Samurai Goal

日本人


スポンサード リンク





久保はスペインでプレーした日本人最高選手と現地紙 

スクリーンショット 2020-07-29 21.47.25

元スペイン代表FWビジャが“凄い日本人Jリーガー”4人を選出「すごく良いGK」「かなり印象に残っている」 

20200628-43481358-gekisaka-000-2-view




1: 2020/06/28(日) 13:37:03.36
2020年限りで現役を引退した那須大亮氏のYouTubeチャンネルに、同じく同年限りで引退した元ヴィッセル神戸FWダビド・ビジャが出演した。「ダビド・ビジャが認める凄い日本人Jリーガーは誰!?」と題し、ポジション別に4人を選出している。

 2008年の欧州選手権と2010年の南アフリカワールドカップで得点王を受賞した元スペイン代表でビジャは2019年、MLSのニューヨーク・シティから神戸に加入。J1リーグで28試合13得点を挙げ、第17節名古屋戦で記録したゴールは年間最優秀ゴールにも選出された。今年1月1日の天皇杯決勝では終了間際に出場し、初タイトルを置き土産にユニフォームを脱いだ。

 今回の企画でビジャはGK、DF、MF、FWでそれぞれ「Jリーグでプレーしている凄い日本人選手」を選出。対戦時以外でも「Jリーグの試合をよく見ていた」といい、2019年に高いパフォーマンスを発揮した選手たちが選ばれている。

 GK部門はFC東京のGK林彰洋。ビジャは「ゴールを守る面積が広く、ハイボールに対しても強かったので、すごくいいキーパーだったという印象がある」と称えた。これを受けて、林は28日朝に公式Twitter(@hayashi_akihir0)を更新。「朝からバリテンション上がった」(絵文字略)と喜びを語っている。

 DF部門もFC東京からDF森重真人が選ばれた。「足も速いしフィジカルも強いし空中戦も強いし、対戦した選手としてもかなり印象に残っている」と絶賛。「FC東京から2人を選んだのも偶然ではない」と語った。またバレンシアでチームメートだった元アルゼンチン代表のDFロベルト・アジャラ氏にたとえて「エレガンスというか、余裕のあるプレーができる」と評した。

 MF部門は「非常に質の高い選手がたくさんいる」とした中で、神戸でチームメートだったMF山口蛍を挙げた。「彼は才能にも恵まれており、フィジカル的なコンディションもいい。チームメートとしてたくさんプレーできて、僕にとっても光栄だった」と語った上で「中盤の選手として必要なものを全て兼ね備えている」と称賛している。

 最後にFW部門は横浜F・マリノスのFW仲川輝人。「いわゆるFWという選手ではないが、前線の選手としてMVPと得点王を取った。それは彼が持つ能力を非常によく発揮できたと思うし、前線の選手として必要な能力を兼ね備えており、まだ若くまだまだ伸びていく可能性を秘めている」とし、バルセロナ時代のチームメートで現チェルシーのFWペドロにたとえた。

 また動画の中では「トレーニングで対戦するときは苦戦した」という「素晴らしいキャリアを築いた選手」にも言及。「38歳の同じ年齢だが、その年齢でトレーニングにモチベーション高くプレーを続け、チームメートをサポートし続けるのは簡単ではない。試合に絡む喜びがなくてもそれを行っていた。神戸の選手にとってとても良いお手本だった」と称えている。

 各選手への詳細な分析は那須大亮氏のYouTubeチャンネルで。

【ポジション別!】ダビド・ビジャが認める凄い日本人Jリーガーは誰!?
https://www.youtube.com/watch?v=8_t6VKXRfw8



https://news.yahoo.co.jp/articles/deb91473095dd18040b62ad85504a6cb3d137b88

リバプールV 南野4人目の日本人選手プレミア覇者 

20200626-26260030-nksports-000-18-view

日本人って本当アホだよなあサッカー発展させないで野球や陸上に力いれてんだからさ 

399468e4c0f3483816a74b504a1e6ec5




1: 2020/06/04(木) 21:54:13.989
東京に立派なサッカー専用スタジアムつくったほうがいいって

海外からマネーを呼び寄せられる日本のスポーツはサッカーだけ

サッカーは世界的スポーツ。野球なんか老人だけのこれから衰退するスポーツ
なんてどうでもええ。もちろん野球を敵視してるわけじゃなくて

サッカーに力いれろよ日本国民

お前らが知ってる日本人サッカー選手 

i=https%253




1: 2020/06/02(火) 23:08:57.97 0
金崎夢生

リーガ2部日本人最多得点のFWが 体感した「罵声が称賛に変わる瞬間」 

20200523-00894440-sportiva-000-1-view

「どれだけ…」 豪州代表GK、日本人の“神対応”に感銘 「ストレスは全くなかった」 

20200518-00262413-soccermzw-000-2-view

<中田英寿>日本人の低評価覆した21歳!1年で弱小ペルージャから名門ローマへ...29歳の若さで電撃引退 

1: 2020/05/15(金) 08:34:22.08
日本選手の欧州移籍やビッグクラブでのプレーが当たり前のようになった日本サッカー界だが、以前は夢物語だった。世界を目指して海を渡り、道を切り開いた先駆者4人の功績を振り返る。

 ◇衝撃のデビュー

 1998年9月13日。21歳にして当時世界最高峰のイタリア1部リーグ(セリエA)、ペルージャに移籍した中田英寿は、開幕戦のピッチに立った。ジダンらを擁す王者ユベントスをホームに迎え、鮮烈の2ゴール。昇格直後のチームは3―4で敗れたが、目の肥えたファンの日本人への評価を一変させる活躍だった。

 この3カ月前。日本の初出場となったワールドカップ(W杯)フランス大会で、中田はスカウトの目を意識し、金髪にして戦った。屈強な相手にも倒れない球際の強さと、非凡なパスセンスは、全敗したチームの中でも際立っていた。

 欧州各国から複数オファーが届いた中で、弱小のペルージャを選んだ。その理由を昨年、ネットテレビ番組で明かした。「試合に出られる可能性が高いから」。定めた目標へ、いかに早くたどり着けるか。プレー同様、常に逆算できる中田らしい決断だった。

 2年目のシーズン半ばには、名門ローマへ。外国人枠の兼ね合いもあり出場機会は激減したが、2000~01年シーズンのユベントスとの首位攻防戦で再び強烈な印象を残す。2点を追う後半途中にエースのトッティと代わると、約25メートルのミドルシュートを突き刺した。「よっしゃー」と叫んだ場面は、今も語り草。ロスタイムにもミドルから同点弾を演出し、18季ぶり制覇に大きく貢献。日本選手初のセリエA優勝メンバーとなった。

 日本史上最高の選手との呼び声もある中田は、29歳の若さで電撃引退した。06年W杯ドイツ大会のブラジル戦後にピッチに倒れ込んだのが最後の姿。16強入りした10年南アフリカ大会でも33歳。もしその場所に中田がいたらと、考えたファンは少なくない。 

5/15(金) 7:33 時事通信
https://news.yahoo.co.jp/articles/94cc707dca3700cfb093e262c269c2f739a7feff

写真
no title

「出ていけ!コロナ!と叫ばれて…」スペイン2部で戦う日本人GKが悲痛な訴え。スペイン全国紙が注目 

20200504-00010010-sdigestw-000-1-view




1: 2020/05/04(月) 16:55:57.49
外出規制緩和となった矢先に

スペインで戦う日本人GKが、悲痛な声を上げた。

2部オビエドの女子チームに所属する福村香奈絵が、現地時間5月3日に自身のツイッターを更新。現地で人種差別ともとれる行為に遭ったことを訴えた。このつぶやきを、スペイン全国紙『MARCA』も取り上げ、注目している。

昨夏になでしこリーグ1部のアルビレックス新潟レディースからオビエドに移籍した福村は、現在はスペインを舞台にプレーを続けている。

スペインでは新型コロナウイルスの影響でリーグが中断し、一般人は自宅待機が続いている状態だ。先日からは一部の規制が緩和され、時間や移動距離に制限は設けられているものの、外での運動が許可された。

そんな矢先に遭遇した出来事について、福村はスペイン語で綴っている。

「男が私を見て、私に向かって叫んだ。『出ていけ!コロナ!なぜおまえがここにいるんだ!』私は日本に戻りたいだけ。

子ども連れの母親が私を見て、子供たちに『さあ、あっちに行きましょう』と言った。それから子供たちは私を見て笑う。私は通りを歩いているだけ。

私はここにいます。ただ悲しいです」

この悲痛な声に、チームメイトやファンからは「あなたはひとりじゃない」「愚かしい人のことはすぐに忘れて欲しい」「わたしわあなたのともだちです。にほんすき。(原文ママ)」など、多くのコメントが寄せられている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c92d57047c15d2041bcbff361bc7691a47c726b9
5/4(月) 16:40配信

海外メディアが日本人サッカー選手につけた変なあだ名 

a6cdd_1469_a6f37b2b_23921c63




1: 2020/05/01(金) 05:28:59.56
 日本人選手が海外で活躍すると必ずと言ってよいほど愛称をつけられたり、比喩をされる。ところが、その名前が日本人にはちょっとずれているかもしくはピンとこない。

今回は海外のマスコミが名付けた日本代表選手たちのヘンテコな名前集を振り返ってみよう。

寿司ボンバー(高原直泰、久保裕也、柿谷曜一朗)

高原直泰はハンブルガーSV、フランクフルトなどで活躍しドイツでは「寿司ボンバー」と呼称されていた。

2003年2月にオリヴァー・カーンの無失点記録(802分)を止めるゴールを決めている。

久保裕也もよく日本文化に例えられていた。ヘント時代に『sporza』から「2点目のゴールは、ユーヤ“寿司・ボンバー”クボによる逸品だった。」とコメントされたほか、『Het Nieuwsblad』は「サムライ」と呼称。

海外では日本=寿司のイメージから、日本では「ジーニアス」の愛称で知られている柿谷曜一朗もバーゼル時代に寿司ボンバーと例えられたことがある。

タキ(南野 拓実)

ザルツブルク時代からなぜか南野は「タキ(Taki)」の愛称で知られている。リヴァプール移籍前には「日本のネイマール」などとも例えられた。

今ではクロップ監督も「タキ」と呼んでいるようで、『metro』のような英国紙もそれにならい「Taki」と表記している。

Tシャツ(稲本潤一)

稲本潤一は若くしてアーセナルへ引き抜かれたが、当時のトップチームでは出番はなかなか得られず。日本人がユニフォームなどのグッズを買うビジネス的な意味合いで移籍したのではないかという揶揄から「T-Shirts」と呼称された。

このことは書籍「Britain and Japan: Biographical Portraits 第 7 巻」にも記載が残されている。

ウッシー(内田篤人)

ドイツ語つながりで言えば内田篤人も「ウッチー」ではなくドイツ読みの「ウッシー」の愛称で知られていた。

シャルケ04では1年目から活躍、チームメイトにはマヌエル・ノイアー、ラウールらがおりノイアーとの仲の良さも話題になった。

後に怪我に苦しんだが、放出の際にはさよならセレモニーも実施。ウッシー人気は最後まで健在だった。

日本のメッシ(久保建英)

幼い頃は「久保君」と呼ばれていたが、2018年に「これからは久保くんじゃなくて久保建英でお願いします」と自身が要望を出した。

気が付けば、今や「タケ (クボ)」とか「日本のメッシ」と例えられることが多くなった。

https://news.livedoor.com/article/detail/18199451/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索