Samurai Goal

新型コロナ陽性


スポンサード リンク





<J2松本山雅>キャンプ中に選手1名の新型コロナ陽性が判明。そのほか濃厚接触者が2名 

スクリーンショット 2021-01-22 13.21.38




1: 2021/01/21(木) 19:49:18.89 _USER9
 静岡県内にてキャンプを実施中のJ2松本山雅FCが1月20日、トップチーム所属選手1名が新型コロナウイルスに感染していたことを発表した。感染した選手のほか2名が濃厚接触者と判断された。

 松本は1月17日から静岡県御殿場市で実施されている1次キャンプにて18日、Jリーグ提供によるPCR検査を受検した結果、トップチーム所属選手1名に新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたことを公表。当該選手に発熱や体調不良などの症状はなく、判明直後の19日より自主隔離を行なっているという。

 また保健所による調査の結果、そのほかの選手2名が濃厚接触者と判断され、ただちに隔離措置を実施。保健所と協議した結果、後日PCR検査を行なうこととなっている。
 
 松本はクラブ公式サイトにて、「これまで取り組んできた新型コロナウイルス感染症対策の強化ならびに選手、スタッフ、関係者全員に改めて周知と徹底に努めて参ります」と改めて強調した。

 陽性者と濃厚接触者の3名を除くキャンプ参加中の選手、スタッフは20日にPCR検査を行ない、全員が陰性と判定。検査結果を受け、トップチームは本日午後より練習を再開している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cf112c126be1f1317f52d0b849dff9d71565ca0c

<アメリカ女子代表FWアレックス・モーガン>新型コロナ陽性を公表!「Covidに感染した」 

1: 2021/01/06(水) 23:14:29.96 _USER9
昨年でトッテナムを退団したアメリカ女子代表FWアレックス・モーガンが5日、新型コロナウイルス陽性と診断されたことを公表した。自身の公式ツイッターで伝えている。

 モーガンは自身の公式ツイッターで「不運にも、私の家族と私はカリフォルニアで休暇を過ごしている時にCovidに感染した。私たち全員、元気で順調に回復している。隔離が終わった後にガイドラインに従いながら、サッカーに戻ることになる。私の体は完全に回復している。すぐにフィールドに戻る」とコメントし、体調は良いことを報告している。

 モーガンは今年5月にプロサッカー選手である夫のセルバンド・カラスコとの間に長女を出産しており、そのためプレーを休止。トレーニングを再開した後、今年9月にはトッテナムに加入したが、昨年限りで同クラブを退団していた。

2021年1月6日 21時0分https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19494302/

写真
no title

ルイス・スアレスが新型コロナ陽性…ブラジル代表戦、古巣バルセロナ戦を欠場へ 

スクリーンショット 2020-11-17 13.53.46




1: 2020/11/17(火) 06:56:02.63 _USER9
 ウルグアイサッカー協会(AUF)は16日、同国代表のFWルイス・スアレス(アトレティコ・マドリード)を含む3名に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを発表した。

 AUFの公式Twitterに掲載された声明によると、ウルグアイ代表の全メンバーが検査を受けた結果、ルイス・スアレスとGKロドリゴ・ムニョス(セロ・ポルテーニョ/パラグアイ)、そしてスタッフ1名の計3名に新型コロナウイルス陽性が確認された。3名の体調は良く、隔離などの措置もすでに行われているという。その他の全員は陰性が確認されている。なお、前日の15日にはDFマティアス・ビーニャ(パルメイラス/ブラジル)の陽性も発表されていた。

 ウルグアイ代表は13日にカタール・ワールドカップ南米予選の第3節でコロンビア代表に3-0で勝利し3位につけている。17日に行われる次節は首位のブラジル代表との大一番だったが、エースストライカーの不在が決まった。

 また、離脱期間などの詳細は明らかとなっていないが、アトレティコ・マドリードに所属するスアレスは21日に控えているリーガ・エスパニョーラ第10節、古巣バルセロナとの対戦も欠場が決定的となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6bb68fc4796a8555ce66227b22eb4720ff7acda8
11/17(火) 5:45配信

元名古屋のコリンチャンスFWジョー、新型コロナ陽性が判明…症状はなし 

1: 2020/11/16(月) 01:48:27.54 _USER9
コリンチャンスは13日、元名古屋グランパスでブラジル代表でも活躍したFWジョーから新型コロナウイルス陽性反応が確認されたことを発表した。

 13日に行われた検査の結果、ジョーとマテウス・ビタルの2名から陽性反応が確認され、その後に予定されていたトレーニングを欠席したという。なお、両選手は無症状のようだ。コリンチャンスはブラジルサッカー連盟(CBF)が規定するプロトコルに従い、毎週検査を行っているとのことだ。

 現在33歳のジョーはブラジルのサンパウロ生まれ。コリンチャンスの下部組織出身で、2003年にトップチーム昇格を果たした。その後ロシアへの移籍を経て2008年にマンチェスター・Cに加入。その後はトルコ、ブラジル、中国クラブを渡り歩き、2018年に名古屋グランパスに加入していた。名古屋グランパスでは公式戦74試合に出場し、33得点12アシストを記録。今年7月に古巣のコリンチャンスに復帰することが決まった。

no title


11/16(月) 0:58
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201116-01142566-soccerk-socc

「日本人はとても冷たく、閉鎖的だった」元J戦士ジョーが名古屋時代の苦悩を母国メディアに激白!
https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=76431%3Fmobileapp%3D1 176sqp%3Dmq331AQQKAGYAafkho6DyrHtTrABIA%253D%253D

C・ロナウド、依然として新型コロナ陽性 CLバルサ戦のメッシとの“エース対決”は困難か 

1: 2020/10/23(金) 07:47:02.53 _USER9
レアル・マドリード時代からの“ライバル”との対戦が注目されていたが…

 新型コロナウイルスの検査に陽性反応を示したことで世界に衝撃を与えたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだが、まだ検査結果が陰性にならず陽性のままだという。ポルトガルメディア「CM Jornal」が現地時間22日に報じた。

ロナウドは今月の代表活動中に新型コロナウイルスの検査で陽性反応が判明。チームから離脱し、隔離状態にある。その代表チームへの合流過程について、所属するユベントスがあるイタリアのスポーツ大臣ヴィンチェンツォ・スパダフォーラ氏とも舌戦を繰り広げた。

 一方で、新たに行われた検査ではロナウドは依然として陽性反応のままだったという。これにより、今週末のリーグ戦ヴェローナ戦とUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の第2戦、バルセロナ戦への出場は難しくなったようだ。

 ロナウドは2018年夏にユベントスへ加入するまでは、スペインの強豪レアル・マドリードのエースとして知られた。バルセロナとレアルは永遠のライバル関係であり、アルゼンチン代表リオネル・メッシとのエース対決も常に注目の的だった。

 その対戦がユベントス移籍後に実現するという点で注目されていた対戦だが、その第1ラウンドでロナウドの姿を見るのはかなり難しい情勢のようだ


https://news.yahoo.co.jp/articles/148998c5a9c517f3970cfcbdc0d6294fbf720991

no title


10/23(金) 6:01配信

カメルーン代表、2選手が新型コロナ陽性。1人が濃厚接触者で3選手が離脱…9日に日本代表戦 

スクリーンショット 2020-10-09 1.24.59




1: 2020/10/08(木) 20:43:24.32 _USER9
 カメルーン代表は8日、翌日の日本代表戦に向けたオンラインでの前日会見を行った。同国代表のチームドクターは、2選手に新型コロナウイルス陽性反応が検出されたことを発表した。

 チームドクターは会見の冒頭で「月曜日に現地入りし、その時点では全員が陰性でした。火曜日にもう一度検査したところ2名の選手が陽性で、もう1人が濃厚接触者だったため、この3名をチームから外しました。規則通りに陽性だった選手と濃厚接触者は代表から外れることになった。今はプレーできる選手は18名になります」とコメントし、3選手を日本戦のメンバーから外したことを明かした。

 また、同じく会見に出席したカメルーン代表のトニ・コンセイソン監督は離脱することになった選手について聞かれ、「非常に申し訳ないが、私が答える権限がない。医療スタッフがすでに発表しましたし、個人の尊敬の念も込めて、特秘性もあるので、この発表は差し控えている。感染した選手はすでに帰路についていて、隔離生活に入ると聞いている」と話し、詳細については明かさなかった。

 日本代表対カメルーン代表は日本時間9日21:00キックオフで行われる予定である。

(取材:舩木渉 文:編集部)

https://news.yahoo.co.jp/articles/50ee0a5c8128baa7c09e8685c5dfee53b80ed01f

PSG、新たにFWイカルディ、GKナバス、DFマルキーニョスの3選手が新型コロナ陽性…合計6人に 

スクリーンショット 2020-09-04 10.31.54




1: 2020/09/04(金) 10:02:33.53 _USER9
PSG、新たに3選手がコロナ陽性 合計6人に

【AFP=時事】フランス・リーグ1のパリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)は3日、新型コロナウイルスの検査で新たに3選手が陽性反応を示したと発表した。PSGでは前日、ネイマール(Neymar da Silva Santos Junior)を含む3人に陽性反応が出たと報じられており、チームの新シーズン開幕が危ぶまれている。

【写真】マスク姿のネイマールら

 これで計6選手に陽性反応が出たことになるPSGはツイッター(Twitter)に、「チーム内の選手を対象とした新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の最新の検査により、新たに3人の陽性が判明した」と投稿した。

 最初に陽性反応が出たのはネイマール、アンヘル・ファビアン・ディ・マリア(Angel Fabian Di Maria)、レアンドロ・パレデス(Leandro Paredes)の3人だと報じられており、その全員がオフの休暇で地中海に浮かぶスペイン・イビサ(Ibiza)島を訪れていた。

 医師・患者間の守秘義務を理由に、匿名でAFPの取材に応じた情報筋が、これら3選手の名前を明かしていた。

 仏スポーツ日刊紙レキップ(L'Equipe)によれば、今回新たに陽性が確認されたのは、同じくイビサ島を訪れていたGKケイロール・ナバス(Keylor Navas)、DFマルキーニョス(Marcos Aoas Correa “Marquinhos”)、FWマウロ・イカルディ(Mauro Icardi)だという。同チームの選手では他に、MFアンデル・エレーラ(Ander Herrera)もイビサ島にいたとされている。

 PSGは10日にアウェーでランス(RC Lens)とのリーグ初戦を控えているが、試合の開催に関してはますます疑問が強まっている。【翻訳編集】 AFPBB News

https://news.yahoo.co.jp/articles/7a52a2f70471497b18a2c521b2b9bf82ecdbca45



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索