Samurai Goal

新型コロナウイルス


スポンサード リンク





<ちばぎんカップ>新型コロナウイルスの影響で中止!成績は柏の16勝、千葉の9勝 

webultrasoccer_389128_0-enlarge




1: 2021/01/08(金) 20:18:44.03 _USER9
千葉県サッカー協会は8日、2021年の「第26回ちばぎんカップ」に関して、開催見送りとすることを発表した。

ちばぎんカップは、千葉県を本拠地とする柏レイソルとジェフユナイテッド千葉の千葉ダービーとして、シーズン開幕前に開催。ファンの間では「世界三大カップの一つ」として愛されてきた大会だ。

しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)がここにきて猛威を振るい、政府は1都3県に対して緊急事態宣言を発表。これを受け「新型コロナウイルス感染症の感染状況や政府による緊急事態宣言の発出を鑑み、開催を見送るはこびとなりましたのでお知らせいたします」と発表した。

ちばぎんカップは1995年から開催。2015年は柏がAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のプレーオフに出場するため、過密日程となることから中止となった。それ以来の中止となる。

なお、これまでのとなっていた。

超ワールドサッカー / 2021年1月8日 20時10分
https://news.infoseek.co.jp/article/webultrasoccer_389128/

ローマのレジェンド、トッティが新型コロナウイルスに感染・・・先月には父がコロナの影響で死去 

ser20110309160002-p1




1: 2020/11/03(火) 10:32:21.01 _USER9
ローマのレジェンドであるフランチェスコ・トッティが、新型コロナウイルスに感染したことが明らかとなった。
イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

44歳となったトッティ。発熱と脱力感があり、新型コロナの陽性反応を示したようだ。
現在はローマにある別荘で静養しているという。

なお、トッティの父であるエンツォ・トッティ氏は先月、
76歳でコロナのために亡くなっており、トッティの状況も心配されるところだ。

トッティは2017年に現役を引退。24年のキャリアすべてをローマに捧げ、
785試合に出場し、307ゴール183アシストを記録した。

その後、ローマのフロント入りを果たしたが、現在はチームを離れている。
https://www.sanspo.com/soccer/news/20201103/ser20110309160002-n1.html

札幌 FW菅大輝が新型コロナウイルス陽性 10・31G大阪戦の開催は両クラブで協議中 

1: 2020/10/29(木) 23:36:04.16 _USER9
10/29(木) 23:34
スポーツ報知

【札幌】FW菅大輝が新型コロナウイルス陽性 10・31G大阪戦の開催は両クラブで協議中
札幌FW菅大輝
 J1札幌は29日、FW菅大輝(22)が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。この日朝、菅の知人男性が陽性判定を受けたことから、濃厚接触にあたる可能性のある選手とスタッフ計4人のPCR検査を実施。その結果、菅のみが陽性と判定された。菅は症状こそ出ていないが、この日、札幌市内で行われた練習は欠席していた。

 チームは31日にアウェー・G大阪戦が控える。30日の練習後に空路で移動する予定だが、その前にトップチーム全関係者にPCR検査を実施する。試合開催に関しては両クラブ間で協議している。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/01db2bbce8a2d67d14d0d30b37034290576e47d9

C・ロナウドが噂を否定「あれもこれも全て嘘だ」 

スクリーンショット 2020-10-17 15.34.20

レアル、コロナ感染拡大の恐れ MFウーデゴール陽性判明と地元メディア 

スクリーンショット 2020-09-23 18.43.28

<U-19日本代表候補>トレーニングキャンプが中止!PCR検査で参加選手1人から新型コロナウイルスの陽性反応 

スクリーンショット 2020-08-02 5.48.46




1: 2020/08/01(土) 22:37:35.51 _USER9
日本サッカー協会(JFA)は、8月1日から5日まで予定していたU-19日本代表候補トレーニングキャンプの中止を発表した。この日、キャンプ集合時に参加者全員に対して実施したスマートアンプ法およびPCR検査の結果、参加選手1人から新型コロナウイルスの陽性反応が出た。現在は、発熱等の体調不良の症状はなく、今後は保健所の指示に従って対応していく。

 この日は招集メンバー26人全員ではないものの、午前中にホテルへ集合。そのまま部屋に直行し、スマートアンプ法、PCR検査を受けた。この際誰とも接触はなく、陽性反応が出た選手は公共交通機関を使わず、タクシー移動だったため、保健所も濃厚接触者はいないと判断。当該者以外の検査結果は、スタッフ含め全員陰性だった。

 陽性反応は検体採取から1時間で結果が分かるスマートアンプ法、午後6時頃に結果が出たPCR検査いずれも確認された。この日、練習は行わず、陰性が確認された選手は帰宅する方向だという。

 ウェブ会見に出席した反町康治技術委員長は「基本的には医学委員会からのガイドラインに従うと陽性の選手を含まず、陰性の選手だけ練習することは不可能ではないが、感染拡大の状況を踏まえて、必要だからやっている活動ではあるものの慎重を期さなければいけなかった。健康と安全を考えたなかでは、中止とせざるを得ないと私が判断した」と説明した。

8/1(土) 22:12 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/32caefc1f1ebc37ff1620478b4d349a8d805cd10

バロンドール、創設以来初めての中止。新型コロナウイルスの影響で公平性欠くと判断 

20200720-00381437-footballc-000-1-view




1: 2020/07/20(月) 22:13:05.13 _USER9
『フランス・フットボール』は20日、同誌が主催するバロンドール(世界最優秀選手賞)を2020年は決定しないと発表した。

 バロンドールは、1956年に同誌が創設した賞。その年の世界最高のサッカー選手に贈られる由緒ある個人タイトルだ。2010年にはFIFA最優秀選手賞と統合されてFIFAバロンドールに形を変えるが、2016年から再びバロンドールに戻っている。

 昨年、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが6度目の受賞を果たし、単独で史上最多受賞となったバロンドール。2020年は、創設以来初めての開催見送りとなることが決まった。

 今年は新型コロナウイルスの影響で、早くシーズンを打ち切ったリーグもあり、公平性に欠ける中でベストプレーヤーを選ぶのは困難だというのが主な理由。「バロンドールの歴史は貴重なものであり、不安定な決断でそれを損なうリスクを冒すことはできない。このような激動の時代においては、一時休止も不可欠だ」とした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/83d8456b921862374a5f97364a93c9f72bc653f9

エスパニョールは計6人が新型コロナウイルス感染・・・スペイン 

7046717




1: 2020/03/18(水) 11:37:22.72
スペイン1部エスパニョールは17日、合計6人が新型コロナウイルスの陽性反応を示したことを公式サイトで発表した。

症状は全員軽度であり、現在は医師の指示に従っている。
クラブは具体的な名前を公表しなかったが、スペイン紙スポルト電子版によると、選手4人、コーチングスタッフ2人が感染しているという。

すでにスペインの1部リーグではバレンシアのガライ、マンガラ、ガヤなどの感染が明らかになっている他、
メンバーの35%が陽性反応を示したと発表されている。
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/202003180000163.html

ユベントスDFルガーニが新型コロナウィルス陽性反応…セリエA選手で初の感染者 

20200312-00010005-goal-000-2-view




1: 2020/03/12(木) 07:40:05.16
ユヴェントスは11日、DFダニエレ・ルガーニに、新型コロナウイルス陽性反応が出たことを明らかにしている。

欧州でも多くの感染者が発生しているコロナウイルス。特にイタリアは欧州で最も流行している地域で、12462人の感染者が確認された。すでにセリエAは中断されることが決定している。

そんな中で、ユヴェントスはルガーニの新型コロナ感染を発表。声明では「現在は無症状」としつつ、「彼と彼と接触した人の調査をし、隔離の手続きを行う」とした。なお、セリエAの選手では初の感染者となっている。

ルガーニは今シーズン、公式戦ではわずか7試合の出場のみ。直近、8日に行われたインテル戦は無観客試合だったが、ルガーニはベンチで90分間を終えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200312-00010005-goal-socc

ハノーファーDF、新型コロナウイルス陽性 6日のニュルンベルク戦に原口とともに先発 

20200311-00251088-soccermzw-000-1-view




1: 2020/03/11(水) 22:39:51.29
ハノーファーが7日夜に発症と発表、選手やスタッフ全員がウイルス検査
 日本代表MF原口元気が所属するドイツ2部ハノーファーは11日、ドイツ人DFティモ・ヒュベルスが新型コロナウイルス陽性であると発表した。ヒュベルスは6日に行われた前節ニュルンベルク戦(3-0)に先発出場し、1ゴールをマーク。原口も先発出場していた。

 ハノーファーは公式ホームページで、ヒュベルスは7日夜のイベントに参加後、発症した模様だと発表。発症後はチームメートと接触していないため、同僚らが感染した可能性は低いとしているものの、チームの選手、スタッフ全員がウイルス検査を受けているという。

 クラブのゲルハルト・ツーバー・スポーツディレクターは「ティモは模範的な振る舞いをした。イベントで彼と一緒にいた人が陽性だと分かった時にすぐさま医者へ報告し、自宅待機した」と説明。ヒュベルスはいまだ待機中で、15日のディナモ・ドレスデン戦は欠場が決定した。原口を含むチームメートは練習を続けているようだが、選手の感染が発覚した今、波紋を広げそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200311-00251088-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索