Samurai Goal

昌子源


スポンサード リンク





【G大阪】やはり別格だった昌子源。“Jリーグ最強3バック”完成への道筋は見えたか 

スクリーンショット 2020-08-09 16.16.44

【G大阪】昌子源が待望のG大阪デビューへ! 5日のルヴァン杯・大分戦 

スクリーンショット 2020-08-04 15.53.09

“新加入”昌子源が明かしたG大阪と鹿島の大きな違い「ヤットさんにモノを言える人がいない」 

1: Egg ★ 2020/02/15(土) 08:04:09.18 ID:vr1LzKEz9
「開幕前にしてはフワッとしている」

写真
no title

Jリーグのキックオフカンファレンスで取材に応じてくれたG大阪の昌子

「鹿島に恩は感じていたけど、タイミングもあって、ジュニアユースの時にお世話になったガンバに移籍することに決めました」

【キックオフカンファレンスPHOTO】ステージ編|イニエスタやカズが登壇!J1全18チームが一堂に集結!

 1年半プレーしたリーグ・アンのトゥールーズを退団し、2月3日にガンバ大阪と電撃契約を交わしたのが昌子源だ。比較的大人しかった今季の移籍市場で、最もインパクトを与えた移籍のひとつと言っていいだろう。

 7シーズン半に渡ってプレーした鹿島ではなく、ジュニアユース時代を過ごしたG大阪への復帰を果たした日本代表CBは、14日に行なわれたJリーグのキックオフカンファレンスのなかで、その新天地の印象をこう表現した。

「正直、思ったより静かだなと。開幕前にしてはちょっとフワッとしているかなと個人的には感じています。鹿島はもう少しピリッとしていた。これがガンバのスタイルなのかもしれないですけど……」

 なかでも気になったのは、練習時のこんな場面だった。

「ゴール前でミスをしてあわや失点というシーンがあって、結局ゴールにならなかったからなのか、(ミスをした選手に対して)誰も何もいわなかった。僕のなかでは、それはありない。まだリハビリをしてる立場だったんで、その時は言うのを我慢しましたが、『そんなプレーを試合でするのか』という感じだった」

 年齢に関係なく、指摘し合う。それが鹿島では当たり前だった。
 
「鹿島の時は(小笠原)満男さんにも言っていたし、満男さんもそれを期待してくれていた。ヤットさん(遠藤保仁)も同じ考えだと思う。ヤットさんにモノを言える人がいないような雰囲気になっていると思うので、そこは変えていきたい」

 気になった点は、キャプテンのDF三浦弦太やベテランのGK東口順昭に伝えている。逆に「弦太から『今日の練習ピリッとしてました?』と訊かれることもある」という。

「ガンバは4年ぐらいタイトルから遠ざかっていますが、優勝争いをしなければならないチーム。本来いるべき位置に戻さないといけない。攻撃的なイメージはありますけど、それも守備の安定があってこそ。その手助けを僕がしたい。セットプレーではゴールを狙いたいし、チームを勝たせられるセンターバックでありたい」

 豊富なタレントを抱えながら、2015年の天皇杯制覇以来、タイトルから遠ざかっているチームにとって、鹿島で数々のタイトルを獲得してきた男の加入は、計り知れないプラスアルファをもたらすかもしれない。

2/15(土) 6:10配信サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200215-00069712-sdigestw-socc

「選手ファーストじゃなかった」「3か月休むと給料が…」G大阪・昌子源が語った日本復帰の真相 

20200214-00069694-sdigestw-000-5-view[1]




1: 数の子 ★ 2020/02/14(金) 19:30:48.17 ID:faKFrBuy9
2月3日に正式発表された昌子源の日本復帰は、ファンに衝撃を与えた。

 復帰先が鹿島アントラーズではなく、ジュニアユース時代を過ごした“もうひとつの古巣”ガンバ大阪だったこともそうだが、まだ27歳で日本に帰還するには早すぎるタイミングだったからだ。

 2月14日に行なわれたJリーグのキックオフカンファレンスに登場した昌子は、1年半でトゥールーズを退団した理由について、「選手ファーストじゃなかった」と切り出し、こう続けた。

「足首の怪我が長引いていた。最初の診断ではこんなにかかるはずじゃなかったのに、4か月もかかった。いまでこそカズさん(三浦知良)やヤットさん(遠藤保仁)みたいに長く現役を続けている方もいますが、選手寿命は平均的に短い。例えば、35歳までどれだけ100パーセントできるかと考えたら、メディカルスタッフとの関係はとても大事。だけど、トゥールーズとは合わなかった」
 
 2019-20シーズンはその足首の怪我に悩まされ、1試合しかも45分しかプレーできなかった。

「『骨と靭帯には異常がないからプレーしろ』と言われたけど、痛みがあった。『日本で診察したい』と言ったら始めは『ノー』と言われた。何とか了解を得て、日本で診てもらったら、違う診断だった。詳しくは言えないですけど、それをクラブに伝えたときの返答にも違和感を持った」

 その後、日本で治療したいと訴えたところ、許可が下りなかったという。

「治るというイメージが見えなかった。トンネルの出口が見えない感じ。トゥールーズのことを悪く言うわけではないですけど、実質的に診断ミスみたいな感じだったので……」

「自分のことを一番に考えてくれていない」

 そう感じたことが、退団を決意したいちばんの決め手となった。

 欧州内での移籍も視野に入れ、他のクラブでプレーしたことがある選手に連絡して情報を集めたが、「移籍したところで、そこのメディカルスタッフが良いかどうかはわからなかった。完治するまで待つという選択肢もあったけど、それまでの時間が無駄だと思った」

 さらに、リーグ・アンには3か月プレーしていないと給料が支払われないという規定があったという。

「僕も家族がいるので、いつ復帰できるかわからないなかで、無給というのは正直厳しかったですね」

 こうして、日本へ復帰することを決断した昌子。コンディションが気掛かりだが、横浜F・マリノスとの開幕戦については、「まだ1週間あるし、プロである以上そこを目指してやっている」とし、出場に含みを持たせた。

 フランスでの経験を経た日本代表DFが、久々のJの舞台でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。大いに注目だ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200214-00069694-sdigestw-socc

昌子源、帰国の理由は「罪悪感とホームシック」と地元紙。今季は負傷に苦しむ 

20200206-00361181-footballc-000-1-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2020/02/07(金) 21:21:22.58 ID:TIKxx2nC9
 フランス1部のトゥールーズに所属していた日本代表DF昌子源は、ガンバ大阪に加入してJリーグに復帰することが決定した。トゥールーズ地元紙『ラ・デペシュ』は、「罪悪感とホームシック」が退団の理由だったと述べている。


 昌子は昨年1月に鹿島アントラーズからトゥールーズへ完全移籍。すぐに不動のレギュラーに定着し、デビュー戦からシーズン終了までの公式戦全20試合に先発フル出場を果たしていた。

 だがさらなる活躍を期待された今季はリーグアン開幕直前に負傷。昨年9月25日の第7節アンジェ戦で復帰を果たしたが、この試合で再び負傷してしまい、そのままトゥールーズでは復帰できないまま退団となった。

 地元紙が得たとされる情報にすれば、昌子はピッチ上でプレーしてチームを助けられないことに罪悪感を感じていたという。2度目の負傷はクラブにより「重度1の捻挫」と発表され、2週間から3週間の離脱という見通しが伝えられていたが、そこから4ヶ月間プレーすることができなかった。

 もうひとつの理由として、昌子は「西洋文化への順応に苦戦していたことも退団の大きな要因になった」とされている。いずれにしても、ジュニアユース時代を過ごした古巣でもあるG大阪で再起を図ることが期待される。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200206-00361181-footballc-socc

「鹿島に恩義は感じるが…」G大阪加入の理由を語る昌子、「逆立ちしても勝てない」選手の存在も明かす 

20200205-43477908-gekisaka-000-2-view[1]

G大阪・昌子源が入団会見 リーダー役に名乗り「チームは違えど還元できる」 

20200205-00000164-spnannex-000-3-view[1]

<ガンバ大阪>仏1部トゥールーズから元日本代表DF昌子源を獲得 

kyodo_kd-newspack-2020020301002673_0-enlarge[1]




1: Egg ★ 2020/02/03(月) 21:43:50.07 ID:B9Gp3BXH9
 J1のG大阪は3日、フランス1部リーグのトゥールーズから元日本代表DF昌子源(27)を獲得することが決まったと発表した。

 昌子は兵庫県出身でG大阪の下部組織にいた経験もある。鳥取・米子北高からJ1の鹿島に入団。2018年のワールドカップ(W杯)ロシア大会では日本代表の主力として16強入りに貢献した。19年1月にトゥールーズに加入したが、今季は出番が激減していた。

共同通信 2020年2月3日 21時36
https://news.infoseek.co.jp/article/kyodo_kd-newspack-2020020301002673/

<ガンバ大阪>DF昌子源(トゥールーズ)を獲得へ…海外挑戦にひと区切りつけJでの再起検討 

1: Egg ★ 2020/01/31(金) 06:33:23.52 ID:pi0TxtjV9
 G大阪が日本代表DF昌子源(27)の獲得を目指し、フランス1部トゥールーズに完全移籍での獲得オファーを出したことが30日、分かった。昌子は負傷に苦しんだ約1年の海外挑戦にひと区切りをつけ、Jリーグでの再起の検討。中学時代まで下部組織に在籍したG大阪が、守備の要として獲得を熱望し交渉に入っている。18年ロシアW杯で日本代表の主軸を担ったセンターバックが、5年ぶりのタイトルを目指すG大阪に加わる可能性が高い。

 日本屈指のセンターバックがJリーグ復帰を決断する可能性が高まった。今季フランスで足首や太ももの負傷を繰り返していた昌子は、コンディション面の問題を解決するために日本での再起を検討。獲得オファーを出したG大阪とトゥールーズ間では、完全移籍へ向けた交渉が前向きに進められているという。

 昨冬に鹿島からトゥールーズに完全移籍し、すぐにレギュラーポジションを奪うなど順調なスタートを切った。昨季は半年間でリーグ戦18試合に出場し、19年4月にはフランス代表FWエムバペらを擁する世界的強豪・パリSGとの対戦も経験。「世界最高峰の選手と対戦できる機会は、なかなかない。いろいろなトライができた」と話すなど、ハイレベルな環境でさらなる成長を目指していた。しかし今季は負傷に苦しみ、リーグ戦出場はわずか1試合。昨年9月の出場を最後に、ベンチ外の日々が続いていた。

 一方でG大阪は昨季、残留争いに巻き込まれ、最終的には7位まで浮上したが4年連続の無冠に終わった。48失点は10位。3シーズン目の指揮となる宮本恒靖監督(42)の下、今季はタイトル獲得を至上命題とする中で、リーダーシップと実力を兼ね備えたセンターバックの補強を模索。オファーを出した川崎DF奈良竜樹は鹿島と競合の末に敗れるなど、補強は順調に進まない中で、起死回生の一手として昌子にオファーを出した。すでにチームは沖縄キャンプ等で開幕に向けた準備を進める一方、最大の案件に全力を注いでいる。

 神戸市出身の昌子はかつて、G大阪ジュニアユースに所属していた。同期のFW宇佐美貴史らとともにプレーしたが、中学3年時に退団。米子北高を経て鹿島でプロとしてのスタートを切り、日本代表へ上り詰めた。フランス移籍以降は負傷の影響もあり、昨年6月を最後に日本代表から遠ざかっているが、コンディションさえ戻れば実力に疑いはない。

 昌子は育ててくれた鹿島への恩義を強く感じているが、今回はチーム編成とのタイミングが合わず、具体的な動きに至っていない。東京五輪のオーバーエージ候補にも挙がるなど、DF吉田麻也(サウサンプトン)に次ぐ次世代のDFリーダーとしての資質も兼ね備えた27歳。欧州での苦い経験も糧に“古巣”再建に挑むことになりそうだ。

 ◆昌子 源(しょうじ・げん)1992年12月11日、神戸市生まれ。27歳。フレスカ神戸でサッカーを始め、G大阪ジュニアユースを経て米子北高へ進学。11年に鹿島入り。対人守備、スピード、フィード力を備えたセンターバック。18年ロシアW杯では日本代表の主力として16強進出に貢献。19年1月にフランス1部トゥールーズに移籍。フランス1部19試合0得点、J1通算157試合8得点、国際Aマッチ18試合1得点。180センチ、73キロ。

1/31(金) 4:00 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200131-01300231-sph-socc

写真no title

昌子源が再び負傷。復帰目前で足首を痛める  

20191109-00346852-footballc-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/09(土) 07:01:43.73 ID:Hd9hl91K9
トゥールーズのDF昌子源の復帰が先延ばしになりそうだ。
アントワーヌ・コンブアレ監督の会見の様子を『フランス・フットボール』が伝えている。

昌子は今季開幕直前の負傷で出遅れたあと、9月25日のアンジェ戦で復帰を果たした。
しかし、この試合で再び負傷して離脱。足首を痛めて欠場が続いていた。

その負傷がようやく癒えてきた昌子だったが、再びケガを負ってしまったという。
コンブアレ監督は「今週戻ってくるはずだったが、彼は足首を捻ってしまい、腫れている」とコメント。
詳細は検査結果を待たなければいけないとしつつ、今週末のプレーはないと語った。

トゥールーズは現在、リーグアンで18位に低迷中。10日の第13節は、アウェイでモンペリエと対戦する。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191109-00346852-footballc-socc
11/9(土) 6:25配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索