Samurai Goal

日本代表


スポンサード リンク





「香川ら海外組はウカウカ出来ない」城氏がベテラン勢へ警鐘を鳴らす!! 

1 2018/09/13(木) 23:48:06.66 _USER9
森保ジャパンは見事な船出を飾った。点数をつけるなら100点でいい。日本と同じく世代交代をはかっているコスタリカのメンバー構成や、その実力は、W杯出場チームのそれではなかったが、「どんなサッカーを見せてくれるのか?」と、疑心暗鬼だった3万3891人の大阪のファンの目を釘付けにした。新鮮だった。ワクワク感と、期待感を抱かせる自由な発想に満ちたサッカーである。

 ピッチに躍動感を作ったのは、連動と連携、そして、ダイレクトプレーを多用したタテへの攻撃意識の徹底である。北海道胆振東部地震の影響による準備不足もあって、森保監督は、本来、得意とする3バックではなく、慣れ親しんだ「4-4-2」の布陣を組んだ。
 左のサイドハーフに中島、右に堂安、小林、南野は、2トップというより、小林をワントップに、南野を1.5列目くらいに置いて自由にさせていた。中島、南野、堂安の3人に小林が絡むアタッカー陣の連携力とアイデア、特に中島、南野の海外組2人のドリブルを絡めた仕掛けが傑出していた。

 中島は左サイドで張りながらボールを持つと45度の角度で切り込み、そこからシュートか、パスかを選択する。アタッキングゾーンの前に、スペースがあれば、必ずドリブルで勝負を挑んでいく。その駆け引きと、ゴールへの執着心が抜群によくなっていた。FC東京でくすぶっていたときに取材する機会があったが、常に上を目指し探究心を失わない、その高いモチベーションに驚かされたことがある。

 「海外でプレーして突破力を身につけたい」と目標を持っていた。ポルトガルでプレーして1年、間違いなく進化、成長した。
 中島が、カットインして切り返すと、そのタイミングを狙って同時に、南野らが動き出す。ひとつのパターンというか、中島の癖やプレースタイルを熟知しての阿吽の呼吸があった。

 実は、サッカーには目に見えない「世代の波長」というものが存在する。私たちのアトランタ五輪世代にも、ヒデ(中田英寿)やゾノさん(前園真聖)との言葉で言い表せない感覚の世界での連携、連動があった。例えば、ヒデが右サイドでボールを持ち、「くっ」という一瞬の時間を作った瞬間に私が動き出す、というリズムがあったが、リオ五輪世代の彼らにも、その「世代の波長」が見えた。

つづく

2018.09.13 05:00
https://thepage.jp/detail/20180912-00000003-wordleafs

写真
no title

将来の“日本”を背負うU-17代表、スタメンの半数が外国人ハーフに!! 

1 2018/09/14(金) 05:04:25.97 _USER9
U-17日本代表 1-1(前半0-1、後半1-0)PK2-4 U-17アメリカ代表

得点
17分 失点(U-17アメリカ代表)
74分 山崎稜介(U-17日本代表)

スターティングメンバー
GK:鈴木彩艶
DF:畑大雅、馬場晴也、バングーナガンデ佳史扶、井上樹
MF:松橋優安、松本凪生、松岡大起、津久井匠海
FW:櫻川ソロモン、栗原イブラヒムジュニア

no title


『ハリル解任間違いなし!!結果を見てみろ』川淵氏が監督交代を正当化 

20180913-00329417-nksports-000-10-view
1 2018/09/13(木) 23:07:11.90 _USER9
日本サッカー協会(JFA)相談役で、元キャプテンの川淵三郎氏(81)が13日、日本人初の兼任監督になった森保一監督(50)の初戦となった11日のコスタリカ戦について「本当に楽しかった。気持ち良かった」と絶賛した。

一方で、ワールドカップ(W杯)ロシア大会2カ月前にバヒド・ハリルホジッチ氏を解任したことについて「良かったんだよ。間違いない」と、改めて断言した。

川淵氏はこの日、都内で行われたイベント「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA(ソーシャル・イノベーション・ウイーク・シブヤ、SIW)」に登壇した。イベントの最後に一言を求められると、同氏は「『ハリルホジッチが更迭になって良かった』と言ったら、炎上しました。でも結果…見てみろっ! って僕は言いたい。世の中は、やっぱり、いろいろなことを常識的に判断するから、なかなか良い方向に進まないんでね」と言い、会場を笑わせた。

川淵氏は6月19日のW杯1次リーグコロンビア戦前に「西野監督に変わった今は何か起きるかも知れないというドキドキ感が今朝になっ自分に出てきた」とツイートした。一方で「ハリルホジッチ監督の時、ほとんど勝てる可能性がないので、オランダ、イタリア、アメリカのサッカーファンのことを考えれば出場出来るだけラッキーと考えてW杯を楽しんでくださいと講演などで話していた」(コメントは原文のまま)ともツイートした。そのことに対して、日本代表の大事なワールドカップ初戦を前に、いかがなものか? などと反論の声もツイッター上に散見された。“炎上”とは、そのことを指したとみられる。

イベント中に、自ら“ハリル大炎上騒動”をネタにした川淵氏に対し、囲み取材で日本代表に関する質問が飛んだ。まず森保ジャパンのコスタリカ戦について聞かれると「いや、もう小気味良かったね! 小気味良かったの一言じゃないの?」と大絶賛した。その上で「テレビの視聴率は12~13%だったんだけど、今までの延長線上から、あまり面白いサッカーをするわけがないと思って見なかったのが、すごく残念に思われたんじゃないかな? あの試合を見たら、本当に楽しかった、気持ち良かった」と賛辞を繰り返した。そして「代表チームは、森保監督の元で、すごい良い方向にいくことは間違いないと確信したね。本当に久しぶりに気持ち良い試合だった」と、森保監督に全幅の信頼を寄せた。

その後、記者からハリルホジッチ氏解任の件で質問が出た。同氏をW杯2カ月前に電撃解任したことに対し、世間では様々な意見が飛び交った。「物議を醸した解任劇でもあったが?」と聞かれると、川淵氏は「だから、良かったんだよ。そのまま、物議を起こさないようなことをやっていたら(W杯)3連敗は間違いありませんって、僕は断言しているんだから。それで炎上したんだから。それは間違いないよ、本当に」と断言した。

川淵氏は自らの発言の根拠として、3月のベルギー遠征での日本代表の不出来を指摘。「ヨーロッパでのウクライナとマリの試合の中味のない、何のサッカーをやろうとしているんだか? というのを見ていて、このまま見ていて、いいと思う人がいるかという話だよね」と強調した。

ハリルホジッチ氏解任後、西野朗前監督の下、日本代表はW杯で決勝トーナメントに進出した。そのロシア大会代表のコーチだった森保新監督へバトンを渡した、日本人監督のリレーという流れは良かったかと聞かれると「文句なし! 文句なし! あれで何が悪いと言うの? というのが僕の考え」と言い、満面の笑みを浮かべた。【村上幸将】

9/13(木) 19:05配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00329417-nksports-socc

【画像】槙野智章、度を越えたファンからの“お願い”に困惑...! 

17633_ext_04_0

世代交代の“遅れ”を取り戻すキーマンは森保監督になるのだろうか!? 

no title
1 2018/09/13(木) 12:31:16.80 _USER9
<担当記者がサッカーを掘り下げる>

森保兼任監督が、初の8強を目指す4年後のワールドカップ(W杯)カタール大会へ白星発進しました。担当記者が独自の視点で分析する「Nikkan eye」では、コスタリカ戦で躍動したリオ・オリンピック(五輪)世代の現状と、期待される世代交代の課題解消に迫ります。

新鮮というより、懐かしかった。コスタリカに3-0で勝った森保ジャパン初陣。4-4-2陣形が縦パスをスイッチに連動し、南野が1得点。中島も2点に絡んだ。主観だが、担当していたリオ五輪代表のようだった。ボランチ遠藤も秀逸で、手倉森ジャパンの国内初戦(15年7月)を思い出した。くしくも同じコスタリカ相手に、遠藤の縦パス成功率は90%超。この試合を軸に1年後を目指し、五輪本大会では日本史上最多の3戦7得点を奪った。

時はたち、今回出場したリオ世代は17人中9人。森保監督が代名詞の3バックに固執せず、リオ世代をはじめ日本が慣れ親しむ4バックを初戦で用いたところに、懐の深さを感じた。自分の色を出す前に、選手の能力を引き出す。3-4-2-1だったら南野と中島と堂安の共存もなかった。

森保監督なら世代交代の遅れを取り戻せるはずだ。W杯ロシア大会は、実力ある北京世代と脂が乗ったロンドン世代で16強。一方で代償として93年以降に生まれたリオ世代は1人も出番がなかった。出場32カ国で日本だけだった。その点、森保監督が初陣でリオ世代9人を起用し、結果が出たことは明るい材料。過去に決勝トーナメントまで進んだW杯には、6年前の五輪世代から多くの選手が選ばれてきた。96年五輪→02年W杯は7人、04年→10年は10人、12年→18年は10人。16年リオ世代が22年にカタールの主役になる、健全な流れに森保監督は針を戻さなければならない。代表は競争の場だが、台頭させるチャンスも必要。10月以降もリオ世代を見てみたい。

同時に、下の東京五輪世代からも引き上げなければならない。今回は堂安がデビュー。森保監督は12日、初の兼任となった1カ月を振り返り「メリットの方が大きい」と言った。前回兼任のトルシエ監督は02年W杯に直前の00年五輪から13人(代表7人、世代6人)を昇格させている。10年W杯には08年五輪の本田、岡崎、長友らが出場し、ベスト16に進んでいる。対してリオはゼロ。この不遇を東京世代に味わわせてはいけない。リオ世代にも、東京世代にもカタール切符をつかませるという、難しい作業だが、初戦から若手の能力を引き出した森保監督なら-。期待が膨らむコスタリカ戦だった。

【木下淳】

9/13(木) 7:53配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00328715-nksports-socc

英紙記者が“森保JAPAN”を褒めちぎる!「理想的なスタート、出来過ぎでは」 

1 2018/09/13(木) 06:01:22.72 _USER9
これほど楽しそうな日本代表を観た記憶がない

no title

ロシアW杯でメンバー入りを果たせなかった南野は、大阪の地で出色の出来を披露。前線の新レギュラーに一気に台頭した。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

どんな賛辞を贈ればいいだろう。適切な言葉が思い浮かばないほど、森保ジャパンは素晴らしいスタートを切った。
 
 火曜日に大阪で行なわれたコスタリカ戦で、日本は3-0の快勝を飾った。選手個々の積極性、観る者に娯楽を運ぶ技巧、さらには正確で素早いパスワーク、そしてなによりゴールを目ざす姿勢が格別だった。試合後、新生・日本代表の旗頭となった中島翔哉が「これからも楽しいサッカーを見せたい」と話していたのが印象的だ。サムライブルーは華々しく、新時代への扉を開いたのである。
 
 中島のほかにも堂安律、南野拓実、両サイドのバックの室屋成と佐々木翔、さらには途中出場からゴールを決めた伊東純也と、誰も彼もが緊張などとは無縁で、「ここはひとつ目立ってやろう」と貪欲にプレーした。ロシア・ワールドカップを戦った先輩たち──名手たちが不在で、気兼ねもしなかったのだろう。森保一監督が彼ら新参者たちの背中を上手く押していたし、練習中から良い意味でリラックスして笑顔が絶えなかった。モチベーションはどんどん高くなり、展開したサッカーは実にコレクティブで、フィニッシュの精度も申し分ない。ベテランの青山敏弘と槙野智章がしっかりと後方支援し、渋い役割を演じていたのも見落とせないはずだ。
 
 効率良く3得点を奪い、見事なクリーンシート達成である。Jリーグや昨今の日本代表ではすっかり見慣れている消極的な横パスはほぼ皆無で、90分間を通して縦へ、前へと突き進んでいた。これほど攻撃的で楽しそうな日本代表を観た記憶はあまりない。溌溂として、スピリットが感じられ、伸び伸びとプレーした。急務である世代交代への足掛かりを、願ってもない形で掴んだと言えるだろう。
 
 試合中に書いたメモを読み返すと、ネガティブな記述はいっさいない。彼らは本当にクレバーに振る舞い、ドリブルで何度も局面を打開しようと試み、高い連動性を見せて、臆することなくゴールを目ざした。最後までハイペースで走り抜き、ボールを支配し続け、守備は終始安定感があり、カウンターの糸口も与えなかった。森保監督の表情は、まるで悦に入った仏様のよう。どうすればあれだけの短期間で、選手たちに確固たる自信を植え付けられるのか。モチベーターとしての才を再確認した。

つづく

9/13(木) 5:44サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180913-00047193-sdigestw-socc

セルジオ砲“本田はOAに不要”“中島は乾のライバル” 

1 2018/09/13(木) 00:11:09.08 _USER9
船出の試合としてはこれ以上ないスタートを切ったと言えるが……

森保ジャパンが初陣となったコスタリカ戦を3対0の快勝で飾ったね。立ち上がりから日本がショートパスを主体にいい連係でコスタリカを押し込んで、攻撃陣の躍動感が目立つ内容だった。中島や堂安がドリブルで相手の守備を切り裂き、南野は再三ゴール前で決定機を迎え、小林もJリーグでの好調をそのままにキレのある動きでチャンスを作っていたね。
 
 中島が言っていたように、ドリブルで仕掛けて「お客さんを楽しませるプレー」も多く飛び出したし、守備の方も後半はほとんどピンチらしいピンチもなく、無失点での勝利。森保ジャパンの船出の試合としては、これ以上ないスタートを切ったと言えるよ。
 
 もっとも、この日のコスタリカは正直、そんなに歯応えのある相手じゃなかったし、もっと点が入ってもおかしくはなかった。日本の良さばかりが目立っていたあたり、スパーリングパートナーとしては、かなり手頃な相手だったんじゃないかな。
 
 当然、相手が相手だけに、この日の勝利で浮かれるのはまだまだ早いよ。ワールドカップのような舞台で、こんなイケイケの試合になることなんてめったにないし、さらにランクの上がった相手にも同じようなサッカーができるのか、という疑問もある。
 
 もちろん、こういう試合だからこそ、敢えて出来ていなかった部分にも目を向けなければいけない。決定的なシュートを外したキック精度の低さはもとより、前半途中にはショートパスばかりで単調になりすぎて、膠着した時間帯もあった。連係面で言えば、堂安や中島、南野、小林といったスタメンで出た選手たちのコンビネーションは良かったけど、途中出場の浅野は一度良い形で抜け出す場面があったものの、全般的には持ち前のスピードを活かしきれていなかった。
 
 完勝の内容とはいえ、課題が決して見えなかったわけではないよ。そういう意味では、10月の2試合、とりわけウルグアイ戦が本当の意味でのテストになる。もちろん、相手がそれなりのメンバーを揃えてくれたらの話にはなるけどね。

つづく

9/12(水) 5:02 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180912-00047126-sdigestw-socc

 
no title

【批判】コスタリカ代表に非難の声!!火をつけた原因は「大阪城」? 

no title
1 2018/09/12(水) 23:49:49.79 _USER9
11日に大阪・パナソニックスタジアム吹田で行われたサッカーの国際親善試合で、コスタリカは森保ジャパンに0―3で敗れた。同国は7日の韓国戦では0―2で敗戦。アジアツアーの2試合は散々な結果に終わった同代表に対し、同国メディアは「まさに悪夢」と報じるなど、同国内では批判の声が相次いだ。

 2大会連続5回目の出場となったロシアW杯では1次リーグで敗退。アジアツアーでは世代交代を図るため、RマドリードのGKナバスら主力の招集を見送った。同W杯に出場したメンバーの中で、日本戦にも先発出場したのはDFドゥアルテや、MFグスマンら数人のみだった。

 コスタリカと同様、代表経験があまりない選手を多く起用した日本に3失点で完敗したとあって、ツイッターなどではゴンサレス監督だけでなく選手にまで非難が殺到した。

 厳しい“逆風”の中、同国ではMFグスマンが試合後に更新したツイッターの写真が話題となっている。同MFは自身のツイッターに、大阪城をバックに撮影した同代表選手らの集合写真を掲載した上で「すべての否定的なコメントに対して、私たちは戦い続ける!サポートをありがとう!」などとつぶやいた。

 同国メディアは、このツイートに注目し「グスマンは美しい写真で、批判に対抗した」などと紹介。完敗のショックは、しばらく尾を引きそうだ。

2018年9月12日 17時27分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15295659/

香川真司から「10番」を奪える!?中島翔哉が魅せたテクニックとは? 

40bb972650657fbcea8739c474f1fafb_1536740091_1
1 2018/09/12(水) 23:30:44.31 _USER9
森保一監督率いるサッカー日本代表の初陣を飾った親善試合・コスタリカ戦(3-0)で、最も存在感を放ったのは背番号「10」、MF中島翔哉(24)と言って間違いなさそうだ。称賛の声が相次いでいる。

 10番といえば、MF香川真司(29)が長年背負ってきた。まだ1試合戦ったに過ぎないが、中島がこのエースナンバーを奪取するのではないか、という声すら出始めている。

■南野のゴールにつながるスルーパス

 2人のポジションは異なる。中島が左サイドを主戦場とするのに対し、香川は中央が多いため、そうそう比較できるものではない。W杯メンバーでいえば、中島がポジション争いをするのはMF乾貴士(30)にあたる。

 だが、2018年9月11日のコスタリカ戦後、ツイッターでは「10番は結局、香川と中島のどっちが着るのか楽しみ」「中島の技術はまぎれもなく香川から10番奪えるレベル」といった声がツイッターに続々と寄せられている。特別な背番号であるだけに、今後誰がつけるのかは大きな関心事となった。

 それもそのはずで、中島は新生日本代表の攻撃の要として圧倒的な存在感を示した。特徴的だったのはゴールへの推進力。特にドリブル突破だ。左サイドでコンビを組むDF佐々木翔(28)、ボランチのMF遠藤航(25)らから積極的に縦パスを受け、果敢に仕掛けた。

 前半だけでも、相手陣内でドリブルしたのは少なくとも7回あった。ハーフラインより後ろで受けた同38分も、猛スピードで縦にドリブル。2人をかわし、3人目がプレスをかけたところで、MF堂安律(20)にパスを送った。相手ペナルティエリア手前まで運び、複数の相手選手を引きつけてチャンスを演出した。

 そして後半21分、遠藤から縦パスを受けた中島は、クロスの素振りを見せながらスルーパスを選択。再度走り込んだ遠藤に渡り、中央で待つFW南野拓実(23)のゴールが生まれた。

つづく

9/12(水) 18:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00000013-jct-ent

“謝罪行脚”各クラブに森保監督が直々に謝罪!! 

キャプチャ
 日本代表の森保一監督(50)が誠意の謝罪行脚を行う。
3―0で快勝した初陣、親善試合コスタリカ戦から一夜明けた12日早朝、大阪市内で取材に対応。
この日のうちにC大阪、J2松本のクラブハウスに出向く方針を示し「(クラブから)選手を貸していただいて我々の活動ができる中で、杉本にも前田大然にもケガをさせてしまい、クラブが大切な時期に戦力を失うことになってしまった。代表活動中のケガなので、そこをお話しさせていただこうと思います」と語った。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00000085-spnannex-socc


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索