Samurai Goal

明治安田生命


スポンサード リンク





<Jリーグ>明治安田生命との特別協賛契約に基本合意!「とても大きな金額」…再開日程は29日実行委員会で議論 

20200522-00010019-goal-000-2-view




1: 2020/05/23(土) 00:51:48.24
Jリーグは22日に第7回臨時合同実行委員会を開催し、終了後にメディアブリーフィングを行った。
明治安田生命保険相互会社との特別協賛契約に基本合意したこと、再開日程に関しては29日に議論されることが報告されている。

2015年からタイトルパートナーとしてJリーグを支えているだけでなく、全56クラブと個別スポンサー契約をしている明治安田生命。
22日には、新たに特別協賛し「とことん!地元応援キャンペーン with J」と連携して各地でクラブと協力しながら、「みんなの健活プロジェクト」として地域の人々の健康促進、
「地元の元気プロジェクト」として地域活性に貢献するための活動を実施することが発表された。

ブリーフィングではまず、Jリーグ事業統括本部の出井宏明氏が「相互会社としてお互い支え合うということで少しでも地域を支えられればということでご協賛いただいている」と説明し、感謝をコメント。
また、Jリーグの理念である“地域密着”を支える特別協賛について、村井満チェアマンは明治安田生命の取締役代表執行役社長を務める根岸秋男氏から
「『ファン・サポーターの今までJリーグを支えてくださった方々に恩返しできるように』という言葉を頂きました」と明かした。

また、ウェブカメラを通じて、明治安田生命から贈られた地域のファン・サポーターとともに行った活動の模様が載せられたフォトパネルを紹介している。

さらに、この新型コロナウイルス禍でも地域活動を続けるJリーグクラブをサポートするために「とても大きな金額で特別協賛いただきました」とも発言。
具体的な金額については明言を避けたが、「56クラブがホームタウン活動をやっているが、少なくともその活動を明治安田生命様と一緒にやっていけるような金額」と、かなり大きな規模であることを示唆している。

そして、村井チェアマンは再開日について今回の実行委員会では「決定していませんし、具体的な議論もしていません」と明言しながらも、最低でも試合再開の「4、5週間前」から練習する期間を設ける予定であると語った。
日程を決定する時期についても「29日の実行委員会の場で議論をしたい。そこから再開日が決議されることで日程が決まるが、いずれにしても詳細な日程は決まっていない」と改めて強調している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200522-00010019-goal-socc

Jリーグ大規模再延期も…両スポンサーから温かい声!「全面的に協力する」「Jリーグを支える」 

1: 2020/03/12(木) 18:22:26.11
日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は12日、3月中に予定されていた全公式戦の開催中止を正式に決議した。終了後、村井満チェアマンが記者会見を行い、「予断を許さない状況が続いているが、関係者と連携して準備を進めて参りたい」と語った。

 新たに延期が決まったのはJ1リーグ第5~6節(計18試合)、J2リーグ第5~7節(計33試合)、J3リーグ第3~4節(計18試合)の合計69試合。2月25日の定例理事会でも、同日から今月15日までの全公式戦延期を決議しており、合わせて163試合の開催が持ち越しとなった。

 現状の再開日は4月3日のJ1第6節。それでも村井チェアマンは「再開はリーグだけで決められるものではなく、臨床のデータを見ながら、専門家の助言をいただきながら進めていく。一方で観戦者を守るという観点でも、ファン・サポーターと協力しながら運営していく点が多々ある」と述べ、再開にあたってはファン・サポーターの協力が欠かせないことを強調した。

 また延期続きで「フィジカル、メンタルを維持するのが大変な状況が続いている」選手たちのケアにも取り組んでいる。12日中にもチェアマンが語りかける形で「再開しても過密日程が続くことが予想されるが、どうか身体を作っておいてください。また家族とともにコロナと向き合ってください」といったビデオメッセージを発信する予定だという。

 なお、現状予定する4月3日再開の場合は「大きな日程の変更はない」と村井チェアマン。また「ギリギリのタイムリミットとは考えていない。大会方式の変更なく、日程変更で4月中旬までは行ける余裕を残している」と述べ、さらなる延期があったとしても大会自体の開催が揺らぐ事態には至らなそうだ。

 さらにスポンサーからの温かい声も寄せられた。明治安田生命保険からは「露出が変わったり、試合日程が変わったり、無観客があったり、試合日数が変わったり、いろんなことが考えられるが全面的に変わりなく協力する」とサポートを約束。

またルヴァン杯スポンサーのヤマザキビスケット社からも「どういう局面になってもJリーグを支える」との旨を伝えられたという。

 そうした声も受けながら、延期続きで資金が滞っているクラブの支援も明るい見通しだ。「現時点で危機的な状況はない。前倒しして配分金を与えられるような制度の整備も進めている」。そう強調した村井チェアマンは「日程を変えずに進めていく予定だが、ありがたい声をいただいている。クラブが苦しくてもリーグ全体で支えていく」と力を込めた。

3/12(木) 18:04配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200312-43478932-gekisaka-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索