Samurai Goal

最終節


スポンサード リンク





J3最終節でドラマ…相模原が逆転でクラブ史上初のJ2昇格! 昇格王手の長野はまさかの敗戦…岐阜も夢散る 

スクリーンショット 2020-12-20 17.42.44




1: 2020/12/20(日) 16:19:38.66 _USER9
明治安田生命J3リーグの最終節となる第34節の試合が20日に各地で行われ、今節の結果によりSC相模原が来季のJ2昇格を決めた。

今季J3では首位を快走したブラウブリッツ秋田がすでに優勝と来季J2昇格を決定。
もうひとつの昇格枠となる2位の争いは混戦となり、3チームが可能性を残した状況で最終節を迎えていた。

前節時点で2位に位置していたAC長野パルセイロはホームでいわてグルージャ盛岡と対戦したが、チャンスを活かせず前半をスコアレスで折り返す。
一方、FC今治とアウェイで対戦した3位のSC相模原は前半16分にホムロのボレー弾で先制し、前半終了時点で相模原が優位に立った。
後半立ち上がりの47分には相模原が梅鉢貴秀のゴールで追加点。一方で長野は55分に岩手に先制ゴールを許し、さらに相模原が有利な状況となる。

相模原は64分に1点を返されたが、1点差を守って2-1で勝利。
85分に2点目を奪われた長野は0-2での敗戦に終わり、勝ち点を61に伸ばした相模原が59の長野を上回って2位でのJ2昇格となった。

数字的に2位浮上の可能性を残していた4位のFC岐阜はアウェイでガンバ大阪U-23と対戦。
1-2で敗れる結果に終わり、1年でのJ2復帰はならなかった。

相模原は2014年にJ3に参入し、7年目で悲願のJ2初昇格を達成。昨季の18チーム中15位から大幅に順位を上げての昇格を成し遂げた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1323c5fea95174d365f8f6bbdebc974d7e4da77c

J3相模原が逆転で悲願のJ2昇格!三浦文丈監督「こんなに嬉しいとは…」
https://news.yahoo.co.jp/articles/b9e7d559d3e52bcc635cd6f0ba4e9d41ec120fec
【J3相模原】2位の長野を逆転しクラブ史上初のJ2昇格
https://news.yahoo.co.jp/articles/6e419808cfbecad18964d224aa44d835abadb854
J2昇格に王手をかけていた長野、最終節でまさかの敗戦…相模原に逆転昇格を許す
https://news.yahoo.co.jp/articles/601b606435ed1d0a2b251de1edafa65756b7194d

J1昇格争い大詰め、最終節に大きなドラマの可能性 

スクリーンショット 2020-11-21 11.23.04

大暴れの大迫勇也がブンデス最終節のMVPに!「ブレーメンの救世主。彼がこの調子なら…」 

20200628-00010024-goal-000-1-view

ブンデスリーガ、5月2日or 9日に再開か…最終節は6月21日に設定 

20200406-00010005-goal-000-1-view




1: 2020/04/06(月) 11:52:01.34
ドイツサッカーリーグ(DFL)は5月2日、もしくは9日に再開する可能性があるようだ。ドイツ紙『ビルト』が報じた。

現在、新型コロナウイルスの影響で中断となっているブンデスリーガ。多くのクラブが経済的に大きな打撃を受けていると伝えられており、5月中に再開されなければ、破産を申告するクラブもあるという。

そんな中で、『ビルト』は2つのプランを公開。一つは5月2日に再開するプランで、第26節のドルトムントvsシャルケを2日に開催し、残りの試合を3日に行うというもの。もう一つが、9日にシフトするというものだ。いずれも最終節が6月21日に設定されている。

2つのプランでは、チャンピオンズリーグ準々決勝は6月23,24日、ポカール決勝は6月27日に設定されているため、リーグ戦がすべて終了した後にカップ戦に臨むというスケジュールとなっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200406-00010005-goal-socc
4/6(月) 7:29配信

<横浜×FC東京>“優勝決定戦”のスタメン発表! チケット完売の注目必至の一戦は、どんな結末を迎えるのか?  

1: Egg ★ 2019/12/07(土) 12:27:05.32 ID:2ZTQFpFn9
M・ジュニオール、永井はともに先発
no title


 12月7日のJ1リーグ最終節、今季のリーグ優勝がかかるビッグマッチ、横浜対FC東京のスタメンが発表された。
 
横浜F・マリノス
GK 1 朴 一圭
DF 27 松原 健
DF 13 チアゴ・マルチンス
DF 44 畠中槙之輔
DF 5 ティーラトン
MF 8 喜田拓也
MF 33 和田拓也
MF 9 マルコス・ジュニオール
FW 23 仲川輝人
FW 17 エリキ
FW 28 マテウス

予想フォーメーションは4-3-3

控えメンバー
GK 34 中林洋次
DF 15 伊藤槙人
DF 16 高野 遼
DF 18 広瀬陸斗
MF 26 渡辺皓太
FW 11 遠藤渓太
FW 20 李 忠成

2)
FC東京
GK 33 林 彰洋
DF 14 オ・ジェソク
DF 32 渡辺 剛
DF 3 森重真人
DF 25 小川諒也
MF 10 東 慶悟
MF 18 橋本拳人
MF 8 髙萩洋次郎
MF 45 アルトゥール・シルバ
FW 17 ナ・サンホ
FW 11 永井謙佑

予想フォーメーションは4-2-3-1

控えメンバー
GK 1 児玉 剛
DF 29 岡崎 慎
MF 21 ユ・インス
MF 39 大森晃太郎
MF 7 三田啓貴
FW 24 原 大智
FW 27 田川亨介

 首位に立つ横浜と2位のFC東京との勝点差は「3」。横浜は引き分け以上、もしくは3点差以内の敗戦でも15年ぶりのリーグ優勝が決まる。FC東京は4点差以上の勝利で、悲願のリーグタイトルを手にすることができる。チケット完売の注目必至の一戦は、どんな結末を迎えるのか。会場は日産スタジアムで、キックオフは14時だ。

12/7(土) 11:46 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191207-00067469-sdigestw-socc

J1リーグもついに最終節を迎え、7日は午後2時から一斉に、全9試合が行われる。

優勝の可能性があるのは、勝ち点67で首位の横浜F・マリノスと同64で2位のFC東京の2チーム。両チームは直接対決で優勝をかけて争うが、得失点差で7も上回る横浜が、圧倒的優位な状況だ。

優勝決定の条件は次の通り。

★横浜は引き分け以上か、3点差以内の負けなら15年ぶりのリーグ制覇

★東京は4点差以上で勝った場合のみ、悲願の初優勝

東京は奇跡の逆転Vを狙い、アウェーに乗り込むことになる。

12/7(土) 9:00 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-12061103-nksports-socc

J1昇格プレーオフ圏争いは今季も大混戦! 6チームが3枠を争う状況で最終節へ  

20191116-00348320-footballc-000-4-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/16(土) 18:13:19.87 ID:FA489l1x9
明治安田生命J2リーグ第41節の試合が16日に各地で開催された。J1昇格に向けたプレーオフ圏となる6位以内の確保に向けた争いは、混戦のまま最終節へもつれ込んでいる。

2位以内での自動昇格を争う横浜FCと大宮アルディージャはすでに6位以上を確定済み。
残り3つとなるプレーオフ枠を、前節終了時点でわずか2ポイント差にひしめく6チームが争っていた。

13時キックオフの試合では4位のモンテディオ山形が山岸祐也のハットトリックによりレノファ山口FCに3-2の逆転勝利。
プレーオフ圏内を維持して最終節を迎えることを一足先に決めた。

続いて14時キックオフの試合では7位のヴァンフォーレ甲府がFC岐阜に3-1、8位の京都サンガF.C.がジェフユナイテッド千葉に1-0でそれぞれ勝利を収め、暫定でプレーオフ圏内へ浮上。一方9位のファジアーノ岡山は横浜FCに0-1で敗れる結果に終わった。

 15時キックオフの試合では、前節時点で山形と並んでいた4位タイの水戸ホーリーホックが鹿児島ユナイテッドFCに0-1で敗戦。6位の徳島ヴォルティスは東京ヴェルディを2-1で下し、京都を押し出す形でプレーオフ圏に再浮上した。

 今節の結果により、勝ち点70の山形と徳島、勝ち点68の甲府が6位以内で最終節を迎える。京都は得失点差で甲府に劣り7位、水戸はその両チームに1ポイント差で8位となっている。岡山も数字上は6位浮上の可能性を残しているが、勝ち点だけでなく上位チームとの大きな得失点差も覆す必要があり非常に厳しい状況となる。

 最終節は24日に全試合同時刻開催で行われる。J1昇格へ前進を果たすのはどのチームになるのだろうか。

▼J2順位表(上位)
1. 勝ち点81(得失点差+40) 柏レイソル
2. 勝ち点76(得失点差+24) 横浜FC
3. 勝ち点74(得失点差+22) 大宮アルディージャ
4. 勝ち点70(得失点差+20) モンテディオ山形
5. 勝ち点70(得失点差+19) 徳島ヴォルティス
6. 勝ち点68(得失点差+22) ヴァンフォーレ甲府
7. 勝ち点68(得失点差+15) 京都サンガF.C.
8. 勝ち点67(得失点差+18) 水戸ホーリーホック
9. 勝ち点65(得失点差+3) ファジアーノ岡山

▼J2最終節 プレーオフ圏争い関連カード
モンテディオ山形 vs FC町田ゼルビア
水戸ホーリーホック vs ファジアーノ岡山
柏レイソル vs 京都サンガF.C.
横浜FC vs 愛媛FC
ヴァンフォーレ甲府 vs FC琉球
ツエーゲン金沢 vs 大宮アルディージャ
徳島ヴォルティス vs レノファ山口FC

11/16(土) 17:07配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191116-00348320-footballc-socc

「さよならを言うことができる」ベイルが最終節メンバー入り…ジダンが“別れの場”用意か 

20190519-43467162-gekisaka-000-1-view[1]

UEFAチャンピオンズリーグ グループA~D 最終節結果 

20161102203801


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索