Samurai Goal

日本代表


スポンサード リンク





【速報】日本代表メンバー発表!W杯アジア最終予選〜対UAE戦・タイ戦 

22

日本代表ミーティング半減、香川外し!!!…ハリル監督イラク戦へ崖っぷちの決断 

1: 名無しさん 2016/10/06(木) 08:46:38.42 ID:CAP_USER9
サッカー日本代表は6日、2018年ロシアW杯アジア最終予選B組第3戦でイラク代表と対戦する。
5日は試合会場で公式会見と冒頭15分のみ公開の前日練習を行った。1勝1敗の3位と出遅れ、FIFAランク128位の格下に敗れれば進退問題に発展しかねない試合。
追い込まれたバヒド・ハリルホジッチ監督(64)は、選手の要望でミーティング内容や時間を短縮するなど、流儀を曲げてでも必勝を狙う。

選手の声に押され、厳格なハリル監督が流儀を曲げた。9月の合宿までは連日、しゃべり出したら止まらない、いわば詰め込み式のミーティングで、
前回の分析や相手の特徴を落とし込んできた。だが、あまりの長さに海外組の若手が移動疲れや、時差ぼけで寝てしまう悪循環が発生。
選手の意見をまとめた主将のMF長谷部が9月の遠征中、時間短縮を直訴した。ホームでイラクに負けるか、引き分けでも進退問題を避けられない指揮官は、勝つために要望を受け入れた。

今回の合宿は3日までミーティングがなく、4日に初めて開かれた。すると、1時間から半分の30分に短縮された。
前の試合を振り返る時間を省き、イラク対策に特化。合宿前に相手の映像を送っていたことも短縮につながった。
選手は「シンプルになったので無心で臨める」(GK西川)、「短時間で重要な要素を言ってくれて理解しやすい」(MF大島)などと効果を実感。
DF吉田は「選手を信頼してくれた。信頼に応えるのは勝つこと」と勝利を贈ると約束した。

選手が意見を監督に直訴するのも、提案を受け入れて監督が方針を変えるのも、極めて異例。両者の距離が離れ、チームが危機に直面している証しでもある。
時間、回数が減った事実を指摘された指揮官は「誰に聞いたのか」と逆取材。情報漏えいに眉をしかめる一方で「少し話をした。

ただ、15分のミーティングで全てを説明するのは不可能。短くするトライはするが…」と苦渋の選択を明かした。
アジア最終予選の初戦、UAE戦(1●2)を落として苦境に立たされ、海外組が所属クラブで軒並みポジションを失うなど流れは悪い。
現状打破のために、ストレス軽減を求める選手の訴えを受け入れざるを得なかった。

会見では強気だった。「日本で受けるプレッシャーはそれほどでもない。過去に10倍のものは受けた」。
14年ブラジルW杯で16強に導いたアルジェリアでは報道陣と対立。関係者に「1対300の状況。何をやっても批判された」とこぼしたという。
中東メディアに「日本はレベルが落ちた」と質問されてムッとした表情を見せたが、終始自信を示した。
 
イラクとは6勝2分け3敗で6連勝中だが、油断は禁物。トップ下に、所属で出場機会を減らしているMF香川ではなく、MF清武の起用を模索しているのも、勝つための方針変更だ。
香川は日本代表で主力になってから、故障以外の理由で最終予選のスタメンを外れたことがない。

ハリル体制では2戦連続で先発。日本の10番を外す荒療治に、勝利への執念がのぞく。
「とにかくメンタルだ。本当に素晴らしいと言われる試合をしたい」。哲学を曲げて、崖っ縁の指揮官が勝ち点3を狙う。(斎藤 成俊)

スポーツ報知 10月6日(木)6時5分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161006-00000070-sph-socc

【サッカー】<日本代表>ハリル監督、敵メディア挑発に大反論!イラク戦負ければ進退問題必至…c2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1475707593/

no title

イラク戦直前!ハリルジャパンに提言したいスタメン案!日本代表のイレブンを編集部が厳選 

1: 名無しさん 2016/10/06(木) 08:29:28.57 ID:CAP_USER9
日本代表は6日、ロシアワールドカップアジア最終予選でイラク代表とホームで対戦する。

6大会連続のワールドカップ出場に向けて引き分けも許されない状況だが、海外組の多くが所属クラブで出場機会を得られていない状況にある。
ヴァイッド・ハリルホジッチ監督への風当たりも強くなる中、イラク戦で起用すべき11人を編集部が厳選した。

センターバックには鹿島で成長著しい植田直通をチョイスした。ハリルジャパンにはコンスタントに招集されているものの、キャップ数はいまだゼロ。
吉田麻也はスピードに難があるため、DFラインを高く設定するのであれば植田を起用したいところだ。

さらに左サイドバックは太田宏介とした。最後に代表で出場したのは昨年8月に開催された東アジアカップで、フィテッセ移籍後の出場はない。
先の2試合での日本代表はクロスを多用したもののなかなか得点に繋がらなかった。クロス精度の低さは長らく指摘されており、正確なキックを持つ太田は攻撃に厚みを持たせられる存在である。

清武弘嗣は「出場機会の少ない海外組」のひとりに当てはまるが、代表戦では常に安定したパフォーマンスを見せている。
また、UAE戦では先制ゴールをアシストしたように、セットプレーでは大きな武器になる。これまでハリルジャパンには絶対的なキッカーがいなかったが、清武はその可能性をUAE戦で証明している。

また、岡崎慎司を右サイドに、本田圭佑を1トップに配置。これまでのハリルジャパンでは2人のポジションは逆だったが、この配置の方が2人本来の能力を引き出せるのではないだろうか。

本田は南アフリカW杯で示したように、フィジカルの強さとボールキープに優れている。サイドではカットインからのシュート以外に攻撃のバリエーションが少なく、スピードも不足している。
1トップに置くことで高い位置でボールをキープし、攻撃の形を作ることができる。またヘディングも強く、クロスからの得点も期待できる。

岡崎はザッケローニ体制では右サイドを基本ポジションにゴールを量産していた。
ハリルジャパンになって以降も得点数はペースダウンしていないものの、格上相手や重要な試合(イラン戦、ボスニア戦、UAE戦など)ではゴールを決められていない。

レスターでも2トップの一角としてプレーしているように、1トップで単独で打開できるタイプではない。
ザックジャパン時代のように右サイドからゴール前に侵入しゴールを狙うパターンはハリルホジッチ監督の新たなオプションとなるかもしれない。

タイ戦で貴重な先制ゴールを奪った原口元気は、サイドなど攻撃的なポジションに固定して起用すべきだ。
ハリルホジッチ監督はサイドバックやボランチなどの適正とは言えないポジションで起用したこともあったが、
ブンデスリーガでもサイドで攻守に渡って献身的な姿勢を見せており、本来のポジションで起用を続けるべきだ。

フットボールチャンネル 10月6日(木)7時1分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161006-00010001-footballc-socc

編集部が厳選したイラク戦のスタメン
no title

ハリルホジッチがベテラン起用を暗示!?「若い選手は罠に引っかかるかもしれない」 6日テレ朝 日本 対 イラク 19時~ 

1: 名無しさん 2016/10/05(水) 18:59:51.36 ID:CAP_USER9
「経験がある選手たちは、このようなシチュエーションをしっかりコントロールできる」
10月5日、日本代表のハリルホジッチ監督が、明日行なわれるロシアワールドカップ・アジア最終予選のイラク戦に向けた前日会見に臨んだ。
 
会見冒頭で「勝つための準備をする」と力を込めた指揮官は、「最終予選は常にプレッシャーがあります」としたうえで、次のように続けた。

「経験がある選手たちは、このようなシチュエーションをしっかりコントロールできると思います。
ただ、若い選手は準備ができていないかもしれません。そういう選手はプレッシャーの罠に引っかかるかもしれません」
 
メンタル面の強化のために経験豊富なGK川島を招集したことからも分かるように、この2連戦に限って言えば、ハリルホジッチ監督は精神面を非常に重要視している。
そうした指揮官の意向を考えると――明日のイラク戦では若手の先発抜擢はなさそうな気配だ。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161005-00019375-sdigestw-socc
SOCCER DIGEST Web 10月5日(水)18時1分配信

http://tv.yahoo.co.jp/program/21433232/
2018FIFAワールドカップロシア アジア地区最終予選 日本×イラク
2016年10月6日(木) 19時00分~21時35分

no title

日本代表[選ぶ選手がいない」ハリル監督の嘆きは真実か?日本にアフリカ系選手はいない!スカウティングに不信 

1: 名無しさん 2016/10/05(水) 17:53:55.02 ID:CAP_USER9
「他に代わりは誰かいるか?」

ロシアW杯アジア最終予選のイラク、オーストラリア戦に向けた記者会見、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はそう言って、出場機会が乏しい欧州組の選出を肯定した。監督の目では「代わりはいない」のだろう。それは一つの道理である。

しかし、一人のリーダーが「自軍の弱み」をさらけ出す必要があるのか? それは戦う前から弁明しているに等しい。

「選んだ選手たちの力を信用している」

それで収まる話である。悲観的で傲岸な言いぐさが、必要以上に混乱と不快さを呼び、信用を失墜させている。喋れば喋るほど、言葉尻を捉えられ、身動きができなくなる。部下(選手)もちょっとしたことに浮き足立つ。これは敗北するリーダーの典型である。

そしてそもそも、本当に選ぶに値する選手はいないのか?

アフリカ系選手と同じ視点で日本人選手を見るべきではない

ハリルホジッチの選考には、"偏見と力み"が透けて見える。ボスニア系フランス人監督はフィジカルをベースに選手を選考。それは体脂肪率などの身体的データを重視していることからでも一目瞭然だろう。

「1対1の局地戦で勝利することによって、全体の局面を有利にする」というのがおそらく理想なのだろうし、その考え方自体は珍しくはない。例えばフランスリーグはアフリカ系の選手が多く、フィジカルインテンシティが基礎になっている。フランス代表の中盤はその色が濃厚。ポール・ポグバ、ブレーズ・マチュイディ、エヌゴロ・カンテ、ジョフレ―・コンドグビア、ムサ・シッソコなど肉体的に相手を打ち負かせる選手が多い。

フランスでプレーし、フランスのチームを率い、アフリカの代表チームも指揮したハリルホジッチとしては、「フィジカルの強い選手でなければ、日本も世界に太刀打ちできない」とスカウティングを論理化しているのだろう。

今回の代表メンバーに新たに招集された永木亮太(鹿島アントラーズ)は、タイプ的にその系統にいるのかも知れない。日本人離れしたパワーを中盤で感じさせる。ハリルホジッチが求めるデュエル(1対1)で強さを発揮する。それ故、所属チームで定位置を確保していないにもかかわらず、選出されたに違いない。

しかしながら、永木にポグバやカンテのような戦闘力を求めるのは酷だろう。

この観点で見た場合、日本人で有力選手を探すのは容易にはいかない。

ハリルホジッチは山口蛍(セレッソ大阪)を重用し、局地戦での激しさを求めている。しかし気の毒なことに、山口はインターセプトを狙い過ぎ、その裏を突かれる傾向がある。過剰にアグレッシブさを求められ、ロンドン五輪前くらいまでのバランスが崩れてしまった。不用意なトライが多くなり、取れないときもあっさりと入れ替わられすぎる。ドイツ、ブンデスリーガで通用しなかったのは必然だろう。

代表監督に就任して1年半になるハリルホジッチだが、他のポジションの選手も着目点がいささかずれている。

FWでは走力に長けた永井謙佑(名古屋グランパス)、SBでは俊足の藤春廣輝(ガンバ大阪)、CBでは丹羽大輝(ガンバ大阪)らを選出したが、結局は見限った。

なぜなら彼らはフィジカル能力は目覚ましくても、基本的なスキルや連係力で著しく劣る。相手が試合巧者だと、戦術的駆け引きによって造作もなく封じられてしまう。

それを、一目で見抜けなかった。そこにハリルホジッチのスカウティングへの不信がある。

つづく

http://bylines.news.yahoo.co.jp/komiyayoshiyuki/20161005-00062888/

出場機会に飢える本田圭佑!最終予選2試合は「ある意味でワクワクしてる」 

1: 名無しさん 2016/10/04(火) 21:42:17.36 ID:CAP_USER9
 日本代表は4日、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の2連戦(6日vsイラク代表/11日vsオーストラリア代表)に向けた埼玉県内での合宿3日目を迎えた。

 同日、イタリアから合流したMF本田圭佑(ミラン)は時差の問題に触れ、「2日くらいの場合はあんまり時差を戻そうとせず、そのまま対応した方が逆にコンディションよくいける。それはロシアでよく経験してるんで」と心配がないことを強調。一方で、所属するミランではここまでリーグ戦で途中出場の2試合にとどまっており、試合勘が心配されているが、これについては苦笑いを浮かべながらも「自分の中ではむしろ久しぶりに試合するってことで楽しみ」とコメント。「すごくポジティブな意味でサッカーを楽しみながら結果を出したい。ワクワクしてますけどね、ある意味」と試合に出場することへの意欲を示した。一方で心配の声には「いかに結果に結びつけるかってことが求められてると思うんで、その心配の声を消せるくらいしっかり結果を出したい」と力強く話している。

 日本代表は初戦のUAE戦に敗れていることもあり、今後もプレッシャーのかかる試合が続く。これまで2度のW杯予選を経験している本田は「悪い意味でのプレッシャーを感じないこと」が重要だと話し、「いかにそのプレッシャーをうまく受け流すか。しっかり抱えられる選手は抱えたらいいけれども、抱えられない選手も若い選手にはいると思うんで、そういうものを僕ら含めて緩和させられればいいかなと思ってます」と若手選手にアドバイスした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161004-00500516-soccerk-socc
no title

ハリル監督見た? 11人全員でつないだ浦和の先制点。これが「日本化」の目指す理想形だ 

1: 名無しさん 2016/10/02(日) 18:56:55.15 ID:CAP_USER9
唯一、ボールに触れなかったものの、重要な仕事をしたのはあの選手――。

[J1・第2ステージ13節]
浦和レッズ 4-0 ガンバ大阪
2016年10月1日/埼玉スタジアム2002
 
 
 開始5分過ぎ、浦和が鮮やかな先制点を決めた。この値千金の一撃は、11人全員が連動して生まれたもの。ひとりでも欠けていたら生まれなかったと言っても過言ではなかった。まさにチーム一丸で奪ったゴール――会心のコンビネーションだった。
 
「なにより先制点がほしかった。みんながボールをつないでくれて、最後、僕が決める形になったけれど、チーム全員で奪った本当に良いゴールだったと思う。日ごろ、練習している成果を出すことができた」

 シュートを突き刺した高木俊幸は、試合後のヒーローインタビューでそのように先制点について語った。GK西川周作からセンターフォーワードの興梠慎三まで、11人全員がそれぞれの役割をこなし、全員の力を結集させて奪い切った価値ある得点。改めて詳しく振り返ってみたい。
 
 4分10秒、G大阪陣内での藤春宏輝のスローインで、プレーが再開される。長沢駿を経由したハイボールがアデミウソンに飛ぶと、遠藤航が強烈なジャンプヘッドで競り勝つ。こぼれたボールを阿部がキープし、長沢のプレスを回避し西川にバックパスを送る。
 
 ここから浦和が改めて、ビルドアップを開始。西川→槙野→西川→柏木→阿部→柏木→西川と、自陣まで下がってきたボランチふたりとGKの3人でパスをつないで相手の出方を探る。
 
 スローインから30秒が経過。ここで西川が前線にフィードを放って、試合を動かす。
 
 藤春がヘッドで弾いたクリアボールを、井手口が大森に落とす。そこへ右ストッパーの森脇が猛烈な勢いでプレスをかける。
 
  慌てて大森が蹴り出したロングボールに、今度は槙野が素早く反応。中央にポジションをとった宇賀神とワンツーをかわし、左サイドを駆け上がる。
 
 そして槙野からパスを受けた高木が、ドリブルで中央にボールを持ち込む。4分50秒、このあと得点を決める高木はまだハーフライン付近にいて、ビルドアップに参加していたのだ。

「継続してきたことが、やっと実を結びつつあることの表われ」とペトロヴィッチ監督も評価。

 すると高木から、ギャップを突いて上がっていた森脇を経由し、右サイドに開いた駒井へパスがわたる(高木は左サイドへ抜けてDFの視界から消え、ゴール前へ駆け込む)。
 
 5分5秒、G大阪ゴール前まで迫り、ここで一気に浦和の攻撃のスピードが加速する。
 
 駒井から中央の柏木へパスが放たれる。あとはすべてワンタッチのダイレクプレーが続く。
 
 柏木からのスルーパスが、敵陣のペナルティエリア内にいた井手口と藤春の間をすり抜け、すでに縦に走り出していた武藤雄樹に渡る。武藤はゴールラインぎりぎりのところで身体を投げ出し中央へクロスを折り返す。

 ゴール正面に飛び込んだのは、CF興梠だ。しかし興梠はシュートを打たず、丹羽と井手口を引き寄せて、後方へスルー――。
 
 そして5分10秒、興梠の背後に駆け込んでいた高木がノーマークになって右足のサイドで合わせる。完璧にG大阪陣内を攻略。ボールはオ・ジェソクのブロックをかいくぐりゴールネットに突き刺さった。
 
 スローインでの再開からちょうど1分、森脇が右サイドの駒井に展開して、攻撃のスイッチを入れてからは、わずか5秒で決まった。 

 全員のオフ・ザ・ボールの動きの質も高く、特に前線の武藤と興梠はG大阪守備陣の“嫌がる”ところに常に顔を出してマークを引っ張り出し、相手を困惑させていた。一方、守備面では「駒井選手が好調だったので、どんどん生かそうと思った」という遠藤がやや右寄りにポジションを取って、同サイドの駒井&森脇の積極的な攻撃を後方でどっしりと支えていた点にも触れておきたい。
 
 浦和の11人全員が連動して生まれたゴール。唯一、ボールに触っていないものの、重要な“影のアシスト”をしたのが興梠だったことも分かる。
 
 浦和のペトロヴィッチ監督は試合後の記者会見で、次のように語り、手応えを掴んでいた。

「今日は内容と結果が伴うゲームができた。これまで継続してきたことが、やっと実を結びつつあることの表われだと思っている」
 
  また、埼玉スタジアムには、日本代表のハリルホジッチ監督が視察に訪れていたという。果たして、その目に、今回のゴールはどのように映ったの」だろうか? 
 
  no title

日本代表10月シリーズに挑む26人のポジション別序列…トップ下とCFに“異変”激戦区の左ウイングで最適解が見つかる? 

1: 名無しさん 2016/10/02(日) 12:00:38.65 ID:CAP_USER9
復帰した川島は、裏方としての働きが求められている。

 9月29日、日本協会はロシア・ワールドカップ・アジア最終予選(第3節:イラク戦、第4節:オーストラリア戦)に挑む日本代表のメンバー26名を発表した。
 
 日本は10月6日にホーム(埼玉スタジアム2002)にイラクを迎え、5日後の同11日にはアウェー(オーストラリア/メルボルン)でオーストラリアと対戦する。
 
 初戦のUAE戦(1-2)、続くタイ戦(2-0)を終え、1勝1敗の成績でグループBではオーストラリア、サウジアラビアに続く3位のハリルジャパン。グループの上位2か国に与えられるロシア行きのチケットを掴むためにも、10月シリーズでは“2連勝”を達成し、ひとつでも順位を上げたい。
 
 メンバー発表に先立ち、ハリルホジッチ監督は「10月は難しい2試合が待っています」と表情を引き締める。もちろん、「2試合に勝つ」と連勝を誓った。
 
 選ばれた26名の内訳をポジション別に見ていくと、GKが3人、DFが9人、MFが7人、FWが7人。以下、基本システムの4-3-3に沿って、各セクションの序列を考察していく。

つづく

SOCCER DIGEST Web 9月30日 6時0分
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160930-00019201-sdigestw-socc&p=4

no title

なんでサッカー日本代表っていつもメンバー同じなの? 

1: 名無しさん 2016/09/30(金)13:51:10 ID:LSL
ここ数年ずっと同じじゃね

no title

ハリルホジッチ、苦戦続く海外組を呼ぶしかない状況に苦悩!「他に誰を入れるんだ!!?」 

1: 名無しさん 2016/09/29(木) 21:33:10.69 ID:CAP_USER9
 日本サッカー協会(JFA)は29日、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の2試合に臨む日本代表メンバー26名を発表した。会見に臨んだヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、メンバー選考に関して難しさがあったと語った。

 現在、アジア最終予選で1勝1敗とグループBの3位につける日本は、10月6日にホームでのイラク戦、同11日に敵地でのオーストラリア戦を迎える。ハリルホジッチ監督は「この2試合は難しい」と認め、「オーストラリア戦は今シーズン最も難しい試合になると想像している。今のところアジアで最も強い」と、警戒を強めた。

 メンバー選考に関しては、「簡単ではなかった」とコメント。「15人ほど海外組がいて、先発で出ていない選手がいるわけだが、普通の基準でいけば呼べない。しかし、川島、長友、吉田、長谷部、香川、清武、本田、岡崎、宇佐美、武藤を退けるとすると、他に誰を交代で入れるんだ? かなり難しい」と、所属クラブで苦労する主力を招集せざるを得なかった状況を説明した。

 また、選手たちのクラブでの状況や、日程の問題を語るのは言い訳に聞こえるとの指摘には、「言い訳と捉えるのは間違いだ」と、きっぱりと否定。「私の目的は日本のフットボールを向上させること。何をしなければいけないかはわかっている。反対があるのは問題ないが、私の仕事は何ら変わらない」と、語気を強めて主張した。

 さらに、「私がこのメンバーを選んで、良かったのか悪かったのかは試合後にわかる。結果だけが真実。ミスを犯すこともあるし、負けた時は私を批判して欲しい。私の責任ですから」と続け、最後は監督が責任を負うべきだと強調した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160929-00498747-soccerk-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索