Samurai Goal

日本


スポンサード リンク





海外助っ人Jリーガー、日本のコロナ対策に感銘…母国に切望「同じことをしてほしい」 

20200327-00253768-soccermzw-000-1-view




1: 2020/03/29(日) 21:17:00.06
 新型コロナウイルスの感染拡大が世界中に広がっているなか、J1リーグの柏レイソルに所属するケニア代表FWマイケル・オルンガが母国紙「デイリー・ネーション」に対して日本の現状を説明しつつ、「ケニアの人々にも同じことをしてほしい」と切望している。

 中国の武漢市で発生した新型コロナウイルスは、アジア圏だけでなく世界中に瞬く間に広がり、日に日に感染者と死亡者が増加するなど深刻度が増している状況だ。そうしたなかケニア紙「デイリー・ネーション」が、「海外のケニア人スターたちは、ウイルスの混乱にどう対処しているのか」と特集を組み、そのなかの1人として柏FWオルンガが紹介されている。

 3月22日のJ1リーグ開幕戦で、柏は北海道コンサドーレ札幌と対戦し、オルンガの2ゴールなどで4-2と快勝。その後、リーグ戦は新型コロナウイルスの影響で中断しており、現在は4月25日にJ3、5月2日にJ2、同9日にJ1と段階的に再開する予定だ。

「サッカー界だけでなく、世界のあらゆる分野にとって厳しい時期だ。日本では、この状況を封じ込めようとしているが、J1リーグは今のところ再開できる状況にない。早く再開できるよう全力を尽くしており、ベストを尽くしたいと思っている」

 母国紙に日本の現状を伝えたオルンガは、「平日はチームで練習し、週末は休日。選手として、家でもトレーニングするようにしている」と心構えを口にしている。その一方、新型コロナウイルスの対応を巡って、母国に思うところがあるようだ。

「人々にはもっと慎重になって、この世界的流行病を最小限に抑えるために、様々な対処法にしっかり従うようにアドバイスしたい」と語るオルンガは、日本人の対応を一つの“お手本”として挙げている。

「日本は感染者が1000人を超えているが、国民はすごく前向きで、ほとんどの人が政府の指示に従っており、新型コロナウイルスで苦しんでいた多くの患者も回復している。ケニアの人々にも同じことをしてほしいと思う」

 柏のエースFWは母国に思いを馳せ、1日も早い騒動の終わりを願っていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200327-00253768-soccermzw-socc

柴崎岳「スペインでの光景、状況を日本で繰り返さないため、今一度本当に危ないんだと危機感を持って」 

1: 2020/03/29(日) 22:49:50.28
スペイン2部デポルティポでプレーする日本代表MF柴崎岳が29日、自身のブログを更新し、
新型コロナウイルスの感染拡大について「スペインでの光景、状況を日本で繰り返さないために、今一度本当に危ないんだと危機感を持って下さい」と訴えた。

すでに28日に動画でのメッセージを発信していた柴崎だが、この日はブログでスペインの現状について言及。「コロナウイルスは一国の問題ではなくなっています。
世界や僕がいるスペインの状況を見て、近い将来、今見ているこのひどい光景が日本にも訪れるかもしれないと思うと背筋が凍ります。

日本で、たかが数十人亡くなったと思っている人は自分の知らない誰かが亡くなったとしか思えず、危機感を持てないのも無理はないかもしれません。
ですが数日後、また数百人、数千人、数万人となった時にはもうすでに遅いです。まだ入り口の段階だからこそ、食い止めなければ歯止めをかける事は難しいと思います」と書きつづり、自宅待機の重要性を説いた。

3/29(日) 19:47配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200329-03290124-sph-socc

写真
no title

なぜ? 日本のコロナ感染「奇妙なほど少ない」 イタリア人元DFが指摘「当然だ」 

20200330-00254263-soccermzw-000-8-view




1: 2020/03/30(月) 11:36:35.89
東京のACミラン・アカデミーで指導する元セリエA選手ベレッリ氏が母国イタリア懸念

かつてイタリアのセリエAでプレーし、現在は東京にあるACミラン・アカデミーでテクニカルディレクターを務めているイタリア人DFマヌエル・ベレッリ氏が、新型コロナウイルスの感染拡大が広がる日本ついて言及した。
欧州と比較し、「非常に少ない感染者数を維持している」と評価しつつも、「その数は奇妙なほど少ない」と持論を展開している。
イタリアメディア「Cittaceleste.it」が伝えた。

中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスが広がり、リアルタイムの被害状況を伝えるジョンズ・ホプキンス大学の集計によれば、世界で66万6211人(データはすべて29日17時30分時点)が感染している。
サッカー界も大きな影響を受け、Jリーグをはじめ、欧州リーグなど主要リーグも一時中断。いまだ騒動収束の目途は立っていないのが実情だ。

そんななか、東京のACミラン・アカデミーで指導するベレッリ氏が母国イタリアメディア「Cittaceleste.it」の取材に応じている。
イタリアは感染者が急増しており、アメリカ(12万4686人)に次ぐ世界2位の9万2472人で、リーグ再開の目途はまったく立っていない。

セリエAのエンポリ、ウディネーゼ、ラツィオ、アタランタ、レッチェなどでプレーしたベレッリ氏は、母国リーグについて「誰もこのような緊急事態を予想していなかったので、すぐに再開するのは不可能に思える」と懸念。
その一方、活動の地である日本については「東京オリンピックは延期されたが、まだ政府による完全な隔離はない」と伝えている。

「高度な防御システムを構築しているのかもしれない」と日本を称賛した一方…

東京では3月下旬から感染者が増えて世界29位の1693人ながら、イタリアをはるかに下回っている状況だ。
両国を知るベレッリ氏は「日本は非常に少ない感染者数を維持しているが、PCR検査をあまりやっていない。
あまり知られていないが、実際、その数は奇妙なほど少ない」と懐疑的な見方を示している。

日本の歴史などを踏まえた文化的背景に触れ、「日本が歴史上で経験したすべてのこと考えれば、高度な防御システムを構築しているのかもしれない」と称賛したペレッリ氏。
その一方、感染者数に関しては「だけど、こうも言えるだろうね。
検査数が少ないなら、患者数が少なくなるのも当然だ」と主張している。

再開が長引いているJリーグは、4月25日にJ3、5月2日にJ2、同9日にJ1と段階的に再始動する予定。
しかし感染者が増えつつあるなか、今後の動向によっては再び影響を受ける可能性もありそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200330-00254263-soccermzw-socc
3/30(月) 6:20配信

なぜ日本はコロナ感染者が少ない? 代理人、学んだのは『距離感を保つ』こと 

no title




1: 2020/03/29(日) 18:59:49.89
トーマス・クロート代理人が、ドイツ誌『キッカー』のインタビューで日本での新型コロナウイルス感染者数が少なさについて言及。来日した際に自ら経験した日本人の「距離感」について語った。

現役時代はケルンやフランクフルト、ハンブルガーSV(HSV)やボルシア・ドルトムントでプレーし、ケルンでは現横浜FC取締役会長の奥寺康彦氏の同僚でもあったクロート氏。

代理人としては元日本代表FW高原直泰のHSV移籍を始めとし、香川真司(→ドルトムント)、内田篤人(→シャルケ)ら数多くの日本人選手の海外移籍を手掛け、『キッカー』曰く日本人50名の欧州挑戦に導いた。

2015~19年はドイツ代理人協会(DFVV)の会長も務めたクロート氏は、現在もPRO Profil社のオーナー兼GM(ゼネラルマネジャー)としてバイエルン・ミュンヘンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーやフランクフルトの元日本代表MF長谷部誠らをクライエントに持ち、業界でのその影響力は大きい。

インタビューでは新型コロナウイルス感染拡大がサッカー界に及ぼす影響について話し、記者の「パンデミックの初期はサッカー選手の多くは規律をさほど見せなかったが…」とのコメントを受けると、次のように日本についても語っている。

「それはどこかここでの頬にチュをする人々の付き合い方も関係しているだろう。人口密度が高い日本では、近い中国、そして特にヨーロッパよりか感染者が遥かに少ない。日本人の生活習慣や文化の影響が大きい。何度も日本に滞在したことがあるが、会談や交渉、イベントなどで学んだのは、『距離感を保つ』こと。これは相手にリスペクトを示すことに匹敵する」

「この点、ここ5~6年間で少しばかりの変化があったかもしれないが、今でも挨拶の際は、握手は普通ではない。相手へは適度な距離感を保ってお辞儀することが礼儀正しさの通常の形だ。バスの停留所や駅でも押し合い圧し合いや割り込みがなく、誰もが落ち着いて列に並ぶ」

ドイツでは28日時点まで死者数は399人と比較的少ない5万人以上の感染者が確認。クロート氏は、欧州の人々の触れ合う習慣が、急激な拡大につながった一つの要因だと考えるようだ。

吉田麻也、イタリアから日本へ切実メッセージ 「冗談抜きで家にいた方がいい」 

新規メモ



1: 2020/03/29(日) 13:43:44.95
サッカー日本代表でイタリア1部サンプドリアのDF吉田麻也が29日、インスタグラムを更新。
新型コロナウイルスの感染拡大が深刻なイタリアの現状から、日本へ向けて「冗談抜きで家にいた方がいいです」とメッセージを伝えた。

今年2月、イングランドからサンプドリアに移籍。3月にデビューを果たした矢先に、イタリアが危機的な状況に陥った。

吉田は動画を添付し、「僕がイタリアにいて、イギリスも少し見ていて思うのは初期の段階で少し、みんなが油断していたんじゃないかなと思いました。
中国で起こっていることだとか、アジアの問題だとか捉えていて日常生活を送っていたことによって、
一気に感染が拡大してしまったなと思っています」と、率直な思いを口にした。

そして、「日本の皆さんももしかしたら心のどこかで、頭の片隅でヨーロッパで広がっているね、
それくらいに思っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、本当に感染は一気に広がります。
なので、できるだけ、極力、必要時以外は自宅に待機されることが一番だと思います」と警鐘を鳴らした。

1分21秒の動画で切実な思いを伝えた吉田。最後に「感染の拡大を食い止めるにはひとりひとりの意思だと思うので、
是非協力してみなでこの危機を乗り越えましょう。Stay home」と呼びかけた。
https://www.daily.co.jp/soccer/2020/03/29/0013230964.shtml

<なぜ日本は“コロナパニック”に陥らない?>元ポーランド代表GKが礼賛!「危険の中での生活に慣れている」 

1: 2020/03/26(木) 08:52:02.55
19年夏から仙台でプレーするGKスウォビィク、母国ポーランド紙に日本の現状を説明

写真
no title


J1ベガルタ仙台に所属する元ポーランド代表GKヤクブ・スウォビィクが母国紙「PRZEGLAD SPORTOWY」の取材を受け、新型コロナウイルス騒動による日本の現状について語り、欧州と比較しながら「パニックには程遠い」「危険の中での生活に慣れている」と礼賛している。

 世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るい、Jリーグや各国リーグなどサッカー界も一時中断。日に日に感染者が増加しており、懸念が広がっている。ポーランド紙「PRZEGLAD SPORTOWY」は仙台でプレーするGKスウォビィクに注目。2019年夏に母国シロンスク・ヴロツワフから仙台に加入したポーランド人GKは、昨季15試合に出場し、今季開幕戦の名古屋グランパス戦(1-1)でもゴールマウスを守った。

 そんなスウォビィクが日本での日々について質問を受け、「チームのトレーニングが普通に行われるほど、状況はコントロールされている」と語り、次のように続けている。

「毎朝クラブに顔を出すと、診察室に行くところから始まる。体温を測って日記に記録する。また家族の体温も測ることになっている。37.5度を超えたら、すぐクラブに報告しなければならない」

 クラブによる徹底管理のなか、安心して日々のトレーニングに励んでいると紹介したスウォビィク。さらにピッチ外での日常生活にも触れ、「状況は落ち着いていて、この地域でコロナウイルスにかかっている人は今のところ1人だけ。日本では人々が仕事に出ている。学校は休みになったが、4月から新学期が始まるなか3月には休みがあり、単純に前倒しになっている。お店、バーも、レストランも開いている」と口にした。

 感染拡大が顕著な欧州各国のパニック状況を踏まえつつ、スウォビィクは「ヨーロッパ、スペイン、イタリアで起きていることを日本から見ると恐ろしい。日本でも状況の深刻さは認識されているが、パニックの兆候はない」と吐露している。

スウォビィクも日本人に驚嘆 「危険の中での生活に慣れている人たちだ」

 母国紙から「欧州メディアでは、日本各地で休校となり、お店の買い占めが始まったと伝えられていたが?」と振られたスウォビィクは、「そのようなことがあっても、パニックには程遠かった」と断言。「トイレットペーパーや消毒剤で品不足の問題もあったが、それは一時的なものだった」と補足しつつ、日本で見られる人々の行動を称えている。

「日本人は、必要なものを必要なだけ持っていくというメンタリティーを持っていて、『なんでも買って、あとは知らない』という原則で行動はしない。危険の中での生活に慣れている人たちだ。地震や台風が頻繁に彼らの国を襲う。賞味期限の長い食品は常に家に置いておくべきだと教えられている。私もリュックサックに毛布、懐中電灯、電池、食料など基本的なものを入れている。このようなセットは何年も未開封のままかもしれないが、それが生存を左右する日が来るかもしれない」

 19年夏の加入時から鋭い反応を連発し、仙台の守護神に君臨している28歳のポーランド人GKだが、新型コロナウイルス騒動のなかで比較的落ち着いている日本人の行動に日々驚きを隠せないようだ。

3/26(木) 6:15配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200326-00253504-soccermzw-socc&p=1

なぜ日本は新型コロナ感染が少ないのか? 元ブラジル代表ジョー(名古屋)が称賛!「日本はすごく清潔な国」 

no title




1: 2020/03/20(金) 20:59:06.11
新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るうなか、J1名古屋グランパスに所属する元ブラジル代表FWジョーが日本の現状に触れ、一部の国よりも感染拡大が緩やかな理由について持論を展開し、「すごく清潔な国」と日本を称賛している。米スポーツ専門局「ESPN」ブラジル版が伝えた。

 各国で新型コロナウイルスの感染が拡大しており、リアルタイムで「感染マップ」を更新している米ジョンズ・ホプキンス大学の感染者数データ(19日午後8時30分)によれば、発生源の中国が1位の8万1154人、イタリアが2位の3万5713 人、イランが3位の1万8407人、スペインが4位の1万5014 人、ドイツが5位の1万3093人。当初上位だった日本だが、現在は17位の924人と感染拡大を抑えつつある。

 名古屋で在籍3シーズン目を迎える点取り屋のジョーは、「家を出る時はいつでも衛生管理に気を配っている。いつも手を洗わないといけない」と細心の注意を払っていると明かす。その一方、日本の現状について「この時期は感染力のあるインフルエンザもあるし、新型コロナウイルスの前から日本人は1年中マスクをして道を歩いているよ」と口にしている。

 3月上旬は感染爆発が懸念された日本だが、その間にイタリアなどで感染者が見る見る増加。比較的に緩やかに感染者数が推移している日本について、名古屋のストライカーは「日本はすごく清潔な国。おそらく、それが他の場所ほど状況が悪くない理由だ」と私見を述べている。

 移籍1年目の2018年はリーグ戦32試合24ゴールでJ1得点王に輝いたジョー。昨季は右足首靭帯損傷などの負傷もあり不完全燃焼に終わったが、今季は心機一転の爆発を誓う。一時中断されているJリーグの再開後、ブラジル人FWがサッカー界を盛り上げてくれるはずだ。

3/20(金) 18:20配信

親日家マルキージオ氏が告白!「日本は魅力的。しかしプレーするためとなると…」 

1: 2020/03/13(金) 21:08:50.37
元イタリア代表のクラウディオ・マルキージオ氏が、『DAZN(ダゾーン)』の企画でインタビューに応じ、過去にメジャーリーグサッカー(MLS)移籍の可能性があったことや日本について語った。

マルキージオ氏は、1993年に7歳でユヴェントスの下部組織に入団。チームがセリエBに降格した2006年にトップチームに昇格すると、2018年夏までユーヴェでプレーした。その後、ゼニトへの移籍を経て、昨年10月に33歳で現役引退を発表したマルキージオ氏だが、過去にMLS移籍の可能性があったことを明かした。

「ユーヴェを退団する1年前にシカゴへ移籍する大きなチャンスがあった。あの時は、退団への意思を固めつつあったのだが、ユーヴェがチャンピオンズリーグ決勝に近づいていたこともあり、移籍へ踏み切る気分にはなれなかった」

2018年6月に来日した際には、「世界の向こう側でも家にいるように感じられるなんて! 日本はイタリアと同じくらい心が安らぐ!」とSNS上で綴った親日家のマルキージオ氏。ユーヴェ退団後には、日本のクラブからもオファーが届いたとされる。

元イタリア代表MFはインタビューにおいて、日本についても言及。「私にとって日本は魅力的だよ。しかしプレーするために行くとなると別」と述べ、移籍については言葉を濁した。

3/13(金) 19:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200313-00010031-goal-socc

写真
no title

日本の子供サッカーは練習しすぎ? 休息と広い世界、ドイツの指導法。 

1: 2020/03/10(火) 13:11:47.12
ドイツサッカーのオフシーズンに当たる夏や冬の時期を利用して日本に一時帰国をすると、僕は全国各地を行脚し、
サッカークリニックや指導者講習会、保護者向け講演会を実施している。ドイツでサッカー指導者として活動し、
それを伝える機会があることを意義深く思っている。

 これまでに訪れた場所は全部で20都道府県になる。どこに行ってもよく受ける質問に、「おすすめの自主トレメニューは?」
「練習がないときどんな取り組みをするのが大事?」というものがある。
 さて、皆さんはどうお考えだろう? 
 日本では「1日休むとその遅れを取り戻すのに倍の時間が必要になる」という話が主流かもしれない。サッカーだけではなく他のスポーツ、
音楽や芸術の世界でも、「他の人が休んでいる間にどれだけ頑張れるかが重要だ」といった考え方が、まことしやかにささやかれている。

 だから、チーム練習がないときは自主練習に励んで差をつけようとするし、スクールに通う小学生も数多い。高学年の子どもに限らず、
低学年の子どもでさえ毎日のように練習をしていることが珍しくない。

余白の時間が十分あるからこそ。
 「うまくなるために」
「プロになる夢をかなえるために」
言いようはいくらでもある。大人から「そうすることが大切なんだよ」と言われたら、子どもは「そうか」としか思えない。
親やコーチに頑張れと言われるから頑張る。だけど、毎日毎日スケジュールに追われる生活を送っているなか、
気がつくとなんのために頑張っているのかわからなくなっている子供はいないだろうか。

サッカーが好きで始めて頑張っていたはずなのに、「サッカー、好き?」と聞かれてすぐ「うん!」と言えない子どもが増えている。
それは、なぜなのだろうか? 

人の体も、心も、頭も、やればやるほど強くなるわけではない。余白の時間が十分あるからこそ、それまでの取り組みが成長につながるのだ。

“やりすぎ”は百害あって一利なし。
 体を回復させ、強化させるための時間があるから強くなる。言い換えれば、休む時間と環境が十分にないと成長はない。

 無理の積み重ねは怪我に直結する。激しいスケジュールをやりくりするにはどこかでパワーをセーブせざるを得ないし、
それが習慣になると自分の全力を出すことができなくなる。成長段階の子どもたちにとっての“やりすぎ”は、百害あって一利なしだ。

続きはソースをご覧ください
no title

【世界主要リーグ】韓国人vs日本人の活躍度、徹底検証!!! 

20191216_Japan_Korea_getty




1: 2020/03/04(水) 20:13:46.67
プレミアリーグ アジア人シーズン成績

1位:ソン・フンミン(韓国) 2016‐17 34試合14ゴール8アシスト 
2位:ソン・フンミン(韓国) 2017‐18 37試合12ゴール6アシスト 
3位:ソン・フンミン(韓国) 2018‐19 31試合12ゴール7アシスト
4位:ソン・フンミン(韓国) 2019‐20 21試合9ゴール8アシスト 
5位:キ・ソンヨン(韓国) 2014‐15 33試合8ゴール1アシスト 
6位:岡崎慎司(日本) 2017‐18 27試合6ゴール3アシスト
6位:香川真司(日本) 2012‐13 20試合6ゴール4アシスト
8位:パク・チソン(韓国) 2006‐07 14試合5ゴール3アシスト
8位:パク・チソン(韓国) 2010‐11 15試合5ゴール3アシスト 
8位:アシュカン・デジャガ(イラン) 2013‐14 22試合5ゴール2アシスト



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索