Samurai Goal

日本代表


スポンサード リンク





U23 田嶋会長、森保監督と話し合いへ「負けてもいいというわけではない」 

20200113-43477130-gekisaka-000-8-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/13(月) 17:35:25.16 ID:Mn3NI5Zy9
◆U―23アジア選手権 1次リーグB組第2戦 日本 1―2 シリア(12日・タイ、パトゥムタニ県・タマサートスタジアム)

シリア戦を視察した日本サッカー協会の田嶋幸三会長(62)は、2連敗での1次リーグ敗退を厳しく見つめた。
「東京五輪まで森保監督に任せるか」と問われ「続投? そうです、基本的な考えです」としながらも、関塚隆技術委員長の意見を聞く考えを示した。
「トライしていることは分かっている。だからといって負けていいとは思っていない」とし、今後に森保監督と話し合いを持つ方針だ。

東京五輪代表監督として初めて国内で指揮を執った国際親善試合コロンビア戦(昨年11月17日)で0―2と完敗。
MF久保(マジョルカ)、堂安(PSV)らタレントを擁しながら、得点の可能性を感じない戦いぶりに、監督の手腕を問う声が出始めた。
今大会初戦のサウジアラビア戦(9日)に1―2で敗戦後、田嶋会長は「しっかりと我慢して森保監督を支えていきたい」と明言。
「コロンビア戦でしかベストメンバーを組めていない」と一定の理解を示していたが、2連敗を受けて風向きが変わってきた。

田嶋会長は「仮定の話はするつもりはない。
基本、全てに勝っていくのは難しいと分かっている。
だけど、負けてもいいというわけではない」と最後まで厳しい口調だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-01130032-sph-socc
1/13(月) 6:00配信

前スレ 2020/01/13(月) 08:25
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1578871504/

U-23日本代表“先発11人”を英国人記者が採点 初のGL敗退に一刀両断「完全な力不足」 

20200113-00240616-soccermzw-000-10-view[1]




1: 幻の右 ★ 2020/01/13(月) 15:25:04.04 ID:NnBFlkfp9
【GK&DF採点】全員が及第点未満のなか、PKを献上した町田は最低点

森保一監督率いるU-23日本代表は、現地時間12日に東京五輪のアジア最終予選を兼ねたU-23アジア選手権第2戦に臨み、シリアに1-2で敗北。2連敗で同大会史上初のグループリーグ敗退という屈辱を味わった。

 かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップ(W杯)を6大会連続で取材した英国人記者のマイケル・チャーチ氏が、日本の先発11人を10点満点で採点。“森保チルドレン”の大半が落第点で、「完全な力不足」「トップレベルには程遠い」と一刀両断している。

    ◇   ◇   ◇

GK
大迫敬介(広島) 5点
先制点を許したことについて大迫の責任を問うべきか、その議論は必要だろう。なぜなら、前半5分のバラカットのシュートは枠を外れていたので、実際にセーブする必要などなかったからだ。この判断がシリア先制PKにつながるCKの呼び水となった。非情だが、大きな問題でもある。

DF
渡辺 剛(FC東京) 5点
ゲームキャプテンを務めるも後半32分に途中交代。シリアの攻撃陣を前に苦しんだ。

岡崎 慎(清水) 4点
シリアFWダリの決勝点の場面で完全に置き去りにされた罪は重い。あのタイミングで失点を喫し、グループリーグ敗退の憂き目を見るぐらいなら、プロフェッショナルファウルで倒すか、レッドカードでもまだ良かったのではないか。

町田浩樹(鹿島) 3点
PKの判定は厳しいものだったかもしれないが、町田の性急な判断が序盤からチームの首を絞める展開になってしまった。

【MF&FW採点】食野と森島のシャドー2人を厳しく評価 橋岡は「数少ない光明」

MF
橋岡大樹(浦和) 5点
このチームで数少ない光明の一つだった。右サイドでハードワーク。上田が決めれば終盤にリードできたかもしれないクロスも供給した。

松本泰志(広島) 3点
銀メダルを手にしたアジア大会で光った選手の1人だったが、今回はクオリティーがない。初戦に出場した2人の田中(田中駿汰・田中碧)と比べて、同じタスクで完全な力不足。失望せざるを得ない内容だった。

齊藤未月(湘南) 5点
後半テンポを上げた。チームを前進させるダイナミックさを披露したが、前半にこそ同僚を活気づけるプレーが見たかった。そうすれば、もしかしたら結果は違っていたかもしれない。

相馬勇紀(名古屋) 6点
同点弾は見事。左サイドからも脅威を作った。だが、安定感が足りない。相手DFの裏をほとんど突くことはなかった。

食野亮太郎(ハーツ) 4点
シリアDF陣の組織力の前にほとんど機能せず。初戦では片鱗を見せたが、この試合では何も残せなかった。

森島 司(広島) 4点
食野同様にアタッキングサードでの貢献がほぼゼロ。中盤に引いた際のクオリティーも足りなかった。失望のパフォーマーだらけのなかでも乏しさが際立つ。

FW
上田綺世(鹿島) 4点
日本に決勝点をもたらす絶好機を逃した。後半38分に橋岡の絶好のクロスを外してしまったのは罪深い。前半にも決定機で失敗。トップクラスのストライカーには程遠い。

マイケル・チャーチ/Michael Church

football ZONE web
1/13(月) 11:50
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200113-00240616-soccermzw-socc

【朗報】ワイサッカー日本代表監督、ガチで東京オリンピック金メダルを取れるスタメンを考えた模様 

20200110-00357085-footballc-000-5-view[1]




1: 風吹けば名無し 2020/01/13(月) 12:16:30.17 ID:1+iRSgHN0
GK 大迫敬介 サンフレッチェ広島🇯🇵

DF 冨安健洋 ボローニャ🇮🇹
DF 吉田麻也 サウサンプトン🇬🇧OA
DF 相馬勇紀 鹿島アントラーズ🇯🇵
DF 橋岡大樹 浦和レッズ🇯🇵

MF 齋藤未月 湘南ベルマーレ🇯🇵
MF 遠藤航  シュツットガルト🇩🇪OA
MF 安部裕葵 バルセロナ🇪🇸
MF 久保建英 レアル・マドリー🇪🇸
MF 堂安律  PSV🇳🇱

FW 大迫勇也 ブレーメン🇩🇪OA


これもう優勝確定やん?

「これが現実」…決定機逃したFW上田綺世「今の僕、今日の僕の最善があれだった」 

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/13(月) 08:28:27.79 ID:HYTJ7D+Y9
[1.12 AFC U-23選手権GL第2節 U-23日本代表 1-2 U-23シリア代表]

千載一遇のチャンスだったのかもしれない。しかし、U-23日本代表FW上田綺世(鹿島)が放ったシュートが、ネットを揺らすことはなかった――。

この日はスターティングメンバ―に名を連ね、1トップの位置でスタート。相手最終ラインと駆け引きを行い、隙あらば抜け出す動きを見せたが、たとえ後方から配球があってもパスが合わずにチャンスへと結び付けられない。
「目が合うようになってきたし、積極的にボールを供給しようとしてくれている」。味方が自身の動きを生かそうとしてくれている。その思いに応えられなかったのは、自分の責任だと感じている。

「どんなボールでもシュートまで持っていくとか、マイボールにして、よりチームに良い流れを持っていくことができればもっと良かった」

また、この試合では両アウトサイドのMF橋岡大樹(浦和)とMF相馬勇紀の突破から、幾度となくクロスが供給されてきた。
特に1-1で迎えた後半38分には右サイドを突破した橋岡のクロスから、上田にこの日一番とも言える決定機が訪れる。
しかし、左足ダイレクトで合わせたシュートはゴール左へと外れ、ネットを揺らすには至らなかった。

「ディフェンスが触るか触らないかというところもあったけど、もうちょっと自分の中で準備を早くしたり、もっと信じて走っていれば頭で行ったりとか、いろんな選択肢はあった。
ただ、今の僕、今日の僕の最善があれだった。相手のスコアを上回らないといけないゲーム状況の中で、それができなかったのは僕の責任だと思う」

後半44分にカウンターから決勝点を献上したチームは、2連敗でグループリーグ敗退が決定。
「非常に不甲斐ない。金メダルを目標に掲げているチームなら、ここは勝てなければ厳しい」と悔しさを滲ませつつ、
「でも、これが現実。金メダルを取るには何が必要かを各々が考えてやっていく必要がある」と必死に前を向こうとしていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-43477136-gekisaka-socc
1/13(月) 4:30配信

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/296000/295858/news_295858_1.jpg
no title

【速報】U-23日本代表 1-2で敗れグループステージ敗退! U-23アジア選手権 U-23シリア戦 

20200110-00357085-footballc-000-5-view[1]

【速報】U-23日本代表 スタメン発表! U-23アジア選手権 U-23シリア 

20200110-00357085-footballc-000-5-view[1]

【悲報】サッカー日本代表、雑魚で不人気過ぎて民放が激怒WWVVWWVVWWVVWWVVWW 

20200110-00357085-footballc-000-5-view[1]




1: 風吹けば名無し 2020/01/12(日) 18:08:15.33 ID:F4BlqM8G0
低空飛行が続く森保ジャパンにテレビ局も“NO”を突きつけた。

タイで行われているU―23アジア選手権で4強以上が“ノルマ”となる森保ジャパンは、1次リーグ初戦(9日)で
サウジアラビアに1―2とまさかの敗戦。
1次リーグ突破に早くも黄信号がともり、東京五輪世代とA代表で情けない試合内容を繰り返してきた
森保一監督(51)に対してはファンやサポーターの間から解任を求める声が強まっている。

テレビ各局もすでに森保ジャパンに失格の烙印だ。

民放キー局関係者は「森保ジャパンの視聴率は本当にひどい。
東京五輪のチームだってそろそろ盛り上がってきてもいいのに、はっきり言って視聴者の関心は薄い。
このままではどうにもならないよ…」と怒りと諦めが交じったため息をつく。

森保ジャパンの平均視聴率は右肩下がりで、昨年12月の東アジアE―1選手権では本来注目度が高いはずの日韓戦で7・9%、
他の2戦は6%台と“大惨敗”。さらに五輪イヤー初戦で注目が集まるはずのサウジアラビア戦でも8・7%とまたも1桁に沈んだ。

4年前、リオ五輪最終予選となったU―23アジア選手権初戦の北朝鮮戦が13・3%だったことを考えるとまさに異常事態。
昨年末のU―22ジャマイカ戦も5・6%と目を疑うような低視聴率が続いている。

このまま視聴率の低迷が続けばスポンサーも黙ってはいない。“解任圧力”はどんどん強まりそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00000023-tospoweb-socc

【驚愕】今現在、サッカー日本代表がガチで歴代最強になってきているという事実 

images000




1: 風吹けば名無し 2020/01/03(金) 15:56:25.83 ID:+mG96H/aM
GK
権田修一 ポルティモネンセ🇵🇹

DF
冨安健洋 ボローニャ🇮🇹
吉田麻也 サウサンプトン🇬🇧
長友佑都 ボローニャ🇮🇹
酒井宏樹 トッテナム🇬🇧

MF
南野拓実 リヴァプール🇬🇧
中島翔哉 ポルト🇵🇹
久保建英 レアル・ソシエダ🇪🇸
遠藤航  シュツットガルト🇩🇪
原口元気 ハノーファー🇩🇪

FW
大迫勇也 ブレーメン🇩🇪


強い(確信)

セルジオ越後「大勝して、日本がうまく見えたかもしれない。でもこれだけ大差がつけば、わかりますよね」 

20191228-12280821-nksports-000-6-view[1]




1: Egg ★ 2019/12/28(土) 23:30:05.49 ID:UdJ/NaEt9
<キリンチャレンジ杯2019:U22日本9-0U22ジャマイカ>◇28日◇トラスタ

大勝して、日本がうまく見えたかもしれない。でもこれだけ大差がつけば、わかりますよね。この強い日本が東京オリンピック(五輪)に出るのではなく、弱いジャマイカが東京五輪に来ないだけだということ。引いて守りながらも、9失点した相手が弱すぎた。FIFAランクで日本は28位、ジャマイカは48位だけど、これはA代表の話で、U-22代表世代はもっと開きがある。

この試合の結果が素晴らしかったからと、何人が五輪本番まで残れるのか。このチームを五輪への基盤にしていいのか。今月のE-1選手権も「東京五輪へのアピールの場」などといわれたけど、結局、どんなチームで戦うのか、まだイメージがわいてこない。

オーバーエージ(OA)込みのメンバーを固めるのはいつになるんだろう? 11月のコロンビア戦に敗れて、特に守備面ではOAの必要性はわかったはずだ。少なくとも、3月の親善試合の時にはOAを入れた形で戦い、準備としてほしいと思う。または、海外組を招集できるAマッチで、東京五輪に向けた“完成形”を試してもいい。それでも準備は遅いくらいだ。

来月のU-23アジア選手権で、韓国など五輪出場権がかかるチームは本気で来る。そうしたチームに勝てれば、この日以上の手応えを得られるはずだ。いつも主張させてもらうが、アジアの大会では日本は優勝するしかないんだ。そこで負けているようでは、五輪メダルは難しい。(日刊スポーツ評論家)

12/28(土) 22:19配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-12280821-nksports-socc

U22日本代表が9-0でジャマイカに勝利! 中山・旗手×2・前田・安部・東・一美・三笘・岩崎のゴールラッシュ! 

1: 豆次郎 ★ 2019/12/28(土) 22:20:39.73 ID:sGo1rRdg9
【得点者】
中山 雄太 前半5分
旗手 怜央 前半16分
前田 大然 前半17分
旗手 怜央 前半19分
安部 裕葵 前半28分
東  俊希 後半6分
一美 和成 後半37分
三笘 薫 後半43分
岩崎 悠人 後半50分


SOCCER DIGEST Web
12/28(土) 21:17配信
U-22日本、ゴールラッシュでジャマイカに9発大勝!旗手2発、一美がデビュー戦弾で強烈アピール

前半16分から19分の3分間で3点を連取!


 キリンチャレンジカップのU-22日本代表対U-22ジャマイカ代表が12月28日、トランスコスモススタジアム長崎で行なわれ、日本が9-0と快勝を収めた。


 試合は立ち上がりから日本ペース。開始6分に中山雄太の豪快なFK弾で先制すると、16分には松本泰志からのクロスを旗手怜央が右足ボレーで叩き込み2点目。さらに1分後には右サイドの長沼洋一からのクロスを前田大然が右足で合わせてネットを揺らし、19分には敵陣中央でボールを受けた旗手が左足のシュートを突き刺し、日本は早くも4-0とする。

 さらには25分過ぎ、ドリブルで仕掛けた安部裕葵がPKを獲得。これを安部自ら右足でねじ込み、5点目を奪った。

 前半で5対0とリードした日本は、後半も圧倒的にジャマイカを押し込む。51分には右サイドでFKを得ると、東俊希がクロスを供給。これが直接相手ゴールに吸い込まれ、日本が6点目を奪った。

 日本は58分にメンバー3人を交代。前田、安部、旗手の前線3人に代わって、一美和成、三苫薫、岩崎悠人を投入。再三のチャンスを逃した日本だったが、82分に7点目をゲット。左サイドを駆け上がった瀬古歩夢からのクロスに一美が右足で合わせ、ネットを揺らす。森保ジャパン初招集の一美のゴールで日本が7-0とする。さらに87分には、三苫にもゴールが生まれ8点目を奪う。

 後半アディショナルタイムには岩崎がPKを決め9点目。試合は9-0でタイムアップし、U-22日本がU-22ジャマイカを相手に大量得点で快勝。2ゴールの旗手や初代表の一美らが、29日に行なわれるU-23アジア選手権のメンバー発表に向けて、大きなアピールを見せた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191228-00068237-sdigestw-socc
no title


※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1577535445/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索