Samurai Goal

日本人


スポンサード リンク





「これが1億2600万人の日本人に愛される理由だ」久保建英の秀逸アシストに現地紙が感嘆!「クボは魅力的」 

スクリーンショット 2020-11-07 11.04.45

最も多くELの舞台に立ったのは誰? 日本人選手の出場数ランキング 

スクリーンショット 2020-10-29 23.04.13

ブンデスリーガ日本人の市場価格トップ10。ドイツ人アナリストがガチ評価 

スクリーンショット 2020-10-19 14.08.50




1: 2020/10/19(月) 12:39:29.89 _USER9
1部、2部ともに序盤戦を終えたドイツ・ブンデスリーガ。日本人選手たちも試合に出場し、ピッチ上でプレーする姿を見せている。プレシーズンの準備を含め、ここまでの今季の日本人選手たちの評価は、どのようなものだろうか?

 ドイツ国内をはじめ、世界中でサッカー選手たちの市場価格の目安と使われているポータルサイト『トランスファーマルクト』で、日本および日本人選手を担当しているトビアス・ドライマン氏に解説・分析をしてもらった。

 ドライマン氏は、同サイトでデータスカウトおよび選手の市場価格アナリストとして活躍する一方、ドイツ国内のJリーグ放送でも日本サッカーのエキスパートとしてコメンテーターも務めている。ドイツ国内の日本人選手のアクチュアルな情報にも精通しているドライマン氏の評価は、ドイツでの日本人選手の評価を正確に反映している。

1位 鎌田大地(フランクフルト):市場価格1200万ユーロ(14億7600万円)
2位 堂安律(ビーレフェルト):市場価格630万ユーロ(7億7490万円)
3位 大迫勇也(ブレーメン):市場価格300万ユーロ(3億6900万円)
4位 遠藤航(シュツットガルト):市場価格250万ユーロ(3億750万円)
5位 原口元気(ハノーファー):市場価格160万ユーロ(1億9680万円)
6位 遠藤渓太(ウニオン・ベルリン):市場価格130万ユーロ(1億5990万円)
7位 室屋成(ハノーファー):市場価格100万ユーロ(1億2300万円)
8位 長谷部誠(フランクフルト):市場価格80万ユーロ(9840万円)
9位 宮市亮(ザンクトパウリ):市場価格65万ユーロ(7995万円)
10位 アペルカンプ真大(デュッセルドルフ):市場価格22万5000ユーロ(2767万5000円)

詳しくはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/b333dc52b3d34ef3deb34f369a4491c9534b21bc

今季の欧州主要リーグ所属選手、中国人は3人 日本人はなんと67人=中国メディア 

1693401




1: 2020/10/13(火) 15:31:27.86 _USER9
中国メディア・東方網は10日、2020-21シーズンが開幕した欧州各国のサッカーリーグのクラブに所属するアジア人(オーストラリアを含む)選手について、日本人が67人と最も多いのに対し、中国はわずか3人であることを報じた。

 記事は、今や欧州のサッカーリーグでもアジア人選手を多く見かけるようになったとしたうえで、欧州主要リーグのクラブに所属するアジア選手のなかで人数が最も多いのは日本人の67人だと紹介。リバプールのFW南野拓実選手、ビジャレアルのMF久保建英選手、ブレーメンのFW大迫勇也選手をはじめ、その顔触れは豪華であり、日本サッカーの強さは現在の日本代表が全員「欧州組」であることからもうかがえると伝えた。

 そして、日本に続いて多いのがオーストラリアの31人、イランの25人、韓国の24人となっており、アジア地域の強豪3カ国が第二勢力担っているとした。また、ウズベキスタン、マレーシア、ヨルダンといった国の選手も今季の欧州リーグで見ることがができる一方、サウジアラビア、カタール、タイ、ベトナムなどの選手は姿を消したと紹介している。

 さらに、今季欧州の主要リーグでプレーする中国人選手はスペイン2部・エスパニョールの武磊選手のほか、フランス2部オセールのFW季驍宣選手、セルビア1部メタラツのMF李東選手の3人であるとし、武磊選手が欧州移籍のお手本となったことで、今後さらに多くの若手選手が欧州の主要リーグに名を連ねる可能性があるとの期待を示した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

http://news.searchina.net/id/1693401?page=1

日本人が好きなスポーツ選手でサッカー最上位が三浦カズwwwwwwwwwwwwwwww 

20200923s00002179351000p_thum




1: 2020/10/01(木) 18:57:13.12 0
https://www.crs.or.jp/data/pdf/sports20.pdf
1イチロー
2位錦織圭


9位三浦知良

遠藤航(シュツットガルト)「ドイツ人は日本人と似ている。13時集合の場合、15分前には全員がそこにいます」 

1: 2020/09/24(木) 20:18:41.30 _USER9
シュツットガルトのMF遠藤航がドイツ大手紙『ビルト』の単独インタビューに応じ、ブンデスリーガや今後について言及した。24日付のウェブ版にも掲載されている。

遠藤は昨夏、シントトロイデンからシュツットガルトにローンで加入し、ブンデス2部で21試合に出場した。シーズン途中からは完全移籍に移行し、1部昇格に貢献。
19日に行われた今季の開幕節ではフライブルクに2-3と惜敗したものの、1部デビューを果たした。

ブンデス1部について「2部のときとはすべてが異なっており、すべてが高いレベルにある。技術的にはより優れ、戦術的にはより厳しく、スピードも速い」と話した遠藤。
今シーズンの目標は「残留が重要」と語りながらも「将来的にはヨーロッパリーグや、チャンピオンズリーグにシュツットガルトの皆と共に出場したい」と大きな目標を掲げた。

また、居心地の良さも感じているというドイツでの生活について「ドイツ人は日本人と少し似ている。
集合時間が13時の場合、15分前には全員がそこにいます。両国とも時間厳守、規律を守ることを重んじている」と語った。

遠藤は26日、自身の1部初勝利をかけて敵地でマインツと戦う。

9/24(木) 20:02配信 ゲキサカ
https://news.yahoo.co.jp/articles/53a24a993deb28b753f61a946fe3ac035b33d0ee

写真
no title

「期限付き移籍」成功例として思い浮かぶ日本人選手は誰? なぜ浦和には選手が戻らないのか 

スクリーンショット 2020-08-26 3.57.58

<日本人がEL制覇の快挙!>セビージャの分析官・若林大智氏「また新たな夢に向かって進んでいきます」 

news_308903_1




1: 2020/08/22(土) 12:56:52.88 _USER9
写真
https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/309000/308903/news_308903_1.jpg

[8.21 EL決勝 セビージャ3-2インテル]

セビージャのトップチームでアナリスト(分析官)を務める若林大智氏(37)が22日、自身のツイッター(@footballtw)を更新し、UEFAヨーロッパリーグ(EL)制覇の喜びをつづった。

若林氏は12年前に日本からスペインに渡り、下部リーグの複数クラブで監督を歴任したのち、昨季にセビージャのカンテラのアナリストに就任。今季からトップチームに昇格していた。
1年目はラ・リーガ4位で来季UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)の出場権獲得に貢献。さらにチームは21日のEL決勝でインテルを3-2で破り、タイトル獲得の歓喜も味わった。

ツイッターで「夢を追いかけた結果、クラブの6度目のEL制覇に貢献できた」と感慨深く語った若林氏。「トロフィーを掲げる事も大事だけど、ここまでの過程はそれよりも大事。
プロアナリストとして初シーズン、初タイトルを獲得できたのは本当に貴重な経験」と続け、「応援してくれた方、ありがとうございます! また新たな夢に向かって進んでいきます」と、さらなる飛躍を誓った。

8/22(土) 10:52配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/9e0a0bab1ae06328b92ad2099299e777ae2bff07

久保はスペインでプレーした日本人最高選手と現地紙 

スクリーンショット 2020-07-29 21.47.25

元スペイン代表FWビジャが“凄い日本人Jリーガー”4人を選出「すごく良いGK」「かなり印象に残っている」 

20200628-43481358-gekisaka-000-2-view




1: 2020/06/28(日) 13:37:03.36
2020年限りで現役を引退した那須大亮氏のYouTubeチャンネルに、同じく同年限りで引退した元ヴィッセル神戸FWダビド・ビジャが出演した。「ダビド・ビジャが認める凄い日本人Jリーガーは誰!?」と題し、ポジション別に4人を選出している。

 2008年の欧州選手権と2010年の南アフリカワールドカップで得点王を受賞した元スペイン代表でビジャは2019年、MLSのニューヨーク・シティから神戸に加入。J1リーグで28試合13得点を挙げ、第17節名古屋戦で記録したゴールは年間最優秀ゴールにも選出された。今年1月1日の天皇杯決勝では終了間際に出場し、初タイトルを置き土産にユニフォームを脱いだ。

 今回の企画でビジャはGK、DF、MF、FWでそれぞれ「Jリーグでプレーしている凄い日本人選手」を選出。対戦時以外でも「Jリーグの試合をよく見ていた」といい、2019年に高いパフォーマンスを発揮した選手たちが選ばれている。

 GK部門はFC東京のGK林彰洋。ビジャは「ゴールを守る面積が広く、ハイボールに対しても強かったので、すごくいいキーパーだったという印象がある」と称えた。これを受けて、林は28日朝に公式Twitter(@hayashi_akihir0)を更新。「朝からバリテンション上がった」(絵文字略)と喜びを語っている。

 DF部門もFC東京からDF森重真人が選ばれた。「足も速いしフィジカルも強いし空中戦も強いし、対戦した選手としてもかなり印象に残っている」と絶賛。「FC東京から2人を選んだのも偶然ではない」と語った。またバレンシアでチームメートだった元アルゼンチン代表のDFロベルト・アジャラ氏にたとえて「エレガンスというか、余裕のあるプレーができる」と評した。

 MF部門は「非常に質の高い選手がたくさんいる」とした中で、神戸でチームメートだったMF山口蛍を挙げた。「彼は才能にも恵まれており、フィジカル的なコンディションもいい。チームメートとしてたくさんプレーできて、僕にとっても光栄だった」と語った上で「中盤の選手として必要なものを全て兼ね備えている」と称賛している。

 最後にFW部門は横浜F・マリノスのFW仲川輝人。「いわゆるFWという選手ではないが、前線の選手としてMVPと得点王を取った。それは彼が持つ能力を非常によく発揮できたと思うし、前線の選手として必要な能力を兼ね備えており、まだ若くまだまだ伸びていく可能性を秘めている」とし、バルセロナ時代のチームメートで現チェルシーのFWペドロにたとえた。

 また動画の中では「トレーニングで対戦するときは苦戦した」という「素晴らしいキャリアを築いた選手」にも言及。「38歳の同じ年齢だが、その年齢でトレーニングにモチベーション高くプレーを続け、チームメートをサポートし続けるのは簡単ではない。試合に絡む喜びがなくてもそれを行っていた。神戸の選手にとってとても良いお手本だった」と称えている。

 各選手への詳細な分析は那須大亮氏のYouTubeチャンネルで。

【ポジション別!】ダビド・ビジャが認める凄い日本人Jリーガーは誰!?
https://www.youtube.com/watch?v=8_t6VKXRfw8



https://news.yahoo.co.jp/articles/deb91473095dd18040b62ad85504a6cb3d137b88



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索