Samurai Goal

日本


スポンサード リンク





乾貴士が去就に言及「来季は絶対にエイバル」「最後は日本でという気持ちは昔からある」 

20200717-07170245-sph-000-5-view-1

岡崎慎司への日本とスペインの評価の違い。 「泥臭い」「献身的」ではない 

20200718-00900110-sportiva-000-5-view




1: 2020/07/18(土) 19:18:32.36
「明日には、日本中のテレビでこの映像が流されるだろう。昇格を決めた試合。オカザキ(岡崎慎司)の記念碑的なスーパーヒールシュートだ!」

 スペイン大手スポーツ紙『アス』は、Webサイトのニュース記事にその映像を付け、そう見出しを打っている。

 7月17日、リーガエスパニョーラ第41節。ウエスカは本拠地エル・アルコラスにヌマンシアを迎え、岡崎の得点などで3-1と下している。この勝利で、自動昇格圏の2位以内が確定。昨シーズン、1部から降格したが、1年で戻ることが決まった。

 1部昇格を自らのゴールで祝した岡崎慎司(34歳)のスペイン挑戦1年目とは――。

 岡崎はウエスカのエースとして、昇格の決め手になっている。36試合出場、12得点。チーム得点王で、数字も文句なしだ。

 昇格を決めたヌマンシア戦のゴールは、その真骨頂だった。

 77分、右サイドに出たパスに走り込んだ味方FWラファ・ミルとの呼吸を合わせる。岡崎自身もゴールへ向かって走りながら、一度ファーに逃げるような動作で敵の裏をとる。そして一瞬で、ニアサイドにスペースを見つけ出す。折り返してきたボールは体の後方に流れたが、体を柔らかく畳み込んで右足のかかとに当て、コースを変えてネットを揺らした。

「Listeza」(利発さ、鋭敏さ)

 岡崎の特徴は、スペインではしばしばそう語られる。ゴールに向かって、明快なプレーができる。サッカーは人とボールが絶え間なく動き、スペースが広がったり、狭くなったりするスポーツだが、その中で正しい選択ができる。味方の癖を見抜き、敵の弱点をついて、空間を正しいタイミングで動くことができる。準備の時点で、ほとんど勝利=ゴールしているのだ。

 しかし、岡崎はエゴイストではない。周りの選手のよさを引き出すことができる。日本では「がむしゃら」「泥臭い」「献身的」と括られるが、スペインの識者の間では、表現は「スマート」「賢い」「美しい」と語られる。その利発さによって、どんなチームでも、どんなチームメイトとも呼吸を合わせられるのだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bd5fc0aa2db94bae794f063701287c7513fbdd4c

>>2以降に続く

乾貴士が去就に言及「来季は絶対にエイバル」「最後は日本でという気持ちは昔からある」 

20200717-07170245-sph-000-5-view




1: 2020/07/17(金) 20:42:37.46
【エイバル(スペイン)16日=豊福晋】エイバルのMF乾貴士は、ホームのバリャドリード戦に先発出場し、今季2点目のゴールを決めた。チームは3―1で勝利した。

*  *  *

 乾は来季の去就について、「絶対にエイバル」と残留を明言した。エイバルとの契約をあと2年残しており、「2シーズンやって、その後はわからないですね。クラブが契約を延長してくれるのなら、その年にはカタールW杯もあるから、2022年の冬まででもいいからこっちでプレーしたいという思いもある」と明かした。

 さらに「それが終わったら日本かな。最後は日本でやりたいという気持ちは昔からある。ただ、スペインでやりきったとその時に思ったら、別にその必要もないかもしれないし、分からないですね」と語った。
報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/e2a80fd9b5d55254224cfcbb249f5372ca770f4a

【悲報】サッカー韓国代表、ガチで全盛期が来てしまう。これもう日本ボッコボコにされるだろ 

20200421-00000056-reut-000-1-view




1: 2020/06/16(火) 19:16:10.54
ソン・フンミン→説明不要。アジア最強、いや世界最強ストライカー
ファンヒチャン→ザルツブルクでは南野が控えでヒチャンが圧倒的エースだった
イガンイン→マジョルカで燻る久保をバレンシアから高みの見物。アジア若手期待の星
キムミンジェ→移籍金20億円でアーセナル移籍のアジア最高DF。しかも23歳と若い。
チョヒョヌ→ワールドカップで一躍名を轟かせたアジア最高キーパー



どうするんやこれ…………
日本ボコられるやろ

“日本の至宝”久保建英「10年総額15億円」スパイクメーカーが争奪戦! 

20200616-01905888-tospoweb-000-8-view

<フォルラン>日本への愛を語る!「いつか日本で監督に」「日本で長期間の旅行をしたい」 

1: 2020/06/12(金) 18:46:50.04
ペニャロールを率いるディエゴ・フォルラン監督が、将来的な日本復帰に意欲を示した。

現役時代、マンチェスター・ユナイテッドやビジャレアル、アトレティコ・マドリーなどでプレーしたフォルラン監督は、2014年からセレッソ大阪に在籍。初年度に降格も経験したウルグアイのレジェンドは、約1年半で公式戦51試合に出場して19ゴールをマークした。

2019年8月に現役引退後、現在は母国クラブのペニャロールを率いるフォルラン監督。ラ・リーガ再開直前に『Goal』のインタビューに応じた同監督は、日本でプレーしていた時期について問われると、「とても良い思い出ばかり。セレッソ大阪に在籍し、本当に美しい時間だった。ゴールもいくつか決めることができたし、もう少しいたかったね。でも、契約が終了することもあって離れなければならなかった」と語り、指導者として日本に戻ってくることに意欲を示した。

「いつか、機会があれば是非とも監督として日本でやってみたい」

「日本の人々やクラブ、ファンの方が自分に良くしてくれたことは本当に良い思い出。仕事で戻れる機会があれば本当に嬉しい。でも、そうでなくても子どもを日本に連れて行きたいね」

「私がプレーした時は結婚したばかりだったけど、今は3人も子どもがいる。子どもたちの成長を待って、日本で長期間の旅行をしたい。自分たちがどのように生活し、どのように日本を楽しんだか。知っている場所を全部教えてあげたいな」

なお現在、ウルグアイリーグは新型コロナウイルスの影響で中断中。フォルラン監督は、「ウルグアイの状況は悪くなく、割と普通の生活ができているよ。数日以内に練習を再開し、8月にはリーグも再開する見通しだ。選手たちには自宅練習の宿題を課している。この日々を無駄なく過ごし、戻りたいね」と、リーグ再開に向けて前を向いていた。

6/12(金) 17:31 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/277bc97b1777e872a2b1429807b6f6ef0ee86fdb

写真
no title

<23年女子W杯招致評価>日本わずか届かず2位…「豪州&ニュージーランド」がトップ 

1: 2020/06/11(木) 08:35:06.42
国際サッカー連盟(FIFA)は10日、2023年女子W杯の招致で3候補の評価報告書を発表した。初開催を狙う日本は競技場や宿泊施設など各項目を5点満点で評価した平均が3.9点で、共催を目指すオーストラリアとニュージーランドの4.1点に次ぐ2番目だった。コロンビアは2.8点。

 17項目にわたるリスク評価で日本は「政府支援」と「持続可能性」の2項目が中程度のリスクと判断され、それ以外は低リスクとの評価を得た。オーストラリア・ニュージーランドは政府支援のみが中リスクだった。コロンビアは商業面が高リスクと判定され、11項目で中程度のリスクとされた。

 出場枠が24チームから32チームへと拡大する23年大会の開催地は、25日のFIFA理事会で決まる。ブラジルも立候補していたが、撤退した。日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「日本は23年の女子W杯を迎える準備ができている。大会を成功に導くことができると確固たる自信を持っている」との談話を出した。

6/11(木) 6:00 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/777dc61111e0d2fa9fedcd0cb1883b5635fbb332

写真
no title


【サッカー】<ブラジル>FIFA女子ワールドカップ2023招致棄権!日本、コロンビア、豪州&NZの争いに... [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1591703843/

新助っ人Jリーガーが絶賛!「日本は世界有数の先進国、最高の治安と優れた文化がある」 

20200610-00266345-soccermzw-000-2-view




1: 2020/06/10(水) 09:41:12.37
今季からJ1ベガルタ仙台に加入したポルトガル人FWアレクサンドレ・ゲデスは、シーズン開幕前に負傷離脱し、新型コロナウイルス騒動に直面したなか、「日本に来たことを後悔したことは一度もない」と明かしている。ポルトガル紙「A BOLA」が伝えた。

 現在26歳のゲデスはポルトガルの世代別代表を経験し、2013年にはU-19欧州選手権で得点王に輝いた。スポルティングB、レウス、CDアヴェスなどを経て、2018年からヴィトーリアSCでプレー。そして今年1月6日、仙台移籍が決定し、公式サイトを通じて「加入することが決まり、とてもうれしく思います。仙台のために全力で戦い、新しいチャレンジの成功を目指します」と抱負を語っていた。

 そんなゲデスを二つのハプニングが襲った。負傷とコロナ禍だ。1月24日の練習試合のウォーミングアップ時、ゲデスは右足首の靭帯損傷で全治約8週間の負傷。その後、シーズンが開幕するも、新型コロナウイルスの影響で直後に中断が決まった。

 母国紙から「不運だったか?」と問われたゲデスは「非常に複雑な状況だった」と吐露。「日本に来て怪我をして、最初の2試合は欠場した。ようやくプレーの準備ができた時、ウイルスの感染拡大によりJリーグは中断した」と振り返っている。

 そのなかで日本移籍を後悔しているかとの質問が飛び、ゲデスは「自分が望んでいると確信していなければ、行くという決断はしない」と断言。「多くの国からオファーを受けたなか、もちろん金銭面もあったが、決してそれだけではない」と続け、さらに移籍の理由を口にした。

「日本は世界有数の先進国であり、最高の治安と優れた文化がある。ここに来たことを後悔したことは一度もない」

 新型コロナウイルスで中断していたシーズンの再開が決まり、6月27日からJ2とJ3リーグ、7月4日からJ1リーグが無観客試合で始まる。新天地で活躍が期待されるゲデスのプレーに注目が集まりそうだ。

6/10(水) 7:30フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/d135f6617b577eb4543a1bcd5109e8840ea15052

写真
https://amd.c.yimg.jp/im_sigg8wyHew7hHqPtRZO2GNGCvQ---x640-y427-q90-exp3h-pril/amd/20200610-00266345-soccermzw-000-1-view.jpg

日本が世界的にサッカー強国じゃないのなんで? 

images000




1: 2020/06/10(水) 00:26:30.26
人口多いのに世界的なスターも出ねーしベスト16が限界なんでなん?
※前スレ
日本が世界的にサッカー強国じゃないのなんで?
https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1591713405/

「日本のチームに行く話もあった」 オランダの英雄フリット、Jリーグ創設時の噂に言及 

1: 2020/06/09(火) 08:15:41.84
「BBC」でチェルシーに移籍した1995年当時を回顧

 元オランダ代表FWルート・フリット氏が、イタリアからイングランドに渡ったのは25年も前のことだ。
当時はセリエAが世界最高峰のリーグであり、プレミアリーグは現在ほどの盛り上がりを見せていなかった。
キャリアの晩年でチェルシーへ移籍したフリット氏が、英公共放送「BBC」で当時を振り返っている。

フリット氏は自身がイングランドに渡った1995年が、プレミアリーグにとって一つの転機になったと語っている。

「あの夏は、もしかしたらプレミアリーグが現在のように変わっていく第一歩だったかもしれない。
当時はイタリアが王様だった。最高の選手は、みんなそこにいた。
イングランドは欧州でトップレベルに戻るために、海外から多くの選手を獲得しようとした。
デニス・ベルカンプ、ダビド・ジノラ、ジュニーニョ(・パウリスタ)は、私と同じ時にイングランドに来たんだ。

 私個人としては、冒険という感覚だったね。もうすぐ33歳になる時で、長きにわたってトップでプレーを続け、多くのものを勝ち取ってきた。
なかには、引退後に備えて年金を稼ぎに来たと思った人もいたかもしれない。でも、彼らは間違っていたね」

 1995年というと、日本のJリーグができて間もない頃。
欧州ではフリットの日本行きも噂されていたという。
だが、「チェルシーはパラダイスだった」というフリット氏は、他クラブとの交渉が進展していなかったことを明かしている。

「新聞では、いろいろな国のいろいろなチームへの移籍が報じられた。
バイエルン・ミュンヘンは一つだったし、ガラタサライもあった。モナコ、フェイエノールト、さらには日本のチームへ行くという話さえ出ていたね。

でも、どのクラブとも話し合いをしていない。1995年の5月にミラノで(当時チェルシー監督の)グレン(・ホドル)と会い、契約することを決めたんだ」と、説明している。

選手年俸の高騰にも意見 「多くの金額を貰い過ぎている選手がいる」

それまで黄金時代を過ごしたACミランやサンプドリアでは、攻撃的なポジションでプレーしていたフリット氏だが、
チェルシーではスイーパーの位置でプレーした。これは、彼自身の提案によるものだったという。

「チェルシーでスイーパーとしてプレーするように言ったのは、グレンじゃないんだ。
あれは加入する際、私が提案したんだ。攻撃的MFとしてプレーしていたイタリア時代とは異なり、後ろでプレーしたかったんだ。キャリアの最初は、あのポジションを務めていて大好きだったからね」

 だが当時、“キック・アンド・ラッシュ”が主流だったイングランドで、ボールをつなぐことを望むフリットのスタイルは、受け入れられなかったという。

「問題は、私は当時のプレミアリーグであのポジションを務めるには、適していなかったんだよ。
ロングボールがペナルティーエリア内に蹴られてくると、私はそれを胸でトラップして、そこから組み立てようと周囲を見渡すんだ。
するとグレンに『ルディ(フリットの愛称)、ノー、ノー、ノー。
君がやりたいことは理解できるよ。でも、他のDFが困ってしまうんだ』と、注意されたんだ。
今のプレミアリーグのDFは、最終ラインから組み立てようとしているから、現在なら機能しただろうけどね」

 その後、チェルシーで選手兼監督を務め、解任された後には、ニューカッスルを率いたフリット氏は、新型コロナウイルスによる被害拡大は、クラブが経営面を見つめ直すタイミングだと感じているという。

「私からすると、今のイングランドには、それほど上手くもないのに、あまりにも多くの金額を貰い過ぎている選手がいる。
大スターが、大金を得るのはOKだ。でも、そこにかすりもしない者も、大金をもらっている。
お金はプレミアリーグを良い意味で変えてきた。
でも、こうした事態が再び起きて、現在と同じ金額を使い続けていれば、多くのクラブは破産するだろう。気を付けなければいけないし、やり方を変えるべきかもしれないね」

 イングランドのサッカー界に、少なくない影響を与えたフリット氏。「イングランドに行ったことを少しも後悔していないよ」と言う彼が、もしJリーグに来ていたら、日本のサッカーの歴史も、また変わっていたかもしれない

https://news.yahoo.co.jp/articles/efd0480eb060a48cd8175ddb1835f593cf1ea671

6/9(火) 7:30配信

no title


https://image.middle-edge.jp/medium/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索