Samurai Goal

日本代表


スポンサード リンク





サッカー日本代表のカタールW杯の成績を予想するスレ 

00_m




1: 2020/07/06(月) 23:56:01.576
0勝1分2敗でGL敗退して森保監督の涙目インタビューで幕閉じ

デルボスケ元監督がロシアW杯の日本代表を称賛「ベルギー戦の記憶が頭から離れない」 

20200702-07020104-sph-000-2-view

日本代表DF冨安健洋、名門ミラン移籍が急浮上 現地報道「本田に続く日本人」 

1: 2020/06/28(日) 21:53:47.00
6/28(日) 18:54
Football ZONE web
イタリア1部ボローニャに所属する冨安の去就に現地メディア注目「交渉開始の可能性」

日本代表DF冨安健洋、名門ミラン移籍が急浮上 現地報道「本田に続く日本人」

 イタリア1部ボローニャの日本代表DF冨安健洋は、22日のユベントス戦でポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらとマッチアップし、互角の攻防を見せて高い評価を得た。そんな冨安にミラン移籍の可能性が浮上しているようだ。「ミラン、本田に続くもう1人の日本人」「交渉開始の可能性がある」とミラン専門サイト「milanlive.it」が報じた。


 21歳の冨安は2015年から17年までアビスパ福岡でプレーし、2018年1月からベルギー1部シント=トロイデンに移籍。そして2019年夏にボローニャへとステップアップを遂げると、右サイドバックの主力として今季リーグ戦21試合に出場している。

 記事では「ミラン、本田に続くもう1人の日本人」と特集。かつてミランで10番を背負い、14年から17年まで在籍した日本代表MF本田圭佑(現ボタフォゴ)に続く日本人プレーヤーとして注目を寄せており、「ミランは冨安健洋を連れてくるために、ボローニャと交渉開始の可能性がある」と伝えた。

 ミランはリヨンから20歳のDFピエール・カルルを獲得したなか、「ミランはピエール・カルルにとどまらない。ロッソネリは新たに右サイドバックを獲得し、サイドを強化したいと考えている」と触れている。

 現在のミランにはU-23イタリア代表DFダヴィデ・カラブリアが所属し、今季リーグ戦で16試合に出場しているが、評価は決して高くないようだ。「かなりネガティブなシーズンとなって期待を裏切り、市場に出されるだろう。ここ数週間、ボローニャを中心に、彼の名前がリストアップされている」と、冨安が所属するボローニャが興味を示しているという。
侮れない要因とは? 富安は「ミランに見合うものをもっており…」 

 ミランは富安、ボローニャはカラブリアの獲得を狙うなか、「ミランは売却に1500万ユーロ(約18億円)に近い金額を求めている。カラブリアをボローニャに迎える道がある。その一つが冨安だ」と指摘し、トレードの可能性を示唆している。

「日本人選手はセリエA1年目で驚きを提供し、ローマを含む複数のクラブの目に留まった。1998年生まれの逸材はミランに見合うものを持っており、最終ラインのいずれの役割もこなすことができる。カラブリアほどではないものの、その評価は注目に値する」

 進境著しい冨安は日本代表で主力クラスへと変貌を遂げ、イタリアでも日に日に評価を高めている。その実力はすでに証明しており、「ミランはアジアでも高い人気があり、冨安の獲得はそれを一層拡大させるだろう。決して侮れない要因でもある」とマーケティング面での好影響も指摘している。果たして、冨安のミラン移籍は実現するのか。今後の動向に注目が集まる。

Football ZONE web編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/7a734c43a521fb561313454019a3f11c18705ca9
no title

プレミア「忘れられた11人」を英紙特集 日本代表DFも選出「すでに多くの人が…」 

20200612-00266761-soccermzw-000-1-view

「自分たちのサッカー」を披露。 彼らは「史上最強」の日本代表になった 

20200606-00895770-sportiva-000-2-view

「凄いメンツ」「この写真はヤバい!」松井大輔、日本代表レジェンドの超豪華3ショット公開にファン興奮! 

20200610-00074728-sdigestw-000-2-view

「オレらを超えるコンビは…」 闘莉王、日本代表“最強の盟友”中澤を称賛「これぞCB」 

20200608-00266164-soccermzw-000-4-view




1: 2020/06/09(火) 04:51:48.84
公式インスタグラムで引退会見での2ショットを公開

昨季限りで現役を引退した元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏が公式インスタグラムを更新し、2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)で鉄壁のコンビを組んだ元相棒の中澤佑二氏を改めて称賛。「オレらを超えるコンビは日本で簡単に出てこないと思う」と断言している。

昨年12月に都内で引退会見を開いた闘莉王氏。涙をにじませるなど万感の会見の最後を飾った一枚を、公式インスタグラムで紹介した。

「東京にいたはずのユウジさんが自分の引退会見にギリギリで間に合ったことはいい思い出」

 会見終了寸前でギリギリ駆け込んだ盟友を振り返った闘将は、公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」の最新話で「最強センターバック(CB)ベスト3」を特集。この企画で惜しくも選外になったのが、中澤氏だったという。

「闘莉王TVの最強のセンターバック3人企画で、ギリギリまで悩んだのもユウジさん。とにかく欠点が少ないし、これぞセンターバックというプレーヤーだった」

 CBとして欠点が見当たらないと評価したうえで、「正々堂々としたマッチアップも楽しみだった」と、浦和レッズや名古屋グランパス在籍時にセットプレーなどで繰り広げたファウルなしの攻防も振り返っていた。

「オレらを超えるコンビは日本で簡単に出てこないと思う」

 ベスト16に進出した南アフリカW杯では、4試合でわずか2失点。うち1点は味方が献上したPKで失ったものだった。鉄壁と呼ぶにふさわしいコンビを超える存在は今後、日本代表に台頭してくるのだろうか。

Football ZONE web編集部

6/8(月) 19:30 Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200608-00266164-soccermzw-socc

「日本代表、強ぇー」 世界に近づいた!と感じさせたゴールといえば?〈dot.〉 

20200603-00000005-sasahi-000-1-view

サッカー日本代表っていつまで経ってもGKが育たないのなんで何? 

SP-1612-016




1: 2020/06/07(日) 09:41:03.36
中東の無名なとこでもプレミア所属とかおるのに

ワイが考えたサッカー日本代表スタメン←強すぎてワールドカップ優勝へwywywywywywy 

images000




1: 2020/06/07(日) 02:21:59.00
ーーーーー上田ーーーーー
ーーー南野ーー久保ーーー
高徳ー遠藤ーー柴崎ーゴリ
ーー昌子ー吉田ー冨安ーー
ーーーーー権田ーーーーー

優勝待ったなしやな



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索