Samurai Goal

最年長出場記録


スポンサード リンク





横浜FCカズが最年長出場記録を更新 来季へ意欲「挑戦していきたい」 

スクリーンショット 2020-12-19 21.41.38

<カズ>新たな金字塔!4680日ぶりにJ1川崎F戦に先発出場!中山雅史の最年長出場記録を大幅更新 

1: 2020/09/23(水) 20:23:56.64 _USER9
横浜FCの三浦知良が53歳6カ月28日で川崎戦に先発、中山雅史の記録を塗り替える

横浜FCのカズこと元日本代表FW三浦知良が、輝かしいキャリアに新たな伝説の1ページを書き加えた。23日のJ1リーグ第18節川崎フロンターレ戦で今季初のスタメンとしてキックオフの笛を聞き、53歳6カ月28日での出場が確定。元日本代表FW中山雅史の持つJ1最年長出場記録(45歳2カ月1日)を大幅に更新した。

 カズにとっては、ヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)時代の本拠地である思い出の等々力陸上競技場で、新たな金字塔を打ち立てた。自身13年ぶりとなるJ1リーグの舞台、首位を快走する川崎との一戦で、ついに今季初先発、初出場を果たした。2007年12月1日の浦和レッズ戦(1-0)以来、4680日ぶりとなるJ1のピッチ。今季はルヴァンカップのグループステージ2試合に先発しており、リーグ戦では第16節名古屋グランパス戦(3-2)で今季初のベンチ入り。その試合では出番が回ってこなかったが、好調を維持してチャンスを掴んだ。

 “キング”と呼ばれ、Jリーグや日本代表で数々の記録を打ち立ててきたカズ。この試合で得点を決めれば、ジーコ(鹿島アントラーズ・テクニカルディレクター)が持つ41歳3カ月12日の最年長得点記録も更新する。

 横浜FCは42歳の元日本代表MF中村俊輔と、39歳の同MF松井大輔もスタメンに名を連ねた。合計「134歳トリオ」が、首位・川崎を相手にどんな戦いを見せるのか。そして日本サッカー界のレジェンドが、“キング伝説”を塗り替えるのか。試合結果とともに、等々力のピッチに降り立ったカズのプレーから目が離せない。

9/23(水) 19:04 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/fbc1796b24528dfaac512bef961ccd73868a6ec8

写真
no title

【速報】#横浜FC 53歳の三浦知良選手 J1最年長出場記録 更新へ 

1: 2020/09/23(水) 17:17:34.04 _USER9
横浜FC 53歳の三浦知良選手 J1最年長出場記録 更新へ | サッカー | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200923/k10012631101000.html

横浜FC 53歳の三浦知良選手 J1最年長出場記録 更新へ
2020年9月23日 17時08分

サッカーJ1、横浜FCに所属する現役最年長53歳のカズ、三浦知良選手が23日夜行われる川崎フロンターレ戦の先発メンバーに入りました。
このまま試合に出場すれば元日本代表の中山雅史選手が持つ45歳2か月1日のJ1最年長出場記録を更新します。

※公式ツイッター
https://twitter.com/yokohama_fc/status/1308677596469760001

no title


【川崎フロンターレ戦スタメン】サッカーボール
GK:六反勇治
DF:瀬古樹 田代真一 小林友希 志知孝明
MF:中村俊輔 佐藤謙介 松井大輔 松尾佑介
FW:瀬沼優司 三浦知良

※関連スレ
【サッカー】カズが23日川崎戦で今季2度目ベンチ入り 出場なら4680日ぶり J1最年長更新も [首都圏の虎★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1600755207/
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

カズに最年長出場記録を更新された土屋征夫が明かした、カズからの心に刺さった言葉 

スクリーンショット 2020-08-06 23.21.45

カズ 53歳5カ月10日でルヴァン杯最年長出場記録10年以上更新!頭でシュート見せ場も得点ならず交代 

1: 2020/08/05(水) 20:35:53.33 _USER9
8/5(水) 20:30
スポニチアネックス

カズ 53歳5カ月10日でルヴァン杯最年長出場記録10年以上更新!頭でシュート見せ場も得点ならず交代
<鳥栖・横浜FC>前半、悔しそうな横浜FC・三浦(撮影・岡田 丈靖)
 ◇YBCルヴァン杯1次リーグ第2節 横浜FC―鳥栖(2020年8月5日 駅スタ)

 横浜FCのFW三浦知良(53)が5日、ルヴァン杯再開初戦となる1次リーグ鳥栖戦(駅スタ)で先発。下平監督(48)が明言していた通り2トップの一角で出場した。

 公式戦先発は昨年8月14日、天皇杯3回戦の横浜戦以来、約1年ぶり。DF土屋征夫(当時甲府)が17年5月31日鳥栖戦に先発した際の42歳10カ月0日のルヴァン杯最年長出場記録も更新となった。

 今季、グループステージは3試合へ縮小されたため、第1戦で黒星の横浜FCは負けられない試合。相手の鳥栖の先発には17歳のMF相良など若手のU-21の選手が3人名を連ねる中、三浦はキャプテンマークを左腕に巻いて出場。序盤から、精力的に走り、スライディングで止めに入る場面も。前半30分には右サイドでボールを受けたMF斎藤功が弾道の低いクロスをゴール前へ送り、三浦は体勢を崩しながらも頭で合わせる見せ場も作ったが、ボールはGK守田の正面で止められ、ピッチを叩いて悔しがる場面もあった。その後、途中出場の16歳、DF中野と37歳差で競り合う場面もあり、積極的なプレーを見せたが前半を0―0で折り返した。

 後半もピッチに姿を現したが、後半18分に交代。土屋が同年5月10日神戸戦で記録した42歳9カ月10日の最年長得点記録の更新はならなかったが、53歳の全力のプレーにスタンドから温かい拍手が送られた。

no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200805-00000208-spnannex-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索