Samurai Goal

新監督


スポンサード リンク





浦和・槙野がFW挑戦!新監督に直訴、33歳本気です 

31c902809ab011ea8df8cd74d019eca3




1: 2021/01/28(木) 05:17:59.65 _USER9
 えっ、FW槙野!? J1浦和の元日本代表DF槙野智章(33)が27日、沖縄キャンプの午前練習を終えてオンライン取材に応じ、今季はFWにもトライする意向を示した。リカルド・ロドリゲス新監督(46)にも直訴したという。浦和移籍10年目の節目となるシーズン。最終ラインの要としてチームを支え続けた“お祭り男”が、新境地を開く。

 画面越しの表情に、自信が漂った。DF槙野が“真顔”でFWへの挑戦を口にした。

 「個人的にはFWをやりたい。今季は楽しいと思ってもらえるようなサッカーを見せたい」

 槙野によると、ロドリゲス新監督は全選手と面談して希望するポジションをヒアリング。その際に「『最終ラインならどこでもできるな』と言われたので、『FWもできます』と言いました」。J1通算43得点のFW顔負けの得点力を、指揮官にアピールした。

 実は、中学時代はFWが“本職”だった。中学3年時の試合で最終ラインに負傷者が続出したためセンターバックに起用されたことをきっかけに守備の奥深さを知って、そのままDFへ転向した経緯がある。

 浦和は昨季、ホームで4試合連続無得点負けを喫するなど得点力不足に泣いた。チーム総得点43は優勝した川崎(88得点)の半分以下。「開幕したら、自分が予期しないポジションで出るかも…。ワクワクしています」。チームの得点力向上へ、DFの要が並々ならぬ決意を示した。

 この日の練習では攻撃のフォーメーション確認などを行い、ゴールに直結する攻撃パターンを繰り返し確認した。2018年W杯ロシア大会にも出場し、国際大会ではデュエル(1対1の競り合い)に強い選手として相手FWと対峙し存在感を発揮した。今季は攻撃の切り札となる?(宇賀神隆)

https://news.yahoo.co.jp/articles/371962a74bfe899b0b1bee224259510c6ab94f64
1/28(木) 5:00配信

<J1ベガルタ仙台>手倉森新監督「去年の状況を見て今年やばいと思っている人たちを見返したい」 

スクリーンショット 2021-01-24 11.26.27




1: 2021/01/23(土) 20:04:19.26 _USER9
 J1仙台は21日の午前に仙台市の大崎八幡宮で必勝祈願を行った。佐々木知廣社長(64)、手倉森誠監督(53)ら選手、スタッフ約50人が参加した。指揮官は、「一戦必勝。勝ちを目指して戦う姿を見せられる様に、選手たちがケガなく順調に(チーム作りが)進むように」と願いをかけた。また、午後には結団式と12人の新加入選手の会見も行われた。

 巨大な絵馬に選手たちはサインを書き入れ、今季の躍進へ、それぞれが気持ちを高めた。高卒プロ2年目のGK小畑裕馬(19)は、「人を感動させられるようなプレーをしたい、スタメンを勝ち取りたい」と闘志を燃やした。

 18日に始動したチームは、25日に宮崎へ移動し長期キャンプを行う。12人の新戦力が加わり、8季ぶりに指揮をとる手倉森監督の下、震災から10年の節目となる年に再び希望の光となることを目指す。昨季浦和で23試合出場4得点のFWマルティノス(29)、長崎からJ2屈指のドリブラーMF気田亮真(23)ら強力な選手も加わった。指揮官は「アタッカーはゴールに突き進める、1人でボールを運べる選手をそろえた」と話し、「キャンプで足りなければ、あと2人くらいは補強していこうかなと思っています」とさらなる戦力UPも示唆した。

 開幕戦は2月27日のアウェー・広島戦、次戦は3月6日にJ王者・川崎とホームで戦う。「周りの期待に応えたい。去年の状況を見て今年やばいと思っている人たちを見返したい」と監督。新戦力、既存戦力を融合させ、スタートダッシュを切る準備を進めていく。

https://news.yahoo.co.jp/articles/787fa16d993832b52509b3f81511fe458f584cff

初のJ1指揮も「自信はある」…浦和、リカルド・ロドリゲス新監督が就任会見「楽しみで仕方ない」 

スクリーンショット 2021-01-19 7.12.33




1: 2021/01/18(月) 20:00:01.23 _USER9
 今季より浦和レッズの監督に就任したリカルド・ロドリゲス氏が17日、オンラインで開催された就任会見に出席して抱負を語った。

 1974年4月3日生まれのリカルド・ロドリゲス氏は、17年に徳島の監督に就任。初年度で7位、2年目で11位の結果を残すと、3年目の19年にはレギュラーシーズンを4位で終えてプレーオフに進出。勝利が必須だったプレーオフ決勝で、湘南に引き分けてJ1昇格を逃したものの、4年目を迎えた昨季はJ2を制覇して、徳島をJ1昇格へと導いた。そして、シーズン終了後の昨年12月22日に浦和の新監督に就任することが発表された。

「浦和レッズという偉大なクラブで指導、指揮をさせて頂く機会を与えてもらい、本当に感謝している」

 会見冒頭でそう語ったリカルド・ロドリゲス氏は、「浦和はファン・サポーターの方々が熱く、とても情熱がある。皆さんが楽しんでもらえるような戦い方をしていきたい」と続けた。

 シーズンオフにはDF西大伍(←神戸)、MF田中達也(←大分)、MF明本考浩(←栃木)、MF小泉佳穂(←琉球)、MF金子大毅(←湘南)、GK塩田仁史(←栃木)を獲得し、新卒組ではMF伊藤敦樹(←流通経済大)、MF大久保智明(←中央大)、DF藤原優大(←青森山田高)、DF福島竜弥(←浦和ユース)を迎え入れた。現時点での補強に関して、「すごく満足している。話し合いながら補強を進め、良い選手たちが集まってくれた」と納得の表情を浮かべる。

 昨季は優勝争いに絡むことなく、13勝7分14敗の勝ち点46の10位でシーズンを終えた。「後半戦はうまくいっていない試合が確かにあったと思うが、良いところもあった」と話しつつも、「正直なところ、過去を振り返ってどうするかよりも、より未来に目を向けて進んでいきたい」と、その視線は前だけを見据えている。

「一試合一試合勝つ気持ちを持ち、相手を押し込み、攻撃的に戦い、見てくれる方々が楽しんでくれるようなサッカーを展開していけるように日々取り組んでいきたい。新しい選手たちとプロジェクトをスタートさせるのが楽しみで仕方ない」

 クラブが掲げる目標は「ACL出場権獲得」(西野努テクニカルダイレクター)。自身初となるJ1での指揮にも「自信はある。これだけの選手たちと、今までやってきたことを踏まえれば必ずうまくいくと思っている」と力を込めた新指揮官とともに、浦和が新たなスタートを切る。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4b6a6953313938643c0816c6371f1bdbe642d58a

<ベガルタ仙台>新監督に手倉森誠氏就任へ!2012年にはJ1でのクラブ最高位となる2位に躍進。8年ぶり復帰 

1: 2020/12/23(水) 07:38:20.31 _USER9
サッカーJ1ベガルタ仙台の新監督に、かつてベガルタで指揮をとった手倉森誠氏が就任する見通しであることが22日分かりました。

 関係者によりますと、今シーズン限りで退任した木山隆之監督に代わるベガルタの新監督として、クラブが22日までに手倉森氏に就任を要請したということです。

 手倉森誠氏は青森県出身の53歳。2008年から6年間ベガルタの監督を務め、就任2年目の2009年にはJ2優勝を果たしクラブをJ1昇格へと導きました。

2012年にはJ1でのクラブ最高位となる2位に躍進。退任後はリオオリンピック代表監督などを経て、去年からJ2長崎を指揮し、今月18日に今シーズン限りでの退任が発表されていました。

 手倉森氏の就任が正式に決まれば、8年ぶりにベガルタで指揮を執ることになります

12/22(火) 19:39 東日本放送
https://news.yahoo.co.jp/articles/41a8bc9eb96ab3ba8e29fcfc7c1f58124265623a

写真
no title

<V・ファーレン長崎>新監督に吉田孝行氏が就任!「皆さんとともにJ1昇格を果たしたい」 

1: 2020/12/21(月) 19:22:17.25 _USER9
J2のV・ファーレン長崎は21日、現在トップチームコーチの吉田孝行氏が新監督に就任すると発表した。今季、J1昇格を逃した長崎は18日に手倉森誠監督の退任を発表していた。

「さらに強いチームを作れるよう精進」

 現在43歳の吉田新監督は横浜フリューゲルスや横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸などでプレーし、2013年に現役を引退。その後は神戸でコーチとなり、2017年8月~2018年9月、2019年4月~6月には神戸の監督を務め、2020年より長崎のコーチに就任していた。

 クラブを通じて発表されたコメントは次のとおり。

「いつも応援していただきありがとうございます。 来シーズンより、V・ファーレン長崎の指揮を執ることになりました吉田孝行です。まずは今シーズン、目標であったJ1昇格を果たすことができず申し訳なく、そして悔しく思っています。 あと1歩で届かなかったJ1昇格。もっと自分にできることはなかったのかと問いかけています。

来シーズンは、今シーズン取り組んできたことをベースに、さらに強いチームを作れるよう精進していきます。そして、ファン・サポーターの皆さんとともにJ1昇格を果たしたいと強く思っています。引き続き、熱い応援、サポートをよろしくお願いします」

12/21(月) 19:14 サッカーマガジン
https://news.yahoo.co.jp/articles/07cacbaf11ff18f06e8f74765da5a8819a8cf82e

写真
no title


【サッカー】<V・ファーレン長崎>手倉森監督の今季限りでの退任を発表!後任は未定...自ら「解任です」 [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1608277539/

<清水>来季新監督に、今季限りでC大阪の監督を退任するロティーナ氏が就任することが決定的 

1: 2020/12/20(日) 13:11:18.66 _USER9
サッカーJリーグ1部(J1)清水エスパルスの来季新監督に、今季限りでセレッソ大阪の監督を退任するスペイン人のミゲルアンヘル・ロティーナ氏(63)が就任することが19日、決定的となった。
関係者への取材で分かった。近く発表される見通し。

ロティーナ氏はスペイン1部チームなどで指揮を執り、2017年にJ2東京ヴェルディの監督に就いた。前年に18位だったチームを2年連続で上位に導き、19年にセレッソ大阪へ移った。
守備を重視した組織戦術を用い、昨季は5位。今季も終盤までトップ3争いをし、18勝6分け10敗の4位でシーズンを終えた。

清水は今季、オーストラリア人のピーター・クラモフスキー氏を監督に迎えたが、成績不振により10月末に解任。コーチから昇格した平岡宏章監督が後任に就いていた。
19日のガンバ大阪との最終節で勝利し、今季は16位。低迷の要因はリーグ最多の失点数で、堅守の構築に定評があるロティーナ氏に白羽の矢を立てたとみられる。

12/20(日) 9:13配信 静岡新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/22764f0ab84f45894ea0a865e4be769bf6a713a3

写真
no title

本田圭佑のボタフォゴで新監督が新型コロナ感染報道 

1: 2020/12/01(火) 08:59:35.24 _USER9
12/1(火) 8:18配信
日刊スポーツ

本田圭佑(20年3月撮影)

ブラジル1部の古豪、ボタフォゴのバロッカ新監督が新型コロナウイルスに感染したと、11月30日、複数のブラジルのメディアが報じている。

【写真】本田圭佑(20年1月撮影)

MF本田圭佑(34)が所属している。

ボタフォゴは本田の加入から約10カ月で何と5人目の監督が誕生という迷走ぶり。当然というべきか、主戦場の全国選手権でも、降格圏で低迷している。

バロッカ監督は11月28日に就任したばかりで、12月5日のフラメンゴ戦で初めて指揮を執るはずだったが、この試合での指揮は不可能になった。

本田ら選手の状況は、不明だが、一部報道によると、本田は11月29日に就任したばかりのバロッカ監督と話し合いの場を持ったという。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/4ff0f278ffbfe328fa867752e75f1af2cc921a20

曹貴裁氏、J2京都の新監督最有力 資格停止から復帰…地元クラブから再スタート 

スクリーンショット 2020-11-21 7.43.52




1: 2020/11/21(土) 06:47:16.41 _USER9
 流通経大サッカー部コーチの曹貴裁(チョウ・キジェ)氏(51)が来季、Jリーグの監督に復帰することが20日、分かった。複数クラブからオファーが届いた中、J2京都での監督就任が最有力に。湘南を指揮していた19年に発覚したパワハラ問題で、1年間の公認S級コーチライセンスの資格停止処分を受けた同氏だが、10月4日に処分は解除。出身地でもある京都で、新たなスタートを切る可能性が高くなった。

 曹氏は12年から指揮を執った湘南で、走力で相手を上回る攻守にアグレッシブな「湘南スタイル」と呼ばれるチームを作り上げた。しかしJリーグの調査で選手、スタッフへのパワハラ行為が認定され、昨年10月に退任。ハラスメント講習などを受けた上で、今年3月からは実地研修として関東2部の流通経大でコーチに就任した。大学でも指導力を発揮し、来年1月の全国大会の出場権をかけた11月の関東大学トーナメントで初優勝。2部所属で初の制覇を達成したほか、リーグでも現在首位とチーム強化に貢献している。

 湘南時代の曹氏は、MF斉藤未月(21)ら若手を積極起用してチームの主力へと育成。また大学などへのスカウティングも行い、ビッグネームに頼らないチームを作り上げていた。10年を最後にJ1から遠ざかる京都は、実好礼忠監督(48)の下で戦う今季も10位と低迷。21日の徳島戦(サンガS)で、今季の昇格が消滅する可能性がある。オーストリア1部・ザルツブルクMF奥川雅也(24)らを輩出するなど、下部組織の育成に定評がある京都。若手育成を軸としたチーム作りを得意とする曹氏の招へいに動いたとみられる。

 ◆曹 貴裁(チョウ・キジェ)1969年1月16日、京都府生まれ。51歳。洛北高から早大を経て、91年に柏の前身である日立製作所サッカー部に入団。JリーグではDFとして柏―浦和―神戸でプレーし、97年に引退。湘南でジュニアユース監督、ユース監督、ヘッドコーチを歴任して12年に監督に就任。18年にはルヴァン杯で初優勝を果たした。19年途中に湘南を退任。

 ◆京都サンガ 1922年に京都紫光クラブとして創部。96年に「京都パープルサンガ」としてJリーグに加盟し、2007年から現クラブ名。「サンガ」はホームタウン・京都とつながりの深い仏教用語。サンスクリット語で「仲間・群れ」を意味する。本拠地は亀岡市のサンガスタジアム(収容2万1623人)。02年に松井大輔、朴智星らを擁し天皇杯で優勝し初タイトル。J1での最高順位は02年の5位。過去にはラモス瑠偉、森保一、三浦知良らが在籍。

https://news.yahoo.co.jp/articles/811d0c3094560c73efbfe4d4cedc3eb8a77230e9
11/21(土) 5:00配信

本田圭佑、復調の要因。新監督、 ポジション変更など好条件が揃った 

スクリーンショット 2020-10-15 13.57.50

J1神戸 三浦淳寛SD新監督就任へ 最短26日札幌戦から指揮 

スクリーンショット 2020-09-24 8.42.00


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索