Samurai Goal

本田


スポンサード リンク





ボタフォゴ本田が親善試合に先発、無得点で途中交代 

1: 2020/08/02(日) 15:22:34.46 _USER9 BE:155222373-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
8/2(日) 15:18配信
日刊スポーツ

ボタフォゴMF本田圭佑(2020年3月15日撮影)

<親善試合:ボタフォゴ1-1フルミネンセ>◇1日◇リオデジャネイロ

ブラジルの古豪ボタフォゴに所属するMF本田圭佑(34)がフルミネンセとの親善試合に先発出場した。

キャプテンマークを巻き、中盤でプレー。後半14分には直接FKも蹴ったが、無得点で同18分に途中交代した。8日に開幕する全国選手権前の最後となる実戦を1-1の引き分けで終え、アウトゥオリ監督は「競争力のあるチームが構築できた」と満足そうな表情を浮かべた。

なおボタフォゴは9日にホームでバイーアとの初戦を控えている。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/6c426b784c8e2d4186c69a4291d2b6163e1258da

堂安律「本田さんに頼る必要はない」 「マスコミの評価と戦っていると思ったら負け」 

1: 2020/07/22(水) 13:52:44.17 _USER9
写真
no title


東京五輪に向けては、堂安と同じ左利きの本田圭佑(ボタフォゴ)が、オーバーエイジ枠での出場を虎視眈々と狙っていることは、周知の通りだ。もしも、五輪代表に本田が加わったとしたら、どんな作用がありそうか? 

 質問に耳を傾けていた堂安の目が尖った。

「ピッチ内ですか?」

 確認すると、その後はよどみなく言葉を継いでいった。

「違いを出すのは僕の役割だと思うので、彼に頼る必要はありません。もちろん、彼には彼の夢があるので、それを否定する訳ではないですが、彼が五輪を目指すのと同じように、僕たちも目指しているんです。メディアを通じて彼の発言が世の中に発信されることは多いですが、そうさせてしまっている若手が悪いと僕は思う。彼の発言より、僕らの発言の方が重みがあるようにならないといけない。僕はそう考えています」

 さらに堂安は低く抑えた声に力を込めて言う。

「ピッチ外でも同じです。何も変わらないですね。逆に、彼が来て変わるのなら、早めに呼んだ方がいいです」

 強気を前面に出すと同時に、責任を自覚していることに自尊心をにじませる。それが堂安流だ。 

矢内由美子 | サッカーとオリンピックを中心に取材するスポーツライター

7/22(水) 9:00 一部抜粋
https://news.yahoo.co.jp/byline/yanaiyumiko/20200722-00187339/

<トルコメディア>注目!「#長友 と#本田 がYouTubeでケンカ!」 

1: 2020/06/17(水) 20:47:05.89
トルコ『スポークス』が9日、「長友と本田がYouTubeでケンカ!」と題し、ガラタサライDF長友佑都とボタフォゴMF本田圭佑が交わした熱い議論を紹介した。

 長友は5日に自身のYouTubeチャンネルで「天才の定義」をテーマにした動画を投稿。そこで本田と繰り広げたディスカッションに同メディアも注目している。

 本田と「天才」について話す中で長友はバルセロナFWリオネル・メッシを例に挙げ、「もちろんメッシも努力してきた。でもさ、いくら俺らが努力してもメッシにはなれないじゃん」と言及。すると本田が「それは今からの話ね」と指摘し、持論を述べた。

 本田によると、自分たちがゴールデンエイジと呼ばれる若い時期に戻り、メッシがやったことと同じトレーニングができれば、そこまで差がつかずに技術が身につくという。

 さらに、身体能力に恵まれた“人類最速の男”ウサイン・ボルト氏がメッシと同じ環境で同じ練習を行っていたら、メッシの倍は得点を挙げていただろうと主張した。

 同メディアは長友と本田のやり取りについて「興味深い議論」とレポートしている。

6/11(木) 8:52 ゲキサカ
https://news.yahoo.co.jp/articles/4274ac8a41f4f4b50503b405e971dd5d2979e579

写真no title

本田の名言1位「俺は孤立している。あえてね」 

20200610-26100212-nksports-000-9-view

本田の名言トップ10選出 10位は「守備の…」 

20200601-26010344-nksports-000-7-view

「ヤヤじゃなくてホンダでよかった」ボタフォゴ幹部、ライバルを選んだトゥーレを猛批判 

20200525-00010007-goal-000-3-view

慶應大卒の武藤も「非常に危険」と反論…本田「初めて感情的になったかも。全然あかんね。修業します」 

20200516-43480311-gekisaka-000-9-view

<カズ、中田、中村、本田…>セリエAを彩った歴代日本人選手の「リアル評」は?―― イタリア人記者に訊く 

1: 2020/05/07(木) 23:23:44.04
●1試合プレーするごとにスポンサーが金を払う

1993年夏に“キングカズ”がジェノアと契約して以来、のべ12人の日本人選手がセリエAでプレーしてきた。
メディアやファンの目も厳しいこの世界屈指のリーグで、ジャポネーゼたちはいかなる印象を与えたのか――。ベテランのイタリア人記者に訊いた。

―――◆――◆―――

もしイタリアのどこかのチームが日本人GKを獲得していたならば、セリエAでプレーした日本人選手だけでひとつのチームが作れたはずだ。それもなかなか豪華な。
イタリアに好印象を残していったサムライは少なくない。中にはその実力を発揮できずに去っていった者もいたが、それでも真面目さ、プロフェッショナル精神、向上心はイタリア人の心に残り、チームメイトたちに良い影響を与えた。
日本の伝統的な教育の賜物だろう。

最初にイタリアにやって来た日本人は三浦知良(現・横浜FC)だった。1993年当時のジェノアの会長アルド・スピネッリは、ヴェルディ川崎でプレーするカズの姿を見て感銘を受けた。そのテクニック以外にも魅力的な点があった。
イタリアではジェノバ人は一般的に“ケチ”“金に汚い”と言われているが、スピネッリもその例に漏れない。彼が三浦獲得を決めたのは、ジャパンマネーを見越してだった。1試合プレーするごとにスポンサーが金を払う――。こうして契約は成立した。

結局、三浦は21試合に出場して1ゴールを決め、スピネッリは“円”を手に入れた。1シーズンで契約は終了し、日本のスターは去っていた。しかし、残した功績は小さくない。このパイオニアのおかげで“壁”は取り払われた。
イタリア人にとって、それまで日本はサッカー未開の地だった。「世界最高峰」を謳っていたセリエAとは無縁のものだと考えられていた。その概念を打ち壊したのが、このストライカーだったのだ。
おかげで、98年夏に中田英寿がイタリアにやって来た時、「寿司がピザの国に何をしに来たのか」とは、決して言われなかった。おかげで若き司令塔はサッカーに集中することができた。

それにしてもヒデは本当に優秀だった。残留できれば御の字のペルージャでのデビュー戦で、ユベントスを相手に名刺代わりの2ゴールを奪ったインパクトは絶大だった。今でも多くのイタリア人があの時の衝撃を覚えている。
翌シーズンの途中に移籍したローマでは、2年目に歴史的スクデット獲得に貢献。イタリアでプレーした日本人の中で、間違いなくもっともレベルの高い選手だった。
ライバルだったバンディエーラ(旗頭)のトッティがいなければ、ヒデはローマでもっと活躍できたはずだ。それでも、残した印象はこれ以上ないほどポジティブだった。カズが壁を壊し、ヒデが日本人選手のイメージを変えた

5/6(水) 6:41配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200506-00072816-sdigestw-socc

写真
no title


1 Egg ★ 2020/05/06(水) 09:32:43.73
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1588725163/

<カズ、中田、中村、本田…>セリエAを彩った歴代日本人選手の「リアル評」は?―― イタリア人記者に訊く 

1: 2020/05/06(水) 09:32:43.73
●1試合プレーするごとにスポンサーが金を払う

1993年夏に“キングカズ”がジェノアと契約して以来、のべ12人の日本人選手がセリエAでプレーしてきた。
メディアやファンの目も厳しいこの世界屈指のリーグで、ジャポネーゼたちはいかなる印象を与えたのか――。ベテランのイタリア人記者に訊いた。

―――◆――◆―――

もしイタリアのどこかのチームが日本人GKを獲得していたならば、セリエAでプレーした日本人選手だけでひとつのチームが作れたはずだ。それもなかなか豪華な。
イタリアに好印象を残していったサムライは少なくない。中にはその実力を発揮できずに去っていった者もいたが、それでも真面目さ、プロフェッショナル精神、向上心はイタリア人の心に残り、チームメイトたちに良い影響を与えた。
日本の伝統的な教育の賜物だろう。

最初にイタリアにやって来た日本人は三浦知良(現・横浜FC)だった。1993年当時のジェノアの会長アルド・スピネッリは、ヴェルディ川崎でプレーするカズの姿を見て感銘を受けた。そのテクニック以外にも魅力的な点があった。
イタリアではジェノバ人は一般的に“ケチ”“金に汚い”と言われているが、スピネッリもその例に漏れない。彼が三浦獲得を決めたのは、ジャパンマネーを見越してだった。1試合プレーするごとにスポンサーが金を払う――。こうして契約は成立した。

結局、三浦は21試合に出場して1ゴールを決め、スピネッリは“円”を手に入れた。1シーズンで契約は終了し、日本のスターは去っていた。しかし、残した功績は小さくない。このパイオニアのおかげで“壁”は取り払われた。
イタリア人にとって、それまで日本はサッカー未開の地だった。「世界最高峰」を謳っていたセリエAとは無縁のものだと考えられていた。その概念を打ち壊したのが、このストライカーだったのだ。
おかげで、98年夏に中田英寿がイタリアにやって来た時、「寿司がピザの国に何をしに来たのか」とは、決して言われなかった。おかげで若き司令塔はサッカーに集中することができた。

それにしてもヒデは本当に優秀だった。残留できれば御の字のペルージャでのデビュー戦で、ユベントスを相手に名刺代わりの2ゴールを奪ったインパクトは絶大だった。今でも多くのイタリア人があの時の衝撃を覚えている。
翌シーズンの途中に移籍したローマでは、2年目に歴史的スクデット獲得に貢献。イタリアでプレーした日本人の中で、間違いなくもっともレベルの高い選手だった。
ライバルだったバンディエーラ(旗頭)のトッティがいなければ、ヒデはローマでもっと活躍できたはずだ。それでも、残した印象はこれ以上ないほどポジティブだった。カズが壁を壊し、ヒデが日本人選手のイメージを変えた

5/6(水) 6:41配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200506-00072816-sdigestw-socc

写真
no title

長友が本田とオンライン対談へ「熱くなりすぎて喧嘩になったらすみません」 

20200430-00000147-dal-000-3-view




1: 2020/04/30(木) 23:02:49.90
 サッカー日本代表DF長友佑都(ガラタサライ)が30日、自身のツイッターを更新。MF本田圭佑(ボタフォゴ)とオンラインで対談することを発表した。

 長友は「5/2(土)21:00から、本田圭佑とオンライン対談します!テーマはサッカー。メンタル。熱くなりすぎて喧嘩になったらすみません。笑 https://dwlpmjrh.paperform.co/ 」と告知。さらに「※なお、収益は全額ひとり親支援のプロジェクトに当てられます」と続けた。

 これに呼応する形で本田も30日に自身のツイッターを更新。「長友佑都と対談します。彼の意向で収益は100%と1人でも多くのシングルマザーを支援できるように寄付します。」とつぶやいた。

 このツイートに対して長友は「ひとり親支援なので、シングルファザーも支援します!」とつづった。

 長友は24日に自身が代表を務める株式会社Cuoreを通じ「コロナで苦しむひとり親支援のためのクラウドファンディングプロジェクト」の立ち上げを発表。支援を呼びかけている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200430-00000147-dal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索