Samurai Goal

新監督


スポンサード リンク





メッシ大暴れのバルサが初陣から2連勝! クーマン新監督「初戦より良いチームだった」 

スクリーンショット 2020-09-17 9.01.18

「1分間の電話で激しく動揺」 戦力外報道のスアレス、バルサ新監督の“残酷すぎる通達方法”に英注目 

スクリーンショット 2020-08-27 17.48.44

<バルセロナ・ロナルド・クーマン新監督>残留熱望のスアレスを戦力外に!地元ラジオ局が報道 

スクリーンショット 2020-08-23 17.40.59




1: 2020/08/25(火) 05:55:18.58 _USER9
スペイン1部バルセロナのロナルド・クーマン新監督(57)が、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス(33)に戦力外を通知したと、24日に地元ラジオ局RAC1が報じた。

 2021年まで契約が残っているスアレスは、22日付のスペイン紙エルパイスのインタビューで「残りたい。控えの役割も受け入れる」と残留を熱望していたが、指揮官は移籍先を探すよう本人に伝えたという。

 これを受けてスペイン紙アスは、バルセロナ退団の可能性が浮上しているアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)に対する悪影響を指摘。メッシとスアレスはピッチでコンビを組むだけでなく、プライベートでも家族ぐるみで付き合いがある親友であるため、スアレスが退団した場合はメッシの去就に大きな影響を与えそうだ。

 またムンド・デポルティボ紙は、クーマン新監督がスアレスに続いて、チリ代表MFアルトゥロ・ビダル(33)にも戦力外を伝えたと報道。一方で、欧州チャンピオンズリーグを制したバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)に期限付き移籍していたブラジル代表MFコウチーニョ(28)を来季の戦力として呼び戻す考えという。

8/25(火) 0:12 スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/c70e6a5e348f8c0e0c141d617cffbfa40857a73e

バルサ新監督クーマン、デ・ヨングのポジション変更を明言「絶対あそこには置かない」 

スクリーンショット 2020-08-22 16.46.38

<メッシ>クーマン新監督に直接退団の意向告げたと地元報道... 

1: 2020/08/21(金) 09:44:26.45 _USER9
アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)が新たにバルセロナ監督に就任したロナルド・クーマンとミーティングを行い、自身の将来についての疑問を告げたことをスペイン紙マルカ電子版が20日に報じている。

同紙は「ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長がロナルド・クーマン氏との監督契約と、ペドリの入団発表会で先週のリスボンの大惨事を忘れることができると考えているとしたら、それは間違いだ。バイエルン・ミュンヘン戦の2-8の反響は、今でもバルセロナ内で鳴り響いており、その問題はレオ・メッシという特定の選手に影響を与えている」と伝えている。

そして「メッシはあの試合後、バルセロナでの自分のサイクルが終わったと感じており、すべてのクレ(バルセロナ・サポーター)にとって悪夢となる、誰も想像していなかったシナリオが現実になるかもしれない。現在、メッシが他のチームでプレーするためにバルセロナを退団する可能性がこれまでになく高まっている。

メッシは常々、バルセロナで引退すると言ってきたが、それはバルセロナが欧州チャンピンズリーグ準々決勝で8失点を喫していない世界でのことであり、今は全てが変わっている。バルセロナは自己破滅的な危機に陥っており、今回、クラブ史上最高の選手を失う可能性がある」とメッシ退団の可能性を強調した。

このような退団を示唆する報道が出る中、メッシは20日にバケーションを中断し、自宅でクーマン監督とミーティングを実施したとのこと。バルセロナの地元ラジオ局RAC1はメッシがその際、自分の将来について、現時点ではバルセロナに留まるよりも離れる意向があることをクーマンに告げたと報じている。しかし契約条件により退団が難しいことを認識しているとのことだ。

実際、メッシの契約は来年6月30日まで残り、契約解除金が7億ユーロ(約875億円)に設定されているため、今夏の退団は不可能だと見られている。しかし不安定な状況であるため、欧州の多くのクラブがその動向を追っているとのこと。中でも特にインテル・ミラノが大きな関心を寄せており、獲得の糸口を見つけられる可能性があると確信していると、マルカ紙が伝えている。

また、マルカ紙は公式サイトで「メッシのバルセロナでの時代が終わったと思うか?」というアンケートを実施したところ、63%の人々が同意していた(回答約14万9000人)。(高橋智行通信員)


https://news.yahoo.co.jp/articles/630458ae426258a05a3ee9712a7ff9412c5c6171


写真
no title


去就問題が過熱しているアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがロナルド・クーマン新監督とのミーティングを行い、退団の意思を指揮官に伝えたようだ。バルサの象徴メッシはクラブでの将来に疑問を抱いているとスペインラジオ局「RAC1」が報じている。

8/21(金) 9:07 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/45bd97abd70dd471db000cdd519edcded7978281

バルサ新監督に悪評の嵐。「悪い監督」 「人間的にNG」...メッシどうする? 

1: 2020/08/20(木) 22:51:17.82 _USER9
「(ロナルド・)クーマンのバルセロナ監督就任は、待望されていた。すでに書き記されていたことだ」

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、オランダ人クーマンの監督就任を"運命の救世主の降臨"に喩えた。

 今シーズンのバルサは不振を極めた。リーガ・エスパニョーラのタイトルを失い、チャンピオンズリーグでは2-8とバイエルンに惨敗。クラブの崩壊危機も囁かれる。



そもそも、スペインにおけるクーマンの指揮官としての評価は高くない。

 その大きな理由としては、2007-08シーズン、バレンシアで指揮をとった時代の失敗があるからだろう。

「5カ月でチームを完全にぶち壊した。最後は選手に対し、別れの挨拶すらしなかった。悪い監督の典型。人間的にノーグッドだ」

 当時、バレンシアでプレーしていたホアキン・サンチェス(ベティス)の言葉には、敵意さえ滲む。

 クーマンは就任早々、ダビド・アルベルダ、サンティアゴ・カニサレス、ミゲル・アンヘル・アングロの3人の主力をチーム活動から排除。人間的に横暴で傲慢なやり方に、チーム内外で不満が噴出した。

「我々はずっと4-4-2、4-4-1-1でプレーし、それに慣れていていた。しかし、クーマンは全く違うシステムを採用し、ちぐはぐのままでやり通した。はっきり言うけど、出てってくれてよかった」

 やはり当時、バレンシアに所属していたビセンテ・ロドリゲスも、独裁型リーダーに辟易していたことを告白している。

クーマンはバレンシアでシーズン途中での解任となったが、奇跡的にスペイン国王杯を取った。最悪なのは、それに奢った"自らを正当化する"発言だった。

「ホアキンは3000万ユーロで獲得したが、30ユーロの価値しかなかった。彼の関心は夕食で5、6本のワインが揃っているかどうか」

 あまりに礼を欠いている。この点、同じオランダ人監督と言っても、ヨハン・クライフやフランク・ライカールトとは性格が違う。バルサで優勝しながら嫌われ者だったルイス・ファン・ハールとよく似ている。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/0547e42c2d602770f9daf2a302ed2e818534ef59
no title

バルセロナ、クーマン氏の新監督就任を発表!…20年半ぶりの古巣復帰 

スクリーンショット 2020-08-20 7.46.38




1: 2020/08/19(水) 18:41:20.67 _USER9
 バルセロナは19日、ロナルド・クーマン氏の新監督就任を発表した。クラブ公式サイトによると、契約は2022年6月までの2年間。

 現在57歳のクーマン監督は、20年半ぶりに古巣バルセロナ復帰を果たした。オランダ人指揮官は、現役時代に1989年から1995年にかけてバルセロナでプレー。引退後も1998年夏から1999年12月まで当時バルセロナを率いていたルイ・ファン・ハール監督のもとでアシスタントコーチを務めた。その後は母国オランダの古巣であるアヤックスやフェイエノールト、イングランドのサウサンプトンやエヴァートンなどで監督を務め、2018年2月からはオランダ代表を指揮していた。

 バルセロナは14日のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でバイエルンに2-8の歴史的な大敗を喫し、12年ぶりに無冠でシーズンを終えた。その3日後の17日に臨時理事会を実施し、「トップチームの大規模な再編における最初の決定」として、1月から指揮を執っていたキケ・セティエン監督を解任していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/489d867a935eb94871886955dd78fbf0a2c27c09

バルサ新監督候補にアンリ氏浮上…本命ポチェッティーノ氏とともに有力か 

スクリーンショット 2020-08-16 19.45.00

<ユベントス仰天人事>新監督は“指導者歴ゼロ”のピルロに決定!U-23指揮官就任から10日でトップ昇格 

1: 2020/08/09(日) 09:28:38.80 _USER9
CL敗退後に即サッリを解任

仰天の人事と言っていいだろう。

現地時間8月8日にマウリツィオ・サッリ監督を解任したユベントスが、クラブOBで元イタリア代表MFのアンドレア・ピルロを後任に据えることを発表した。2022年6月30日までの2年契約となっている。

現在41歳のピルロは、インテル、ミラン、ユベントスというイタリアのビッグ3でプレーし、アッズーリでも2006年のワールドカップ制覇に貢献するなど主軸として活躍。2017年11月にニューヨーク・シティで引退して以降は、テレビ解説者などを務めていた。

そして、先月30日にユーベのU-23チーム(セリエCに所属)の指揮官に就任。指導者キャリアをスタートさせたばかりだった。
 
そもそもユーベが就任1年目でセリエA9連覇を成し遂げたサッリの首を切ったのは、7日のチャンピオンズ・リーグのラウンド・オブ16第2レグで、格下のリヨンに屈して敗退が決定し、悲願である欧州制覇の道が早々に絶たれたからだ。

選手としての実績は申し分ないとはいえ、その後任にコーチの経験すらないピルロを据えたのは驚きというほかない。

この異例の決断が、はたして奏功するのか。いきなり絶対王者を率いることになった新米監督の船出に注目が集まっている。

8/9(日) 4:17 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/3e2e228db03d43e136113153e43bae9b2daab603

写真
no title

ビリャレアルのエメリ新監督、久保建英と直接交渉していた…若手育成に定評 

スクリーンショット 2020-08-08 18.09.22


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索