創設時からリーグ随一の人気を誇るクラブで、元イングランド代表MFスティーブン・ジェラード(36)が在籍。かつては元同代表MFで世界的スターのデービッド・ベッカム氏(41)もプレーした。

 後者はイングランドの強豪マンチェスター・シティーと米大リーグの名門ヤンキースが共同出資するクラブで、豊富な資金力をバックに元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ(37)や元スペイン代表FWダビド・ビリャ(34)らを擁する。世界的な大物と一緒にプレーできる環境を本田は望んでいるのだ。

 ACミランにとっては来年1月の市場が移籍金を得られるラストチャンスのため去就騒動の再燃は必至。

 いずれにしても今季限りでの退団は確実視されており、本田が米国に上陸する日はそう遠くないかもしれない。

東京スポーツ 2016年09月13日 08時00分
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/592071/
no title


【サッカー】<伊・ガゼッタ紙>採点を発表!本田圭佑(ACミラン)に高評価!チーム最高となる「6」「素晴らしいクロス」
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1473657205/

本田圭佑選手のファンドが初の投資 教育ベンチャーの資金調達に参加 !! 

1: 名無しさん 2016/09/12(月) 17:56:52.22 ID:CAP_USER9
中高生向けのプログラミング教育事業を手がけるライフイズテック(東京)は12日、
サッカー日本代表の本田圭佑選手やベンチャーキャピタルなどを引受先とした
第三者割当増資で7億円を調達すると発表した。

 本田選手は今年5月、IT企業のデジタルガレージが世界で独創的な挑戦を続ける個人に与える
「ファーストペンギンアワード」を受賞。8月には交流サイトのインスタグラムで、
賞金の5千万円を「エンジェル投資家としてスタートアップ(創業間もない会社)やベンチャー企業に全額投資していく」と表明。
この賞金に限らず、個人で立ち上げた「KSKエンジェルファンド」を通して、
「次世代に少しでもより平和で明るい未来を残せるように、可能な限り投資し続けていこうと考えている」としていた。
ライフイズテックはKSKの第1号投資先に選ばれた。

このほかの引受先は、孫正義ソフトバンクグループ社長の実弟の孫泰蔵氏が社長を務める
Mistletoe(ミスルトウ、東京)や大手ベンチャーキャピタルのジャフコ、伊藤忠テクノロジーベンチャーズなど。
投資額の内訳は明らかにされていない。

 ライフイズテックは調達した資金をプログラミング教育の交流サイト「MOZER(マザー)」の開発や海外展開に充てるという。

http://www.sankei.com/economy/news/160912/ecn1609120014-n2.html
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索