Samurai Goal

本田圭佑


スポンサード リンク





<W杯アジア最終予選>本田圭佑が苦戦続きの現状に腹立たしさを感じながら語る言葉とは。 

1: iPhone774G@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 21:44:54.87 ID:c39G+Z9Y0 BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典
<W杯アジア最終予選:日本2-1イラク>◇B組◇6日◇埼玉

 日本代表MF本田圭佑(30=ACミラン)が、苦戦続きの現状に腹立たしさを感じながら語った。
「課題は多かった。でも笑って反省できるシチュエーションにしてくれたことを前向きにとらえたい」。
ただ、この試合のイラクや9月に敗れたUAEのように、自信を持って日本に向かってくるアジア勢。
その現実に怒りをにじませ、言った。

 「本当はこっちが向こうをばかにしたい。それは例えば僕とかヤットさん(G大阪MF遠藤)の真骨頂。
アジアレベルで言えば徹底的にばかにするプレーを得意とするところ。
イラクみたいに、必要以上に僕らをリスペクトしていないことが腹立たしい」

 青に染まった日本での試合に、相手がおじけづくどころか勝ち点を奪いにくるのが現状だ。
本田自身も両チーム最多4本のシュートを放つも得点に絡めず、後半36分に交代した。
http://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/news/1720706_m.html

出場機会に飢える本田圭佑!最終予選2試合は「ある意味でワクワクしてる」 

1: 名無しさん 2016/10/04(火) 21:42:17.36 ID:CAP_USER9
 日本代表は4日、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の2連戦(6日vsイラク代表/11日vsオーストラリア代表)に向けた埼玉県内での合宿3日目を迎えた。

 同日、イタリアから合流したMF本田圭佑(ミラン)は時差の問題に触れ、「2日くらいの場合はあんまり時差を戻そうとせず、そのまま対応した方が逆にコンディションよくいける。それはロシアでよく経験してるんで」と心配がないことを強調。一方で、所属するミランではここまでリーグ戦で途中出場の2試合にとどまっており、試合勘が心配されているが、これについては苦笑いを浮かべながらも「自分の中ではむしろ久しぶりに試合するってことで楽しみ」とコメント。「すごくポジティブな意味でサッカーを楽しみながら結果を出したい。ワクワクしてますけどね、ある意味」と試合に出場することへの意欲を示した。一方で心配の声には「いかに結果に結びつけるかってことが求められてると思うんで、その心配の声を消せるくらいしっかり結果を出したい」と力強く話している。

 日本代表は初戦のUAE戦に敗れていることもあり、今後もプレッシャーのかかる試合が続く。これまで2度のW杯予選を経験している本田は「悪い意味でのプレッシャーを感じないこと」が重要だと話し、「いかにそのプレッシャーをうまく受け流すか。しっかり抱えられる選手は抱えたらいいけれども、抱えられない選手も若い選手にはいると思うんで、そういうものを僕ら含めて緩和させられればいいかなと思ってます」と若手選手にアドバイスした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161004-00500516-soccerk-socc
no title

本田圭佑が“ブーイング論”をノンストップ3分間熱弁、長友「熱くなってるな」 

1: 名無しさん 2016/10/04(火) 20:55:05.80 ID:CAP_USER9
イタリアと日本のサポーター文化に話題が移ると、思わずヒートアップした。日本代表FW本田圭佑(ミラン)は4日、代表合宿に合流。
練習後、報道陣の取材に対応すると、その最後に週末のリーグ戦でミランサポーターのブーイングに苦言を呈した真意について質問が飛んだ。

2日のセリエA第7節・サッスオーロ戦で4-3の逆転勝利をおさめたミランだが、1-3とリードを許す展開でホームのサポーターからはブーイングが浴びせられた。
チームはその後、8分間で3ゴールを奪い、逆転したが、試合後のミックスゾーンで本田は劣勢の展開でのブーイングに疑問を投げかけたという。

日本代表の試合でサポーターからブーイングが飛ぶことはまれだ。
ましてや試合中からとなると、なかなか記憶にない。報道陣からこうした違いについて質問が出ると、本田は静かに口を開いた。

「日本のスタジアムの雰囲気はイタリアとは天と地の差があるぐらい優しい。

優しいというか、サッカーが見たくて見たくて仕方がないという人で満員になっているわけではないと思う。
日の丸を応援するとか、オリンピックが好きとか、その感覚で応援しているところもあると思う。
極端に言えば、バレーボールでもいいんだろうし、ラグビーでもいいんだと思う」

そうした日本代表のサポート文化について理解を示す本田はすぐにミランのサポーターに話を切り替えた。

「ブーイングに関しては、日本はないはない。逆にミランはあり過ぎてダメだと思っている。
試合中、負けていると、ミランは完全に見放す。そこに愛情は一切感じられない。
別に嫌いで、愛情がなくて、見放すなら見放すでもいい。でも、勝ったらいきなり家族に戻る。数字の問題だけかと」

興奮気味にまくし立てる本田の声は自然と大きくなり、ミックスゾーンの離れた位置で取材対応していたDF長友佑都(インテル)の耳にも届いたようだ。
「だいぶ熱くなっているな」と苦笑いを浮かべ、「僕は静かにいきますよ」とジョークを飛ばすほどだった。

こうしたサポーター文化がイタリアサッカー界の現状にも悪影響を及ぼしているのではないかというのが本田の考えだ。

「イタリアがこの状況になっているのは、そういうところも影響していると思っている。
結果にだけ執着して、タレントがいて、そのプレッシャーを全部受け止められているときはいいけど、ミランもイタリア代表も今はそういう時期じゃない。
ダメな状況で物事を良くしていこうと思ったとき、そんなドライな感覚値だけでは状況を打破できない。
そこには才能ある選手が生まれないと。マルディーニやガットゥーゾみたいな選手が生まれてこないと、再建は不可能」

約3分間、ノンストップで持論を展開した本田。「現状のメンバーで再建を目指すなら、突き放して、選手を委縮させて……」。
そこまで話すと、話し過ぎたと思ったか、「でも、あまり話しても(本拠地の)サン・シーロの雰囲気は分からないですよね。
サン・シーロの雰囲気が分からないと、この感じは分からないから」と笑顔で言い残し、ミックスゾーンをあとにした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161004-01631900-gekisaka-socc
ゲキサカ 10月4日(火)20時43分配信
no title

【画像】ミラン本田圭佑が帰国 注目衣装は濃紺スーツのフォーマルスタイル 

1: 名無しさん 2016/10/04(火) 11:39:57.59 ID:CAP_USER9
デイリースポーツ 10月4日(火)11時28分配信

 W杯アジア最終予選のイラク戦(6日、埼玉)、オーストラリア戦(11日、メルボルン)に
臨むサッカー日本代表FW本田圭佑(30)=ACミラン=が4日午前、成田空港着の航空機で帰国した。

 トレードマークのサングラスを掛けた本田は、ネイビーのスーツの胸元に濃紺のチーフを
のぞかせ、淡いブルーのシャツというフォーマルな装いで到着ゲートに現れた。

 空港に居合わせた利用客やサポーターが一時騒然となる中、悠々とサインや
写真撮影の求めに応じたが、言葉を発することはなかった。

 今季はACミランでリーグ戦2試合計18分間の出場機会しか得られておらず苦境に
立たされているが、代表では9月のUAE戦(埼玉)で先制ゴールを挙げるなど変わらぬ
存在感を発揮している。

以下略
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161004-00000042-dal-socc
画像
no title

ミランで居場所を失う本田がサポーターに苦言 劣勢時のブーイングは「理解できない」 

1: 名無しさん 2016/10/03(月) 09:47:56.39 ID:CAP_USER9
サッスオーロに4-3と大逆転勝利も、本田は2試合連続でベンチを温める

ACミランの日本代表FW本田圭佑は、2日の本拠地サッスオーロ戦でセリエA開幕7試合連続の先発落ちという屈辱を味わっている。
この日ミランは後半11分の時点で1-3とリードされていたが、その後同24分からの8分間で3得点と怒涛のゴールラッシュを見せて4-3と逆転勝利。
だがスタジアムが歓喜に包まれるなか、本田は前節のフィオレンティーナ戦に続いて出番なしに終わった。
そして今季の出場時間わずか19分という厳しい現実に直面する背番号10は試合後、突如としてミランサポーターに対する苦言を呈した。

ミランは前半9分にMFボナベントゥーラの強烈なミドルシュートで幸先良く先制したが、すぐに1点を返され、後半9、11分と連続ゴールを許して2点のビハインドを負った。
だが、そこからミランはチームとしての反発力を示し、鮮やかな3連続ゴールで逆転するドラマチックな展開となった。
試合後、サンシーロのミックスゾーンで今季初めて足を止めた本田は、日本のメディアから「厳しい状況が続いていますが?」と質問を受けた。

この日はヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が今季の定番としていた4-3-3から、トップ下を置く4-3-1-2にシステムを変更。
「自分の家」と本田が語る“トップ下”が復活を果たしたものの、その位置にはこれまで右ウイングのポジション争いで後塵を拝し、不動のレギュラーとして活躍するFWスソが入った。
わりの見えない厳しい状況に、本田の苦悩は深まる一方だった。

「それ、なんの話ですか? 個人の話ですか? チームの話をしてもらえますか?」
と語り、ミランでベンチ要員となっている自らの状況については話そうとしなかった。

「負けている時に温かくするのは悪なのか」
「結果が本当に、今日の1試合は大きくて、ミランにとっては内容はどうであれ、すごく意味のある、一歩前進する、
もしかしたら、今シーズンはすごくいい結果が出るのではないかというような、意味のある結果だったんじゃないかなと思います。これが、まずひとつ」

大逆転勝利を果たしたチームについて語った後、本田はミランサポーターに対して苦言を呈した。

「もう一つ話したいのは、1-3になった場面。1-3になった場面でサポーターは、(選手たちを)サポートできないのかなというのが印象的でしたね。
やはりブーイングを浴びせてしまうし、これはすごくイタリアにとって、(チームが)負けている時に、逆に温かくすることは悪なのか? それが僕には一つ理解できない。最終的にはまた家族みたいに戻るでしょ? 

この30~40分で、そんなことになって、それを僕が否定するっていう意味ではなくて、それがイタリアの文化にとって、
『イタリアというのはこういうものなんだよ』っていうことなのであれば、少数派のイタリア人が、僕に賛同する少数派のイタリア人が声を上げて打破して、
新しいイタリアのサッカー文化を作るべきなんじゃないかなっていう風に、僕は今日話したかった。ちょっとありえないですね。1-3であんなに、モントリーボにあれだけブーイングして」

ミラン守備陣が崩壊し、あっさりと3失点を許した後、本拠地のサポーターは激怒した。3失点目を喫した直後の後半14分に、
MFリッカルド・モントリーボがMFマヌエル・ロカテッリと交代した際、主将は激しいブーイングを浴びせられながらベンチに下がった。

これに発奮したのか、チームはそこから大逆転劇を演じてみせたが、本田は劣勢時に巻き起こったブーイングが理解できないと主張していた。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161003-00010004-soccermzw-socc
Football ZONE web 10月3日(月)9時41分配信
no title

結局さー、本田とか日本代表がよく言ってる「俺たちのサッカー」って一体何なんだよ・・・ 

1: 名無しさん 2016/10/01(土) 23:01:47.81 ID:NlgXSwyr
後ろのほうで意味のないパスを回して
ミスしてボール取られて
いきなりピンチになること?('A`)

no title

試合勘欠如の本田圭佑、香川真司ら招集理由は「外せばメンタル壊れる」 ハリル監督が過保護な一面を自ら暴露 

1: 名無しさん 2016/09/29(木) 18:32:10.19 ID:CAP_USER9
「海外組は12人試合に出ていない」と嘆きながらも重用

日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は、ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の本拠地イラク戦と敵地オーストラリア戦でACミランFW本田圭佑、
ドルトムントMF香川真司ら所属先でベンチ要員となっている主軸を招集した。その一方、Jリーグで出場している国内組の招集はFWとMF部門でわずか4選手。
だが、出番を失っているかつての主軸を継続招集する理由は「外せばメンタルが壊れる」と説明しており、クラブで出番を失った一部選手への過保護な一面を自ら暴露している。

代表メンバー26人を発表したハリル監督は日本サッカー界の苦境について、会見の冒頭で「海外組は12人試合に出ていない」と嘆いた。
それでも本田や香川を筆頭に、太田宏介、長友佑都、吉田麻也、長谷部誠、清武弘嗣、宇佐美貴史、武藤嘉紀、岡崎慎司らクラブで先発の座を手にできていないメンバーを招集した。

「主力が出ていない現状をどう思うか。特に1試合目、コンディションに問題あるならJリーガーを優先するのか」

 こう質問されたハリル監督は、レギュラーで試合に出ている国内組よりも、ベンチを温める海外組を重用する理由を明らかにしている。

「国内組の話からさせてもらう。毎試合、我々のスタッフが見ている。50人ほどを調査している。その中に選手の入れ替わりもある。そして全員で分析している。
永木(亮太/鹿島)や齋藤(学/横浜FM)、中村憲剛、大島(僚太)、小林悠(いずれも川崎)という国内組。中島翔哉(FC東京)も好きだ。井手口(陽介/G大阪)もそう。
こういったところに入れていいか、追跡していこうという選手だ。合宿に毎回若い選手を呼んで、自信を持たせる仕掛けをしている。ただし、良い選手でなければならない」

国内組のスカウティングも積極的に続けていることを明らかにしながらも、海外組の置かれた環境の熾烈さを強調している。

「海外との比較だが、香川真司の競争の状況を想像してほしい。ドルトムントは世界でも有数の選手がいる。誰と競争しているか。シュールレとゲッツェだ。
かなりのハイレベルな選手だ。そしてグループに残り続けるため、先発を取るために狂ったように練習しなければいけない。必死にやらないと簡単に落ちる」

 日本代表の背番号10・香川は、9月のW杯最終予選2試合で不振に陥り、故障も重なってドルトムントで出場機会を得られていない。
ライバルはドイツ代表FWアンドレ・シュールレ、同MFマリオ・ゲッツェという実力者のみならず、今季新加入で大ブレーク中のポルトガル代表MFラファエル・ゲレーロという逸材もいる。

 また、今季ハノーファーからセビージャに移籍した清武弘嗣についても指揮官は言及。「清武もそうだ。ナスリと競争しなければならない。
CL(UEFAチャンピオンズリーグ)に出るチームで競争している。先発を取るのは簡単ではない」と、マンチェスター・シティから期限付き移籍で加わったナスリとの争いに触れた。
ただその一方で、香川と清武には今まで以上の努力を強く求めている。

「本田や長友、長谷部もそうだ。毎週電話して確認をしている。彼らが出られなかった時に、どのような補足トレーニングが必要かを彼らは把握している」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160929-00010011-soccermzw-socc

>>2以降に続く

no title

【悲報】ミラン スタメンを発表も本田圭佑の名前を書き忘れる 

1: 名無しさん 2016/09/26(月) 05:00:44.22 ID:CAP_USER9
勝てば3位浮上のミラン、スタメンを発表! 本田の名前を書き忘れるハプニングもあったがベンチスタート

theWORLD(ザ・ワールド) 9月26日(月)3時28分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160926-00010002-theworld-socc

苦しい状況が続く本田

日本代表FW本田圭佑が所属するACミランは25日、セリエA第6節でフィオレンティーナと対戦する。試合に先立ち、
ミランがスターティングメンバーを発表した。

現在2連勝中のミランは、スタメンにカルロス・バッカやユライ・クツカ、ガブリエル・パレッタなど、
前節ラツィオに勝利したメンバーと同じ11名を今節も起用。
なお、スタメンを発表した公式Twitterが本田の名前を書き忘れるハプニングもあったが、
フィオレンティーナ戦もベンチスタートとなっている。

試合は日本時間で深夜3時45分にキックオフ。ミランはこの試合に勝利し、
3位に浮上することができるのだろうか。

発表されたスタメンは以下のとおり

ミラン
GK:ドンナルンマ
DF:カラブリア、パレッタ、ロマニョーリ、デ・シーリオ
MF:クツカ、モントリーボ、ボナヴェントゥーラ
FW:スソ、バッカ、ニアング

http://www.theworldmagazine.jp/

no title

【ハイライト動画】セリエA第6節 ミラン、PK失敗に救われビオラとドロー。ベンチ入りの本田は出場せず 

1: 名無しさん 2016/09/26(月) 05:56:57.32 ID:CAP_USER9
【フィオレンティーナ 0-0 ミラン セリエA 第6節】

イタリア・セリエA第6節が現地時間の25日に行なわれ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはアウェイでフィオレンティーナと対戦。
0-0のドローに終わった。本田はベンチ入りしたが、出場はしていない。

2連勝中と調子を上げて来ているミランは、ラツィオを下したミッドウィークの試合と同じ11人で試合をスタート。
3トップにはやはりスソ、バッカ、ニアンの3人が並び、本田は開幕から6戦連続のベンチスタートとなった。

前半に大きな先制のチャンスを迎えたのはホームのフィオレンティーナだった。
23分、右サイドに抜け出したイリチッチのクロスに対してカリニッチは合わせそこなったが、
ボルハ・バレロがファーから飛び込んだところにカラブリアが手をかけてしまう。ボルハ・バレロは転倒し、フィオレンティーナにPKが与えられる。

だが、イリチッチの放った強烈なシュートは右ポストを叩いてゴールならず。
セリエAでこれまで8本のPKを蹴って失敗がなかった名手が決められず、結局前半はそのままスコアレスで折り返すことになった。

後半はよりオープンな展開となったが、チャンスの数で上回るのはフィオレンティーナ。
ミランは17歳の守護神ドンナルンマの好守にも助けられてしのぎつつ反撃のチャンスをうかがう。
83分にはエースのバッカがアクロバティックなボレーで狙うも、わずかにゴール右に外れ先制点はならなかった。

モンテッラ監督はロカテッリ、アントネッリに続いて3枚目のカードにはルイス・アドリアーノを投入し、本田に出番が訪れることはなかった。
終盤はドローで満足するような戦いぶりで、ミランは勝ち点1を加えて試合を終えている。

【得点者】
なし

フットボールチャンネル

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160926-00010003-footballc-socc
フットボールチャンネル 9月26日(月)5時39分配信
no title


http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ita/ita-10931212.html
試合スコア

本田圭佑バルサに“逆オファー”!!今夏売り込みも断られていた… 

1: 名無しさん 2016/09/25(日) 05:59:01.26 ID:CAP_USER9
ACミランの日本代表FW本田が今夏の移籍市場でバルセロナへ“逆オファー”を出し、断られていたと23日付のスペイン紙スポルトが報じた。

本田が今夏に売り込みをかけた複数クラブの中にバルセロナがあったという。
本田の代理人が接触したが、バルセロナは「ノー・グラシアス(結構です)」と断ったとされる。
ミランは本田のプレーが年俸250万ユーロ(約2億8000万円)に見合わないとして放出に前向きだった。
バルセロナ側はアジア市場における魅力を評価しながらも「競技面において本田を補強する必要性はかなり低い」と判断したという。

またイタリアのガゼッタ・デロ・スポルト紙によれば、現在も苦境が続く本田は25日のフィオレンティーナ戦でも6戦連続のベンチスタートが濃厚という。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/09/25/kiji/K20160925013416470.html
[ 2016年9月25日 05:30 ]

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索