Samurai Goal

日本サッカー


スポンサード リンク





<神戸フィンク監督>日本サッカーを称賛!「戦術的に優れている」 欧州にいくなら「攻撃的な選手」 

1: 2020/09/18(金) 21:33:26.75 _USER9
19年6月から神戸を率いるフィンク監督 「日本のサッカーは戦術的に優れている」

神戸のフィンク監督が日本サッカーについて語っている

ヴィッセル神戸を率いるドイツ人のトルステン・フィンク監督が、日本サッカーについて「日本のサッカーは戦術的に優れている」と評した一方、
「もし私が監督としてヨーロッパで働くなら…」と欧州に連れて行きたい選手について語っている。ドイツのサッカー情報サイト「Fussball Transfer」が伝えた。

フィンク監督はオーストリアのFKアウストリア・ウィーン、ドイツのハンブルガーSV、スイスのFCバーゼル、キプロスのAPOELニコシアなどで指揮。
2019年6月から神戸を率いるなか、昨季はリーグ戦を8位でフィニッシュし、天皇杯でクラブ初タイトルを獲得するなど手腕を発揮している。

日本を含め5か国のクラブで指導してきたフィンク監督は、「日本のサッカーは非常に速く、戦術的に優れている。後ろに立つだけのチームはほとんどないし、日本では攻撃的なサッカーが展開されている」と評価した。
また「個人的には、もし私が監督としてヨーロッパで働くなら、日本のディフェンスを連れて行くことはないかもしれない。ミッドフィールダーや攻撃的な選手だろう」と明かしている。

日本のディフェンス陣よりもアタッカー陣を高く評価しているフィンク監督だが、「もちろん、3バックの中央で活躍するような長谷部(誠/フランクフルト)のような選手もいる。スピードと技術があり、巧みにプレーする戦術家もいるけどね」と持論を展開した。
フィンク監督が欧州のクラブで再び指揮を執った時、日本人アタッカーの補強も選択肢の一つとして挙がりそうだ。

9/18(金) 7:10配信 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/4238b4862cbc943891c75fbfb45164719f4d8590

写真
no title

日本サッカー界「天才」ランキング「リアル翼くん」は誰だ?第3位:久保建英、第2位:釜本邦茂、1位は? 

1: 2020/08/24(月) 13:00:49.60 _USER9
写真no title




プロ野球界の「天才」と言えば、長嶋茂雄、落合博満、イチロー......といった名前が挙がるのだろうか。では、サッカー界の「天才」と言えば、誰か? 今回、サッカー界に精通する識者に、そんなアンケートを実施してみた。結果は、以下のとおりである。

第3位:久保建英(9ポイント)

「日本人ナンバー1選手になろうとしているのか、すでに到達しているのか。日本サッカー界にとって、『不世出』と言える選手であることに間違いない。

 子どもの頃から有名だった選手が、その後も順調に育っていくケースは、実は少ない。当初の期待値を下回る選手で終わる場合が大半だが、久保は19歳になった今なお、順調だ。疑心暗鬼になりながら、目を凝らしてきたつもりだが、翳(かげ)りはない。壁に当たっていない。

 何より、日本のどの選手よりも、醸し出す雰囲気がサッカー的。サッカー選手らしい匂いがする。そこに、天才性がうかがえる。本物の匂いを感じる選手だ」(スポーツライター・杉山茂樹氏)

「"天才"――久保は、その象徴的選手である。

 幼くして名門バルサに才能を見初められ、日本に戻って16歳にしてプロデビューし、もてはやされている。しかし真骨頂は、そこからだろう。17歳のプロ選手としては、凡庸の域を出なかったが、1シーズン後に激変。わずか半年の間にFC東京の主力、エースとなり、18歳で代表に選ばれ、レアル・マドリードに入団。その変化は激しく、"変異"に近い。

 マジョルカでの挑戦1年目も、成長を続けた。活躍により、リーグ5位のビジャレアルへの移籍が決定。19歳になった今、市場価値は30億円以上に高まっている。環境に適応し、劇的に進化していく姿は、まさに天賦の才だ」(スポーツライター・小宮良之氏)

第2位:釜本邦茂(19ポイント)

「銅メダルを取った1968年メキシコ五輪。5人のDFで守り、ウイングを経て、釜本にボールを送る。それが、日本の"戦術"だった。

 相手チームのGKを負傷させるほど、強烈で正確な右足のシュート力。しかし、相手DFが右足を抑えにかかると、左足でも決めきる力があった。そして、欧州のDFにも引けを取らない強靭なフィジカルを生かした、強烈なヘディングシュート。右足、左足、そして頭と、どこからでも点が取れる万能型のCFだ。

 運動量は決して多くなかったが、相手DFの視野から消えてからの、一歩、二歩のスピードでフリーになる速さがあった。日本が生んだワールドクラスのストライカーだった」(サッカージャーナリスト・後藤健生)

「天才? やっぱりガマさん(釜本)だろう。モノが違う。天性のものがある。プレーも、身体的にもワールド級。次いで、ワシ、キンボウ(金田喜稔)、(中村)俊輔といったところ」(サッカー解説者・木村和司氏)

「まずは日本代表の歴代最多得点記録(75点)を持つ、釜本さんでしょ。カズさん(三浦知良/55点)や岡崎(慎司/50点)もゴールを積み重ねてきたけど、いまだ誰も追いつけないわけだから。あとは、久保建英。そして、中村俊輔かな」(サッカー解説者・名波浩氏)

つづく

スポルティバ 8/24(月) 6:20
https://news.yahoo.co.jp/articles/5a6344da56cc4ca824fb3c483de8b913ff1bd1e5

写真

久保とかいう日本サッカー歴代No. 1の才能w 

no title




1: 2020/07/04(土) 12:10:17.08
日本始まったな

日本サッカーで1番の天才って誰? 

no title




1: 2020/06/28(日) 12:52:33.47
引退した選手もオーケー 俺は宇佐美

FOOT×BRAIN【本田圭佑が日本サッカーの未来を語り尽くす】 

20191010_honda-AP




1: 2020/06/28(日) 00:05:19.87
先週に続きブラジルから本田圭佑がリモート出演!
世界と日本の差や指導者ライセンスへの提言など、
本田ならではの視点から日本サッカーの未来について語り尽くす。

日本サッカーから高原みたいなフォワードが出てこない理由ww 

20200421-00000056-reut-000-1-view




1: 2020/06/27(土) 08:19:32.00
なんでや

元日本代表、橋本英郎が選ぶ“日本サッカー10人の天才”!「小野、俊輔、久保の真のスゴさは…」 

20200516-00010001-sdigestw-000-2-view

【検証】日本サッカー最大の問題は育成年代指導者の意識  

無題




1: __ 2019/05/14(火) 15:02:17.33 ID:dmek08TG0
UAEのアスリート育成機関SSS(スパニッシュ・サッカー・スクール)の代表を務めるレアル・マドリードの黄金時代を支えたミチェル・サルガド氏からの提言
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190514-00064469-gendaibiz-spo&p=1
>多くの選手はその技術を試合の中で使う“術”を知らない、と感じるね
>つまり、サッカーというスポーツへの理解度が圧倒的に足りないんだ
>サッカーには正しいプレーや正しい戦術の理解が求められる
>これらの理解は育成年代のうちに学ばなければいけないが、日本にはその環境がない
>これが日本サッカー最大の問題でもあり、その根源には、指導者の意識が世界レベルではないということがあるだろうね。

オシムが日本へメッセージ「足りないのは絶対的な自信、真っ当なジャーナリズム、ベテランの有効活用だ」  

1: Egg ★ 2019/11/08(金) 10:10:57.68 ID:54v22u+C9
no title


かつてジェフ千葉や日本代表を率いたイビチャ・オシム。78歳となった今でもフットボールへの愛情は変わらず、いや、むしろ深くなっており、ウィットに富んだ言葉も健在だ。渾身のメッセージから伝わってくるのは、日本サッカーへの尊敬の念と今後への期待感だ。

【PHOTO】世界のスポーツシーンを彩る「美女アスリート」たちを厳選!

    ◆    ◆    ◆

 少し前から私は、オーストリアのグラーツにあるセカンドハウスに滞在している。毎年恒例の健康診断を受けるためだ。心臓に持病があるうえ、膝の調子も良くないので、外出は極力控えている。たまに近くを散歩する程度で、ほとんど家にいないといけない。

 今、唯一の楽しみが自宅でのサッカー観戦だ。テレビで放映する試合は片っ端から見ている状態。先ほどはレンジャーズとセルティックの一戦をチェックしていた。こちらでも時折、Jリーグの試合を放送してくれる。そんな時は決まって、かじりつくように見ている。
 Jリーグ全試合の内容を把握しているわけではないので、正確な分析はできないかもしれない。ただ、私が日本にいた頃に比べると、“オーガナイズ”がとても上手くなった、いや、完璧に近くなった。(J1リーグの)どのクラブもスタジアムや芝がすごく整備されていて、その点で日本はもう世界レベルだろう。

 世界のサッカーが日々進化するなか、日本もその潮流に乗り、ピッチでは秩序を保ちつつスピーディかつテクニカルなサッカーが展開されている。なにより感心させられたのは、ボールをあまり止めることなく、可能なかぎり素早くパスを回している点だった。

 私の知っている日本人はとても賢く、学習能力が極めて高い。近くに良いお手本がいれば彼らはいろんなものを吸収できるだけに、ある時からワールドクラスの外国人選手がJリーグからいなくなったのは残念だった。しかし少し前から、アンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャ、フェルナンド・トーレス(8月23日の鳥栖対神戸戦を最後に現役引退したが)のようなトッププレーヤーがJリーグでプレーするようになってきた。これはとても喜ばしいことだ。

 世界的なトッププレーヤーの存在は日本サッカーを発展させるうえで重要。なぜなら、難しいと思われる局面をいとも簡単に打開していく彼らをチームメイトとして、あるいは対戦相手としてピッチで触れ合うだけでも得られるものは大きいからだ。

11/8(金) 5:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191108-00002283-thedigest-socc

<イニエスタ>日本サッカーの魅力とは?「競争レベルに驚いた」「0-3でも最後まで全力で走る」  

1: Egg ★ 2019/11/03(日) 10:33:44.72 ID:fT9vuTx69
ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、先日、「日本はキャリアの最後に引退するために訪れる場所ではない」と話した。

 その発言の真意について、現地時間11月1日のスペイン紙『Marca』のインタビューで問われたイニエスタは、「まったくそのとおりだよ。チームや選手の競争レベルに驚いたんだ」と、Jリーグに賛辞を寄せている。

「日本のサッカーは非常にダイナミックでフィジカルなんだ。止まることがないからね。たとえ0-3で負けていたとしても、最後まで全力で走る。競争レベルを保ち続けることができるから好きだな」

 現在9位の神戸。それだけにイニエスタは、「目標の達成は難しい」としながらも、「そのために戦い続ける」とコメント。一方、ベスト4まで勝ち進んでいる天皇杯では、日本で初のトロフィーも掲げたいと意気込んでいる。

「ファイナルまであと一歩だ。ここでタイトルを勝ち取ることができれば素晴らしいね」

 イニエスタと神戸の契約は2021年まで。延長の可能性を問われると、イニエスタは「決して分からないことだ」と答えた。

「今は熱意があり、それが大切なことだ。試合や練習が好きなんだ。時間とともにどうなるか、見ていこう。でも、予定されている契約の終わりがもっと延びるといいね」

 同インタビュー内では、J1でも来シーズンから導入が始まるビデオアシスタントレフェリー(VAR)についても言及。イニエスタは、「前進だと思うけど、あらゆることを軽視していると思う」と持論を展開した。

「VARが導入されても、不確かだったり、様々なかたちで解釈できることが、いずれにしても残るだろう。ただ、自分はポジティブなツールという意見だ」

 VAR導入がJリーグにどう影響するかは、来年まで分からない。ただ、多くの人が、新たな時代を迎える日本サッカー界で、イニエスタの活躍をいつまでも見ていたいと願っていることは確かだろう。

2019年11月2日 20時56分
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17325431/

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索