Samurai Goal

木下康介


スポンサード リンク





<FW木下康介>ノルウェー・スターベク移籍へ 指揮官は前清水のヨンソン監督  

kosukekinoshita-jpg




1: Egg ★ 2019/07/05(金) 23:22:03.37 ID:ZIOPVWtp9
ベルギー1部・シントトロイデンに所属するFW木下康介(24)が今夏、ノルウェー1部・スターベクに移籍することが5日までに濃厚となった。
 ノルウェーメディアも同日までにスターベクが木下の獲得に動いていると報道。関係者によれば、スターベクは既に17~18年シーズンに同じスカンジナビアのスウェーデン1部ハルムスタッズでプレーした経験を持つ木下の実力を熟知、チームの得点力アップへ白羽の矢を立てたという。スターベクの指揮官は今季途中まで清水を率いていたヤン・ヨンソン監督(59)。そのことも木下獲得に動くきっかけとなったようだ。

 J2横浜FCの下部組織で育った木下は1メートル90の長身を誇るストライカー。13年、ドイツのフライブルクU―19に入団し、17年1月にスウェーデン1部ハルムスタッズと契約。今年1月にはベルギー1部のシントトロイデンに完全移籍し、2月9日のワーストランドベベレン戦では移籍後初ゴールをマークした。ヨンソン監督のもと、異色の経歴を持つ木下が、さらに飛躍を目指すことになりそうだ。 

2019年07月05日 21:37スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/07/05/kiji/20190705s00002000411000c.html

<ベルギー1部のシント=トロイデン(STVV)>今夏は日本人選手獲得なし。昨季6人所属は「多すぎた」と会長  

1: Egg ★ 2019/06/10(月) 19:50:58.51 ID:6MNW0pZi9
ベルギー1部のシント=トロイデン(STVV)は、今夏の移籍市場では新たな日本人選手を獲得することは考えていないという。ダビド・メースケンス会長が地元紙『HBVL』に語ったとしてベルギー『voetbalkrant』が伝えた。

 2017年11月に日本のDMMが経営権を取得したSTVVは、積極的に日本人選手の補強を進めてきた。2018/19シーズンにはDF冨安健洋、小池裕太(3月から鹿島アントラーズに期限付き移籍)、MF遠藤航、関根貴大、FW鎌田大地、木下康介と実に6人の日本人選手が所属していた。

 チーム最多の15得点を挙げた鎌田や、不動のCBとして守備を支えた冨安などを中心に、日本人選手たちはチームの好成績に貢献。STVVは6位以内でのPO1 (優勝プレーオフ)出場こそ惜しくも逃したものの、過去9年間では最高成績となる7位でレギュラーシーズンを終えた。

 だがメースケンス会長は、「これ以上日本人選手を獲ることはない。実際のところ、昨夏は多くの選手を獲りすぎた」とコメント。「ベルギー人選手を求めている。さらに言えば(地元)リンブルフの選手を」と述べ、地元重視への方針転換を主張している。

 昨季在籍した日本人選手たちのうち、鎌田と関根はレンタル満了により一旦ドイツへ戻ることになる。高い評価を受けている冨安は他クラブへの移籍が盛んに噂され、遠藤も先月の時点でSTVV残留は「五分五分」だとベルギーメディアに話していた。

6/10(月) 19:01 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190610-00325395-footballc-socc

写真
no title

シント=トロイデン、所属日本人選手は「0」に?地元メディアが3人のステップアップを予想  

20190416-00010019-goal-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/04/16(火) 16:19:17.36 ID:8MM7Pcvt9
評価は分かれる
来シーズン、ベルギーのシント=トロイデンには日本人選手が何人所属しているのだろうか。ベルギー『voetbalbelgie.be』によると、その数は「0」になる可能性もあるという。

日本企業DMM社が運営するシント=トロイデンだが、日本代表DF冨安健洋やフランクフルトからレンタルで加入したFW鎌田大地が活躍。遠藤航も含む日本人選手について躍進の立役者と評価する『voetbalbelgie.be』は、「この3人はここ数カ月良い印象を残した」、「おそらくより大きなコンペティションに向かうだろう」と今夏限りでクラブを去ることを予想した。

一方で、他の3人の日本人選手に関しては、「シント=トロイデンでは十分にアピールできていない」と辛口の評価が下されている。先月に来年1月1日までのレンタルで鹿島アントラーズに送り出されたDF小池裕太や今年1月にスウェーデン2部ハルムシュタッズBKから完全移籍で加入したばかりのFW木下康介、そしてインゴルシュタットから今夏までの期限付きで加わっているMF関根貴大は同クラブでインパクトを残せていないという。

また同メディアが伝えたコメントによると、前半戦は負傷に悩まされた関根はすでに「シント=トロイデンに残らないと思います」と明言。「自分のパフォーマンスは不十分でしたし、レンタルでインゴルシュタットから送り出されているので」とシント=トロイデンが完全移籍で獲得に乗り出す可能性には懐疑的な見方を示しているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00010019-goal-socc

鎌田大地のアシストから木下康介が同点弾! その後追加点のシント・トロイデンは2-1の逆転勝利  

20190404-00316407-footballc-000-2-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/04(木) 08:49:10.56 ID:Pp1oKJgP9
 現地時間3日にジュピラープロリーグ・プレーオフの試合が行われ、シント=トロイデンはベールスホットと対戦。

 シント=トロイデンに所属する鎌田大地、冨安健洋、遠藤航、木下康介の4人の日本人選手が先発出場を果たした。試合開始して10分に失点するも、29分に鎌田からパスを受けた木下がゴールを決めて同点に。

 58分にはペナルティーエリア内でベールスホットのプリチネンコがハンドしPKを獲得。このPKをジョルダン・ボタカが決めてシント=トロイデンに追加点が入った。そのままリードを守り切ったシント=トロイデンが2-1の逆転勝利をおさめている。

4/4(木) 8:29 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190404-00316407-footballc-socc

シント・トロイデン6人目の刺客。190cmの木下康介とは何者だ? 

20190207-00010001-sportiva-000-1-view

スウェーデンからベルギーへ! シント・トロイデン6人目の日本人選手に、190cmのFW木下康介が急浮上! 

6e9012c9-79be-4676-964c-594f11b7d72c




1: 2019/01/16(水) 20:47:12.31
日本企業「DMM.com」が資本元となっているベルギー・ジュピラーリーグ所属のシント=トロイデン(STVV)が、新たな日本人選手を獲得すると、ベルギー紙『Het Belang van Limburg』が報じた。

 STVVには現在、日本代表メンバーとしてアジアカップに出場している遠藤航、冨安健洋の他、鎌田大地(フランクフルトからのレンタル)、関根貴大、小池裕太ら5人が在籍している。

 そしてこのたび、6人目として名が挙がったのが木下康介。スウェーデンの2部リーグ、ハムスタッズBKに所属する、身長190cmのFWだ。

 詳細について、同紙はこのように報じている。

「木下は16日、スタイエン(STVVの本拠地)に到着し、メディカルチェックを行なう。ハムスタッズでは今シーズン、29試合で13得点3アシストを記録している。

 24歳のストライカーは、早くからヨーロッパに拠点を移しており、スウェーデンにやって来る前には、ブンデスリーガ4部のフライブルクⅡ、ホンブルクに在籍した。

 190cmの長身を誇り、攻撃的サッカーの中心的役割を果たしことを好む。水曜日にメディカルチェック完了後、入団が発表される見込みだ」

 木下は、U-17、U-19日本代表に選出されたこともある大型ストライカーで、現在日本代表で活躍する南野拓実と同学年。スピードもあり、フィジカル面でも高いポテンシャルを誇る。

 STVVに加入すれば、鎌田、ヨアン・ボリらと前線のポジション争いに身を投じることになる。現時点でFW陣に190cm台は不在なことから、地元メディア『VOETBALbelgie』は木下について「前線の中心的存在になる可能性も秘めている」と報じている。

 鎌田はシーズン前半戦でリーグ得点ランキング5位に食い込む活躍ぶりを見せ、日本代表入りが囁かれるほどにまでブレークしたが、木下は熾烈なポジション争いを制し、鎌田以上の活躍を見せることできるか。

1/16(水) 20:43 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190116-00052867-sdigestw-socc

横浜FCユースの18歳FW木下康介、フライブルク移籍が決定、 

1: お歳暮はトマト1㌘φ ★ 2013/01/20(日) 22:19:28.48 ID:???0
00105813-B
 横浜FCは20日、横浜FCユースに所属するFW木下康介が、フライブルクへ移籍することが決まったと発表した。

 現在18歳の木下は、ジュニアユースから横浜FCに所属。2012年シーズンの6月には2種登録選手としてトップチームにも合流した。またU-17とU-19の年代別日本代表を経験している。

 木下は移籍に際し、クラブ公式HPを通じて以下のようにコメントしている。

「この度SCフライブルクに入ることになりました。6年間お世話になった横浜FCのサポーター、チーム関係者の皆様には言葉に表せないほど感謝しております。

お世話になってきました皆様に三ツ沢でプレーを見せられなくなってしまったのは残念ですが、このご恩を返すためにも一日でも早くブンデスリーガで試合に出て活躍する姿をお見せできたらと思います。

これから大変なこともたくさんあると思いますが、横浜FCで学んだことを活かしてドイツでも精一杯頑張っていきたいと思います。6年間本当にありがとうございました」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130120-00090955-soccerk-socc

U-19日本代表FW木下康介(18歳)、フライブルクとプロ契約!マンCの正式オファーを断りブンデスリーガ挑戦へ 

1: れいおφ ★ 2013/01/11(金) 12:29:21.40 ID:???0
日本人初の高校生ブンデスリーガーが誕生する。
横浜Cユース所属のU―19日本代表FW木下康介(18)が、ドイツ1部リーグ(ブンデスリーガ)
のフライブルクとプロ契約を結んだことが10日、明らかになった。

昨夏に同クラブとイングランド・プレミアリーグ昨季王者のマンチェスターCのテストを受けて
争奪戦となり、マンCからの正式オファーを断って入団を決めた。14日に入団が正式発表される予定だ。

東京都立美原高3年の現役高校生、木下がブンデスリーガに挑戦する。
すでにドイツに渡っており、1月1日からの契約にサイン。関係者によれば、契約期間は複数年にわたるという。
横浜Cでは昨年6月1日に、第2種チーム(横浜Cユース)に所属しながら、
トップチームの公式戦に出場可能となる2種登録選手として登録変更。
昨季J2のリーグ戦では出番なしで、いきなりドイツでプロとしてのデビューを飾ることになりそうだ。

昨夏、マンチェスターCにビデオと履歴書を送って入団テストを打診。昨季のプレミアリーグを
制したマンチーニ監督直筆の招待状をもらい、マンCが英国への渡航費と滞在費を全額負担して
7月30日から2週間、テストを受けた。直後にドイツへ渡ってフライブルクの練習に参加。
U―21の紅白戦に出場していきなりゴールを決め、監督をはじめクラブ幹部から強力に入団の勧誘を受けた。
両クラブとも身長188センチの高さに加え、動きのスピードと足元の技術を併せ持つストライカーの将来性を高く評価。
昨年10月3日に英国でプロ契約が可能となる18歳になるのを待って、マンCからも正式に入団オファーを受けていた。

当初はイタリア代表FWバロテッリ(22)やアルゼンチン代表FWアグエロ(24)ら世界のトップクラスを
そろえるマンCに魅力を感じていたが、トップチームの試合出場までには時間がかかることを懸念。
より即戦力に近い選手として認められ、チーム事情や将来的な育成方針を考え合わせ、
非常に熱心に勧誘されたフライブルクを選んだ。
本人はもともと海外志向が強く、「今回の契約を非常に喜んでいる」と関係者。18歳の新星の今後が注目だ。

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/world/news/20130110-OHT1T00287.htm

no title

U―19日本代表FW木下康介(17)、マンチェスター・シティー入団へ 

1 :お歳暮はコーラ1㍑φ ★ 2012/08/21(火) 06:27:33.34 ID:???0


 イングランド・プレミアリーグ昨季王者のマンチェスターCが、U―19日本代表FW木下康介(17)=横浜Cユース=と、プロ契約が可能となる18歳になる10月に契約する意向であることが20日、分かった。

今月4日から13日まで、同クラブが渡航費を全額負担し入団テストに招待し、練習に参加した。ロベルト・マンチーニ監督(47)が188センチの大型ストライカーの才能にほれ込んだという。

 木下は8月10日、関係者以外立ち入り禁止で行われたアカデミー(下部組織のU―18)の親善試合に出場。

相手はウェールズのプロチームだが、チーム名も告知されず、極秘に行われた。

マンチーニ監督はじめ、元イングランド代表MFのデービッド・プラット助監督、若手育成担当ディレクターで、元フランス代表主将のパトリック・ビエラ氏まで顔をそろえた。

 木下は後半からマンCの背番号22をつけて1トップに入り、フィジカルに勝る相手の当たりに負けず、強さを披露。
3本のシュートを放った。

後半15分の最初のシュートは、左サイドに抜けた縦パスを体をひねりながら左足で放ち、右利きながら両足を自然に使えるところをアピール。

 最大の見せ場は終了間際の44分、ペナルティーエリア内左から左足でバーを直撃。エリア内で味方MFとのワンツーをヒールで軽快に決めるなど、十分な見せ場をつくった。

木下のプレービデオを見て、直筆で練習参加の招待状を書いて送ったという同監督は、17歳のプレーに及第点を出し、10月3日に18歳になるのを待って、獲得する意向という。

 木下はその後、フライブルク(ドイツ)で練習に参加。U―21の紅白戦でいきなりゴールを決め、監督はじめクラブから入団の勧誘を受けている。

だが、イタリア代表FWバロテッリと練習場で背比べをし、トーゴ代表FWアデバヨルの身体能力の高さに感心し「この世界一のFW陣の中で自分を試したい」と、マンC入団を決意している。

18歳でアーセナルと5年契約を結んだ宮市亮(ウィガン)が英国就労ビザが取得できるまでフェイエノールト(オランダ)にレンタル移籍し実績を積んだが、第2の宮市の道を進むことが濃厚だ。

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/world/news/20120820-OHT1T00237.htm

>>2以降につづく


20120820-837150-1-L



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索