Samurai Goal

暴行事件


スポンサード リンク





暁星学園サッカー部暴行事件 被害者家族が怒りの告発「ケンカじゃない。1対複数の集団暴行なんです」 

i=https%253




1: 2020/03/27(金) 10:55:52.73
2020年1月31日、東京都千代田区にある名門・暁星学園中学校のサッカー部で警察が介入するほどの暴行事件が起きた。暁星学園は完全中高一貫校で、出身者は東大卒の俳優・香川照之やサッカー元日本代表の前田遼一、ファッションデザイナーの菊池武夫氏など、各界で活躍している。「週刊新潮」(2020年3月5日号)は「中学2年生の部員2人がロッカーの取り合いで喧嘩になり、倒れ込み揉み合いに。やがてマウントをとられた被害者は顔面に大きな衝撃を受け意識を失った」という内容の記事を掲載している。

 しかし事件の真相はもっと深刻なものだった。被害者であるA君の家族は「この事件は1対1のケンカではなく、1対複数の集団暴行だったようなんです」と明かす。

生死の境を彷徨った……「この事件は1対複数の集団暴行」
「1対1の喧嘩から始まったようですが、周囲には少なくとも他に3人のサッカー部員がいました。Aから聞きましたが、気絶する前に喧嘩相手以外の足が伸びてくるのが見え、直後に大きな衝撃を受けて気を失ったと言うんです。その後、Aは集中治療室に運び込まれ、生死の境を彷徨いました。ただのケンカではなかったようなのです」(被害者家族)

 事件の発端は、小さな諍いだった。中学2年生のサッカー部員2人が、3年生が引退して空いたロッカーを誰が使うかで口論を始めたのだ。

「3年生が引退し、ロッカーが大量に空いたんです。それを誰が使うかということで、A君とB君が口論になった。口論で収まらなくなった2人は、BがAのサッカー用ズボンをプールに投げ込んだ。それに対抗し、AもBの靴とバッグを水で濡らしました」(目撃した生徒)

「蹴られた後、A君は動かなくなりました」
 しかしこのバッグはBのものではなく、周囲にいた別の部員のものだった。そのことにカッとなったC、D、Eが争いの輪に入り、揉み合いに発展していった。

「口論から揉み合いに発展する際、C君が鉄パイプでA君の背中を軽く殴りました。そこからヒートアップしていった。この鉄パイプは以前校内に落ちていたもので、パイプ内にビニール傘の骨を突っ込んでガムテープでグルグル巻きにして補強し、“武器”にしていた。それをみんなでプール横に隠していたんです。C君はそれを持ち出してきた。

 そこから1対4のような形になり、ついにはA君が転倒し、B君にマウント(馬乗り)を取られてしまった。そこへD君がA君の顔を思いっきり蹴ったのです。蹴られた後、A君は動かなくなりました」(同前)

A君が気絶した後も暴力は続いた
 倒れる前に互いの耳や鼻を引っ張り合っていたからか、A君は鼻血を出していた。そこへさらに顔面を蹴られ、A君は意識を失った。しかしA君が気絶をした後も、A君に対する暴力は続いた。

「次はC君が、気絶して動かなくなったA君の両手を引っ張って起こし、パッと手を離してまた倒れさせるということをしていました。周囲にいたB君、D君、E君たちは、A君がふざけて倒れたふりをしていると思っていたようです。しかし、何度手を引っ張っても起きない様子を見て、徐々に焦り出した。しかし、そんな状況でもB君は気絶している姿を面白がりスマホで写メを撮っていた。その後、A君がまったく目を覚まさないので先生を呼びに行くことになったのです」(同前)

意識不明の容態なのに……被害者の画像が校内に拡散されていた
 報告を受けた教師はAEDを持って現場に急行したという。夕方の16時30分頃、日が傾き周囲は暗くなり始めていた。現場の様子を聞いたというサッカー部員の保護者が語る。

「被害者が自発呼吸をしていたのでAEDは使わなかったようです。先生が到着して、その20分後には救急車で病院へ運ばれていきました。その日、A君は19時過ぎまで意識が戻らなかったそうです。そんな状況にもかかわらず、運ばれた直後の17時頃には被害者が気絶している画像が生徒内で拡散され、多くの生徒が画像を持っていた。そんな状況にゾッとしました。

 A君は意識が戻った後、約2週間、集中治療室から出ることができなかったんです。脳などに異常はなかったようで本当によかったですが、自分の息子が同じ目にあっていたかと思うと……。A君のご両親の気持ちを思うと、いたたまれません」

 生徒間で拡散された写真には、B君、C君、D君、E君に囲まれて気を失って倒れているA君の様子が写っている。写真の中のA君は、なぜか学校指定のリュックサックを背負っている。

「これはA君が自分のリュックが濡らされそうになったのを守るためだったと。そのリュックを背負っていたおかげで、マウントを取られた際に後頭部をぶつけないで済み、後頭部に外傷がなかったと聞いています」(同前)

3/24(火) 18:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200324-00036812-bunshun-soci

“名門”暁星学園サッカー部で暴行事件が起きていた 被害者には今も後遺症が 

1: 2020/02/26(水) 19:48:28.21
「お坊ちゃま校」とも
 全国大会に出場した経験もある名門・暁星学園(東京都千代田区)の中学サッカー部で暴行事件が起きていた。被害者は一時意識を失い、現在も後遺症があるという。

 ***

“事件”が起きたのは1月31日の部活動中。中学2年生の部員二人が、ロッカーの取り合いが原因で喧嘩になったことがきっかけだった。
二人は倒れこみ、揉み合いに。
やがてマウントをとられた被害者は顔面に大きな衝撃を受け、意識を失ったという。

 さる部員の保護者は、その後についてこう話す。

「救急車で都内の病院に運ばれた被害者の部員は、その日の19時過ぎまで意識が回復しませんでした。
幸い脳に異常はなかったものの、それから約2週間は集中治療室から出ることができなかったのです」

 その後、2月8日に開かれた保護者会で、サッカー部の監督は麹町警察による現場検証があったと語ったという。

だが、被害者の容態についての詳細はなかった。

 一時、練習が休止になったサッカー部だったが、現在は再開し、今に至っている。一方、被害者の傷は癒えていない。

「今も二重に物が見えてしまうという後遺症があると聞いています。また右膝から下が麻痺し、うまく歩くことができません。
そのため、松葉づえで登校しています」(被害者の親の知人)

ネットの掲示板で事件についての噂が広まっており、学校が生徒らにきちんと説明し、噂を払拭してほしい――という思いもあるようだ。

暁星学園に取材を申し込むも、警察の捜査を理由に「お答えできません」と答える。2月27日発売の週刊新潮で詳しく報じる。

「週刊新潮」2020年3月5日号 掲載

no title


2/26(水) 16:59配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200226-00610704-shincho-soci

https://youtu.be/t9vaK1fO2XM


校歌



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索