Samurai Goal

本田圭佑


スポンサード リンク





内田篤人氏、本田圭佑のダンス動画釈明に「医療してもらっている人に何か思うことはないのかな」 

スクリーンショット 2021-01-17 13.01.11




1: 2021/01/17(日) 11:10:42.46 _USER9
https://news.yahoo.co.jp/articles/976454eb4fd28a910eda101fb7dac27b99c0c6d3

内田篤人氏、本田圭佑のダンス動画釈明に「医療してもらっている人に何か思うことはないのかな」


 サッカー元日本代表の内田篤人氏が17日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・午前10時)に出演した。

 番組では、ブラジル1部ボタフォゴを退団し、ポルトガル1部ポルティモネンセへの移籍が決定的となっている元日本代表MF本田圭佑が昨年末にブラジルで開いた送別会への批判が高まっていることを受けていることを報じた。

 現地メディアによれば、会食は複数の同僚と一緒だったといい、マスクをせずにダンスを楽しむ様子の動画が拡散されると、低迷するチーム状況も重なり、騒動へと発展した。

 本田は、プレミアム音声サービス「NOW VOICE」で今回の経緯を、「現地の感覚としては何の問題もない。パーティーを開いたつもりは全くない。いつも試合前にチームで毎回ホテルで食事をしている。全く後悔がなく、お互い感謝する素晴らしい会だった。恥ずべきことは何もやっていない」などと語った。

 一方でコロナ禍での開催を批判する声には「実際、たくさん感染して死んでる人がいる事実が存在しているのは間違いないので、それで気を悪くした人がいるなら申し訳ない」と謝罪した。

 今回の問題に内田氏は「発言的には本田さんっぽいな、とは思いますね。間違ってないというか、そういうところは相変わらず強気だなと思いますけど」とした上で「気を悪くした人にというよりは医療してもらっている人に何か思うことはないのかなと、個人的には思いますけど」とコメントした。

 さらに医療従事者への配慮について「変な話、そういうところで広がったツケをぬぐうのは、そういう方たちになっちゃうので。日本ではそうですけどブラジルはもっとひどいので、もうちょっと何かできたんじゃないのかなと思いますけど…先輩ですけど」と指摘していた。

MF本田圭佑〝コロナ禍パーティー〟に世界中から猛批判! 手広い副業に大打撃も 

1: 2021/01/15(金) 06:56:10.96 _USER9
1/15(金) 5:15配信
東スポWeb

実業家の顔も持つMF本田圭佑

 ブラジル1部ボタフォゴを退団した元日本代表MF本田圭佑(34)による新型コロナウイルス禍での〝パーティー開催〟が、思わぬところに影響を及ぼしそうだ。

 本田は昨年12月30日にボタフォゴ退団にあたって送別会を開催し、同僚選手など10~20人程度が参加。マスクを付けず大声で会話したり、ダンスする様子の映像がブラジルメディアで報じられた。新型コロナの感染拡大が特に深刻なブラジルでの大人数の会食は世界中から猛批判を浴びてしまった。

 本田は13日(日本時間14日)に自身の公式ツイッターで英語で「あなたたちがどんなに嫌いでも私は感謝している。ボタフォゴの友人たちに謝ります」と参加者に対して謝罪したが、その後自身が運営する音声サービス上で反論を展開。そうした姿勢に今度はネット上でファンから批判が殺到するなど騒動は泥沼化している。

 さらに批判を浴びるだけでとどまらない可能性も出てきた。大手広告代理店関係者は「本田選手は実業家で、教育分野も手がけている。また個人も会社も多くのスポンサーに支えられているでしょう。そういった立場を考慮すると、今回の件はコロナ禍でふさわしい行動とは言えず、イメージダウンは避けられない。(事業やスポンサー契約に)影響が出ることも考えられる」と指摘する。

 多角的に事業を展開する経営者の側面を持つ本田の自覚に欠ける行動により、企業イメージに傷が付くことは必至。CM契約などを結ぶスポンサー面でも、大手企業はこうした騒動に敏感なだけに、今後の契約に支障をきたす可能性もある。新型コロナ禍でのパーティーで大きな代償を払うことになるのか。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/2fdd5fd9a3064ae0c22555905f5bb2099f31b625

本田圭佑 食事会批判に一部反論「食事はいつもしている」「後悔なんて全然ない」 





スクリーンショット 2021-01-14 22.11.25
1: 2021/01/14(木) 18:33:43.88 _USER9
 サッカー元日本代表で、ブラジル1部ボタフォゴを退団した本田圭佑が14日、プレミアム音声サービス「NOW VOICE」に投稿。昨年末にブラジル・リオデジャネイロで開催した本田の送別会に対する批判が高まっていることを受け、経緯を説明した。

 会の主催は本田自身で「最後に『お別れの挨拶をしたい』と僕が開いて、僕が招待した」とし、練習終わりのランチに人数は「20人おらんくらい」集まったという。コロナ禍での開催を批判する声には「実際、たくさん感染して死んでる人がいる事実が存在しているのは間違いないので、それで気を悪くした人がいるなら申し訳ない」と謝罪した。

 ただ、バンドメンバーこそいたものの「パーティーを開いたつもりはない」とも強調。「おれのダンスの動画が出たことで唯一後悔があるなら、もっとダンスを練習しておけば良かった。ダンスをするつもりもなかった」と語った。

 一部の考えには反論も。「食事はいつもしているっていうことでいったら、試合前は全員20名、30名、チームは毎回ホテルで食事しているわけじゃないですか。当たり前の話でどこのチームスポーツもやっている。世界でリーグストップしていない」とし、「ご飯している時に人はマスクをしない」と語った。

 そして会を開催したことについては「後悔なんて全然ない。俺からしたら来てくれた奴はめっちゃいいやつが多くて、思い通りいかなかったけど、『ありがとう』と素晴らしい会だった」と振り返った。

 本田は複数のチームメートと会食し、マスクをせずにダンスする姿などの「パーティー」動画が拡散。現地で批判が高まった。低迷するボタフォゴ、そしてコロナ感染がまん延している状況で、本田のツイッターには続々と「だまされた」、「今、このような状況ですべきことではない」などの批判が殺到している

https://news.yahoo.co.jp/articles/5a15cd1672991ec170fbe2f52fb3a219e419a8d7
1/14(木) 17:43配信

<本田圭佑>批判殺到の食事会は自身が主催と説明!謝罪も「ダンスするつもりなかった」 

スクリーンショット 2021-01-14 22.11.25




1: 2021/01/14(木) 18:18:38.79 _USER9
 サッカー元日本代表で、ブラジル1部ボタフォゴを退団した本田圭佑が14日、プレミアム音声サービス「NOW VOICE」に投稿。昨年末にブラジル・リオデジャネイロで開催されたとされる本田の送別会に対する批判が現地で高まっていることを受け、経緯を説明した。

 「僕がチームメートとスタッフに、クラブ出ると決めてから、『最後にお別れの挨拶をしたい』と僕が開いて、僕がみんなを招待した」と自身が主催者だったと説明。練習終わりのランチに、人数はスタッフ含めて「20人おらんくらい」とした。

 コロナ禍での開催に「現地の感覚は何の問題もない。でも何をやっても言う人はいる。実際、たくさん感染して死んでる人がいる事実が存在しているのは間違いないので、それで気を悪くした人がいるなら申し訳ない」と謝罪した。

 ただ、「パーティーを開いたつもりはない」とし、「おれのダンスの動画が出たことで唯一後悔があるなら、もっとダンスを練習しておけば良かった。ダンスをするつもりもなかった」と語った。

本田はこの日、ツイッターでも「ボタフォゴの友人たちに申し訳なく思っています。私と最初で最後のランチをしたことで批判された人たちです。ただ、来てくれたことには感謝しています」などとつづった。

 本田は複数のチームメートと会食し、マスクをせずにダンスする姿などの「パーティー」動画が拡散。批判が高まった。低迷するボタフォゴ、そして新型コロナウイルス感染がまん延している状況で、本田のツイッターには続々と「だまされた」、「今、このような状況ですべきことではない」などの批判が殺到している

2021.01.14(Thu) ディリースポーツ
https://www.daily.co.jp/soccer/2021/01/14/0014005567.shtml?pg=2

〝送別会動画〟流出で批判浴びた本田圭佑 「ボタフォゴの友人たちに謝ります」 

1: 2021/01/14(木) 10:55:55.40 _USER9
1/14(木) 10:33
東スポWeb

〝送別会動画〟流出で批判浴びた本田圭佑 「ボタフォゴの友人たちに謝ります」
本田圭佑
 ブラジル1部ボタフォゴを退団した元日本代表MF本田圭佑(34)が元チームメートたちに謝罪した。

 現在、ポルトガルに滞在中の本田はブラジルを出国する前、リオデジャネイロでボタフォゴの友人たちと送別会を開催。そのときに大騒ぎしている動画が流出し、地元メディアで公開されると、チームの低迷が続いていることに加えて新型コロナウイルス禍での〝パーティー〟実施を疑問視する声が続出。本田や参加者たちへ批判が殺到している。

 本田は13日(日本時間14日)に自身の公式ツイッターを英語で更新し、批判する人たちに向けて「あなたたちがどんなに嫌いでも私は感謝しています」と記すと、続けて「ボタフォゴの友人たちに謝ります。私と最初と最後のランチをしたことで批判された人たちですが、私は来てくれたことに感謝します」と書き込んだ。

 本田が昨年末にボタフォゴ退団を表明し、サポーターから「チームを見捨てた」と非難されたときも、年が明けてから自身のツイッターで「結果を出せなったとの批判はすべて受け入れる。言い訳はしない。私も失望しているし、申し訳ない」とした上で「個人的かつプロフェッショナルとしてこの決断をした」とつぶやいていた。

 今回の行動で本田への風当たりは強まることは確実。ポルトガル1部ポルティモネンセ入りが間近に迫っていると報じられる中、騒動の影響も懸念されそうだ。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/c6f882f7aff639701cbb626db580f3c2ee1e3c49

本田圭佑の「送別会動画」がブラジルで大問題に。新天地にも影響か 

スクリーンショット 2021-01-13 20.35.01




1: 2021/01/13(水) 19:34:04.18 _USER9
「Despedida de Honda(本田の送別会)」――そんなタイトルの動画が今、ブラジルでとんでもない物議を巻き起こしている。

 場所はどこかのレストラン。黒いTシャツに短パン姿の本田圭佑が、椅子の上にマイクを握って立っている。脇にはもうひとりの選手が立っていて、やはりマイクを持ち、本田と会話をかわす。他の数人の選手たちが彼に野次を飛ばしている。

 その後、場面が変わり、パゴージ(サンバの一種)を演奏するバンドに合わせて、選手たちが踊っている。本田も腰を落として足を動かしノリノリの様子だ。テーブルの上にはアルコールとアラブ風の水煙草が見える。

 最初にこの動画アップしたのはボタフォゴファンのジャーナリストのブログ「Boletim do C.E.」だった。そして動画がボタフォゴのニュースサイト「FOGAONET」に転載されるやいなや、またたくまに拡散した。

※ボタフォゴのニュースサイト「FOGAONET」に転載された実際の動画→()

 解説によると、これは12月30日にリオデジャネイロ西部地区のとあるレストラン(店の営業妨害になる可能性もあるので名前は伏せられている)で開かれた、本田の送別会だという。

 参加しているのは本田の他にボタフォゴの5人の選手マルセロ・ベネベヌート、ラファエル・フォルスター、カイオ・アレシャンドレ、コロンビア人のカルロス・レンテリア、マテウス・バビ。5人はふだんの練習の時から本田の近くにいるメンバーだ。撮影した人物は秘密にされているが、どうやらパーティーに参加していたひとりのようだ。

 ボタフォゴは今、窮地にある。ここまでの成績は4勝14敗11引き分け。順位は下から2番目で、セリエB落ちが現実味を帯びてきた。12月30日といえば、ちょうど正月休暇に入ったところだが、ボタフォゴは27日のコリンチャンス戦に負け、事態はより悪い方へと向かっていた(ちなみに次の1月6日のアトレティコ・パラナエンセ戦でも負けている)。そんな状況でパーティーを開くのか?

 最初は誰もこの動画が本物とは思わなかったほどだ。1年前に加入した時の歓迎会など、昔の映像なのではないかという見方もあった。しかし、それが2020年12月30日のものだとわかって大騒ぎになった。

パーティーを開くことが禁止されているわけではない。しかし、チームのことを心より憂いているサポーター、そして本田のチームを捨てていくような形の突然の移籍を快く思っていない者の怒りの火に油を注ぐ形となった。

 本田は12月19日のコリチーバ戦で左太ももの筋肉を痛め、全治一カ月と診断された。しかしケガから10日しか経っていないこのパーティーで、本田は椅子の上に乗ったり、踊ったりしている。これを見たボタフォゴのドクターのひとりは私にこう漏らした。

「正直、驚いている。筋肉を痛めているというのに、まだ大事にしなければいけない時期なのに、彼は何をしているんだ。本当にプロなのか?」

https://news.yahoo.co.jp/articles/a51ac0a8e18152c829dc1a672c04492407ffbae5
1/13(水) 16:55配信




 

<本田圭佑>「大事っすよ、情熱は」 

1: 2021/01/12(火) 21:37:57.90 _USER9
昨年2月に加入したブラジル1部ボタフォゴ退団を年末に表明した元サッカー日本代表MF本田圭佑(34)が12日、
パーソナリティーを務めるニッポン放送「本田圭佑 『NowVoice』」(火曜後7・00)にリモート出演。自身の移籍について語った。

番組冒頭でアシスタントを務める同局の東島衣里アナウンサー(30)から「色々な報道が出ていますが、
本田さんの言葉で話せる範囲で教えていただけたら」と話を振られた本田は、最初に現在の居場所を聞かれて「今はですね、ポルトガルのポルティマンという場所にいるんですかね」と報告。
ポルトガル到着後にPCR検査を受けて陰性が確認されたため、自由に出歩いていることを明かした。

そして、収録日が日本時間1月9日午後6時と明かした東島アナからポルトガル入りした経緯について聞かれると
「このポルティマンという場所にですね、ポルティモネンセというポルトガルリーグのクラブがあってですね、そこのチームから今オファーをいただいているような状況なんですね」と説明。

「ケガをしているというのもありますし、僕自身、サッカーの移籍市場というのがありまして。それが1月末までなんですよ。
で、そこまでは色々な可能性を模索したいなっていうのがあったので、先方に月末まで考えていいというような条件であればちょっとそっちに足を運んで視察というような形で見させてもらいたい、と。

で、最終的に契約するかしないか等も含めて他のところをもう一回ギリギリまで検討したいからっていう話を。
それで良ければ行きますよっていう話を受け入れてくれたので、今、僕はここに来て、リハビリですけど、今チームの練習を見たり、監督と話したりみたいな感じをしてますね」と現状を明かした。

そして、移籍先を決める基準について問われると「いや、そりゃあ、ね…。レベルがより高い場所でプレーできるなら、それにこしたことはないので…うん。
でも、なかなかね、この状況で。僕の年齢とかもあるし。自分の行きたいようなクラブに簡単には行けないので。

その中で何をするかっていうのはやっぱりもう正直にね、自分の感情っていうか情熱にね、耳を傾けないとあかんなっていうふうに思ってて。
何か仕事の意思決定する時にやっぱり年俸とか、周りがどう見るかとか、そういうことを気にして決めがちなんですけど、今の僕はそういうことはあまり気にしていないので、うん。

この監督のもとでとか、この仲間とともにとかっていうようなそういうところが一番大きいですかね、僕の中では。だからここに足を運んで、実際に現場を見て、現場と話をしてっていうのを重要にしてますね」と話し
「大事っすよ、情熱は」と楽しそうに付け加えた。

本田は昨年12月30日、自身のツイッターにポルトガル語で「個人的かつプロとしての理由で決断した」などと投稿し、チームメートやファンに感謝。
シーズン途中での退団に「結果を出せず、批判は受け入れる。言い訳はしない。残念だし、申し訳ない」とつづっていた。

1/12(火) 21:00配信 スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/204826dab78e53ce3e51a76f0bd33a876f071255

写真
no title

本田圭佑がポルトガル到着 ポルティモネンセ入団で約1年ぶり欧州復帰 

スクリーンショット 2021-01-06 10.18.58




1: 2021/01/06(水) 02:46:08.31 _USER9
ブラジル1部ボタフォゴを退団した元日本代表MF本田圭佑(34)が、ポルトガル1部ポルティモネンセ移籍に向けて現地入りした。

 ポルトガル紙「アボラ」は「ホンダは月曜日に到着しており、すでに新型コロナウイルスの検査を受けている。5日にメディカルチェックを行い、6か月間の契約にサインする。来シーズンの契約はオプションになりそうだ」と報じ、まもなく入団が発表される見通しだ。

 本田は昨年12月30日に、自身の公式ツイッターでポルトガル語で「結果を出せなかったとの批判はすべて受け入れる。言い訳はしない。私も失望しているし、申し訳ない」とボタフォゴ退団を謝罪したうえで「私は個人的かつプロフェッショナルとしてこの決断をした」とシーズン途中での電撃退団の理由を説明していた。

 2019年12月にオランダ1部フィテッセを退団して以来約1年ぶりの欧州復帰で、今夏の東京五輪へ向けて最後のアピールをすることになりそうだ。

1/5(火) 22:02
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210105-02589111-tospoweb-socc

<本田圭佑>2021年は「まさに心機一転、仕切り直し」明るい声で抱負!「日本の皆さん、あけましておめでとうございます」 

1: 2021/01/05(火) 21:46:39.64 _USER9
昨年2月に加入したブラジル1部ボタフォゴを退団することを年末に表明した元サッカー日本代表MF本田圭佑(34)が5日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「本田圭佑 『NowVoice』」(火曜後7・00)にブラジルからリモート出演した。

「日本の皆さん、あけましておめでとうございます。本田圭佑です」と明るく元気な声で今年最初の放送を始めた本田。新しい年の始めにあたり「ある程度、今年の目標というものが明確に決まり、コロナが今後どうなるかというのはまだ分からないながらも、まさに心機一転ですよね、仕切り直し」とまずは口にした。

 そして、番組アシスタントの東島衣里アナウンサー(29)から新年の目標を聞かれると「これ、いつまでの予定になってるんでしたっけ?」と番組について自ら質問。3月でとりあえずひと区切りをつけることになっていることを聞かされ、東島アナから「その先を待ってますよ?気持ちとしては」と明るく継続の可能性について振られると、豪快に笑い声を立てた。

 そして「いやいやいやいや…うれしい話ですけどね。考えますよ、うん。いろいろ考えさせていただきますよ、そう言っていただけるのならば」と喜びながらも「ただね、ずーっと言ってきてますけどね。僕、ほんっとね、シンプルなんですよ。めちゃめちゃシンプルな男なんですよ。そんな皆さんが思ってるね、イメージで言われる男じゃないんですよ。僕、普通なんですよ。だから正直、これをいつまで続けるかっていうのは僕の自信の問題もあるので。自信が続くかどうかが大事かなと思ってます」と慎重な姿勢を見せていた。

 本田は昨年12月30日、自身のツイッターにポルトガル語で「個人的かつプロとしての理由で決断した」などと投稿し、チームメートやファンに感謝。シーズン途中での退団に「結果を出せず、批判は受け入れる。言い訳はしない。残念だし、申し訳ない」とつづっていた。今後はポルトガル1部ポルティモネンセへの移籍が濃厚となっているが、番組では退団や移籍については触れなかった。

2021年01月05日 21:20 スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2021/01/05/kiji/20210105s00002000365000c.html

写真
no title

本田圭佑、ポルティモネンセ移籍へポルトガル入り 

スクリーンショット 2021-01-04 10.18.37


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索