Samurai Goal

本田圭佑


スポンサード リンク





代表合宿『ビッグ3』が顔合わせ!怪我の岡崎は別メニューをこなす 

6
1   2018/05/21(月) 21:30:19.08 _USER9
5/21(月) 21:25配信
毎日新聞

 約9カ月ぶりに本田、香川、岡崎の「ビッグ3」が青の練習着に身を包み、日本代表の練習に顔をそろえた。

 3人が最後に代表で活動したのは、6大会連続のワールドカップ(W杯)を決めた昨年8月31日のオーストラリア戦翌日。岡崎は試合に途中出場したが、本田、香川はベンチで歓喜の瞬間を迎え、世代交代を印象づけた一戦だった。しかし、W杯を直前に控えた日本代表の中で、3人の存在感は再び大きなものとなりつつある。

 ただ、視界が良好とは言い切れない。右足首に痛みを抱える岡崎はこの日、ランニングなど軽めな練習以外は別メニューで調整。「できそうなタイミングで入っていきたい」と話し、全体練習に合流できるメドは立っていない。香川も左足首を痛めていた影響で3カ月ぶりに実戦復帰したばかりで、未知数な部分が多い。西野監督は2人の名前を挙げたうえで、「見極めをしていきたい」とメンバー構成に含みを持たせている。

 香川は「長い間一緒にやっているのでお互い理解し合っている」と3人の連係に自信を見せるが、31日の代表発表まで残された期間は長くはない。【丹下友紀子】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00000093-mai-socc

ケイスケホンダ“社長出勤”代表合宿に堂々と遅刻!! 

m_sponichi-spngoo-20180521-0117

“本田圭佑に追い風” 本田が最終メンバーに残るのは確実!? 

2017031800018_1
1   2018/05/21(月) 00:42:20.70 _USER9
ガーナ戦の日本代表が発表された。

GK 川島永嗣(メス)、東口順昭(G大阪)、中村航輔(柏)

DF 長友佑都(ガラタサライ)、槙野智章(浦和)、吉田麻也(サウサンプトン)、酒井宏樹(マルセイユ)、酒井高徳(ハンブルガーSV)、昌子源(鹿島)、遠藤航(浦和)、植田直通(鹿島)

MF 長谷部誠(フランクフルト)、青山敏弘(広島)、本田圭佑(パチューカ)、乾貴士(エイバル)、香川真司(ドルトムント)、山口蛍(C大阪)
原口元気(デュッセルドルフ)、宇佐美貴史(デュッセルドルフ)、柴崎岳(ヘタフェ)、大島僚太(川崎)、三竿健斗(鹿島)、井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ) 

FW 岡崎慎司(レスター)、大迫勇也(ケルン)、武藤嘉紀(マインツ)、浅野拓磨(シュツットガルト)

この27人はロシアW杯代表候補そのものだ。最終の登録メンバーは23人。この試合を経て、さらに4人絞られることになるが、おおよその枠組みは形成されたことになる。

この27人のリストに名前が載っているか否かは、選手にとって大きな問題だ。まさに、シビアな判定が下された瞬間である。西野朗新監督にとって、これは事実上の初仕事。
代表監督として1試合も采配を振るっていないうちから、高度な判断を迫られた格好だ。

選ばれる人もいれば、落ちる人もいた。しかし、西野監督の判断が最も注目された知名度の高い3選手(本田、香川、岡崎)は、揃って27人の枠内に収まった。

監督の交代は価値観の交代を意味する。ハリルホジッチを解任した理由は、なんのかんのと言っても、目指す路線の違いにあったはずだ。
ハリルホジッチと西野監督の目指すサッカーは違っていなければならない。にもかかわらず、メンバー選考は、「西野色って何?」と言いたくなるマイナーチェンジだった。すなわち、”事件性”は低かった。

知名度の高い選手の落選は事件に相当するが、若手選手の落選は騒ぎになりにくい。騒動を嫌うとすれば、これは順当な判断になる。

西野監督の言動は常に控え目だ。言いたいことをズバッと言うことはない。慎重というより回りくどい言い方で、最後の最後に本音をポロリと呟く。
人から突っ込まれることを恐れている様子にも見える。できれば敵を作りたくない、打たれ弱いタイプなのか。

その結果だろうか。例の3人を含むベテランには甘い発表になった。27人のリストを見て、まず目にとまるのは30歳以上の選手の多さだ。
その数9人(川島、東口、長友、槙野、長谷部、青山、本田、乾、岡崎)。実に全体の3分の1を占める。前回ブラジルW杯は5人(今野泰幸、遠藤保仁、大久保嘉人、川島、長谷部)。平均年齢でも今回は、前回を1歳上回り、27.8歳を示す。

チームの高齢化は、その後の4年間に好ましくない影響を及ぼす。西野ジャパンはともかく、”日本”にとっては可能な限り避けたい、不都合な話なのだ。

本田、香川、岡崎の中で、当確の匂いが最も漂うのが、本番直前に32歳の誕生日を迎える本田だ。そのポジションはどこなのか。27人の顔ぶれを見ながら想像すれば、8割方右ウイングになる。

つづく

sportiva 5/19(土) 17:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180519-00010004-sportiva-socc

おぎやはぎ『ケイスケホンダ』を早速使ってしまうww 

maxresdefault
1   2018/05/19(土) 21:26:40.16 _USER9
5月17日の深夜に放送されたラジオ番組『木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ系)で、
おぎやはぎがサッカー選手の本田圭佑を絶賛した。

番組開始時、矢作は「どーも、おぎやはぎのケン・ヤハギです」と自己紹介し、小木に「何なの?」とツッコまれた。

15日に放送された『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)に出演した本田が「プロフェッショナルとは?」と聞かれ「ケイスケ・ホンダ」と発言したことにインスパイアを受けたと小木は説明。
「本当にプロフェッショナルだと思うからね、本田圭佑って」と矢作は本田を褒めた。

サッカー通の小木も「すごい努力で頑張ってきたっていうのが見えるもんね。
ACミランの時も、監督が『練習での圭佑はすごい。あいつの練習への意欲、仕方に感銘を受けて試合に使ってる』って言うんだよね」と矢作に同調した。

矢作は「誰よりも努力してきたっていう自負がある。プロフェッショナルとはケイスケ・ホンダでしょ?
日本人の偉い人って、ちょっと謙遜するじゃん。(謙遜)しないタイプもいいね」と絶賛した。

ネット上では本田の「ケイスケ・ホンダ」発言に、「痛々しいやつだな」「まだにそんなこと言ってんのか」
などと冷笑する意見が多く寄せられていたが、おぎやはぎは終始本田を褒めちぎった。

おぎやはぎ同様、その姿勢や態度などを含め、称賛する関係者は多くいる。
日本代表でともにプレーした経験がある柏レイソルの細貝萌は、5月16日付の自身のブログで日付こそ明かさなかったが、
本田と会食したと報告しつつ「素晴らしい人格者」「オリンピック代表、フル代表と一緒にプレーもしてきました
。彼から受ける刺激はとてつもなく大きく、この日も充実した楽しい時間となりました」と本田を絶賛した。

本田が今シーズン所属したパチューカのディエゴ・アロンソ監督も、地元紙のインタビューで
「(本田を)愛しているよ。国際的な選手である彼の最大限の努力は、子どもたちのお手本になっている」
とサッカーに真摯に取り組む本田への尊敬の念を口にしている。

本田は来月に開催するワールドカップの予備登録メンバーに選出されたと報じられた。
本登録メンバー発表(5月31日)の前日に行われるガーナ戦にもメンバー入りしている。

否定的なコメントを寄せた人たちを黙らせる活躍を期待したい。

2018年05月19日 20時00分
https://npn.co.jp/article/detail/56234745/

写真
no title

本田にサプライズ!!東京Vから特注“HONDA”ユニフォーム! 

DdjTH5bVAAQkgFm

 W杯壮行試合ガーナ戦(30日、日産)に向けた日本代表27人に選出されたMF本田圭佑(31=パチューカ)が19日、メンバー発表後初めて姿を現した。東京都稲城市にあるJ2東京Vの練習に参加。7対7のミニゲームやシュート練習など約1時間のメニューを消化し、練習後にはサインなどファンサービスに応じた。

【続く】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-00000121-spnannex-socc

本田圭佑、米紙が選ぶ「10人」に堂々選出!!ネイマールに肩を並べる! 

148-88-1
1   2018/05/19(土) 13:28:20.31 _USER9
オーストラリアがその“着地点”となるのか

 金曜日、ガーナ戦に臨む日本代表メンバー27名が発表された。今週末には欧州のシーズンカレンダーが終了し、Jリーグも中断期間に突入。いよいよワールドカップモードが加速する。
 
 4年に一度のワールドカップは、出場する選手たちにとってみずからの価値を高める格好の舞台であり、アピールの場でもある。そこでの活躍によってステップアップ移籍の成功を掴んだ選手は数知れない。それはビッグネームも例外ではないのだ。

 今回、米スポーツ専門チャンネル『FOX SPORTS』が企画したのが「ロシア・ワールドカップで巨大なオファーを勝ち取りたいスター10人」。レアル・マドリーとマンチェスター・ユナイテッドが熱視線を送るネイマール、同じくマドリーが引き抜きを画策するエデン・アザール、さらにはバルセロナと合意間近とも言われるアントワーヌ・グリエーズマンら錚々たる顔ぶれの中に、日本代表の本田圭佑も名を連ねた。同メディアは、「今大会で存在を示せば、Aリーグ(オーストラリア・リーグ)からの関心はさらに高まるだろう」と記し、こう続けている。
 
「日本のスター、ケイスケ・ホンダはメキシコ・パチューカでの輝かしいシーズンを終え、フリーエージェントとなる。その動向を追うのがAリーグで、すでに(年俸制限のない)マーキー・プレーヤーとしてリーグ側がリストアップ。希望するクラブの獲得をバックアップするという。世界最高の舞台でサムライブルーの躍進に貢献し、グッドパフォーマンスを見せて良い条件を引き出したい」
 
 本田にはAリーグ勢のほか、リーガ・エスパニョーラやMLS(メジャーリーグサッカー)のクラブも興味を示しているが、同メディアはオーストラリアが“着地点”と見なしているのだ。はたして稀代のカリスマは複数の選択肢からどんな決断を下すのか。結論は大会終了まで待つしかない。

ポーランド代表の巨人も去就に揺れるひとり

 以下が、『FOX SPORTS』が挙げた10選手のリストだ。
 
●ネイマール(パリSG/ブラジル代表)
噂される移籍先→R・マドリー、マンチェスター・U
 
●エデン・アザール(チェルシー/ベルギー代表)
噂される移籍先→R・マドリー
 
●アントワーヌ・グリエーズマン(A・マドリー/フランス代表)
噂される移籍先→バルセロナ
 
●ナビル・フェキル(リヨン/フランス代表)
噂される移籍先→リバプール、アーセナル、チェルシー
 
●セルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(ナポリ/セルビア代表)
噂される移籍先→R・マドリー、パリSG、マンチェスター・U
 
●アリソン(ローマ/ブラジル代表)
噂される移籍先→リバプール
 
●ジャック・バトランド(ストーク/イングランド代表)
噂される移籍先→リバプール、ウェストハム、チェルシー
 
●本田圭佑(パチューカ/日本代表)
噂される移籍先→Aリーグ・クラブ
 
●ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン/ポーランド代表)
噂される移籍先→R・マドリー、チェルシー
 
●フレッジ(シャフタール/ブラジル代表)
噂される移籍先→マンチェスター・U、マンチェスター・C

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180519-00040612-sdigestw-socc

『ケイスケホンダは日本の希望』ブラジル紙が見解を報じる 

1   2018/05/19(土) 10:55:26.22 _USER9
◆低調なパフォーマンスの日本に警鐘「ブラジルでの悪夢を繰り返す可能性がある」
 
日本サッカー協会(JFA)は18日、30日のガーナ戦に向けた招集メンバー27名を発表した。
ジョーカー候補の期待もあったMF中島翔哉(ポルティモネンセ)が落選した一方で、MF香川真司(ドルトムント)とFW岡崎慎司が復帰。
FW本田圭佑(パチューカ)も3月の欧州遠征に続いての選出となった。

ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けた最終メンバー23人の“大枠”が見えたなか、ブラジルメディアは「ホンダは日本ファンの最大の希望」と報じている。

日本代表は14日にW杯予備登録メンバー35人のリストをFIFA(国際サッカー連盟)に提出(メンバーは非公表)。
18日にガーナ戦のメンバー27人が発表され、基本的にこの顔ぶれの中から31日に最終メンバー23人が発表される予定となっている。

そんななか、サッカー王国ブラジルの週刊誌「Veja」が、W杯出場国紹介の中で日本を取り上げ、現状を分析している。

日本代表は昨年11月と今年3月に欧州遠征を実施。計4試合を行い、ブラジル(1-3)、ベルギー(0-1)、ウクライナ(1-2)に敗れた結果を「低調なパフォーマンス」と評しつつ、
「ロシアでは4年前のブラジルでの悪夢(1分2敗)を繰り返す可能性がある」と予測している。

◆岡崎と香川は「体調を落としている」

また、同誌はFW岡崎慎司(レスター)とMF香川真司(ドルトムント)の二人が、今季終盤戦で思うようなプレーができなかったとの不安を指摘。
「ビッグスター二人は体調を落としている。現時点ではパフォーマンスよりも経歴が重視されている」と記している。

そんななか、記事では本田の写真を使い、「ケイスケ・ホンダはパチューカで好調だった。(懸念は)フィジカルの問題だけ。
日本ファンの最大の希望だ」と、本田を攻撃のキーマンに挙げている。

5月3日に帰国し、J2東京ヴェルディの練習に参加するなどロシアW杯に向けて調整を続けている本田。
歴代5位となる代表通算36得点を挙げている男が、その左足でチームを牽引するのか注目が集まる。

フットボールZONE   5/19(土) 6:50配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180519-00104713-soccermzw-socc

写真
no title

「本田・西野」“Wスキャンダル!?”対応に田嶋会長も右往左往? 

1   2018/05/17(木) 12:15:45.28 _USER9
日本代表は18日、週明けの21日にスタートする国内合宿メンバーを発表する。この中からロシアW杯本大会メンバーが選ばれるわけだし、いよいよ100%W杯モード突入である。

 ところが! 14日、日本サッカー協会(JFA)の幹部たちが、夜遅くまで鳩首会談を開いたという。日本代表に関係する人物のスキャンダルを一部週刊誌が掲載するという情報が耳に入ってきたからだ。

「解任されたハリルホジッチ前監督の後釜に座った西野朗監督(63)、その西野監督の前職・技術委員会の委員長に就任した関塚隆ロンドン五輪監督(57)のネガティブな情報が報じられる――という話をJFA田嶋幸三会長(60)が聞き及ぶことになり、14日にJFA幹部を招集して午後10時すぎまで『善後策をどう講じるか?』を話し合ったようです。もっとも、具体策は何も出てこず、結局は田嶋会長の『週刊誌に負けないように頑張ろう!』という間の抜けたセリフで散会となった」(放送関係者)

■本田圭佑をめぐるスキャンダルも?

 実はもうひとつ、やっかいな案件があった。

 FW本田圭佑(31)のことをある週刊誌が取材しているという話にもなり、田嶋会長は週刊誌対策に右往左往しながら「W杯前の大事な時期に……」とゲンナリしていたという。が、ゲンナリしているのはむしろ、周囲の方だ。

 というのも、W杯予選を突破させたハリルホジッチ前監督を「選手とのコミュニケーションが不足。信頼関係も損なわれていた」と具体性に欠ける理由で一方的に解雇したと思ったら、15年シーズンのJ1名古屋監督を最後に現場から離れ、監督として“一丁上がり”の西野委員長を後任指名というデタラメ人事を断行した。スポンサーや代理店、一部選手の顔色をうかがった末の監督交代という後ろめたさがあるから、ウワサ話に反応して右往左往する。「自らまいたタネ」なのである。

 15日、日本代表にオフィシャル時計を提供しているスイスの高級ブランドのイベントに“渦中の2人”が出席した。イベントの前半に本田が登場。「選ばれたら3度目のW杯となる。今回が一番コンディションが良い」「経験を積んだ分、これまでよりも上(の成績)を残せる。期待してほしい」「ロシアはサッカー人生の集大成」などとコメント。いつも通りに自信に満ちあふれた本田だった。

 後半から出てきた西野監督は、代表選考について聞かれると「今はデリケートな時期なので回答は控えたい」「選手には『W杯に向けて心身ともに戦える状態を整えてほしい』と。その上でハイレベルなチームをつくりたい」と話した。

 本来、この場に立っていたのはハリルホジッチ前監督のはずだった。

 壇上の西野監督は「簡単に(監督を)引き受けなければ週刊誌に狙われることもなかったのに……」と複雑な気持ちだったに違いない――

日刊ゲンダイ 5/17(木) 12:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000024-nkgendai-socc

写真
no title

「W杯優勝する可能性は1%以下!?」本田は今回も強気に“優勝宣言” 

2016-06-14-01-06-14_2
1   2018/05/16(水) 18:00:04.10 _USER9
サッカー日本代表FW本田圭佑(31=パチューカ)が16日、都内で行われた「HUBLOT LOVES FOOTBALL Special Exhibition」開催記念イベントに参加した。

 現在、J2東京Vの練習場などで調整を進めている本田は、気になるコンディションについて「一番良い状態にある」と自信満々。「1年間、標高2400メートルのところでトレーニングしていたし、効果が1~2か月持つと言われている」とメキシコでプレーしたメリットを強調した。

 その上でロシアW杯に向けて「僕は出る以上は常に優勝としか言ってこなかった。優勝できる可能性を数値に表したら、もしかしたら1%以下かもしれないけど、可能性はある。どんな相手にも勝てる可能性はある」と前回大会同様に“優勝宣言”。「それをどれだけメンバーが信じて、準備して、その雰囲気をつくっていけるか」と力強く誓った。

 また、パチューカ退団後の去就について「日本はない。それだけは言っておく。日本にはたくさん友達がいるので、日本のサッカーを盛り上げることを託している。僕は自分にしかできない仕事があるので、それを世界のどこかでやり続けたい。“らしいな”と思ってもらえるような選択をしたい」と新天地を海外に求めるつもりだ。

“ビッグマウス”の健在ぶりはアピールしたが、あとはピッチで存在感を示せるか。

東スポ 5/16(水) 17:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000035-tospoweb-socc

本田圭佑Jリーグ復帰“完全否定”移籍先に日本は無いとバッサリ... 

キャプチャ

1   2018/05/16(水) 14:04:56.99 _USER9
5/16(水) 13:46配信

 W杯の公式時計メーカー『ウブロ』が「HUBLOT LOVES FOOTBALL Special Exhibition」のイベントが16日、東京都内で行われ、日本代表FW本田圭佑(パチューカ)が第1部に参加した。

 白いスーツに、かつて“トレードマーク”としていた両手に腕時計姿で登場した本田は今季を振り返り、「目標を立てていた数字に到達できなかったが、2桁得点を海外でできたのは一つの目標達成になった。この一年の挑戦はよかった」と話した。

 今月18日には代表候補合宿メンバー約30人が発表される予定。本田は6月のW杯ロシア大会に向け「優勝を信じて相手を美化し過ぎず、可能性を信じること」と話した。

 W杯後の人生に関しては「なにも意思決定していない。それはパチューカで契約したときに決めたこと。日本はない」とJリーグ復帰を完全に否定した。

 14日に放送されたNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』では、「プロフェッショナルとは?」の質問に「ケイスケホンダ」と話し、「『プロフェッショナル』(という単語そのものを)を今後、『ケイスケホンダ』にしてしまえばいい」と独特な“本田節”で反響を呼んだ。今回も“ケイスケホンダ“”=プロフェッショナルの話術を、会場の観客も熱心に聞き入った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000526-sanspo-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索