Samurai Goal

本田圭佑


スポンサード リンク





本田圭佑“クラブの顔”に!古巣スタジアムの外壁に肖像画!! 

GettyImages-128385065-800x533

本田が語る”男の美学”セルフ・プロデュースへの強いこだわり 

jnl1805160001-f1

本田圭佑、同僚の前で「君が代」大熱唱!はたして自己評価は…  

1: 2018/09/21(金) 12:54:17.24 _USER9
渾身の熱唱の後は、自ら「ニッポン! ニッポン!」と同僚に拍手&コールを要求


オーストラリア1部メルボルン・ビクトリーに移籍したMF本田圭佑が自身のインスタグラムを更新。新たなチームメイトの前で国家を熱唱する動画を公開すると、「あなたは日本の宝だ」「熱いよやっぱり最高!」と反響を呼んでいる。

【動画】「熱いよやっぱり最高!」「あなたは日本の宝だ」と大反響! メルボルン・ビクトリーMF本田圭佑が新天地で「君が代熱唱」
https://www.football-zone.net/archives/136775/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=136775_6

 メキシコ1部パチューカと契約満了となった本田は、ロシア・ワールドカップ(W杯)後にオーストラリアのメルボルン・ビクトリーへの移籍を発表。日本、オランダ、ロシア、イタリア、メキシコに続く自身6カ国目のリーグ挑戦を決断した。

 10月19日のリーグ開幕に向けて調整を続けるなか、本田は21日に自身のインスタグラムを更新。「この歌は日本でベスト。僕はメルボルン・ビクトリーのファミリーのために歌った」とメッセージを添えて、一本の動画をアップした。

 食事会場を思われる部屋の一角で椅子の上に立ち、目をつぶり、左胸に手を当てながら熱唱を始める本田。「ちよにや~~ちよに」と、日本代表戦の試合前に何度も斉唱してきた国家の「君が代」を抑揚をつけて歌い進める。

「さざれ~石の~巌となりて~苔の~~むすまで」

 チームメイトもその迫力に圧倒されたのか、やや静かになるなか、本田は熱唱を終えると、「ニッポン! ニッポン!」と拍手をしながらリピートを要求。すぐにコールは全体に広がり、最後は全員が本田を称えるように拍手で締めくくった。ハッシュタグには「#badsinger」「#butididmybest」「#national」と“歌は上手ではないけど、ベストを尽くした”という旨が綴られている。

 今夏はスペイン1部ベティスに移籍した日本代表MF乾貴士が、新加入選手への洗礼として同僚の前で「ドラえもんの歌」を熱唱して話題を呼んだが、本田もそれに負けないインパクトと新天地への溶け込み具合を見せている。投稿のコメント欄には「心こもってるのが伝わります」「国の鑑」「あなたは日本の宝だ」「熱いよやっぱり最高!」「伸び代ですねぇ」とファンから多くの反応が寄せられていた。

9/21(金) 11:10配信 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180921-00136775-soccermzw-socc

写真no title

【激白】川淵三郎氏、日本サッカー協会会長に本田指名、視野の広さを大絶賛 

「川淵三郎」の画像検索結果

【大論争】本田圭佑の“発言”に物議!!岡崎も援護する事態に発展! 

news_20180619230751_thum630

本田圭佑がモノ申す!!“指導者ライセンス”は「筆記テストだけで取得が理想」  

1: 2018/09/18(火) 17:55:49.53 _USER9
「今のコーチングライセンス制度は廃止して新しいルールを」

no title


メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑が自身のツイッターを更新し、日本サッカー界のコーチングライセンスについて持論を述べた。
 
 まずは「今のコーチングライセンス制度は廃止して新しいルールを作るべき。プロを経験した選手は筆記テストだけで取得できるのが理想」と綴る。そのうえで「母数を増やして競争させる。クラブ側も目利きが今まで以上に求められる。ただ選択肢は増える」と論じた。そして、「日本のサッカーはそういうことを議論するフェーズにきてる」と締めたのだ。
 
 日本サッカーの指導者ライセンスは、最上級のS級を取得するまでに数々の難関があり、日本代表経験者と言えども容易くは辿り着けず、相応の時間を要する。指導ライセンスを持っていない本田は現在、カンボジア代表のGMを務めつつ、事実上の監督として指揮を執っているが、あらためてライセンス制度の在り方について熟考したのかもしれない。
 
 現役生活を送りながら、前述の代表チームの強化や慈善活動、サッカースクールの主宰、さらには投資ファンドの立ち上げなどさまざまなアクションを起こしている。そんな本田にとって指導者への道も、近未来の選択肢のひとつなのだろう。

9/18(火) 16:57 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180918-00047414-sdigestw-socc

本田圭佑“大ピンチ!?”有力スポンサーが経営危機!!詐欺事件に発展する可能性も? 

no title

1 2018/09/18(火) 10:03:54.65 _USER9
これで、得意のビッグマウスも鳴りを潜めるか。東証1部上場の「TATERU」(東京・渋谷)が顧客の融資書類を改竄し、アパートローンを組ませていたことが発覚。
実は、この会社、本田圭佑(32)の大口タニマチだった。CMに起用したり、彼がオーナーのサッカーチームの公式スポンサーになったりしていたのだ。

まさに、被害者が続出した「かぼちゃの馬車事件」とそっくりなのである。

「スマートデイズなる会社が、かぼちゃの馬車という名の女性向けシェアハウスを売り付けるために、顧客の融資書類を改竄し、スルガ銀行からの融資を受けさせていました。TATERUでも、それと同じ手口が使われていたのです」

 と、「かぼちゃの馬車」、「TATERU」の両方で、被害者の代理人を務める加藤博太郎弁護士が解説する。

「今回、TATERUの被害者となったのは、都内在住の50代男性。今春、TATERUの担当者から、名古屋でのアパート経営を勧められました。不動産購入資金には1億1千万円が必要だった。男性は銀行審査のため、残高が記載されたネットバンキングの画像をスクリーンショットで送るように指示されました」

 その結果、残高が23万円ほどしかなかったにもかかわらず、銀行融資が実行されることになったという。

「しかし、それから間もなく、男性はかぼちゃの馬車事件を知り、自分の融資書類も改竄されたのではないかと心配になりました。そこで、銀行に連絡してみたら残高がなんと623万円に改竄されていたのです。それをTATERUに指摘すると、手付解除してきた。そのことが8月31日にニュースで報じられると、私のもとには、TATERUに融資書類の残高を水増しされたのではないかという相談が他にも数件寄せられました」(同)

イメージキャラクター

 大がかりな詐欺事件に発展する可能性も大の「TATERU」だが、サッカー日本代表の元エース、本田の大口タニマチとしても知られていた。

「最初のかかわりは、2015年に本田が推定5億円で買収したオーストリア3部リーグの『SVホルン』。そこの公式スポンサーになったことです」

 とは、サッカー担当記者である。

「さらに、本田はカンボジア2部リーグの『ソルティーロ・アンコールFC』のオーナーにもなりましたが、TATERUはそのチームのユニフォームにも、一番目立つ胸の部分にデカデカと広告を出している。何よりも、本田自身がイメージキャラクターとしてCMに出演していて、すでに第3弾が放映されています。TATERUは、本田を広告塔として最大限利用し、顧客に資料を渡すときに使うクリアファイルにまで写真が使われているのです」

 しかし、このまま経営が傾いていけば、当然、大口タニマチを続けられなくなる。

「TATERU」に聞くと、

「契約については、現時点で変更はございません」

 本田の算盤占いが吉と出ることはなさそうである。

「週刊新潮」2018年9月13日号 掲載
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180918-00548665-shincho-soci

パチューカ会長が本田圭佑を大絶賛!『ケイスケは偉大』 

201710100009-spnavi_2017101000048_view
1 2018/09/14(金) 21:41:21.68 _USER9
パチューカのヘスス・マルティネス・パティーニョ会長は、昨シーズンまでクラブに所属していたMF本田圭佑を称えた。アメリカのスペイン語紙『ラ・オピニオン』が13日、報じている。

本田は2017年夏、イタリアの名門クラブであるミランとの契約を満了するとメキシコリーグ参戦を決意し、パチューカに移籍した。しかし加入直後にメキシコ中部でマグニチュード7.1の大地震が発生。本田は真っ先にサポートに名乗りを上げ、メキシコ赤十字社に50万ペソ(約300万円)の寄付を行った。地震が発生した2017年9月19日からまもなく1年が経つが、パチューカのマルティネス会長は今でも本田の行動に感謝している。

「ケイスケは常に、偉大なプロフェッショナルであるだけでなく、人間としても偉大だった。非常に敏感な人だ。私の所へやって来た彼は、『会長、僕は手助けをして力になりたい』と言った。私は選手全員で協力し、給料から一部を直接寄付することにしようと思い、話し合いの場を設けた。すると彼は真っ先に名乗り出て、赤十字に寄付するつもりであると意思を明らかにし、その通り実行した」

またパチューカ会長は、本田が当初メキシコ地震への寄付を非公表にするつもりであったことを明かしている。

「ケイスケは純粋に手助けをしたいとの思いで寄付し、非公表のままにしようとしていた。その後、私は彼と話しをして、公表することが重要であると伝えた。彼には影響力があるため非常に重要だとね。そういった意味で、サッカー選手も社会への貢献について言及するべきであると理解して欲しかった。特にメキシコ人ではない選手がしたことにも意味がある」

9/14(金) 17:51配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00000013-goal-socc

本田監督が試合を振り返りツイート「偉大なチームは1日では作れなかった...」 

キャプチャ

カンボジア地元紙が“本田監督”を評価!!『可能性を感じるサッカー』 

20180911093021487
1 2018/09/12(水) 07:03:02.08 _USER9
【プノンペン(カンボジア)11日=岡島智哉】カンボジア代表のゼネラルマネジャーで、実質的な監督を務めるMF本田圭佑(32)=メルボルンV=が11日、クラブに合流するため、カンボジア・プノンペン空港からオーストラリアのメルボルンへと向かった。

 指導者としての初陣となった10日の親善試合・マレーシア戦は1―3の逆転負け。「この敗戦を忘れることはない」と悔やんだが、地元メディアはカンボジアの変貌と奮闘ぶりを強調。「可能性を感じるサッカーを展開した」(プノンペン・ポスト)、「本田による守備練習がこんなにも早く効果を表すとは」(クメール・タイムズ)などと報じた。

 カンボジアの次戦は10月16日の親善試合・シンガポール戦。4日後の20日には選手としてのオーストラリアデビューとなる開幕戦が行われるなど、監督と選手の“二足のわらじ”生活が本格的にスタートする。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00000015-sph-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索