Samurai Goal

新天地


スポンサード リンク





鹿島新加入ピトゥカ「ジーコのように」 新加入会見で新天地の意気込み 

1: 2021/02/17(水) 19:04:26.95 _USER9
2/17(水) 16:58
スポニチアネックス

鹿島新加入ピトゥカ「ジーコのように」 新加入会見で新天地の意気込み
ビデオメッセージで意気込みを語った鹿島・ピトゥカ
 J1鹿島は17日、新加入選手会見をオンラインで実施した。今季は高卒、大卒6人が入団し、移籍加入は新外国人2人のみ。埼玉・昌平高から加入したMF小川優介(18)は体調不良で欠席し、政府による入国規制で未合流のMFディエゴ・ピトゥカ(28)、MFアルトゥール・カイキ(28)はビデオメッセージを送った。

 ブラジル1部の名門サントスから加入したMFピトゥカは「勝者のクラブでありワクワクしています。1日でも早くそのユニホームに袖を通し、誇りを持ってプレーしたいと思っています。今季の目標は優勝することであり、日本最大のクラブに行くのでそこで歴史を作りたい。他のブラジル人やジーコのようにクラブの歴史に名を刻みたい」とコメントした。

 また、サウジアラビアのアルシャバブから加入したMFカイキは「ビッグクラブでプレーできる機会を得て非常に喜んでいます。良い試合をしてゴールやアシストでチームを助けられる選手になりたい。また、クラブの目標であるタイトル獲得が重要。羅日してからチームメートと全力を尽くし、達成できるようにしたい」と、動画を通じて意気込みを語った。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/86fd1024e7fc374ee6e7a6740e252a0d89254b94

アルアインMF中島翔哉 新天地デビュー戦で決勝点を演出 

スクリーンショット 2021-02-14 21.34.44

新天地に飛び込んだJリーガー「このままでは終われない…」それぞれの理由 

スクリーンショット 2021-02-06 21.24.41

本田圭佑の新天地はパラグアイ?現地メディア報道 

1: 2021/02/01(月) 21:30:07.39 _USER9
2/1(月) 21:17
スポニチアネックス

本田圭佑の新天地はパラグアイ?現地メディア報道

 ブラジル1部ボタフォゴを退団した元日本代表MF本田圭佑(34)にパラグアイ行きの可能性が浮上したと、同国ニュースサイト「HOY」が1日に伝えた。

 ギリシャ3部AEPコザニを退団した元日本代表FW森本貴幸(32)がパラグアイのスポルティーボ・ルケーニョ入りすると報じられ、交渉に関わったという代理人が「本田が来るかも。アジアではメッシよりユニホームが売れる」と発言。

 本田はポルティモネンセ(ポルトガル)入りの可能性も報じられている。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/fe07a1825b51f17de5edb9fe4b22a9f071aab938

香川真司の新天地がついに決定! ギリシャ強豪PAOKに1年半契約で加入 

スクリーンショット 2021-01-27 19.54.32




1: 2021/01/27(水) 18:29:49.34 _USER9
ギリシャ1部のPAOKは27日、MF香川真司の加入を発表した。背番号は「23」に決定している。



 現在31歳の香川は2006年にセレッソ大阪でデビューし、在籍4年半で公式戦127試合に出場。2010年夏にドルトムントへ完全移籍すると、2010-11シーズンと2011-12のブンデスリーガ連覇に貢献した。2012年夏にはマンチェスター・Uへと完全移籍し、1シーズン目にプレミアリーグ制覇を経験。しかし、監督交代の影響もあって出場機会を失い、2014年1月に完全移籍でドルトムントに復帰した。

 ドルトムント復帰後は再び主力となったが、徐々に出場機会を失い、2018-19シーズンの後半戦にはトルコ1部のベシクタシュへと期限付き移籍。2019-20シーズンにレアル・サラゴサへと完全移籍した。2019-20シーズンのリーガ・エスパニョーラ2部では31試合に出場し、4ゴールを記録して3位フィニッシュに貢献。しかし、チームは昇格プレーオフで敗れて2部に残留すると、今季はメンバー外が続き、昨年10月2日に双方合意での契約解除が発表されていた。

 無所属となった香川には古巣のC大阪をはじめ、国内外の様々なクラブからの関心が報じられていた。だが、本人は先月に自身のSNSで国内復帰を否定。「自分として欧州でまだやるべき事がある。ここ数週間の中で自分なりの決断を欧州で出来ればと思っています」と、引き続き欧州でのプレーを望んでいることを明かしていた。

 新天地のPAOKは、エーゲ海に面したギリシャ北部の都市テッサロニキを拠点とするクラブで、1926年に創設された。1927-28シーズンから始まったギリシャ1部リーグに初年度から参戦しており、オリンピアコス、パナシナイコスとともに1度も2部降格を経験したことがない。リーグは2018-19シーズンなど通算3回優勝。カップ戦は2017年から2019年にかけての3連覇など通算7回制している。

 2020-21シーズンはチャンピオンズリーグ予選3回戦で敗退し、ヨーロッパリーグ本戦ではPSV(オランダ)、グラナダ(スペイン)らと同居したグループで3位となり敗退。一方、国内リーグでは18試合を消化した時点で勝ち点「36」の4位につけている。

1/27(水) 18:13
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210127-01172585-soccerk-socc

<久保建英>右ウイングかトップ下!新天地ヘタフェが〝三顧の礼〟起用へ 

1: 2021/01/10(日) 10:27:55.07 _USER9
クボタケシフトを形成か――。スペイン1部ヘタフェが、同1部ビリャレアルから加入した日本代表MF久保建英(19)を〝三顧の礼〟で迎え入れようとしている。

昨季プレーしていたスペイン1部マジョルカ(現2部)では、得意とする4―3―3の右ウイングでリーグ戦4得点4アシストと活躍。
しかし、ビリャレアルでは出場機会が限られた上に苦手な左サイドでの出場が目立ったこともあり、高パフォーマンスを発揮することができなかった。

ただヘタフェのホセ・ボルダラス監督(56)は一貫して4―4―2を採用。得意ポジションがない布陣となってしまうが、
スペイン紙「マルカ」は「久保は右ウイングでプレーすることになるだろう。

4―4―2のシステムを忠実に守ってきたボルダラス監督が、最も才能のある選手に合わせて戦術を変更することは不可能ではない」と予測した。

さらに同紙は、もう1つの得意ポジションである4―2―3―1のトップ下での起用もあり得るとした。
その上で「久保の才能をボルダラス監督が認めているとしたら、どのフォーメーションでもある程度中心に据えられることになるだろう」と指摘。

守備面の貢献をより求められる不安要素はあるものの、願ってもないチャンスだ。
ここまでお膳立てしてもらって活躍できなければ、〝日本の至宝〟の未来が厳しくなるのは間違いない。

1/10(日) 6:15配信 東スポ
https://news.yahoo.co.jp/articles/3512147c9eb5c23a5262f73cdb1a2926fd3a2010

写真
no title


【サッカー】<久保建英>ヘタフェ加入が決定!…ビジャレアルで出番減少、再びレンタル移籍へ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1610113842/

バロテッリの新天地はブラジル? ヴァスコ・ダ・ガマのSDが可能性を示唆 

スクリーンショット 2020-12-01 16.55.14




1: 2020/12/01(火) 10:32:59.40 _USER9
元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの新天地はブラジルになるかもしれない。『フットボール・イタリア』が30日に伝えている。

 移籍が噂されているのはヴァスコ・ダ・ガマ。同クラブのファビオ・コルデラスポーツディレクターは「彼はここに来たいと思っていいるんだ。ヴァスコはレアル・マドリードに次ぐ世界で最も多くのトロフィーを獲得しているクラブであることを忘れないで欲しい。マリオが愚かなことをするためにリオまで来る必要はない。彼は精神的に成熟したと思っている」と加入の可能性を述べている。

 昨夏にはブレシアと3年契約を締結し、2016年以来となるセリエAの舞台へ復帰した同選手だが、クラブと衝突して1年足らずで退団。現在は下部のクラブで調整しているとされるが、自身初の南米でのプレーを決断するのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/12a4db641df50dc7929b94a82681b4662c5cb7af
12/1(火) 9:44配信

元日本代表監督のアギーレ氏、新天地について語る「日本とアメリカでは私の名前が挙がっている」 

スクリーンショット 2020-10-22 18.49.04

香川真司の新天地にボタフォゴが急浮上! 本田圭佑との“夢のデュオ”が実現か?「カガワが考えを変える」 

スクリーンショット 2020-10-20 12.51.44




1: 2020/10/20(火) 12:21:21.15 _USER9
 サラゴサとの契約を解除し、所属先がまだ決まっていないのが香川真司に、驚きの新天地候補が浮上した。本田圭佑が所属するブラジルのボタフォゴだ。スペイン・メディア『El Desmarqu』のサラゴサ版が、現地時間10月19日に報じている。

「カガワの未来はブラジルにあるかもしれない。ボタフォゴは彼の署名のために立ち上げる」と題した記事の中で、このリオデジャネイロのクラブが日本人MFとの署名に「非常に興味を持っている」と伝えている。

 記事によれば、スペインでのプレーを望む香川は、ギリシャのPAOKやドイツ2部のハンブルクからのオファーを拒否。ただ、ともにスペイン2部のサバデルやテネリフェが選択肢に挙がっていた国内移籍は停滞しているようで、「彼の将来は、私たちの国(スペイン)から遠ざかっている」と伝えている。
 
 そして、「ボタフォゴが彼に提供するものは、日本人の考えを変える可能性がある」と指摘。かつて、元オランダ代表のクラレンス・セードルフを獲得するなど、南米出身以外の“ベテランのスター”を救うのが好きなチームだとし、最近でもアリエン・ロッベンやジョン・オビ・ミケルとの契約に動いた、説明している。

 もし、香川と本田の共闘となれば日本人にとっては「夢のデュオ」の誕生となるが、はたして――。


https://news.yahoo.co.jp/articles/3d94ce2451b2a5fe5c08175de7e9c1f569a12b14

迫る決断の時…香川真司の新天地はどうなる?! 31歳の香川の居場所はなくなったことになる 

1: 2020/09/29(火) 14:01:17.53 _USER9
契約を来年6月末まで残しているラ・リーガ2部のレアル・サラゴサで、実質的な戦力外の立場に追いやられて新シーズンを迎えた元日本代表MF香川真司に決断の時が迫っている。

 EU(ヨーロッパ連合)圏外の選手枠が「3」のラ・リーガ1部とは異なり、同2部では「2」しか設けられていない。サラゴサは現地時間26日のラス・パルマスとの2020-21シーズン初戦を前に、ブラジル国籍のライー・ナシメント、ウルグアイ国籍のガブリエル・フェルナンデスの両FWをEU圏外選手として登録。2人はともに後半途中から出場したものの、試合は2-2で引き分けている。

 22歳のライーは2016年夏にサラゴサへ加入し、Bチームを主戦場としてきた。昨年1月からは3部リーグに相当するセグンダ・ディビシオンBのイビザへ期限付き移籍。約1年半におよぶ武者修行での成長が認められ、ラス・パルマス戦後に2023年6月までの契約延長が発表された。
 昨シーズンはラ・リーガ1部のセルタ・デ・ビーゴで20試合に出場し、1ゴールをあげている26歳のフェルナンデスは、開幕直前に1年間の期限付き移籍でサラゴサに加入。まだ新天地に適応していないラス・パルマス戦ではベンチスタートとなったが、サラゴサ側は即戦力の期待をかけている。
 
 今シーズンからサラゴサの指揮を執る、スペイン出身のルベン・バラハ監督は最終的に右サイドのチャンスメーカーとして身長168cm、体重64kgと小柄ながら多彩なテクニックをもつライーを、2トップの一角を託すストライカーとして身長186cm、体重81kgのフェルナンデスを選択。EU圏外選手枠から弾き出された形となった、31歳の香川の居場所はなくなったことになる。

 ラス・パルマス戦後の記者会見では、今シーズン末まで契約を結ぶ香川に関する質問が飛んでいる。しかし、昨シーズンは同じく2部のテネリフェを率いていた、45歳のバラハ監督は明言を避けている。
「彼の状況に対して、みなさんが関心をもっていることは理解している。何かを言わなければいけないときにはそうするが、いまはその場ではないと思っている。試合に関する話をしたい」

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/e9a7193a733c5938a2b3b99466ff781feedc803f
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索