Samurai Goal

本田圭佑


スポンサード リンク





本田圭佑がファン用デジタル通貨を発行へ ファンと「新たな繋がりが欲しかった」 

1: 2020/10/22(木) 12:45:11.74 _USER9
10/22(木) 11:11
デイリースポーツ

本田圭佑がファン用デジタル通貨を発行へ ファンと「新たな繋がりが欲しかった」
本田圭佑
 サッカー元日本代表のFW本田圭佑(33)=ボタフォゴ=が22日、2020年10月21日に、新たなファン向けのデジタル通貨「KSK HONDA コイン」を発行すると発表した。世界中のファンに向けて、サッカー選手であり起業家として過ごす自身の生活への繋がりを提供するために立ち上げる。Rallyを通じて発行される。

 「KSK HONDA コイン」を所有することで無料ボイスチャットアプリの「本田圭佑プライベートチャンネル」に参加することができる。そのチャンネルでは本田の生活に密着した活動アップデートを見ることができる。また、チャット機能で本田やメンバー同士でのコミュニケーションが可能となる。

 本田は「僕が「KSK HONDA コイン」をローンチしたのは、僕のこれまでの活動に共感してくれている多くの人々との新たな繋がりが欲しかったからです。今までファンクラブのようなものを作らなかったのは、それがクローズドであり、新しいファンや

海外のファンが参加するためには、システム上、ハードルが高かったことが主な理由でした。今回の試みは新しい技術と仕組みなので、実験的な部分もあり、正直どうなるかイメージできないところもありますが、よりオープンな形でファンと繋がりたいという思いから、Rallyとのプロジェクトを始めることにしました」とコメントした。

 そして「KSK HONDA コイン」を保有してくれる人への特典を定期的に実施していくつもりです。サッカー選手、投資家、そして起業家として現在の活動についての考えなどを共有できればと思っています。集まったお金を何に使うかはまだ決まっていませんが、意義のあることに使うこと、何に使ったかを「KSK HONDA コイン」の保有者の皆様に全て開示することを約束します」と内容についても説明した。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/f5a236713e1c326d830c0c525cac7fe5c9aea44a

好機に絡んだ本田圭佑にチーム最高タイの評価も。「ボタフォゴのエンジンだった」 

1: 2020/10/20(火) 17:36:34.00 _USER9
カンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)第17節のボタフォゴ対ゴイアス戦が現地時間19日に行われ、0-0のドローに終わった。ボタフォゴのMF本田圭佑は先発でフル出場している。


 キャプテンマークを巻いた本田は、全国選手権初ゴールを決めたスポルチ・レシフェ戦以来2試合ぶりの先発出場。決定的なシュートを放つ場面もあったが相手GKタデウの好守に阻まれてゴールはならず、試合もスコアレスドローとなった。


 ブラジルメディアでは本田のパフォーマンスに対し、おおむね及第点かそれ以上の評価を与えている。『グローボエスポルチ』では10点満点で採点「6」。GKジエゴ・カヴァリエーリに「6.5」のチーム単独最高点がつけられ、本田はその守護神に次ぐ評価を受けた選手の一人となった。

『ランス』では「ジエゴ・カヴァリエーリと本田が目立っていた」として、両選手にチーム最高点の「6.5」をつけた。本田については「ボタフォゴの“エンジン”だった。プレーを作り出し、良いボールを放ち、激しく戦っていた。終盤にはリズムが落ちたがピッチ上から外されることはなかった」と述べている。

 クラブ専門メディア『fogaonet』でも本田、ジエゴ・カヴァリエーリ、DFカヌの3人にチーム最高となる採点「6.5」をつけている。「終始明確な意識のあるボール扱いをしていた。タデウの好守に2度ストップされた。終盤は疲れていた」と本田を評した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/553ef3be4e404fd9854e33fff2d17760821e256f
no title

本田圭佑「オレのペースに合わせんかったら衝突する」日本代表がもめた“あの日” 

スクリーンショット 2020-10-20 17.42.53

香川真司の新天地にボタフォゴが急浮上! 本田圭佑との“夢のデュオ”が実現か?「カガワが考えを変える」 

スクリーンショット 2020-10-20 12.51.44




1: 2020/10/20(火) 12:21:21.15 _USER9
 サラゴサとの契約を解除し、所属先がまだ決まっていないのが香川真司に、驚きの新天地候補が浮上した。本田圭佑が所属するブラジルのボタフォゴだ。スペイン・メディア『El Desmarqu』のサラゴサ版が、現地時間10月19日に報じている。

「カガワの未来はブラジルにあるかもしれない。ボタフォゴは彼の署名のために立ち上げる」と題した記事の中で、このリオデジャネイロのクラブが日本人MFとの署名に「非常に興味を持っている」と伝えている。

 記事によれば、スペインでのプレーを望む香川は、ギリシャのPAOKやドイツ2部のハンブルクからのオファーを拒否。ただ、ともにスペイン2部のサバデルやテネリフェが選択肢に挙がっていた国内移籍は停滞しているようで、「彼の将来は、私たちの国(スペイン)から遠ざかっている」と伝えている。
 
 そして、「ボタフォゴが彼に提供するものは、日本人の考えを変える可能性がある」と指摘。かつて、元オランダ代表のクラレンス・セードルフを獲得するなど、南米出身以外の“ベテランのスター”を救うのが好きなチームだとし、最近でもアリエン・ロッベンやジョン・オビ・ミケルとの契約に動いた、説明している。

 もし、香川と本田の共闘となれば日本人にとっては「夢のデュオ」の誕生となるが、はたして――。


https://news.yahoo.co.jp/articles/3d94ce2451b2a5fe5c08175de7e9c1f569a12b14

本田圭佑、復調の要因。新監督、 ポジション変更など好条件が揃った 

スクリーンショット 2020-10-15 13.57.50

本田圭佑が立ち上げのクラブ「江戸」に名称変更 

1: 2020/10/14(水) 15:49:29.33 _USER9
10/14(水) 15:35配信
日刊スポーツ

20年1月、「One Tokyo」設立について熱く語る発起人の本田圭佑

ブラジル1部の古豪ボタフォゴMF本田圭佑(34)が立ち上げ、今季から東京都社会人4部リーグに所属し、名称変更することになっていた「One Tokyo」が、東京から江戸になった。

本田が14日、ツイッターで「ファン投票によってサッカーチーム名が新しく決まりました。OneTokyo→Edo All United(略して江戸)です!」と報告した。

9月15日、クラブが「この度、ONE TOKYOは新名称に変更することになりましたのでお知らせいたします。新名称は、これからオンラインサロンのメンバーで決定させていただきます。宜しくお願いいたします」と発表していた。

この名称については、すでに「One Tokyo」の商標権を一般社団法人東京マラソン財団が保有しており、同法人による会員組織「ONE TOKYO」がすでに活動していた。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/1f047c8c58b9641b32be6f5814c99b296e484889

本田圭佑が「大好きだ」 豪快ミドル弾に現地サポ喝采「この日本人はモンスターだ!」 

スクリーンショット 2020-10-13 19.57.02




1: 2020/10/13(火) 18:14:58.95 _USER9
左足ミドルを突き刺し全国選手権で初ゴール、勝利に貢献
海外サッカー、ブラジル1部ボタフォゴのMF本田圭佑は現地時間11日、全国選手権第15節スポルチ・レシフェ戦に先発フル出場。前半29分に先制点を決めて2-1の勝利に貢献した。現地メディアは左足で強烈なミドルを突き刺す得点シーンの動画を公開。舌を出して喜ぶ姿に、現地サポーターからは称賛が沸き起こっている。

【動画】「心の中で輝き続ける」「なんという男だ」と現地喝采! 得意の左足を迷いなく一閃…豪快ミドル弾の実際の映像
https://twitter.com/Esp_Interativo/status/1315443427719491584
https://video.twimg.com/amplify_video/1315440651715125248/vid/1280x720/9zVfPWobTz8ZVwLv.mp4

 得意の左足で叩き込んだ。0-0の前半29分、本田は相手GKの不用意なパスミスをエリアの外で拾うと、そのまま狙いすまして左足を振り抜いた。これがゴール左隅に突き刺さる、貴重な先制ゴールに。ベンチに向かう本田のもとにチームメートが駆け寄って祝福を受けた。

 本田にとって全国選手権では待望の初ゴール。ブラジルメディア「Esporte Interativo」が公式ツイッターで実際の映像を公開し脚光を浴びせると、チームの公式ツイッターでも舌を出して喜ぶ本田の姿を公開。これに現地ファンは喝采を上げている。

「ブラボー」
「この日本人はモンスターだ!」
「この男が大好きだ」
「なんという男だ」
「ワンダフルな選手」
「ゴージャスでパーフェクトな男」
「私の心の中で輝き続けるゴール」
「ものすごい情熱を持っている」
「私たちのエース」

 チームは前半を2-0で折り返し、後半退場者を出したものの2-1で逃げ切りに成功。13位に順位を上げている。

THE ANSWER編集部
10/12(月) 12:09
https://news.yahoo.co.jp/articles/3262e3f3d04b11d77c422da3ff4a754fdc132f81
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

ボタフォゴの本田圭佑、初ゴール ブラジル全国選手権 

スクリーンショット 2020-10-12 10.03.57




1: 2020/10/12(月) 09:38:42.16 _USER9
 【リオデジャネイロ共同】サッカーのブラジル全国選手権で11日、ボタフォゴの本田圭佑はアウェーのスポルチ戦にフル出場し、前半に左足ミドルシュートで先制点を挙げた。本田は全国選手権初ゴール。試合は2―1で競り勝ち、今季初の連勝となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/87f98048057b089c3747169442a6c6b46c982123

本田圭佑、4試合ぶりの先発で先制点の起点に!現地紙が高評価「クォリティを与えた」 

スクリーンショット 2020-10-09 5.35.12

本田圭佑は3戦連続ベンチ外 ブラジル 

thumb-12290-814718-sports




1: 2020/10/05(月) 09:16:25.51 _USER9
【サンパウロ時事】サッカーのブラジル全国選手権1部リーグは4日、各地で第13節が行われ、ボタフォゴの本田圭佑は、ホームのフルミネンセ戦で3試合連続でベンチ外だった。ボタフォゴは1―1で引き分けた。本田は9月23日の試合でくるぶしを痛め、現在は回復に向かっているという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cd5c132d2e7bc6d3a651f36713a542c19a59d4f9



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索