Samurai Goal

暴力


スポンサード リンク





<前名古屋のFWジョー>暴力行為で2試合出場停止…相手CBを背後から殴る 

1: 2020/09/16(水) 09:01:53.05 _USER9
ブラジルのスポーツ裁判所は14日、暴力行為を犯したとして前J1名古屋のコリンチャンスFWジョー(33)に2試合の出場停止処分を下した。

 ジョーは8月30日に行なわれたブラジルリーグ第6節のサンパウロ戦で、相手CBを背後から殴りつけ、両チームの選手がもみ合いになった。主審はこのシーンを見逃していたが、この日、スポーツ裁判所が処分を下した。

 2014年W杯に出場したジョーは、名古屋に入団した18年に33試合24得点を挙げてJ1得点王に輝いた。昨季はけがもあり、32試合で6点だった。今年1月に今季の契約を更新した後、春季キャンプはけがで不参加。2月の開幕戦も欠場して移籍を模索し、6月17日に母国の強豪コリンチャンスが復帰を発表した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/20f6a7fa742cb0358282aeb0ca54f0f5d6688ec7

写真
no title

本田圭佑 黒人への不当な暴力に抗議の黒い画面を投稿し「Peace」 

1: 2020/06/03(水) 14:02:14.46
 元サッカー日本代表MFの本田圭佑(33=ボタフォゴ)が3日、ツイッターに「Peace」という単語とともに真っ黒い画面を投稿した。

 黒い画面は米国で黒人男性が警察官に拘束された直後に死亡した事件を受け、人種差別や黒人への不当な暴力の反対を表明するもの。

 マライア・キャリーやジャスティン・ビーバーら米国のアーティストを中心にSNS上で世界的に広がり、テニスの大坂なおみも黒い画面を投稿している。

2020年06月03日 13時19分
https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/world/1885434/
no title

星稜高サッカー部総監督、部員への暴言・暴行で懲戒処分…「体罰ではない」と説明 本田圭佑ら指導も 

7e1bb677-s




1: ばーど ★ 2019/12/27(金) 20:28:27.95 ID:mqtolUYT9
金沢市の星稜高校サッカー部で、河崎護総監督(60)による部員への暴力や暴言があったとされる問題で、同校を運営する稲置学園は27日、「複数の暴言、暴行が認められた」として、河崎総監督を26日付で懲戒処分にしたと発表した。処分の内容は明らかにしていない。

同学園は調査委員会を設置して、河崎総監督らから聞き取り調査を実施。河崎総監督が部員に対し、日常的に「ばか」「まぬけ」などと暴言を吐いたり、頬を平手でたたいたりする行為などを複数回行っていたことを確認した。調査に対し、河崎総監督は「(暴言や暴行は)必要なものではなかったが、体罰ではない」と説明しているという。

河崎総監督は1985年に監督に就任。2015年1月には全国高校サッカー選手権大会で優勝に導き、元日本代表の本田圭佑選手らを指導した実績がある。

2019/12/27 20:12 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/national/20191227-OYT1T50209/

鹿児島の高校のサッカー部監督が部員に暴力 動画がネットに投稿される   

imagesN9P76ONL




1: すらいむ ★ 2019/10/10(木) 14:45:31.77 ID:qKC+lkvL9
高校のサッカー部監督が部員に暴力の動画 鹿児島

 鹿児島県出水市にある出水中央高校サッカー部の監督を務める男性教諭が、練習中に部員の生徒を蹴ったり、平手打ちをしたりしたことがわかりました。
 その様子が撮影された動画がインターネット上に投稿され、学校が詳しい状況などを調べています。

 動画は10秒余りで、サッカーの練習中に男子生徒が蹴られたあと、平手打ちされて倒れる様子が映っています。
 また「この体罰は出水中央高校サッカー部だそうです」などとコメントされています。

 出水中央高校が10日朝から関係者から話を聞くなどして調べた結果、動画は8日、学校のグラウンドで行われた練習の様子が撮影されたもので、生徒を蹴ったり、平手打ちをしたりしたのはサッカー部の監督を務める42歳の男性教諭であることがわかりました。

 教諭は、「生徒が聞く耳を持たなかったので、してはいけないとわかっていたが手をあげてしまった」と話しているということです。

 一方、暴力を振るわれた生徒は10日も登校しているということです。

 NHKの取材に対し、出水中央高校の中村暢志副校長は「今回、このようなことが起きてしまい非常に残念です。教員の処分を含めた対応を検討します」と話しています。

 出水中央高校は私立の学校で、サッカー部は、ことし5月に行われた「県高等学校男子サッカー競技大会」で準優勝するなどしています。

NHK NEWS WEB 2019年10月10日 14時40分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191010/k10012120951000.html

「重大なミスを犯した選手を監督が殴ったとする。これって、パワハラだろうか。」違う。勝つためだ  

4iAClgl9ifr3NaGd6ucQM9VIBBirhjrfDachiiLO




1: スズムシのなく頃に ★ 2019/08/31(土) 15:15:23.36 ID:vqry4dS59
2019年08月31日 05:30 スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/soccer/yomimono/column/kaneko/kiji/20190830s000023CF156000c.html

 重大なミスを犯した選手を監督が殴ったとする。これって、パワハラだろうか。

 違う、とわたしは思う。

 暴力は、“ハラスメント=嫌がらせ”なんて言葉で片づけられるものではない。当事者がどんな理屈を並べようが、恐怖による支配は指導者によるスポーツの破壊行為である。殴られる側が学生だったりする場合は、特に。

 そもそも、ハラスメントとは「やられた側が強い、あるいは凄(すさ)まじい不快感を覚え、やった側はちっぽけな自己満足を味わうだけ」の行為だとわたしは認識している。それによって何かが生み出されることもない。つまりは、まったくの不毛であり非生産的な行為。ゆえに世界中でハラスメントは非難される。

 では、重大なミスを犯したプロの選手を、プロの監督が激しく叱責(しっせき)したとする。言われた側が立ち直れないぐらいの激しい罵声を浴びせたとする。これって、パワハラだろうか。

 これも違う、とわたしは思う。

 マラソンの有森裕子さんは「わたしがやっているのはライス・スポーツですから」とおっしゃっていたことがあるという。一般的な市民が楽しむのが“ライフ・スポーツ”だとしたら、プロ・ランナーの自分がやっているのは、コメのため、食べるためのスポーツなのだ、と。

 Jリーグは、もちろんプロスポーツである。監督という立場にある人間は、自分の食い扶持(ぶち)だけでなく、選手やスタッフの未来に対しても大きな責任を負っている。クラブは一人の監督によって成り立っているわけではないが、しかし、クラブの構成員の中ではもっとも大きな責任を背負っているのも間違いない。

 そんな立場にある人間の罵声は、なるほど、飛ばされた側に強烈な不快感を与えただろう。だが、飛ばした側はちっぽけな自己満足を満たすためにやったのか?

 違う。勝つためだ。あるいは、勝つ可能性を高めるためだ。

 監督が選手やスタッフを叱責する行為がパワハラだというのであれば、02年の日本代表監督だったフィリップ・トルシエはパワハラの王様だった。いや、彼の場合は時に選手を突き飛ばしたりもしたから、パワハラの域をも超えていた。

 時代が違う?ならば、4年前のラグビー日本代表を率いたエディー・ジョーンズはどうか。彼も、選手やスタッフに相当な精神的負担を感じさせるタイプの指導者だった。

 では、トルシエやエディーのやり方は、パワハラだと非難されただろうか。やり方がけしからんと、謹慎を強いられただろうか。

 02年のトルシエも、15年のエディーも、率いていたのは言ってみれば平幕のチームだった。横綱や大関を倒すためには、強豪がやらないところまで選手を追い詰めなければならなかったのだろう。個人的には好きなやり方ではないが、しかし、その背景は理解できる。すべては勝つための手段であって、断じて個人的な自己満足のためではなかった、ということも。

 なので問いたい。ベルマーレでチョウ貴裁(チョウキジェ)監督がやったことは、パワハラだったのか。彼は、ちっぽけな自己満足のために、周囲を萎縮させていたのか、と。(金子達仁氏=スポーツライター)

【広島】名門高校サッカー部“暴力や性的嫌がらせ”で活動停止…卒業生が通報、3人が学校を休む 山陽高校  

1: ばーど ★ 2019/03/08(金) 20:48:51.91 ID:05YGyIPq9
高校サッカーの名門、広島市の山陽高校サッカー部で1年生部員が、上級生から暴力や性的嫌がらせなどを受けていたことが分かった。

広島市西区の山陽高校男子サッカー部は、全国高校選手権で優勝経験もある強豪。校長によると部室や寮で、1年生10人が3年生1人と2年生15人から暴力や性的嫌がらせなどを繰り返し受けていたという。先月末、「部内でいじめがある」と卒業生から学校へ通報があった。

被害者の親族によると、いじめは去年の夏頃から日常的になり、被害にあった部員のうち3人が精神的苦痛で学校を休んでいるという。

学校側は、7日までに被害者に謝罪し、サッカー部を今月から活動停止にした。

3/8(金) 19:52
日本テレビ系(NNN)
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190308-00000160-nnn-soci
no title

サッカーチームの監督が小学生2人の頭を蹴り傷害疑いで書類送検 

20181128-00000009-ryu-000-6-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索